2010.01/30(Sat)

【だんな様は霊能力者】 無理なものは無理 

願い事を叶えるのに
・・・なんて考えて、まさか
「無理なものは無理」と一回きちんとあきらめるのがコツ!
なんて意外かも知れませんが・・・。

「無理なものは、今は無理」
これには、単に「あきらめること」以上のことが入ってるようで。

「無理やり進むと、後が大変」

・・・そう、家をつくるのにある量の柱のための木しかなく、
どうしてもここにベランダを作りたい!なんて、やっちゃうと、
家自体が建たなくなってしまいますものね。

こんな時、「木がどこからか降ってきますように!」
なんてお願い事しても(したくなりますが・笑)
今までそれが降ってきた話なんて聞いた事がありません(あら~)

だったらベランダが欲しい!と思うのは間違っている?

「それも違うね・・・欲しければつくればいい」

ただし、それには工夫が必要でしょう。
あちこちに残った木でつくれることになるかも知れないし、
どこか一箇所別のところの分を使うもあり、
その分の木がやってくるまでしばらく待つもあり。

大事なことは、「どうにかしてつくれないかな?」と
思い続ける事。
・・・そのうち、降ってくる代りに、集まってきたりします(笑)

で、神様や仏様登場!
「木が降ってきますように」なんてお願いごとにはそっぽを向いていても、
(「無理なものは無理です」というのは公式です!)

「どうにかして・・・」と工夫している姿には、
誰でも手を貸したくなるって雰囲気ありますものね。

そういえばあそこに木が余っているらしいと知らせてくれたり、
こういう方法があるわよと教えてもらえたり。

一時、「引き寄せの法則」なんて言葉がはやりましたけど、
簡単に言えば、こんな感じで、自然に必要なものが集まるのしょう。

でも、それには「集まる場所」が必要なことをお忘れなく!

それから、注意する点は(笑)あくまでも自分の力だけで
できることではないので、感謝を忘れないことかも。
直接、何かをもたらしてくれる人は勿論、
お願い事をしたのなら、人がもたらしてくれるものさえ、
仏様や神様のお手配かも知れませんしね。

「仏様や神様にも、気に入らない、ひいきされる人がいるのは当たり前」

これができたから、次はこれが欲しいんですけど・・・
なんていうのは、いくら感謝していても、
「本当に感謝しているのかしら?」って話になりますよね。

「大体さ、仏様や神様からすると、人間の願いなんて、
かなえてもかなえなくても大差ないのさ」

そう、そう、子供が「ちょこれーとがたべたいです!」
なんてお願い事をしているのと、
相手が相手だとあんまり変わらないんでしょうね・・・(涙)

「それでも、願いをかなえてくれたりするのはなぜだと思う?」
というだんな様の質問。

ん~、いつもは質問する側ですが、
時には質問されて・・・考えてみませんか?

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  03:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.01/29(Fri)

【だんな様は霊能力者】 修行って・・・ 

そういえば、数年前も同じ事をだんな様がつぶやいていた気がします。

「修行になってないよね・・・」と。

そのときは、その方は毎日仕事の前に一時間の勤行をし、
休みが取れれば山にでかけ、お参りをし・・・・
詳しくは覚えていないのですが、私から見れば、
十分に「修行」な日々を送ってらっしゃると思ってましたから、

「え?どうして?」

「つらくないと修行にならないんだよ」

人から見れば、つらいだろうと思うこと。
それは本当に人によって違うんですね・・・

ちなみにだんな様にとって、現在「修行」と呼べるものは?
満員電車で毎日会社に通勤する事
・・・だそうで(笑)

毎日、それをやってのけている沢山の人がいるわけで、
たぶん、修行と言えば修行だけど・・・と答えるかな?と。

だんな様がやってきた数々のいわゆる修行と言うものは、
本人に言わせると、
「つらいとかつらくないとかいうより、そうしないといられない」
という「しない」選択肢のない状態だったらしく、

こんな修行したらどうなる?とか
こんな事したら人からどう思われる?とか

そんなの関係なし!だったそうです。

・・・だったら、私も今修行してる・・・なんて、
日常生活を送りながら思った人もいるかも知れませんね。

そうなんです。
きっと、みんな目の前に材料はぶら下がっていて、
嫌いなものは、見ないふりをしているだけか、
あるいは、ちゃんと確認して、今必要ないと判断して
消してしまっているかのどちらかでしょう。

今月の月例会で一人の男の子が、まさにそれと格闘中でした。
いわゆる修行をすれば・・・と思う彼。
ちゃんと日常を送ることが彼の修行と言い聞かせる
だんな様を始め、周りのおせっかい屋気ともいえる(笑)人たち。

「本当に、その修行をしたいと思っているの?」

「はい」ときっぱり答えはするのですが、
どう考えても、そんな時間があったら、
もっとする事あるのに・・・と側で見ていると思います。

でも、そんな姿は人事ではないのですね。
かわらなきゃ!
なんて思い立つと、
人と違うことをしなきゃ!
と思い、
人が普通にできる事ができない!

・・・なんてことになると、
たとえ修行でつけた力でも、それを発揮するチャンスがない・・・
ってこともよくよくある事だそうで・・・。

いやいや、彼だけでなく、こうして悩み始める人を
客観的に見ていると、学ぶ事がとても多いのです。

自分の中でまったくもって矛盾した感情。
それに振り回されると、
結構、長い間、右に左に悩めます(爆笑)

まるで数学の問題を解くのに必要な公式とは、
まったく違う公式を使って必死で解く!みたいなことが
起こってるんですよね~。

なんだかうまく表現できませんが、
修行を「やりたい」と思っている
どうやれば・・・なんて思っている時点で
ちょっと違うのかも・・・なんて思い始めました。

やる人は、そんな事考えずに、すでにやってる人たちばかりだからです。

難しい公式はいらないようですね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/27(Wed)

【だんな様は霊能力者】 価値観(2) 

「セイントおにいさん」を読みながら、確かに・・・。
平和な世の中(本当に平和かどうかは別にして)、
キリストやお釈迦様が世の中で大活躍!って具合には、
いくらすごい人でもいかないかも・・・なんて思ってしまいました(笑)

この価値観が、どうだこうだっていうのもありますが、
ある価値観を受け入れるには、やっぱりタイミングってあるんですね~。

今、翻訳している本にもでてくるのです。
「ある薬が効くかどうか。
効くと信じるには、病気になる必要がある」と(苦笑)

いつかだんな様が「予防医学」ってなかなか浸透しないんだよね・・・
なんてつぶやいてたことがあったんですが、
それもこういうことなのでしょう。

つまりは、「成長するには」それを乗り越える何かが必要なのでしょうが、
この「自分で作りあげたつもりの価値観」もあるタイミングが来ると、
とたんに通用しないわ~と感じるときがあります。

こんな時、
前はこうだったのに、
あの会社ではこれでよかったのに、
あの国ではこれは認められるのに。

価値観を広げるって簡単にいいますが、
いや~、なかなか直面すると、「痛い」です(爆笑)

一瞬、まるで今までのことが全部「うそ」だった感覚さえしますものね。

昨日のだんな様の言葉を繰り返すと、
「価値観に正しい間違いはない」


ってことは、「うそ」も「本当」もないってことですよね。

・・・いや、「うそ」か「本当」か頑張っても
あんまり意味がないかも?ってところでしょうか。

悲しい事にまったく価値観の違う人と話をしても
通じないことがあります。
ただし、相手もそう思ってることをお忘れなく!(爆笑)

そう、ただ違うだけなのですから。

「自分の価値観に合う場所を探して生きているようなものさ」
とだんな様はいいます。

自分の価値観だけを相手に押し付けていると、
最後には押し付ける相手さえいなくなるってことも(あら~)

「どんな価値観も受け入れるぞ~ぐらいの気合だったら?」
と、私。

「それもいいけど、行き過ぎると世捨て人になる」

「・・・・」

何事もやっぱり程度というのがあるようで・・・(笑)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3


EDIT  |  01:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/26(Tue)

【だんな様は霊能力者】 価値観 

昨日は恒例の月例会で、いつものようにみなさん一生懸命
学ばれる姿に感心します。

こちらに来れれる方から、「セイント おにいさん」を
お借りしました。

以前にだんな様の弟子の一人がお勧めとブログに載せてあり、
読みたいな~と思っていたところでした。

夜遅く終わった月例会の後、ブログも書かずに(笑)
すぐあけて読んでしまったのですが・・・いや、確かに面白い!
声を挙げて笑ってしまいました。

登場人物は、「お釈迦様」と「キリスト」。
暇なので(?)天から降りてきて、同居し人間界を楽しむといった
設定です。
その中で、キリストは自分の欲に正直な人で、これもあれも欲しいと思い、
我慢ができません。
禁欲生活が得意のはずのお釈迦様はいつもそれを制します。

二人とも自分のオーラを消して生活しているのですが、
「ここぞ!」と言うときには、自動的に「光って」しまうのです(爆笑)

「ちょっと読んでみて」
無理やりだんな様に一冊だけ読ませてしまいました(あはは)

「面白いね・・・でもこれって、設定が逆だと思う」と。

どちらかというと、キリストとして描かれているのがお釈迦様に近く、
お釈迦様がキリストみたいな、の~~~んびりした性格らしいです。

まあ、細かい事は読み進むうちにまた・・・ですが、
この二人、キャラが逆であろうとなかろうと、
とても「相手の価値観」を思いやります。

まああれだけ極めたら・・・
その自分の価値観にこだわり続けるのか、
それとも「何でもあり」になるのか。
そのあたりは微妙ですが、いざとなると、
二人が二人とも「相手の価値観」を理解しようと行動するのです。
(結構、それがずれていたりするんですけどね!笑)

だから・・・かどうかわかりませんが、
きっと、天界に何かない限り、この二人の同居生活は
これだけ価値観が違っていてもうまく行くのでしょう。

「価値観に正しい、間違いはないんだよ」

どんな価値観を持つのも「自由」
それは、誰にでも与えられた「自由」なんですよね。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.01/24(Sun)

【だんな様は霊能力者】 成長した! 

「本当に行く気があるのかな・・・」
なんとなく、だんな様がつぶやきました。
「日本の人口を一人減らす!」と、私。

半年前ぐらいでしょうか。
ワーキングホリデーで留学すると決めた彼女。
途中で色々あるのが当たり前。
やっぱり途中で、本気かしら?と
確かめたくなるときもありました。

そして・・・一人で初めての海外、初めての留学、
日本を経った彼女から、無事ホームスティ先に到着したという
メールを早速もらいました。

「ちゃんと着いたんだ~」

よく、よく頑張って成長したものだと思います。

実は、海外に行くと彼女が決めてから、英語を教えてださいと
言われたのですが、「今は教えない」と最初のころ。

・・・そして、最後まで、よくあるような英語のレッスンは
一度もしませんでした。
中学英語もすっかり忘れてしまったという彼女が、
一人で成田からスーツケース一つ抱えて、
少なくとも一年間は頑張るつもりで日本を経ったのです。

半年前にはほとんどわからないと言っていた英語も、
「相手が言っている事はわかるんです。
答えられなくて、自分の言いたい事が言えなくてくやしい」
出発前には、そのレベルまで達していました。

何しろ本人が真剣に、あきらめずに、
目線が下がりそうになると、
ちゃんと目標を思い出させてくれる人に助けをきちんと借りて
・・・というけじめが一番学んで欲しかったことだと、
だんな様は言いますが、
それをある程度マスターしたころには、
英語もある程度できるようになってました。

とはいえ、どのくらい頑張っていたかは、
側にいる人は知っていたはずです。

仕事をしている間は、昼休みは英語の勉強をし、
週末は資金を貯めるためにいろいろ工夫をし、

彼女が勉強した100円ショップの英語の本が
どのくらいぼろぼろになっているかを見れば、
すべてが想像できます。

「人は成長するのね~」

当たり前の事のようですが、自分が「成長」を迫られると・・・

「成長」するって簡単に言いますが、それはまるで
「するか、しないか、はっきりしなさい!」的迫力でしか、
成長できないかも?と思ったりします。

逃げても自分の人生。
立ち向かっても自分の人生。

そう思っていても、誰でも一度は立ち止まりたくなります。

さて、成長した彼女に待っているのは、
もう一段階すすむ、「さらなる成長」

これからが、もう一つの本番です!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3

EDIT  |  02:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/22(Fri)

【だんな様は霊能力者】 またまた 

やっぱり、一月や二月は転勤、引越しの季節なのでしょうか。
今日もまた一つ、そんな相談がありました。

「ん~、引っ越さないほうが良いですね」

そう、動いて何かを掴む!
そんな意気込みも、私的には積極的な感じがして
嫌いではないのですが、ものごとにはタイミングとか、
相性とかやっぱりあるのですね。

「引越しして、なんとなく良いことが続かないなんてこともあるわよね」

「ある、ある。
どんな気持ちで探すかで、探す場所との出会いも決まるからね」

引き寄せる力のある人や、とてもイメージングのうまい人っていて、
「こんな感じのところで、楽しく過ごしている図」というのを
具体的に、それはもうそこで生活しているかのように
思い浮かべることができる人がいます。

で、結果、そんな場所を引き寄せてしまったりするので、
周りからは羨望のまなざし・・・となりそうですが、
それでも、生活はそこから始まるので、
必ず誤差はあるはずです。

住んでみたら・・・
思ったより、にぎやかな場所だったとか
思ったより、不便なところだったとか。

引き寄せる力+具体性、それもとても大事らしく・・・

「想像力だよ。
そこで、人がちゃんと住んでないとね」

勿論、「そこ」とは引越しした先の場所。
イメージングのうまい人が、あれ?と思うことがあったとすれば、
そこで、暮らす人の動線や生活スタイル。
人が生活している部分までのイメージができてなかったりするのでしょう。

今日の相談の場合は、動くのではなく、
今いる場所を確実に自分の暮らしやすい形に変える工夫が必要ということ。

ちょっとした事で空気の流れって変わるものです。

時々、部屋の模様替えをすると、
「あら、こんなところに溜まっていたわ~」
知らないうちに、そこに空気が流れなくなってしまっていたり
することに気がついたりします。

場所を変えるのも一つの方法なら、
そこまでガラッと変える必要があるのかどうかの判断も大事。

落ち込んだ視点で、
落ち込んだ気持ちで、
引越し先を探しても、
そんな場所しか出会えないのかも知れませんしね。

また、どんなに良い場所に住んでも、
ここがいや、
あそこがちょっと、

完璧な場所などないのですから、必ず出てきます。

「最終的にはね、自分の心地よい空間をどう自分でつくるかだよ」

土地も、家の中も含めて、自分の空間にするには・・・。
「運」を軸にするだけでなく、
「自分」を軸にする必要があるようですね。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3



EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/20(Wed)

【だんな様は霊能力者】 土地って誰のモノ? 

さて、先週のトピック、引越しについての続きを。

土地を買うとか買ったとか。
そんな話をぼ~~っと聞きながら、一番最初に
「ここ、私のです」って言った人ってだれだろう?と
一人考えてしまいました(笑)

いや、それだけのお金を払い、ちゃんとした手続きをとれば、
ある意味立派にその人のものなのですが・・・。

この前、ある本に同じようなことが書かれていて、
それはアメリカの先住民族の話でした。
初めてヨーロッパから人がやってきたとき、
その人たちを歓迎して、なれない土地で暮らす智慧も
教えて助けてあげたりしたといいます。
しばらくして、お互いに理解できない考えが出てくるのです。
それは、誰のものでもない自然や土地を、「だれだれのもの」と
彼らが宣言し始めたこと。
それ自体がまったく理解できなかった・・・と。

自分が買った、買わないにかかわらず、
ある場所には、その場所をずっと治め続けたものがある。
それを「その土地の氏神」と呼んでいるのだそう。

それこそ「わたしのもの」と宣言するのは、
それだけの権利もあるのでしょうけど、

「ちゃんと挨拶をしに行きなさい」
だんな様が引越しの人にいう理由でもあります。

そして、土地自体にもきっとその上でいろんな歴史が
繰り広げられたのでしょう。
・・・というか、だからこそ、残っているのだと思います。

氏神に挨拶をして、自分の住む土地を、自分仕様に
リセットする。

それが「土地のお祓い」だと思っています。

最近、形だけになってしまった儀式も多いのですが、
「今、現在」だけでなく、ずっと長い歴史を意識すると、

「どんな儀式にも意味があるのさ」と。

勿論、中には本当に形だけになったものも、
形だけにした方が良いものも、
形もなくしても良いかなというものも、
色々あるのでしょうけど、
今まで生きた人の思いの詰まった儀式は大事にしたいものだと
心から思います。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/19(Tue)

【だんな様は霊能力者】続いています! 

続いています!
今週のトピック「引越し」に加え「新築」

だんな様は
「不動産は基本、動かない(笑)
動くときにしか、動かないんだよ」
と、わかるようなわからないようなことをいつも言っていますが、

だんな様が「このあたりに引越ししたら?」とアドバイスをすると、
なぜかすぐ決まるみたいで、2,3日前に相談に来た弟子も、
2日で引越し先を見つけて、決めてしまいました。

もう一つの話も、「引越しをするかどうか」だったのですが、

「器は、大事」

仕事や、私生活、拡大しようと思うと、
それなりの場所や広さが必要になってくるのは当然だと思いますが、
逆に、それなりの場所や広さがないと、流れが来ていても、
なかなかそれに乗れないそうで・・・。

まったく関係あるような、ないような言葉ですが、
「僕が走る、だから風が起こる」
・・・みたいな、自分から動く時期のタイミングってあるんだと思います。

その流れを掴むのに、どう動いたほうが良いか・・・
どうやってアドバイスしてるんですか?
と、引越しを2日で決めた弟子が聞いていましたけど、

「暦とか、土地とかに流れる大きな流れもあるけど、
それに本人の運の流れも合わせてみるし、
結構、複雑なんだよ」

ちょっとでもこうしたことを学んだことがある人は
知っていることかも知れませんが、それは、それは複雑。

いづれにせよ、
「自分が動けば、風が起こる」訳で、
それを追い風にするのか、
それが逆風になるのか。
うまく利用して、流れにのりたいものですよね。

さて、今日は新しく新築する方から連絡がありました。

「新しい家に引っ越すのに、どうやって御払いをしたらいいでしょうか・・・」

詳しい内容はまた明日に書く事にして・・・

去年はこの近くの土地の建築ラッシュでした。
不景気と言われながらも、建つところには建つんですね~。
・・・っと、その前に建物が壊され、更地になる。

しばらくすると、なにやら御払いした後が・・・。

それを目にして、ここにやってくる弟子たちが
「あの~、あそこお祓いやったんですかね・・・」
と、ちょっと心配な様子。

「でしょ?」と私。

家は新しくできても、土地は昔、昔から
ずっとそこにあるのですから。

前に住んだ人たちがどうだというわけではなくて、
前の人が泊まってお掃除していないホテルの部屋に入ったら?
と想像してもらえれば、ちょっとわかるかなと思います。

特に、新築して住むとなれば、一生の問題。
最近は、目に見えないものが本当に見えなくなってきているようですが、
それにしても、前の人が使ったお部屋、
きちんとお掃除してから・・・って考えるのは、
普通だと感じるのですが・・・。

さて、明日は、その土地のお祓いについて、
少し詳しく書くことにしましょう。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  04:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/17(Sun)

【だんな様は霊能力者】 今週のトピック 引越し 

いつか書いたことがあると思いますが、だんな様への相談には、
不思議と、「今週のトピック」のようなものがあり、
今回は、「引越し」とか「土地」って感じです。

「すむ場所って大事」
そういうだんな様も住みやすい場所を探して、
引越しをしまくった時期があったといいます。

・・・あ、私も!
ある時期、住んでいる場所にとても不満があった訳ではなく、
なんとなく引越しを繰り返していた時期がありました。
計算してみると、一箇所に一年もすんでない・・・(苦笑)

「引越し貧乏になるんじゃない?」

遠まわしに、そんな風に言われる事もあったのですが、
なぜか不思議と、そんなこともなく、
ただ、新しい場所に移るたびに、新しい何かが起こってた・・・
気がします(あはは、当たり前か・・・)

たぶん、目の前の小さなことを含めて、
眠っている間や、
ほっとしている間や、
食事をする間や、
・・・考えてみれば、とっても大事な時間をすごす場所。

それが心地よくなれば、結果的に大きな違いが
でてくるのだと思うのです。

それに何より、引越しのたびに家中、要らないものを
処分したり、整理したり。
これもきっと、効果があった証拠だと思います。

それでも、引っ越すなら、より良い環境に引っ越したいもの。
今の私なら、その場所に行っただけで、
住みたい場所かどうか、感覚的にわかると思いますが・・・。

「不動産って、縁がないと動かないって言う意味だよ」

そう、どんな縁を求めて探すかでも、次のスタートに
かかわってくると思うと、そこはちょっと慎重に・・・ですよね。

その場所にながれる空気を含めた見えないもの。
慎重に選びさえすれば、ステップアップにもつながるのです。

でも、最後は、自分の居場所は、自分でつくらないといけないそうで。

「場所だけの問題でもないけどね」

それでも、何かを変えて、流れを変えたいときには、
自分の「何か」を変えるのが一番手っ取り早い!
と、私は思ってます。

・・・だって、不満を持って、いくら周りが変わってくれたら・・・
なんて思ってたって、いつになるやらですもの。

引越しや住む場所を選ぶのは、
慎重に、
そして、大胆に。
このバランスが、大事なようですね!

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  02:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/16(Sat)

【だんな様は霊能力者】 霊能力者に聞くって・・・ 

皆さん、ここに相談にこられる時は、とても緊張してこられます。

誰でも、こんなことがわかってしまわれたらどうしよう?
なんて思うことは一つや二つあるでしょうから。

「基本的に、聞かれたことしかみませんよ」
とだんな様。

・・・そう、逆にいうと、ちゃんと聞かないと、
ちゃんと答えてもらえないってこともあります。

勿論、どんな風に聞いていいのか整理できないぐらい
ぐちゃぐちゃになっちゃってるとか、
どう聞いたらいいかわからないって場合もあるでしょう。

でも、どんなことでも「こうしたい」「変えたい」
「前にすすみたい」
そんな自分の気持ちがありさえすれば、
きちんと聞けなくても大丈夫。

その聞きたい内容まで、連れて行ってもらえます。

同じように聞こえる質問でも、そこには、
その人の姿勢が表れているんですよね~。

「未来は自分で掴むもの」派のだんな様は、
「占いでわかる運の流れは、確かにあるよ。
でも、それも含めて、自分がこうしたいをどう実現するかって
アドバイスすることにしてるから」

・・・だから、単純に「私は将来どうなるんでしょうか?」
なんてことには、「自分で決めたら?」と、
あっさり(苦笑)
(ここのあたりの雰囲気を、直接読みたい方は、
だんな様の昨日のブログへどうぞ!笑)

たとえば、同じ将来のことでも、
「私は、将来、看護婦になれるのでしょうか?」
「それは、あなた次第です」
ってな具合になってしまうでしょうし、

「私は、将来看護婦になりたいんですが、どうすれば良いのでしょう?」
って質問だと、まったく違いますよね。

それは、言葉の問題というより、意識の問題。

仕事でも「計画書」がまったくできてない、
これっていいんじゃない?ぐらいの提案では、
人を説得できませんものね(笑)


霊能力者に相談するって、どんなことかしら?って
思っている方も少なくないと思いますが、
・・・相談したい・・・と思った時点で、
たぶん、心のどこかにある「自分の本当の気持ち」
みたいなものに気がつくのかな?と思います。

そして、それを進めて行くのかとか、
どうして今まで気持ちがあってもうまくいかなかったのかとか。
じゃあ、今、何が必要なのかとか・・・。

だんな様が扱う相談で、実際に『霊』を扱う部分は、
そんなに多くはありません。
「こうしたい」に『霊的な問題』がある場合も
ないわけではありませんけど、ほとんどの人が
その『霊的な問題』さえ、自分で引き寄せてしまっているのね~と、
側で見ていて思います。

「どうして良いかわからない」ぐちゃぐちゃ状態があっても一緒に整理して、
「こうしたいんですが・・・」の進め方、
そんな未来を切り開く力を、つけてもらいたいって思って、
きっと、だんな様はアドバイスしているんじゃないかな~と、
思うのです。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  03:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 見ないもの(3) 

さて、見えないものが見えるようになるには・・・。
それこそ、私が理屈を捏ね回している気もするのですが(笑)

もっとシンプルにわかる方法があれば・・・ですよね!


「見えないものが見えるには、見えないものにお金を使うこと」
すっぱりだんな様が言います。
「無駄使いしてごらん?」

言われた人は必ず、そんなことしても、わかるかな?と思うみたいですけど(笑)
これって、実際、やってみると、ああ・・と思ったりします。
見えない目には、いくら観察して、観察しただけでは見えないこともあります。
ここは、一つ、ちゃんと自分も「何かを代償」にしなければ!です。


「たとえば、同じコーヒー一杯。
どうしてあるところでは100円ぐらいなのに、
千円以上もするところがあると思う?」

勿論、使っている豆や水が違う。
そんな現実的なことを考えても、この値段は説明できないのです。

そして、それはそこでコーヒーをその値段出して飲んでみたら
わかったりします。
それでもわからない、ただ、「高い!」としか思えないときには、
たぶん、見えない「目」の方に問題があるかもと。

「一杯のコーヒーが出てくるまでに、どんなことがあると思う?」

注文してから、コーヒーが出てくるまで、
いや、その前からどんな準備をして、
どんな雰囲気で、
どんなカップを選んで、
どんな気持ちでコーヒーを入れて・・・。

そんな事をちゃんと考えながら、ちゃんと味わって飲む。

「五感で感じてね・・・」と、だんな様。

五感で感じる・・・。
理屈抜きに、頭で考えるのとは違った、
もっと、もっと沢山の事を感じられるはずです。

頭で考えるものって、きっとすごく沢山の情報を
知らないうちに、端折ってしまってるんでしょうね・・・。

効率第一で忘れてしまった沢山のこと。

「え?何でこんな値段なの?」
勿論、値段以外にも目に見えないものを見る方法は沢山ありますが、
まるで「試薬」みたいに、それを通してみると、気がつくことが
あったりします。

それを感じることが、「五感の扉」を再び開けること。

あ、勿論、本当にこれってこの値段?って場合もありますが、
素晴らしいものは必ず、ちゃんと目の前で見えないものが
乗っかっているというのは、必ずあるんですね~。



・・・今日、読んでいた本に、あの「頭でモノを考える人」の
権化だったと、私が思っていた人の言葉がありました。

プラトーの言葉です。
いつものようにうろ覚えなので、正確ではないのですが・・・

「人は、言葉で説明しても人生で起こることをせいぜい抽象化できるぐらいだ。
それを経験して初めて、現実がわかるのだ」と。

いや~、プラトーの言葉とはとても思えん!

いや~、頭で考えて、考え抜いて、それでもわからん!と、
徹底してたどり着いた結論なのかしら?
などと、一人で考えてしまいました(笑)

Adept Mentor 島津相談室バーナー3

EDIT  |  04:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/14(Thu)

【だんな様は霊能力者】 目に見えないことがおこってる(2) 

「目に見えないこと」が見えるようになるためには?
どうしたらいいんでしょうね・・・。

基本、目で見えないのですが、よくよく観察するというのが
一つ目のコツでしょうか。

「この人にイラストを書いてもらうとベストセラーになる」
出版社は、
げんをかついでにその人に仕事を依頼します・・・と
表現されました。

ある人にイラストを書いてもらうと・・・売れる。

これだけ聞くと、『不思議な事』に聞こえますが、
実際にその方の仕事の仕方を知ると、
・・・なるほどね・・・と思います。

「イラストを描く人だから、どう描いてあるかにある?」
と、思って、その人の作品を見ただけでは、
見えないことが沢山です。

いや、むしろ、「イラストを描く」以外の部分で
やっていることの方が多いかも知れないわ~と。
一度、お仕事を一緒にした彼女からは、
数ヶ月に一度、メールや手紙で連絡があるし、
そのほかにも沢山、沢山、努力してる・・・。

やっぱり公式どおりだ・・・と思ったのです。

「奇跡」を起こしている人は、奇跡をおこす作業を
自分でこつこつやっているのだと、あらためて思います。

そして・・・そのこつこつ作業は、
とても、「奇跡を起こす」ようには表面的には見えなかったり(苦笑)
「こんなことやって、たいした違いはないんじゃない?」って、
見えない人にとっては、100%そう見えたりします。

今週の火曜日は、空手の練習でした。
いつも、その時のテーマを決めて練習することにしているのですが、
今回は、飛び膝蹴りに挑戦!

・・・まあ、そんなものに挑戦して!と
思われるかも知れませんが、
スパーリングの中で、何度かとび膝蹴りをもらいそうになり
(練習ですから、直前で止めてもらっている)
・・・み、見えない・・・(汗)

単純に、自分がやったら何かが見えるかな?と思ったのです。

で、たった一回のトライでわかったことは、
技をかける人には、これまたかけられた時には
見えてなかったことが沢山(苦笑)

無理してその体勢にもって行くので、
体力は使うし、他の体の動きまでばらばらになるし・・・
それに気をつかってみると・・・。

「大技は、すきがでるんだよね・・・」

・・・(苦笑)
黒帯相手に技をかけようとしても、
飛ぶ前にしっかり止められてしまうんですね~(あはは)
その上、すきだらけですから、逆に攻撃も
沢山いただいたりして。

試合で遠くから見ているのと、
自分がその技をかけられてみるのと、
そして、自分でそれをやってみるのと。

あら、あら、見えていなかったことが山ほどでした。
で、たぶん、まだまだ見えていないことが
沢山あるはずとも思います。

見えていないことを見えるようにするには、
まずは、見えてないことを認識して、
じっと観察。
でもって、自分が実際にやってみる。
それ以外にない・・・
というより、
「それが、一番早いんだよね。
理屈こねても、自転車には乗れるようにならないだろ?」

は、ごもっともです!(笑)


あ、そういえば、妹の子供が自転車を買ってもらって、
うれしそうに乗ったのに、しばらくして、
「前に進まない(涙)」と泣いたらしいです。

彼女にとっては、自転車に乗るって、
ペダルを漕ぐって当たり前のことが
見えてなかったんですね~(微笑)


Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  12:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/12(Tue)

【だんな様は霊能力者】 見えないことが起こってる! 

昨日の私のブログを読んで、だんな様が、
「そういえば、そんなこと言ってた芸能人がいたな・・・」と。

売れないときは、どうにかして売れたいと必死で思い、
売れさえすれば・・・
何がなんでも・・・
と思うのが普通ですもの。
心の中で必死で思うだけの人もいれば、
お願いごとにしちゃう人もいる。

「実際に売れ始めたら、お金はあるけど使う時間がない。
いつも人に見られて、プライベートな時間もないってさ」

これって、願いがかなったのかしら?

かなったと言えば、かなったのでしょうし、
かなってないと言えば、かなってない。

「こんなはずじゃなかった・・・」
そんな、叶い方をするお願い事。

どこかで間違ったとするのなら、
たぶん・・・お願いごとをした時点かなって思います。

考えて見れば、有名になることと、それで犠牲にしなくては
ならないこと。
きっと、紙の裏と表のように、切り離せないものかも知れません。

もしも、両方、表にしたい。
両方、裏にしたいと思うのなら、
何が何でも・・・と、思った自分の心と矛盾してるかも。

これって、自分じゃなくて、
誰かが願いがかなったその後を見ているとわかるのですが、
自分のこととなると、都合よく忘れるって、誰でも得意なようで(苦笑)

・・・だから、お願いごとは控えめに・・・
なんて言うつもりは、毛頭ありません(爆笑)

「こうしたい」と思ったら、
ただ、真剣に心から思えばいいじゃないのかなって。

「その思いに、正しい間違いはないよ。
お金持ちになりたければ、なればいい。
有名になりたければ、なればいい。」

大事なのは、そうなった時に降りかかってくるもの。
それぐらい、ドン!と受け止めま~~すって覚悟だと、だんな様。

経験上、知らないうちに(って、自分でやってるんで、知らないとは
言わせてもらえないらしく・笑)「こうしたい!」と思い、
そしたら、ちゃんと、ドン!っと、後で降ってくるって
公式って・・・あります、あります。(苦笑)

「あら~」
と、そんなとき、一瞬、あわてない訳でもないのですが、
「ああ、自分で思ったし・・・仕方ないわ」
たぶん、何かが見えてなかったかも知れないと思うことにして、
そこは、きっぱり受け入れることにしています。

「1+1=2でしかないんだよ。
それが3とか4とかになったら、
何かが見えてないだけ」

・・・それって、どうやったら見えるようになるのか・・・
その試行錯誤について明日は書けたら、書きます!(笑)

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3


EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/12(Tue)

【だんな様は霊能力者】 思いをかなえる 

何でも思ったように事が運ぶ・・・。
聞いただけでは、まあ、なんとうらやましい響きだこと!(笑)

けれども、「思い」を作り出す本人が、
ちゃんと思って、
ちゃんとかなったと思わないと、
あれ?ってことってありますよね。

思いをかなえているはずの本人がそのことに
気がついていない?のかも知れませんが、
周りから見ていると、かなってるじゃない(苦笑)

いろんな悩みを聞いて、ああ、そうね・・・
そういうこともあるわね・・・なんて
相槌をうちながら、・・・・ん?

でも、そんなに悩むことなんて、実際には
何にも起こっていないし、起こらないかも知れないのです。

「もしも、こうなったらどうする?」

「そうなってから考える」

私がためしに、起こるかも知れないことを聞いたら、
だんな様の答えはほとんどこれ(爆笑)

そう、そう、起こってもいないことで、
今を無駄に(爆笑)不幸にするのは、本当にもったいない。

もったいないのは、食べ物や身の回りにあるものだけじゃないわ~と
心から思います。

思いがちゃんとかなっているのに、
かなった瞬間か、その途中か、
あるいは、それが自分のイメージと違うのか。

・・・ちゃんと、ちゃんと、かなった瞬間に
かなっていることも忘れて、
次の足りないものを探すってやっちゃうんでしょうね~。

これって、
向上心とも
あら捜しとも、
どちらとも呼べます(爆笑)

究極、思いがかなったかどうかの確認なんて
とれても、とれなくてもよいのですが(苦笑)
自分の手にあるものまで見えなくなるのは、
なかなか口惜しいもの。

一度、立ち止まって、よ~~く見回して見ると良いかも知れません。

自分が思っているほど、自分の思いはかなってないのかなって。

新しい「思い」を掲げるのは、
それからでも遅くはないかも知れませんよ。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  03:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/11(Mon)

【だんな様は霊能力者】 勝ち負け 

勝負の世界は、勝ち負けをつけるため・・・みたいなところが
はっきりしていそうですが、これまたそんなに単純でもないのですね。

試合は終わって、勝ち負けがついていても、
どちらも勝利していたり、
どちらも勝利していなかったり。
その本当の結果は、判定の瞬間ではなく、
その後のプロセスの中にあったりします。

スポーツ選手で活躍している人を見ると、
単純にすごいな~と思う反面、
メディアにのらない部分で、どんなに努力をしているかと思います。

特に、調子が悪いときは、精神的にも大変だろうと。

メディアの良し悪しは別にしても、
良い成績を残したゆえにやってくる次の試練。
次も勝って当たり前というプレッシャー。

そんな中できちんと成績を出していくなんて、
いやいや、私には想像もつきません。

スポーツと違って、日常ではこうした判定は出ないのですが、
やっぱり、勝負しているときってありますよね。

それは、自分の思うように相手を動かしたいときだったり、
自分と意見の違う人を説得すときだったり、
いろんな相手と、自分で知らないうちに勝負してたりします。

「昇進だって勝負してるのさ」

誰かが昇進すれば、誰かはそうならないわけで。

すべてが勝負事って思うと、なんだか日常が無味乾燥な感じがしますが、
これこそ、だんな様のいう「距離感」なのかも。

「あの人に悪いから」と、昇進をあきらめたり、控えたり。
そうすれば、勝負事から開放される気持ちにもなりますが・・・。

実際は、そうじゃないかも。
そうやってみても、自分の思ったようなことには、
つながらなかったりします。

夫婦喧嘩だって、場面は違うけど、似たようなものかも。
自分が正しいと主張して、まあ、勝負するんでしょうが、
「ごめんなさい」と相手に言わせて、
さて、それからが問題です。

・・・こんな話を沢山、聞いているうちに、
本当の「勝負」は、どこで起こっているのかしら?

勝ち負けって、どこにあるのかしら?

本当に勝負しているのかしら?

そんな事をふと思ったりします。

いったん、ついたはずの勝負にさえ、
次のページがあれば、それは簡単に
ひっくり返るってこともあり。

勝ち負けって・・・
本当は何ものなんでしょうね・・・。


Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/09(Sat)

【だんな様は霊能力者】 タイミング(3) 

私自身の、「タイミング」に来ているものは、
ずばり!「世界の歴史」です。

いや~、学生時代から、教科として習う世界史の苦手だったこと(苦笑)
「そんなもの、今日だって、世界中で起こっている事全部は知らないし、
必要かどうかもわからないし・・・」
などと、言い訳していても始まりません(涙)

そもそも、英語を深く追求して行こうと思えば、
世界中の歴史はともかく、イギリスとアメリカの歴史を
知ってないと・・・ちょっと・・・ね・・・。
と、自分で避けておいてなんですが、最近切実に思います。
これまでは、何とかやり過ごした感がありますが、
ここから先は・・・って段階に来ているようです。(←自己分析)

これって、もっと身近なもので考えるとわかりやすいのですが、
日本の歴史を知らなくても、日本語はなせます!
・・・確かにそのとおりですが、
やっぱり、こうして文を書いたり、読んだりしていると、
どこかの時点で、歴史的にはどうこの言葉や漢字って
使われてきたのかなって視点で見ないと、
使い分けられなかったりするものが、どんどん出てきます。

知恵と智恵と智慧
どう書き分けましょう?
本来は智慧と書くそうで、慧の心から上の漢字は意の語源と同じらしく、
語源はめぐらすという意味だとか。
つまり慧という漢字は、心をよくめぐらすという意味になるのです。
そして、
智慧は仏教用語で、その意味は、
言葉や概念によってではなくて、
「ありのままにものごとを見る」

とはいえ、これまた、ありのまま見ているつもりでも、
自分の価値観や先入観でものごとを見ていたりしますものね。


昨日、だんな様に
「感情と論理、きちんとわけなさいと言われた意味がようやくわかりかけています」
と、言った人がいました。

「それが、智慧の慧の字の本当の意味なのかも知れないね」
と、だんな様。

きっと、その人も、私も、「目の前にタイミングとしてあるもの」や
やるべきことは、それぞれですが、
学んでいる「智慧」への糸口や、
その先にあるものは同じなのかも知れません。


Adept Mentor 島津相談室

バーナー3

EDIT  |  04:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/08(Fri)

【だんな様は霊能力者】 タイミング(2) 

さて、タイミングのお話をしていますが、
その前に、「何が自分にとってタイミングに来ているのか」
そんなことを思われた人もいるかも知れません。

それは、ずばり、
『目の前にあること』の中に必ずあるのね~と、
観察をしていて、そう思います。

何をして良いかわからない。

そんな時は、多くの場合、
あまり気が進まないとか
あんまり好きじゃないとか、
今の自分を変えるのが面倒とか、
そんな理由で、「見て見ないふり」をしていたりします(厳しい!苦笑)

それが、本当に「今の自分を守りたい」という、
本能的なものだと、本当に目をそむけたくなるものです。

大体、こんな事は、昔から自分の「欠点」みたいに
勝手に思い込んでいて、目の前に突きつけられると、
誰でも逃げたくなりますものね・・・。

だから、いや、だからこそ。
ちょっと、それと、「ご対面」してみましょう!

気をつけなくてはならないことは、
それが自分の欠点ではなくて、
棚上げにしていたけど、
タイミングに来ているもの
落ちてこ~~い!って感じかしら?
と、敢えて付け加えておきます(苦笑)

・・・どうも、こうしたことって、
「私ってどうせ」なんて、後ろ向きの感情で受け取ると、
自分が余計に嫌いになってしまったりしますので。

単に、『棚上げにしておいた』
それだけなのですから、

そして、それが
『落ちてくる、その時を待っていた』
それだけなのですから。

自分のカリキュラムで進めばいいだけの話です。

「こうした方がいいよ」
自分の身近にいる人のアドバイスには、そのヒントが隠されて
いたりします。

・・・ああ、タイミングに来ているのにな・・・。
本人にとっては、思い出し方次第で、

「いやな自分とご対面」にもなるし、

「これからの目標」にもなる。

ただ、落ちてきてますよ!ってタイミングを逃すと・・・。
それも、自分で決めたカリキュラムなら結構!
そうじゃないと、気がつけば、お皿には、
嫌いなものばかりが残っている的感覚に陥りますので、
ご用心!

さて、このタイミングの話、今日も終わりそうにないので、
まだ続けましょう・・・

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  04:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/06(Wed)

【だんな様は霊能力者】 タイミング 

目標が高ければ、高いほど、悩みが多くなる・・・。

ならば、このくらいでいいや・・・に成長はないでしょうね(苦笑)
・・・といいつつ、実は、昔はそう思っていた時期も私にもあり、
実は、今でも時々、思わないこともなく(あら、正直!)

それでも、やらなくてはならないことは、
ずっとついてまわるんですね~~~。
結局は、棚上げにしておいたはずの問題が、
どさっと、落ちてきたりします(あはは)

「解決するのにね、タイミングってあるからね」
と、だんな様がいいますが、
まあ、棚上げにしておいて大丈夫な問題まで、
わざわざ引っ張りだして、あれこれ悩んでって場合もあり、
あんなに悩んでいたのに、一瞬で解決って場合もあり・・・。

このタイミングをつかむって、実はとってもポイントかも知れません。

この事に気がついてから、私の場合は、
あせらなくなりました。
「あ、今じゃないだけなのね」
そうなると、気になっても「棚に一応あげてしまいまう」
ことにしています。
今考えたって
今やろうとしても
無理なものは、無理。
でも・・・
いつかは必ず、そのタイミングが来ると。

自分で意識しておいたものですから、
ああ、あそこに・・・ってそのタイミングで思い出すのも
簡単なのかも知れません。

いろんなことに無理をしないだんな様も・・・
比較的このタイプなのかしら?と思ったりもします。

さて、さて、その大事な事を解決する、
そして成長するタイミングが来ているのに、
どうしても自分には、ただ「つらいこと」に思えて、
その一歩が踏み出せないときっていうのもあります。

「今なんだけどな・・・」と、だんな様。
勿論、こうしたタイミングを読むのも仕事だし、
それを伝えるのも仕事ですが、
「やるか、やらないかは本人次第なんだけどね」

自分にはその一番のタイミングが見えないときって
あるのですね。
乗り越えるのに一番のタイミングに来ていても、
恐怖が先にたってしまうのもわからないではないのですが・・・。

背中を押されたくて、だんな様に会いにくる人も沢山。

人って、本当は、タイミングって読めてるんだな~と、
思う瞬間でもあります。

ただし、タイミングを読んだら・・・というお話は
明日に続きます・・・。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/05(Tue)

【だんな様は霊能力者】 高い目標 

自分のための目標。
意外と立てるのも難しければ、
実行するのは、もっと難しかったりします。

「ただ、自分のためだけに守るのはね・・・」
人間は弱いものだから・・・というだんな様は、
自分のために立てた目標でも、誰か人のためになることであれば、
簡単にはやぶれないからね・・・と、続けます。

「だから、本気で誰かを守ろうとしたときに、
本当に強くなっていくんだ」

自分でない誰かを本気で守るって、いやこれまた難しい。

最近、はまっているのが、ターミネーターのテレビ版。
そう、あの「ターミネーター」の続編として作られたものです。
話の展開もさることながら、
未来にいなくてはならない一人を守るために、
周りの人間が戦かうのですが、
人類のために「正しい」事をやっていても、
一人の人間のために「正しい」こととは、
両立しない・・・って場面の連続です。

高い目標を立てると、それが高ければ、高いほど、
自分の行動や、自分の言葉、自分の考え、
本当にこれでいいのかな・・・って、
真剣に考える場面が多くなると思ったりするのです。

「病気が治って欲しい」
「この学校に入って欲しい」
「いい成績をとって欲しい」
「自分の望みをかなえたい」

自分の本当に大事にする人のこうした望みを、
どうかなえるのが一番良いのかって考えることがあります。

病気が治ったその後は?
その学校って本当にその人にあっているのかな?
いい成績をとるのに、犠牲にしている部分って?
自分の望みをかなえる、その望みってかなったほうが、
その人のためになるのかな?

真剣に考えれば、考えるほど、
頭の中で、ぐるぐる、いろんな考えが回ります。

う~、年始から重い話題になっていますが、
「いや~、これが仏様や神様の仕事なら、
結構、大変だわ~」と悲鳴をあげそうです(苦笑)

目標が高ければ、高いほど、
ひょっとして、悩みも多くなる????

・・・と、思い始めました・・・・。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  04:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/03(Sun)

【だんな様は霊能力者】 新年の目標 

「今年の目標は?」
そう聞かれた、新年祈願に参加した人、ひとり一人の
言葉を聞きながら思いました。

「みんな、自己分析済みだ~」って(笑)

昔から、「目標」とか「計画」とか。
実は、あまり得意ではなく・・・。

目標・・・う~~ん、このまま進んでも、前に進むし・・・。
計画・・・う~~ん、一応立てるけど、たぶん、どこかでやめるかも(あら~)
意味あるのかな?なんて思ったり。

でも、最近になって、少し違う感覚で、
「目標」を立てたり、
「計画」を立てたり、
ってことが見えてきた気がします。

何しろ、自分の目標をきちんと決めるには、
自分をちゃんとみつめないと、
ちゃんとした目標が立てられないのですね。

会社や、学校での人が決めた目標に向かうって
頑張るって結構、難しいようで、どこかでやっぱり
「自分のもの」でなかったりします。

自分で立てた目標は、
自分のためのものなので、
まあ、あきらめるのも、やめるのも、
結構、簡単と言えば、簡単だったりもするのですが(苦笑)

「人間、弱いからね~」というだんな様も
「三日坊主で終わったことって沢山あるよ」
な~んだ、結構誰でもそうなんだ~なんて安心したり(笑)
どうすれば、続けられるか工夫したり、
そんなこと考える余裕もないぐらいにのめり込むものに出会ったり。

比較的、身近な目標って、そんな自分の癖みたいなものが
はっきり見えたりするから、面白いですね。

そんな中で、「目標」って、常に前を向いて、
常に上を向いて進むためのものなんだ~って、
感じ始めました。

自分のための目標には、
どんな言い訳も効いているようで、効いてない。
何しろ、自分が一番知ってますものね~。

勿論、反省の材料にするのもありですが、
常にこうありたい、
常にああなりたい。

そんな前向きな自分のための目標からは、
いろんな工夫が出てくるし、
後ろを向いて反省したら、
前に進まなくちゃって思えばよいし。

ある程度、そうなってくると、また次の目標が出てくるもので、
それに、そこに到達するまでに見えてなかったものが、
あら~こんなにあったのね~と、思ったりします。

それでも、その先があれば、落ち込んでいる暇さえ
惜しいと思うようになるのだと。

「仏や神は、頼るものから、自分がそうなるものにしていきなさい」

いやまた、この目標はとてつもなく遠い感じがしますが、
それでも、遠ければ遠いほど、後ろを向いている暇などない!
って、感じかしら?

なんて、思ったりしています。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01/02(Sat)

【だんな様は霊能力者】 あけましておめでとうございます 

2010年が始まりました!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2010年はどんな年になるかという予測や
自分の目標があったりするのでしょうが、
ひとつでも、前に進めたらと思います。

楽しいことも
ちょっとつらい事も
え~と思うほど大変なことも、

全部、エネルギー変換して、進めればと思います。

ここでだんな様と一緒に、新年を迎えた人が
一人ひとり、自分の今年の目標を語ってくれました。

「何より、それがそれぞれすっきり見えていることが大事」
だそうで、できるか、できないか、それは結果論。

そのプロセスで、次のもっと大事な結果やプロセスが、
仕組まれているのでは?と思う今日この頃です(笑)

今年も、え!という驚きを大切に、頑張ります!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  04:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |