2005.11/30(Wed)

扉の向こう 

苦労して扉を開けたら、どうなるのだろう?

「色々考えたって、無駄だよ」って旦那様が笑って言う。

なんて、考えるなと言っても無理なもの・・・
どうしても、考えるものだ(笑)

けれど、ほんとに開いたら、いつもその想像をはるかに越えている!

って越えるような扉じゃないと開けたかいがない(まぁ、現実的・・笑)

恋愛だって、相手に自分の気持ちが通じた時の喜びは
経験したら分かるけど、想像をはるかに超えている。

仕事だって、行だって、同じ事。

自分で扉を開けているという意識さえない。

ただ、ただ、その目の前の事に夢中になっている。

そして、後で気がつくと、重かったはずの扉がいつの間にか開いて、
その先の世界に突入!
ついでに、「自信」も身につけて・・・(あぁ、やっぱり私は欲張り・・笑)

小学生の子供に大人になったらって想像してご覧ってよく言うけど、
小学生の頭の中で考えるのと、実際に大人の世界に入ってみるのでは、
全然違う(苦笑)

勿論、扉の向こうは、ユートピアではないけど、
それでも小学生の頭の中で作った大人の世界の延長線上には
普通はいないものだ。

扉の向こうを想像するのは良いけど、それで自分を「制限」して
しまわないことも大切なポイントだと思う。

だから、旦那様は、「色々考える前に一つ一つ大切にやりなさい」
「終わったら分かるから」って・・・
そして、「だから、今が大切なんだ」とも。



あ!それから扉を開けるためのもう一つの秘訣。

それは、自分のためではなく、それも自分の大切な人であれば、
もう自動ドアみたいに開くときもある。

「病気の子供を心配する母親は、みんな観音様だよ」って旦那様。

誰でも、ドアは開けるのだ!

そう、貴方にもね。
スポンサーサイト

テーマ : 生きること - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/29(Tue)

扉を開けるチャンス 

自分の心の扉を開くには、誰かの力が有効だ(笑)

っていうか、誰にでも開くわけにも行かないし・・・
自分ではなかなか開けられないし・・・


「誰か」ってだれ?

一つは、自分の好きになった人。
誰かと付き合って劇的に変わる人がいるでしょう(笑)
恋愛は人を変える・・・
心の扉を開く事が比較的簡単にできる。
だから、できることなら、自分を成長させてくれる人と
恋愛したいもの(って、都合よくは、なかなか行かない!)

勿論、恋愛しても心の扉を開かないまま付き合っている人もいるけど。

でも、恋愛は自分が変わる大きなチャンスだ。

自分を見つめたり、相手の気持ちを必死に読んだり・・・
知らないうちに訓練してる(笑)


もう一つは、自分にはかなわないと思う人。
そういう人との出会いは、絶対に大切にするべきだと思う(断言)

そうして、その人から学びたい!と思ったら、心の扉は開く・・・
はずである・・・でも、人間は意外としぶとい(笑)

何しろ、扉を自分で一生懸命閉じてる自意識がない(苦笑)
だし、現在の「自分の姿」である理由は心のどこかにある。

旦那様は扉を頑固に閉じている瞬間を読んで言葉をかける。
横から見ているとその瞬間がよく分かるのだが、
何故か本人が一番気がつかないことが多い(苦笑)

何故、今自分にこの言葉が降って来ているのか。
自分が真剣に学ぼうとしている人からの言葉ならなおさら真剣に
反芻してみる事は大切だ。
そうそう・・・
今回の月例会のテーマ「自分を外から見つめる目」がないとね。

どんなに力持ちでも、貴方の扉は結局は自分で開けるしかないのだから。

テーマ : 大事な気持ち - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  03:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/28(Mon)

こころのパイプ 

旦那様が弟子に指導してるのを見て思うこと。

同じ事を言っても、言葉が伝わる時と、伝わらない時があること。

「英語」という言葉を勉強していていつも
「言葉」は万能ではないなぁって気づく。
人は「言葉」以外の「言葉にならないもの」でいかに
コミュニケーションをとっているかと言う事に驚き、面白い!って思う。

「音」や「形」にならないモノをロジカルに説明しようと
しても無理な部分が多い。

いつかブログに書いたけれども、頭の中にリンゴを思い浮かべてみる。

今の私の頭の中のリンゴは、ちょっと小さめで真っ赤。
表面がつるつるしていて、光ってる。
多分その光は正面から見て右から入っている。

って、幾ら言葉を重ねても、私の頭の中の「リンゴ」は完全には
描写できない。

でも、相手にそれを伝えようとする時、相手がそれをどう受け止めて
くれるかでも違ってくる。
そして、伝わると、ちゃんと私の頭の中のリンゴが相手の頭の中の
リンゴと同じだって分かるのだ(不思議!)

こんな時、「リンゴ」の像が相手の頭の中に飛んでいった!
というより、自分と相手の心にパイプのようなものがつながって、
何故、今、そんなリンゴを私が思い浮かべているのか、
その背景にあるものまで通じるのだ。

「そのパイプをつなぐのは、自分の心を開くしかないんだよ。」
って旦那様。

心を開いて話をする、聞くってよく言われることだけれど、
その扉ははっきり言って「重たい」
自分で開こうと思っても、自分で知らないうちに開けるのを
拒否するのだ、かなり頑固に(笑)

だけど、この扉を閉じたまま、何かを学ぼうとしてもなかなか入っていかない。

さてさて、どうやってこの扉を開けるか。
こればっかりは、中々教えられない・・・(苦笑)
それこそ、教えても扉が閉じてるから、中に入らないのだ。

う~ん、ジレンマだ。
オープン ザ セサミ とでも言ってみるか(笑)

テーマ : 深層心理 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/27(Sun)

「読む」 

旦那様の周りでは毎日「事件」が起こる(笑)

相談者の話だったり、一度相談があった事の経過だったり・・・

このブログに書く話題に事欠くことがないぐらい。
はっきり言って、飽きることはない(苦笑)


霊能者の頭の中はどうなっているの?と思うぐらい分からない
ことも見てて多いけど、基本的に旦那様の思考回路はロジカル。

だから、よくよく観察してると、段々見えて来る部分がある。

その訓練?のお陰で、大分「読める」様になった。
回数はこなす必要がある事に大いに納得!(笑)


ある事実から、相手の心を読むのだ。
そうすると、どこかでどうしても腑に落ちない点が出て来る。
「どうして?」「何でそうなるの?」と云う点である。
そういう疑問から相手の「心」や「意図」がが読めるのだ。

旦那様と普通の人の大きな違いは、小さな事も見逃さないこと。
人の表情、声のトーン、しぐさ・・・

「ほら、ここを見れば分かるだろう?」
「本人の目に出てるじゃない。」
「生活が乱れてるね」「精神状態が良くないね」


初めは、「そういわれてもねぇ。」だったのが、
「確かにそんな感じがする」にかわって来る(笑)
そのうち「~感じがする」って自分で感じるようになる。

自分が知らないうちに見逃しているメッセージがいかに沢山
あったかに愕然とするのだった(苦笑)


霊能者の場合、そのメッセージを受け止めすぎる時がある。
相手から来るメッセージを整理して受け止めないと、
知らないうちに相手に同調してしまうのだ。

そのうち、相手の感情が自分の感情とごっちゃになって、
相手が怒ったりしていると、その必要もないのに一緒に怒ってしまう。

勿論、普通の人だってこんな経験はあるはず。
でも、それがもっとダイレクトに相手から飛んでくる。
そして、自分でもなんでこんな感情になるのか、
あるいは、自分がそうなっている事さえ気がつきにくいのだ。

だから、霊能者の多くは、あっという間に感情が変化する。

メッセージを発しても受け止めにくいのと、
バンバン、メッセージが飛んでくるのと、どちらがいいかって
どちらも困る(笑)

必要な時に必要なだけ「読む」
う~ん・・・難しいけど、出来るようになるしかない!

テーマ : こころ - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  03:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/26(Sat)

子供と言葉 

旦那様のところには子育ての相談も多い。

私は職業柄もあって、15分も子供と話すと大体その子の中に
あるものが大体分かる。
子供はどんなに装っていても、すぐに素顔を見せてくれる。

一緒に遊ぶのは、その子の中にあるものを見るため。
勿論、子供と遊ぶのは楽しいが、正直言って大変。

それは、子供の言葉の先にあるものを読もうと常にしているから。

よく、「え?うちの子こんな事ができるんですか」
「思ったより、分かっているんですね」

外国語を勉強した事のある人なら分かると思うが、
「聞く」ことより「話す」ことの方が遅れるのは当たり前。
インプットが積み重なって、アウトプットが成り立つのだ。

子供は生まれる前、母親のお腹にいるときからその言葉を聞きいているが、
話し始めるのは、個人差があれ2歳ぐらい。
簡単に見積もっても、聞くことと話す時差は3年も違う。

「子供を甘く見てはいけないよ」と旦那様。

学校を選ぶ時も何をさせる時も自分の気持ちをはっきりさせて、
自分で選ばせるのが一番だ、とも・・・

最近、子供の習い事を沢山させているのが多い。
習い事をさせないと子供が学ばないと思っているのも勘違い。
子供は常に学んでいるのだ。

一番のお手本は、貴方・・・そう親なのだ。

そして、子供の選択肢を増やしているつもりで、
「はい、お勉強の時間ですよ」とか
「~の時間ですよ」とか、子供の選択肢を実は規定してしまって
いるかも知れない事も頭の中に入れておくべきだろう。

「子供は親の言うようには育たない。
子供は親のするように育つ。」

旦那様がいつも言っている言葉だけれど、子供と遊ぶとそれが
すぐ分かる・・・

って書くと、「家の中が、ばれるから・・・」って・・・(笑)

ほら、又そうやって、子供の可能性を失くしているのは貴方かも
知れないんですよ・・・(笑)

テーマ : こどものこと。 - ジャンル : 育児

EDIT  |  01:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/25(Fri)

幸い(2) 

「何が幸いするか分からない」と云う昨日の話の続き。

だから、どう神様や仏様に御願いするのって難しい。

それに気がついたら、祭壇の前で「~になりますように」って
簡単に御願いしようとして、ふっと考えるようになった(笑)
どんな「あがない」があるかも知れないし・・・なんて考える。

「今日も一日、頑張ります!いつも有難うございます。」
って宣言と感謝の言葉ぐらいにしておいたほうが無難だなぁ(笑)

「そうだね。
でも大丈夫。
神様や仏様はそんなに簡単に御願い事は聞いてくれないから。」
って、旦那様。

これって喜ぶべきか、悲しむべきか・・・(苦笑)

神様や仏様に届く祈りをする時には、ちゃんとやり方があるのだっだ・・・

「専門家に任せたほうがいいよ」っていう旦那様の言葉はこんな意味が
あるのだ。

ある宗教では、祈祷や御願い事を禁止しているものもある。
「すべて仏様に任せます」っていういわいる他力本願。

けれど、これって究極に難しい。
全てを仏様に任せる。
一つの悟りの境地かも知れないけど、それは、

「幸せになるため自分を変える努力をしない。」のとも違う。

ああ、こんな難しい事、考えても分からない・・・(笑)
今のところ、私の頭の許容量を完全に越えている・・・

これに似た状況になっている弟子に旦那様は、

「ない頭で考えても時間の無駄だよ!(笑)
ちゃんと生きてれば、その内分かるから。」

確かにそうだ(笑)
色んな人がそんな事、一生かかって考えて、それでも悟りきれずに
死んだ人も山ほど居るらしい(だろうなぁ・・・)

昔の大きな疑問「何故、祈祷や占い」を禁止したのかの理由が
最近分かってきた。
疑問って、答えを見つけるのに時間がかかるものもあるのだ。

自分の目の前にある事を一つ一つやっていくことにしようっと。
いつか、その一つ一つがつながっている事が分かるかも知れないし・・・

と、大した御願い事があるわけでもないのに、ぐるぐる考えて・・・

ね、時間の無駄?でしょ?

旦那様は正しかった・・・(笑)

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/24(Thu)

幸い 

最近、被りが酷い。
被っている程度は、旦那様によると前と変わらないそうだけど・・・

でも、その場で分かる。
「うっ」と来る。
で、頭がその場でガンガンし始める。

以前は、家に戻って何だか気分がすぐれないなぁと思っていたら、
「被ってるよ」って言われて気がついていた。
なんと鈍感(笑)

だけど、敏感になったと単純に喜べはしない(苦笑)

それで、礼拝行の登場である!

礼拝行プラス被りがとれるなんて、この上ない!(笑)
多分、こんなに被りが体に来ていなかったら、もっとつらいと感じていたかも
知れないと思う。


旦那様に転職の相談に来た人がいた。
暫くしてもなかなか決まらない。
「必ず、いいところが見つかるから。
まだ、本当に縁があるところと出会ってないだけです」と云う旦那様の答え。

自分で「ここは良いかも」というところも駄目だったと落胆の連絡。

そして・・・
やっと決まった!
それも「自分に一番あった仕事が決まりました。」


ある受験の相談では、旦那様が「この子はこの学校が一番あってる」
って言った学校だけ、その子は合格した。

その前の幾つかの学校に合格していたら、そこにいってしまったかも知れない。
転職だって、決まったら次を探さないわけで、自分にあった所との出会いは
なかったはずだ。


逆に、人から見れば「運」がよくて、いわゆる試練なんて言葉が辞書にないような人もたまにいるけど、そんな人が悩みとは思えない位の悩みを抱えていたりする。
本人にすれば、大した事かも知れない。だって、悩みに大小は基本的にないのだ。
けれど、「そんな事より、もっと大切な事を悩んがほうが・・・」って思わず言いたくなる事も少なくない・・・

それに教師時代に見たことは、受験や大きい挑戦を乗り越えた生徒が
急に成長すること。
本当に「化ける!」(笑)


よく言われることだが、世の中何が「幸い」なのかわからない。


一つ一つの目の前の事は、何かの力で次の一つとつながっているんだと
こういう話を聞く度に思う。

テーマ : 偶然の必然 - ジャンル :

EDIT  |  17:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/23(Wed)

回数 

突然、旦那様が「回数じゃないんだよなぁ」

「何が?」

「行でも、何でも」

もう始めてから暫く経つが、私も礼拝行をしている。
祭壇の前で108回。

大変だって聞いたから、どのくらい大変か試しにある日やってみた。
107、108っと・・・

「気持ちいー」

「変わった奴だね(笑)」

この礼拝行、苦行に入るそうだが、今でもちょっとした事で被る私に
とっては、救いの道(大げさ!)だと思った(笑)
自分の中に溜まっている何かが出て行くのが分かる。

「私、礼拝行やる」

やってみると、段々形というか意識が変わる。

初めは形を覚えるのが大変だった。
呼吸と動作をあわせて・・・あれ?何回やったっけ・・・という状態。
暫くして慣れると、おそろしく早く終わるようになった。

数日後、終わった後に「あれ?終わってない」と思った。
勿論回数は108回やった。
でも、何か忘れてる・・・

「ちゃんと仏様から気をもらってる?」

あー!被っているのを祓うのに必死になってた(苦笑)

「ちゃんと仏様と会話しないと」

いやはや、これじゃあ回数やっても終わってないって感じるわけだ。

まるで会話になってない(苦笑)
一人で一方的にダーって話しかけてるような行をやってた・・・

これって、実は私が日常生活の中でも時々やってしまう事なのだ(苦笑)
必死になると一方的に話たりするものなぁ。
一つの事は、万物を表していると気がつく・・・

あれだけの「気」の前にいながら、勿体ない・・・




行でも勉強でも回数をこなさなければならない段階はある。
けれど、回数はあくまでも回数でしかない。
本当にやったかどうかは、その段階で変わってくる。

「何回、何千回やっても、ただやってるだけだと意味がないだろう?
英語の単語を何回書いても、使えないと意味が無いのと同じだよ。」

ああ、教師時代、沢山沢山、こんな意味のない宿題を生徒にさせてしまった
罪は重い(笑)

「でも、量、つまり回数が必要な段階もあるんだよね」
って言って、無理やり
「そうだよ」って返事をさせてしまった私・・・(笑)

テーマ : ヒーリングやセラピーを学ぶ・使う・活かす - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/22(Tue)

シェークスピア 

今、大学院の授業でシェークスピアの「真夏の夜の夢」を読んでいる。

彼を知らない人はいないぐらい有名なイギリスが生んだ劇作家。

シェークスピアが生まれたのは1564年と言われているが、実の所、
彼の人となりについては、はっきりした事が分かっていない。
彼の奥さんの家やよく通っていたパブとかは今だに存在していて、
観光名所になっているにも関わらずである。

彼の人間像がはっきりしない理由の一つは、彼の作品の喜劇と悲劇が同じ人が
書いたとは思えないほど違っているから。
その上、彼の両親も子供も読み書きが出来なかったらしい。
だから、学者の中には実はゴーストライターが数人いたのではいう説もある。

「ねぇ、シェークスピアって自分で作品書いたの?」

こういう事は旦那様に聞くのが一番!(笑)

「そうだよ」と一事。

「でも、喜劇と悲劇の文体が余りにも違うらしいんだけど。
同じ人が書いたって思えないぐらい・・・」

「だって、違う人がのり移って書いてるんだもの。当たり前だよ」と旦那様。

ななんと、シェークスピアが憑依体質だったとは!

「作家の中にはそういう人、意外と多いんだよ」

そういえば、自分で書いておいて自分の作品の内容を覚えていない作家がいる話を聞いたことがある。

一度だけ憑依の経験があるが(なんと祖母だったけど・・・笑)、自分の性格が「こんな性格だったっけ」って思った。
言葉遣いが代わることぐらいあるのは想像できる。

それに霊能者の中には色んなタイプがいて、書いて霊と交信する人がいる。
シェークスピアもその一人だったのか・・・

シェークスピアについての論文は数え切れないぐらいある。
けれど、この切り口で書かれた論文は殆ど無い。
というか、あっても人の目に触れるまでにはならないのだろう。

人は何かを分析しようとする時、自分の理解できる範囲の材料で
分析する。それは当然といえば当然。
けれど、自分の持っていない材料で分析されたものを見た時、
どうそれを判断するかって事だと思う。

自分の価値観や視野を柔軟にしておかないと、本当の事が見えなかったり、拒否してしまったりしてしまうのだ。

霊能者の見た歴史って本でも出したら、ベストセラー間違いなし!(笑)
歴史に対する見方がかわるだろうなぁ。

テーマ : 謎だらけ - ジャンル :

EDIT  |  11:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/21(Mon)

霊より人間が苦手? 

旦那様は霊より人間が苦手らしい(苦笑)

理由は簡単!
「霊はお経を読みながら、話を聞いてあげると成仏するから」

勿論、霊にも個性はあるから、簡単に成仏するときもあれば
そうでないときもあるらしいけど。

人間は話を聞いてあげただけでは、中々解決しない。
トラブルがある時は特にそうだ。

隣で聞いていると、自分の考えに固執している姿が自分で見えて
いないことが多い。
幾ら、旦那様がアドバイスをしてもそれがなかなか滲みていかない。
中に入っていかないのだ。

それだけ、人間は「鎧」を着て生きているんだろうと感じる。
色んな経験の中で傷つき、孤独を感じたりして、一枚一枚「鎧」は
増えていく。
それを脱ぐのは、勇気がいるし、何より自分がどんな「鎧」を着ているのか、
客観的に見るのは難しいのだ。

その鎧を脱ぐのは、霊能者といえども、本人の覚悟に任せるしかない。

色んな霊能者は色んな手法を使う。
例えば、「これをやらないと、不幸になりますよ」とかいう表現で、
相手の心の鎧に隙間を作るのだ。

勿論これが有効な場合もある。

でも同じ何かをやるなら、「不幸になるから、何かを変える」のではなく、
「より幸福になるために、何かを変える」っていう方が、単純に私は好きだ。

旦那様が霊の話をするのは、先祖の話や前世の話が本人の成長にプラスに
なると感じた時だ。

その前に、自分の姿をちゃんとみつめるアドバイスをするのだが、
人間の「鎧」はなかなかそう簡単に脱げないものだと思う事も多い。

その「鎧」を着続けることで、失っているものや、一番大切なものが
見えなくなってしまっていても、やっぱり脱げないものは脱げないのだろうか。

「一枚ぐらい脱いでもね・・・大した事ないのにね」
「沢山着てる人に限って、一枚脱ぐのを凄く恐がるのよね」

自分を変えるのは、大変大変って言っているけど、
実はそんなに大げさなことでもない・・・

沢山、沢山、着込んでいる「鎧」をたった一枚脱ぐことが第一歩。

テーマ : 大事な気持ち - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  01:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/20(Sun)

仕事と勘 

「仕事を真剣にやっている人には、霊能力みたいなものがあるんだよ」って旦那様。

「え?じゃあ、霊能力って誰にでもあるの?」って思った。

「真剣に何かを追求していると、近いものが見えてくるんだ」

いつも旦那様は、霊能力って特別な能力じゃないよって言っている。
私達が普段使っている感覚の延長線上にあるらしい・・・

延長線上って・・・・どこまで延ばせばいいのかしら?(笑)


「自分が仕事をしていた時を思い出してご覧」

教師になりたての頃は、ただ無我夢中だったけど、数年経つと、
朝、教室に入った瞬間に、気になる子が分かるようになった。

「今日はこの子には、何だか一言話しかけなきゃ」って思った。

教室には40人ぐらいの生徒が常にいるわけで、それを瞬時に分かるのが
自分でもよく分からないけど・・・結構、その「勘」は的中していた。

このよく分からない「勘」のお陰で、生徒に問題があっても問題になる前に
気がついて、大きな事にならずに済んだみたいだ。

よく、隣のクラスでは問題が大きくなって、家庭訪問だ!個人面談だ!
って「忙しそうだな」と横目で見ながら・・・
「何だか仕事してないみたいに見られてるかも」っていらない事まで考えた(笑)

40人全ての生徒の事を数秒の間に分かるのは不可能だと普通は思う。
でも、同じ様な経験をした事がある人なら分かると思うが、それは
出来る(笑)

「それ、それ、その感覚が僕達が持っている能力と同じなんだ」

って言われてもねぇ(苦笑)



旦那様は人の名前を聞いただけで、その人がどんな人か大体分かる。

「凄い!」

「君も分かるだろう?」

そういえば、教師時代の生徒の名前を思い出すと、共通するものがあるなぁ。
と考えてたら、なんとなく名前だけでも分かるようになってきた。

もう一つは「字」
教師時代、恐ろしいぐらいの枚数のテストを採点した。
何しろ、毎時間テストをして、採点していたから・・・
「赤ペン」先生状態だ(苦笑)

だから、人の書いた字を見ると、その人の性格がなんとなく分かる。
って言ったら、

「それ、それ、それだよ」って、どれ?(笑)

よく、旦那様に「ねえ、どうやったらそんな事分かるの?」って
質問して、「説明するのが難しいよ」って答えに満足できないけど、

名前や字を見て、なんとなくわかるものって確かに説明が難しい(納得!)

それでも、面接に来た人の住んでる家の周りの環境とか分かる旦那様に
後で、「ねぇ、どうやったら分かるの?」って聞いてしまうのだ(笑)

テーマ : 謎だらけ - ジャンル :

EDIT  |  10:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/19(Sat)

御祖母様は霊能者 


久しぶり・・・でもないが、又霊能者にお会いした!

今回の霊能者はかなりのご高齢。
90歳を越えた方だった。

旦那様のお母様の魂が神様だって、一目で見抜かれた。
「お家に入るなり、神様にお会いして・・・」
お母様の魂は天御中主神だって知ってる人は知ってるかも知れないが、
初めて見えられたこの御祖母様はそんな事、知る由もないはず。

ご相談を受ける中で、ご自分のご先祖のお話をされた。
体調を少し崩されて、ぐったりされていたのに、急に太い声で
「私の祖先は~で」と力強い声。

明らかに、本人が話しているのではない!

旦那様によると、この方の守護霊になっているご先祖だそう。

一通り話すと、また椅子に寄りかかって、ぐったり・・・

数時間の中で、何度か、すっと背を伸ばして、
こんな事があったってお話をされる。
「鏡に映った顔が自分の顔じゃないんです」

「夢枕に3人の人が立っていて」

はっきり言って、立派な霊能者だ。

それなのに、色んな霊能者に色々相談に行かれてたらしい。
自分が霊能者なのにそれに気がつかないとは勿体ない(笑)

遠いところからわざわざ旦那様に会いにこられたこの方。
身体の調子を色んな理由で崩し、歩けない状態だったのに、
なんと飛行機にまで乗って会いにこられた。

私が確信していることは、ここまで彼女を連れてきたのは、
ご本人の守護霊の力だと言う事。
でなければ、あの状態での旅ははっきりいって無理だ!(断言!)

旦那様のブログでも書いたが、こんなに霊能者に会うと、
実は世の中霊能者だらけと思ってしまいそうになる(笑)

旦那様によると、そんな事はないらしい。

でもねぇ、お母様は立派な霊能者だし、
弟子は元魑魅魍魎コレクターだったり、
友達は、冷蔵庫の中の缶をベコベコにしたり・・・

旦那様の周りには霊能者大集合って感じだ。

けれど気がつくと、私の妹は二人とも霊能者らしいことが発覚!

欲しいものは何でも手に入れてしまう妹と、

ピアノの中の霊が分かる妹・・・

う~ん間違いなさそうだ(笑)

人の事は言えなかった・・・(苦笑)

テーマ : 恐るべし! - ジャンル :

EDIT  |  18:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/18(Fri)

「この人」 

自分の性格の中で分かっていても中々変えられない部分。

自分でちゃんと分かってますか?
今すぐ治せなくてもいいのです。
治していかなければいけないという自分の性格とか癖。

これって意外と見えにくいもの。
気がつくまでに結構時間がかかる。
気がつくには、自分の中を見つめる事も大事。
それに自分の周りにいる人の態度や言葉にも「自分」が映っている。

人の中にはいるといつもこんな事が起こる・・・
人間関係で起こることは、自分の性格や癖の「鏡」みたいなもの。
こういう態度をとられたとか、こういわれたとか、そんな事中身を
幾ら考えても解決はしないのです(笑)

気がついていても直視するのが恐くて避けている人も多いのです。
だって、自分の嫌な部分をちゃんと見るのは、かなり勇気のいる事だから。
だから、「私ってこういうところがあるので・・・」って前置きして(笑)

まあ、言い換えれば「今のところその性格や癖は治す予定はなし」
って言ってるようなものだって、自分で言っているようなもの(苦笑)

自分の悪いところを治す一番の薬は、「この人」って決めた人の
言う事は必ず聞くこと

これに尽きます!

自分の性格や癖が出ている時は、無意識や心の奥深いところにあるトラウマ
とかが自分の中で渦舞いているので、人の言う事が聞けなくなるのです。
人の言う事が聞けないと、その悪循環からは永遠に抜けられません(きっぱり)

逆に、色んな人が言ったことを全部鵜呑みにしてしまうのも要注意!
何が「自分」なのか分からなくなって仕舞うからです。

貴方の中の本当の「自分」を知って、ちゃんとアドバイスをしてくれる人の
言葉をその時理由が分からなくても、きちんとやり遂げる事。
理由が分からないから、「この人」と云うのを決める必要があるし、
理由が分かっていれば、とうの昔に治っているはず。

私には当てはまらない。
私は気をつけている。
そういったって・・・。

そう今心の中で思った貴方!

ほら、もう治すつもりがないって言っているのと同じです(笑)

旦那様から貰った大切なアドバイス。
いつもどこに消えてしまうのだろう・・・(苦笑)

テーマ : 大事な気持ち - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/17(Thu)

御願いごと 

仏壇や神棚に向かって、何を拝むのだろう。

「~になりますように!」とかやってません?

今日は正しい拝み方(笑)について。
これって意外と大切な事だって旦那様から言われた。

「簡単に御願いごとをしてはいけません」

「はい。でもどうして?」
すぐに理由を知りたがる私(笑)

神や仏は簡単に御願いごとを聞いてはくれない。

神は特にそう。

それに神への御願いごとは、契約みたいな意味合いが強いから、
何か御願いを聞きいれてもらったら、自分も何か捧げモノを
しなきゃいけないのが原則。
へたすると、「えー、そんなぁ」って事も真面目にある。
「あがない」が自分の思ってもみない事だってある。

だから、神への拝み方は、
「こんな風にすごしてます。」って近況報告に留めておいた方が無難。

じゃあ仏様は?
仏様はもう人間的。
だから、まあいいかってお願い事を聞いてくれる時もある。
でも、やっぱり御願いしっぱなしは駄目。
何か自分が捧げるものがないとね。

一番、助けてくれるのは自分の先祖だ。
だけど、大体そのご先祖様も普段は忙しい。
子孫を助けるどころか、自分が大変でそれどころじゃないってことも多いらしい。
ご先祖様が御願いごとを聞ける様になるためには、
子孫(そうです、貴方!の事)からの供養が欠かせない。
だから、ご先祖様へ御願いごとだけしてっていうのではね。

こんな風に神や仏に御願いごとをするのは必ずリスクが伴なう。
「だから、プロに任せたほうが無難だよ。」って旦那様。

そういえば、「お金が欲しい」って御願いして、
自分の大切な人の命を引き換えにしてしまった話も聞いた。
生命保険で入ってきたお金。願い事はかなったけど・・・って事になる。

「この家が欲しい」って御願いした人がいた。
御願いごとが通って、手に入れたのはいいけど、そこは本来その人が住むべき
場所じゃなかった。(場所によってあう、あわないはあるでしょ?)
結局、もう一度、引っ越すことになってしまった。

旦那様は依頼された内容がその人にとってどうなのかちゃんと
判断してからしか、「御祈願」をしない。
それにそれは、前に書いた例からも分かるように難しい。
御祈願が通って終わり!ではなく、人はその後も生きていかなくては
ならないから。

いままで、「~になりますように」って御願いして、
御願いごとをかなえてもらえなかった貴方!
ひょっとしたら、貴方は運がいいのかも?知れない・・・?

テーマ : 心と聖書 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  01:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/16(Wed)

死んでも楽にならない? 

「死んでも楽にならないよ」

そう言われた時は、本当にびっくりした。

「成仏してない先祖がいるよ」って言われた時もその意味が
初めはよくわからなかった。

人が死んだらどうなるのかって事は、生きている人間が
必ずと云っていい程持つ疑問だろう。


人間が死んで、何が無くなってしまうのか。
どこまで分解?されてしまうのか。
私っていう人間は完全にいなくなるのか。

普通、生きてる人間には分からない。
色んな宗教で定義してあっても、実際のところ私にとっては
定義は定義でしかなかった。

私の父の実家は浄土真宗のお寺で、「霊」の存在を認めていない。
小さい頃、毎朝、毎晩、仏壇に手を合わせながら、
誰に拝んでいるのか、だから、何を拝んでいるのか分からなかった。
祖父母の記憶が殆どないから余計に意味がつかみにくかった。

今でも、「仏壇に手を合わせなさい」「お墓参りに行きなさい」
って言われても、その本当の意味をちゃんと伝えている家は
残念ながら少ないかも知れない。

その本当の意味が分かってくるのは、自分っていう存在を
ちゃんと客観的に観ることができるようになる事とも関係が
あるように思う。
自分を大切に思うって感情があって初めて、ちゃんと拝むことが
出来るようになったとも感じる。
大切な自分のルーツを大切に思うのは、自然な感情だと思うから。


「成仏してないって、どう言う事?」

「死んでも、こだわりを捨てられないってことだよ」と旦那様。

「じゃあ、死んでも楽になれないのね」

「その通り!」


幾ら私に伝えたいメッセージがあるとはいえ、成仏していなかった
私の御先祖様(苦笑)

ああ、親鸞様、貴方の教えがちゃんと伝わっていない可能性があります(苦笑)

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル :

EDIT  |  02:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/15(Tue)

十字架のその後 


先週の木曜日に日本をたってロンドンに向かった十字架。
もうロンドンに着いたと妹から連絡が入った。

旦那様に、十字架と写真たてを、飾られている場所に(家)にいる霊をなぐさめ、
家の中が平和であるようにとの祈りを入れてもらった十字架だ。

ピアノの上に十字架を置いて、お水を横に置いてね。
一日経ったら、その水は敷地の外に捨ててねって話した。


「これで少しづつ楽になっていくよ」って旦那様。

ピアノの中にいる数人の子供達は、きっとこの祈りで癒され、
彼らも又、楽になる事だろう。

良かったぁ、これで私も楽になる(笑)


ある場所を清めるのは難しいと、旦那様の仕事を見てていつも思う。
そこにあるものやその場所の歴史によっても手法が違うし、
それが違えば慰め方が違うからだ。

「ねぇ、キリスト今日には成仏ってあるの?」って愚問かなぁと
思いつつ旦那様に聞いてみた。
今回は、ロンドンの妹の家のピアノにいる霊が問題。
当然、仏教じゃないよなぁ・・・って思った。

「残念ながらないから、慰めって形をとるんだよ」

神と仏もやり方が違う。
相手あっての事だから、「専門家」に任せるしかない。
それを扱うには、かなりのエネルギーと知識とそれから覚悟が必要だそうだ。

それは霊が見えない私にも分かる。
一緒にいるだけで、座っているのもつらくなるほど、
エネルギーを吸われてしまう時があるから。
被って、頭が痛くなるなんて序の口だと最近感じるようになった(苦笑)

まあ、せめて自分が死ぬときは、ちゃんと周りにこういう迷惑(笑)を
かけないようにしたいものだ・・・

一度、旦那様にこういったら、笑いながら、
「僕がいるのに成仏しないなんて事があるはずないだろう!」って
言われた。

最もだ!
「よろしく御願いしておきます」って今のうちに答えておいた。(笑)


ちなみに言っておくが、つらい事があった時、
思ってはいけない事とは知りながら、「死んだほうがまし」って
思ったことがある人も少なくないだろう。

「死んでも楽にはならないよ」と一言、旦那様。
「え!そうなの?」
「当たり前だろう。この世で思い残したことがあって死ぬねば、
思いが残る。成仏できないんだ。」

死んでも楽にならないなんて・・・ショック!

これで逃げ場は失った(苦笑)

今世の事は今世に片付けないと(笑)

テーマ : 死と私。 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  09:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/14(Mon)

霊能者は意味不明 


霊能者って言葉が足りない事が多い(笑)

ある霊能者からメールが来ると、いつも私の頭の中は
??????になる。
数回メールをやり取りして、これは文字で会話しているせいかも?
と思って、電話した。

「きっと、直接話したら、すぐに分かるわ」
「直接話した方が分かり易いもんね」

ところが・・・
話しても分からないものは分からない(苦笑)
内容がではなく、相手の言おうとしている事が、伝わってこないのだ。
ちゃんと説明してもらわないと分からないことを、
「このくらい分かるだろう」ってはしょってしまう。

そして、「ちゃんと説明しないと分からないよ」って言うと、
(そのくらい分かってよ)みたいな感じで、
「だって、わかってもらってると思ってたもん」とか、
「そこまで、頼むつもりはなかったから」とか・・・・(苦笑)

自分が誤解されている事に気が付いたときも、それに言葉を重ねて、
もう一度言い直すとか、説明するとかがとても面倒くさいらしい。

霊能者が意味不明なのは、人の気持ちが普段伝わって来すぎて、
相手と自分の頭の中が区別つかなくなっている。
どういえば、理解してもらえるのかっていう前に、
だから人と話すのは苦痛なんだって思ってしまう。

「それじゃあ、人に誤解されたままだよ」
「自分を理解してもらう努力をしないと、人と仕事が出来ないよ」
って言うと、無意識に自己防衛反応!のスイッチが入る。

勿論、普通の人にも自己防衛反応はある。
人から何か指摘されて、それを素直に聞くのは難しい。

ただ、霊能者の場合、極端に恐がりが多く、自分が変わること
変わりなさいと言われる事に対する拒否感がとても強い気がする。

そして、そうなった時の反応は、霊能者によってそれぞれだ。

キーってヒステリックになる人。
無口になってこもってしまう人。
相手に対して、過剰に反撃する人。

本能でやってるし、いつも言っている様に、以上に自分の中にある
エネルギーが強いので、抑えるのは想像以上に難しい。
そのエネルギーを持って、自己防衛することに全神経を集中させてしまうのだ。

正直に言うと、旦那様と暮らすようになってから、私自身も被るとか
色んな経験をしていく中で、匂いに敏感になったり、光が見えたりするように
なってきている。
そして、それとともに、気になる事があると、それから頭が離れない
という時期が暫くあった。

「どうして、こんなつまらない事にこだわっているんだろう」
って、分かるんだけど、そこから視線が外せない・・・(苦笑)

そこで、自分の気分を変える事が出来るものを探した。
結構「これはいける!」と思えるものが見つかるまでは大変だった。
いわいる視点を変える為のエネルギーの変換!出来るものを探すと
いいかも知れない。

でも、何よりその前に自分が自己防衛に過剰に反応しているかも
知れないと自分で気が付くことが先だろう。

それを人から指摘されても、自己防衛反応が出て来るだけで、
そこから中々変われない。

う~ん。久々に、困った。「何か気づかせる、いい方法ない?」って
旦那様に聞いたら、「自分で気づくまでなかなかね・・・」

やっぱり、「自分を変える」事の出来るのは「本人」以外になさそうだ。
待つしかないのかなぁ・・・

うぅ、彼女からメールが来るのがそれまではちょっと恐い・・・(笑)

テーマ : やってられん - ジャンル :

EDIT  |  11:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/13(Sun)

空手 


旦那様は、空手の話をすると突然、目がキラキラ輝きだす。
本当に好きなんだなぁと、それを横から見て居て思う。

自分が打ち込める物を見つけた人は強い。
たった一つの事を追求する事で、殆ど全ての事が学べる。

そして、今日試合を見に行った。
「空手」と云う一つの事で、その人の性格や物事に対する姿勢が
不思議なほど分かるから・・・本当に不思議だ!

弱気な人は弱気に、強気な人は負けず嫌いだなって分かる試合をする。
そして、それに対して、どう練習してきたかも伝わってくる。

本当の「強さ」を身につけるのは難しい。
どんなに力でねじ伏せようとしても、次に「心」の強さが
見えてくる。相手は簡単には倒れないのだ。
自分でやってきたと思っていても、そこにもっと練習すればよかったとか
何らかの後悔に似た感情が出てきた瞬間が、試合の中では見える。
逆に、絶対に負けるわけがない!と自分を信じているのが分かる人も居る。
何度も何度も、殴り殴られ、そんな中で現在の自分の姿を引っ張り
出されているような感じ・・・

旦那様に会うまでは、私自身、武道に対する知識が余りなかった。
でも、こうやって何度も試合会場に足を運ぶようになって
分かってきたことが幾つかある。

一つは、自分の試合の姿を客観的に分析できているかどうか。
相手を分析し、自分がそれに対して、対策を立てる。
全ての事に通じる事だと思う。
結局、仕事や日常生活の中でいつもやっている事と同じだ。

「絶対」と云う言葉は自分の心でしか作りだせない。

「絶対勝ってやる!って思わないと」

「人はごまかせても、自分はごまかせだろう?」

と、旦那様は弟子によく言っている。
それを見事に「空手」は見つめさせてくれるのだ。


え?自分の好きな事がみつからないから・・・って?

「好きなこと」は、やってて「楽」なこととは違うんだよねぇ。
って一言添えて置く・・・必要かも知れないけど(笑)

テーマ : 生きる - ジャンル : ライフ

EDIT  |  16:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/12(Sat)

必要なもの2 

自分の目の前に降って来きているものは、とかく自分では見えにくい。

携帯の覗き防止フィルムは正面からしか見えないようになっているけど、
ふってきているチャンスは、何故か本人が一番気が付かないことがあります。

それに、折角のチャンスをつかめない人には、気が付かないことを含めて、
色んな理由が存在しているように思えます。

理由は色々・・・

第一に、全然そんなもの興味がない(笑)と思っている。
自分に興味のないと思うことでも、どこかで何かにつながってないかって
考える視点を持っていない場合。

第二に降って来ていると分かっていても疑ってかかってしまう・・・
色々つらい経験が過去にあったのでしょうか・・・(苦笑)

第三に自分の立ち位置を決めていない。
不思議と一点から見たほうが見え易いのです、この降って来るチャンスって。

自分の生き方や、自分らしいこだわりの無い人は始終自分の位置を
変えてしまい、何故かいつも見えない所に立ってしまう・・・
そうすると、チャンスが来ているのに全然気が付かない、あるいは
それを受け取る決心が出来ない。

第四に人の言う事に耳を貸さない人。
降って来ている事に気がつかせてくれている大切な人の言葉をちゃんと
聞けない・・・
自分の周りの人全部の声を「そうかも知れない」って聞くのは大変。
だけど、ちゃんと心で貴方に言っているかどうか、心で聞けば分かるはず!


先日、チャンスは「雪」のようにいつも貴方の上から降って来るって
話を書きました。

ある人が、他の人のチャンスに気が付いて、そういってあげたら、
「その雪、手にとってどうするの?溶けるのをながめるの?」
って答え(苦笑)

だから、第5にチャンスが降って来ていても「自分の準備」が
出来ていない人にとっては、手を出したこと自体が無駄に思えるらしい事。

それに何でも自分でやってみようと「経験」をケチる人は(笑)、
やっぱりチャンスを逃します。

目の前にあるチャンスは、眺めていても殆ど本当の意味が分からない
事が多いのです。

本当の意味が分かるのは、その前にちゃんと心の準備が出来ていて、

(知らないうちに出来ていることもありますよ・・・それは、
悩み続けてきたこと、どうしようと考え続けてきたプロセスとか
の中ではぐくまれていることが多いのですが)

そして、手にした瞬間に「あ!」って普通、本人だけに分かる。

分かる内容も、「何かあるかも」っていう直感から、
「そういうことだったのか」って納得することまで色々。

だから、「貴方仕様です」って書きましたよね!

「これってどういう意味でしょう。」って気になって仕方がない時は
是非、旦那様にお聞き下さい。
それが、降りてきたチャンスを最大限に活かす「チャンス」だと
思います。

見える人には、その必然性が見えるのです。

テーマ : 留めておきたい気持ち。 - ジャンル :

EDIT  |  02:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/11(Fri)

必要なもの 


旦那様のHPの掲示板で今盛り上がってくる話題の一つ。

「必要なものが降って来る」と云うお話・・・。

「そんなことないなぁ。いいよなぁそんな人。」と思っている貴方!

実は、誰にでも必要なものはいつも降って来ているのです。
そして、有難い事に一度目に気が付かなくても、
何度も何度も降って来ています。しつこいぐらい・・・

「必要なもの」と云うと少し制限してしまいそうですから、
「必要なチャンス」と言ったほうがいいかも知れません。

降って来ているのは、時にはモノだったり、本だったり、
テレビの番組だったり、時には何気ない隣にいる人の言葉だったり。


そういえば、こんな事がありました。
同じ職場で働く女性、とても仲が良くて、二人はよく話をする間柄でした。

たまたま旦那様と話す機会があった二人の内の一人が(A子さん)、

「何だか知らないけど、彼女の事(B子さん)がとても気になるんです。」

「仕事仲間として以上に、こうすればいいのに、ああすればいいのに
って思ってしまうんですけど・・・」


もう一人の彼女は、「どうしてこんな事私にいちいち言うんだろう。」
と思っていて、それに言われた内容も、何だかずっと気になっていたらしいのです。


旦那様は、笑って、「君(A子さん)が話しているんじゃないね。」って。

B子さんは、素晴らしい資格を持ったエスティシャン。
お母さんを早く亡くして、それから仕事を一生懸命頑張っている女性。


私もB子さんには何度か施術をしてもらったが、
確かに腕はいいかもしれない・・・
けれど、終わったときに「あ~リラックスした」って言うには、
何かが足りない・・・。何だろう???

旦那様はいつも言うが、エスティシャンって広い意味で「人を癒す」仕事。
だから、人の心にも敏感でないと、本当の意味のプロの仕事は出来ない!

A子さんが、B子さんに何気なく口にしていた事は、

「人に対する思い遣り」
「もっと、人に心を開きなさい」

これは、亡くなったB子さんのお母さんからのメッセージだったのだ。

B子さんのお母さんは、彼女を応援したくて、それを伝えたくて、
A子さんを通してそれを伝えているのだと旦那様。


この二人は、たまたま旦那様に会って、その事を知ったけど、
実は私達の周りには、そんなことが溢れています。

そう、今のこの瞬間にも降って来ているのです。

それを受け止めるかどうかは、いつも貴方次第。
それに気が付くには、いつもいつも自分へのメッセージに
敏感でいたいものですね。

誰かがこれを「天使のささやき」って呼んでましたけど、
そのくらいかわいいものから、びっくりすること、
このくらいの事っていう些細なこととか、
その内容も様々。

すべて、天からの「貴方仕様」になっております(笑)

テーマ : 生きる - ジャンル : ライフ

EDIT  |  10:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/10(Thu)

十字架 


十字架
十字架を買いに行った。

先日、ロンドンの妹から電話で、ある部屋に入ると
いつも視線を感じるという。

「早速写真を送ってみて、旦那様に見てもらうから・・・」

すると、写真に映っているピアノの中に数人の子供の姿。

「あんまりよくないね。出来れば十字架をピアノの上に置いてみて」

ちゃんとした十字架のない妹は取りあえず、家にあった十字架を
ピアノの上に・・・
それから、彼女は体調を崩した。

彼女は自分の旦那様にこのことを話したらしい。

「僕は何にも感じないよ。ピアノを沢山弾いてあげればいいんだ。」
って言ったらしい。てことは・・・ちゃんと分かっているじゃない!
だって、ピアノにいる子供達はピアノの音が大好きなのだ。

彼女の旦那様のお母様はかなり霊感がある。
だから、その息子も何気ない一言に自分で気が付いていないが
メッセージを受け取ったようなことを言う事が少なくない。
本人は自分が敬虔なクリスチャンだからだけだと思っているが。

だから、自覚のない人たちは・・・ねぇ・・・

「十字架を置いたけど、気分が悪くて・・・」って妹。

「十字架が効いてる。けど、まだいるし、騒いでいる」って旦那様。

やっぱりこちらから旦那様にやってもらって送るのが早い!
って事で十字架を買いにいった。

何しろ、その数日後から、私まで腹痛がすぐおこる。
それも突然、意味もなく。

今日も十字架を買いに行って、お店の前に立ったとたん痛くなった。

「被ってる!」って大騒ぎしたら、
「被ってるんじゃないよ。飛んできてる。」
早く買って、入魂して、送らないと体が持たない(苦笑)

そして・・・
入魂してもらった。
私にはキリストの姿は見えなかったが、旦那様とお母様は
「絵」どおりの人だったって。

終わったら、部屋の空気がすっきり。
でも体が、熱くなってしびれた感じだ。

「凄いエネルギーだろう?超霊能者だ、キリストは。」

よく分からないぐらい、手や頭が痺れている(苦笑)
そして、未だ腹痛は止まらない。

早く、送らなきゃ・・・・

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  15:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/09(Wed)

夫婦は似てくる? 

前から、何となく気がついていた事。
「夫婦って似てるなぁ」

よく、同じものを食べて、同じ家の中で生活してるから
似てくるのも当たり前って聞いてたけど、もっと根本的。
っていうかもっと本能的な感じがする。

芸能人の夫婦を見ると外見的パーツがそっくりというパターン。
例えば、先日結婚した安達由美。
結婚した相手を含め、今まで付き合ったといわれている人って、
本人とどことなく似ているような気がする。

外見的には似てないように思えても、性格とか、
考え方とか、結構似てるものだ。

今日もまた、二人は同じぐらい頑固だという夫婦を発見!


夫婦の問題で相談があって、例えば旦那様がこういう性格で・・・
なんて奥様が言ったとする。

「どうやったら治りますかねぇ」

その時は、旦那様が悪いみたいな話になるけど、
暫く観察?してると、結構奥様も似たような性格が
程度の差はあれ、あったりする。

「人間って結構自分の事が好きで、
自分に似ている人と結婚するのかなぁ。
それとも結婚してから、似てくるのかなぁ」

相手に対して、気になるところって結構自分の気になるところ
かも知れない!(笑)
そう思って相手を見ると、意外な自分が発見できたりして。



旦那様のお母様に(←やはり霊能者)
「あなた達、双子みたいに似てるわね」
って言われた時には、驚いた、びっくりしたぁ!!!!

「どこが似てるのーーーー?」

「論理的なとこ」って一言旦那様。

「えー、私ってそんなに理屈っぽい?」

「誰もそんなこと言ってないだろう(笑)」

って、自分でちょっと理屈っぽいって気にしている事を
自ら暴露してしまった(笑)


だから、霊能者と話すときは、注意が必要だ(笑)
最も注意しても無駄だけどね!

テーマ : おうち大好き! - ジャンル : ライフ

EDIT  |  01:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/08(Tue)

アウトプット2 

子供が言葉を覚える時、社会言語学的に云うと、
子供はお手本となる大人(子供のその時点での言語能力+
ちょとだけ高いレベルの言葉を話してくれる人)との
会話の中で、コミュニケーション力をつけていくという説がある。

実は、これは大人になっても同じ事。
何も云わずに人の言葉を聞いているだけでは、
(特に)自分で分かったと思っているほど、わかっていない事が多い。

昔から、「日本には多くを語らない!のが凄い人だ」
みたいな妄想?があって、自分の気持ちや考えを外に出さない傾向にある。

それは、それで素敵な伝統だかも知れないが、自分の立場に応じて
発言が出来るという能力は、アウトプットしなければ、つかないものだ。

それに、実際、自分で話したり、書いたりしてみれば分かるが、
自分で思っているより、それはずっと難しい。

言い過ぎたり、言葉が足りなかったり、その試行錯誤の中で
その場に応じた話し方、書き方が出来るようになる。

その場その場で全部変わってくるから、マニュアルなんていかに役に立たないか
やってみればよく分かる。

一般的な傾向だが、霊能者は言葉が足りないことが多い。

今日も訳の分からないメールをもらった。
いつも彼女には、ちゃんとアウトプットしなさいってアドバイスするのに
またまた、何の事かわからない。

今は、旦那様が通訳してくれるので(笑)彼女の言葉を理解するのに
苦労しないが、思い返してみると、誤解していた部分が多かった。

人の心が簡単に分かるくせに・・・なのか・・・わかるからなのか、
言葉が足りない霊能者は意外と多い。

そして、ちゃんと順を追って説明するのが苦手だったりする。
というわけで、結構一人で「誰もわかってくれない」病にかかる。
「何でこの程度の事が分からないのかしら」とも思ったりする。
ついには「どうせ話しても無駄だから」と初めからあきらめてしまう。

霊能者でなくてもこういう考え方になっている人は、意外と多い。
理解されないと心の中のどこかで悩んでいるのに、
周りが悪い!とかどうして分からないんだ!っていうフラストレーション。

霊能者でも普通の人でも「理解されない」と感じている時の
殆どが、アウトプットが不足しているか、そのやり方がまずいかのどちらか
である事が多い。
自分が原因の事が多いのだ。

コミュニケーション能力。
「相手の心の状態を意識しながら話すこと」って旦那様は言う。
そして、その能力を伸ばすには、色んな場面で、回数こなすのが一番だ。
と言うか、究極これしかない!

って論文にも、実験でも証明されているって付け加えておこう(笑)
日本人って、こういうお墨付きに弱いから(笑)

テーマ : 対人関係。 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  01:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/07(Mon)

アウトプット 

アウトプット・・・つまり自分の思っていることを
誰かに対してちゃんと言う事は、何より自分にとって大切だ。

言わない事が相手への思いやりだと思ったら大間違い。
言わないですっかり忘れる程度のものなら話は別だが(苦笑)

必ず、心のどこかに残っている。

そして、同じ事が繰り返されるたびに、それは膨らんでいく。

「僕は思ったことは必ず口にするよ。」と、旦那様。

でも明らかに私の欠点を言われて嫌な思いをしたことは殆どない。

「言うタイミングと言い方は考えるけどね。」

そう、自分の欠点って結構自分でも気が付いていて、実は
何度か痛い目に会ってる(笑)
自分で「こういうところあるんだよなぁ」って思っているところを
疲れている時や、今言われたくない時に言われると、
必要以上に傷ついたりするものだ。
だから、言う「タイミング」は大切。

そんな事わかってるわよ!ってタイミングが悪いと思うし、
それを指摘されて、問題が解決する時って、感情的になってると
殆ど無意味・・・どころか、返って逆切れしてしまう・・・
なんてこともある・・・でしょ?

「僕は、こういう感じがすきだなぁ」って表現。
旦那様がよく使う「手」だ。

ひょっとしたら、そうじゃ無い事したかしら?と思って、
「私ってそういう所あるのよねぇ。」って言うと、
「ゆっくり、そうなればいいよ。そのうちね。
僕だって自分の事はそう簡単に治せない時もあるもんね。」

返す言葉が無いほど、反省する時もあるし、
「調整中」って事でごまかして?いるところもある。

どんな人だって、完璧な人はいない。
だけど、そのとき気が付いたことをためていると、いつの間にか
相手に完璧を求めるようになってしまう事もある。

「相手に、こうなって欲しい!って思っていること全部実現したら
どんな人になるかしら?」って考えたら、理想とは全然違っていたりして。

そういう時は、他愛も無い事に「自分がこだわっているだけ」
かも知れない。

悪いのは相手じゃなくて、自分だったりすることって
思っているよりずーーーーーーっと多い。

テーマ : 元気になるヒント - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  01:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/06(Sun)

PC壊れる? 

昨日、急にPCがトラブった。

いやいや、先日怒ったから、PCが壊れた?
これで私も一人前の霊能者?・・・なはずはない(苦笑)
最近酷使してたのに、メンテナンスをサボっていたからだろう。

人間も同じ・・・
メンテナンスが必要だ。
リフレッシュして、空気をちゃんと吸ってないと、
知らないうちに体が「酸欠」になってる。

不思議なもので、ちゃんと空気を吸ってないと、
体はそれに応じて、それなりにしか動かない(苦笑)

そうすると、いつも働くはずの頭が止まってしまう。
それに何より大切な「勘」も鈍る。

だから、自分の頭が止まっていることや「勘」が鈍ってしまって
いる事にさえ気が付かないのだ。
残念なことにその状態が酷い時程自分では気がつかない。

そして、霊能者の場合、日常生活を続けることさえ難しくなる。
それも半端なく「だるい」
周りの人から見ると、ただのさぼりに見えてしまうことも手伝って、
やがて「精神と時」の部屋に閉じこもるという結果になる(苦笑)

生きていくのに最小限のものを呼び寄せることの出来る霊能者は、
その部屋も中々心地いいと長居をする事は以前書いた。

大きなエネルギーを持って、小さな部屋に閉じこもっていると
安全な気がして居るかも知れないが、そう簡単なものではない。
知らないうちに、自分のエネルギーで自分を痛めつけることになる。
まるで、胃酸過多状態(例えがまたねぇ)
自分の胃液で自分の胃を傷める。
よほど酷くならない限り、そのことに気が付かないのだ。

自分のメンテナンスは自分でしかできないのが普通。
周りの人が気が付いても、それは外から見れば、ただ機嫌が悪かったり、
その人の性格(勿論、性格の一部だが)と放って置かれるのがおちだ。

機械も人間も「止まってしまう」のが一番いけない。

「常に自分の体調を自分で意識しておくことが大切だよ」って旦那様。

そういわれてて、わかっていても、今日も気が付いたら、
急に気分が悪くなって、ぐらぐらし始めた。

「おかしいなぁ。被ってないはずなのに・・・」

「エネルギー空っぽだよ」

あらら、またやってしまった。(苦笑)

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  22:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/05(Sat)

マニュアル 

マニュアル通りの仕事・・・

「先ほどお電話いただいた時に言い忘れたのですが、
この件は後2日ほどかかります。」

修理を依頼した先からの電話だ。
説明を聞いて、それも仕方ないと思った。
けれど、修理が長引くと、色んな影響が出て来る。

「それは、分かりましたが、後2日程って何日に仕上がるんですか?」

「それはお預かりしてみないと、何があるかわかりませんから」

最初の電話での計算で仕事をしていた私は、帰ってくる日にちに
少しでも確信が欲しかった。
例えば、予定より遅れそうな場合はお知らせしますとか・・・いう一言。
けれども何を聞いても、「はっきりした事は分からない」の一点張り。

マニュアルで仕事をしている人は、相手の姿が見えてない。

その機械が手元に無くて不自由しているなんて、全く考えないで、
預かった後、自分の責任になる事態が起こらないようにと言う感じの
返事しか帰ってこない。
きっと、マニュアルでそういいなさいと指導されているのだろう。

「遅れそうな時は知らせていただきますか?」

「こちらのほうからメールを差し上げます」

「電話で連絡してはいただけないのですか?」

「メールで連絡する決まりになっております」

って言葉を聞いたとたんにブチっと切れた(笑)
もとあと言えば、向こうの手違いで起こったこと。

詳しくは書かなかったが、何を聞いても、
「何があるのか分からないから」とか
「こういう決まりになっております」という返事。

会社のマニュアルの意味はよく分かる。
しかし、自分の手違いで起こった事を、マニュアル通りに済まして責任を
取れないという返事ばかりでは、「機械」と話しているのと同じだ。

「何があるか分からないって、それは世の中全部そうですよね。」

「はい・・・」

決まりを破ってやって欲しいと思っているわけではない。
少しでも、「不自由だろう」という気持ちが伝わっていれば、
そんな言葉を繰り返す事だけと云う事もないだろう。

「自分のしたミスで起こった事態にはもっと責任を持って仕事を
されたらどうですか。」

それに対しての返事・・・

「ありがとうございます」

きっとご指摘有難うございますという意味だったのだろうが、
益々頭にきた!(笑え・・ない・・・)

「お礼は結構です。」って電話を切った。

近頃、どこに行ってもこういう対応が多い。
相手の姿が見えていない、マニュアルどおりの仕事しかこなせない人、
自分のところに責任が来ない事しか考えてないように聞こえる言葉。

マクドナルドが日本に出来て以来だ!とか考えたりして(笑)
(マクドナルドは働く人が話す言葉までぜーーんぶマニュアル化した
最初の企業だといわれている)

滅多に最近怒ってなかったので(笑)正直疲れた。

後で旦那様と話したら、きっと
「口うるさい客に当たっちゃった・・・」

「今日は厄日だわ」

「いるのよねー、うるさい客って」
って言ってるかもねって(苦笑)

と言う訳で、頭に来ても、怒鳴ったりして解決する問題は少ない。

って、何でわざわざ書くかと言うと、霊能者って気が短い人が多いから
結構怒鳴ったりすること、ありません???(笑)

「今日も相手を怒らせるのに成功したわ!」
って舌出してたらどうする?って旦那様に聞かれて、

「もしそうなら、完全に私の負けだわ。やられた!って感じ(笑)」

これだけ、電話の相手の事を色々想像出来れば、
マニュアル以上の仕事が私は出来る・・・はず!(爆笑)

テーマ : ビジネス自己管理術 - ジャンル : ビジネス

EDIT  |  01:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/04(Fri)

記憶(2) 

長い長い人間の歴史。
その中で生きた沢山の人たちの知恵。

その一部は「書物」と言う形で私の目の前にある。

この前神田の古本屋さんに一寸立ち寄ったが、凄い量だった。
とても全部なんて読めない・・・

人が日々進化していると感じるのは、過去に生きた人達の
知恵の上に生きているからだ。
生まれた時、原始時代の生活から始めていては、
自動車に乗れる年齢まで生きていようとすれば、何歳まで生きなければ
いけないのかなぁ(苦笑)

それにしても、先人の知恵を生かしきれていないとは、
なんとも勿体ない!

旦那様によると、その知恵が詰まっている場所?があるという。
全ての人がその知恵の川とつながっているらしい。

その知恵を誰が記憶してるかって?
それは、勿論、「地球」が覚えているのです。

旦那様が相談を受ける時、大体の場合はそこにアクセスするらしい。
そうすれば、「答えは降ってくる」らしく、
自分ではそれを相手が分かる言葉にして、伝えているらしい。

まるでインターネットだ!
検索ワード(相談内容)を入れると、それに対する答えが画面に
バン!って、出て来る。(素晴らしい!)

余りに沢山データーがあるので、キャッシュはすぐに捨てるらしい(笑)

いやいや、有効活用させていただかないとバチがあたります(笑)

テーマ : 考察 - ジャンル :

EDIT  |  02:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/03(Thu)

霊能者に会う! 

自分の中に眠っているもの。
才能も性格も癖も、結構自分では見えないものだ。

自分の顔は鏡がないと見えないのと同じ。

自分の中に眠っているもの。
それに気が付くには、まず何が入っているのか
知らなくてはね。

霊能者には、その人が持っている本来の姿が
その人の成長に必要なだけ見える。

「必要なだけ」っていうところが結構、霊能者にとっては
ポイントなんだが・・・
それは、その霊能者がどこまで未来を見通せるかと言う
能力にかかっている。

「ねぇ、運命ってあるの?」

「あるよ。いつも歯車は回ってる。」

じゃあ、どんなあがいても同じじゃない。って思うのは、
短絡的だ。

「問題はね、いつどの歯車にのるかってこと」と旦那様。

そのタイミングと別の歯車にのり移るちょっとした勇気。
それを与えてくれるのが、霊能者だ。

ただし、本人が他の歯車に飛び移る気持ちや準備ができて
なければ、どんなアドバイスも無駄になる事がある。

チャンスは回転寿司のように目の前をいつも流れている。
って、例えがあんまりよくないなぁ。

チャンスは、いつも雪のように貴方の上から降っている。
まず、それを手にとってみようと思うこと。
それから、降ってきた時、それがチャンスの時。

手に取った雪を「これ何だろう?」って眺めてるうちに、
溶けてしまうから。

チャンスは生もの(あら、又、例えが悪い)

「回転寿司」でも「雪の粒」でも降ってきたものは逃さないように
したいものだ。

テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

EDIT  |  01:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/02(Wed)

思いは形になる 

最近のベストセラーの本の一冊。
「思いは形になる」

まだ読んでいないから内容は分からない。
でも、本屋でその表紙を見たときに思い出した。

数年前の事。
誰かと待ち合わせして、目の前の風景をボーっと眺めてた。

車、自転車、ビル・・・

「あれ?全部、人の思いを形にしたものだ。」

「こんなものあったらいいなって、人が思って出来たもの」

「人の思いが形になるんだ」

世紀の大発見!をした気になった(爆笑)


で、旦那様に訊いた。
「ねぇ、人の思いって形になるんだよね」

「そうだよ。それに沢山の人がそう思えば思うほど、
そのエネルギーは大きくなるから、奇跡と思えることだって起こるんだ。」

「沢山の人が信じていることは、やがて形になるんだよ」

今、目の前に見えている事の向こうには、人の色々な思惑が流れている。

自分の気持ちの方向性がきちんとしていれば、きっとそれはいつか
形になって現れるはずだと思った・・・

そう思ったら、自分の思いにちょっとだけ、敏感になった。
「こんな風になったらいいな。」
「こんなものあったらいいな。」
「こんな風になりたいな。」

思って、それから思い続けること。
問い続けること。
ずっと昔から人が続けてきたことだ。

今度、本屋に行ったら、立ち読みしてみよう。
(すぐに買わないところがねぇ)
同じ様なことが書いてあるのかどうか確かめなくっちゃ。

テーマ : ほんのちょっとでも前進! - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  11:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2005.11/01(Tue)

孤独 


孤独
自分の事を本当に理解してくれる人を探すのは、
「自分さがし」に似ていると思う。


仕事をしていた頃、自分が真剣に仕事をすればするほど
「孤独」になっていく感じがした。

自分流の仕事に対する姿勢が出来てくれば来るほど
同じ考え方をしている人が周りにいないことに
何となく気づいていた。
でも、職場では人間関係も仕事の内と人に合わせて
いた部分も沢山あった。

あれだけの人に囲まれて仕事をしていたのに「孤独」だった。

そして当時、旦那様(そのときは旦那様ではなかったが)
に相談した覚えがある。

「自分流の仕事の姿勢が出来ていけば行くほど、孤独になるものだよ」

そういってもらって、「孤独」でもいい。
自分の仕事の形にこだわろうと思った。

そしたら・・・
一人でも孤独ではなくなった。




転勤で地方に行った人が、友達が出来ないで「孤独」だって電話をかけてきた。

「転勤する前、友達って沢山いたの?」
「その友達とどんな付き合い方してた?」

寂しさを紛らわすだけの友達なら、いてもいなくても大丈夫。
どうせいつかは周りからいなくなるんだから。

彼女は今、「孤独」を楽しんでいるらしい。
というか、本当の友達と呼べる付き合いじゃないなら
なくていいと心から思ったらしい。


人の付き合い方は様々。
自分の寂しい部分を補う付き合い方もあっていい。

だけど、職場の人と飲みに行って、愚痴をこぼしても
何も解決しないって気が付いたら、一人でも平気になった。

自分の生き方にこだわるのなら、人と付き合う付き合い方にも
ちゃんとした姿勢を持ちたい。

「大丈夫。きちんと姿勢を決めれば、ちゃんと同じ考え方の人に出会うようになってるから」と旦那様。

孤独だと感じるのは、自分を見つめる時間が足りないせいかも知れない

テーマ : 大事な気持ち - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  12:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |