2009.04/30(Thu)

【だんな様は霊能力者】 本当のパワースポット 

「あれ?
どっちの石を触った方がいいって、その時によってかわる?」

何度も登場しますが、この前のハワイに行った時のパワーストーン。

もうお気づきかと思いますが、私ってこうした事に結構しつこい(爆笑)
頭の中で考えるだけでは・・・と、昨日書いたばかりですが、
一つの事をずっと、ずっと、考え続ければ、逆に新たな発見が
あったりします

「金色の光を放つ」願いをかなえてくれる石。

「白い光を放つ」病気や辛い部分を癒してくれる石。

パワーストーンと聞くと、何に効果があるかって事だけに
注目してしまうのが普通ですが、

「ある意味、それは正解だけどね」と、だんな様。

今の自分にとって、どんなパワーが必要かって感じてみる。

世界中にあるパワースポットで自分が必要とするエネルギーを
もらえる場所・・・
それもきっと、行ってみたいと心が言って、
実際にそこの空気や石に触れて、
「ああ、こういう事だったのか」とその場で感じる事あり、
その時にはまだ分からなくても、暫くして、
「ああ、そうか」と腑に落ちる事あり。

ちなみに、だんな様のハワイ後遺症?はまだ続いています。
後遺症ってマイナスな響きですが、そうではなくて、
想像を越えた変化が起こっているのです。
余りの変化の大きさに、時々体がついて行かないぐらい。
直接の原因は、ご紹介した石ではなくて、
もう一箇所の場所の様です。

時に余りの変化に驚く私。
「本当に行って良かったのかな?」

「このくらいの事、起こるから行かないなんて、
考えてたら、先に進めないよ」
と軽くかわされてしまいました。

「今がどうであれ、ちゃんと準備が整ってるから、呼ばれたんだから」

世界に沢山あるパワースポット。
呼ばれる・・・なんて、素敵!なんて思うのと、
現実は違い過ぎる・・・(苦笑)なんて。
いや、いや、これは、「呼ばれて、鍛えられる」の間違いだ~。

と思いつつ、こんなページを見ていたら、
http://powerspots.jp/doc/01/

パワースポットって一体なんなのでしょう?みなさんはなんだと思いますか?
三省堂の「デイリー新語辞典」によると


「パワースポットとは心身を活性化させたり,心が癒されたりするとされる場所。(近年,女性誌などで内外の著名な聖地をさす語に用いられ,観光分野などで注目されている)」


とあります。なるほど、ごもっとも。ですが、わたしはもっと単純に考えたらいいと思っています。わたしは写真家なので単に「たくさんシャッターが切れるところが、パワースポットだ!」と思います。そういう場所に行くと、とにかくノッてノッて乗りまくります。いろんなものが「撮って撮って」と語りかけてくるような感じなのです。



こちらの方がなる程!・・・です。

パワーアップする為にいくパワースポット。
自分が一番輝ける場所であるパワースポット。
そして、癒されるためのパワースポット。

遠くに出かけなくても、本当は、パワースポットは
常に自分の側にもあるのかも知れません。

自分の家や家庭も「パワースポット」だわ!と、
思った私でした。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  09:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/28(Tue)

【だんな様は霊能力者】 若い頃の自分 

若い人をみたり、話たりすると、私の中をよぎるもの。
それは、その年齢の頃の自分の姿です。

「いや~、その頃の私にはひやひやする」と私。

「確かにね」とだんな様。

多分、一番やってた事は、
頭の中で考えて、分かったと思いこんでいたって事(苦笑)

恋愛だって、相手と付き合うとかって、実際付き合っていても、
今思うと、自分の世界にその人を登場人物としてエントリーみたいな(あはは)

結婚だって、勝手に幸せになるって、
仕事だって、自分の好きな仕事に就きさえすれば、バリバリ仕事してるって、
いやいや、「想像の世界」に生きてた気がするのです。

・・・それから、始まる「実践編」
社会に出て、経験に継ぐ経験。
自分のストーリーを組み立てる余裕も
自分のストーリーを客観的に楽しむ余裕も
それを振り返る余裕さえなかった時期もあったな・・・とか、
今思い返してみたりしてしまいます。

それにあの当時にそんな余裕があったとすれば、
それこそ、「想像の世界の続き」を「想像している」だけって事になるでしょうしね(苦笑)

「想像は、想像でしかないんだよ」
だんな様は言い切ります。

「頭で色々考えている暇があったら、とっととやりなさい!」
ごたくを並べて、ああだ、こうだと言いたい時期もあるのでしょうけどねぇ。

そう言われている若者を見て、他の人達が
「ああ、こういう事か・・・」って思ったりするから、人間の心って面白いもの。

「自分に言われている時は、理由がわからなかったんですけど(苦笑)」

正面切って、やるべき事をやりなさいと言われると、
あれがこうだから、これがこうだから。
知らない内に自分で作り上げる自分の壁は、
限りなく本物に見えるのでしょう。

「偽者は、偽者でしかない」とだんな様は言うけれど・・・
この区別がね・・・付くようになるには、
一体どんな事が必要なんでしょう(←答えは、今日の文の中にあります!)

さて、今、貴方は自分の目の前にある「壁」って、
本物だと思いますか?
それとも想像で作り上げたものだと思いますか?

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  16:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/28(Tue)

【だんな様は霊能力者】 パワーストーン 

先日(4月25日)に御紹介したパワーストーンについて、
昨日の勉強会にいらしてくださった方には、皆で見ていただきました。
先入観なく見てもらう為に、ブログに詳しい事を書くのが
遅くなってしまいました・・・。

IMGP3532-01.jpg

中がちょっと暗いのですが、このシェルターの中には
3つの石が横たわっています。

一番右の黒い石。
触ると「暑い」と感じます。

そして、左の白っぽい石。
触ると、「ひやっ」としました。

そして、何故か真中の一番小さな石には
私は、触らなかったと記憶しています。

こうしたパワーストーンに触れる時は、
色んな言い伝えもありますが、何しろ自分の為にも
迂闊に触らない方が無難だったりします。
自分の目的によって持つ石を選ぶように、
やっぱり、こうした石にも特徴があるからです。

だんな様によると、「暑い」と感じた右の石は、
金色の光を発して、エネルギーを与えてくれる石らしく、
「元気をもらえる石」
「自分の願いの手助けをしてくれる石」
だそうです。

そして左の石は、白く光っている様に見えます。
体の痛いところや辛いのを吸ってくれる石。
この意味では、これこそ「癒し」の石かも知れません。

そして、この電池で言えば、プラスとマイナスのエネルギーの元が
真中の小さい石。
天と地とのエネルギーと結びついて、左右の石にエネルギーを
供給しているらしいです。

どんな風に「気」が流れているのかって、
皆さんにも写真で見てもらいましたが、
ちょっと、見えにくかったようです。
「人が住む家の中や土地の「気」とはちょっと違うからね・・・」

どうやら、直接的な天や地の「気」の流れを読むのは、
また違う眼が必要らしいのです。

ちゃんと、この3つでエネルギーを供給しながら、
気が循環するようにおかれているんですね~(感心)

「この3つの石は元々はバラバラな場所にあったと思うよ」
一目見るなり、だんな様がそう言っていましたが、
だとすれば、この配置をした人は、そこまで感じて、
この3つの石を置いたのでしょうね・・・。

で、そのスイッチみたいな役割を果たすのが、
先日書いた、「ハワイの雨」・・・つまり「水」です。
この石の由来や、効果を余り知らないというガイドの人は、
だんな様に逆にこの石の事を聞いていましたが、
逆に迂闊にさわらない事にしています・・・とも言われてました。

ハワイのあちこちにある石に迂闊に触った事で起こった
不思議なエピソードが色々あるそうで・・・。

こうした意味でも、自然への「畏敬」の念が、
まだ生きているんだな~って。

忘れていた大事な事を思い出させてくれる経験でもありました。

石との付き合い方も色々。
パワーストーンはつくづく奥が深い!ですね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/27(Mon)

【だんな様は霊能力者】お詣りの訓練? 

「会社の近くの神社によくお詣りに行くんです」

半年前ぐらいに自分がやりたい道を見つけた彼女。

「で、どうやってお詣りしているの?」

だんな様を含む、周りの人が一斉に彼女に聞きました。

「え?普通にお詣りしてます」

「その普通が問題」と皆が口々に言うんですよね・・・。
皆、何かがピンと来てる。
こんな時の皆の反応が同じなのはとても面白いんですよ。

「え~っと、まず、おサイ銭を入れて」

「投げて入れてないよね」とすかさずだんな様。
「お願い事をする、それもずっと、ずっと目上の人(じゃないけど)に
投げているなんてね」

いつ、どこでおサイ銭を投げるって事が習慣になったのかこれまた
不思議なんですが、テレビでこうしたシーンが流れるって影響もあるのかしら?
なんて、一人で考えてます。

「それから、2回お辞儀をして2回手を叩くんです」

「それから?」

「九月になったら、こうやって、十月にはココに移りたいです。
宜しくお願いしますって。頭を下げながら言うんですけど」

「だめ~~~」と、全員から駄目だし(爆笑)

「頭を下げながら言うのがいけないんですか?」
と言う彼女に、だんな様が、
「神様にはお願い事はしちゃ駄目。
宣言するんだよ、自分がしたい事や目標を」

「じゃあ、九月になったら、こうやって、十月になったらココに移りたいです。
見守っていてください」

「それも、お願い事」
「見守ってくださいってお願いしてる」
って、皆の鋭くも暖かい指摘が入るのです。

皆、彼女の夢の実現に本気で応援をしたいと思っているんです。
だから、お詣りする事一つにしても、そのお詣りの仕方そのものも
大切なんですが、彼女の言葉に表れている彼女の迷いや
意思の揺れを感じているんですね。

「え?何て言えば良いんですか?」
意外と本人は気がついていないんですね。
知らない内に、「頼んでいる」「頼っている」って事。

自分がこうしたいという夢を実現するのに大事なのは、
だれに頼むかって(つまり、どこにお詣りに行くか)
大切じゃないとは思いませんけど・・・。
ちなみに・・・
「こうしたいです」と宣言するにしても、その担当の神様ってやっぱりあるそうで。
まあ、できれば担当の神様の所に行って、宣言した方が
良いに決まってますよね。

「頼まないで、宣言するの」

「私は、こうしたいです。絶対、目標の自分になりますってね」

神様に本気で向かう覚悟(覚悟って必要なんですね~)の
出来た人達の言う言葉には、お願い事をすると言うのとは、
別の「本気」の交流が神様との間に出来るんだ・・・って。

「人間の付き合いも、神様との向き会い方も同じさ。

本気の人間、自分の目標のためにはなんでもします!
ぐらいの勢いの人には、手を貸したくなるだろ?」

これまた難しいのですが、その「助け」を期待した宣言も
相手が相手なだけにばれてしまいますので御用心!

心の世界はとてもシンプル。

本気で思えば、色んな神や仏やそれより自分の周りの人にも
その気持ちは通じるし、
自分で迷えば、その通じる道は忽ち途絶えてしまう。

お詣り一つ。
されど「自分の心」や「自分の姿」を映してるんですね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3



EDIT  |  12:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/26(Sun)

【だんな様は霊能力者】 壊し屋さん 

「だんな様は霊能力者」の本の中にイラストとして出てくるエピソードの一つ。

お守りの時計をだんな様が作っているシーン。
「時計はお守りにするのは難しいんだ・・・」

兎に角、昔から腕時計は何個も壊したというだんな様。
「一度なんて、逆に回った事があるよ(苦笑)」
ふと、手元の時計を見ると針が逆回転!
そりゃあ、驚く!
「またかって思ったけど」

霊能力って、電気とか電磁波に性格が似ているらしく、
気合が入ると、色んなもの(特に電気系のもの)を壊してしまうらしいのです。

だんな様の弟子は、大切な日(例えば、皆で瀧に行く日)に
必ずと言っていい程、目覚まし時計が壊れるそうで。
この前は、なななんと!電波時計が狂ったそうです。
「時間を調整する電波が届いたら、直りました(苦笑)」

・・・という話をすると、実は・・・って結構、目覚ましを壊している人って
多いんですね・・・。

「枕元に、3つ置いて寝たんです」
大切な仕事の前の日。
絶対に遅刻は出来ない!
・・・ところが、どれも時間になっても鳴らなかったそうで・・・。

いつも、いつも、壊れるって言う人もいれば、
こうして、明日何かがある!って気合が入るとほぼ100%の確率で
壊してしまう人もあり。

「私の腕時計って、実はいつも10分進むんです」
という人まで現れてしまいました(笑)
「戻しても、戻しても、10分進むんです」

「テレビがボン!って煙を出して壊れました」
おっとりした方なんですけどね・・・。
テレビがうるさいから消してくれと頼んだのに、
何度言っても消してくれない。
最後の最後に、「うるさい!」と言った瞬間の出来事だったそうです。

いや、いや、偶然と、多分、ご本人たちは思っていたし、
思いたかったのでしょうが、本に私が書いた事で
「ひょっとして・・・」と思われ始めた様子。

こうした、ちょっとしたところに実はおかしいかな・・・と思いつつ、
確かめないでこられた人も、「あれ?そう言えば」と思い出させて
しまったのかも知れませんね。

「大変ですね~。持つなら、直す力が欲しいかも」
なんて、冷やかして言っていたら、
半年前から、私のカードの磁気が次々と壊れ、
この前のカードでなんと4枚目。

とりあえず、カードを入れている財布のせいにして、
経過を観察中・・・。
「自分のせいじゃない」と思いたい気持ちと
「もし、自分で壊していたら、カードを持てないかも」という不安な気持ち。
ちょっとだけ、時計を壊しまくる人達の気持ちが分かった気がします。

磁気が壊れていてもどうにか用事を済ます事ができたので、
それ以来、そのままにしていたわ・・・と思い出しました。
カードを作りなおしてもらわないと・・・(苦笑)

観察結果がちょっと怖かったりして、手続きを伸ばしてしました・・・(笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3


EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/25(Sat)

【だんな様な霊能力者】 パワーストーン 

世の中にパワーストーンってあちこちにあるけど・・・
「パワーストーンは力やエネルギーを持ったすべての石」
ヒーリングストーンはその中で人を癒す力があるものを呼ぶそうですけど、

ある人はその石で癒され、ある人には強すぎるって言うのもある???
なんて、突然、疑問に思ったりする私。

「万能薬なんて無いからね」

今回、紹介している石でも、
触って癒されたと言う人も居れば、
一日中しびれが止まらなかったと言う人あり。
悪い所って思いつかなかったので、触らないでおきましたって人あり。
人の感覚って、結構敏感なものなんですね~。
やたら、触れば良いというものでもないらしく、
やっぱり「自分にあったもの」って選ぶ必要があるんでしょうね。

こうした石って、やっぱり自然の一部。
そう思えば、木と話が出来るのなら、花と話ができるのなら、
石とも話が出来るはず・・・。

石を扱う人の中にはこうして、石の声を聞く事の出来る人って
いらっしゃるんですね~。

時々、パワーストーンのお店に一緒にでかけるのですが、
暫くすると、二人とも頭がくらくらしてきます。
周りの石がいっせいに話しかけてくるのでしょうか。
すごい音のする部屋の中にいるのと似たような感覚。

石にパワーがあっても、それはまだ前段階らしいのです。

「まだ、眠ったままだね」
そんな石を見ながらだんな様が言います。

御存知のとおり、石にもその種類によって、得意分野があるのは
人間となんの変りもないらしく、「癒し」「力を発揮」「精神安定」
沢山の効能があるのでしょう。
有る意味、自然からそうした力をもらう、一つの方法なのでしょうね。

「ちゃんと石と会話をして、目をさまさせないとね」
役割を持った石が、その役割に目覚めたとき、本当の力を発揮し始める。

それでも、身につけたとしても、それは補助的な役割でしかなく、
頼りすぎてもいけないし、逆に降り回されることになってしまう事もあるそうです。
取り扱い方ってやっぱりあるし、メンテナンスしないといけないのも
ごくごく普通の事でしょう。

・・・って、それは、今回、訪れたてみて、はっきりわかりました。
勿論、この石は目を覚ますどころか、ずっとずっと働き続けています。
近くに寄ると、ぐらぐらしてくる・・・

IMGP3532-01.jpg

この中には暗いのでよく見えないかもしれませんが、
3つの石が横たわっていて、やっぱりそれぞれ違う役割を果たしていました。

この石をケアーする人のメッセージをよくよく読むと、
ああ、そうだったんだ・・・と思う部分あり。
一番、印象的だったのは、善意で作られたこの石が収められた大理石の屋根。
これが、石が「再生」する、「パワーを出す」元になるものをさえぎっているって事でした。

この石のパワーの元とは?
それは、ハワイに降り注ぐ「雨」

パワーを持ったものは、そのパワーを補充する必要があり、
ヒーリングしてくれるものは、それを浄化する必要があり。

自然はこうして循環しているんですね。
ただ、「自分」にとってその流れるエネルギーの量が、
丁度良いのか、大きすぎるのか、
そこは人によってそれぞれでしょうしね。
とりあえずは、よく、よく、上の写真をご覧下さい。
(とはいえ、ちょっと小さく暗いですが・笑)

しかし、会話するにしても相手のエネルギーが大きすぎると、
まともに面と向かうのさえ難しいのですね。

IMGP3530-01.jpg

Adept Mentor 島津相談室


バーナー3

EDIT  |  03:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.04/23(Thu)

【だんな様は霊能力者】 ハワイのエネルギー 

「ハワイに行くと何だか元気になるんです」

そんな言葉を言ってたのは、一人ではありません。
今回、ハワイに行った話を聞いて、それが気のせいじゃなかったと、
皆さん確認したという感じでした。

ハワイという国には、それこそ国境もなく、自然の神がそのまま
人間と同居している・・・それは、ハワイの伝統の歌や踊りの中にも
しっかり残っています。

17世紀になって、その歴史や文化が文字で紹介されるまで、
ハワイには書き言葉がなかった・・・全て口伝だったですね~。

だんな様とこうした場所に行くとよくある事なんですが、
「この場所は、約300年前から、神の居る場所として・・・」とか
書いてある説明。

ジッとそれを読みながら、だんな様は、
「いや、もっと、もっと、古い歴史がある」

考えてみれば当然のこと。
ある場所が、いつからどういう歴史を辿って来たか・・・。
なんて、「物理的」な証拠があるところまでしか認められてないのでしょうが、
日本にしてもハワイにしても、そのずっと前から「存在」していた訳ですから。

こうした、歴史って勉強すれば、本で学べば「分かる!」ってどこかで
思いこんでますが、逆にそれ以前の歴史って遡らないって事にもなるのですね。

日本の歴史でも学校で習う歴史って、奈良時代ぐらいからは
ようやく一本の線として見えてきますが、その前については、
まだまだ分からない事だらけ。
そんな中のある発見があれば、その後の歴史の捉え方まで、
全部変ってしまうかも?なんて事だって隠されているかも知れませんものね。

「例え書いて残したものがあっても、誰が残したかって事もあるしね」

そうそう、今だって、人は自分が正しいと思う筋道しか歴史として
残したくはありませんものね(苦笑)

ハワイの歴史は、言葉で残ってない部分が多いので、
そのまま感覚的に受け取ろうとするから余計に感覚的になるのでしょうか。
これまた不思議な感じです。

車で移動している間にもコロコロ空気が変ります。
まるで、隣の家の中から、それまた隣の家の中に入るみたい。

空、海、水、土、いろんな神様があの比較的小さな島に
陣取っているという感じです。

ハワイの神様はずばり、こうした「自然」の神。
人の力から比べたら、とてつもなく大きなエネルギーを持っている訳
ですから、感覚が鋭い人にしてみると、
段々、元気が出る!を通り越してしまったりして(苦笑)

そのエネルギーでまさにぐらぐらしたのが、
ワイアワと呼ばれる場所にあるヒーリングストーン。

これについてはまたあらためて詳しく書くことにしましょう。

IMGP3545-01.jpg


IMGP3547-01.jpg


Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  23:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/23(Thu)

【だんな様は霊能力者】 人生の選択 

ハワイの話を書こうとして、やっぱり写真があった方がと思いました。
撮った写真は、フォト蔵にUPしたのですが、
ブログ用に画像を小さくするのにちょっと時間がかかっています。

やっぱり、あるコミュニティーにはそこの規則があって、
そこにはそこのコミュニティーの規則に従わないと・・・
ですね・・・。
いくら大きいほうが見易いもん!って思ったところで、
UPさえできないんですものね。

自分が目にする大きさって、いつの間にか当り前。
それ以外は受け入れられない・・・
そんな拒否感で人生の選択をすると、
あら、あら、大変だわ~。

・・・と、何故か写真のUPで「人生論」まで話が大きくなるところが私(笑)

人生の選択。
続けるか辞めるか。

仕事などで悩んだらよく聞く言葉ですが、実際は、
選択しているのは、そこじゃない場合も多いと
だんな様のカウンセリングを側で見ていて思います。

続ける・・・だったら、続けながら先をどうするのか。
辞める・・・だったら、辞めてどうするのか。

先を見据える事ができれば、どっちでも良いのでは?
なんて思ってしまうのは、自分の事じゃないから・・・
・・・なんて、冷たい言葉に聞こえるかも知れませんが、
結局は、自分がどうしたいかが、どっちを取るかの
選択をするより、ずっと大事だと感じます。

こう言う事って霊能力者なら見えるって思っている人も
多いかも知れませんけど、
「例え見えたとしても、今の状況がそのまま変らなければっていう
条件の話」

今が変れば、未来も変るのだとだんな様は断言します。

自分で考える自分の選択肢(にみえるもの)を増やすこと。
広げるって、お手伝いは幾らでもするんだけどとだんな様は
続けます。

選び方にも方法は色々あるんですね~。
二者択一だと思いこんで悩んでいる人には、
見えない選択肢。
それが見えてくれば、「選ぶ」じゃなくて、
どう進むか・・・って道筋に変るんですね~。
「結局、選択じゃなくて、足し算かも?」と思う事があります。
今、ココでやっている事や、これからやる事で、
未来に繋がる何かを探す・・・

・・・って、私もつべこべ言ってないで、さっさとブログ用に
写真を変換して、昨日の続き、ハワイのパワーストーンの
話に次こそは戻して、先に進みたいと思います!

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  12:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/22(Wed)

【だんな様は霊能力者】 話のネタ 

忘れかけてましたけど、ネタが転がりすぎているのですね。

この前、だんな様と一緒に出かけて、編集してくださった方と
お話をする中で、またまた、取りこぼしているかも知れない事に
気がつきました(笑)

「ああ、それも面白いですから、忘れないで書きとめて置いてください」
と言いながら、大笑いしてくださる・・・。

「こんなことが面白いんだ・・・」って、だんな様も私も再確認してしまった状態で、
これまで取りこぼした・・・って後悔してもはじまらないのに、
いざ、書きとめようとすると・・・あれ?って忘れて仕舞うのです。

話の中で何度も大笑いしたわ・・・って事しか覚えていない私(涙)

記録係って意外と大変なんですね・・・。
一緒に笑っている暇がなくなるんじゃないかしら?
と心配しつつも、やっぱり、もったいなさ過ぎる!
と、心を新たにして思い出すと・・・

そのネタの一つは、この前行ったハワイの事。
だんな様がハワイで撮った写真をフォト蔵にもUp。
その中でも3箇所は特に印象に残っていて、
もう一度、整理して思い出してみようと思います。

最近でこそ、ハワイに癒しのスポットが沢山あるんだって、
本なども売れているみたいですが、以前は、ワイキキの
華やかな風景ぐらいしか頭に浮かばなかったのは、
私だけではないと思います。

「癒しっていうよりさ・・・エネルギーの塊みたいな島だね」
これが、ハワイに対するだんな様の第一声。

「なんだか、地表が薄い感じがする」と私。

「当然だよ。元々島自体が全部パワースポットみたいなもんだもの」
感覚的ですが、足許のすぐ下にマグマがあるのが分かる感じ。
それは、観光地として有名な場所から離れると余計に伝わってきます。

今回は、ハワイのオワフ島の北の端まで島の中心を通り、
東の海岸をワイキキに向かって南下して来るというコースを
ガイドの人が混雑を避けるために組んでくれました。

「逆に行くと、人が多くて、ハワイでも渋滞するんです(苦笑)」
という彼は、以前も書きましたが、空手の経験者で、
もうハワイに住んで十年以上になるそうです。

ワイキキを離れるにつれて、景色はどんどん変ります。
また、不思議なほど、どんどん空気も変るのです。

よく見ると、街の中にある木の下には、必ずといって良いほど
大きい石がおいてあります。
「道祖神みたいなものだね・・・」
だんな様曰く、
神と人間が同じ場所に同居しているらしく、
日本の感覚で云えば、それは一昔前の日本に似ているのかも
知れません。
自然の神を崇め、自然の神と共に生活をしている。
そのパワーを直接感じる事の出来る場所が、ハワイには
沢山あるのですね。

「この木なんの木気になる気」で有名になった木には、
最初に案内してもらいましたが、その木は大きいという存在感。
静かに、静かに、ひたすら静かに立っていました。(つづく)

写真をご覧になりたい方は、フォト蔵でご覧ください。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  11:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/21(Tue)

【だんな様は霊能力者】 色々なやり方 

「留まっている暇はないよ。
世界は、宇宙は広いから」

目の前の事で一杯、一杯になった時。
自分の価値観だけで考えてしまって、堂々巡りから逃れられない時。

ふと、その言葉を聞いて、固定してしまった自分の視点に気が付きます。

こんな価値観のぶち壊し!
私の場合、いろんな場所に行く事で見事に壊され続けました(爆笑)

大学時代にホームステイしたすご~~いお家の人は、
いつまで経っても、仕事に行くそぶりさえなく、
父が教師だった家でそだった私にとっては(当時、20歳前後ですものね)
「どうやって、生活してるんだろ?」
「真面目に仕事に行けば、きちんと生きていける」って、公式しかなかた私には、
とてもショックでした。
そのくらいでショックは大げさだろ~と思う人も居るかも知れませんが、
何しろ、大学時代、自分がどう、何を職業にして行くかを考えていた時でもありましたし。

他の家では、自分の部屋のドアを閉めていると怒られたし、
(絶対、入ってくるな!って事になるらしく、寝るとき意外は開けておく)
トイレのドアを閉めて出てきて、家中の人に迷惑かけたし、
(閉まってるって事は、だれか居るってことだから)
色んな事をやらかし(笑)、場所が変れば、やり方や考え方が変ると、
恥ずかしい思いや、失敗をしながら、痛感したのは・・・

「ここでは、こういうやり方」って覚えようとしても無理!って事

つまり、一度や二度の失敗は覚悟の上で、経験するしか方法は無いって事でした。

悩みや、人間関係で悩む人の多くは、いつの間に身についたんでしょうね・・・

「自分の常識、自分のやり方、自分の考え方に囚われているんだ」
ってだんな様が良く言う様に、自分で自分を苦しめているって事が多々あるんですよね。

今日、だんな様がしばらく祭壇に座った後、
「あ~楽しかった」

「どこに行ってたの?」

「宇宙」

「何が面白かったの?何を見てたの?」

「色んな生き物が、色んなやり方で生きてる。
本当に、色々なんだよ」

そう、たまたま、自分が居るその場で当り前の事。
それが、他の場所でも通じないのは、これまた当り前の事なんでしょうね。

まあ、たまたま・・・って言葉は適切かどうかは、別ですけど。
何しろ、覚えてなくても「自分で選んで」、たまたまに思える場所に
生まれてきたのは・・・何を隠そう、自分自身だったりするそうですから。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2009.04/20(Mon)

【だんな様は霊能力者】 一番の難しさ 

「この仕事(カウンセラーとして)で、一番苦労した事って何?」
と、だんな様に質問してみました。

多分、この仕事だと、分からないとか見えないとか、
そんな苦労って簡単に想像できたりしますよね。

色んな意味で覚悟の必要な仕事なので、

「霊能力者になりたいんです。どうしたらいいですか?」
って言う質問に、だんな様は、
「ならされるんです」と答える事にしているらしく、実際、
「この道しか、気がつくとなくなってました・・・」というだんな様の弟子。

いや~、覚悟が決まってます!

まあ、悪くても命がとられるぐらいだろ?ぐらいの気持ちじゃないとできないし、
それでいて、絶対に負けないという強い気持ちをどんな状態でも持ち続ける。
そんな両極端に思える精神状態を持てる人。
憧れぐらいじゃあ、ここまではなかなか行かないものでしょう・・・・。

「修業中に死ねたら本望。
相談者がいる場合は、そうは行かない!
絶対!と自分の気持ちに100%思わせる事が出来ないとね」

この部分は、本人の心の部分での一番の難しい所でしょうね。
何しろ、ちょっとでも自分で自分の100%を疑った途端に、危険って事だってある。
全ては、自分の心の持ち方次第で、自分にウソを付いてたり、
ウソをついている事に気がつかなかったりすれば、文字通り、
命取り・・・っておどかすわけじゃありませんが、ある意味事実でもあります。

さて、さて、この感覚をコントロールする点では「心の持ち方」「覚悟」
みたいな部分が一番難しいのでしょうけど、実際の日常の中で、
こうした感覚を持った人達が苦労しているのは・・・・。

ズバリ!会話が下手。

誤解が無いようにですが、全員が全員ではありません。
とても話し上手な人も居ます。
で、同時に心は予防線を張ったまま、一方的に話す人もいたりして(苦笑)

すご~~~く沢山、その人と話をしたつもりでも、
後で、「何を話したっけ?」と思い出してみると、
結局、何も「交換」されてないって事って結構あるんです。

この前も、だんな様の弟子の一人。
恐ろしいほどの働き者なのです。それは、それは感心するぐらい。

従って、食事は短く、簡単に食べられればそれが一番!と思っている。

彼によるとこの食事には「コロッケ一個」が、最適な食事だそうで・・・。
食事に時間を取られるぐらいなら、一分でもお客様の為にと思うそうで。

数時間に渡って、皆でそれだけでは体に悪いと・・って話をしたにも関わらず、
「やっぱり、食事は早く済む方が良いと思いますが・・・」と帰って行きました(苦笑)
さて、彼の食事の習慣は変ったのでしょうか?
今度、会ったら聞いてみたいと思います。

こんな風に、表面では色んな言葉が交わされていたらまだ良い方(爆笑)

誰かの言葉や自分の中の言葉を聞いて、
自分一人で考えて、自分一人で判断して、自分一人で行動してしまうって事。
あるんですよね~。

それに予備動作がないので、周りはとてもついていけません。

彼らの頭の世界はとても広くて、不可能はないので、
急に物事が始まったりすると、どの方向に進んでいるのかさえ見当がつかないのです(涙)

こうした特徴は、時に不可能と思う事を可能にするって荒業(笑)も生み出しますが、

「何を考えているのか、わかりにくいな~」

「ちゃんと届いたのかな~、こちらの言いたい事」

とコミュニケーションが成り立ちにくいって事もあるのです。

コミュニケーションがうまく行かない原因は、かなりの割合で、
自分の情報発信不足が占めます(と、言い切ってしまおう!)

「そこが一番苦労したね・・・」
と、だんな様も今ではあれだけ話をするのですが、
昔は、この典型的なパターンの人だったらしいです。

その頃会ってたら・・・。
いや、頭の中で想像するだけは、止めて置きましょう(笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/19(Sun)

【だんな様は霊能力者】 過去を振り返る 

「ああ、あの時こうだったな~」

だんな様の過去の振り返り方って、
覚えているところは、そこまで???ってぐらい詳細で、
覚えてないところは、そこまで???ってぐらいゼロに近いのです。

何しろ、忘れてしまった場所は、住所さえ地図さえまったく覚えてないそうで(苦笑)
「え~!!自分が育ったところぐらい思い出せないの?」と私。
「覚えてない」

ところが、先日も書いたように、ハワイのあるパワースポットに行った瞬間。
「ここ、来た事がある。それもずっと前」

「・・・ハワイって行った事ないって・・・」
と言いかけて、ああ、行った事がなかったのは「今世」の話だったのかと
自分の中で納得して、言うのを止めました(あはは)

人は、自分探しを始めると、昔育った場所とか、昔の友達とか、
同窓会とか、原点とも言える場所に戻ってみたくなるもの。

その点では、今世についてはだんな様はすこぶるクリアー!なんです。
「ずっと辿ってきた結果が今。
後悔もトラウマも解消しちゃったからね~。
思い出すってあんまり必要だって感じないんだよね~」

そう言われて、ふと、あ!私もそうだ!と思ってしまった。
通ってきた時間で出会ったものには感謝はするけど、
ああ、あの頃に戻りたい・・・なんてあんまり思わないわ~。

そうそう、だんな様の今世での記憶のクリアーな部分は、
「この人が居たから、今の自分が居る」って言う、成長させてくれた人との思い出。
それについては、語らせるとなが~~~くなるし、
何度も話の中に登場するので、何度も聞いた人は、まるで自分が会った事が
あるぐらいに思えるかも知れません。

ドイツ語の先生の話なんて、まるで私がドイツ語をその先生に習った気分に
なってしまいますもの(笑)

過去を振り返る、遡るってこうして、今世を遡る事ってやっぱり大事で、
きちんと、どこかで清算しなくてはならないのかも知れませんね。

で、この遡る方法のもっと先に、先祖を辿る(肉体のルーツ)と
前世を辿る(魂のルーツ)があるのでしょう。

自分の小さい頃の事が気になり始めたり、

自分の先祖が気になり始めたり、

そして、前世が気になり始めたり。

きっと、自分を見つめるっていう、ある意味チャンスに来た時に、
色んな方法で思い出したくなるとは思うんですが・・・・

「思い出し方ってね、基本的には同じなんだよ。
小学生の時ってこうだったとか、中学ではっていうのとね」

そこには大切な事を思い出させてくれる「思いで」もあれば、
「ああ、なんでこうしなかったんだ」っていう思いでもあるはずだと。

「だから、思い出し方って大事なんだ」

過去の振り返り方がうまく行かないと、
思い出してかえって苦しむ事だってあるかも知れませんね。

「心がそれに立ち向かえるぐらい成長してからの方が良いって事だってあるからね」

どんな経験も、どんな思い出も、
「あの時があったから、今がある」
「ああ、これからココを克服すれば良いんだ」
って思い出せたら確実に前に進めるでしょうし、

後悔の気持ちや、くやしい気持ちだけ思い出して
「だから、今の自分はこうなんだ」ってなってしまうと、

・・・あれ?トラウマ増幅してるんじゃない?

う~、逆効果もありって事なんですね~。

「私の前世は?」と聞かれたら、
「知ってどうするの?」って答えるかもね~

なんて笑っていますが、遡るには遡る時期が、
その人、その人に、きっとあるんでしょうね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3



EDIT  |  04:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/18(Sat)

【だんな様は霊能力者】 人生はマルチタスクだ! 

「よく毎日の様にブログが続かれますね」
だんな様も私も、殆ど毎日の様にPCの前に向かって、
ほぼ同時に、かちゃかちゃ・・・・キーボードを叩く音。

お互いがこう言う時は、ほとんど話をしないのに、
後で読んでみると・・・
「同じ事、書いてるじゃん!」って二人で、
「真似したわね~」と(笑)

勿論、同じ空間に居る事が多いので、出会う人や出来事って
そんなに違いはしないのですが、それでも余りにも重なる事が
多くて、苦笑いものです(あはは)

それでも、同じ事が書いてあると気がつく人も居れば、
まったく違うメッセージを受け取る方もいらして、
こうしたメッセージは、書いた瞬間から、自分の物であると同時に、
伝える相手のものでもあるんだな~って思う事があります。

「ブログの向こうに居る人を意識する事って大事だよね」
だんな様とそう話をするのですが、今日、初めていらしてくださった方も、
「ブログを読まなければ、相談をする気持ちにはならなかったかも知れません」
とおっしゃっていただきました。

ブログを通して、会話が出来ると、こうして信頼していただくってあるんだな~って、
あらためて再確認を、私の方がさせていただいた気分です!

「空手もね、会話なんだ」
勝ち負けは、試合や場面によっては大事だけど、その先にある
本当の楽しみは、闘う相手と本当に「会話が出来た」と思う時だと。
空手暦二年(道場と同級生です・笑)
そんな楽しみが少しずつ、確実に分かるようになって行きたいな~って
思っています。

こうした時に思うのは、
「人生ってマルチタスクをどうこなすかって事かしら?」って事。

自分がやっている事(目の前の事)と
周りに居る人(目の前に居る人もそうでない人も)

そこにどのラインを、どうつなげて、毎日を過ごすのかって、
小さな積み重ねですが、確実に「差」が出てくるものだと思うのです。

目の前の事に一杯、一杯になった時ほど、

ブログを書く事だけじゃなくて、その向こうに居る人の事や

空手で勝てるかどうかだけじゃなくて、相手とどう組めたかって事や

仕事をこなすだけじゃなくて、それがどう広がるのかって事

そんないくつもの事を同時に感じながら、目の前の仕事をきっちり
やって行けると良いですよね。

「積み重ねって、小さいけど、必ず違いが出て来るよね」

「その通り。
30年かかるものは、30年かける事が必要」

だんな様が祭壇の前に座るときの姿って、
お経を詠むながら、
一緒に詠む人を同じ空間に入れ、
作法を正確にし、
空気を感じて、
必要な物を取り入れ、
そうでないものを浄化し、
それを全部、祭壇の向こう側を意識しながら、

・・・いや~、頭で考えていてはとても出来ない事ですね。

でも、こうしたマルチタスクは、祭壇の前という凝縮された瞬間だけに
あるものでもないと気がつき始めました。

「ひょっとして、日常の中って実はこの超マルチタスクを
どうこなすかって、過ごしてる気がして来た・・・」
と私。

「そう、その中でもやらなきゃいけない事や
続ける事に意味がある事は、続けないとね」

マルチタスクをこなして過ごしている・・・とすれば、
ああ、一つの事に囚われていては、
一日はすぐに終わってしまいますものね(涙)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  03:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/17(Fri)

【だんな様は霊能力者】 小さな自慢(2) 

自分で自慢出来る事やものって何だろうって、分析しようとすると、
ありそうで、なさそうで、
なさそうで、ありそうって、
結構、いざとなると考えてしまいますね。

「これが自慢!」と言うには、
それだけ自分で自分を確認した「裏づけ」が
必要だったりするのですね。

こんなことを乗り越えたとか、
こんな苦労をしてきたとか、
こんな経験をしてきたとか。
って言う自分の中に積み上げてきたものに対する「自信」

それで誉められたとか、賞を取ったとか、
って言う他の人から評価された事で得る「自信」

「自信」って字の通り、自分で自分を信じる事とすれば、
評価されるかどうかは、人の目に触れたかどうか、
なんて言う偶然に、左右されたりもしますよね。

「自分の核をちゃんと作りなさい」

揺るがない自分、自分を自分で信じる。
それって簡単な様で結構難しいものです。
他人の評価ばかり気にして、この自慢の種を集めると、
評価されない時に、「自分」を信じられなくなってしまう。
自分がやって来た事さえ、無意味に感じて仕舞うって事だってあるでしょうしね。

「やって来た事は、全部、君の中に残っているんだよ」

自信をなくした人にだんな様が言います。
やって来た事で無意味な事は一つもないとも。

「自慢の種」って、集め方って大事だと思うんです。
ぜえ~~んぶ、こうした自信が本物ならば、
自慢もできるんでしょうけど、
自分で書いたメモの様に、
時に大事に思え、
時にどうでも良い事の様に思え、

人にこうしたこと自慢するってレベルになると、
多分に性格的なものも影響するでしょうし

勿論、自分で積み上げる事じゃない部分って、
結構、簡単に自慢の種になったりします。
でもそれが本物の自慢の種になるには、
「持ってるだけ」じゃなくて、
それを地面に植えて、
それに、水をあげて、
芽が出てきて、
そして、そこからもっと大きな何かが育つ。

単純にその場、その場で人と比べるための自慢の種からは、
こんな成長はみられないし、

種を持っていても、ちゃんと育てないと、
種を持っている事さえ自分で忘れてしまう。

だんな様のお仕事の一つは、
こうした本人の心の中にある
本人も忘れてしまった、
「本当の自信」に育つはずの「自慢の種」を探すこと。

「ちゃんと種はありますよ」って事自体に
自信を持つて、それだけで種って育ち始めるんだぁ・・・

元気になって帰る相談者の人達を見て、いつもそう思います。

Adept Mentor 島津相談室霊能者 悩み 相談

EDIT  |  01:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/16(Thu)

【だんな様は霊能力者】 自慢(1) 

妹とその子供が、道場に練習に来ました。
12歳と10歳。
ロンドンでも空手の練習には通ってますが、
それでも大人と一緒に練習するのは始めて。
その上、時間もいつもよりかなり長かったと思いますが、
最後まで、顔を真っ赤にしながら、頑張り抜きました。

いやいや、さすが甥っ子!
・・・一緒に練習して胸を貸してくださった方々のお陰です。

で、早速、次男の自慢が始まります(笑)
「ラグビーでタックルしたら、こんな大きなこぶが出来たんだ」
怪我だって、彼にとっては自慢なのですね。

「僕の友達は、お兄ちゃんより背が高いんだ」
拙い日本語で話す自慢は、自慢になっているのやら、
なってないのやら・・・兎に角、真剣に聞くと、真剣に
話し続けます。

そして、昨日の練習の後、今日は早速、ロンドンに先に
帰ったお父さんに、
「僕、昨日、黒帯の人と練習したんだ!」

練習の時に途中で泣き出した時は、一瞬、私が焦りましたが(苦笑)
励まされて頑張り続けた事は、本人の心にしっかり自慢の種として、
残っている様で、途中でやめさせなくて良かったと思った次第。

自慢といえば、誰かと比較する事もあるんでしょうけど、
こんな本当の自分の為の自慢って、必要だわって思います。

そう言う私自身、とても自慢上手(あはは)
何しろ、190センチ近くある黒帯の先輩や
試合で優勝し続けているやっぱり黒帯の先輩に
「お願いします」とスパーリング。

「う~~ん、私って勇気ある~~~」(爆笑)
(怖いもの知らずとも言います!)

こんな小さな自慢の積み重ねが、きっといつか自信に変るのだと思って
事ある度に「私って凄くない?」とだんな様に同意を無理矢理。

しかし、どうせ持つなら本物の「自慢」にしたいですよね。

「人と比較なんてした事ない気がするな・・・」
と、だんな様。
・・・そう言えば、聞いた事がない・・・

「自分」を確認する為の自慢って、本物の自信を積み重ねるためには
必要だそうで、その確認が足りないと、出来るのに出来ないと
諦めてしまっている人達を見ながらだんな様が言います。

「もっと、ちゃんと自分のしてきた事を確認しなさい」

「自分が出来る事を忘れない様に」

人間って自分の欠点も目をそらして見ないふりをしたがりますが、
自分が出来る事や、自分の長所も見逃して仕舞うのですね。

自分を励ますための、自分の為の小さな自慢。
人と比べるためじゃない、自分の確認の為の自慢。

きっと、妹の子供には今回の経験は、そんな自慢にきっと
なるだろうと思い、あらためて、お相手くださった方々、
有難うございました。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  03:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.04/15(Wed)

【だんな様は霊能力者】 記憶って・・・(2) 

どう記憶するか・・・も問題なら、
記憶した事をどう思い出すかも問題。

記憶力の良い人って本当に羨ましいと思うんですけど、
「くやしかった事を忘れられない人」
の話を一度このブログにも書いたんですが、
「数十年前の事を思い出して、夜中に目が覚めて眠れなくなるんだ」と。(涙)
それ以来、私は自分の物忘れのいい訳にこのエピソードを
利用しているんです(あはは)

「それはね・・・そのトラウマを乗り越えてないって事でもあるけどね」

でもね・・・
生きていると、トラウマを解消できるチャンスもあれば、
逆に、新たなトラウマになるような事は誰にでも起こるものです。

例えば、仕事でトラブルがあったとか、
自分より誰かが先に昇進したとか、
試験を受けたけど、うまく行かなかったとか。
挙げればキリがない・・・。

勿論、こんな出来事をトラウマにするかしないかは
本人の捉え方次第でしょうけどね。

極端な話、生きているだけで、
トラウマを解消するか、
トラウマをさらに作り出すか、
そんなリスクと共に居るとも言えるな~って、最近思います。

あれがあったから今の自分がある!とすっきり言えるって、
何と難しい事やら(ふう~~)

今世でトラウマチックに思い出す事って、
結構、過去世でもトラウマになっている事ってあるんですよね。
そして、それを解消する色んな瞑想法も世の中には沢山。

こうして、同じような事を、違う人生で繰り返すと、
トラウマがさらに倍増!って可能性だってあるわ~。
その上、本人にしてみるとそれはトラウマにさえ見えない。
ただの世の中の理不尽に見えたりするのね~。
なんて、一人で「危険」「危険」って大騒ぎしている私。

「終わった事なんだから、忘れなさい」
こんな過去のトラウマを思い出した人にだんな様が言うと、
「ああ、そうですね」って、
そんな事が昔あっただけと溶けるようになくなる・・・。
そんな思い出し方をしただけで解消されるトラウマも確かにあるそうですが。

・・・って、大体の場合、そんなに簡単には解消されませんけどね。
まあ、「自分に出された今世の宿題」みたいなもので、
殆どの場合、トラブルが無い限り、宿題を忘れたいのは、
大人も子供も同じのようで(笑)

思い出しても、解消してないのに思い出さなかったことにするパターンあり、
思い出しても、これは誰かが自分に意地悪してるんだって思いこむって
パターンあり。
思い出しただけでは、解消!とはほど遠いみたいで(苦笑)

う~ん、なかなか手ごわい相手ですよね・・・。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  03:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/14(Tue)

【だんな様は霊能力者】 記憶って・・・(1) 

だんな様の記憶力って、一体どうなってるの?
って思う事って結構あるんです。
どんな分野の質問も、殆ど何も見ないで答えるのに・・・
と不思議に思うのですが。

「覚えないことにしてるんだ」

もう何回も、何回も読んだお経でさえ、暗記していないらしく、
だから、必ず経典を開いてという事になるんですけどね。

「一つはね、本を開くのが作法だから」
経典は必ず作法どおりに開く事になっていると言います。

「もう一つはね・・・暗記すると意味を考えなくなってしまうから」
余りにも、自動的にやってしまう事って意識しなくなるもの。

例えば、お箸の持ち方なんて、もう今では一々、こうやって・・・
なんて考えませんものね。
歩く時だってそう。
右足を出して、それから体重を少しずつ左にかけて・・・
なんてやってたら、いつまで経っても前に進めません(あはは)

・・・とは言え、もう何度も何度も詠んでいるお経。
覚えない訳がない!!!と私的には思うんですが。

「基本的な事って、一度覚えて、忘れるんだ」

??????

あらら、宇宙語だわ~。

空手の技も、こうした作法も、正しいやり方と言うのはちゃんとある。
だから、一度は暗記するぐらい繰り返して覚える。
それをずっと続けていると、殆ど無意識に何も見ないで大丈夫!
ってレベルまで達するぐらい繰り返す。

だけど、それがまた落とし穴になるらしく・・・。

ほら、よくプロのスポーツ選手がスランプに陥るって話、ありますよね?
そんな時、彼らはこうした覚えて忘れてしまったわずかなずれを、
基本に戻って、一つ一つ確認する。

バットの握り方一つ、ちょっと違っただけで突然打てなくなる。
その原因は、覚えてしまって意識できなくなったところにあると、
とても見つけにくかったりするのでしょう。

そう言うだんな様の記憶の仕方は、私とは本当に違っていて、

「ここって、この前来たね」
って、数ヶ月前に行った場所で私が言っても、

「やっぱり、税理士だからよく知ってるね」
って、その仕事の内容の相談を受けた事があっても、

「そう言えば、そうだったっけ・・・」なんて言う、返事は毎度の事(苦笑)
大事な「基本」とまでは行かなくても、
そこまですっきり数日前の話を忘れなくても・・・と思う私。

「そもそも、記憶ってたんぱく質だから・・・」
と、違う種類の宇宙語で話すだんな様。

で、それはハワイのパワースポットに立った時の事。
その場所に立っている説明の看板には、
「250年前に、ここにはお寺(テンプル)があり・・・」

読んだ途端に、
「いや、そのずっと前からある。
その風景、覚えてるよ」

・・・だんな様のたんぱく質は、一体どう形成されてるのだろ~?
と、新たな疑問が生まれた瞬間でもありました!

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/13(Mon)

【だんな様は霊能力者】 生き残るもの(2) 

たった一つの歌やロゴ。
そんなものが人の気持ちを支えてくれる時ってありますよね。

人の中に受け入れられ、生き残ったもの。
それは、そのまま生き残るのではなくて、
どんどん時間と共に成長している気がします。

勿論、出来上がるまでに色んな人の手がかかり、
そして、それが一つの作品になって、その苦労全部が
言葉で書かれている訳ではないのに、
気持ちを込めて、色んな人のヤル気が入ったものって、
・・・どこか、違うと思いませんか?

ふと、空手で使われるテーマ曲を聞きながらそんな事を思いました。

たまたま、この曲が使われるようになった会場に居合わせたのですが、
初めて聞くその歌そのものにパワーがありました。

それから、数年、この曲の元に人が何度も集まり、
一生懸命練習して来た成果を発揮し、
また新しい歴史みたいなものが作られる。
それが、その曲にそのまま乗っかっている様な気がしたのです。

「みんな真剣に闘っているからね・・・」
私の言葉にだんな様が呟きます。

生き残るものは、生まれた時のままではなくて、
人が使い、時間がエッセンスとして加えられて、
どんどん成長していく。
そうでなければ、やっぱり生き残って行かないんでしょうね。

「そこにはね・・・、その場所やものを大事に思っている人達が必ずいるのさ」

だんな様はこうした場所をとても大事にするのです。
例え、そこを卒業したとしてもそこの場所で得た事への感謝を忘れてもいません。
だから、そんな場所の話はいつも繰り返して口に出てきます。

「あの場所では、是を教えてもらったし、この人にはこれを盗ませてもらった(笑)」
教えてもらえなかった事は、こっそり盗んだと笑います。
こうした話を聞くたびに「忘れない」で誰かに話す事も
感謝の一つの形だわ・・・って思うのです。

人が一生懸命作った場所。
真剣に作った場所やもの。

どんどん成長していくのですね。
そこは、本物の祭壇でなくても、
その人達の大事な神聖な場所となるのでしょう。

大事に大事に思う。
そして、それがそのもの自体の「生き残る」エネルギーになるのだと感じます。

「自分の居場所を幾つか作りなさい」
空手の道場だけでなく、自分の居場所は自分で作るしかない。
そんな「居場所」の一つがこんな真剣な思いを持てる場所だったら良いですね。

勿論、安易な気持ちでは、こんな場所を持てる様には
ならないと思いますけどね。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談

2007年11月11日18時25分_IMGP3491


EDIT  |  01:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/12(Sun)

【だんな様は霊能力者】生き残るもの 

「自分のしている事の先にいる人を見なさい」

だんな様がよくするアドバイスの一つ。

名刺を作るなら、その本人だけでなく、
その人が仕事をしている場面で
名刺を渡している場面。

本を書くなら、出来上がった本だけでなく、
並んでいる本を手にとる読者の姿。

携帯電話なら、出来上がった携帯のデザインだけでなく、
それを実際に人が使っている場面。

全部、目の前でやっている仕事の先にあるもの。
今は、目に見えない、でも確実に今の仕事に繋がっている。

それがちゃんと繋がった時に「良い仕事」ができるんだと。

「それを忘れたものは、幾ら素晴らしいものでも自己満足に過ぎないから」

そうしたものは、一時期、目を引く事があっても、
スーッと潮が引くように人の記憶からも、実際の生活からも
いつの間にか消えて仕舞うのでしょう。

沢山の素晴らしいアイディアや
沢山の素晴らしい学説や
沢山の素晴らしい商品や
沢山の素晴らしい作品。

世の中で、人の記憶に残るまでになるものって
生み出されたものの中のホンのわずかに過ぎませんものね。

その違いってなんだろ?ってずっと思ってましたけど、
そんなものをよ~~く観察すると、
それこそ奇跡に近い事が起こっていたりするんですね。

ベストなタイミングで、
ベストな人が力を貸してくれて、
ベストな環境で、

ちゃんと「人」がそのものを使っている場面を頭に入れたものは、
不思議とその道をちゃんと辿るんですね。

そう考えると、成功したものって、
誰が作り出したのかって話になると、
とても微妙・・・。

そうしたものには引き寄せられるように、うまく行く条件が揃い、
引き寄せられるように人が心を惹かれるって事も確かだと思うのです。

「だからって、媚びても駄目だよ」
人に合わせ過ぎる事でも、人に受け入れられることを狙っても
どうやらうまく行かないらしいのですね。

そのバランスは本当に微妙。
まるで、なが~~~い何メートルもある棒。
人差し指一本で、
どこを支えればバランスが取れるのかを探すみたいです(苦笑)

でもね・・・ちゃんとその一点は必ずある。

それを信じて諦めない人は、そのバランスのとれる一点を
必ず探し当てているんだな~って思うのです。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  02:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/10(Fri)

【だんな様は霊能力者】金縛りの種類 

昨日だったと思うのですが、MNSのページに睡眠と金縛りについての記事。
ご覧になった方も居ると思います。
つい、私も読んでしまいました。

金縛り自体は、私自身は殆どあった事がありません。
でも、霊能力者の間では結構、日常的に起こる事だったりします。

それでも、実際に霊から影響を受けている場合と、
そうでない場合があるらしく・・・。

その記事によると、精神的なものだと一括してありましたけど、
まあ、それも普通の解釈としては、限度かなって思ったりもします。
何しろ、精神的か霊的かの区別はとても難しいからです。

「昔、金縛りにあった事があるんだけど」
と私がだんな様にその時の事を話すと、
「それは、精神的なプレッシャー。霊的なものとは関係ないね」
という訳で、私は霊的なものとはあまり関わりが無かった様です。

けれども、「こんな時に金縛りにあって・・・」という話。
同じ、金縛りの話なんですが、

そんなエピソードが文章であろうと、
直接本人から聞いた事であろうと、

その影響が
「外」から来たものなのか、
自分で作り出しているのか。

判断って難しいけど、分かる人には分かる。

この間、ある人が金縛りにあった話を聞いた瞬間。
「霊の匂いがしないから、それって多分、心理的なストレスだと思いますよ」
って、だんな様の弟子が答えた瞬間、
今まで全く区別が付かなかった私にも、あ!そうか!って。

実際に霊の影響がある場合は、
感覚のある人にすると「霊の匂い」がするそうで
・・・それも霊によって匂い方が違ったり。
そんな風に、分かる人達は表現します。

で、私が感じた区別の仕方は、

例えば、空手の話で、
実際に、叩かれて痛かったと言う話。
あれだけの力で叩かれたら痛いよねって話。

この二つの話って、同じ、「痛い」という話だし、
その痛さって何となく想像がつくと思いますが、
その話から伝わってくる、痛さの種類が違う・・・と書いたら、
少しは感覚的におわかりいただけるかしら?

相手が実際にそれを経験して感じたかどうかは、
普通の人でも、実は結構、ちゃんと伝わっているもので、
自分でやった事のない人が「大体、~ってものはね・・・」って話をすると、
「自分でやった事がないんじゃない?」とか感覚的に分かったしますよね。

そればかりか、実際に叩かれて痛い思いをした人なら余計に、
「自分で経験してないのに、君にわかるはずがないじゃない」とまで
思えたりしますから、まあ、ちゃんと人にはそうしたセンサーは
あると言う事だと思うのですけどね。

実際に霊の影響を受けているかどうかは、
そんな違いを感じる感覚と似ている気がするのです。

ともかくも、
同じ叩かれて痛いという話を聞いて、
話している相手が、実際に叩かれた話を聞いても、
叩かれたら痛いよねって頭の中で想像した話を聞いても、

その違いが分からなければ、
なんで金縛りにあったのかの原因を区別するなんて、
相当に難しいはずだわ~なんて、思ってしまた私。

それこそ、この私の分析って、頭の中で考えただけじゃなくて、
実際に結構いろんな金縛りの話を聞いて書いてますので・・・
何となくでも伝わればな~って思います。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  11:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/09(Thu)

【だんな様は霊能力者】 一番の敵 

「一番の敵は恐怖だ・・・」
とよくだんな様のアドバイスを聞いていて思います。

心の世界を扱うって、あ意味とってもシンプル。

「出来る!」
と思えば、出来る様に物事も人もタイミングも見えるんですが、

「出来ないかも・・・」
と、思えば、たちまち「こうなったらどうしよう」「このせいで出来ないかも」
となるんですね~。

どちらも、この広がり方は無限大。
心の中の「希望や大志」も「恐怖や心配」は、制限なしに
好きなよ~に、好きなだけ、持つ事が出来る訳で。

ところが、この2つには決定的な違いが・・・。
「希望」の広がりは、比較的簡単にエネルギーを失いやすく、
「心配」の広がりは、やろうと思えば幾らでもできる(苦笑)

だから、何かをする時に「希望」や「望み」を持ち続けるって、
とても、とても、難しかったりするんでしょうね。

心の世界がシンプルな故に、また難しいのはこの点で、
足をひっぱるこうしたものは、ちゃんと「貴方の弱点をついてくる」
って事だったりします(あはは)

「どうやって私の弱点、わかったのよ~~~」って叫ぶ私。

「当然だろ?自分の事だから。
自分で引き起こしているんだよ」
と涼しい顔でだんな様が答えます。

「・・・・」(返事が出来ない・・・)

100%信じる事や出来ると信じる事。
100%信じる事が出来ない事や、信じる事が出来なくなる事。
全部、自分の気持ち次第だとすれば????

これまた、シンプルそうでなかなか難しい。

よく、テレビの番組で、いかにも怪しそうな犯人が出てくる場面がありますけど、
「絶対、この人じゃない!」と思いながらも、
「そうかも知れない」という場面をいくつか見ている内に
「ん?ひょっとして?」と思ってしまう。

で、大体の番組の終わり方は、いかにも犯人と描かれている人ではなくて、
え!この人が!と言う人が犯人だったりする事も多くて・・・。
あ~面白かった、となる。

よく考えると、一度、「こうかも知れない」と思わせて、「違うかも」と思わせて、
「やっぱり」と思わせて、「それでも違ったのね」と思わせて、と心が
テニスの試合を見る様に右に左に降り回されればされるほど、
印象的な番組になったりするから、あら、人の心ってそれこそ信じられない(苦笑)

そんな「左右」に降り回され易い自分の心を一点に集中して、
「絶対できる」って思い続けるには、心を「固定する為」の
エネルギーが必要でもあるのでしょうね。

「一つの恐怖はもう一つの恐怖を作り出すんだ」

特に、霊や心の世界では、一つの「恐怖」がどんだけ~って思うぐらい、
あっと言う間に大きくなる。
「死ぬかもって思った事なんて、何度もあるね」

こう聞くと、それこそ恐怖。
だけど、

「どうせうまく行かなくても、悪くても、死ぬだけだろ?」
ぐらいの気持ちで進むと・・・。

勿論、命を粗末にするのではなく、ちゃんと生きるために、
死んでも・・・と「生き残る」
その気持ちが、恐怖に勝って「生きる」って事に繋がったりする。

逆に、「生き残りたい」って気持ちから起こる「恐怖」が、
生き残れないような事をひきつけてしまう。

シンプルな事ほど、難しいのかも知れませんね。

Adpet Mentor 島津相談室霊能者 悩み 相談
EDIT  |  11:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/09(Thu)

【だんな様は霊能力者】 個性がない! 

本にも書きましたが、霊能力者の特徴の一つというか、
「私、人からうそつきって言われます・・・」

うそつきと言われたかどうかは別にして、
こうした人達は、とてもとても上手に
「あれ?どんな人だったっけ?」と思うぐらい、普通の人を演じます(笑)

その演技力と来たら、素晴らしい・・・。

「僕でもわかりにくい時があるよ(苦笑)」

この前も又、そう言う方にお会いしました。

「あまりにも、個性がない・・・」
それが、だんな様と私が、ん?ひょっとして?と感じた一つの理由。

そう・・・とても良い人、とても人当たりも問題ないし・・・、
だけど・・・ここまで個性がないはずがない・・・。
この辺りは、「感」としか言い様のない「なんだか匂う」(笑)
自分がこうした感覚が鋭いが故に見につけた、
「本当の自分をばらさないための一つの防衛本能」だったりします。

それでも、心に何の矛盾もなく、幸せにくらせればそれもそれ。

「だけど、人の心は正直で、限界が来るんだよね・・・」

外に出す、日々の自分の顔は、自然と自分の周りの環境を
作りだします。
「この人ってこんな人だから」
そんな前提で、周りは動いているのです。

自分で演じる(失礼!)自分を知ってるのも自分なら、
なんだか自分でうそをついているのに違和感を感じるのも自分(笑)

だけどあまりにも沢山に着込んでしまった鎧に
自分で気が付かないって事って本当に多いと思うのです。

「普通の人を演じるの止めたら?」

だんな様のそうした一言で、
「え?私って普通だと思っていたんですけど・・・」
と言いながら、普通じゃないでしょ!って事が・・・。
とはいえ、ココでは、普通の話だったりする事も多いので、
安心してお話くださいませ!

何しろ、その環境で過ごしている内に、自分が苦しくなる。
誤魔化しているって自分で知っているからなおさらです。

それでも、そんな鎧を脱ぐのは簡単じゃないんですよね。
前からゴミが飛んできたら、まぶたを閉じてしまう反射神経みたいな感じで、
やっぱり演じてしまう・・・。

「時期が来たら、脱がざるを得なくなるんだよね」

そう言う変化の時期に来た人にだんな様が呟きます。
何より、そのカラを脱ぐためには、カラの内側が問題。

内面がそれに耐えられる強さを持たないと、
その気にさえならないって事もあるのでしょう。

逆に、十分強く成長した人には、そのカラは
窮屈で仕方がなくなるのでしょう。

個性が無い!色がない!

そんな人から、

個性ありすぎ!色が濃すぎ!

そんなな人に大変身!

高校生デビューなんて言葉もあるぐらい。
そう・・・高校生になって突然、変身!するって事らしいのですが、
う~~ん、変身も季節ものなのかしら?(笑)

きっかけなんて究極なんでもいいじゃありませんか!

春だから、
うそつきから、自分の色、濃い濃いの自分に大変身!
ってきっかけ、悪くない感じがしませんか?

Adept Mentor 島津相談室

霊能者 悩み 相談
EDIT  |  11:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.04/08(Wed)

【だんな様は霊能力者】 パワーの島 

ハワイに行って元気になると感じる人は多いみたいですね。

「あんなにエネルギーに溢れているところだとは思わなかったね」
と言うのがだんな様と私の感想。

どうやら、パワーの源は有名になっているあちこちに存在する
パワーストーンだけでは無いらしいのです。

「島全体が、エネルギースポットみたいなものさ」

そんなハワイでも有名になっている場所というのは、
まさにダイレクトにパワーが集まっていました。

ハワイに行くにあたっても偶然を楽しむために、
何の計画も立てず、行ってからの気分で・・・
っていつものパターンなんですけどね(苦笑)

そして偶然に知ったプライベートツアー。
そのドライバーが空手をやっていた事から、
話が盛り上がり、その上、
「いや~、パワーストーンってどういう効果があるんですか?」
と案内した彼がだんな様に聞くというなんとも不思議な光景(笑)

「この次から、使わせてもらいます!」

きっと今頃、
「え~、この石は・・・」って説明してるだろうな・・・。

その彼が、今日は特別分かる人が居るからと連れて行ってくれた場所。
それが先日のだんな様のブログにのっていた写真の場所でした。

「普通は行かないんですけどね」

そりゃあそうでしょう。
細い道を数十分。
多分、知って居る人しか知らない(当たり前か・笑)
山の上のまさにパワースポット。

着いた瞬間に、だんな様は
「ここ、来た事ある」(ちなみにだんな様はハワイは始めてなので・・・)

私は、「ここ、建物みたいなものがたってたはず」と。

何で知ってるんだろ?と自分でも不思議なんですが。

ともかくは、このスポットの説明には250年前にテンプル(お寺)があって・・・
って書いてあり、それを見ただんな様と私は、
「いや、もっと、ずっと前からあるはずだ!」と。

兎に角、熱いのです。
立っているのが精一杯。
まるで、テニスコートの護摩壇のような感じでしたし、
そこから立ち登る火が巻き起こす風が、天に向かって舞い上がっている感じ。

だんな様は石の一つにコンタクトを取り、
そこがどういう始まりの場所かって説明してくれました。

「それも、使わせてもらいます」

いや~、彼なしでは今でも自分では行けない場所でした。

結局は、この場所に呼ばれたんだとは分かりましたが、
あまりのエネルギーの強さに、だんな様はその夜、凄い熱。
自分ではあまり意識していなかった様ですが、
近寄っただけで熱くて、まるで溶岩の塊の側にいるみたいでした。

大変!大変!
その熱を感じて、私は大騒ぎしてましたけど。

霊の話や、前世の話、その他の不思議な話。
「だんな様は霊能力者」の本の中には、
あまり書かれてないのですが、
実は、私にとってもそんな話はどこか日常になりつつあるのです。

そんな中でもこのパワースポットめぐりは、
だんな様にとってもとても驚きだったらしく、
「いや~、三日が限度だね。
これ以上居たら、体がもたん!」

・・・という訳で、それでも過充電状態の私達は、
半分、頭がぼーっとしたまま、帰国しました。
人間の体には、そのまま受け取ると、やけどをしてしまう程の
エネルギーのある島、ハワイ。

物事には限度というものがある。
と、痛感した旅でもありました。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  02:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/07(Tue)

【だんな様は霊能力者】 誰に話すか 

だんな様の話を聞いていて良く思う事。
それは、神や仏の世界や人間の世界って似てるな~って。

「似てるじゃなくて、神の世界や仏の世界が映し出されてるんだよ。
その逆も言えるけどね」

・・・って事は、そのまま。
・・・って事は、人間界を観察すれば神や仏の世界も分かるという図式?

ちょっとした自分勝手なお願い事を、この人間の世界を飛び越して、
うっかり通してもらったりすると、ちょっと大変かも~なんて、
慌ててみたりしています(爆笑)

だって、「うちの子が・・・」って、教室で起こった事を文部科学省に
訴えるみたいなものだったりするかもね~なんて。
(気が付くと、私の具体的な例は、教師経験に戻ってしまいますね・笑)

そりゃあ、言い分を聞いてくれたら、それに越した事はない。
でも、きっと「どうして、こんな事をそのままにしておいたんだ!」みたいな話が、
県の教育委員会に、そして、校長に、そして、担任に・・・。
正しい内容にも関わらず、その学校に通い続ける子供の居心地を考えると・・・って。
ちゃんと、話をしてくれれば言いのにと、もしも私が担任だったら思ったりするだろうな~。
・・・あくまでも、全部、想像です・・・。

正しい事をどう通して実現するかって、その後に大きく影響するものですものね。
実現したけど、こんなはずじゃなかったって事も沢山ある。

「こうしてください」って事を神様や仏様にお願いする時、
私がとても慎重になったのは言うまでもありません。

で、考え出したのが、その1「宣言法」
「お願い」ではなく、「私は、こうしたい」「私は、これからこうしようと思います」
まあ、その努力や気持ちが合格点になればきっとどこからか助けが
来るかも知れないし、それは、神様や仏様に判断してもらう事にして・・・。

ちょっとした事は、お願いにしないで、

その2 「ちゃんと相手に話しかける」

ハワイに突然出かける事になったのは良いとして、
この桜の一番きれな時期を見逃してしまうことがちょっと心残りだな~と。
「桜が見れますように」ってお願い事をしても良かったんですが、
桜の木に話しかける作戦!
相手が人でなくても大丈夫・・・って言うか、能力者ってふつ~~に
色んなものに話しかけてるんですよ。

「綺麗に咲いてる姿を見たいわ」

戻ってきたら、ちゃんとその姿を見せてくれて、感動です。
当たり前の事のようですが、桜って本当に一晩で散ってしまうものですものね。

そして・・・もしも、神様や仏様と話をしようと思ったら、
まず会いに行くだけで、「修業」だわ~と思います。

例えば、
社会のシステムがおかしいと国のトップに会いに行くと想像してみてくださいませ。

という訳で、ハワイの神様に会いに行ったのは良かったのですが、
その時のエネルギーの大きさと言えば、想像を遥かに越えていたらしく、
それを全開で受け止めただんな様は、今でも受け取ったエネルギーの
コントロールに時間がかかっているらしいです。

私も体のあちこちが痛い・・・(涙)
初めは、空手の審査の後だからと思いこんでましたが、
幾らなんでも長引きすぎです。

という訳で、「呼ばれる」って感覚で「呼ばれて」会いに行く時は、
それなりの準備と覚悟が必要だと実感した次第です。
まあ、準備と言っても知らない内に準備させられている事が多いそうで、
覚悟と言っても、幾ら覚悟しても相手が相手だけに、
その覚悟が十分だったと思う事は、まずありそうにないですが(苦笑)

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  02:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.04/06(Mon)

【だんな様は霊能力者】 謎とき 

数日前に出張から戻ってきました!
昨日ブログを書いて、やっとUpしたと思っていたら、下書きのまま(苦笑)
という訳で、本当に再開します!


「なんだか気になるんだよね」
だんな様がそう言い始めたのは、多分一ヶ月ぐらい前。

何でハワイなんて気になるんだろ?と私は心の中で思ったりして。
私は、今までに何度かハワイに行った事があるんですが、
それは、たまたまハワイに居る知人を訪ねるって理由があったからで。

逆に、だんな様が行きたいと思っているところは、
ハワイの他にも沢山あるのに・・・。

しかし、呼ばれたからには行くしかない!
そう!誰に呼ばれたのか、謎ときをしないとね。

行ってみてしか分からないのですから・・・。

以前に行った時のイメージとは全く違うハワイ。
きっとハワイ自体は何も変ってないと思うのですが、
そこから感じるパワーはなんとも・・・凄いとしか言い様がありません。

「はっきり分かった事の一つはね、
ヒーリングが必要な土地だって事」

火の国、神の国。
これだけのパワーが溢れている土地に人が住めばどうなるか。

簡単にパワーが欲しい・・・なんて思ってしまいますが、
皆、その入れ物の事はすっかり忘れてますもの(苦笑)
・・・つまり、体にそのエネルギーは収まりきれないのです。

現に、だんな様もハワイの土地から受け取ったエネルギー。
「未だに、すこしもてあましてるよ。
馴染むまでにもう少しかかると思う・・・」

ハワイの癒しが日本でも取り上げられていますけど、
ある土地にあるものは、ある土地で必要とされて出来上がったものも
多いのかも知れないな・・・なんて思ったりもします。
(日本の風土でどうかという事については、まだよく分からないのですが)

ともかくは、呼ばれた相手は偶然が偶然を呼び分かりました。

だけど、こうした「呼ばれる」という謎ときは、相手が相手だけに、
次に来る「何故、呼ばれたのか」という理由って当然知りたくなるものですが、

それがね・・・

そんなに簡単には、分からない事も多いんですって!

「この前分かった事なんて、30年前の謎解きだったもんな・・・」

あらら・・・・。
何故呼ばれたかの理由って何となくは感じるらしいのですが、
「ああ、そうか」って腑に落ちるまで、どのくらいかかるかはこれまた
宙に浮かしておくしか、今の所はなさそうです。

それでも、神と人が見事に同居しているハワイ。

「一つのマンションに神も人間も一緒に入ってたら、大変だものね」
という私に、
「そりゃあ、普通じゃいられないよ・・・。
エネルギーレベルが違いすぎる」

この辺りについては、また明日、続きを書くことにしましょう。

いづれにしても、暫くお休みしましたブログも再開です。
お休みの間にも沢山の方にコメントなどいただきました。
とても嬉しく思います。

とりあえずは、無事に帰って来た事をお知らせします!

Adept Mentor 島津相談室

霊能者 悩み 相談

EDIT  |  01:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |