2009.01/31(Sat)

【旦那様は霊能者】 比較の問題(2) 

昨日の「昔」という時間の比較に続いて、第二弾!

長い、短い。
まあ、距離の話ではなく、「気が長い」「気が短い」って話。
私がどちらかと聞かれたら、勿論、「長い方です」と答えたい(希望)

大体、感情のエネルギーの大きい霊能者。
おっとりしている様に見せている人も、実は心の中ではかなりの葛藤が(あはは)

私の様に比較的、外にその場で出してしまう人は、
(ああ・・・これで、「気が短い」って自白している様なものですね・笑)
どうにか、どうにか、処理できる範囲のモノは処理して入るのかも知れません。

その一つが、このブログだったりして(あはは)
言いたい事は我慢しないで言う!
伝えたい事は、伝わるように言葉を選んで・・・
でも、必ず口にして言う・・・を心掛けております!

普段、比較的、無口で、怒る事なんてないだろう~って思える人。
どうもこうした人は、どこで発散しているんだろ~と思ってました。

「発散しないでいると、自分の体を痛める事もあるしね」

特別な感覚があっても、そうでなくても、ストレスをちゃんと処理できる場所がないと、
心のストレスは、必ず「体」に影響を及ぼすものですものね!

その上、そのエネルギーが膨大となれば・・・
きっと、どこかで発散できる場所が必要なはず・・・

「だから、瀧に打たれたりっていう荒行が好きな人がいるのさ」

・・・そうか・・・
実は、私も瀧に入った事があるのですが、もう一度行きたい!と
思うほど、はまってしまうには至りませんでした。
まして、こんなに寒い冬に瀧に行く話になった時は、勘弁!

「冬は瀧のシーズンだからね。
夏は護摩だし」

・・・なんて話をしている旦那様と弟子の話を聞きながら、
やっぱりエネルギー量が違い過ぎる。
かなり、溜めているのかしら?なんて考えてしまいます(あはは)

今では、「不覚にも」(爆笑)穏やかになったという旦那様。
自分でも瀧に行く必要がなくなったらしいのです。

「昔は、毎日、行ってたんだけどね」

毎日って・・・学生時代の話ゆえ、学校は?

「行ってたよ。瀧は夜」

・・・いつ寝てたんだろ?なんて疑問もあり。

その結果というか、その成果というか・・・

「こんなに穏やかな人はいないと思うよ」と自分で自分の評価をする旦那様。

「誰が?」
(って、誰も信じないと思う・・・笑)

「僕」

「あの~、誰と比較してるの?」
(とも、言いたくなる・・・笑)

「昔の自分」

「それは、比較の対照が違いすぎる!から、反則だ~」

何千メートルもある山が、侵食されて数メートル低くなりました!

「いや~、この山もかなり低くなったねぇ~」
って、言っている様なもので。

どんな人が相手でもウソがつけない私には、
「そうね・・・」と答えられないわ!(爆笑)

ふと、この前から夫婦は似ているって話を思い出し、
ひょっとして・・・
わたし・・・
自分ではそう思ってないけど・・・
おなじぐらい気が短かったら・・・
どうしよう・・・

と、旦那様に聞いたら、
「僕より、短いと思うよ」

えっ?
旦那様と比較されている時点で、かなりのものかもと、
自覚しつつある・・・途中・・・です。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談

スポンサーサイト
EDIT  |  02:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/30(Fri)

【旦那様は霊能者】 比較の問題(1) 

新しいとか、古いとか、
強いとか弱いとか、
長いとか短いとか、
大きいとか小さいとか、
速いとか遅いとか・・・。

考えてみれば、全部比較の問題だ~ってふと思う事が・・・。

例えば、「時間」・・・。

人間が地球に存在し始めてから・・・なんて話をしている時、
江戸時代の話なんて、
「つい最近、こんな風に変ったんだね~」なんてなるし、(あはは)

この前、旦那様が仏教の話をしていて、
奈良時代に仏教が入ってきて・・・
って時間の軸でみて行ったら、その後、生まれたモノは、
「全部、その当時、新しい宗教だったのね~」

真言宗でも、新しい!って時代があったと云う、
当り前過ぎる事を、皆で考え直したり。

「京都では、応仁の乱が、『この前の戦い』扱いだしね~(笑)」
と、旦那様。


ココで語られる「昔」には、時々、「昔」の範囲が広すぎて、
「ちょっと待って。『昔』っていつの事?」
なんて、私が確認するのはいつもの事(あはは)

こうして、時になが~~~~い時間の軸でモノを見つめると、
今までとは違った「出来事」の姿が見えたりするんですね。

同時に、余りに壮大な時間の話をしていると、
今日のちょっとした出来事なんて、
今の、一秒なんて・・・
「砂の粒にもならないかもね~」

「・・・って思ってしまうと、つまらないちょっとした事は、
つまらない事に見えるわね」

でも、同時にその一粒、一粒で出来上がっているのも確か。
一つのでも悲しい事が起こると、それだけで心が一杯になるし、
楽しいとそれで心が一杯になるのが不思議。
人の頭や心の入れ物の壁って、結構、伸縮自在だ~
なんて一人で感動している私(爆笑)

頭の中の飛び方が、普通じゃない(これも比較の問題ですが・笑)
霊能者って、この壁のストレッチ具合がまさに自由自在!

伸びたり、縮んだり。
その内に「規定」の大きさが分からなくなる!って事もあるのかな?
どこを中心に伸ばしたか忘れてしまうと、
どこに縮めていいのか分からなくなるのかな?
そうすると、側で見ている私からは、
ここに居ない・・・って見えたりするんですけど。

それをじっと(黙って・・・では、ありません!笑)観察している私。
あちこちに飛ぶ、霊能者の頭の中について行くのも、大変!大変!(笑)
・・・と、言いつつ、誰より楽しんでいる感じもしますが・・・

「自分を俯瞰図で見る眼を持ちなさい」

・・・う~~ん、ちゃんと「今」に戻ってくるためにはそれって、
絶対必要だ・・・なんて考えている今の私には、
果たして、しっかりした軸があるのか無いのか?
ちゃんと、私って、今に戻ってるかしら?
なんてひっそり(ここは、本当に黙って)
いつも呟いているんです。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  03:43 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/29(Thu)

【旦那様は霊能者】 ちょっとした癖(2) 

昨日のブログに続くと書いた時には、沢山あったはずのネタ。
なぜか、今は頭の中に浮かばない・・・(涙)

人の考える事というのは、ポンポン飛べて、
便利と言えば、便利なんだですけど、こうなると
自分でも困ったものだ(苦笑)と思います。
(↑これは、私の癖だわ・・・と確認)

旦那様の癖、その2の第一弾は、目玉焼き(笑)
白身の中にある黄身が、中心から左側にないと落ち着かないらしく、
逆になっている時は、そっと自分で(笑)入れ替えます。

何かを食べる時は、必ず小さなかけらから。
そして、食べ終わる時は、お皿の上にな~~~んにも、
かけら一つ残ってない!

「明日、洗わないで使えるわね」と、いつもそれを見て私が言う程。

細かい人と暮らしていると、大変だろ~と思われるかも知れませんが、
この細かさやこだわりが今の自分を作ったと旦那様は言います。

かと思うと、どうでもいい所は、どうでも良いらしく・・・

「このくらいじゃ死なないよ」
うっかり落としてしまったものでも平気で口に・・・(あれ~)

道を歩く時の癖と言えば、会う猫に全て挨拶を強制する以外に(笑)
すれ違う人と、決してぶつからない。

「人との距離は、いつも意識してるね」

多分、これも空手の訓練の中で身に付けた事らしいのですが、
向こうから歩いて来る人と、ぶつかりそうになると、
スッとよける・・・。

ぶつかったのを見た事は・・・無い気がします・・・。

ぶつかったら、恐い目に会うのは相手の方だと思うのですが・・。
(どんな意味だ!笑)

日常の何気ない行動や癖には、見る人が見れば、
その人の日常が透けてみえるとも・・・

時々、本人の許可なしに家宅侵入してしまう旦那様・・・

「わざわざ、本人の部屋を透視する必要もないよ」

時々、まるで部屋を覗かれたような事を言われて戸惑う人。

「覗いてはいないよ。
こうやって見れば・・・(ってどうやって見てるの?笑)

えらく、殺風景な部屋だな~」

と、益々、慌てて仕舞うことに!

そう言う旦那様の言葉を聞けば、ちょとした癖というのは、
やっぱりその人の日常を表しているわ・・・

・・・って、事は、多分、皆そうだろうけど、
隠せてると思っているのは本人だけだったりして(あはは)

いづれにしても、変に小さな癖を気にして治すより、
元から治した方が良い!・・・って事に変りはなさそうですね(笑)

Adept Mentor 島津相談室

霊能者 悩み 相談

EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/28(Wed)

【旦那様は霊能者】 小さな癖(1) 

癖に小さなものや大きなものってあるかしら?
なんて、自分で書いておきながら思ってしまった次第(苦笑)

・・・でも、明らかに!って言うのはありますよね。

かつて、教師だった頃、教師の癖というのがあると母に聞かされ、
(命令文が多いとか、すぐ、人を使うとか・・・苦笑)
「絶対に、そんな癖つけたくない!」と思っていましたし、
できるだけ、つけないつもりでいたつもりが・・・

・・・しっかり身についていた・・・(涙)

「気がついていた?」と旦那様に聞くと、笑っていましたから、
人から見れば、一目瞭然!なのでしょう・・・。

この前、ちょっと病院に出かけ、お医者さんと話をした後、
「この人、どこかで会った事が・・・」って感じ。
(昨日のブログの話の続きではありません・笑)
暫くして、ああ、別の病院の先生ととても感じが似ていた事に
気がつきました。

「同じ科の先生って、雰囲気が似てたりするの?」

「・・・あるね・・・」
暫く、昔の記憶を辿りながら旦那様。

旦那様の癖と言えば・・・

気配(けはい)を消す事(笑)

何しろ、家の中にいてもどこにいるのか分からない事が多い。
姿が見えない場合でも、家族って大体どの辺りにいて・・・
なんて分かるものだと思っていたのに(涙)

「わ!びっくりした!」
気がつくと、すぐ後ろに立っていたりするから、
いつも驚かされるのです(苦笑)

「あ、また、気配消してたかな?
驚かせてごめん、ごめん(笑)」

空手で徹底的に訓練したという「技」?

まず、歩く時に足音を立てない!

どこを打つかどこを蹴るか相手に分からないように!

・・・あの・・・空手では役に立つと思うんですけど・・・って感じです。

こうして、一度、身についてしまった「癖」というか「技」というか、
そんなものは、逆に意識してないと、うっかり出るものなんですね。

私のもう一つの癖は、ファスナーを最後まで閉めない事(苦笑)
何となく、最後まで閉めると開かなくなってしまう気がするのです。

逆に、旦那様は、きちんと閉めないと気がすまないらしいのですが。

「あ、ごめん。私ってきちんと閉めないのよね~。私の癖だわ」

「気がついてたよ(笑)」

こうして、旦那様の癖を暴露するにあたって(あはは)
いつか、逆襲される日はそんなに遠くない気がします。

つづく・・・

Adept Mentor 島津相談室


霊能者 悩み 相談

EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/27(Tue)

【旦那様は霊能者】 思い出し方 

過去の出来事を思いだす・・・って、出来そうで出来なかったりするもの。

私の妹二人は、会えば「昔、こうだったわね~」って、
20代の頃から、この二人って叔母さんだわ~って思う会話を。
側で聞いている私と言えば、「そんな事あったっけ?」
・・・だって、思い出したくない思いでもあったりして(苦笑)

「おねえちゃんったら、昔から気が強くて、私がいじめられたら、
仕返しに行ってくれたのよね~」

なんて、妹にしてみれば、良い思い出でも、私にとってそうとは限らない訳で(あはは)


「今に何だか影響があって、思いだす必要のあるものだけ思い出しなさい」

「過去」と言えば、「前世」の事まで思い出して仕舞う人達(苦笑)

あら、思い出せるなんて羨ましい!
なんて言うのは、単純すぎ・・・かも・・・。

だって、人は「忘れる事」でも幸せになってると思うから。
実際、昔、先生に怒られた事とか、
沢山の失敗や、
人前で凄い勢いで倒れて恥ずかしかった事とか、
人には見せられないようなテストの点数とか。

まあ、自分では色々頑張って乗り越えたつもりでも、
その場面だけ思い出して、
その場面を「今」の自分の価値で見ちゃうと・・・

「私って・・・」
みたいな事になってしまわないとも限らないのです。

それでも、偶然会って仲良くなった人と、やっぱりどこかで会った気が・・・
なんて言うのは、思い出して、感動!に繋がったり(笑)

昨日も、今では偶然一緒の場所にいる人が、
前世で会ったかもって話になって・・・。

「二人は、昔から飲み友達だったんだね~」
と、旦那様。

その場面が見える人達には、同じ場面が見えていたらしく、
あら、今と同じ感じ・・・
多くは語らないけど、必ず月に何度かふらっと立ち寄る場所で
会っていた二人が、今も同じ様に二人座っている場面。
違う事と言えば、今日は二人にお酒が入っていないって事かしら?

「思い出したら、そこから何故?とか、
どうしてここであったんだろう?とか、
追求し過ぎない事だね」

思い出した方が良い事は、自然と思い出されるという旦那様。

確かに・・・
現世の過去の自分の思い出したくない記憶を乗り越えるだけでも、
かなり大変な気がする。
「こんな事があったけど、今はこうしてるんだから」
結構、自分に納得させるのが難しかったりするから、本当に大変!

その上、自分の前世の反省や、トラウマまでひっくり返してしまうと・・・。

いづれは、全部解消するのが理想でも、

「思いだす事が、トラウマを解消するとは限らないんだよ」

・・・そうなると、必要のない事を「思い出さないこと」も
トラウマの解消のポイントとなる訳で・・・

ああ、どこまでも、難しい・・・と、思ってしまいますよね(あはは)

「いや、簡単。
今が幸せ!って思えれば、今までの自分を肯定できるさ」

・・・それが、一番、難しかったりして(爆笑)


アデプト・メンター 島津相談室

霊能者 悩み 相談

EDIT  |  03:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/25(Sun)

【旦那様は霊能者】 心が疲れる 

このところ何だかばたばたしていたせいか、
ふっと芯から、「疲れたぁ~」って。

何というか、体の疲れも勿論なんだけど、心も疲れたというか(笑)

こんな感覚、思い出してみると初めての経験でもないなと。

一生懸命頑張りすぎた時に、ふと、心が突っ走りすぎて、
体は悲鳴を上げているのに気がついてやれなかったのかな・・・
なんて思ったりします。

一生懸命過ぎな時によくあるのが、
大きくずれている訳ではないけど、
微妙に方向がずれている・・・(苦笑)

これって、突っ走っているスピードが早ければ早いほど、
わずかなずれが引き起こす「方向違い」は、誤差が大きい!
「あれ?こんなつもりだったっけ?」なんて事になったり(涙)

自分では頑張って、「正しい」事をしているつもりに
なっている時ほど要注意。
だって、このずれの原因を自分以外のものにしてしまいそうになる・・・。

あるいは、あの時こうだったら・・・と、
振り返っても仕方のない『過去の自分』を責めてしまったり・・・。

勿論、冷静な分析は時に必要なんでしょうけどね。

「休みなさい。それも仕事の一つ」

旦那様がよくアドバイスする事の一つなんですけどね。

特に、霊能者の場合によくある事は、
心のエネルギーが莫大なので(笑)
自分で自分がやっている間に体の限界を越えている事に気がつかない・・・
(あら~)

何かをやって、その後に気がついたら倒れていた・・・
なんて人が結構いるみたいで。

・・・という旦那様も側で見ていると明らかに
体の限界を越えた事が・・・というか、

「人間の体で持たない・・・・」
と思ってしまう事ばかりと言った方が言いぐらい!

「仕方ないよ、仕事だから(笑)」

どこかでセーブすると言うのは、出来ないのは仕方のない事なんでしょうけど、
自分でコントロールできる部分は、

「ちゃんと休んでないと、いざと言う時に困るよ」

でもね・・・これが(苦笑)

・・・そして、バランスが崩れている時ほど、
「休んでいる場合じゃないのよ!」なんて(苦笑)
思ったりするみたいで・・・。

心が疲れる時は、当然、体もそれに応じるのが普通ですよね。

体は疲れているのに心はすっきりした!
スポーツなんかやった後によくある状態。

心は疲れているのに、体は元気!
・・・って、不思議とあんまりないかも?
なんて思ってみたりして(あはは)

心と体は繋がっていて、

何かを頑張る体の状態と、
何かを頑張る心の状態。

一番大事な事は、そのバランスを取りながら、
芯から疲れた~って事が極力無いように・・・

でも、疲れたら、「休む」しかないのでしょう。

自分が疲れたら、安心して休める場所。
誰かが疲れたら、安心して休んでもらえる場所。

自分の一番大事な場所はそうありたいですね。
そして、それが「家庭」であれば理想的!

「家は帰る場所だよ・・・」
旦那様の言葉には、こんな意味が含まれているのでしょう。

Adept Mentor 島津相談室

霊能者 悩み 相談
EDIT  |  03:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/24(Sat)

【旦那様は霊能者】 霊能者って・・・(2) 

霊能者ってこんな人が多い・・・パート2

先日、少し「こんな人、多いよな~」って書きましたが、
それからも、じ~~~っと観察すると・・・
あら、これも・・・とか気がついたリして(笑)

勿論、今までのブログにも書いてきた事もありますが。
あらかじめ、これに当てはまるから=霊能者とは
限りませんが、きっと感覚のある人は、
すでに「え?これ、私の事かも?」と思い始めてるかも知れないわ~
なんて思っています(あはは)

圧倒的に夜型の人間が多い
どうも、眠るということがすんなり行く人が少ないようです。
眠る直前の時間って、結構、見えたり、聞こえたり、感じたりするらしく、
眠ってしまうことに対する恐怖感があるみたいですね。

ちなみに、旦那様もこの範疇にばっちり!入ります!!!!

恐ろしいほどの(笑)集中力がある
何しろ、気持ちで物事を動かすぐらいの気合ですから、
まあ、当然と言えば当然。
そして、これは、先日書いた、「暴走癖」へと繋がります(苦笑)


動物と話せる。
旦那様は勿論ですが、感覚のある人は、自分の感覚を確かめたい本能からか、
ネコを飼っている人って多いですね。
ネコは、人が普通、見えないものにも敏感に反応するので。
私の携帯のストラップの「化けたん(お化けが出たら反応するやつ)」と基本、同じ?

理由もなく、とても不得意なものがある
勿論、小さい頃のトラウマも混じっていると思いますが、
そんな記憶が本当にないのに、例えば、
「恐くて、水に入れない」とか
「高い所は、とても苦手」とか。

旦那様が霊視をすると、過去世のトラウマの時も。

兎に角、自分の過去世をよく覚えているのです。
人は、大体、数百年に一度生まれ変わるそうですが、
その前の前の、前の・・・
この前、旦那様の弟子の過去世を一緒に辿っていたら、
「自分の魂の年表が出来るわね~」って(笑)

昔の記憶があるせいでしょうか、
伝統的なものに興味がある。
女性であれば、お茶やお花とか。
私など、お茶を習いに行った事がありますが、
先生には申し訳ないけど・・・苦痛以外の何モノでもなかった・・・
でも、習った事は役に立ってます!(笑)

役に立つと言えば・・・
こうした過去の記憶って、どこかに残っているらしく、
昔やった事がある場合、新しく覚えるのではなく、
思いだす・・・という感覚らしいです!

そりゃあ、まるまる初心者より、すぐうまくなったりするのでしょうね~。

極端におしゃべりな時と、無口な時がある
無口な時は、頭の中でどこかに飛んで行ってますから(笑)
確かに、頭の中って、距離も時間も関係なく、瞬間に自分の行きたい所に
いけますものね・・・でも、行ったっきり、返ってこないのが・・・(苦笑)

ものすごく警戒心が強い
というか、本当は警戒心が強くなるはず・・・。
何時でもどこでも、自分以外のものからの影響を受けるのですから。

この点では、旦那様はスペシャリストだと思います!(笑)

さらに詳しく、明日に続きます!



旦那様のHP:Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  02:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/23(Fri)

【旦那様は霊能者】 こんな質問されても・・・ 

今までにこんな質問されても・・・困る・・・
能力を使って答えられる質問じゃないけど・・・って話。
こんな質問!されても困る~って経験ありません?
能力を持ってしても、そんな事聞かれても・・・って質問。


「何でも分かるんだったら、勝手にあの世界に行ってチャチャって
勝手に解決してくれたらいいのに・・・簡単でしょ?」

「世の中には行方が分からなくなった人とかいて、
困っているのに、どうして分かるのに助けないんですか?」


いや、これだけじゃなくて、言われて、え?って思った質問って、
沢山あった気もするんですが、これが最も記憶に残っていますね~(笑)


本人の意思のないものは、例え大きな問題でも関わらないが原則。

「原因が分かっているんだったら、勝手に解決してください」
・・・って、どう解決したいんでしょうね・・・
相手がいれば、相手にも都合があるでしょうし。
相手は、そう解決されても困るんだけど・・・なんて思うでしょうし、
勝負事なら、相手は必ず負けるわけで、さて、どうしたものか・・・(苦笑)

霊が問題だとしても、霊にも都合がある訳で(霊の味方もしたくなる?苦笑)
「はい、どいて。迷惑してるから」
・・・って、向こうも簡単に引き下がりそうにない・・・(涙)

確かに、誰かの役に立つような能力の生かし方って理想ですが、
何でも、当事者をさしおいて「勝手に」という訳には行かないものでしょう。

ちゃんと、依頼されて、ちゃんと、「観る」。
それも責任を持ってやる。
そうでなければ、探したけどそこにはすでに居ないなんてトラブルになった時なんて、
一体、誰のせいになるやら・・・。

まあ、こんな真剣でありつつ、やっぱり、能力を使うのならば、
「どんな事」に能力を使うかも大事。

そして、それをちゃんと、「こう解決したい」という関わった人からの
きちんとした気持ちを聞いて、確認してから・・・というのは、
外せない事でしょうね。



それにしても、こうした能力を持った人というのは、
やっぱり、ちょっと気軽に「ねえ、どうなると思う?」なんて
聞かれる事も多いんでしょう。

一番多いのは恋愛問題、結婚問題。
「いつ素敵な人が見つかるのでしょう?」
「いつ結婚出来るのでしょう?」


本人がその気がないのに、具体的な相手がないままの質問は、
「今日、私は夜御飯に何を食べるのでしょう?」みたいな質問と同じで、
そんな事、今決めたら決まるし、決めなかったら流れの通りになるでしょう・・・
って所でしょうか。

例え、具体的な相手がいたとしても相手にも相手の考えやタイミングがある。
やってみなければ、気持ちを伝えてみなければ、
分からないのに・・・とクリアーに分かるそうです。

でも、自分の恋愛問題の時は見事に同じ様に悩みますので、
自分の事は冷静になれないんでしょう。

「冷静な時でない霊視はブレるから。感情論は除くこと」
という旦那様の言葉の意味でもあるんでしょう。


旦那様の弟子の一人がかつて相談した事は・・・
「たこ焼きが売れないんですけど・・・」
なんて、霊能者に質問してもどうにもならない事と思われ勝ちかも知れません。
って、相談に来た本人が、そう言ってましたので(苦笑)

だけど・・・

お店の中のレイアウトや、動線を変える事で「気」の流れを変えて
人を呼び込むって事が出来る。

家の中も同じ。
レイアウトや、掃除をする事で、「空気」の流れを変えて、「気持ち」も変われば人も変る。
そんな「流れ」を見たり、感じたりできるので、
それが有効な質問は聞く価値があるかも知れませんね。

全く関係のないように見える「点」と「点」を結ぶ「流れ」を見つけ出す。
それに関わる質問ならば・・・と言ったところでしょうか。

「このくらいと思う事ほど大事」って、旦那様はよく言いますが、

きっと、「このくらい」と思ってしまってはいけないものを、
「このくらい」と思っているから、何かがうまく流れないって事も多いんだろうと。

ちなみに旦那様にこの質問をしたら、
「何でも答える!こんな質問って思っても、何かを見つけ出すのが仕事だから」
って、返事。

でも
「私は、どうしたら幸せになれるんでしょうか?」
なんて質問には、
「例え、アドバイスした通りにやってくれたとしても
人の人生、まるごと面倒みるのはね・・・(苦笑)」
なんて、呟いてますし、

「私は、何を悩み、考えているでしょうか?」

みたいな、こちらの能力を測るような質問には、
「自分が一番分かってるだろうにね(笑)」
能力を測るやり取りの中で、信頼関係が出来上がるのも確かでしょう。

だけど、「分かったとしても、クイズみたいな事に能力は使えないよ」

まあ、旦那様に言わせれば、能力も「道具」の一つ。
使い方を間違えると・・・って、他の道具と同じですよね。
EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/22(Thu)

【旦那様は霊能者】 霊能者って・・・ 

「霊能者ってこんな人が多いかも・・・・」

いつもこっそり(でもないですね・笑)観察に徹している私。

気がついた事をまとめてみました編です!


細かいところに気がつく。特に欠点探しは得意。
それなのに一旦気にならなくなったら、何でもOK.

兎に角、何にしても驚く程、極端・・・だわ~と・・・。

やたら派手なものが好きな時もあれば、やたらに小さいものにはまったりします。

これも極端ですね。

で、旦那様の弟子に頂いたネタ

話の前置きがない
自分はすでに話の場面に移動してしまっているので、まるでそこにいる人全部がその世界にいるかの様に話を始めてしまうからでしょうかね~。

飛ばし上手は、ついて行くのもうまいらしく、前置きがなくても、あるいは、全く違う話を
同時に平行して、普通に進めるんですよ!(驚)

勝手に一喜一憂
人の感情を感じるので口で言ってる事と違ったりするとその伝わってきた感情で一喜一憂します。勝手に怒ったり、勝手にびっくりしたり。
でもそんな会話、言葉でしないかも。

う~~ん・・・、それを見ている人にはきっと変った人に映るかも知れませんねぇ。

感情のボリュームがやたら大き
怒る/喜ぶ/悲しむなどなどの感情が人一倍大きい気がします。感受性(?)が強いからなのか。。。??小さな事気がついちゃうくらいから普通の事も普通の人の何倍にもなっちゃうのか。

確かにこれは、ある!と思います。
で、私が思うに、心のエネルギーも大きいのですが・・・

心が魂と直結してるらしく、衝動的に行動します
旦那様が「暴走癖」とも呼ぶ、このシンドローム(笑)
夢中になると、突然、周りの事など関係なく暴走を始めます。

訳もなく突然に何かをしたくなる。どこかに行きたくなる。
出かけた先やその対象から「呼ばれた!」と思うのか、
それは本能に近いみたいで、我慢というのができないレベルらしいです。

・・・したがって、
驚く程の距離やいくつ物事を見事にやりこなす
今日は、東京、明日は、京都、その次は名古屋なんて平気!
「呼ばれたら」どこにでも、迷い無く出かけます。

そして、その行動力ゆえかどうかは、分かりませんが・・・

基本的に欲しいものはどうにかして手に入れます。
思いの力が強いんでしょうね・・・引き寄せてしまうのでしょうか。

そして、
せっかち
頭の中にすでに「完成図」があるので、すぐに出来ると思いこんで仕舞うのでしょう。
プロセスが楽しめない・・・って事もあるみたいです。

当然、プロセスが無駄に思える
結果の図が見えているので、「こうなる」と決めてしまうのも無理はないとは思いますが、
プロセスなんて、無駄ジャン!と思ってしまう事も・・・

途中でのハプニングに弱い
同じく、結果が「こうなる」と思っているので、途中で寄り道的な出来事が起こると慌てます。

一旦開き直ると、根性が座っている
「死んでもこの程度」ぐらいの開き直り方は凄いです。

どうしようもなく頑固
他の人が「そんなの無い」といっても、自分が感じるんだから「ある」と信じ続けた結果、感覚が鋭いって事にもつながるのだと(旦那様説)

確かに・・・私の意見など・・・と言いながら、諦めてないな・・・
って事ぐらい、私にも見えます(笑)

筋道にこだわる
自分が知っているやり方をなかなか変えられないのも特徴。
これって、視野が広くないと、逆にこだわりすぎて、
自分が苦労する種になったりしますね。

先祖のルーツが気になる
自分の中にある遺伝子には、本能的に知りたい欲求というのがあるらしく、
ルーツにはとても興味があったりするようです。

肉や魚がまったく食べられない時期がある
子供の頃とか、思春期のある一時期とか、精神状態が不安定な時が多いと思いますが、
場所や時期によって、体が全く受け付けない状態になる事もあるみたいです。
多分、霊的な影響を受けてる時だと思いますが。

うそつき・・・って、言われた。また、自分でもそう思っている
自分の本心を隠すのはとても得意。
相手も自分の心を読めるかもと、常に警戒しています。

装うのがうまい
本当の姿とあまりに違うので、つきあった相手から「え?」と引かれる事が多いらしいです。

・・・基本的に人に人気がある
何だか、ちょっと何を考えているのかよく分からない人に人は惹かれたりするものですものね。


結論:よく分からない人達(笑)
その、よく分からない人達に囲まれていても平気な私は、
もっと良く分からない人だろうと思います!

EDIT  |  03:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/21(Wed)

【旦那様は霊能者】 え!実は私も? 

自分で、気がついていないだけの霊能者も結構いますし、
そんな感覚がある事自体を必死で隠している人も多いな~と、
よく思います。

自分の感覚に気がついてない・・・気がついてなかった・・・

けれども思い返して見れば、実は子供の頃からこう言われたとか、
ああ言われた事があるとか。

まあ、「霊能者」にきちんとした定義がある訳でもないので、
この「くくり」自体、自分で書きながら、良く分からん!と思うのですが(苦笑)

私の場合ですが、幽霊は見た事がありません!(きっぱり)
だけど、悩んでいる人と話をしていると、その感情がダイレクトに入ってきて、
勝手に、本人より悩んだ状態に・・・(苦笑)
頭痛がしたり、おなかが痛くなったり。
まさに、心が引き起こす病気なので、普通の薬を飲んだところで、
全く利きはしません。

小さい頃は、多分そんな感覚をすっかり忘れる事にしていたので、
たま~~に、そんな事もあったのですが、
基本的に親からは、「敏感すぎる!」「過敏症」と言われていたかな?

人ごみに行くと、必ず気分が悪くなって返ってきたのは確かです!

段々、その頭痛が酷くなり、薬を飲んでも利かない中で、
とある場所に行ったら、急に治ったり、
ちょっとしたきっかけで、急に治ったり、
「仮病だったの?」と母から言われる始末(涙)

どうやったら、この頭痛治るんだろ?
って、今思えば、「被って」たんですね~(笑)
(「被る」って人の心の影響を受けてしまうこと)

小さい頃から普通の人のふりをしてたので、
結構、今でもそれは得意なんですけど(あはは)

・・・でも・・・相手が霊能者かどうか・・・って。
妙に心が読めないんですよね~。
話をしていて相手が「本心で話をしていない」時ってありますが、
大体の場合、あ~こう思っているのね~って、なんとなくわかるんですが・・・。

きちんと自分の心にガードが張れるのは、
霊能者の特徴だったりしますね。

何しろ、用心深い(苦笑)

被ったりして辛い目にあったりすれば当然そうなるでしょうし、

人って本心で話さないから・・・って思っていれば、
そんなガードも張りたくなるものだと思います。

ある事をきっかけにこうして、自分の能力を発見!って人は、
・事故や薬などで命を落としかけた
とか、
・ある悩みを真剣に真剣に考え続けたとか
原因が分からない事を諦めずにずっと追求して来たとか。

そんな中で発見する事って多いみたいですね。


EDIT  |  03:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/19(Mon)

【旦那様は霊能者】 霊能者だから・・・ 

自分でもちょっと人と違ってるかも?
なんて思った事のある人は沢山いると思います。
元々、人はそれぞれ違うので・・・・。

それでも、霊能者の場合、それがなかなか修正できないというか、
周りに合わせられない程度のものだったりしますよね。
そんな人達はどんな経験をしてきたのでしょう?
ここで、一度、そんな人達の話をまとめてみたいなと思います。

1)小さい頃から、はっきりと自分の能力に気がついている人の場合

一番、典型的なのが、「霊」を見た事がある!
  (自分には見えるのに、他の人には見えないって経験)

ただ、「霊が見える」というのだけが、霊能者という事ではありません!
と、旦那様も繰り返してますが・・・

体が弱く、肉や魚が食べられない
  (霊の影響を受けているせいか、生ものなんて口にさえできない、
   アレルギーを起こしたり、すぐにおなかをこわしたり)

感が鋭く、急に泣き出したりする。
  (人から見た場合、「急」なのであって本人には理由があるのでしょうが・・・)

過去の記憶が鮮明
  (過去世の記憶が兎に角残っている人が多いです。
   どこかに行った時に、来た事があるとか、行った事もないはずなのに、
   とても心が惹かれる場所があるとか)

・・・とくに、前世で自分が死んだ時の記憶は強烈みたいです・・・

子供の頃から、大人でも持たないようなものに感心を持つ
  (過去世の記憶の影響でしょうか・・・
   旦那様の場合、小学校の頃にレムリア大陸の本や、ムーに関する本を読んでいたとか、
   古典の本は勉強しなくてもすらすら読めたとか・・・

   
ん~私が言うのもなんだけど、子供が隣でこんな本を読んでいたら
「え!」って、きっと驚くと思います(笑)


子供の頃から、人と違うと思い続けているので、そこで受けたトラウマが大きい
  (ある程度の大人になって、昔、こういう思いをした、ああいうことがあった、など、幾らでも話せたりします)


子供の頃にあった事を細かく覚えている
  (まあ、前世の事を覚えているぐらいですから、今世は本人にとっては、最近の事なんでしょうけ ど、それはそれは細かく覚えていたりするんですね)

心の中にもう一人誰かが住んでいるって感覚を持っている
  (説明しにくいですけど、困ったら相談する相手が心の中にいるとか・・・)

このどれかにあてはまるから・・・「感覚がある」って事ではないのですが、
こうした経験は、小さい頃から人とは違う感覚で悩まされて来た人から
よく聞く話でもあります。

それに、こうした感覚を持っていて、初めからこうして比較的自分で分かって
しまう人と、一旦、忘れてしまって、何かがきっかけで思いだす事も。

私の場合、いつかも書きましたが、どうやら、「今日から無かった事にしよう!」
(それさえ覚えてません・笑)と決めたらしいです。
と、妹から言われました・・・(あはは)

「昨日まで、一緒に妖精がいるねとか遊んでいたのに・・・」
小さい頃、先に学校に通い始めた私は、感覚を一旦遮断。
妹は、すごく裏切られた気がしたと最近になって話をしたぐらいですから(苦笑)

・・・という訳で、一旦遮断したというパターンでも、
今、思えば・・・という特徴もあるのですが。

それは、また明日!
EDIT  |  23:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/19(Mon)

【旦那様は霊能者】 モノに魂? 

旦那様は基本、気に入ったものしか買わないのですが、
(と云う事は、気に入らないと手もつけないって事でも・・・苦笑)

そうして、手にしたモノは、まさに「徹底的」に使いこなすのです。

「先生は、マニュアルを全部、読むんですよね」と言われ、
「いや、読むだけじゃなくて、使う」と返事(あはは)

携帯の機能は全部使いこなし、それからカスタマイズする事。
これも、自分流に・・・。

という訳で、待ちうけ画面は、
ドラゴンボール(まただ!笑)
闘う悟空(動画)
シェンロン(2・3種類)
カリン様(これも2・3種類)

そして、スタートレック(勿論、数種類)

それから、空手の型(動画)や
教えている空手道場のタグ、
曼荼羅も動画で入っているし、

・・・そして、何故か、ロウソクと揺れるロウソクの光・・・
(それを見ながら、瞑想でもするつもりなのかしら?笑)

どこかで落として、財布を落とした時みたいに
本人かどうか、確認する質問をされたとしても、
一発でわかる!と思ってしまいます(笑)

ただし、私の携帯との区別は難しい・・・
時々、「携帯、貸して」と言われ、戻ってくる携帯には、
同じ画面が入っているので(あはは)

ちなみに着信メロも、送った人のイメージに合わせて全部違います。
サムライ大好き!な弟子のメールは、「暴れん坊将軍」のテーマ曲。
相談者は、「ピヨ~~ん」って、雅楽が流れ、
極真関係の人からのメールは極真のテーマ曲
って具合。

携帯の中には、クラシックからルパンや、スタートレックの曲、
お気に入りの曲が入っていて、一週間に数回、携帯をいじりながら、
全部聞いてます。

ね、絶対誰の携帯なのか、すぐに分かると思いません?
(と言っても、中身を見るまでもなく、ストラップだけで判断出来るのですが・笑)

勿論、PCの待ち受けも、私の様に一年中、イギリスで撮ったストンヘッジ一種類・・・
とは、全然違う・・・
スタートレックのコンピューターと同じ画面や
エッシャーの絵
スイス(ベルン)の写真、
とても不思議な自然を写した写真。

・・・ふと、見ると、あら?また新しく増えているじゃない!

と、一度いじっても、また熱心にPCの前に座っているかと思うと、
このカスタマイズの時間だったりするのです(あはは)

これだけいじられまくる(苦笑)、きっと、他の人のところにはいけないだろ~な~。
・・・というか、どれも旦那様の言うことしか聞かない状態だ~って。

「お念珠は、触って触って、自分の一部にしなさい」
という旦那様は、それだけじゃなくて、全部、自分の一部状態。

一昨年、テレビ化もされた、「しゃばけ」の最初の話は、
長年使われた道具が、大事にされなくなって・・・恨みを持つ、
みたいな話があったけど・・・

「100年も使われるとね、モノにも魂が宿るんだよ」

いや、旦那様が使っている道具は、100年も使わなくても、
すぐに「魂」が宿っていると思う!と確信しています(笑)
EDIT  |  03:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/18(Sun)

【旦那様は霊能者】 旦那様の周り 

旦那様の周りには、兎に角、旦那様が好きなもので
溢れているのです(笑)

まずは、シェンロン。
そう、あのドラゴンボールに出てくる、
『願いをかなえてくれる』って龍。
実は家の中に、今の所、5匹。

「魂を入れて、家を守ってもらおっと」
という訳で、家の中の4箇所でジッと周りを見つめている
それぞれ大きさの違うシェンロンは、
一番大きいもので、2メートルぐらい。

残りの一匹は、携帯につけていたけど、大きさといい、
形といい、余りにもヤモリに似ている・・・という苦情で、
今はデスクの上で、旦那様を見つめてます!(笑)

その携帯のストラップとしてつけているのは、
ドラゴンボールをつなげたストラップと、
極真(空手)のストラップ、
自分で作った曼荼羅、
そして、何故か菊のご紋。

これを見た人は、きっと、
「この人って、どんな人?」と頭がぐちゃぐちゃになるだろうけど、
見たままの人と思って頂ければ・・・・(笑)

お気に入りのMacの上には、天下一武道会の出場メンバーの
フィギアーが並びます。

バックやナイフは、スイス製のもの。
だから、基本、赤と黒のもの・・・って事になりますね。

そして、一日中持ち歩いているコーヒーカップは、ウエッジウッド。

飾られているものと言えば、スタートレックの宇宙船が二つ。
そして、ルパンの乗っている車や、フィギアーが並びます。

全て、全て、自分が好きで、こだわって集めたもの。
好きなものに囲まれているって事で安心するのでしょうか。

「また、新しいシェンロンが出たよ!」

「・・・次はどこに置くの?」

別に反対したつもりは無かったのですが、
私のこの答えで今の所は思い留まっているみたいですが、
その内、シェンロン6号が、現れるのも時間の問題かも知れません(笑)

まるで子供みたい・・・と、思われる方も多いと思いますが、
「子供のまま、頭の中で成長してない部分があるよ。
そのまま、成長なんかしないけどね(笑)」

難しいお経の本の隣で、シェンロンがジッとそれを見つめている
・・・という旦那様の机の上の風景。

成長しないまま、新しい知識は付け加えて行くものだそうで・・・。


・・・という、私の携帯のストラップも、
同じドラゴンボールのストラップと、
化け探(お化けがでたら、ランプで知らせてくれる)

自分でも、自分がどんな人か・・・
よくわからないし、分かってもらうのも難しいかも?
って、よくわかります(苦笑)

EDIT  |  01:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/17(Sat)

【旦那様は霊能者】 明日は明日 

昨日のブログの続きみたいな話題だけど・・・

仕事以外の事で、旦那様に質問してもかなり無駄(苦笑)

「今日、夜は何が食べたい?」

「なんでもいい」

「なんでもいいが一番困るわ~」

って、どこにでもある会話かも知れないけど、
これがまた、一味違います(笑)
基本的に先を読むって事をしない旦那様。
これが食べたい・・・って結局は、どこかで食べる瞬間の
自分の姿を読んでいたりする訳で、それさえしないって事らしいのです(困)

食べた後、「今日は、これで正解!」って事はあるんですけどね!


明日の仕事の予定がない日も同じ。

「明日、何をする?」

「明日になって考える」

極端な時は、
「どこかに出かけようか・・・」
「どこに?」
「駅に着いてから考える」

って具合に駅まで行ってから、
「・・・にでも行ってみよう」と決めたりする事だって、
めずらしくないのです。

長い間、ある意味、それとは全く逆な生活を送っていた私。
何時に仕事が始まり、何時に授業、会議、そして締め切りまでに
これを済ませて・・・。
いや~、初めは戸惑ったものです。

「心の状態だって、周囲の状態だっていつも変わるから」

「明日にならないと分からないだろ?明日の事は」

霊能者って言うと、先の事が分かって・・・なんてイメージがあったりすれば、
これって、逆じゃない?なんて思ったりするかも知れませんが・・・

明日の事はその時の自分が決める。
その時、その時の感覚を大事にする。
今の感覚のまま、次に進んで選択肢を減らさない。

それにどっちにしても、起こる事は起こる。
起こらない事は起こらない。

「何があっても、どうにかすれば良いだけだろ?
大概の事はどうにかなるしね」

・・・どちらにしても、次の日に起こる事が伝わってくる時は、
伝わってきてしまう旦那様。

供養の前や、行事の前の日なんて、
フライングして前泊する方も(勿論、見えないですが・笑)
いらっしゃいますので、なかなか大変なのです。

だからこそ・・・その次に起こる事に心を引っ張られないで、

「今が大事、今を生きてるんだから。
今の感覚を研ぎ澄ませておくこと」

感覚を持つ人って、よく、ココにいるのに、
心はココにいない・・・みたいなって感じたりするんですよね。

被っている時は、「すでに起こった事に対する思い(過去)」に
引きずられて、「今」が大きく影響されているって事だし、

これから何かが起こる予感(未来)で、
今、目の前にある事に目が向かないとか。

以前から、旦那様にはそんな部分が比較的すくないかも?
って思ってたんですけど、それって、今に自分を集中させるって、
訓練?の賜物なのかも?なんて思ったりもしてます。
EDIT  |  02:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/16(Fri)

【旦那様は霊能者】 愚問 

「質問されたら、何でも答えるよ」
確かに・・・一つの質問から、どんどん話は広がって、
いつも収集がつかなくなる・・・というのが大体のパターン。

昨日の伝授も体の調子を整える「気療」の話から、
「物理的(フィジカル)な気」と「霊的な気」の違いは?
・・・という高度な話に広ろがる、広がる!

この区別は言葉で説明しても分からない。
物理的な気を徹底的に訓練して増やし、
コントロールできるようになった人がやっと
「あれ?これは・・・」と分かるぐらいの話。

それを身につける訓練をする覚悟が出来てない人が質問したら?

基本、どんな質問にも答える旦那様も
「今は、説明してもわからない」と言うだろ~な~。

それはまるで、英語を全然知らない子供が
「アメリカ英語とイギリス英語はどう違うんですか?」
って質問するみたいなものかしら?(笑)

アメリカ人が話すのが、アメリカ英語で、
イギリス人が話すのが、イギリス英語。
・・・なんて、くだらない答えはしたくはない気がします・・・
(あはは)一応、私もプロなので・・・

内容的にこんな風にあるレベルに達しないと答えても
答えが分かるまでに達してないって事も残念ながらあるのでしょう。

「今、答えても、君には分からないよ」
って、言われたら、ガッカリ・・・、え!・・・、どうして!・・・
反応はそれぞれでしょうけど、
それでも食い下がらないって人も居たりします。
そして、暫くすると、答えをちゃんと旦那様から聞き出してる!
そのしつこさといったら、感心に値すると思います。

何でも答えるのが基本の旦那様ですが、
いくつか、答える前に答える気がしなくなる質問ってあるのです。

「私は、何になればいいのでしょう」
「自分で決めたらどうですか?」

「私の未来を当ててください」
「未来になったらわかるでしょう」

「今日、私は朝ごはんに何を食べたでしょう」
「自分が一番わかっているでしょ?」

こんな質問に共通しているのは・・・?

「僕に分かる能力があってそれを使って答えたとしても意味がないよ・・・」
と、真面目な顔をして呟きます。

「すでに決まっている事や未来を言い当てたとしてもね(苦笑)」

そう、そう、どうせそれは起こる、あるいはどちらにしても起こってしまった事。
それが分かっても役に立たないと言うのです。

こんな事があるんだけど、どうしたらもっとうまくなれる?
どうしたら、もっと幸せになれる?
そんな前向きな質問だったら・・・
一日中でもしゃべっています・・・って、
旦那様の弟子は、先刻承知です!
EDIT  |  03:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/15(Thu)

【旦那様は霊能者】 心と体 

あはは、またやらかしてしまいました。
昨日のブログ、ちゃんと書いて、ちゃんとアップしたはず・・・。

あれ?アップされてないじゃない!
下書きにしたままでした・・・(苦笑)

・・・という訳で、昨日の続きのネタを自分で自分に提供してしまう私。

「・・・したつもり」って、結構、霊能者に多いかもなんて。
どうしてかな?なんてずっと思っていましたが、
それこそ、アップし忘れたブログの内容どおり。
「心」と「体」の連携。

心(~したつもり)と、体(実際にやる)のつながりが、
実際にはちょっと・・・というかかなり距離がある霊能者。

自分では、「~したつもり」の気持ちにエネルギーがある分、

「絶対に、やった!」と思いこんでいる。

だから、こうして歴然と「自分がやったつもりでやってない」という
事実がつきつけられても、まだ、「え~、やったのに!」と(苦笑)

何しろ、外に表現として出る部分(実際の行動)より、
頭や心の中で思っている事の方が何百倍も多かったりするので、
思い込みが強いと言うか・・・なんと言うか・・・

「あら~、忘れたのね~」なんてうまく流せなかったり。

こういうシステムが悪いとか、
こうなっているから間違えるとか、

粗探しをさせたら、いや~、なかなかなものです(苦笑)

心と体の意識が一致していないって事に戻りましょう。

これって、周りの人との付き合いを難しくもしていたりするな~って
よく思うのです。
人は、こうなって、ああなって、そのプロセスの途中を口にする事で、
周りの人がある話題にもついて行くと思うのですが・・・。

兎に角、頭や心の中で「外に出さないまま処理している情報」が、
とんでもなく多いし、早い。

「この前ね、あの新宿に紙を買いに行った時の事なんだけど」
・・・この、何気ない前置きがないって事が(涙)

「紙って、あの店にあるよね」

「紙ってどの紙?」

「印刷用の」

「あの店って?どの店?」

と、この旦那様との会話の場合、話題を飛ばしたのは私(あはは)

そこで、わたくし、反省をし、話題を飛ばす時には、
「ぴよ~~ん」と言う事に(本当に反省しているのかしら?笑)

「あのね・・・(苦笑)」と旦那様。

ぴよ~~んって言ったからって、
話題を自由に飛ばしても良いわけではないわ・・・。

ともかく、心と体が自由な距離になるって、
便利な事ばかりではなさそうで(笑)

離れすぎた心を良い感じの距離に戻すには、
体を使って何かをやるのが一番!

・・・という訳で、やっぱり結論は「空手をやりなさい」という
旦那様のアドバイスに納得してみたりするのです。
EDIT  |  03:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/13(Tue)

【旦那様は霊能者】 結びつき 

貧乏症な私は、ついつい焦って、あれをしてこれをして、
あれを考え、これを考え・・・忙しいわ・・・と思いながら、
目の前のお茶をこぼして、あらら・・・
ユカもテーブルも拭かなくてはならないって事態に陥る事しばしば(涙)

「体」はココ(今)にあるのに、
「心」はどっかに飛んで行ってる!

次の事を考えて効率的にやってるつもりが・・・
気が付くとどれも途中で終わってる・・・
・・・なんて経験ありません?

「心」ってある意味、実に自由なもので、過去も現在も未来も、
体では出来ない時間の壁をなんなく飛び越えるのですから!

ところが!これがコントロールできないと、
そう・・、
体は今を生きてるのに、常に心はココにないって事も。

霊能者って、特にこの「心の跳躍力」が凄い!(爆笑)
といつも感心します。

ピラミッドの話をしていれば、その場所に、
子供の頃の話をしていればその時代に、
まさに、あっと言う間に飛んで行ってしまうのです。
「お~~い」って呼び戻してくれる人が居ない場合、
帰宅はかなり遅くなるのが普通(笑)

「買い物に出かけて、ずっと他の事を考えて・・・
気が付いたら何も買わずに帰って来るなんてよくあります(苦笑)」

この前、そんな風に休日を過ごすことが多いと話してくれた彼女。
まさに、「心」と「体」の距離が離れちゃってますね。

実は、こうした瞬間は普通の人でも似たような事が。
それは、眠っている時。

眠りに入る瞬間が一番、感覚としてこれに似ているかも。
そして、眠っている間もずっと思いの世界に。

実は、この時間、霊能者にとっては、特に不安定な時のよう。

霊能者にとっては、最もアンテナが敏感で、
心と体が本当に分離してしまうって感覚。
それが恐怖に・・・つまり、体に戻ってこれないかもって。

霊能者は眠るのが恐いと本能的に思うのでしょう。
どんなに眠くても、うとうとする時があっても、
ぐっすり眠ったって思えないらしいです。

この彼女も、生まれてから数十年、ぐっすり眠った事がなかった・・・って。

「心と体の接着剤」があればいいんですけどね。
で、これが、しっかり何でも体験する事。
体への刺激でちゃんと感覚を磨くって事なのでしょう。

空手、瀧には、心と体を結びつける「接着剤」の元が
含まれているとしたら・・(笑)

「空手やったら?」
旦那様が薦めて、殆どの人が始め、そして今も続いている理由。

どうしてだろう?って思ってたけど、
この辺りにも何かありそうな気がします。
(続く)
EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/13(Tue)

【旦那様は霊能者】 通訳 

リラックスして、リセットする。

とても大事な事だけど、じゃあ、その後は?

「できるだけ、空っぽにしておくのさ。

そしたら、何でも入れられる」と、旦那様。

「神様や仏様からのメッセージを正確に受け取るためにもね」

先入観や、こうじゃなきゃ、こうなるはず・・・
それが結構、自分の目を曇らせると言うのです。

旦那様によると、そうしたメッセージは具体的な言葉で入ってくる事はまずない。
神様に至っては、殆ど、イエス・ノーの返事の世界らしく・・・。

「どんなメッセージも自分の価値観をなるべく入れないように受け取る事」

何しろ相手が相手なので、たとえ返事がイエス・ノーで返ってくるとしても、
そりゃあ、カラにしておかないと・・・入らなさそう・・・(感覚的ですけど)

ずっとそうした場面を見ていると、
そうしたメッセージはダイレクトでもあり、
なのにメッセージの届け先の本人には
分かりにくかったり、
見えにくかったり、
え~、そんなの無理って思う事だったり。

直接、そのまま伝えれば良いって事でもない所が難しい!

「例えばさ、今の職業辞めた方が良いって伝えるとするよね」
と、旦那様。
「本人だって、どこかで辞めたいと思っていても、すぐにはできない。
生きていかなくてはならないからね」

こんな時、「この仕事は駄目です、合ってません!」って言われても、
本人は余計に迷うかもな~って思ったりもしますよね。

「だから、今、始められる事をこうして、こうやって、
そして時期が来たら・・・って、
一緒にその時期までアドバイスし続けるのさ」

まあ、よくよく考えてみればメッセージだって、
「すぐ辞めろ」とは言ってない訳で(苦笑)
合ってないから、すぐ辞めた方がというのは、
現実的ではないし、究極、メッセージの解釈に
価値観が入りすぎているのか、
全く入って居ないのか、
どちらにしてもそう言われた「本人」の姿が見えてない感じが・・・(あら~)

でも、えてして、こう成り易いのも分かります。
何しろ、言われた相手が相手ですものね。
すぐ、それに応えなきゃって反射的に思ってしまうのでしょう。


「どんな仕事も、ちゃんと会話をしないとね」

そう、そこに居る登場人物すべてとちゃんと話をする。
皆で納得するって・・・
職場や家庭でもスムーズに事を進める必須条件。
存在を無視するって、結構、後で響くんです。
(どんな風に?って事はまたいづれ書きましょう)

こういう意味で、旦那様の仕事、「通訳」って職人芸に近いって思います。

「視点をいくつも持ってないとね・・・」

いつか、通訳の学校に通った事がありますが、
その時も自分の価値観を入れないって事に苦労したな~。

それに加えてかどうか・・・言葉の通訳とは、また別の意味で難しい!
と、いつも隣で呟いています。
EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/12(Mon)

【旦那様は霊能者】 意外な返事 

霊能者だから?旦那様だから?
どちらにしろ、時々旦那様と話をしていて一人で大笑いする事があるのです。

相談にのっている時の旦那様は、こうして、あれがこうでと、極めて論理的(すぎ!笑)


・・・どこかでそう思ったまま、ふと会話をすると意外な答えが返ってきます。

PCの前に座って、ジッと何かを真剣に見つめている旦那様。

「何を見ているの?」と、私。

「画面」

「・・・・(爆笑)」

今度は椅子に座って、テレビの前に座っている旦那様に。

「何をしてるの?」

「ボーっとしてる」

「・・・・(爆笑) それは見てわかってるけど・・・・(爆笑)」

オフの時にはオフにする時間をちゃんと持つ。
そんな時に私が急に話かけたりするんでしょうね(苦笑)

霊能者にとって、一番難しいのは、
このリラックスすると云う事。
だって、「思い」をキャッチするセンサーはオンにしていると、
常に働きつづけ、体は緊張して、
最後にはオーバーヒートしてしまう。

こうして、体調を崩したり、精神的に不安定になったりって事も。

「リラックスするってとても大事なんだ」

実は、これ、特別な感覚をもった人でなくても同じ事。
いざという時に力を入れる為には、
一度力を抜かなくては・・・。

これが、意外と難しい。
一流のアスリート達が最高のプレーをする時、
決して力任せではないのは見ていて分かること。
自然に、自然に、体が動くのに任せている感じ。
あの状態を意識して作りだせると最高でしょうね。
集中しているけど、心も体もリラックスしている。

自分の心と体を思った様に操るって・・・。
そんなに単純な事でもなさそうですね。

いつも雑音に囲まれている様な状態の霊能者にとっても、
リラックスしてみるとわかるのですが、
自分以外の雑音って、どこかに残っているものです。

勿論、その雑音だって、人の心を理解するのには大事。
ただ、ごちゃごちゃにならないように・・・。

リラックス、リラックス。

そんな状態の旦那様に、はたまた私が、
「手で持って荷物の重さって分かる?」

ロンドンにいる妹に送る荷物。
できれば2キロ以内に押さえたい。
重さで扱い方が全然違うからです。

「これって、2キロ越えてるかな?」

「う~ん、ちょっと越えてるかな?」

「じゃあ、この一冊を減らそうっと。これでどう?」

「うん、前より軽い」

「・・・(爆笑)」

減らしたから軽くなっているのは当たり前だぁ~(笑)
と、旦那様の返事を聞いて、笑転げる私。

そうそう、リラックスして、それから心から笑う。
それで、大体の雑音は吹っ飛びます!

ところで、その荷物を郵便局に持って行って、
重さを測ったら・・・明らかにあの一冊を入れたら、
二キロ越えていた!
面白いだけじゃなくて、正確だったわ~(爆笑)
EDIT  |  11:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/11(Sun)

【旦那様は霊能者】 相談される人(2) 

「相談されて、心理的に近すぎると一緒に共倒れするよ」

そう、昨日の続き。
人の事を自分の事の様に、あるいは、それ以上に
本気になって考える人達。
だからこそ、相談される事も多いんだろ~な~とも思います。

「私が解決してあげる!」
う~ん、実は昔も私自身、こんな感じだったと告白(あはは)

感覚を持った人はせっかちな人が多いんですよねぇ~。
こうすれば、こうなる!って筋道が自然とある程度見えちゃう。

だから、アドバイスを通り越えて、
「~しなさい!」みたいなトーンにどんどん進んで仕舞ったりする
事だって少なくありません。(反省・苦笑)

「あくまでも、本人の選択って事、忘れない様にしないとね」

旦那様が面接をしてアドバイスをする。
必ずしもアドバイスした通りに・・・とは行かない事もありますもの。
実際に、やろうとした時には計算に入っていても思ったより難しかったり、困難だったり。
そんな事さえ、計算に入っているらしい旦那様は、次の手をアドバイス(笑)

だけど、距離感を間違えてしまうと、
「なんでやらないの?」になるし、

筋道が見えているつもりでも、そこには相談される人の限界もある。


「だから、いくつもの視点で同時に見れるって大事」

相談をしている人が見えていない事。
相談をしている人が囚われてしまっている事。
相談をしている人がどうすれば一番幸せに次の段階へ行けるかって事。

そうそう、簡単には分かりませんものね。
それに、同じ様に進んでも、その本人の気持ちって大きな要素ですから。

例えば、彼氏と結婚するべきかどうかって相談。
本人のこれからの一生がかかっている訳で、
その後の二人を霊視したところで、
どこまで、どの程度見てアドバイスするかって、
いや~、ひたすら難しい(苦笑)

「あんなにアドバイスしたのに・・・」と、
今度は勝手に相談された人に裏切られた気持ちに・・・
なんて、結構皆さん経験あるかも?(苦笑)

「アドバイスを聞いてもやらない人ってどうされますか?」
これも、先日から登場している人がした質問の一つ。

「最後は、本人の選択ですから」と、旦那様。

どんな選択肢をとっても、それにはそれを選んだ事情があるはず。
だから、相談しにこられる間は、最後まで付き合う!って姿勢。

教師の経験からしても、こればかりは、人が何かを乗り越える時に、
とても大事で、とても根気の要る事だと・・・心から思います。
EDIT  |  03:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/10(Sat)

【旦那様は霊能者】 相談される人(1) 

人は感覚的に分かるのでしょう。
この人に相談してみよう・・・
この人に話してみよう・・・って感覚の相手。
一人や二人はいるもの。

感覚を持った人って、そんな話を聞く反応が結構極端だったりするのです。

「自分と他人の区別がつきにくいんだよね~」
と旦那様が言いますが、

ああ、そういう事もあるわよね(で、お仕舞い!)って事もあって、
きっと、自分の事の様に聞いてくれると思いこんで話をして、
がっかり・・・なんて。
あくまでも、相談しているその人の都合だけの事なですけどね!

こんな時は、本当に他人事として思っているか、
相談された事で自分にも影響が大きそうなので、
本能的に避けてる場合ってのもあり。

こんな反応を続けていると、冷たい人・・・って思われてしまう人も
結構いるのかも知れませんね。

だけど、本人たちにとっては、冷たいと思われようがどうであろうが、
「距離」を取らないと、実際に話をしている人より影響を受けちゃう事も。

話を聞いているだけ?
それだけで?
なんて思われるかも知れませんが、

「悩んでいる人や、暗い人と話をすると気持ちが沈むだろ?」

誰だって多少は影響を受けるものなんですけど、
いやいや、こうした感覚の人達にとっては、
悩んでいる人、登場している人、そんな人達の具体的な心の状態が、
そのまま体に伝わります。

その上、その影響は、実際に話を聞くって前から始まっていたりするから、
いやはや結構大変なんです。
誰かが、「ああ、この話、あの人に聞いてもらおう・・・」
その思いだけで、霊能者は何かを感じたりするのです。

これって、とても不思議な事に聞こえるかも知れませんが、
人の思いや気持ちって、常に空気の中に流れてる。
それをキャッチするアンテナがあるか、それが動いているかどうかの違い。

昔、遠く離れた村で誰かが亡くなったのがわかるとか、
誰かが数日後に訪ねてくるのがわかるとか。
そんな感覚を持った人が沢山いた時代の感覚がいまだにあるって事なんでしょう。

「原始人に近いんだよ」

原始人?って?って旦那様に言われても、
私は会った事がないし・・・と思ってましたけど、
きっとこう言う意味なんだろ~と(笑)

そんな感覚で悩まされた霊能者は、その悩みを
自分の事の様に悩むか、
全く遮断するか、

殆ど、本能的に二者選択する・・・

「あのね・・・」
「それって、自分次第なんじゃない?」

こうして、相談にのってくれそうなのに、
気分でとても「冷たい人」が出来上がります(苦笑)

そして、もしも「自分の事」の様に悩んだら・・・

さて、どうなるでしょう?
今度は、突然、「私が解決してあげる!」ってモードに(笑)

そうなると・・・って話は明日に続きます・・・。
EDIT  |  03:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/09(Fri)

【旦那様は霊能者】 先祖供養 

久しぶりに供養の話を書くって感じがしますね。

・・・と、言っても、毎朝、毎晩、ちゃんとご挨拶はしているのですが・・・。

「先祖供養をお願いします」

ある人が、年が変った直後に旦那様にお願い。
その時、私の中で「あれ?」って感覚が・・・。

数日後、体のあちこちが理由なく痛い!
だるくて、だるくて、どうしてこんなにだるいんだろ~?
何か理由があるはずと自分で探り始めて、
ひょっとして・・・と。

「そんな時はすぐに言いなさい!(苦笑)」

・・・という訳で、今日はお釈迦様の日と伴に私の先祖の供養もしてもう事に。


「供養って、先祖がおなかがへったって言っているのと同じだから」

感覚的には供養が始まった途端に、まってました!って
出てきた感じ。
まあ、おなかがすいた時に出てきたご馳走は、
私が一緒に詠んだお経が、多少下手でも関係ないみたいで(苦笑)

いや~、正直、とても楽になりました!
何しろ、自分の先祖だから、その影響は体にダイレクトに来るのですね。

でもって、その不調をそのままにしておくと、私の様に痛みに弱い人間は、
心まで萎えてくる・・・ってプロセスを、間違いなく辿るのです(涙)


ところで、私の実家の宗派は浄土真宗。
旦那様があげてくれたのは、真言宗のお経。

これもよくある質問だったりします。
「どの宗派のお経をあげてもいいんですか?」ってね。

「一応、先祖が聞きなれたお経がいいでしょうけど・・・
その方が伝わり易いでしょうしね・・・」

その後、いつもの様に(笑)
ん?と疑問が・・・。
沢山、沢山いる私の先祖。
ずっと、ずっと遡る事が出来る(でなければ、私はここに居ない!)
浄土真宗ができる前にも私の先祖はいるはず。
その宗派が何だったか知る由ってないわ・・・。

宗派が分からない先祖の供養ってどうやればいいんでしょう?

「供養で一番大切なのは心だから」と旦那様。

「だったら、自分の得意技で伝えるってどう?」と私。

例えば、人に感動を与えるとか、心を通じさせる方法って、
楽器を演奏するのもあれば、歌を歌うって事もある。
人に「心」を伝える方法は、限りなくあるな~なんて。
自分が一番得意なものって、「心」を乗せ易かったりする気がして。

それに、先祖が「供養してくれ~」って言っているのに、
「え~っと、宗派な何だろう?」なんて調べてから・・・
なんて、言ってたら、何時になるかも分からないって事に
成りかねませんものね~(苦笑)

という訳で、得意技というにはあまりにもお粗末だったかも
と思いつつ・・・
旦那様のお陰で、私のご先祖様は、おなかが一杯になってお帰りになりました!
EDIT  |  02:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/08(Thu)

【旦那様は霊能者】 返事 

幾つかのブログを書いているけど、その中で「この内容でよろしいですか?」
「はい」と押さないまま、書き込まれていない事がある私。
結構、いい加減な性格がばれてしまいますね~(笑)

人とのコミュニケーションの中でも「返事」ってとても大事。

何気に交わしている会話の中でも、人はいろんな情報を交換してたりしますから。
「貴方がそこにいる」って事を確認している程度の会話だったりもしますよね。

「いつも、お元気ね~」
「いや、いや、貴方こそ」
「もう、、○○才でいらっしゃるのよね?見えないわ」
「あら、貴方こそ」

はがきを出しに行った時に聞いた、近所のおばさま方の会話。

でも同時に心の中で「本当はこう思っている」
って事も伝わっていたりするのね~なんて!(あはは、読みすぎ?)

どうも、この「心の声」が聞こえてくる人は、
会話が上手そうで、そうとも行かないのは何とも皮肉。

「本当とは違った事を思っている」

そこに心が引っ張られてしまうからって言うのが一つ。


相手にどこまで心を開いて話をするかって、
人はいつでも「測って」いるみたいですね。

絶対に開かない人も居るけど。
そんな人は「心で思っている事はまず見せない」
訓練しているとしか思えないレベルだったりするほどお見事!

もう一つは、今度は自分の心の中で、
相手から伝わって来たもので会話を展開!(爆笑)

「本当は、自分も若いのよ」(って伝わってくる心の声・・・って意地悪な表現かしら?)
こんなお世辞言うって何かあるのかしら?
誰にでもこんな事言ってしまう人なのかしら?

と、まあ、これはあくまでも仮定の話なので、
こんな意地悪な・・・って思いたいけど、
旦那様がわざわざ口にして、
「どこかわざとらしいんだよな~」って言った時。
その時は、「そこまで深く読まなくても・・・」と思ったりするけど、
後で、必ず、「ああ、やっぱり・・・」と思う事件が起こってしまうのです(苦笑)

それも、どう考えても、自分から、「私はこう云う人間です!」みたいな事(あら~)

「その場は誤魔化せても、必ず分かるから」

・・・そんな旦那様の側に居るのを「恐くないですか?」
って聞く人が居るんだけど・・・

あの・・・その質問自体が・・・
自ら、何かを語っている・・・って今や分かってしまう私。

少しは、私の人間観察もおかげさまで進歩したのかしら?
EDIT  |  02:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/07(Wed)

【旦那様は霊能者】 楽しむ 

「楽しみなさい。どんな事でも、兎に角、楽しみなさい」
口がすっぱくなるぐらい旦那様が繰り返す言葉です。

ところがいざ、
「何をしている時が一番楽しいですか?」なんて質問。
う~~ん、答えられなかったり。

何より、「楽しい」という気持って、自覚するのが難しいもの。
それに、「楽しい」という気持ちを培う「環境」があったかどうか・・・
って、後になってとても大きいと思うのです。

「楽しい」から「もっとやる」「止められない」
「止められない」から「うまく」なる
「うまく」なるから「好き」になる。

理論で幾ら分かっても、心はそうは動かなかったりするものですから、
困ったものです(苦笑)

「楽しい」を知らない人は、「楽しめない」
当たり前の事ですが、悲しい程、現実なんですねぇ。

何かを「楽しむ」という「極意」
努力が必要だったりしますね~。
それに、う~~ん、こんな事、どうやって人に教えましょう?
どうやって、人に伝えましょう?

「自分が楽しむ姿を、自分が夢中になる姿を見せるしかないね」

それしかないんでしょうね・・・。

あれ?だからだ・・・(と、話が飛ぶのが私流)

ずっと疑問だった事。

何で、被る感情ってこんなに強いんだろ?
何で、被る感情ってどこにでもあるんだろ?

だって、多分、「悲しい」とか「辛い」とか、
きっと知らなくても自動的に分かる。

量の問題かどうか分からないけど、
「楽しい」「嬉しい」はある環境で経験しないと分からないのに、
「悲しい」「辛い」は、もっとある意味どこででも感じられるんだ~。

だから、「被る」原因は、自分を含めてどんどん、あちこちに(苦笑)

こうやって、考えてると、つまらない事でも、ああそうか・・・
っていうのが、楽しくて・・・(笑)

だから、人間観察は止められないのです!(爆笑)
EDIT  |  03:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/06(Tue)

【旦那様は霊能者】 恨みをはらす 

「これで本当に恨みがはれたって思って、生きていけるようになるのかな?」

批判ではなく、単純な疑問。
昨日の旦那様のブログの「仕事人」とかの話。
勿論、テレビの番組だから実際のままではないだろうけど。

「それにしか頼れない時代だっただろうしね」

現代の私達の目から見て、理不尽を思う事。
その時代に、同じ様に理不尽と思っていたかどうかもちょっと疑問だとしても、
人間、誰でも自分が大事にしているものを台無しにされた時の反応は
同じだろうとも思います。

きっと、「仕方ない」とあきらめるしかないと、
諦めきれずに生きた人もいるだろうし、
誰かに依頼しても恨みに思う事の仕返しをしたいと思った人もいたかも知れないし、
自分で目の前で仕返しをしなくては気がすまないって人もいただろうし。

テレビの番組も架空なら、こうした状況を想像してみるのも架空(笑)
だけど、そこには今でも何か心に引っかかった事を
「解消」するって難しいなぁって思える側面を考えさせられたりします。

私が純粋に思ったのは、自分で恨みをはらせず、これしか方法がない!
と思って依頼して・・・どこかで、その人が・・・って話を聞いたぐらいで、
どのくらいすっきりするかな?って事。

「実際、自分で手をくだしても、それとこれとは別なのさ」

こう言う陰の方法で、恨みをはらすという番組はこの他にもあって、
人の心をどこかで惹きつけたりします。

「ゴルゴ13だって、ルパン3世だって同じだけどね」

暫く、そんな話を旦那様としましたが、
どんな方法もやってみないと、その後の心はわからない・・・って結論(笑)

やはり、経験してない(できれば経験もしたくないのですが)事は、
自分の想像では限界があるようで(苦笑)
例え、自分の心でさえも、どうなるかは全く予想がつきません。

いや、いや、恨みというものはとても扱いが厄介です。
恨むだけの理由も、恨むだけの事もあれば尚の事。

何よりも、どうすれば、止まった時間を又進める事が出来るのか?

どうやら、「恨んでいる」相手の問題だけでない所が一番の難所らしく・・・。

どちらにしても、すっきり生きるのは、考えたり想像したりするより、
ずっと、ずっと、難しく、複雑に思えて来たりしますね。
EDIT  |  02:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/05(Mon)

【旦那様は霊能者】 うそつき 

「私、ウソつきって言われて・・・」

そうそう、この言葉って、特別な感覚を持った人が抱える共通の悩み。

「良く考えると、ウソつきなんですけどね(笑)」と加えた彼女。

「そう自分で言えるだけ強ければ大丈夫です」と旦那様。


そう言えば、私的な年末のトラウマ解消!の時に悩んだ事を思い出しました。
「私、ウソをついていた・・・」って。

一つは、人に対して。
もう一つは、自分に対して。

今となっては、何しろ、どこからどこまでがウソなのか。
それさえ怪しいと言うか、良く分からん!と、個人的には思うのですが(笑)

それはともかく、人は皆、ウソをつく事があるのですが、
それが、どこかでばれてないなんて思ってしまうのでしょうか。

心で真剣に思ってない事を言うって言う前提で言えば、
自分でウソをついておきながら(苦笑)、
それで、相手から「ウソつき」と言われた瞬間、
結構、傷ついたりします(あはは)

「なんで!そんな事をいわれなきゃいけないの?」
って、動転するのも、これまた分かる(笑)
何しろ、自分でウソをついているって自覚さえないままの言葉って、
結構ありますものねぇ~。

「仕方ないよ!みんな大ウソつきだもの(爆笑)」と旦那様。

「みんな、大ウソつき」と旦那様に言われた、私を含めた数人は大笑い!

確かに・・・

霊能者って、やっぱりどこかでとても鋭い部分があって、
でもそれをそのまま口にして、どこかで痛い目に合ってる人って多いんです。

社会の中で生きて行くための一つのテクニックとして覚えた「技」

それを「私はウソをついてる・・・」と思えたりする瞬間って、
ある意味、正直な人だし、強い人だと思います。

だって、弱い人は、自分がウソをついている!
と思う事さえ耐えられなかったりしますものね。

どちらにしても、誰でもどこかの部分である程度人に合わせて生きている。
それを「自分にウソをついている」ととらえるなら、
人は皆、ウソつき!とも・・・(苦笑)

私って人に対してごまかしてない?
私って自分に対して、ごまかしてない?

そんな視点でみれば、自分で自分が、「ウソつきだ!」って思ってしまう。
反省しているつもりが、やり過ぎて、自分を嫌いになってしまうことに(涙)


ところで、その旦那様はウソをついていないか?って話(あはは)

「ウソはつかないよ、言葉は選ぶけど思った事はちゃんと伝えるから」

いや~、時々、ダイレクトすぎて、側で聞いていて、あら~って思う事も
しばしばなんですけどねぇ~。

ウソつきって、思った事を伝えないで黙ってる。
心で思った事を思わなかった事にする。
そんな事なら、今からでも間に合うんじゃないかって。

ならば、これから伝えればいい・・・だけ。
ただし、言い方と言葉の選び方とタイミングを選んでの話です。

ウソをついても
ウソをつかなくても

相手がどう思うかって視点もお忘れなく!

ウソつきではなくなった・・・
そして、周りに人もいなくなった・・・

では、元も粉もありませんものね!
EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/02(Fri)

【旦那様は霊能者】 変える・変えない 

何でもそうだけど、見ている人は、
「何でやらないのよ~」
「何でやれないのよ~」
「こうやれば良いのに」
「こっちの方がいいんじゃない?」

人はいろんなアドバイスや意見をくれるものですよね。
本当に有難いもの。
そして、そんな意見やアドバイスって本当に貴重。
だって、その人の事がどうでも良かったら、言う気さえしないから。

だけど、同時に、そのアドバイスにも落とし穴が・・・。

人の意見や評価ばかりが気になるって状態。
一生懸命、全部に合わせて、それに応える。

「それで最高の事やモノが出来るとは限らないんだよね~」

良かれと思って言ってくれる言葉だと余計にややこしい(苦笑)
せっかくの意見だから・・・と、それに応えるだけの余力があれば、
究極、それだけの価値があれば良いんですけどね(笑)
つまり、何か変えれば、それだけ何かを引き換えにしなくては・・・
って視点を持った上の決断かどうか・・・。

「側で見ている人には、見えてない部分が必ずあるから」

例えば、ずっとずっと続いてきた商品の「味」。
人の味覚って時代と伴に変化するものでもあるから、
甘すぎるとか、時代に合わないとか、そんな意見とか。

けれども。
ひょっとしたら、その「時代に合わないかも知れない甘さ」のファンだっている
かも知れないし。

「ずっと変わらない味って、意味があるんだよ」

それを旦那様は「信用」に結びつく大事な要素だと繰り返します。

「変えるなって事じゃなくて、自分で決断するって事と、その時期を視るって事」

どんな事でも、時代は流れるのだから、
いつかは変化しなくてはならない時期がくるんでしょけどね。
先取りするか、待つか・・・
そんな選択は、かなり視野が広くないと無理だわ~って
思ってしまいます。

何時もの様に教師時代の話に戻りますが、
教育指導の方針なんて、その最たるものだったりします。
ある時期、どうしてこんな事未だに・・・とか思ったりした事も正直何度もあります。

そして、ある時期、本当に教育方針がコロコロ変わった事がありました。
変わって、ある問題が解決したように見えても、次の問題が出てくる。

全て解決する、全てがうまく行くって事なんて無いんだな~って。

「だから、自分が今、これが最善と信じる事が大事」

その気持ちが、問題の一つや二つ吹き飛ばしてくれるから不思議なもの。

一つ一つの問題を解決しようとすると、
「あれ?」って気が付くと自分がやっている事の意味が見えなくなったりして(苦笑)

変わらない姿勢って、
「頑固」って言葉にも繋がるし、
「信用」って言葉にも繋がるし、

潔く変えるって、
「融通が利く」って言葉にも繋がるし、
「コロコロ変わって信用できん!」にも繋がったり・・・

いや、いや、この按配はなかなか一筋縄ではいかないものですね。

きっと、「変える」と結論を出しても、
「変えない」と結論を出しても、
ポイントは、「変える」「変えない」じゃない気がします・・・ね。
EDIT  |  03:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01/01(Thu)

【旦那様は霊能者】 ご祈願・願い事 

新年あけましておめでとうございます。
今年も、頑張って書きますので、宜しくお願いします!

ところで、新年、皆さんは初詣にでかけたかもしれませんね。
ここでも、年末大祓いの行事を行いました。

一年の穢れを祓い、新しい年を向かえる。

毎年繰り返されることですが、こんな区切りは、
昨年一年間をどんな風に過ごし、どんな時期だったかを
振り返り、そして、新しい年を向かえる・・・って気持ちを新たにする
チャンスでもありますね。

「今年は、どんな年になるんだろ?」
昨年はこうだったから・・・といった感じなんでしょうけど、

「時間はずっと続いているから、やった分が表に出る」

当たり前すぎ!(笑)

でも、究極、どんなに未来を読めたにしても
読まないで進んだにしても、それは同じ。

「因果とかいうけど、良因良果、悪因悪果を短くしただけだから」

つまり、原因となるものに応じて「結果」が出る・・・。
世の中の法則は意外とシンプルなものなのかも知れませんね。

もし、その法則にそって居ない事があるとすれば・・・
きっと、見落としている事がある!と思うのが理屈にあっているわ~なんて。

ところで、旦那様によると、昨年から続く混乱の時期。
社会の構造が変化をする時には必ず起こる事でもあるのだそうで、
これが落ち着くには、あと数年かかる・・・という事。

実際、ココに来て、一人一人の一年を見てもらった人の内容を聞いても、
「こんな感じかな~~」って、私が傍観して見ても、
周りの変化はどうやらもう少し、激しいまま続きそうですね。

だからこそ、自分の心が落ち着いている人。
流れをきちんと読める冷静さのある人。
そんな人には不安を感じないと旦那様。

ただ、表面的な忙しさって感じる事が多い年にもなりそうで、
だからこそ、「自分の心と体の管理」が余計に大事になりそうです。

どんなに雨が降っても、
どんなに風が吹いても、
どんなに暑くても、
どんなに寒くても、

ああ、こんな流れなんだな~って言う冷静な眼。
一緒に流されない「冷静な自分」を作るには、
ひょっとしたら、最も適した年かも知れないのです。

さて、さて、私にとってもどんな年になるのか・・・。
不思議とふっと伝わってくる瞬間があるのですが、
皆さんも、一年後の自分をこの一年の初めに、
なんとなく思い浮かべて見てください。

ほら、自分にとって、どんな一年か・・・見えたりしません?
EDIT  |  17:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |