2009.06/30(Tue)

【だんな様は霊能力者】 夏越の大祓い 

この前の日曜日は、夏越の大祓いの行事をしました。

そう、一年がちょうど半分という訳で、一回、お掃除!という事です。

本当は、6月30日に行うのですが、平日という事もあって、
28日に・・・って事は、お不動様の縁日・・・
そして、月例会も?と、この何年もこんなに重なった時はありません。

神様と
仏様と

そして、人間が・・・

一日に一箇所に集まるとなると、当然、凄い事になるだろうと
予想通りの一日でした!(苦笑)

よく、
神様と仏様、どちらをお祀りしたらよいのですか?
とか、
私の家は、神道だから、仏教だから・・・とか。

色んな質問がだんな様の元にも集まりますが、

「だって、仏教が入ってくる前にも先祖はいるでしょ?」
が、だんな様の答え、その1です。

先祖がいるかどうかだけが神様を祀る理由ではないのですが、
供養って事を、深く考えると、ずっと、ずっと、先の先祖まで。
その先祖が頼っていたもの、祀っていたものと考えると、
しごく当然の事なのでしょう。

それに・・・
人間が住むずっと前から、土地はあった訳ですから、
その土地を住む場所として、最初に収め、そして、
今も住める状態だとすれば・・・
その氏神様に挨拶をするのも当然だとだんな様は言います。
これが、答えその2です。

昨日のブログに書いた、「正しい神に頼りなさい」の
一番身近で、一番間違えないのは「氏神様」
何しろ、貴方がそこに住んでいる事が何よりの証拠ですものね。

過去の歴史を忘れないで行く事は、きっと学校での歴史の授業の
中でだけではないと思うのですが。

そして、答えその3。

「信仰する神様は、また別で良いんだけどね」

自分で足を運び、自分で区切りをきちんとつけながら、
会いに行く神様。
そこまでして会いに行くなら、「本物」に会いに行きたいものです。

う~~ん、それにしてもこうやって書いていると、
益々、あの「おみくじ」の意味の深さを感じてきてしまいました(笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/29(Mon)

【だんな様は霊能力者】 おみくじ 

旅行に行くと、必ず神社やお寺に行くのですが、
はたまた必ず、行く先々でおみくじを引きます。

「神様や仏様の声を聞くのに、便利ではあるよね・・・」
と、だんな様。

とはいえ、必ずだんな様にはその解釈をしてもらうのですが。

「歌の部分が一番大事」

神様や仏様の言葉は、歌として伝わるのが一番、
伝わり易いらしいのです。

今回も、北陸への旅の間、4つのおみくじを引きました・・・。

「みんな同じ事しか書いてないよ(苦笑)」
と、だんな様は言うのですが、もしかしてって事も?
なんて、思ってしまうのが私。

結局は、慌てず、騒がず、心静かに、今やっている事を
続けなさいと言う、「同じ」内容のおみくじでした(爆笑)

けれども今日の夏越の大祓いでも数人の方に
おはなししたのですが、その一枚には、
だんな様となかなかこんな事、おみくじに書かないよねと
大笑いした事がありました。


そのまま、原文を載せましょう。

「願いがあるなら親御に頼め、国の御祖の神様に

人間が力を尽くしてなお力の及ばぬ場合、神の力に御たよりするは、
止むにやまれぬ自然の心情である。だが神と名のつくものにも
いろいろある。溺れた時、ワラを掴んだのでは役にたたぬ。
正しい御おやの神様の御いつくしみの御手にすがらねば駄目である。」

「神にも色々あるんだって!」
と、私。
「へぇ~、こんな事書くんだ・・・」

「確かにね・・・。
頼む相手は、ちゃんと選ばないとね・・・」

・・・といった、相談も最近あり、先日、「頼る」という内容のブログを書いたばかり。

今日は、6月も終りに近づき、半年の祓いをする日でもありました。
人間、生きているとそれだけで、いろんなものをくっつけるものです。

ちゃんとリセットして、ちゃんと前に進む。

そんな祓いも、神が色々いるのなら・・・。
日ごろが肝心!と心しながら、すっきり一年の後半を
過ごせるように、沢山の皆さんと一緒に、すっきりしました!

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 旅行 

暫く、旅行に出かけてきました。

今回もいつもと変らず、「ちょっと出かける!」という
だんな様の一言から始まりましたが、
何かに呼ばれた・・・って、感じでもないかな?と。

と、思っていたのですが、今回も面白い事が起こり、
その中の大ヒットは、いつも、出かけた先で何度もひく
おみくじでした。

その内容は、明日、詳しく書く事にします。

なにしろ、この半年の締めくくりらしく、
ちょっと、ばたばたしております!

では、あした!(書けるカナ????)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 実現力 

今日も空手に行ってきました!といつもの始まり方で
申し訳ないのですが、練習は、何故かどんどん
激しくなっている様で・・・(苦笑)

「あちこちにあざが出来て」と私。
「そんなに激しくやっているつもりはないんですけど」

「・・・十分激しいです」と師範からも言われてしまいました。

と言うのは、いつもだんな様にも同じ事を言われて、
「え~、そんな事ないわ~」と抵抗してましたけど、
ここまで来ると、仕方ない・・・認める事にします(笑)

来月は、また昇級審査を受ける事にし、
「受ける人いますか?」
「受けます!」

こうして、私は自分で自分の首を絞めつつ、
自分で自分を追い込んでみたりしてます。

言ってから、努力する・・・しかない状態。

これって、結構、あり!だと思うのです。

今日初めてお目にかかった方の発想力と、
そして何より行動力にはおどろきました。

お話をされるこれからこうしたいという内容。
だんな様の元への相談にはそうした話はつきものなんですが、
どの話も大変リアルなのです。
すでに実現した話に聞こえるから不思議です。

「実現する話には、ちゃんと筋が通っているんだよ」
といつもだんな様が口にするのですが、
まさにその通り!のお話ばかり。

そして、もう一つとても大事な事ですが、
その見えている完成図のプロセスの中に、
全部、自分がいる・・・仕事の相手がいる・・・
難しいのですが、そんな感じです。

実現しそうで、実現しない。
ゆめの様に聞こえるけど、実現してしまう。
そんなパワーって、本当に頭の中で考えた事を
ちゃんと実現するんだな~って、つくづく思いました。

「あの人の話って、いいアイディアばかりなんだけど、
梯子をかけて登らなくっちゃって感じなんですよね~」
と、これは、なかなかアイディが実現しにくい話を聞いた
ある人の感想。

「アイディアを実現する力って・・・なんだろ?」
と、ふと私。

「最後は熱意」
と一言、だんな様から返事が返ってきました・・・。

確かに熱意の塊のような方でした!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/23(Tue)

【だんな様は霊能力者】 頼る気持ち(2) 

頼りすぎても駄目。
頼らなくても駄目。
これって、本当に難しいバランス感覚を必要としますね。

頼りすぎている・・・という表現は、自分ではなくて、
外から見れば、よくわかるのに、本人は気が付いていない事が多いのです。

なんとな~~く、困ったときに
なんとな~~く、助けてくれる人が現れて、

まあ、なんてラッキーな人でしょう!と思いますが、
頼るのが当り前、
助けてくれるのが当り前。
いつの間にか、そんな感覚が身につきます。

いや、今日はちょっと厳しい目で観察した結果を報告させていただくと(笑)
こんな人達は、見事にその「頼る」を
まるで、「あなたがそうしたいんなら、そうしてくれても良いのよ」状態に
もって行きます(あら~、本当に厳しい表現です)
でも、本人にとってはこのプロセス、すこぶる自然な流れなのです。

で、ずっと自然なら、きっと、どこかでそれをお返ししているのでしょう。
それは、ちゃんと感謝する事だったり、
ちゃんと、お礼を言う事だったり、
相手が困ったときに助けてあげたり。

でも、昔から、借りたお金はすぐ忘れ、貸したお金は忘れないと言われるように、
(あら、現実的な言葉ですね~笑)
やってもらっている感覚のない人達は、どんどんどこかで、
やってもらう事を積み上げてしまうのです。

最後までいい人だらけなら、これでも生きていけるのでしょうけど、
その内、相手も人間ですもの、どこかでそのバランスの悪さには
気がつき始めます。
「なんだかね・・・」と。

人の気持ちと言うのは、正直で、すこしでも疑問に思い始めると、
そこから先は、どんどん、物事が見えたりするので、
こうしたちょっとした気づきから、「やっぱり変だ!」と
結論をつけるまで、そんなに時間はかかりません。

それでも、良い人を続ける人もいますが、
やがてそれにも限界がくるのでしょう・・・。

今まで当り前だった、「貴方が助けたいんでしょ?」という人が、
一人減り、二人減り・・・。
気がつくと、周りは「助けてくれない意地悪な人達だらけ」に・・・。

何で皆こんなに意地悪なの?って思ったりする時に、
ふと、助けに見えるものが現れたり・・・と、
あら、あら、どこかで止めないと、どんどん先に進んで行きますね。

だんな様の仕事も、基本的には色々な問題を抱えた人達。
だから、みんなきっと、頼るって図式があるのですが、
ここがまた、難しいところでもあるな~って思います。

「だから、最後は自分で出来る様に、自立出来る様にアドバイスしないとね」

自分で出来る様になって、ここを卒業なら、大歓迎!喜ばしい事だと。
そんな人達が、「頼る人」から「頼ってもらう人に」なればいいなって、
二人で話しをします。

「頼る」も「頼られる」もバランス感覚が命の様ですね。

Adpet Mentor 島津相談室バーナー3
EDIT  |  03:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 依頼心(1) 

「頼る気持ちって誰にでもあるけどね・・・」とだんな様。

「ハラを括る」シリーズはちょっとお休みして、
(って、まだ続くかどうかも、自分で分かっていませんが・笑)

誰にでも頼ってしまうって、とっても危険だと言うのです。
まあ、それは性格にもよりますから、
人の助けなんか絶対にいらない!なんて思ってたりって事もあるでしょう。

「でもね・・・それは、それで、誰かに頼って生きているんだよ」

一人っきりで生きていけるようになりたいとある青年が言った時の
だんな様の答え。
「君が着ている服だって、誰かが作ってくれて、
君が食べるものだって、誰かが育ててくれて。
一人っきりで生きて行くなんて事は、人間には無理なんだよ」

こうして、極端に拒絶するて、逆に何かの裏返しだったりするかも
って感じがします。

とはいえ、私も簡単に人に頼るのはあまり好きじゃないし、
だんな様はそれの何十倍も好きではないのです(あら~)
そこで、何でも自分でやる、やらざるを得ない状況が・・・。

「自分で、何屋さんだろ?って思う事があるよ(苦笑)」
・・・確かに・・・
会社の経営の話の相談を受けていたかと思えば、
PCの設定を教えたり、
あら、今度は、デザインの相談ですか?
って具合ですから、見ている方だって、一体何屋さん?と思います。

何でもやるは、何でもやると決めるという「ハラを括る」シリーズに
入れなければならない話になって来てしまいました~~~(笑)

話を戻しましょう!
それにしても、安易に何かに頼るって、実はとっても危険だと、
気がつき始めました。

誰かがいつも助けてくれる。
誰かがいつもすぐに教えてくれる。

そんな状況は、目の前の事を通り過ぎるには、とっても「楽」

・・・でも、いつかは自分でやらなくてはならなくなる時期がくるのです。

あるいは、教えてもらってばかりの相手から、
そういう存在としてしか、見てもらえなくなる・・・。

安易に頼るって、自分には都合が良い感じがするのですが、
やがて、その自分がどこにあるやら、わからなくなる・・・。
そんな事で困った方々を見ながら、

ひょっとして・・・心も、体も、自分でしか鍛えられない?
当たり前の事ですが、「鍛えると言えば、体力」みたいな
公式が私の中にあって、体は比較的目に見えて、
何かをやると、筋肉が付いたり、体力がついたり。
分かり易い!

でも、心って鍛えているかどうか、鍛えられているかどうか、
なかなか確認しにくいものですものね。

依頼心って、車椅子みたいなものかしら?なんて。
その時は歩かなくて済むし、楽なんだけど、
誰かに押してもらわないと、進む方向も自分じゃ決められない。
いざ、それに我慢出来なくて、自分の足で歩こうとすると、
もう、歩くだけの筋肉はいつの間にかなくなっていたり。

心も、体も、結局は「自分」で経験したものを「蓄える」のかも?
なんて思ったりします。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 ハラを括る・・・その効果3 

今日はだんな様の弟子達が瀧に行ったそうで。
え?私ですか?
違う修行をしています(笑)

何を好き好んで瀧に入るんだろ?と言うのは、
今でも私の疑問だったりする部分もあるのですが、
きっと、ハラを括って、違う自分に会えたりするんだろうと、
今度、今回参加された方に会うのが楽しみです。

とはいえ、この「ハラを括る」という事って、

「括るとか、括らないとか考えている余裕もない」
状態だそうで、今日は、まさにそんな気分です。

あるきっかけで、「私、翻訳やります」と言ったのですが、
ちょうど、ある本の翻訳をする人がいなくて困っているとの話が
一ヶ月前ほどに舞い込んできました。

「来た仕事は断らないは、原則だよ」と、冷静にだんな様が・・・。

「でも・・・」と迷いつつ、本当に困っている状態を知るなり、

「やります!」(ああ、ハラって括らされるものなのね~)

でも、考えてみれば、自分で言い出した事でもある訳で、
「やりたいです」と言った時に想像してたハラの括り方と、
「やります」と仕事を引き受けたときのハラの括り方だけでも
天と地ほど、違ったりします(あ~~~)

そして、また翻訳中に頭をよぎるのです。
「ああ、こんな訳、誰かが見て、え?とか思うかしら?」

そんな時は小さな、小さな、ハラを括るって事を繰り返して、
え~~い!と、先に進んでしまいます。
(私って、楽天家・・・という程余裕はないのですが・涙)

それにしても今日は、その翻訳で、はたまた、ハラを括る連続。

この本とやら、全く使える物は何でも使うという(失礼)状態で、
マヤ文明からエジプトのピラミッドの話でφが出てきたと思えば、
今日は、ニュートンから、アインシュタインの相対性理論まで。

一体、何回、ハラを括ればいいのでしょう状態です(涙)

と言う訳で、ハラを括ると、本当にハラを括るまで、
どうやら何段階かあると気がつきます。

ハラを括る・・・その効果(3)に入るかどうか微妙ですが、
この段階、余りに繰り返されるので、
想像を遥かに越えて、永遠に見えます。

でもきっと、これを繰り返す内に、

この段階が飛び級できるようになり、

やがては、ハラを括る必要さえなくなる・・・

と、なればいいな~と、今日は「効果」と言うより、
「希望」に近い、ハラを括る効果その3でした!


Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ハラを括る・・・その効果2 

ここの所、だんな様との話題の中心は、
「なぜ、ハラを括れないのか」だったりします。

「やる時は、やるしかないのに、どうして括らないんだろうね」
と、さすがのだんな様もここばかりは、疑問だそうで、

「う~~ん、そこまで皆、考えているのかしら?」と、
ふと思う私の言葉に、

「結果を出している人は、どこかでハラを括っているのさ」
ただ、必死でひたすらやっているから、ハラを括った事さえ、
自分がどうやったかさえ、思う、振り返る、余裕さえない。

「ただ、ひたすら、必死なだけなんだけどね」

よく、だんな様が「どうして、あの時、こんな事を聞いたんですか?」
なんてカウンセリングの中での事を弟子に聞かれたりします。

「う~~ん、正直、わからない(苦笑)
見て、盗んでもらうしかない」と。
毎回、毎回、どんな内容の相談でも、ただひたすら、
その人が元気になるように、いや、それさえ意識してないそうで。

と、書くと、ハラを括ったらこんな効果があります!なんて
トピックが虚しく響きます(あら~)

ただ、やっぱり、同じ事をするにもハラを括った人と、
そうでない場合には、その結果に明らかに違いがあるのを
こう何度も見ていると・・・。
違うものは、違うし、括るだけの事は必ずあると思います。

で、その効果2ですが、ハラを括ると、「偽者が分かる」
ハラを括って何かを始めると、一時期、何故かそれに
群がるように協力者が現れたりします。

イメージで言うと、ハラを括った瞬間って、その人は光ってる。

光に引き寄せられるってありますからね。
で、協力するといってくれている人の中にも、色々ある訳で。
純粋にそう思う人も、
これは何だかおいしそうだと思う人も。
どちらにしても、自分が括った目的に進む助けであれば、
究極、相手の気持ちは関係ないと思いたいのですが・・・。

易きに流されて、その助けを受け取ってしまうと、
何だか違った結果に進んで行ったりするみたいな気がします。

それに何より、自分が真剣にハラを括っていれば、
そうした助けが自分にとって(あくまでも、自分にとってですよ!)
本物か、偽者か、ちゃんと分かると思うのです。

「仏様や神様なんて、そんなに簡単に願いなんてかなえてはくれないよ」

むしろ、簡単に叶えてくれるというものが現れたら、
「用心しなさい!」だそうで。

それは、現実の世界でもそう。
簡単に、お金を貸してくれるとなると、普通は用心しますものね。

ハラを括る事で見えてくる世界って、どうやら、同じ世界に生きていても
違って見えるようですね。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 ハラを括る・・・その効果1 

まだ、まだ、「ハラを括る」シリーズが続きます(笑)

あ、お気づきかも知れませんが、「ハラをくくる」
のハラの感じは、腹ではないそうで・・・
常用漢字ではないので、PCでは簡単にでてきませんので、
カタカナで表現しています。

ちなみにだんな様のブログを読まれている方には
お分かりいただけると思いますが、明らかに漢字の使い方は、
私と違うらしく、どんどん簡略されていく「漢字の世界」に

「何だか、意味がどんどん失われていくよ・・・」
と、嘆いております。

「漢字って、よく見るとその成り立ちから深い意味がわかるんだけどね」

簡単になってしまった漢字からは、その匂い見たいなものが消えて
しまうのでしょう。

あ、またまたちなみに、これってアルファベットを使う英語には
こんな感覚ないと思われている方もいるかも知れませんが、
語源を引くと、かなり、この感覚と似ています。
フランス語から入って来たとか、
ラテン語から入って来たとか、
こんな理由もあって、ヨーロッパ圏の人達には英語は
比較的馴染み易いのでしょうけど、
今度は、漢字を覚えるのに苦労するみたいで、
「どうやって、あの数の漢字を日本人って覚えるの?」と
不思議に思うそうです。

・・・と、また、話がそれてしまいましたが、
そうそう、ハラを括る・・・でしたね。

大体、「ハラを括る」必要なんてあるのかしら?
なんて、思ってしまいますが、実際にそういう姿勢で生きている人を
よく観察すると、幾つかの事が分かります。

その一つ目は、
「ハラを括っている人には、オーラがある」

で、このオーラ(と、私には見えますが)とやら、
余計な雑音を消してくれる気がします。

例えば、一流の選手なんて、今まで人がやった事がない
そんなやり方をするから、一流になる訳で、
でもその結果が出るまでの間、きっと周りの人は言うでしょう。

「そんなやり方、今までかつて成功した人はいない」とかね。

中途半端にハラを括ってると、こんな雑音に振り回されてしまう・・・。
それでも、勝手な(爆笑)意見を言う人は言いますから、
ゼロにはなりませんが、簡単に意見をできない雰囲気って、
ハラを括った人の周りにはあるって思いませんか?

人の意見を聞かせてもらうのは、とても、とても、大事な事ですが、
一つ、一つ、聞いていると、あっちに迷い、こっちに迷い、
その内、ハラを括った事さえ、迷い始めたりします(あはは)

余計な雑音が消える、これだけでも、結構な効果だと思うんです。

「人の言う事を一つ一つ聞いても、最終的には誰も責任を取ってはくれないよ」
と、だんな様はそう言う中で悩んで、ぐるぐる回っている人に言います。

「自分がこうしたい」と言う事さえ分からないって、聞こえてきそうな・・・(あはは)
それなら、「したい事を絶対に見つける!」と「ハラを括る」ところから
始めては、如何でしょう?と思ったりします。

「なかなか、自分のためには括れないものだしね・・・」
と、だんな様が言います。
「自分の事だったら、まあ良いって思って仕舞うからね・・・」

何に「ハラを括る」か、見つけるところから大変だとは・・・。
結構、これって予想外です・・・(苦笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 腹をくくる(4) 

今日も腹をくくって行ってきました!
空手の練習・・・ですが・・・。

「一つ一つが、腹をくくる事だったりしますよね~」って、
道場で話をしました。

道場に行く事一つとっても、練習している間、
確かに辛かったり、苦しかったり、痛かったり。
どこかで「腹をくくらない」と出来ない事に思えたり
する瞬間も結構あります(苦笑)

腹をくくる事の中で見えてくるもの・・・って、
実は沢山あると思うのですが、その中の一つが、
「自分の実力」

空手にしてもしかり、
仕事にしてもしかり、
生き方にしてもしかり、

「ああ、今の自分の精一杯は、ここまで・・・」

・・・ならば、今はこれがなくても、あれがなくても
それは、それで、仕方がない・・・。

すっきり次に進めるのです。
今の自分の力で足りないならば、練習すればよし。
今の自分の力で足りないならば、頭を下げて助けを頼めばよし。
今の自分の力で足りないならば、一度きちんと棚上げにすればよし。

こうした、すっきりした姿勢が、きちんと次の段階へと
物事を進めて行くから不思議です。

ちゃんと練習する人には、相手になってくれる先輩が現れ、
ちゃんと助けをたのめば、そんなに真剣ならと喜んで助けてくれる人も出てくる。

そして、棚上げにしたものは、忘れないで実力が付いたら
もう一度、チャレンジすれば良いだけですから。

中途半端に悩むと、中途半端にしか進まないのね~。

これって、だんな様への相談をこっそり見ていて思った
秘伝に近いものだと思うんですけど・・・どうでしょ?

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3


EDIT  |  00:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 腹をくくる(3) 

「腹をくくる」って言葉の、表面上、聞こえる
大変そう・・・とか、苦労してる・・・とか。

そんな事とは裏腹に、実際に腹をくくっている人達の
なんと、潔い事!
腹をくくる前と後ではこれだけ違うのね~って。

「腹をくくるってそんなに生易しいものじゃないんだ」と
言えるうちは、

「まだ、余裕があるんじゃないのかな?」
と、相変わらず厳しい(笑)だんな様。

腹をくくるって、とても大きな決断って聞こえるかもしれないのですが、
例えば、
「これと、これを絶対に終わらせる」とか
「子供の病気をどうにか治したい」とか
「毎日、これをやると決めたからやる」とか

毎日の中にもちょっとした、心の動きの中で
その人の行動が決まっていくと思うのです。

しゃかりきになって、力任せに・・・というのではなく、
どうにかしよう、これは、あれは?
考えて、やってみて、考えて、やってみる。

「やれない事にどんないい訳も通用しない世界なんだよ」

なにより、自分が知っているのですから、
「あそこで、もう少し出来たかも・・・」という心が、
次の展開を見据える目を鈍らせてしまうのでしょう。

「・・・ってこんな事ばっかり言っているから、厳しいって言われるんだろうけどね」

確かに、だんな様は厳しい・・・否定は出来ないんですが(笑)
でも、その先に待っているのは、やる前に
「やったら、こうなるんじゃないかな?」という世界とは、
全く違う世界だったりします。

いつか、悟った人って悩まないのかな?って思った事があって、
ふと、想像してみたら、
「こんなに悩んできたし、今も悩んでいる」
ってどこからか聞こえてきた事があります。

きっと、同じ様な事では悩まないだけ。
きっと、今も悟った人は、次の新しい事に「悩み」、
そして、どうにかして糸口を掴もうとしているのかしら?と。

「立ち止まって、考えているつもりにならないように」

「頭で考えた世界は、バーチャルに過ぎないんだよ」

それを現実にする力。
それが「腹をくくる」事なのかな?

・・・って思ったりもします。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  11:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 腹をくくる(2) 

「腹をくくる」ってシリーズなの?
と、だんな様に聞かれました・・・・(笑)

いや~、そこまで考えてなかったんですけど・・・。

人の中には「腹をくくる」選択肢がなくても生きていけると思うのです。

ただ・・・やっぱり、だんな様の元には、ヒーラーになりたい、
霊能力者として仕事をしたい、スピリチュアルなものに関係する仕事
への質問は、少なくありません。

どんな仕事も始める時は、腹をくくったつもりでも、つもりじゃなくても、
腹をくくらないと通り抜けられない事が起こっているのです。
その選択肢に、そんな審査(→誰が審査委員なのでしょう?笑)が
されているなんて、全く気が付かないんですけどね。

「自分の精神が強靭である事」

それが、こうしたスピリチュアルな仕事には最低条件だと
だんな様は言います。

「だって、自分が揺れてたら、人は助けられないよ」

確かに、人を助けたいという気持ちは、少しぐらいは誰でも
持っているとは思いますが、これが仕事となると話がちょっと違うのでしょう。

「極端な話、ああ、これって自分の命を削るな・・・って思う時もあるしね」

腹をくくる場面に立った時、そうした恐怖に対してどう思うか。
殆どの人は、多分、本能的に「そこまでは・・・」とさえ考えずってところでしょう。
(これは、極めて普通の感覚だと思います。)

霊感のある人の中には、相手に全く同調出来るので、
それは、それは、本気で心配します。
相手がどう思っているかなんて関係なく助けようとしたりもします(苦笑)
腹をくくる意識さえなく、腹をくくる時間さえない状態(あら~)

「だからこそ、絶対に自分を失わない冷静さと、
相手の気持ちが、自分の事の様にわかるって言う状態が
同時にないとね・・・」
と言うだんな様も、

「振り返ると、腹を括っていた」派。

実は、本当に腹を括れるって、これ一派しかないのでは?と思うこのごろ。

「これから腹をくくって進みます」と、決心する。
でも、そこからが本当に腹をくくるまでに色んな試験が待っています。

自分がどんなに体調が悪くても、
自分がどんなに辛くても、
自分にどんな事があろうとも、

やると決めた事はやる!の一言しかそこにはないのでしょう。

「早く腹をくくった方が・・・」とか、
「腹をくくって進んでも、大した事ではないですよ」とか、
「腹をくくってもそのくらいじゃあ命までとられませんよ」とか、

背中を押す役割のだんな様。

未知の世界は確かに「腹をくくる」ほどの決心が必要に思えるかも
知れませんが、実際にくくってみると、
あら、これまでと全く違った価値観の世界が広がっています。

え?それってどんな世界ですって?

興味がある方は、腹をくくって、自分で扉を明けてみてください。
「聞いただけでは、その先は見えないよ」と、だんな様の言葉を
付け加えておきます!

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 腹をくくる 

良くある事では困るのですが、私に良くある事。
それは、ブログを下書きのまま、アップして、
ちゃんとアップされたか確認しないままって事が度々(涙)

このブログではないのですが、Mixiで記事を書き、
ポチっとボタンを押して、「これでいいですか?」と言う質問に
「はい」って返事をするのをわすれる(涙)

こんな事をよく繰り返しています・・・。
いやいや、人に何かを伝えるには、ちゃんと伝える形になっているか
確認も必要だと反省をしております、はい。

ところで、先日の「腹をくくる」って話。

どんなに普通な生活を送っていても、
どんな人にも起こる変化ってあると思います。

右に行くか、左に行くか・・・。
大体、悩むのは、どちらがより楽だろう・・・なんて、
考えてしまうのは当然ですが、
そういう選択の繰り返しで、「今」があるとなると、
その繰り返しの結果をしっかり見なくてはならない時期が
必ず来る気がします。

それが、職業だったり、結婚だったり、それから転職だったり。

大きな変化の手前には、そうした小さな、小さな、積み重ねの
自分が選んだ「選択肢」を通ってきているはずで、

「不満があろうとなかろうと、自分で選んだものだよ」とだんな様が言います。

そして、目の前に「これしかない」というものが現れたとき、
新しい事ならば、それはそれはチャレンジに思えたりします。

「やるときは、やるしかないんだから」

こんな事が起こるだろう、あんな事が大変だろう。
幾ら頭で考えても、実際に起こる事は、きっとそれを越えているはず。

「考えてたって始まらないよ~(笑)」
と、背中を押すだんな様。

そう、誰にだって「初めて」は必ずあるもの。

「この仕事を始めた頃も、毎回チャレンジだったな」と
振り返るだんな様は、今でもチャレンジの続きだと。

「だって、どんどん先に行こうと思ったら、チャレンジし続けないとね」

腹をくくるのに、色んな「想定」をしてみるって、ある意味大事かも知れませんが、
やってみなくては分からない事の方がどんなに多かったか・・・・。

それは、例えば高校に入る前に、高校ってこんなところって思ったのと、
自分が実際に過ごした三年間の違いを思い出しただけで、
あら~、ぜんぜん違うじゃない!
そして、中学を卒業して、高校に入る前の自分の目や頭で
幾ら、「こんな事がおこるだろう」って何年考えても、
多分、経験した通りに想像するのは無理。

ならば・・・
これから先の未来の選択も、頭で考えても想定外の事は必ず起きるのです。

「腹をくくってたつもりが、本当にはまだくくってなかった事に気が付きました(苦笑)」
新しくチャレンジを始めるだんな様の弟子が言います。

さて、新しい事を始めるのに「くくる腹」と、実際にやり初めてから「くくる腹」は
どうやら、レベルが違い過ぎるらしいです、はい。

「自分のためには、くくれない腹ってあるからね」とだんな様が
付け加えます。
誰かの為、誰かが困っているから、誰かの役に立つから。
そんな気持ちで「くくる腹」は、一度くくったら、くくった事さえ
忘れるぐらいでないと・・・でしょうね。

と言う私は、どうだったか・・・ちょっと振り返ってみると、
あら、やっぱり、誰かの為の腹は、考えもせずにくくってきたわ~。

この点では、異常なほど、はっきりしている私。
・・・って、今頃気が付いたの?って、だんな様にいつも言われます(苦笑)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 腹をくくると英語 

「腹をくくる」と「英語」って全く関係ないじゃない!って、
思われるかも知れませんね・・・。その通り(笑)
 
昨日のココでの話題の中心は、

「いかに腹をくくるか」
でした(笑)

それを書こうとしていたのですが、これは明日にして、
とても、とても熱心に英語についてのコメントを頂いたので、
今回はそれについて書きましょう。

そもそも学校の英語って本当に意味があるの?
教師にとってはとても耳の痛い言葉ですが、
教えている本人(←私)がそれを悩み続けました。

学校や塾でならった受験英語が役に立つ場面もあれば、
逆にそれが邪魔する時もあるので皮肉です。

それには色々な理由があるのですが、
正しく、話そうとか、書こうとか、
それに囚われると、出来なくなってしまう・・・。
なんて事もありますし、
今、わたしが書いているこの文でも、
このブログだから通用する表現でしかないのですから。

まあ、日本語で小説が読めるからって、
小説が自分で書けない事の方が多いと思うのですが・・・。

コメントの中では、イタリア語が好きだと書いてもらいました。
ならば、イタリア語をお勉強されてください。
英語なんて、仕事にしなければ究極なくても、生きていけます。
(・・・なんて教える側が書くのはなんですが・・・苦笑)

イタリア語が好き、だから勉強する。
それでいいじゃないですか。

一つ、語学を勉強する時に持つ幻想とでも言うのでしょうか、
勉強したら、何でもできるようになると思い込んでしまうって事があります。

ん?日本語で何でも出来きるか考えて見れば解ると思いますが・・・
どんな人とでも自由に楽しく会話する。
どんな映画や本でも凄く面白いと思う。
どんな文章でもすらすら書ける。

・・・なんて事は、あり得ませんよね。
単純に自分の想いを伝えるのに、
「日本語」を使ってやるか、「英語」を使ってやるか、「イタリア語」を使うか
たまたまある言葉を使ってやっているだけだと思います。

現実的な問題として、受験ってありますので、
これも何だか、英語は不当な扱いを受けている気が(あはは)
だって、あんなに数学できたのにとか
あんなに歴史や地理を勉強したのに、
思わない事もないんでしょうけど、英語に対する不満ほどではない
感じがいつもしていました。

御自分の息子さんには英会話を習わせた方が良いかと
お悩みのようですが、それよりまず、「英語が普通に道具として
使われている場面」を経験するチャンスがあれば理想的ですよね。
その上で、学校での英語の勉強が活かせればなと思います。
学校での教え方も教える内容も、
真剣に教える事を研究する中で、
どんどんバージョンアップしていますから、
授業もきっと、昔よりずっと工夫されてきているはずだと思います。

・・・と長々書いてしまいましたが、
この話題について私に語らせると長くなります(爆笑)

簡単に言えば、言葉は道具だとちゃんともう一度頭に入れて・・・
英語で何をしたいのかを具体的に持って・・・
後は、腹をくくって、何があってもマスターする方法を
何が何でも見つけ出す!
(これは、英語に限らないと思いますが)

あ、やっぱり、「英語」と「腹をくくる」には関係があったかも知れません(笑)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2009.06/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 心が通じる(1) 

最近良く思うのは、心が通じるって、電話をかけるみたいだ・・・って事。

心を込めて、仕事をする。
心を込めて、相手と付き合う。
心を込めて、一つ一つの作業をする。

「ちゃんとやってます」という人達のお話を聞くと、
それは、それは、ちゃんとやってる姿に感動してしまいます。

今日の、「ちゃんと仕事をしています」の「ちゃんと」は、
昔、美容室をされていた方のお仕事のお話。

「シャンプーの間にお客さんが気持ち良くて眠ってくれる仕事をしてました」

カットの技術が少し足りなくても、
お店が少し古くなっても、
いつも、いつも、繰り返しお客さんが来てくださっていたと。

「このお話だけで、これからも仕事をされたら必ずうまく行くとわかります」
だんな様を含め、その話を聞いた全員がそう思ったと思います。

勿論、それを第一にしても繰り返しこられるお客さんも
そうでないお客さんもいらしたでしょう。

「それは相性の話だから」

そう、心が通じるって、
電話をかけて(心を込めて仕事をして)
相手が電話を取って(それを受け止めてくれて)
そして、始めて一つの「会話」「心の交流」が成り立つ・・・
そんなイメージが頭の中に浮かびました。

「どんな良い仕事をしても相手に伝わらない事はある」

その時に一体それが、何が原因なのかを探るのは、
真剣に仕事をしていれば、している程、
こだわれば、こだわるほど、
見えていたはずの、「自分の仕事」が見えなくなったりするものですよね。

その時に、
電話をかける時間がずれているのか。
(だって、仕事にでかける人にその時間電話しても通じる訳がないし・・・。)

本当に正しい電話番号にかけているのか。
(心を通じさせようとしている方向が間違っているかも知れないし・・・。)

時には、全くタイミングが悪い時に電話をかけてしまうかも知れませんものね。
(・・・これは、致し方ない!かけなおすしかないでしょう・・・笑)

そこは、きっと、電話をかける側の責任かも知れません。

「幾ら、自分で良い仕事だと思っても、伝わらなければ意味がない」
と言い放つだんな様は、自分で
「超現実主義だから(笑)」と自分の事を分析します。

どうやったら、「相手がとってくれるような電話をかけるか」
こうした姿勢が「妥協」と響く人も居るかも知れませんけど・・・。

仕事をする時の姿勢って、同じ事をするのですが、
その向こう側にある「意識」でこれだけ結果が違うのね~と、
いつも、いつも、思います。

Adpet Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

2009.06/11(Thu)

【だんな様は霊能力者】 学び方(4) 

一度自分が教える側になってから、
教わる側になるって・・・結構、勇気が必要なものです。

けれども、敢えて、それをやった後って、
教え方も、教わり方も変るものなんですね。

「教わる側の仕事ってあるからね・・・」

通り一遍の事を教えてもらうには、教えてもらう人の中の一人でも
構わないのでしょうが、本当に、本当の事を教えてもらいたい時、

本当の事を教えてもらえる人である必要がある。
と、だんな様は言います。

「教えてもらう人から、引き出すって事が大事だよ」

目の前にいる人から何を引き出して、何を学ぶかって、
相手が大きい人であればあるほど、
習う側の姿勢が問われるんですね~。

実は、教師になりたての頃、私も含めて、この問題は
いつも先生の間でも、意見が別れるところでした。

「本人が教わりたいと思わないと・・・」と言う人と、
「本人を引っ張ってでも、教えるべきだ・・・」と言う人。

これは、生徒に対してだけではなくて、先輩と後輩にあたる先生同士でも
いつも、いつも、問題になっていました。

どこまで教えて、どこから教えないで引っ張れるか・・・。

今の学校の現場では、「その気にさせる」って、
徹底的にやってしまうので、どうしても
「教えられるのを待ってしまう」って癖がついてしまうらしく。

「僕たちの頃って、教えてもらった事はない。
全部、自分で盗んで覚えてきた」と主張する先生と、
「待っていても、真似までして習おうとする人は今時いないんだ」
と主張する人と。

う~~~ん、答えは、どこにあるのでしょうね(苦笑)

「どこかその間」

迷うときはいつもそう考える事にしています。
どちらか一方が答えだと言う目で探すと答えってなかなか
みつからないものですから。
きっと、その両方が引き合えば、もっとお互いに
引き出せるのでは?と思ったりします。

あ、ちなみに秘伝とか秘訣って、

「本に書いてあるわけないだろ(苦笑)」
と、だんな様が言いますが、考えて見れば当り前。
皆が知っていれば、「秘密」でも何でもなくなりますから。

「もし、書くとすれば、読む人が読まないと分からないように書いてある」
だそうで、暗号とか、「いかにも」って感じでも何だかちょっと
違うかもと思ってしまいます。

多分、秘伝や秘訣は、文字に出来ない「何か」が
きっと一番のエッセンスなのでしょう。

本当の深い秘伝になればなる程、
それに値する人かどうかって、
教える側が慎重になるのも当り前の事ですもの。

ちなみに、だんな様の弟子は、
よく粘り勝ちするな~と感心します(笑)

「教える」「教わる」って・・・。
きっと、直接教わる場面になる
ずっと前から始まっていると思ったりします。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  09:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/10(Wed)

【だんな様は霊能者】 前世療法 

だんな様の元に来る相談は、何故かとてもディープで、
その上、あるトピックがある事が多いのです。

「不思議だよね・・・」とだんな様が自分で呟くのですから、
まあ、あるトピックの集中講義みたいな感じになります。

例えば・・・ここのところのテーマになった事と言えば、

ある時は会社の経営の相談だったり、進路の事だったり、

ある時は先祖のつながりが複雑に絡んでしまった事で起こった事とか。

ある時は、霊感があって悩んでいる人。

そしてある時は、前世の記憶で困っている人。

みんなそれぞれ細かい事情は違うのですが、
トピックと言うか、原因に不思議と共通点があったりするのです。
そして、共通しているのは・・・どこかで「筋」が混乱している!
って、私の目にはいつも映ります。
順番と言うか、普通に進むありかたって言うか・・・。

表現するのに難しいんですけど、
それはまるでプラモデルの組み立てで、
どこかで順番を間違えて、
それ以上組み立てるのを続けられなくなったのに
どこか似ている気がします。

過去は、過去。
今は、今。
未来は、未来。

当たり前の事ですが、前世で原因で起こっている事は、
その上に何を積み上げようとしても、
ある地点まで戻ってしまうような感じがするのです。

「前世では・・・なんて話よく聞くけど、
究極、前世がどうであろうとどうでもいいのさ」

「どちらにしても、今、ここで生きている訳だしね」

昔の事を忘れていれば、ちゃんと「今」を生きられると思うのですが、
何だか、どこかが逆転してしまっていて、
過去の意識のまま、今を生きてしまうと、
やっぱり混乱するのですね。

妙に過剰反応してみたり・・・
そんな人が、「前世ウィーク」に集中!
「皆、前世の記憶があって、そのままのトラウマで生きているのかしら?」
なんて思ってしまう程です(苦笑)

「小学校の時の失恋を思い出して、今頃、悲しんでも仕方ないのと同じ」
と、だんな様が言いますが、
当の本人にしてれば、「その悲しみ故に今も誰も好きになれない」
みたな悩みになってしまうのでしょう。

さて、前世に問題があって、どうしてもある生き物が駄目という彼が、
それを前世ウィークに克服しました。

「もう、それが目の前にいても大丈夫になった?」
とちなみに私が聞いてみます。

「ええ、触りたいと言うところまでは行ってないですけど」
と、彼。

それは、それは、大きな進歩です!
だって、ここから帰る途中、その生き物に会ったと、
戻ってきて仕舞うぐらいの苦手さ加減でしたから。

その彼曰く、
「簡単に前世治療って話を聞きますけど、お勧めできません」
ときっぱり。
それを乗り越えるのは、想像を越えて心理的に辛かったそうで。

ああ、そう言えば私も高所恐怖症を治すのに、
一度、落ちたときの痛さや恐怖感って思い出したな~って。

でも・・・今を生きるために、それをやる必要がある人も居るんですね。

前に進む為に、
今を生きる為に、

「治療ってちゃんと目的がないとね」

治療の後って想像しにくいですが、思い出す価値のあるものと
そうで無いものもあるのでしょうし、なかなか厄介なものです。

それにずっと、ずっと、どこかで忘れていない経験なんて・・・
考えてみれば、余程、強烈だったに違いありませんもの。

Adpet Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 学び方(3) 

さて、さて、ようやく、この人になら・・・習ってみたい。
真似してみたい・・・と思う人に出会えたとします。

だんな様は、
「三年かけてもこの人だ!と思う人を探しなさい」
と言いますが、それでも三年で見つかれば見つかればラッキーらしく、
でも探し続けるしかないんでしょうね。

きっと、そこには習う側の「真剣度合い」が試されるような
時間も含まれているのかも知れませんしね。


ある場所で学ぶと決める、よし!やるぞ!って気合もあり。

その時に意外と邪魔になるのが(笑)
それ以前に自然と身についた常識・・・だったりするんですよね~。

勿論、新しい場所に入れば、違う事っ沢山あるのは当り前なんでしょう。
でも、どうしても・・・
「あそこでは違ったのに」
「ここのやり方はおかしい」
なんて思っちゃうものです。

「どうして違うやり方をするのだろう?何か理由があるのかな?」
疑問は疑問で浮かしておく・・・だったら良いのですが・・・。
どうしても疑問が起こるのは起こる。
自然に見についたものって結構知らない内に
自分の中にしみついているものですものね。

この典型的でわかりやすいものが、カルチャーショック。

外国に行って、色んな習慣の違いに驚くって経験。
きっと誰にでもあると思いますけれど・・・
例えば、トイレのドアをノックする。
「入ってますか?」って確認ではなく、
「いつまで入っているのよ!」という苛立ちを表すらしく(笑)

まあ・・・他にも沢山の戸惑う事ってありますが、
これはまだ「外国」=「文化が違って当たり前」
って公式がありますからまだ、わかり易い。
ところが、身の回りでもいつも起こると事の他、
動揺したりして、厄介、厄介(苦笑)

「そこには、そこのやり方があるのさ」

知らない内に身についたものは、
訳のわからない「拒絶感」に繋がったりします。

これがね・・・結構、しつこいんです(苦笑)

「学ぶと決めたら、一度、どっぷり浸かりなさい」
と、だんな様は言います。

おかしいとどこかで思い続けて結構だと思うのです。
でも、ある一定期間やってみないと「本当の理由」って
見えてこないもの・・・
ここでも「浸ってみるのに三年間」だそうで。

3年という年月は、いづれにしてもキーワードらしいですね。
そう言えば、学校って、この単位。
何気ないけど、良く出来てるのねと再確認します(今更!笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  01:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/07(Sun)

【だんな様は霊能力者】 学び方(2) 

教師になっても、どうしてか事あるごとに英語の先生は、
試験・・・みたいなものを受ける事がありました。

大人になってから「試験」を受けるって結構、
勇気が必要だったりします。
とても結果が気になりますもの、当然です。
先生なのに・・・なんて事になったらどうしようと、
怖かった事を覚えています。

それでも留学した時も含めて、色んな場所で「生徒」
になって沢山わかった事があります。
それは・・・学び方だったかも知れないと今になって思います。

「これは、どうしたらいいですか?」とだんな様の弟子が聞きます。

「見た事あるはずなんだけどね・・・(苦笑)」と、返事をするだんな様。

とてもとても言い古された言葉ですが、
「学ぶ」って、「真似る」から出来たそうで、
・・・しかし、真似るためには?

「ちゃんと観察しないとね」と。

こういう時に、何を観察するかって・・・。
それがとても大事だとも。

ああ、その前に、だんな様が良く言うのは、
「真似する人の近くに行くまでが大変だったね・・・」

色んな世界には、その世界の専門家がいるもの。
真似るためには、直接その人に会うのが一番大事だとも。

「だってさ、書物や言葉じゃ一番大事な事は伝わらないから」

こんな事どうして必要なんだろ~って思う基本を繰り返す中で、
少しずつ本当に「真似る」準備をしているんでしょうか。
そうやって、やっと本当に、真似る人の側で観察するまでが、
一段階だったりするんでしょうね。

まあ、さしずめ英語で言えば、こんな風に英語で話が出来る様に
なりたい本気で思う人とで会う事。
こんな人と話すためだったら、英語でもなんでもマスターしたいと
思う程の人に会えたら最高です。

「だから、誰から学ぶかって探すにはちゃんと時間をかけること」

お手本は、本当に大事なものだと思います。

・・・空手でも同じなんだろうなと思います。
例え、目の前にお手本にするにも程遠い人達。
時々、大きな大会を見に行く事があったのですが、
自分が始める前に「こんな感じかしら?」
と思っていた事と、同じ事あり、全く違う事あり。

自分がやり始めてから「見える」様になった事が
沢山あるな~って思います。
ってことは、まだ見えてない事も沢山あるって事でしょう。

「真似る」相手を探す・・・
「真似る」相手を決める・・・

これだけでも大変ですもの。
まさに「真似る相手」こそ、「引き寄せの法則」でも使って、
探したいものです。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.06/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 学び方(1) 

まずは自分でやる事!行動あるのみ!

そんなアドバイスって、その時は「そうだ!やろう!」
と思い立っても、いざとなると、
どう始めたらいいのだろう?
って、悩んじゃうって事もありますよね。

次に来る大体のパターンは、
素晴らしい事をやった人の話とか、テレビで見たり、
本で読んだり、はたまた、講演を聞きにいったり・・・。

本当に伝え方のうまい本や番組は、
ちゃんと心に届きます。
あ~素晴らしかった・・・
本当に凄い人もいるもんだ・・・

「殆どココで終わってしまうんだよな~」と
だんな様。
世の中で「文字」になったり、「映像」になったりする人達。
そんな人達って本当に凄いと思うし、憧れもする。

今日も世界を動かした日本人・・・みたいなテレビの番組を
偶然めにしましたが、本当にどの人も私の目から見て、凄い!

何年もかけて、ブータンに農作物が取れるように指導した人とか、
アメリカで移植手術で人の命を救おうとしている医師の話とか。

「凄い人って沢山いるのね・・・」と私。

「ほんとうだね・・・。
だけど、自分も本気でそうなろうとはなかなか思えないものだしね」

だんな様の言う本気は、本当に「本気」(爆笑)
う~~ん、どう説明したら良いか難しいのですが、

「凄い事って皆が思う事をやった人は、
実際に、凄い事をやったんだよ」と続けるだんな様の言葉に
あら、あら、益々混乱してしまいそうです(苦笑)

つまりは、そういう人達は、例えば
本を読んだ、誰かの映像を見て感動した、
それだけで終わっていない、ちゃんと行動したって事。

「それに、実際に始めてから結果が出るまで
やり続けたって事でもあるしね」

ああ、こうなると、凄い人に成るには、
凄い事をし続けるという当たり前すぎる法則を、
再確認してしまいます。

「でも、きっと本人は凄い事をやってるって思ってなかったんじゃない?」
と、ふと思った私。

「そう。本人にとっては、そうするのが当り前だったかも知れないね」

あこがれる様な人から、何をどう学ぶかは、
どうやらスタート地点に過ぎないようで(笑)
本当に学ぶってどう言う事だろう?と
再び、考え始めたところです (続く・・・)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2009.06/05(Fri)

【だんな様は霊能力者】 他の方法って? 

「好きな人はいるんですけど・・・」
大学生の彼、気になる人はいるの?
という私の質問にこう答えました。

そして、何か方法はないですかね・・・と続ける彼。

「ちゃんと伝えたの?」

「まだです」

あらら・・・。
思っているだけで、伝えてもいないけど、
どうにか方法はないって・・・。

ああ、ありました!
すご~~~く人気がある素敵な人になる事。
これは、究極でしょう。

この話を聞いていただんな様が、
「さっさと、会って、ちゃんと伝えなさい」と。

・・・と笑ってしまう話ですが、考えてみると結構同じ様な事やってるんですよね。
誰でも・・・。

「これ、うまくやれるかな?」
(やったらわかる)

「このりんごおいしいかな?」
(食べたらわかる)

「これって面白いかな?」
(考えている間に、やりなさい!)

括弧の中は、きっとこう言うだろうというだんな様の突っ込み(笑)

「大体、頭の中で考える事なんて、考えただけの事」

それを現実に「やり始めた」時に事が動き出す。
そんな感じがします。

相手の心が読めたり、解ったり、
そんな得意技をもってしても、「やった方が早い」と、
だんな様が言うとなかなか説得力があります(あはは)

それに実際にやってみたら、予想外の事が沢山あるかも
知れませんしね。

駄目だと思って告白したら、うまく行ったとか。
付き合い始めたら、あれ?違った?とか。
本当に自分が好きだったかどうかわからなくなったとか。

「人と人はちゃんとぶつかって確かめないと」

ぶつかるのが怖いという恐怖心って誰でもあると思うのですが、
その恐怖心で「ぶつからないように」進むと、
相手は存在さえ気が付いてくれないかも知れません(涙)

そう言えば、前に1度書いた事がありますが、
男性が車をバックさせようと助手席に手を伸ばします。
助手席の女性は、その手をよけようとちょっと体を反対側に。
男性は、そのちょっとした「避けられた」って事で、
「気がない」と思ってしまうというCM。

「これってあるよね」とだんな様。

「あるかもね・・・」

「でもさ、単純にちょっと手を避けただけかも知れないのにね」

・・・ふられたと思っていじける(笑)彼の態度は、どう考えても、
彼女には良い印象とはならない・・・
って、ここで本当は決定的になっている訳で(あはは)
つまりは自分が思いこみでそうしてしまう場合もあり。

何事も「確認!」「確認!」ってところでしょうか(爆笑)

こんな結論で良いのかしら・・・・?

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/04(Thu)

【だんな様は霊能力者】 記憶の整理 

記憶の整理っていつやっているんでしょうね。
毎日、毎日、時間を過ごしているだけの様に感じてますが、
実際は全部覚えているって話、聞いた事ありますよね。

「本当さ、ただ思い出せるかどうかは別だけどね」

例えば、繰り返してやるような運動。
昨日何歩歩いたかなんて、全然分からない。

だけど、一日過ごしたのですから確実に「歩いて」いて、
それは体のどこかに記憶されて、
だから、筋肉や神経がふつ~~に働いて、
あんまり意識しないでも次の日には、
普通に歩ける。

じゃあ、例えば頭の中で思った事って、どうなってるの?

・・・って事は一生懸命、多くの人が研究している話題の一つ。
脳科学なんて、その最たるもの。

霊能者の特徴の一つって、忘れるメカニズムが、ちょっと違うかも?
と、思う事があります。

だんな様なんて、この間ブログに
「昔なら、切腹ですね」とか書いていましたが(苦笑)
内容がどうとかではなく、私的には、

「何時代の人?」と言う驚き。

「自分でも昔の何かの記憶が凄く残っているって思うよ」

だから、「放火」ではなく、「付け火」だし、
「泥棒」ではなく、「ぬすっと」。
時代劇の中に出てくる言葉を聞きながら、
きちんと、それはきちんと訂正しています(笑)

昔の事を例えばどこかで覚えていて、
思い出せたら、どんなに便利だろ~。
・・・なんて思ってしまうもの。

でも、これって、必要以上に手元にあると返って
ぐちゃぐちゃって事にもなりかねませんものね・・・。

生まれてから今まで自分が着た服を全部持っていて、
その上、お店一件分の洋服をもらっても、
あら~逆に、どこになにがあるやら(苦笑)

「悩んでいる時って、そんな事が起こっているのさ。
だから、交通整理の手伝い・・・」
とだんな様は自分の仕事について言います。

人間関係も、生き方も、持ち物も、
そして、自分の記憶も・・・。

本当に「使う」「生きる」には、整理整頓!
捨てるときは、捨てないと、
私の記憶力では到底、整理できません(涙)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  11:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 忘れる 

昨日、シリーズで書いていた事じゃないトピックを思い付いたですが、
あれ?今日書こうとしたら、忘れてしまいました。
こういう時、私はどうにかして思い出そうとします。

「え~~っと、何だったっけ?」
こんなにモノ覚えが悪いのに(←自覚あり!)
その当たりでうっかり匂ってしまったものや、
うっかり影響を受けてしまった感情は、
しっかり覚えている!
なんとも、記憶とは思い通りにならない厄介なものです。

無理矢理思い出そうとする私に、
「思い出せないぐらいなんだから、大した事じゃないのさ~」
ってだんな様。

「たしかにね・・・」
と納得はしてみるものの、ブログのトピックを忘れたと言うのは、
大変損した気分になるもの(爆笑)

面白い事だらけの毎日の記録としても書いているのですが、
そう、そう、今日、道場で私のブログを読んでくれている人が、
「ああ、痛いって感覚の話がありましたけど、
あんな事、僕にもあります」

「・・・って、貴方の事を書かせていただきました・・・(笑)」

この話題も、忘れた頃に思い出して痛いという話。
本当に不思議なもので、空手のスパーリングをやっている時は痛くない。
それから筋肉痛に近い痛みが次の日に出ても痛くない。
で、数日してから、蹴られた所が痛み出すって事があるんですよね~。
このメカニズム未だに解明せず!です(笑)

だんな様に言わせると、そんな事は良くある話らしく、
だからこそ、普通に人と戦っても簡単に人は倒れないんだ!
(って、これは空手とか体を鍛えている人が相手の場合です)

なにしろ、本当に痛くない。

「と言うか、痛いと思ったら、やり返してしまうよね」
とだんな様が言います。

時々、イメージで自分が人を攻撃し続けないと・・・みたいな
感覚の始めたばかりの人が、うっかり黒帯の人を本気に
させてしまうと・・・あら、大変な事になります(苦笑)

けんかは相手をみてやろう!
これも空手を始めてから学んだ事(あはは)

自分が痛い事を忘れる、忘れないのレベルを明らかに
越えていますから。

とはいえ、被りは取れてスッキリです。
何しろ、うっかり吸ってしまった「被り」は、
変に記憶力が良いせいなのです。

命の危険を感じる(←大げさ、でもまんざらウソでもない)
相手とスパーリングをやっていると、
真面目にそれどころじゃありません!

被り落としに、空手。
本当に、効きます!

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 追いかけると逃げるもの(6) 

さて、「追いかけると逃げるもの」シリーズ、
そろそろ一旦、最終回にしないと次の話題がかけませんね。

何を隠そう(って、隠してないですが・笑)
だんな様は大変、大変筋にうるさい(苦笑)
なぜかというと、「世の中は筋どおりに動いているから」

そりゃあ、世の中不公平だな~って思う出来事とか、
目の前の事だけの短いスパンで見ていると、沢山、沢山、あります。
でも、それは「人間」の目でみた、一瞬の話。
なが~~~いスパンで見ると、なんとまあ、素晴らしくバランスが取れている事!

ならば、「運」という追いかければ逃げるものを掴むには
どうしたら良いのでしょうね・・・。

「運なんて、誰でも上下しているのさ。だから、根本的に底上げすれば良い」
と、だんな様。

「運が良くなくて・・・」
何しろ自分ではその原因がわからない(涙)から困ったものです。

1)やっぱり運の悪くなる様な事をしている(あら~)

2)勝手に(苦笑)運が悪いと思いこんでいる

「やっぱり運が悪くなる様な事をしている」場合ってのも
かなり厄介ですよね・・・。
自分ではこのくらい大丈夫だろうと思っているから、
いつも、いつも、同じ所で同じ間違いをしているかも知れません。

「運の悪い人は、そんなものを選び、そんな生き方してるだろ?」
あら、厳しいお言葉!(笑)

ただし、運の良い悪いって言うのも表面的に見ると間違えるそうで(あら~)

「必要な試練って言うのもあるからね・・・」

う・・・結局、分からなくなって来たぁ~
こういう時は、私の頭の限界と素直に認めて、
もう一度、気が向いた時にかんがえま~~す。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  03:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.06/01(Mon)

【だんな様は霊能者】 追いかけると逃げるもの(5) 

追いかけると逃げるものって、よく周りを見れば
沢山あるのかも知れませんね。

実はこうした「追いかけると逃げるもの」の原因は、
全部、それとの「付き合い方」にあると思うのです。

「運が良くなりたい」って、あちこちにお願い事。
沢山のお守りやお札をもらってくるって人。
心当たりがありませんか?

「困ったって頼りたくなる気持ちは分かるけどね・・・」
とだんな様が苦笑します。

もしも、自分の周りに、「こんなに困ってるんです」って人がいて、
真剣に、こうしたら、ああしたらってアドバイスをする。
相手も、頼むときは真剣ですから。
でも、ふと見ると、あちこちで同じ様に、
「こんな事に困っているんです、助けてください」って人がいたら・・・。

本気でその人が解決策を探しているのなら、
その姿、そのものがまた助けてあげたい気持ちになったりするのでしょうけど、
あちこちに頼み、助けてくださいって・・・ね。

「誰か他の人が助けてあげるんだったら、その人に頼れば?」
なんて気持ちになってしまうのは、普通の事。

頼む相手、頼る相手が、神様であろうと、仏様であろうと、
そして、人であろうと、全く同じ事なんだな~って思います。

最近思うのは、「自分で頑張る」って決めたら、自分で頑張れば良いと
思うのですが、人一人の力なんて知れたもの(涙)

助けてもらうのなら、助けてもらう。
頼るなら、頼る。
このきっちりとした姿勢って、同じ様に人に助けてもらっても、
その後の結果が全く違ってくるんだな~って思います。

だって、相手が真剣なら、相談された方も真剣。
半分しか聞いてないなら・・・それでも神様や仏様は多分、
直接的でないにしても助けてくれるかも知れませんが、
その真剣度合いは必ず「見られている」と思った方が良いと。

大切なのは、「きちんと頼んで」
その事を忘れないって、天使の声の持ち主にも習った事ですけど。

運が上がりますように・・・と、運を追いかけて、
追いかけすぎて、結果的に運が逃げてしまうって、
やっぱりこれも自分の姿勢の問題かも?

運を逃がさないためには、
運を逃がさない「筋を通した付き合い方」に限る!

・・・これって、結構、秘伝っぽい匂いがします・・・(爆笑)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |