2009.09/30(Wed)

【だんな様は霊能力者】 予想 

未来の事が分かったらどんなに便利だろうって、
きっと誰でも一度や二度は思った事があるでしょう。

でも、これって分る未来がきっと少なくとも今より
良いと思いたい・・・って気持ちの裏返しだったりする
場合も少なくありませんよね。

その証拠に、「・・・そうですね、体調を崩します」なんて
言われたら、え!って、まだ崩していないのに、
なんだか、体調がすぐれない気持ちになったりして(あはは)

それでも、こうなるかも知れない・・・なんて事は、
誰にでも冷静に考えると分る事で、

「今日の次が明日、明日の次があさってだから」
と、当たり前の事を当り前に言うだんな様。
・・・つまり、今やっている事の先に、未来が必ずある訳で、
ある程度は、自分でもどこかで
このままでは・・・とか、
どこかで変えないと・・・とか、
こころの何かが呟いたりするものです。

これをしっかり受け止めるかどうかの
違いって、かなり大きい気がします。

勿論、そうした未来の姿が、図や絵になって、
頭の中に飛び込んでくる能力を持った人達もいますが、
そんな場合は、逆に、
「それに引っ張られてしまうんだよね・・・」と。

だから、本にも書きましたが、こうして未来が見える人は、
ハプニングに弱かったりするのです(苦笑)
・・・だって、その飛び込んできたところに行くまでの、
プロセスは見えたり、見えなかったりしますから。
途中で、「え?」と思う事があったら、
余計に慌てる事でしょう。

基本的にだんな様は、未来の図というのは、
見ない性格らしく、「その内わかるんじゃない?」
と、先を見たくなるような話でも、あえて予想をしない主義らしいです。
まあ、確かに、誰が犯人か知っていたら、
小説だって、台無しになるものですから(笑)

私も、基本的にはあまり未来を気にしないタイプなのですが、
一つだけ、予想していたわけではなく、想像と大きく離れていた~と
思っている事があります。

それは、自分の年になった時の自分自身。

「いや~もうちょっと、大人になってると思ってた」
これが正直なところですが、これはだんな様も全く同じらしく、
「子供のままの部分が、こんなに残るとはね・・・(苦笑)」

で、今、私より例えば10歳年上の人を見て、
後10年経ったら・・・なんて考えても・・・

きっと、無駄だ・・・

と、改めて思います(爆笑)
だって、今の私を10年前に想像できたかと言われれば、
どう頑張っても無理だったと思うし、
もし、それが映像で頭に入って来た事があったとしても、
やっぱり、全然分らなかったと思うのです。
その当時の価値観では、到底理解不能(苦笑)

想像や、予想をしても、無駄なものってあるのね~と、
あら、やっぱり、今、目の前にある事を
一つ一つこなすのが一番の確実な道だった・・・

と、振り出しに戻って来た私でした!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/29(Tue)

【だんな様は霊能力者】 学ぶ姿勢 

「皆、頑張るね・・・」と、だんな様。
勿論、指導している方も大変だと思うのですが、
それにしても、学びにきている人の熱心な事、熱心な事。

本当に、関心してしまいます。

私も教師をしていた頃に、通訳の学校に通ったり、
あれをやったり、これをやったり・・・
でも、あんなに熱心だったかな?と思い出すと、
確実に、通訳の学校では、そうではなかったです(あはは)

誰もがどこかで、自分が真剣に学べると思える場所を
探しているのかも知れませんね。
そして、こころが、「ココだ!」と思えたら、
こんなにラッキーな事もないと思ったりします。

経験上もそう思うのですが、こうした姿勢は、
教える方や指導する人の気持ちを動かします。
これもまた、どちらが先という事ではなく、
きっと、お互いに「学びたい」、
「もっと鍛えてあげたい」が
お互いに引き出される感覚ってありますよね。

「こうなりたいと思ったら、憧れじゃなくて、そうなりなさい」

「こうしたいと思ったら、今出来ない事を真剣に悔しがりなさい」

「真剣に悔しかったら、どうせできない・・・じゃなくて、
方法を見つけ出すエネルギーを持ちなさい」

成長途中の20代って、社会と闘う中で、
同時に自分の心と本当は闘っているのかも知れない・・・
・・・そうだったかな?
・・・そうだった・・・。
そこでどんな事で悩んでいたかな?
とか、彼らの姿を見て、思い出させていただいてます!

その逆もしかり!でもあるんです。
やる気が見えないと、真剣なだけにだんな様は、はっきり。
「やる気がないなら、やらなくて良いよ」と。

出来たかどうかじゃなくって、やってるかどうか。
行動しているかどうかって、人にヤル気を伝える一つの方法で、
それでまた、学びが一つ進んで行くものでもあるのですね。

学んでいる中でも、波は色々あって、
やりたくない時もあれば、
このままで良いかな?なんて、止まりそうになったり、
自分でどっちに進んでいるかわからなくなったり。

そんな時には、必ず、「あ、『ふるい』にかかってる」と
思う事にしています。
所謂、「神様の確認」タイムです(笑)

本気でやる気があるの?って、聞かれていると。
忙しいとか、他に緊急の事件が起こったとか、
できない理由が出てきたら、そんな時ほど要注意!
それが「神様審査」の始まりだ~と。

「そこには、どんな理由も通用しないんだ」

そりぁ、相手が神様なら、当然でしょう~。
と、側で見ていると、わかるんですけどね。
これが自分となると、なかなか見えないもので(苦笑)

こんな時、結構、そうやって止まってしまっている人から
逆に、学ぶって事もあるのですね。
自分の目の前で起こる事は、全部が教えみたいなもので、
その意味は、よくよく考えないと見えてこないもの。

それに気がつくチャンスですもの。

本気でそれを伝えるだんな様にも、
本気の声をかけてもらう人にも、
それを偶然のように目にする人にも、
確実に、そして、本気で前に進んで欲しいな~と、
横から見ていて思います。

Adept Mentor 島津相談室

霊能者 悩み 相談

EDIT  |  03:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/27(Sun)

【だんな様は霊能力者】 こころのパーテーション 

「いや~、『こころ』って本当にきれいに、
パーテーションで区切れるものなんだ~」

な~んて、関心ばかりはしていられません。
『こころ』の一部を自分の都合で、きっちりガード。

それでも、見える人には、透明で出来たパーテーションが
きれいに見えます。

「今は幾ら言っても無駄だよ・・・」とだんな様が言う時があります。
このパーテーション、何でできているのか、
かなり強力です。
というか、基本的に目に見えないので、
自分で壊そうと思わない限り、消えません。

多分、実は、自分を守る為に誰でもに備わった「技」みたいな
感じもしますけど・・・

こうして、パーテーションで区切るのがうまいと、
何か普通は許されない事や、
実は、自分でも自分が許せない事をやっても、
うま~~く、まるで「無かった事」のように振舞えるのです。

「子供の頃の環境が大きいね・・・」

どうして、こんな風になっちゃうの?という私の質問に
だんな様が答えます。

「大体、誉められないで育ってる事が多いね」

教育者的ないい方をさせてもらえれば、
子供は、誉められて、「これは良い事だ、認められる事だ」と学び、
叱られて、「これはいけない事だ、認められない事だ」と学ぶ。
あくまでも原則論ですが・・・。
(おっと、教師モードになってしまいました・苦笑)

誉められないと、自分の価値が自分で探せないのでしょうか。

こうしたパーテーションを壊す作業は、
なかなか一人では難しいのだそうで、
「周りの協力も絶対に必要」だそう。

自分の価値って、意識して探す時もあるのですが、
こうしてみると、生きている事自体が、それを探す旅みたいなものかも
知れませんね。

ところで、感覚のある人は、このパーテーションの仕方が、
これまたちょっと違う感じがします。
勿論、自分を守る本能的な場合は、同じ様に区切るのですが、
何しろ、こころのエネルギーが大きいので、
パーテーションがすぐに壊れてしまうみたい(苦笑)

だからと言って、区切っていたと冷静に見れるわけでもなく、
今度は、深く、深く、暴走し始めます。
人から見ると、「止まっている」とか、「とらわれちゃう」とか。

どちらにしても、このパーテーション。
なかなか、自分の思い通りには行かないらしいですね。

「この前、同じ事であんなに悩んでいたのに・・・」
こんな人は、ある意味「パーテーション」の区切り上手。
覚えている方が、バカらしいと思える程だったりします(苦笑)

それでも、自分が経験した事はどこかにあるはず・・・と
探してみたくもなりますが、それはまるで、テレビゲームを
した結果のような部分と同じ場所におかれていたりするのです。
都合の悪い現実は、本当に見事にバーチャルの世界の袋に
ポイって入れて、お仕舞い!なんですね~。

そのパーテーションを壊すのは並大抵の事ではなさそうです。
逆に、他の人のパーテーションを幾ら正面から壊そうとしても、
あの、「北風と太陽」の話しの、「北風」状態になるので、
余計に頑なになるのが落ち・・・らしいです。

こころは自由なものなので、自由に使ってよさそうですが、
この自由とやら、なかなか厄介。

もう一度、私も自分のこころの中のパーテーションが
どこにあるかちょっと覗いてみようと思います!
(結果は、明日・・・)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/26(Sat)

【だんな様は霊能力者】 時代の翻訳 

自分が翻訳している文章を校正してもらっています。

いや~、多分、同じ仕事をした事のある人なら、
なおさら、そうだ!そうだ!と言ってもらえそうですが、

原書のニュアンス
と、
翻訳のニュアンス
はたまた、
本にした時に読んでくれる読者にたいするアピール度

このどこに重きをおくかって、想像以上に大変です(涙)

どうしても原書を見て訳すと、その訳から離れられなくなり、
翻訳だけ(つまりこの場合は、日本語ですが)みると、
原文には忠実だけど、これじゃあ、確かに分りにくい(涙)

それは、それは、微妙で、尚且つ、決まったらすっと行きそうな
そんな予感もしつつ、また、「う~~ん」とうなるの繰り返し。

そんな中で、思ったのは、
「あれ?今を生きてるって、この感覚に似ているかも?」と。

確かに、魂は過去を知っていても、
体は過去を知らず、「何をやったかが記録される」
頭は、過去、他の人も含めて「何をやって来たかの記録をなぞる」

この組み合わせの中で、「記録を現代語訳して、生きているのかも?」
なんて思ったりした次第です。

昔、翻訳された本も、古い日本語だと、すっとは分かりにくい。
そこで、最近注目されている「超訳」なんて、事になり、
もう一度、現代語訳をしたものが売られていたりします。

ちなみにこの辺り、感覚のある人って、過去の事を妙に覚えていたりして、
「古典って、勉強した事がないんだよね~」と、だんな様。
そのままで、す~っと頭に入って来るそうで・・・(ずるい!)

「むしろ、現代訳をみると、失われてる意味が沢山あって、
そっちが気になる・・・」

そう言えば、そう言われて、原文に挑戦した「空海全書」。
途中で、中断しております。
だって、だんな様の『現代語訳』を聞いた方が早いですもの(あはは)

って、言う風に、意識していてもいなくても、
自分の中あるものや、
あるいは、外から学んで入って来たものを、
「今」という現代版にするって事をやっているな~なんて、
最近、仕事に没頭しすぎて、ぼ~っとなりながら、
考えたりしております。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/25(Fri)

【だんな様は霊能力者】 お彼岸 

昨日は、ココでのお彼岸の行事で、沢山の人が供養をし、
無事に終わりました。

「凄い数だったよ・・・」と、大汗をかいただんな様。

私のイメージの中では、大きなスタジアムで行われる
オリンピックの開会式みたいな感じでした。
こんな時、私一人が存在するのに、これだけの人が
かつて存在したのね・・・と理屈抜きにその有難さを感じます。

「供養は、個人の問題だから」

だんな様は、供養は一番の基本だといつも繰り返します。
自分から先祖を辿って行くのです。
自分につながるパイプの通りを良くする・・・
みたいな感じと表現したら良いのでしょうか・・・。

「家の誰かがやってるから・・・」
という問題ではなさそうですね。

考えてみれば、「時」は逆行しませんから、
「今」ここで、何かの因縁が解消されたとしても、
それは、基本的にその因縁を解消した人に
関係する部分に限られてしまいます。

「すでに組み込まれて、今生きている人は、
自分の中にあるものを消して行かないとね」

あ、誤解のないように付け加えておきますが、
因縁と言っても、よく想像されるように悪い事ばかり
受け継がれてきたわけではありません。
・・・なんて当り前の事なんですけど、
これ、よく忘れますよね~(苦笑)

何しろ、その沢山の先祖の「因縁」で、
私がここに存在しておりますので、
これが単純に悪い事となると・・・困る・・・というか・・・。
それに、先祖も「あのね・・・」と一言、いいたくなるというものでしょう。
(私だったら、きっと・・・いや絶対、一言といわず言うと思います!爆笑)

「だから、本人がやらないと駄目なんだよね」

その一つ一つが、「自分」に受け継がれて来たものの
確認になるのでしょうね。
それも「自分」を知る一つの筋道だったりするのでしょう。

とすれば、供養は、祈って終りでもなく、
しっかり、「今」を生きるって意味でもあり、
そして・・・

「供養は一生かかる・・・」
とだんな様が言う言葉の意味でもあるのだと
思ったりもします。

Adept Mentor 島津相談室
霊能者 悩み 相談
EDIT  |  02:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/23(Wed)

【だんな様は霊能力者】  

何か新しい事をやる時、意外と邪魔になっているのが、
「今までこうだった・・・」
という自分の中にあるもの。

いや~、意外です。
経験は強し!
と思い込んでいると、本当に意外なところで苦労したりします(涙)

これって、そう言えば言語学の世界でも暫く前に、
研究のブームみたいになった事があって、
例えば、日本語とか母国語が英語の習得にどう干渉するか、
はたまた、はたまたしないのか・・・って論文が沢山でた時期がありました。

直感的に言うと、「いや~、干渉している!」と、
自分の英語の進歩の遅さをそのせいにしたくなりますが、
まあ、そんな簡単な図式でもないんです。

こんな風に、意図して、何かを学ぶ場面では、
何かが、何かを邪魔しているというのは、とても敏感に感じますが、
日常生活の中で、身に付いているものって、もっともっと感覚的なので、
余計に、「拒絶反応」だけが目だったりするものなんですね~。

「ある場所で通用しても、別の所では違うんだよ・・・(苦笑)」
同じやり方を通してしまう弟子にだんな様が言います。

確かに、ある場所で「正しい」やり方でも、
他の場所では、「間違い」ではないにしても、
「不都合」なやり方だったりするのですが、
どうしても、「こうじゃないといけない」
「これが正しい」と「経験上」思えば思うほど、
自分が苦しくなってしまう・・・ってありますよね。

「理想論はわかるけど・・・」とだんな様が続けます。

きっと、「正しい」と「適切」は違うんでしょうね・・・(苦笑)
そして、自分の「正しい」にこだわればこだわるほど、
苦しくなるのは、「自分」だけ・・・(涙)

だって、その間にも時間は流れて、
自分が「正しくない」と思っている方法で、
流れている訳ですから。
それでよし!と思っている人にとっては、
誰かが、違うやり方が正しいと思っていようと
そうでなかろうと、どうでも良かったりするんですもの。

結局は、自分だけストレスを感じて・・・
なんて事になりかねません。

こうしてこだわる時って、自分のこころの中では、
これまた色んな感情が渦巻くのですが、
実は一番大きいのが、

「ポジショニングだね」とだんな様がばっさり。

つまり、「正しいと自分が思っている事を相手が認めない」
って事が気に入らない・・・って事だったりします。
(あら、私も、ばっさり言い切ってしまいました)

究極、自分が正しいと思うのであれば、
そう思っていればよいのです。

ただ、それが、そこで通用するかどうかは、
その時の自分には見えていない要素も含めて、
ちゃんと、ちゃんと、確認する時間や作業が必要だなと
思ったりします。

「正しい!」と頑張って・・・
勝手に・・・ストレス・・・なんて・・・
考えてみると、結構、損かも・・・知れませんね・・・。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.09/22(Tue)

【だんな様は霊能力者】 こころ(4) 

さて、昨日の「暴走のすすめ」を書いたのですが、
何でもそうですが、注意書きがございます(笑)

魂という巨大なエネルギーのおもむくまま・・・ですから、
当然、危険性を伴います(あら、脅かしてどうする?・笑)

1)ブレーキが効かない

走り出したら、非常に止まりにくくなります。

勿論、普段効いているブレーキを無視して進み、
何が起こるか「試す」のも「暴走のすすめ」の目的の一つ。
なので、進む時は、思いっきり暴走してください(爆笑)

ただ・・・
自分でブレーキをかけて、この辺りで・・・とは、行きません。
この時に、周りに迷惑をかけすぎるという事も起こります(あはは)
一人で、勝手に暴走する分には、自由と言えば自由なのですが、
何事も程度もの(とはいえ、普段の基準からすると、程度を大きく
外れているはずですが・・・)があります。

必ず、「外部ブレーキ」を準備しましょう!

誰か必ず、一人だけ、「もういいんじゃない?」と、その人が言ったら、
その人の言う事だけは、ちゃんと聞く!(←これ、大事です!・笑)

でないと、体や心が粉々になるまで、暴走してしまいますので。

・・・という、一つ目の注意事項を書きつつも、
まあ、誰かに任せたら、
基本は、任せた事さえ忘れるぐらいでないと、「暴走」できません(あはは)
最も、暴走癖のもともとある人にとっては、走りだすのは比較的簡単ですが。


2)「暴走癖」は、「体」を使って「行動」する事に使いましょう!
「暴走癖」は「空想癖」とは、違います(笑)

「暴走癖」の中で一番、厄介なのは、
「頭の中で暴走する」事。
もともと、この「暴走のすすめ」の目的の一つは、

「体」と「頭」と「魂」を一致させる事。


「頭で考えすぎなんだよな~」
「頭が良すぎるんだ」
と、だんな様がよく言いますが、最近は、
人がこう言った、
世の中でこう言われている、
これをこうするとこうに違いない、
・・・以上!

って、頭の中でシュミレーションして終り!ってパターン(涙)

普通は、こう言われているけど・・・・本当にそうなのか?
普段、こころの深い所、魂で感じてる事も含めて、
「体」で体験する事で、「頭」と「体」の感覚を一致させるのも大事ですよね。

よくだんな様が、
「このりんご、どんな味がするのだろ?って幾ら頭で考えてもわからないだろ?
わかるには、食べるしかない!」
って、事だと思います。

3)「暴走」したら、その後、振り返ってみましょう・・・。

「魂」は他の二つに比べて、経験もエネルギーもダントツにあるのですが、
「今世」を生きる点では、他の2つと何の変わりもありませんもの。

魂の赴くまま・・・で終り!だと、同じ事を同じよ~~に
繰り返してしまう可能性があります(苦笑)
結構、これって多いんです・・・。

「過去にこうだった」と、頭で考えて終わってしまわないように、
きっと、そこが「新しくゼロから始めている意味」でもあるのかな?
と、最近、よく思います。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/21(Mon)

【だんな様は霊能力者】 こころ(3) 

昨日のブログの内容の中に書いた「暴走癖」

どうやら、魂のエネルギーは、他の二つ(頭と体)に比べて、
一度暴走したら、なかなか止められないもののようです(苦笑)

まるで、暴走するのがいけない事のような書き方をしましたが、
・・・時には暴走するのもよろしいかと・・・(笑)

だって、最初から、バランスが取れすぎているとすれば、
きっと、どこかで我慢しているとか、
多分、そんなにエネルギーがある事さえ
すっかり忘れてしまっているのかも知れませんし。

「やるなら、とことんやる」派
「悪くても命は取られないだろう」派
のだんな様は、
魂のエネルギーに振り回された典型(笑)

でも、そんな中できっと思い出す事もあると思うのです。
自分が本当にやりたい事。
自分が本当に目指している事。

本当の自分の姿の片鱗が、このバランスが崩れた時に
見えるチャンスかも知れないなあと・・・。

従って、
「時には、暴走」のすすめ・・・(笑)

ただし、中途半端では逆にバラバラになってしまう
可能性もあると付け加えておきます!

それでも、その危険を冒しても、
私って?
本当の事って?
宇宙って?
私のこころって?
って、止められない暴走癖は、きっと何かの気づきを
もたらしてくれると思うのです。

最初の話しに戻ってしまいますが、
もしも、魂が生まれ変わるとすれば、
今、一番、経験豊富なのは、魂って事になる訳で。
ならば、時には、一番経験豊富な魂に
体も頭もあずけてみるってのもあり?
って思ったりしますが、

それでも、魂も、体と頭と同じ様に、
未来の事は知らないのです。

「未来は自分で切り開くんだ」

さて、さて、その未来とやら。
何を主導に切り開いて行くか・・・って、
ちょっと考えてみようかな?なんて、
思ったりしています。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3

EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/20(Sun)

【だんな様は霊能者】 心(2) 

見たらすぐ出来るって人っていますよね・・・。

うらやましい限りです!
私と言えば、見て、頭でこうなってるとわかっても、
なかなか出来ないタイプなようで、
どうやら、「視覚」と「体の意思」のつながりが悪いようで(苦笑)

・・・と、自分の事がわかっているので、
まあ、羨ましいと思いつつ、羨ましがってばかりでは
仕方がないので、そこは、回数でカバーする事に
決めています。

つまり、頭の「意思」と、体の「意思」のリンクが
どうも弱いのが、私の特徴と知ってからは、
どうすれば、一致できるのかな・・・と試行錯誤。

結局は、回数で超えるしかない!と結論(涙)
でも、これって悪い事ばかりじゃないんです。
一度、繰り返して覚えた事は、結構、忘れない(あはは)

特に、何でもそうですが、基本の基本って、
忘れて仕舞うと、後に行くほど、ちょっとした事に
響きますものね。

「魂と心と体を一致させるんだ・・・」

いつか、誰かの「オーラの色って何色?」とだんな様に
質問した時のだんな様の答え。
(多分、このブログの最初の方に書いた事があると思います)

その時は、それぞれのオーラの色が違っている!
という発見をして終わってたのですが、
こうして、今度は「心」=「こうしようと思う意思」から
見てみると、やっぱりそこにはずれがあり、

そして・・・何より、人によって、そのずれは様々。

そして・・その上、バラバラであればあるほど、
そのバランスが安定しにくいみたい・・・と。

人が一人、「何かをする」って、「一つに見える」事にも、
沢山の事が起こっているものだと、
あら、あら、ミクロの世界に何時の間にやら、突入してました!(苦笑)

昨日、あ、この内容、もっと書かなきゃ!と思ったのは、
霊能者って、どうやらこのバランスがとれたら最高の体中にある意思の中で、
「魂」の意思のエネルギーが、ダントツ!大きいって話を、
この前、ココで、やったな~と思い出したからでもあります。

「何だか分からないんですけど、やめられないんです」
「何だか分からないけど、とても惹かれます」

理由が分からないけど、深いところにある意思に
「こころ」と「からだ」が後からついて行く・・・的な行動。
(だんな様はこれを「暴走癖」とも呼びます!・笑)

まあ、バランスが悪いのも一つの特徴でしかない!
と、極論してしまえばお仕舞いなんでしょうけど・・・。

いや~、 振り回されてて大変!なんて人を見ていると、
(まるで、他人事の様に書いていますが・・苦笑)
一体、どこでバランスをとるのが良いの?とか、
一体、どうすればバランスが取れるようになるの?とか、
う~~ん、バランスをとる必要ってある?とか、

考えては、だんな様に質問してしまいます・・・。
と言う訳で、はたまた・・・続く・・・(笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.09/19(Sat)

【だんな様は霊能力者】 心 

個人的にですが、「あ!間違ってるかも・・・」と思い、
もう一度、これは、要観察だ・・と見直している事があります。

それは、「心」って何だろ?と、ふと頭に浮かび、
ある場面で、私はどうしてこう思うのかしら?
と、不思議に思った時から、あれ?って。

ある一つの事があって、
ある人は、それを「大変だ!」と思い、
ある人は、「どうにかなるんじゃない?」と思い、
ある人は、「簡単じゃない」と思う。

経験の差と言ってしまえば、
能力の差と言ってしまえば、
そうなんですけど・・・。

でも、私一人中でも、その同じ事が
ある時には、とても「大変な」事に感じられ、
ある時には、何だか分からないけど、「ちゃんとできる」と思える。

一つの決まった事、
例えば、毎日、何度か練習するとか、
毎日、数ページ翻訳の仕事をこなすとか、
繰り返していると、「同じ量」なのに・・・感じ方が、
一日、一日、違うのです。

こうした、繰り返しって、「心の鏡」みたいなものだわ~。
なんて、思っていたのですが、それでも心は私の
一体、どこにあるのやら・・・、皆目見当がつきません。

この前、ココでの話の中で、全く同じ内容が出てきて、
あら?心って・・・もっと言うと、「こうしたい」という意思って、
ひょっとしたら、私中どこにでもあるんじゃないかしら?

・・・つまり、多すぎて、どこから、どこまでに自分の心があるのか、
分からない、敢えていえば、心は私のなか中にあるのかも?
なんて思い始めたのです。

「辛いな~って思う事がない事はないんだよ」
何時間も練習したり、
何時間も座っていたり、
何時間も話続けたり、
平気でやっているだんな様が言います。

ただ、外から見えないだけって事になるのね・・・と私。
外から見えるものって全部ではないとは思ってはいましたけど。

悩んだり、止まったりしている人を見ると、
外から見えるものは、一言で言うと、
「バラバラ」な感じ。

大きくは、頭と意思と体の方向があちこちに・・・。

一人の人間ですもの、やれる事は一つだけ。
なのに、それぞれが違う方向に進めば、当然こんな風になるのでしょうね。

体の中にある沢山の意思。
意識していようといまいと、右手を動かせば、それに関係のある部分は、
その様に動こうとし、左手を動かせば、また同じ。
茶碗を手に持って食べるだけでも、かなりの意思が一致していないと、
できる事ではないかも・・・。

「結局は、自分の体中の意思をどうまとめるかって事なのかな?」

それをまとめるのも、また自分の意思なのですから。
そのために何度も、何度も繰り返して体の意思を心の意思に合わせ、
何度も何度も、自分を見つめて、心の深い所にある魂の意思を合わせる。

こんな作業を、きっと、何気なく、ある程度のところまでは
誰でも普通はやれるようになるのでしょう。

もしこれが、完全に一致したら・・・
そりゃあ、体中にある意思が全部、ある一方向に向かうのですから、
凄いエネルギーになる・・・予定(笑)

・・・って、言葉で言うほど、簡単には行かないものなんですよね。
だからこそ、心や意思を一つにする訓練。
普通の事を普通に出来る様になった後、
普通じゃない事ができるようになるには、
どうやら必須科目のようです・・・(苦)

じゃあ、「大変!」って、普段どうもない事を思ってしまうのは?
どうしてかしら・・・こうして私の疑問は、
ある意味バラバラな方向にどんどん、いつもの様に進んで行って
しまうのでした・・・

明日につづく・・・

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/18(Fri)

【だんな様は霊能力者】 リセット 

魂は永遠で何度も生まれ変わる事には、
賛否両論あるとは思いますが、
もし、実際に何度も生まれ変わるとすれば・・・

多分、生まれ変わるとき、
あるいは、その前の人生が終わったとき、
きっと普通は、完全、リセット!しているのでしょうね。

ぜ~~~んぶ忘れて、新しくスタートする。

ちょっとだけ、前にやった人生の事を覚えている。

どっちが良いのでしょうね・・・。

これまた、どっちがどっちとも言えない気がします(苦笑)

前世などない!
全部、リセットしてスタートしたのなら、
むしろそのくらい、すっきりした生き方もありですし、
どちらにしろ、ゼロ歳から人生を始める事には変りなし。

有ったか、無かったか、良く分からないものに
振り回されるぐらいなら、自分の場合はなし!
も、すっきりしていて良いですよね・・・。

(前世など、あってたまるか!・・・
・・・までとなると、違う問題の匂いがしますが・・・)

「でも、実際に悩んでいる人もいるから」
と、「今世の問題は基本的に今世で解決!」が原則。
必要が無い限り、滅多に前世を見る事はしないという
だんな様が言います。

この前、歯医者に行って、「痛いんです」と訴えた事がありました。
いつもとは違う先生だったのですが、
「これで痛いはずが無いんですが・・・」

・・・って言われても、痛いものは痛い!
確かに理屈にあわない痛みではあったのですが、
痛いはずかどうかなんて、切羽詰った私にとって
どちらでも良いから、この痛みとって~~~(涙)と。


もしも、生まれ変わって、
もしも、その前の人生で起こった事を幾つか覚えていて、
もしも、それが理由の分からない恐怖感とつながっていたら?

まるで、失恋した思い出が何時までも鮮明すぎて、
何時までも新しい恋ができない・・・みたいな事が
起こってしまうのでしょう。

それでも、ココで要注意なのは、
「思い出したら」=「前世治療になる」
という公式は成り立たない事。

そればかりか、トラウマを作り出してしまう
可能性だってあるかも知れません。

「あくまでも今を生きるって視点で前世を見るようにしている」

そうでないと・・・
え?私ってこんなだったんだ・・・
と、終わった事を、もう一度思い出して、
悲しんだり、苦しんだり・・・なんて事だって、
あるかもしれませんし。

「あの時があったから今がある」と何時でも、何でも
思える程強い人間って、そうそういないものですもの。

今世の悩みにしても、
前世の悩みにしても、

この意味では、「解決」の一つとして、
すっきり「リセット」する手伝いをしているのかな~と
だんな様の仕事を見て思います。

終わった事をどう捉えても、
どちらにしても、時は「前」にしか進みませんものね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/16(Wed)

【だんな様は霊能力者】 差がつくのは・・・? 

「差がつくのは、うまく行っている時じゃないんだよな~」
とだんな様。

順調な時、
自分が得意な事、
自分が好きな事、

そんな時があるのは、

不調な時、
自分が不得意な事、
自分が嫌いな事、

・・・があるって事だったりします・・・
基本的に比較の問題ですものね(苦笑)

「最後は不得意科目をどうにかしないとね・・・」
教師時代、本当に成績の良い生徒には、
こうアドバイスするしかなくなります・・・。

他の科目が殆ど満点に近いんですもの。
満点以上点数が取れないのであれば当然の事。

思い出してみれば、
学生時代も、社会に出ても、ある環境に入ると、
そこに集まる人は、ある一定の「得意な事」が
普通に出来る人しかいないのです(涙)

当たり前の事でもあるのですが、
始まるまでは、そんな事を考える余裕もなく、
ただ、そこに行く事しか頭に浮かばないのが
普通かも知れませんが・・・。

だからこそ、そこからが次の「得意」を作り出す作業になり、
それが自分のポジション作りだったりするのですね~。

こんな場所というのは、「学校」とか「会社」とかはっきりしている
場合を含めて、「今、ココにいる」普通の毎日だって
同じかも知れません。


別に不得意な事を得意にするなんて事ではなく、
ちょっと、今までとは違った何かに必ず挑戦する「はめ」になる。
それは、誰でも同じ事だと思うのです。

「うまく行かない時に、差がでるんだよな~」
もっと色んな意味が、このだんな様の言葉にはあると思いますが、
環境を変えたり、チャレンジしたり、
そんな事を続けながら成長する人達って、

「困った・・・」
そんな時に力を発揮するわ~なんて、
驚きと共に、観察させていただいております(笑)

ちなみに、だんな様はかなりのチャレンジャーなので、
あら?その手があったか・・・と、
「どうしよう」を解決するのが仕事だから当り前と言えば
当り前なのですが、その度に、
「よく、考えつくものだ・・・」と思ったりする私。

チャレンジャーを観察するのは、これだからやめられません!
(爆笑)

付則:
どうやら、私はだんな様と違う部分でかなりの
チャレンジャーらしく、自覚がなかったのですが、
空手で先日、少し足を痛め、
・・・チャレンジしすぎたかも・・・と反省。
ただし、何時、どうやって、痛めたかは・・・
チャレンジに夢中で、覚えてません!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3

EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.09/14(Mon)

【だんな様は霊能力者】 霊能力者の役割 

霊能力者と言っても、その能力はそれぞれ。
ちょっと人と違う部分だったりするせいもあるのでしょうか、
「私の役割は?」と、考える人も多いのですね。

それに、「こうなる感じがする・・・」
「嫌な予感がする・・・」なんて、感じていながら、
それを黙っている罪悪感を感じて悩むなんてケースも多いのでしょう。

ココに通ってくる人の中でも、その能力に対する思いは色々。
一人の人間の中でも、ある時は、「こんなのなければ良い」と思い、
ある時には、「ああ、助かった・・・」と思ったり。

普通はあり得ない事ですが、もし今の貴方が明日起こる事が、
全部はっきり見えたとしたら?

これから起こる事が、はっきり見えたとしたら?

沢山のこうした感覚を持った方々を見て、
私の中でも、「何の為に与えられた能力なんだろ?」と
ついつい考えてしまいます。

こんなに「何の為に・・・」と考える能力って他にあんまりありませんよね。

だって、他の人と違う能力って考えると、

語学の能力があれば、それを活かせば良いし、
運動能力に長けていれば、それを活かせば良い。
頭脳明晰ならば、それを活かせば良い。

・・・とは言え、その能力を活かす方法は、
他の能力だって、探すのは簡単ではないと思いますし、
ある仕事の中や生きて行く中で、この能力をどう活かすかって
考える事があっても、霊能力ほど悩まないですものね。

「人と違っていて、結構」
きっぱり言い切るだんな様は、
「この能力を持っているって、複雑なんだよね~」と。

人と違う事で、どこかで優越感を感じたり、
仲間外れになっていると感じたり。
複雑が故に、普通に生きられなかったりもするのでしょうか。

この前、ふと、
「私に、未来が分かる能力があったら・・・
ああ・・・責任重大だわ!」と。

もし、未来が分かって、ある事が起こらない様に
無理矢理(ここは、ポイント!)私が何かをしたとします。
そうすれば、その先にある未来が変ってしまうじゃないの!

ちょっと先の何かを感じたとき、それが悪い予感であれば、
「止めたい」「どうにかならないものか」と思うのは当り前の事。

でも待てよ・・・
むしろ、その工夫や、考える事や、その努力の中で
人は進化してきた部分も沢山あるとはず・・・と、
頭の中が混乱・・・。
これじゃあ、誰かの未来を勝手に変えてしまうなんて、
とても、うっかり、できないわ~と思ってしまいました(苦笑)

「悩みを解決するってね、その起きた原因を取り除くって事も大事だけど・・・」
と、だんな様が続けます。

「自分が悩んでいる事が、悩むだけの事なのか、
見方によって心が軽くなるってあるから。
こだわっている事が、実はどうでも良い事だったりするからね」

もし、未来がちょっと分かって、もし、私が何か出来る事があるとすれば、
その人に悪い事が起こらない様にする・・・のでは、
とても十分でないらしいと思ったりします。

「その人だって、それから何かを学ぶチャンスかも知れないし。
その人にとって、良い、悪いって判断も、かなり難しいから」

ある事が、10年ぐらいして、ああ・・・こういう事だったのか・・・
なんて思った事って、私自身でもあったりするな・・・。
あの時、うまく行ったとしたら、この努力はしてない・・・とかね。

その上で、「誰かに何かが起こる」がわかる感覚で、
一体、何ができるのだろ~。

今でも考え中です!

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/13(Sun)

【だんな様は霊能力者】 役割 

「自分の役割ってなんだろ?」
「何の為に生きているんだろ?」

こんな疑問、普通に生きていて、
心に浮かぶものなのかどうか、
人にもよるのでしょう。

でも、区切りのある時間の中で、
人と 出会ったり、別れたり、
うまく行ったり、行かなかったり、
そんな経験をしている中で、
きっと、こんな基本的とも思われる疑問が
ふと心に浮かぶ人も多いのでは?

こんな疑問への答え。
誰かが、「貴方はこのために生きてます」って
言ってくれたらどんなに楽かな~なんて思う事も
あるかも知れませんが、なかなかそうも行きません。

例え誰かが、貴方の役割は・・・なんていったとしても、
きっと、心のどこかで、そうかな?なんて疑問が
起こったりするかも(笑)

「もしも、ある程度、それがわかっていてもね、
それを伝えてしまうと、それ以外の可能性がなくなってしまう」
と、だんな様は、よほどの事が無い限りは、
未来に関する事は、オープンエンド。

「なりたいものに成れば良い」
「やりたい役割をすれば良い」

きっと、凄く大きなスケールで考えると、
自分で考えて、自分で行動しているつもりでも、
結局は、誰かの意思の様に生きている・・・・
運命は変えられない・・・
なんて、思ってしまうかも知れませんが、
きっと、そんな中でも、いや、絶対に方法はあると、
分からないなりに必死で方法を探す、
そんな中に、ぽろっと転がっていそうな、
答えや解決法。

教師だった頃に、ふと、
「私の授業と、本についている問題集の答えって何が違うんだろ?」
と思った事があります。

答えが分かれば良いのなら、私=教師は要らないわって。

さて、ここからが大変(笑)
じゃあ、問題集の答えじゃない、それ以上の、
私が教えている意味って何?

役割一つ、きちんと果たすってとても難しいですよね。

「役割ってね、どこか遠くにあって、探すものじゃないんだよ」

「探す」と言うと、どうしても自分に今無いものと、
思いがちですが、実は、いつも目の前にあったりするんでしょうね。

「それにさ、今の役割をちゃんと果たせなくて、
はい、次って言われた時の事、想像してごらん?」

あら~、逃げる気持ちで、自分の役割を探してしまうと、
逆にもっと大変になってしまうわ~と、
自分の「これから先」の役割について、
色々考える前に、目の前の事を、ちゃんと普通に、
楽チンに、片付けられるように・・・その方が安全だわ~

と、思いながらも、ずっと、ずっと、自分の役割って
探しながら生きて行くんだろ~な~と確信しています!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/12(Sat)

【だんな様は霊能力者】 無口 

「これじゃあ、無口になるわ・・・」
今回の旅の間に、私がだんな様に呟いた言葉です。

今では、仕事となると、何時間も何かを伝えようと話をするだんな様ですが、
御存知の様に昔は、声を聞いた事がないぐらいの無口だったらしく・・・。

今回の旅の写真を見た人から、
「スイスってこんなところだったんですね~」といった
感想をもらいました。
ちなみに写真は、フォト蔵に次々アップ中で、まだまだ続くそうです(笑)
http://photozou.jp/user/top/182193

そう、静かな平和なイメージを持っていた
私にとっても、それはとても意外でした。

何と言うか、教会やお城の中で、人が平和を求めながらも、
自分達が生き残るために争わざるを得なかった・・・とか、
周りを全部、他の国で囲まれているが故に、
どうしてもその影響がダイレクトに入って来たとか、

静かな、平和な国というイメージの国を作り、維持するって
大変な事なのね・・・と。

それにしても、訪れるところ、訪れるところで、
その場所の歴史が登場人物付きで、バンバン映像で
頭の中に飛び込んできます。

「いや~、お腹一杯だ~」
二人とも、最初に訪れた街だけで、本当に一杯になるぐらいでした。

イメージで言うと、その場所の歴史を同時に
幾つもの立場から作ったドキュメンタリーを
テレビの画面で、10個ぐらい観たって感じでした。

「まるで、嵐みたいに伝わってくるのね~」と私。

「そう、でも、いつもそんな感じなんだ」とだんな様は、
普段でも、スイッチをオンにすると、相手から伝わってくる
感情や、出来事が、嵐の様に自分を取り巻いていると言います。

「はあ~、とりあえず、嵐の中ではしゃべらないものね」

台風の時に、びゅんびゅん風が吹いていたら、
すぐ隣の人と話すのも大変ですもの。

「だから、その風の音を消すみたいな訓練をしたんだ」

・・・この情報量といえば、経験して分かるのですが、
とてつもない量で、うっかりすると、過去に引きずられて
戻って来れないのでは?と思うほどです。

ただ、みんな、みんな、その瞬間を真剣にぎりぎりのところで
生きていたのだと、理屈抜きに思いました。
それが、歴史的に正しかったとか、人を救ったとか、
その逆だったとかは、結果、そうなっただけじゃないかしら?

・・・って、考えていると、知らない間にいつもの私より、
ちょっと(ちょっとだけですが・笑)、無口になってしまっているのに
気が付きました。

沢山の情報って、一度に入ってくると言うのは、
想像を超えて、大変。
なにより、「何の為にそれを観ているのか」というのを
忘れてしまわないように、戻ってくるのが精一杯でした。

でも、同時にこうして伝えようとしてくれている事を
どう活かすかを考えると・・・やっぱり少しずつでも
こうして、言葉にする必要もあると感じています。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  14:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.09/11(Fri)

【だんな様は霊能力者】 孤独 

会社には社長さんは一人しかいないのが普通。

学校には校長先生が一人しかいないのが普通。

「寂しい」という感覚って、誰にでもあると思うのですが、
やっぱり、前に進んで行こうとすると、
自分の周りの人がみんな、「そう、そのとおりよ」とか
「私も同じ」なんて環境は、なかなか望めなくなるもの。

スタートレックの映画を観ると、いつも船長は、
ある部分は、ある部分で補ってくれる人がいても、
最後の判断は、自分一人でするしかなかったりして。

そんな決断の結果を、いつも一人で背負えるだけの
精神力って、普通じゃないな・・・って思ったりします。

映画の中の話と思うなかれ・・・です。
実際に、自分で仕事をするとか、
あるいは自分の生き方を追い求める人とか、
ある瞬間、瞬間に、だれでも「孤独が怖い」と思うらしいと、
ふと思ったのです。

この前、ここで歴史上にでてくる所謂有名な人、
例えばニュートンとか、例えば、織田信長とか。
実際はどんな人だろう・・・。
こんな事、すぐに聞ける人がいる私の特権です(爆笑)

「ああ、みんな、きっと理解してもらうのって、
難しかったはずよね・・・」

「自分の生き方を貫こうとすると、当然起こる事さ」

理解してもらおうとはし続けたと思いますが、
彼らが生きている間に理解してもらえた・・・と
思ったかどうかも、はなはだ疑問だわ~。
きっと、ある意味孤独だったと思うのです。


同じ「孤独」でも、もう一つの種類が・・・・。

あれが駄目だから、
これが駄目だから。
原因探しを正当化の為にやると、
今度は、同じ「孤独」でも、人を向こう側においた一人に。

この思考回路の落とし穴は、とても論理的に自分には
聞こえるので、自分がそうやって孤独になって居る事に
気が付きにくい事。

どちらの孤独も「私は正しい」と主張している様に見えますから、
余計に厄介ですよね。

そして、もっと厄介なのが、ある人が抱えた「孤独」が
実際は、どちらの「孤独」なのか、側にいる人でも
時に見分けがつきにくく、本人にはもっと分かりにくいって
事だと思います。

「孤独」になっても自分の生き方を貫く!
格好は良いですが、落とし穴は色んな所にあるみたいですね・・・。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  03:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/10(Thu)

【だんな様は霊能力者】 予感 

「ああ、何となく悪い予感がする・・・」
口に出して言えない、そんな理屈のあるような、ないような、感覚。
きっと本当は誰にでも備わっている能力だとだんな様は言います。

「その鋭さに個人差はあるけどね」

人の性格がそれぞれ違う様に、この感覚も種類も鋭さも
人によって異なりますし、例えわかっても、それを
どうするか、どう考えるかも、ひとそれぞれ。

なのに・・・
ここでもないものねだりをすると言う人間の癖は健在のようで(苦笑)

感覚のある人が側にいると、
「ああ、そんな感覚あったらいいのに」とか、
「あの人に聞いたら、わかるかも」とか。

実際に、そんな感覚があると、どんな事が起こっているのか、
想像できないかも知れませんね。

感覚のある人は、ある人で、嫌な予感とかするのに、
目の前で、言いたくても言えなくて、ああやっぱり・・・
どうにか伝える方法はないか・・・なんて考えている内に
「悪い事が起こるんじゃない?」
言わない場合は、どんどん、わかっているのに伝えられない自分で
苦しくなったりします。

「基本的に、伝わってきたとしても、無視するのが一番」

え~、冷たいわ~。
だって、目の前にいる友達がこれから大変な事になるっていうのに・・・。

・・・と、かつて私も思っていました(告白)
で、色んな形で伝えようとも工夫して、その上で思うのは、
「これから起こる事に、良いとか、悪いとか、私が判断しているわ~」って。

ある出来事に良い悪いの価値判断って、自分ではフラットにしているつもりでも、
所詮は、人のする事。
私の見える範囲でしか見えていなかったりするのです(涙)

その人にとっての大切な試練かも知れないし、
学びの場かも知れない。

良い事からも、失敗した事からも学んだな・・・と自分を振り返って思います。

「残念な事に、間違えて覚える事の方が多くてね(苦笑)」

いろんな経験は、その人本人のものであって、
それがどういう結果になるという近い将来が見えたとしても、
アドバイスをきちんと求められる以外は、基本的に
黙ってみているしかないと思いました。

それより、そんな事が起こった時に、こんな事を気が付くだろうな・・・。
困った人に直接的に言ったにしても、きっとすぐには耳に入らないかも
知れないけど・・・と何か励ませたら、励ませなくても、
側にいてあげられたら素敵ですよね。

「だから、言ったのに」とか
「私の言う通りにしないから」とか
「分かっていても次からは、言わない」とか
「どう伝えたら良いんだろ」とか

ちょっと先の事が見える人って、頭の中は混乱してしまいます。
それで、思っている事がどんどん口に出来なくなって、
口にする時には、そんな思いがおもいきりのっかった言葉になるので、
口にした途端に、良かれと思って言ったのとは、
違う方向に人間関係が進んで仕舞う・・・なんて、
本当によくある事です。

とは言え、何かを感じたら、それをうまく、あるいは理論的に
伝える努力は、あきらめないでずっと続けて行けたらなと思います。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  09:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/09(Wed)

【だんな様は霊能力者】 諦められない事 

「諦める必要はないですよ」
と、だんな様。

こうしたい、ああしたい、こうなれば、ああなれば・・・
思いは募るけど・・・という事ってありますよね。
諦められないなら、じゃあどうすれば?と考えるのが大事。

「で、何かそれに向かってやってますか?」

「こうした時、いや、これがこうで、あれがこうで
できないでいます。」

そんな答えが返ってくる時があります。

「じゃあ、それに向かって何か始めましょう」

今更、年齢的に遅いとか、
男性だから、女性だからとか、
こんな状態だからとか。

いつか「神様の審査」って書きましたが、
その審査って実は、人間が考え付く公式では
行われていないと思ったりします(笑)

と言うか、人間の考える公式だけではないなと。

え?凄いな~と思う人を見た時、
普通に考える公式なんて、全然無視しているんですもの(笑)

何もしないで、心に思う事が実現したら素敵!

でも、「何もしない」は、実現した後にもそうかどうかは
わかりません・・・(苦笑)

まあ、こんな意味では、神様の審査は、
基本、前払い制(爆笑)
そんなに簡単には、本当に諦めきれないのか、
信じてもらえないようです。

「それって、ただの逃げじゃないの?」
とでも聞かれているような事って、
何度も、何度もあったりします。

普通の常識で考えた公式に当てはめない。

諦めないで進む為の、一つの視点かもしれませんね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/08(Tue)

【だんな様は霊能力者】 頑張りすぎ 

「頑張りすぎです」

これが、こうなって、こうして、ああしたけど、うまく行かなくて・・・。

頑張って、頑張って、頑張っているのに、何故かどんどん
苦しくなる・・・。
それは、頑張りが足りないからと、真面目な人ほど思うものです。

「頑張らなくていいんですよ」
そう言われても、
「いや、私がやらなければ、誰もやる人がいないんです」
・・・責任感が強くて、頑張りすぎてしまう。

本当に、やらなくてはならない事もあるでしょう。
本当に、やるしかない事もあるでしょう。

・・・でも、それで思うとおりに行かないできりきりしてしまうと、
あれ?
頑張った事はどこに行ってしまうのでしょう?

自分がそうなった時は、真面目な人ほどこの状態がわかりにくいものです。
けれど、一歩引いて・・・そんな人、会社にいたりしませんか?

ちゃんと、ある程度のスピードで物事が順調に進んでいるのに、
「こんな事やってる場合じゃないのよ。
もっと、早く。
もっと、真剣に」

頑張りすぎると、気が付かないうちに自分のペースで人を見てしまう。
そして、「私だけが頑張っている病」にかかってしまうのです。

自分の為に、「私だけが頑張っている」のなら、
それも良し!
人の評価なんて、
人が仕事をしてようが、してなくても、
あんまり気にならなかったりします。

でも頑張って、頑張って、それを人が認めていないと
感じ始めると、どうしても、「どうしてこんなに頑張っているのに・・・」
と、普通は思い始めてしまいますよね。
当然です。

でも、それと、他の人がそのペースで動いてくれるかどうかは、
別の問題だったりしますよね・・・。

「自分だけが頑張っている病」の最大の症状は、
「他の人を信頼できない」事かも。

でも、信頼してないって相手には必ず伝わります。
いつも思うのですが、「人間の感覚ってバカにできないよね~」と、
だんな様と話をするのです。

「頑張りすぎて、自分を縛って、自分で自分を苦しめてる感じがするね」

頑張っていたつもりだった頃の事を思い出し、
ああ・・・そうなってた・・・・と今更、反省しております(笑)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.09/07(Mon)

【だんな様は霊能力者】 被りと憑依 

「被りと憑依ってどう違うんですか?」

これは、ただの「被り」

これは、「憑依」と判断するだんな様がよく聞かれる質問です。

判断するのも難しければ、この区別を説明するのも難しい。

「どう違うの?」
難しいと言われて引き下がる私ではないのは、
皆様も御存知のとおり(爆笑)

「例えば、酸素と水素がある状態が被りで、
それが、水になったぐらいの違いなの?」

「いや、もっと、もっと違う」

被りは、基本的に「そこにあるガス」みたいなものだそうで、
それを吸い込んで、自分で自分の体に不調を起こしてしまいます。
「なんで、私の弱点知ってるの~」と、
相手に読まれてしまった気分に(苦笑)
ちなみに、ただのガスですから、
相手と駆け引きできるレベルにもない訳ですけどね。

「それでもそのガスを体から抜くのは、簡単じゃないのよね~」
デトックスは、それが何だとしても、取り除くには、
時間がかかったり、ちょっと大変だったりしますよね。

吸い込むのは一瞬なのに(涙)


でも、ガスそのものには「個体」じゃないし、その意思もないのです。
だから、極端に言うと、「ある」だけ。

「憑依には、意思があるんだ」

自分とは違った意思を持ったものが、もし自分の中に入り込んだとしたら?
それも、それほどの事をしてまで・・・と思うぐらいですから、
入り込んできたものの意思は、並大抵ではありません。

「元々の自分が、後から入って来た方に支配されるって事も
あるんでしょ?」

「そうだね・・・。
何しろ、何かにこだわっている状態だから、それに対するエネルギーは
普通じゃないしね。だから、そうして憑依してまで・・・って事になる」

その思いそのものに「良い」「悪い」は、これまた判断するのが
難しいとも思うのです。
誰でも、そんな経験したら、そんな気持ちになってしまうかも?
なんて、想像できてしまうぐらいの内容だったりもしますから。

・・・だけど、それと、これとは別、ですよね!
・・・だから、誰かを利用して・・・(と、そんな意識もないんでしょうけど)
というのは、ちょっと違う。

と言う訳で、
「被り」と「憑依」の違いは、言葉にすると大変難しいのですが・・・・

生きているもの、自分の意思のあるものと、

組み立てればその形になるパーツの幾つか(被り)

目の前で、それを見れば歴然と分かる。
はっきり、違うとわかるはずです。

「それを感じて、被りか憑依か判断している」らしいです。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3

EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.09/06(Sun)

【だんな様は霊能力者】 被って・・・その後 

どう頑張っても、被る体質の人は被ります(涙)

だって、『生きている』中で、被る事で情報を得ているから、
それを止めると、生きていけなくなる・・・と本能的に思ってますもの。

全く被らない方法。
それは、「全く他人に興味を持たない」って事らしいのですが、
いや~、無理!
と思ってしまうのは、私だけでしょうか?

被って、痛い目に何度も会って、
「興味を持たないようにしなさい」とだんな様から言われ、
そう思っているんですが、興味本位と言われても仕方がない
ぐらい(涙)、どうしてこんな心の状態になったんだろ?って
多分、覗いてしまうんでしょうね・・・。

それでも自分のそうした体質でスイッチをオン、オフにする
練習をすれば、少しずつは、切り替えが出来る様になります。

「う~。空気が重い」と、今日も出かけたお店で
しっかり被ってきましたが、まずはすっきりなるべく、
早く落とす事でしょう。

そんなに簡単に行かないって?
そうなんですよね・・・ガスを吸った状態なので、
時間が経てば経つほど、体の隅々にまで入り込んでいる
感覚がしますもの。

こうした時に一番の敵は、自分の心。

「被りに負けてはいけないよ」
自分でどこかおかしいな・・・と思いながらも、
心がどんどん暴走して行く時は、要注意。

まずは、被った後、自分で増大してしまう癖を
意識して、純粋に、汚れた服を洗うように、
いつもの自分だと自分でしっかり分かるまで、
一番、自分らしいと思う自分に近づけてくださいね。

そのためには・・・
日ごろから、これが自分!という自分を見つめる必要が
あるのでしょうね。

・・・きっと、何もなければ、自分らしい自分なんて
意識もしないで、通り過ぎてしまうものなのかも知れませんしね。

Adept Mentor 島津相談室 
バーナー3

EDIT  |  03:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2009.09/05(Sat)

【だんな様は霊能力者】 被り対策 

戻ってから書くとお約束した、「被り対策」

なのに、昨日のブログでは、「被り」肯定って匂いが・・・(笑)
でも・・・最近、本当に思うのです。
何でも実際に自分で経験してみないと分からない。

とはいえ、一番効果のある対策とは?
「他人に興味を持たない事だね」
と、だんな様はきっぱり言い切ります。

「他人の事は、他人の事。
相手が何を考えていようと、被る空気を出していようと、
それは、全く自分とは関係のない事」
つまり、全く、無視するのが一番の防衛策だと言うのです。

じゃあ、逆に被るって事は、誰かに興味を持っているって事?

ズバリ!その通りだと思います。
自分では、被るという辛い症状の為、まるでその相手が起こしているか
って感じがしますが、本当によく、よく自分の心の中を覗いて見ると、
ホンの一瞬でも、「あれ?この人」と思っているはずなのです。

しっかり、自分の心の扉を閉めておく。
これが一番の防衛法なのでしょうが、こうなると、
他人の事は、本当に理解するのが難しくなります。

で、結局は、理解できないから、「何を考えているんだろ?」って
ある時は疑問になり、ある時は怒りになり、
結局は、自分でストレスを作ってしまうという事にもなるのでしょう。

完全に遮断してしまっても、どうしてもこうした空気に反応して
しまう体質の人もいますよね。

だから、被ったら、祓う!が基本なのでしょうが・・・。

「被りは記憶」と、だんな様が言うように、
終わった事は、終わった事とすっきり気分を切り替える事が大事らしいです。

そして、被った相手に対しては、多分に自分の価値観で
「こんな事ではいけないわ!」と、比較的表面の事で判断しがちでもあります。

ぐだぐだ悩んでいる人に被る。
きっと、その悩む時間もその人には、今、必要なのかも知れません。

誰かに依存して生きている。
きっと、そうでなければ、今、生きている事さえ辛くて辛くて生きられないほどかも知れません。

問題は、そこから抜け出そうとするタイミング。
そして、そのタイミングは、本人だけのものだと思うのです。

・・・って、こんな事も、被りに被って、一生懸命、フラットに戻った時に、
ふと気が付いたりするんですよね・・・。

被って、祓ったらお仕舞い!でも、何だかちょっと、物足りない
感じがしますが、いかがでしょう?

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.09/04(Fri)

【だんな様は霊能力者】 戻って来ました! 

暫くお休みをしていたブログ。
昨日、無事に戻ってきました。

出張で、外国に出かけていたのですが、
その間は、被らない・・・といったらウソになりますね(苦笑)

やっぱり、人の感情には、それぞれ国の特徴ってあるなと
それでも思いますが、どんな国にも前向きにハッピーに
生きている人達ばかりでもないでしょう。

今回、幾つか訪れた教会の中で、とても被った場所がありました。

「お詣りに行く時は気をつけなさい」
と、だんな様が良く言いますが、それは、そこに人が祈りに来る時に
持ってくる感情がそこに残っている事があるからです。

「祈る場所は、そう云う場所でもあるからね」

さて、だんな様も「ここはね・・・」と、言葉を濁した教会は、
そうした「祈りの場所」とは、ちょっと空気が違いました。

かつて、教会は、祈りの場所でもあったのでしょうが、
場所によっては今の議会と同じ様な役割をしていたところでもあり、
まあ、言い古された言葉で言えば、「欲と権力の集まる場所」
でもあったのでしょう。

そんな場所で、どんな欲や権力が渦巻いて、
どんな駆け引きがあり、どんな歴史が刻まれたのか。
そんな事も含めて、人間の歴史なんでしょうけど、
どこかで、その思いが昇華されている場所との違いは、
余りにも歴然でした。

話しは飛ぶようですが、飛行機の中で見た、ターミーネーター4。
人間が例え、機械に勝ったとしても、存在する価値が無ければ、
勝った意味がない。
自分たちは、機械と何が違うのだろう・・・と、考える場面がありました。

生き残る
勝ち残る

誰かを犠牲にしないで、生きていけたらどんなに良いでしょうが、
そんな選択がない事だって、きっと今も沢山あるだろうなと。

「普通に生きていたって、誰かや何かを犠牲にしているんだよ」

・・・あれ?そう考えると、今生きているって事だけで、
「被る」原因になる感情を自分が引き起こしているのかも?

「被るって、相手の事が分かるって事でもあるんだ・・・」

確かに、被ると辛いし、大変。
だけど、同時に、その中で気が付く事も沢山あるなと思った次第。

「被った」だから、誰が悪い、良い。
「被った」だから、祓う!

って、単純な事でも、どうやらなさそうですね・・・

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |