2010.02/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 妄想のすすめ(2) 

世の中に「すごい!」と思うものを送り出したり、やり遂げた人たち。
そんな人たちの頭の中をのぞいたら、きっと「妄想だらけ」(笑)じゃないかしら?

・・・だって、これまで誰も実際に見たことないものを
作り出していくのですから・・・

「できるだけ、詳しく、リアルに思い浮かべなさい」

まるでもう出来上がって、目の前にあるかのように頭の中で思い浮かべる。
そうすることで、「今何が必要か」がわかってくるというのです。

思い切り妄想した後は、そこに必ずたどり着く。
それが、「妄想」を妄想で終わらせない、当然の道筋でしょうね。

はたまた当然のことながら、誰もやったことがないことなので、
一回や二回、「これは無理かも・・・」と思うもの。

逆に言うと、いくら必死で妄想したところで、
残念ながら、人の想像なんて知れたものだったりします。
私が考えつくなら、誰かも考えついているはず。
もしも、それがまだ世に出ていないことだったり、
奇跡だ!なんて思えるようなことだったりするとすれば、
「問題が沢山、その途中に転がっているから」
というのが順当なところでしょう(笑)

・・・だから・・・そんなことに挑戦しようとしているときに、
苦しいからと、理解してくれる人を探してしまうと、
どつぼに入ります(あはは)

「そんなの無理だろ~」って、みんなが思っていることを
やっちゃうから、「天才」だったり「奇跡」だったりするのです。

「結構、孤独だと思うよ~」と、他人事のようにだんな様がつぶやきます。

「だんな様は霊能力者」の本の「奇跡を起こす」の中に書きましたが、
このプロセスも、いや、このプロセスこそ、審査の対象だそうで!

神様だって、仏様だって、ただ「こうなりますよ~に」なんて祈られても、
それこそ、「そんなの無理だろ~」(爆笑)

はたまた内容によっては、「叶ったとして、それからどうするの?」
という質問したくなるようなことだってあるらしく・・・。

ん?
なんだ、同じだわ~と思いません?
上司に「こういう企画で頑張りたいです!」とかなり無理なお願いをするのと。

きっと、上司も、それを聞いた回りの人も、「無理だろ~」って最初は思うでしょう。
でもきっと、あなたが諦めないで、頑張る姿に、一人、二人と
協力する人が現れたりする・・・。

そう、この『現実味』が祈る時にはとっても大事らしいです。

「奇跡の一つや二つ起こせないなら、祈らないほうがまし!」
とまで、いっちゃうだんな様。
でも・・・実現するまで絶対に諦めないという気持ちがあれば、
奇跡であろうと、何であろうと、起こせそう・・・ですよね!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  02:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 妄想のすすめ 

というわけで、「好きなだけ、妄想しよう」をお進めしたのですが(笑)
気を付けなくてはいけないことがいくつかあります。

まあ、本当に妄想しておわり!でもよいのですが、
どうせ楽しく「妄想」したのなら、そこに「実現力」も付けたいものですよね。

とはいえ、まず大事なことの一つ目は、「豊かな妄想力」(あはは)
「こんなことできるわけないじゃん」
「え!うそ~~」と人が思うようなこと。
自由に発想しましょう!
ただしこれには結構、訓練が必要だったりします。

いつの間にか自分も「こんなことは起こらない、起こるはずがない」病に
かかってしまっている可能性大です(苦笑)

「マンガとか、映画ってヒントになるんだよね」
と、だんな様。

SFなど、「面白かったけど、こんなこと起こるはずもないよね」と
思っていると、せっかくの妄想のチャンスを逃してしまっていたりして(あはは)

SFだからこそ、あなどれない!と思って見ると・・・
そう、そう、いつか鉄腕アトム(古い・笑)のマンガに出てきた、
未来の都市の絵、気がつくと現在の都心部の道路ってそっくり・・・
と書いたものがありました。
実現しちゃったんですね~、いつの間にか・・・。

だんな様と出かけると、よく立ち寄るのが
子供のおもちゃ売り場。
二人で、あれこれ試しているうちに夢中になって、
「帰るよ!」と引き剥がされるようになってしまうのは、
私の方ですが・・・。

子供のおもちゃの世界は、「妄想の世界」のミニチュアみたいで、
本当に、面白い!です。
実用化するには・・・というものも沢山ありますが、
「形」になっているだけ、現実味があります。

大人の世界で実現化されたものがおもちゃになっていると
思ったら、大間違いだわ!といつも思います。

この前もあるマンガで出てくる「気」の話の中で、
ボールを作って・・・という話がだんな様と弟子の間で
話題になりました。
「それを治療につかうとすれば・・・」
「気のボールを体にいれて・・・」
「次の治療まで、それを持続させるには・・・」

専門用語なんて特になくても、わからない人には、
まったくわからない話だ~~と思いながら聞いてしまいました。

こんなことを人は「奇跡」とか「不思議」とか呼んだりするのかも
知れませんが、
「だったら、奇跡の一つや二つ起こせないと、修行の意味がないね」
と、きっぱり言い切るだんな様。

「発想を豊かに」する訓練とか、巷にはありますが、
ビジネスの場のある限られた発想も勿論現実的で役に立つと思います。

でも、その前に、おもいきり「妄想」してみる・・・
っていうの、どうでしょう?

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  03:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 実現力 

頭の中で考えただけでは、現実味がないという話の続きです。

頭の中で考える→そうなればと祈る、念じる
じゃあ十分でないとすれば、一体何が足りないのでしょうね。

まずは頭の中の問題。

まあ、頭の中って、すこぶる自由なもので、
自分の好きなように、自分のすきだけ広げることが出来ます。

なので、好きなだけ広げれば良いのですが、
基点というか、現実の自分というか、
どこに戻れば良いかわからなくなってしまう・・・
みたいなことも起こるわけで、
これをして、
「妄想だね・・・」とだんな様は言い切ります。

霊能力者の中には、頭の中のビジュアル化がとても得意な人がいて、
現実にどこかにあるものなのか、それとも妄想なのか、
その区別をつけるのに、苦労している人も多いみたいです。

というのは、霊能力者の場合、妄想であろうと、
現実であろうと・・・
「全部、現実のように感じるし、
世の中で妄想と思われることでも、霊能力者にとっては現実だったりするから」

まあ、霊なんて、いるとかいないとか、
一生懸命、証明しようとする、論議する。
その前に、「ある」「感じる」ものだったりするし、

人の感情の影響を受ける「被り」にしても、
え~、そんなことあるの?といくら疑われても、
突然に体調が崩れたり、
どんな薬も効かなかったり、
病院に行っても原因不明だったり。

「ある、ないって話をしている場合じゃないんだよね」とだんな様。

確かに、私も被って頭ががんがんしているときは、
原因がなんであれ、「早く治して~」としか思えません(苦笑)

「その痛み、気のせいです」とか言われても(涙)
「痛いのが幻想?なら、何が現実なのかしら?」と
あまりの痛さに切れそうになります(あはは)

まあ、頭の中で好きなように展開する「妄想」と、

現実に痛いとかいう症状の出たものを誰かが「妄想」と呼ぶのは、

確かに何かが違うはずだと思いますが。
人にはわかってもらいにくい「妄想」は別にして、
頭の中で起こる、「現実」になるものと、ただの「妄想」

「この違いって何?」
これが、このところ私がだんな様に質問し続けていることです(笑)

どこにその『境』ってあるんだろ?と思ったのです。

「ずばり、実現力だね」

頭の中で考えただけのものは、初めは全部「妄想」といえば「妄想」

自転車も車も、PCも。
建物だって、芸術作品だって。

「作品」「モノ」として、現れるまでは全部「妄想」でしかなかった?
とか考えたりします。

ならば・・・
好きなように、好きなだけ、妄想(笑)して、
それを実現すれば、それは「妄想」じゃなくなるじゃない!
なんて、すごい発見をした気分~~~。
・・・なんだか、「私に不可能はない!」って気分になってきました。
(↑かなり、妄想の匂いが・・・爆笑)

Adept Mentor 島津相談室バーナー3

EDIT  |  03:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/23(Tue)

【だんな様は霊能力者】現実的 

最近のブログの機能は、工夫されて、ちょっと間違って
ボタンを押して、あ・・・全部消えた・・・(涙)
って悲しいことがないようになってますよね。

おっちょこちょいの私は、ブログも含めて、ワードなどで
文を作っているときに、あ!って消してしまうということが
ちょくちょくありました。
・・・私だけではないようで、こちらも最近はバックアップしてくれます。

消えてしまった時、よく思ったのが、
「私が打った文字は、いったい何に変換したんだろ?」
とかつまらないことを(あはは)
熱になった?
電気になった?
とか考えて、悔しがっても余程のことがない限り修復はできません。

こんな時に、「紙に書いた」ものってすごい!とか
訳のわからないことを思ったりします。
確かに、どこに行ったかわからなくなったり(涙)
どこに書いたかわからなくなったり、
役に立つかどうかという点を別にすれば、
絶対に、どこかにある(捨ててなければの話しだったりしますけど)

・・・そして、この差は大きいと思ったり(苦笑)

つまりは、現実に「ある」という安定感のお話です(まわりくどい?)

「現実味がないんだよね」

問題を解決しよう、
新しいことにチャレンジしよう。

頭の中で考えたことは、
まだワープロでセーブされないで、
画面に映った文章のようなもの。
「ある」けど、まだ「存在してない」って感じがします。

「何かをたとえやってたとしても、結果がでないのなら、
やり方がどこか違う、そして、それが本当かどうかは、
実際にやってみないとわからない」と。

現実的に生きているつもりで、
現実的に動いていないというずれや
現実的に作り出していないというずれ

これを『頭の中』で考えれば、ますます、その現実味は
薄くなってしまいます。

「悩んだ時ほど、現実的に一つずつ」
なんて、だんな様からアドバイスを受けると、
言われた相手が、だんな様なだけに、

なんだか違和感を感じる人もいないわけではないでしょう。
あるいは、そんなことで解決するかな?
なんて、はたまた頭で考えておしまい!ってことも・・・。

「精一杯やってる、後は祈る」って、
ひょっとしたら、飛躍しすぎかもしれませんね・・。

それこそ、現実的ではない・・・と、思いませんか?

じゃあ、思いの力や、意志の力は、どこに???
これについては、また続く・・・・

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 保険のCM 

突然ですが、上戸彩が出ている保険のCM。
見たことありますか?

自分の分身みたいなものが、ずっとついてまわって、
自分の不安な心の声を側でつぶやく、あのCMです。

ちなみに、CMでは「だから保険に入りましょう」というオチで、
契約したところで、「不安症の分身」がいなくなるという場面で終わります。

ふと、そのCMを見ながら、
ビジュアル的によく人の心を映し出しているな~って。

誰にでもこうした不安な気持ちというのはあって、
出かけたら、「あれ?かぎをちゃんと閉めてきたっけ?」って思う時もあるし、
寝る前に、「あれ?ちゃんと全部、電気を消したっけ?」なんて思うもの。
まあ、こんなことは、究極行って確かめれば良いことなので、

ただ、「鍵を閉めたかどうか」確かめるようにはいかない「不安」も
沢山ありますよね。
厄介なのが、そう、持っている不安を確かめられないとき。

「うまく行くのかな~?」

受験でも
仕事でも
プライベートでも

いったん、不安を持って、その結果がわかるまでに
プロセスがあるときって、CMでいうと、分身がどんどん
あちこちに増殖するような感じ(苦笑)

そのうち、どれが主人格だか自分でも混乱しそうです(あはは)
何しろ自分で作り出している分身なのに、
自分だからこそ、自分でわからなくなってしまう。

「自分でつくり出しているよね」
実際にあるものと、そうでないもの。
明らかに違いがあるはずなのに、乱れた心ではなかなか見抜きにくい上に、
それともわからないまま、どんどん好きなだけ大きくもなったりします。

だんな様が相談にのるとき、
「正確に、自分が言った言葉、相手が言った言葉だけ聞かせてください」
というのも、こうした理由の一つ。
人は、どんどん自分の気になるところだけデフォルメして、
自分の記憶バンクに溜めてしまうのでしょう。

さて、こんな時、一番大事なのは、
「不安な私」の分身に振り回されず、
どれが主人格なのか、って基本に戻ることかも知れません。

「まだ、起こっていないことは、事実ではないんだよ」

不安症のあなたが増殖しすぎないうちに、
確認、確認。
基本が基本です(笑)

Adept Mentor 島津相談室バーナー3

EDIT  |  02:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 運 

運が良くなるように・・・なんて言っても、
金運、
仕事運、
プライベート運
買い物運
などなど、私が時々チェックする星占いも
こんな項目に分かれていたりします。

でも大変欲張りな私は、
たとえ、金運が良くても
思ったように仕事が出来なかったり
家族に心配ごとがあったりとか
買ってきたものが、なんだか気に入らないとか・・・

金運が良かったことさえ、忘れてしまいそうな気がします(苦笑)

・・・ん?
だからネガティブな考えをするのはだめだって言われるんだ~と
書いていて思いました。

自分が気になるマイナスなこと。
そこに気をとられて、今日の自分の「強み」みたいな
得意科目さえ忘れてしまえば、
その日の運の良さが消えてしまうでわないですか!(あれ~)

それに、金運が良くても、
お金が入ってきて、はい!終わり!では、
・・・入ってきたのと、
・・・入ってこなかったのと、
あんまり変わらなければ、
入ってこなかったのと同じだったりして・・・
なんて、ぐるぐる考えてみたりします。
まあ、こんなこと、お金が入ってから考えてもよさそうですが(苦笑)

「自分が豊かになるようにって視点が大事」
というだんな様。

「もの」を見て、運を使っても、それ以上のものは
なかなか生み出せないと。

たぶんこの感覚が、その時の部分的な運の良し悪しが
あってもなくても、ちゃんと流れる感覚なのかな・・・。

すべての運がとても良い人なんて、きっといないとすれば、
「運」をカバーするのがうまい人、
いろんな意味での「投資」をして、「運」を流せる人
が運が良い人なのかな・・・
と、ここに関しては、観察中です。

あ、観察中と言えば、昨日のブログの家の中の問題。
どうも、トラブルが多いと思っていたら、
案の定、気の流れが乱れていたそうで、
早速、対処することに。
これでどう流れがよくなるか、また報告します。

Adept Mentor 島津相談室バーナー3
EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 やっぱりあるよね 

ここでの最近のトピックですが、今回は・・・「不動産」

自分の家の相談だったり、
事務所だったり、
兼用だったり、
それから、自分が経営するアパートだったり。

「不動産って、動かないって書くだろ?
だから、縁があるときだけ動くんだ」

その見極めには、専門的な知識みたいなものが必要なんでしょうけど、
動く場合に特に大事なのは、
その場所の空気・・・
まあ、普通わからないわよね~と思いますが、
ある場所に行くと、気分が悪くなるなんて
昨日のブログに書いたような感覚を持った人なら、
ある程度感じることはあるでしょう。

そして、動く時期も大事。

そんなこと~って信じても信じなくてもよいのですが、
時期を間違えずに、引越しした人は、
欲しかった子供が出来たり、
昇進したり、
引越しでお金がかかったはずなのに、お金が入ってきたり。

以前から何度も書いていますが、やっぱり住む場所は大事。
毎日、そこがスタート、基点なのですから、
基点がずれると、ちょっとずつでもすべてがずれてしまうのでしょう。

逆に、ここだ!というスポットに入れば、
そこにいろんなものが引き寄せられるように集まる感覚があります。

場所が決まれば、今度は間取りです。
これもそこで過ごす時間を考えると、
やっぱり基点なのですね。

「家の中の気がとまっているよ」
何もリフォームしなくても、ちょっとしたことで
空気の流れは変わるのですが、
もともとの間取りが、その空気の流れを起こしにくい場合もあるようで。

いつだったか、ここはどうですか?となかなか引越し先が
決まらない相談では、一つの場所を決めるのに、
だんな様が「うん」というまで、30箇所ぐらいチェックしたこともあります。

数年前に突然に、家の西側に部屋を作った人が、
「それ以来、どうもお金の流れが悪くて・・・」
ないわけではないのに、詰まってしまうことが多いそうです。

現在、その理由を調査中・・・です。

自分が住む場所に関して言えば、
こんなに広い日本の中で、自分が住む場所は、
基本的にたった一箇所なのです。

車や家を選ぶとき、いつも何かの「縁」みたいなものが
なければ、「ここ」や「これ」って決まらない、
決まるはずがないわ~なんて、思っていた時期がありました。

まあ、よく考えれば、住む場所も、家族も、仕事も、
人生も、ある一点でしかない私。

だからこそ、こだわりたい、慎重にとも思いますし、
それだけの効果って、沢山目の前にして、
逆に驚いたりしています。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  01:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(6) | Top↑

2010.02/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 無自覚 

ここのところ、なんだかバタバタしていいます。
なんということもない、日常の延長なのに、
普段は、ちゃ、ちゃと終わる、普通のことが終わらない・・・(涙)

最低限のことをこなすだけで、なぜか精一杯
・・・って時ってありますよね。
でも、そんなときほど、自分で決めたのですから、
決めた最低限にできるだけ早く戻す意識って大事だと思うのです。

なにしろ、究極、自分で決めただけなので、
だんだんやらなくても大丈夫な「気」になってきますから(苦笑)

・・・というわけで、できるだけ「日常」に戻して、
ブログを思いつきで書くことにしましょう!

今日お会いした方は、「私のことをブログのねたにしてください」
なんて言っていただいたので、遠慮なく(笑)

無自覚って怖いですよね。
知らないうちに自分で自分に「なかったことにする」

いろんなパターンはあるのですが、

「逆にとても敏感な人がそうなりやすいです」

もしも、自分が聞いていると思っているより、
もっと沢山の音が聞こえていたり、

もしも、自分が見えていると思っているより、
ずっと目では見えていたり、

もしも、自分で感じているより、
もっといろんな影響を受けているとしたら・・・。

ある程度までは、気のせい、気のせいで乗り切ることが出来たりします。
なにしろ、本当に、見えたり聞こえたりしたものを全部、
受け止めていたら、日常生活が逆の意味で大変!

まあ、自分の処理能力は過信しないで、
この程度で・・・なんて、調整して生きているのが普通なんでしょうけど。

かくゆうわたしも、「気のせい」派だったのでよくわかります。

「気のせい」ですまなくなって、
PCで言えば、スタックしてしまう状態になる感覚の持ち主によくある症状は、

頭が良く痛くなる。
人ごみが嫌い。
出かける先で突然気分が悪くなる。
突然に腹痛などを繰り返す。

他にも沢山あるのですが、共通して言えるのは、
どんな薬を飲んでも効かない。
医者に行っても原因がわからない。

私も、あまりの頭痛のひどさにMRIまで撮ったことが
ずっと前にありますが、
「いや~、立派な脳です」とほめられて終わりでした(爆笑)

無自覚とは言え、体はちゃんとこうしてサインを出してるんですね~。

勿論、上に書いたような症状があるからと言って、
かならずしも、「超過敏な体質」のせいばかりではありませんけど、

「え!そうなんですか?自分で鈍感だと思ってました。
感じていませんでした・・・。」と驚きつつも、

「そういえば・・・」と思い当たるふしが沢山(爆笑)
って感じでした。

一度、リセットして、すっきりしてお帰りになりましたが、
何しろ体質なので、「体質改善」みたいなものとか、
「予防」「対策」が必要だったりします。

「また来ます・・・」とお帰りになりましたが、

「プロセスで整えるのが一番。
急激にやると、自分がショックを受けるしね」

・・・何かあったら、またこられてくださいね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

EDIT  |  02:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 運を運ぶ 

「運にはのりものが必要だぁ~」とは、昨日のブログ。

この三次元の世の中で、思うだけじゃなくて、実際に
「動かす」って気持ちがその乗り物のエンジンみたいなものでしょう。

「彼はね、人のつながりで運をひきよせるんだ」
そんな動かし方もあるのでしょう。
誰かが、運とともに何かを運んでくれる。
とてもラッキーな人だと思いますが、
こういう人の場合、結構交通整理が大変だったりします・・・
・・・という、うらやましいような悩み(苦笑)

でも、いくら運んできてくれる人が、
実際に沢山いたとしても、交通渋滞じゃあ、
たしかにどこかでとどまってしまいます。

どれが幹線(重要)で、どれがバイパス、
なんて、「振り分ける」目が必要になるでしょうね。

逆に、「良い運が降ってこないかな~」なんて、
部屋の中でじっとしているのも、これまた、
「のりもの」も「エンジン」も、
たとえ、あなたの方に向かう「運」があったとしても、
なかなかたどりつかないってことになるでしょう。

「誰でも、なんかの運は持っているのさ」

道を歩いていてもヒントを拾う人もあり、
遊んでいてもヒントを拾う人あり、
出かけると仕事につながる誰かに会うって人あり、
誰かと話すだけで、相手を幸せな気持ちにさせる人あり。

自分の持っている運をフルに活用したいものです。

そのためには、何が自分の強みなのかを
分析してみるってのも、いいかも知れません。

・・・いや、私は運が弱いから・・・
なんてネガティブな考えは、エンジンを弱らせてしまいます。
多少、性能が悪くても
多少、燃費が悪くても、
走っていれば、
走る方向も、乗せる運も、気持ちも
自然と乗ってくるらしいです。

ちなみに私の運の引き寄せ方は、
走り始めてから、アクセルをあまり踏まなくても、
前進するまで、「ねばる!」かな?
と思ってます!(笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.02/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 運 

運がよくなりたい!
誰でも思うことですよね。

神社やお寺におまいりしたり、
おみくじをひいたり、
占いをみたり、

「それだけじゃあ、運は寄ってこないよ(苦笑)」とだんな様。

確かにね・・・
「思っているだけ」「願っているだけ」には実体がありませんもの。

何しろ、この世は三次元世界。
「ある」というのが、結構パワフルで効果的。
目の前にあるものを一センチ、うごきますよ~~に!
って必死で思うエネルギーを出す間に、
右手か左手で、ひょい!と動かしたほうがずっと簡単(笑)

運も「ある」ようで、実体がありません。
きっと、何か入れ物のようなものに運ばれてやってくるのかも?
な~~んて、わかるようなわからない質問をだんな様にしてみます。

「そう、それが『何かをすること』つまり行動すること」

確かに思いの力の強い人っていますし、
その種のエネルギーを膨大に扱える人もいるでしょう。
でも、必死でエネルギーを出して、
う~~ん、って頑張って、目の前のものを一センチ、
たとえ動かせたとして・・・?

「そんな修行もしたけど、終わった後に『なんになるんだろ?』って思ってね」

・・・そうなんですよね・・・。
思いの力は、確かに必要。
闇雲に行動しても、今度は、運ばれて来る「もの」が
いったいどんなものなのか、
それをどう使うのか、
・・・必死で運んできたけれど・・・
って具合にもなりかねないのですね。

つまりは、どんな「荷物」(目的)を
どうやって運ぶかって、一歩引いてみると、
どちらも同じように大事だとよ~~くわかります。

「昔からさ、好きな人がいるんだけどってよく相談にのった」
と、だんな様。
「へぇ?」
まあ、だんな様のような人が側にいたら、ちょっと聞いてみたくもなるでしょう。

「どうしたら、相手が振り向いてくれるかなだって」

「どう答えたの?」

「つべこべ考えずに、ちゃんと相手に自分の気持ちを直接伝えることだね」

「あはは」

でもね・・・よく考えると、例えばこの告白。
自分で気持ちを伝えてうまく行く確率と、
伝えないで願いだけかけてうまく行く確率。

ど~~う考えても、比較にならないぐらいの確実なものは、
「祈って、告白する」
かな?と、ハイブリッド説を展開してみました(笑)

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 順番(2) 

・・・つまりは、すっ飛ばしては前に進めないことって、
ちゃあんと、目の前に落ちているってことでしょうね~。

ところが、自分の課題って「実体のあるようでないもの」
実に都合よく、見えたり、見えなかったりいたします(あはは)

考えてみれば、悩みやトラブルなんて、
いわゆる「実害」=「はい、これが私の悩みです」と、
人に見せられない。
自分も見ようと思わなければ、見えない。

あれ?じゃあ、どこにあるの?って感じです(笑)

かといって、
「すべてはココロの中で起こっている幻影なのだよ。
ほ、ほ、ほっ・・・」って具合に仙人みたいになったら、
現実の世界では生きられないでしょうしね。

見えても、見えなくても、ちゃんと乗り越えるという作業には、
ちゃんと乗り越えたと「実感」するプロセスが必要なのでしょう。

そのためには、頭で「こんな感じ~」とか、「そうだろう」って
想像しただけでは、完全に今度は「体」が取り残されるってところでしょうか。

修行をして、前に進むと決めた人は、
すっかり忘れているかも知れませんが、
いつかどこかで、宣言しているはずなのです。

「○○のためなら、ちゃんと、何でも頑張ります!」って。

都合よく忘れたつもりでも、人間意外と正直(笑)

「何でもやりますって自分でいったじゃん!」と
思い出させられるようなことを、
自分で選んでしまうんでしょうね・・・。

「いや、実際、すべては基本にあるんだ。
だから、基本の抜けたところは、戻ってやるしかないんだよ」

プロのスポーツ選手が突然の不調に悩まされると、
結局は、基本に戻り、抜けている部分を探す。

・・・そう考えると、目の前に見えている(はずの)壁の
高さも、自分で決めていたりして(苦笑)

それなのに、こんな壁の前に立って、
「なんで自分ばっかり」と被害者意識になる人には、
変わるって永遠に無理そう・・(涙)
(だって、自分で勝手に作ってるんですものね)
とまた、今日も思ってしまいました・・・。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:43 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/13(Sat)

【だんな様は霊能力者】 順番 

乗り越えなくてはならないものに「順番」ってあるのかしら?
と、ふと思ったのです。

目の前にあることが、もしちょっと不得意なら、
もし、勇気が持てないなら、後回しにしたくなるもの。

「修行すると決めたら、前進あるのみ!
したがって、後回しはない」とだんな様(苦笑)

いや、いや、厳しいな~なんて思ったりもするのですが、
大きな規模で考えれば、考えるほど、この順番って大事なんだ~と。

例えば、理想的なことの一つとして、「人が長生きする」
誰でも少しでも長く生きたいと思うのが普通。
でも、本当にみんなが長生きするには、
それを支えるだけの場所と食料と、そしてエネルギーが必要。

永遠の命を持つ方法、発見!とか、発明!なんて、
一瞬聞けば、すご~~~いと思いますが、
その後、どんな世の中になったとしても、
行き続けることにもなるわけで・・・。

・・・なんて、いつものように、私の頭は、
好きなよ~~に、膨らんでいますが・・・

修行に飛び級はないわ~、
一科目でも落としたら、留年って感じだわ~と
最近、特に思います。

自分で、前に進むと決めたなら、
やっぱり今までとは違った何かが必要で、
それはたぶん、どちらかというと得意なことではなさそう(苦笑)
・・・だからこそ、「はい、次のレベルに進みます」と
高いところを目指すのなら、
きっと、今まで、誰かにとっても自分にとっても
「当たり前」でやってこなかったことや
「ちょっと苦手」で避けてきたことが、
もはや、避けては通れないものになるのでしょう。

本当にそれは、人それぞれですから、
他の人にとっては、え?そんなこと?ってことだったりします。

いわゆる、どんなに辛い修行ができる人でも、
「きちんと整理整頓する」とか、
「日常の生活のリズムを整える」とか、
「新しい仕事の仕方で、例えばPCを使えるようになる」とか、
「やってきたものを、やってくれる人を探すのではなく、
自分でやる」とか。

そんなこと・・・と思いそうなことが、
「後でわかるけど、すごく大事なんだ」・・・そうです。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:43 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 人の思い 

先日、だんな様の弟子の一人が、一つの修行の区切りがついて、

「霊より、生きている人間の方が厄介だと、よくわかりました」と(苦笑)

確かにそのとおりだとだんな様も言います。
私にとっては、何をどう比較したら良いのか、
わかるようであり、わかりにくいようであり・・・。

どちらにしても人の思いで、つかれた~って時は、
きっと誰にでもあるのでは?
人の感情を読み取る力
空気を読む
なんて表現されたりしますが、
これってなかなか厄介。

表面上、目の前で起こっていることとは、
違う次元でもう一つも二つも違うことが起こっていたりするのですね。

それはまた、目の前でこういっているんだから、
心もそうであるべきだ!みたいな、自分の勝手な(笑)
決め付けから起こる、私の勝手な感情で「疲れたり」する
のでもあるのでしょうけど、

大体、口にしている言葉と、心、そして行動が
ずれているときというのは、なんともネガティブな思いが
強く生まれたりします。
「人は誰からだって認められたいのさ」

それが満たされないときの人の心に起こるもの。
それって、本当に「試されている」な~と、
思うことがしばしば。

いや、むしろ、「試されている」ときちんといつも
意識することで、どんなに違ってくるかしら?
なんて思ったりします。

そのずれが引き起こす、アンバランス。
学びのタイミングでもあるんですよね。

これって、本人にとっては、
それこそただのトラブルだったり、
とんでもないような事件だったり、
チャレンジが必要な勇気のいることだったり。

側で見ていると、「ああ、今がチャンスなのに・・・」と。

こうしたことが感覚でわかる人にとっては、
それがわかること自体がまた悩みの種だったり(笑)
これから、こうなるとわかっていても伝えられない・・・。
伝えても信じてもらえない・・・。
言える立場じゃない・・・。
など色々でしょうが、これまた別の修行だったりします。

・・・つまりは、
誰かがトラブルをかかえ、
それをどう思っているかを感じ、
それをどう口にしているかでずれを感じ、
それを聞いている人が、どう思ったかを感じ、
それをどんな思いを乗せて、返事をしているのかを感じ、

と、ずっと読んでいたら疲れもするし、
その先がわかればなおのこと、
同じ会話や、その本人を見ていて、
伝わってくるものも沢山あるわけで・・・

・・・って書いているだけで疲れました(あはは)
なるほど、人の思いは疲れます。

それにその中でいくら正常な判断をしようとしても、
いやはや、これは難しい。
あちらを立てれば、こちらが立たず・・・
みたいなことばかりです。

さて、さて、こうした人の思いのど真ん中に立ったら、
どうしましょう?

その感情と事実の整理。
整理がつかない状態を「悩む」と、
どう整理するかを「考えろ」と。

これを一緒にやることが、だんな様の仕事の一つ
なんですけど・・・ね・・・。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 学習する 

どんな風に生きていても、どんな仕事をしていても、
していなくても、トラブルって必ず起きますよね。

平穏無事、それが何より一番なのでしょけど、
前に進もうとすると、風は起きるし、
今のまま平穏無事でも、それを維持するのは、
何もしないのとは、また違ったりします。

何より維持するって実は大変で、
「じっと立って姿勢を維持する」方が
「前に歩いていく」より
難しかったりするものですね。

とはいえ、維持するには、前に進むには、
「当たり前のことを当たり前にやる」
それだけの単純なことでもあると
だんな様はいいます。

「あ、そのことって半年前にも同じことが・・・」
覚えているのは私だけではないと思いますし、
目の前で起こっていることは、
相手が違ったり、
場面が違ったり、
もちろんタイミングも違うので、
本人にとっては「同じもの」に見えないのかも知れませんが。

こんな時、
「う~~ん、なかなか学習しないよね(苦笑)」と
だんな様が苦笑してます。

人は同じ間違いを何度も、何度も、繰り返してしまうのですね。
・・・そうとも気がつかず・・・
・・・そうと、気がついてもなかなか治せず・・・

繰り返しますが、どんなに難しく見えたとしても、
そこに働いている原理はとてもシンプルだとだんな様はいいます。

やるか、やらないか。

それだけで、やること自体は、
「とても難しく見えたり」
「とてもそんなに大事なことに見えなかったり」

何しろ、大体、学習しない場合は、
当たり前のことが当たり前にできないだけなんですが、

すごく大変そうだ・・・と躊躇したり、
(見かけと違って、とても簡単かも知れません)

普通すぎる・・・
(思っているより、やってみたら重要かも知れません)

なにしろ、繰り返すってことは、学習しないってことなんでしょう。

自分でも、あら~またやってしまったわ~なんてこと、
ないことは、ないのですが、
・・・ん?前と同じこと?って確認だけは、自分でやってみます。
ここは同じで、
ここは違う、
このくらいは前よりうまく行ってて、
ここは、まだまだ。

自分の分析は、自分ができないことを「できるように」なるように
学習する第一歩なのでしょう。

・・・って、書くと、とっても面倒くさいように聞こえるかも知れませんが、
実はとってもシンプルなものだってこと。

たぶん、試行錯誤、ちゃんとした人にはわかるんでしょうね。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  11:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.02/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 ・・・ひ、引き寄せてる・・・ 

昨日は、「節分の祈願」を予定通りに行いました。
いや~、すごかったです。
何がって?
祈願の時のエネルギーの量の話です。

みんな、バンバン、気を出したので、
空気の層がゆがんでました(笑)
なので、普通に声が聞こえない(涙)
したがって、お経が少しばらばらでしたが・・・
師匠(だんな様)曰く、
「あのくらい、ついて来れないでどうする!」
だそうで・・・。

とはいえ、その激しさを本当に思い知ったのは、
今日になってからでした。
か、体中が痛い・・・。
ん?これはひょっとして・・・。

初めはただの腰痛と思ったのですが、
もともと腰痛にはめったにならない私。
痛い・・・
それも、尾てい骨が・・・(涙)
そうです、久しぶりの「尻尾病」(←私が名前を付けました・笑)

急激に自分の気が上がったときに、
自分の気道(当然、目にも、レントゲンにも映りませんけど)
が、その量の多さに、突然痛み出すのです。

普通の腰痛との違いといえば、
強引にでも気を動かすと、しばらくは嘘のように痛くなくなるのです。
でも、うっかり、今までと同じ気の量と同じ感覚でいると、
また、尾てい骨の周りが・・・痛み始めます。

「いたたた・・・」
見るに見兼ねただんな様が気を通してくれました。

ところが、今度は「天使の羽根病」に・・・。
ちょうど健康骨の上辺りが、痛みだします。
これもまったく同じ症状で、どうやら気が溜まる場所というのがあるそうです。

・・・ん?
これって、この前、ある男の子が、この状態にしてくださいと、
頼んでいた気がするわ・・・。

「来て座ってたら、そうなったかも知れないのにね(笑)」と
だんな様。

欲しいものがあって、引き寄せるには、引き寄せるコツがあるみたいですね(笑)

そういえば、ニュージーランドに留学した彼女は、
な、な、なんと!
住む場所と仕事と、そして、だんな様から出された宿題「空手」の練習を
するのに教えてくれる黒帯を一度にゲットした様子(驚)

と、妹に彼女の話をしたら、
「うらやまし~~わ~~」と。
いや、いや、あなたもかなりの引き寄せ上手。

空手の型が覚えられずに悔しかったと真剣に思い、
「前から欲しかったって言ってた目覚まし時計いる?」と
私が聞いたら、
「いや、それより、その型が入ったビデオが欲しい」
と、きっぱり!

だんな様は笑いながら、すぐにネットでその型を探してあげ、
持っていた「DVDも送ってあげたら?」と。

本物の引き寄せ上手は、あんまり自分が引き寄せ上手だという
認識はないみたい・・・と、発見!

「それより、どうにかしたい!という真剣さで一杯なのさ」
と、だんな様。

・・・引き寄せ上手になるコツ・・・
少しは、参考になるでしょうか・・・
Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  02:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/07(Sun)

【だんな様は霊能力者】 忙しいと区切り 

机で作業をしていると、重い・・・。
そうです、髪が知らないうちに伸びてました。

しばらく暴走中(笑)だったせいでしょうか。
いや~、気がつきませんでした。
・・・というように、暴走していると、
普段は気がつく普通のことも気がつかなくなってしまうのですね~。

バランスの悪いこと、悪いこと。

と言うわけで美容室に。
入るなり、いつも髪をきってくれるオーナーに
「やり遂げたらしいですね」と言われ、
一瞬、止まる私・・・。

「何をやり遂げたんだ?わたし?」
と心の中で思いつつ、
それを察したオーナーが、
「108人スパーリングですよ。○○さんから聞きました」

・・・あ、そうか、この前ここに来たのって、
道場の108人スパーリングの直前だった・・・。

これだから、バランスの悪いのは困ります(苦笑)

昨年から、今年の年明けまでなだれ込むように
日にちが過ぎ、なだれ込むように気がつくと2月。
その間、私ってどこにいたのかしら?状態です。

これだから、バランスの悪いのは困ります。

ちなみに、108人スパーリングは大変だったと言えば大変だったのですが、
毎年やっているのと、日ごろ練習しているせいでしょうか、
すっかり記憶のかなたになってしまってました。

いやはや、リセットは本当に大事だなと再確認したところです。

忙しいって「心を忘れる」って書きますが、
本当に自分の目の前にあることをこなすだけで
精一杯になってしまうんですね~。

人生はマルチタスクだ!なんていつかブログに書いたと
思いますが・・・したがって、普通なら普通にこなせることが、
とても大変なことに感じたり、
すっかり忘れてしまったり。

イメージでいうと、ムカデ競争の足並みがそろわないまま、
無理やり前に進んでいる感じさえします。

こんな時は・・・
普通に毎日書けるブログが止まったり、
普通に毎日できる練習ができなくなったり、
普通に毎日やっているはずのことが
どんどん重荷になって行きます。

前に進んでいるのは、「気持ちだけ」なんてことに
なってしまわないように・・・。

一度止まって、年末にはどうやら切り替え損ねた「今年の始まり」
区切りをつけた方がどうやら、結局はスムーズにものが運ぶらしいです(あはは)

2月3日の節分は、本当の意味での「年明け」
2月11日は紀元節。
2月15日は旧正月。
明日は、ここでその行事を行うのですが、
この日付を考えて、7日にしたとだんな様がいいます。

「本当の年明けはこれからだ!」

まあ、年明けも一日で終わる「線」じゃなくて、
地球規模や宇宙規模の「ゾーン」と考えると、
今月は、しっかり『今年にする月』とでもなるのでしょう。
しっかり、区切りをつけたいと思います!

Adept Mentor島津相談室
バーナー3

EDIT  |  02:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.02/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 強制リセット 

「少しずつ」というのは、慣れるにはよい方法ですが、
疲れやストレスが「少しずつ」溜まるというのは、
なかなか厄介なものです。

気がつくと、ちょっとのことで
疲れたり、
いらいらしたり、
待てなくなったり、
なんで!と感情的になったり、
もうだめだと思ったり・・・。

つまりは、自分の許容量が妙に少なくなったかも?
って感じでしょうか。

よくこれってPCのメモリーに例えられますが、
忘れてもいい、もう必要ない履歴がPCに残っていると、
やがてはスタックしたり、
妙に、アクセススピードが遅くなったりって
まったく同じようなことが人間にも起こりますね。

中には、暴走するって場合も・・・。
ある問題を考えていないと気がすまなくなってしまう。

そんな状態になった人に、
「一回、考えるのをやめた方がいいですよ~」
と何気にアドバイスしても、
何しろ、暴走中(爆笑)なので、
「いや、そんな場合じゃないんです」
「私が考えないと、誰もやらないんです」
「今じゃないと間に合わないんです」
10人のうち、10人こたえます(あはは)
日曜も、家に帰っても、そして夢の中まで考えてるらしいです。

こんな時は、自分で進んでいるつもりでも、
ぐるぐる回っているだけだったり、
逆風の中前に進もうとしているから、実はぜんぜん進んでなかったり、
はたまた、まったく違う方向に進んでいたりと、
結局は時間の無駄だった・・・(涙)
そういう経験、いやいや、何度痛い目にあっても
懲りないようで、
いや、むしろわかっているのにとめられない(だから暴走)

こういう時は、強制リセット!が一番効果的!
とは言え、なかなか自分ではできないので、
誰かにやってもらうか、自分でセットしておくかしかありません。

どちらにしても、暴走している時は自分ではすごいスピードで
進んでいるつもりですが・・・ってことになりますし、
スピードの落ちたPCで作業するほど、
効率の悪いものもないのですから。

と言うわけで、強制リセットしに、ちょっと出かけてきました。

翻訳なんて、見直せば見直すだけ、直すところがみつかるのです。
それなのに、ついつい気になってまたチェックしてしまう(涙)

まるで、「机からはがされる」気分で出かけましたが、
しばらくすると、自分の頭がどれだけ暴走しつつ、
止まっていたかを実感しました。
ぜんぜん前に進んでなかったぁ・・・というところです。

そういえば・・・
妹の子供は「史上最強の弟子 ケンイチ」が大好きなんですが、
弱かった男の子が一生懸命、信じられない特訓をして強くなっていく
漫画なのです。何度も何度も読み返しています。

「あのね、読んでるだけじゃ、強くならないよ!」
といつも私が言っています。

どうやら、
考えているだけでも、
悩んでいるだけでも、

やったつもりになるだけだった・・・(愕然・・・)

ただし、今、スイッチを入れて、再起動している私の頭は、
もうしばらく普通に動くまで時間がかかりそうですけど(笑)
ま、いいか・・・。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3

EDIT  |  03:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.02/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】心の住人 

「人には思考の癖みたいなものがあるからね・・・」

なかなか、治してもらいたいと一緒に頑張っているのに
相手が変わってくれないってありますよね。

相手の何かを変えたい!
なんて、と~~んでもなく大きな目標を持ったり、
そうせざるを得ないと決心したら、
とにかく最後までやるしかありません。

よく友達のこんな部分、治せばいいのに~。
ご近所の人、こうすればいいのに~。
親戚のあの人こうすればいいのに~。

と、やきもきして、だんだんストレスを溜める人がいますが、

「時間の無駄!」と一言でだんな様が済ましてしまうぐらい、
本当に時間の無駄です(爆笑)

だって、友達から言われても
隣の人から言われても、
親戚から言われても、
そんなに人って簡単に変われるものではありませんよね。
何より、「あなた自身」がその証拠です(あはは)

「変わるのは本人が変わろうと思ったとき・・・」

よく、勘が働く人が使う表現ですが、自分で何かやりながら、
心の中で誰かが違うといった・・・なんてよく聞きますよね。
それが「誰」であろうと、
心には実は住人がいて(笑)
その住人を増やそうとするとき、
自分で増やすしかなく、
それが、「変わろう」とするときかな~なんて思います。

変わるのに、必ずしも今までのことを捨てる必要はないのですが、
ただ「心の住人」を増やすだけのこと
心の中のスペースなんて無限にあるのに
まあ、反対や抵抗のすごいことったら!(笑)
よくぞ、ここまで!と自分でも感心します。
これがなかなか、許可が出せないのでしょうね~。

たぶん、今日、話題に上った彼の心の中の住人は、
「これだけ頑張ってるから、今日は休んじゃいな。
だって、誰も認めてないじゃない」とささやいたのかしら(苦笑)

きっと、何かあるたび、この住人、彼に同じことをささやいてるわ・・。
(↑ってことで、思考の癖になっているのでしょうね)

まあ、彼の心の中に、もう一人「いや、そうじゃない!」という
強力な住人が一人、増えるのはいつの日のことやら・・・。


Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
EDIT  |  02:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 複雑な問題 

だんな様のところにやってくる相談は、いつも結構複雑。
いったい何がどうなっているのやら、
悩んでいる本人もそうなら、聞いているほうもしっかり聞いていないと思わず、
なにがなんだかわからなくなるのです。

「そうなっているときってね・・・
大体、シンプルなものを、自分で複雑にしているんだよ」

例えば、仕事をやめるべきかどうか・・・
なんて一つの相談にも、
その職場に入るときにお世話になった人がいるとか、
入ってからお世話になった先輩にわるいとか、
っていう人間関係もあり、

本当はなにがしたいのか、
その仕事は本当にあってないのか、
その仕事が嫌なのか、他にやりたいことがあるのか、
って話しになるし、

他にやりたいことがあったとして、
今やめるのか、
やめたら生活は?
やりたいことに本当に現実味があるのかとか、
どうすればそれに近づけるのかとか・・・

いや~、山ほど考えるべきことがあって、
それがとても、とても複雑に絡み合っているように
悩んでいるときには思えるんですよね・・・。

そして、ぐるぐる回っているうちに、その糸で自分が縛られ、
まるで動きがとれなくなってしまう・・・。

でも、その実はどこかで仕事の姿勢が少しずれていることが
原因で、自分のやっていることにプライドが持てなくなっている
ってことだったりします。

「あなたがその仕事をしていることで
幸せになっている人がいるじゃないですか」

元々、仕事の先の人が見えにくい職種っていうのもありますし、
ダイレクトに接すると、それだけ反応がわかりやすくもあり、
そのショックも大きかったりするし、
これまた一概には言えませんが、
とにかく、「見えなくなる」という点では同じなのかも知れませんね。

こんな時、これを脱するには2つの方法があります。

「あがいて、あがいて、あがく」
これも一つの方法だとだんな様はいいます。

でなければ・・・、あなたの姿を外から中から
客観的に見てもらうのも一つの手。

どちらをとるのも、自分の選択です。
ただし、一番最初の言葉、
「大体の問題は、とてもシンプル。
自分で複雑にしている」って忘れないようにしたいですね・・・。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3
EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 そこからが・・・ 

いや~、一日に何時間PCの前に座っていることでしょう。
その割には、ブログの更新がない?と言われそうですが(笑)

翻訳の原稿の最終的な確認に、いや~ない頭を痛めています。

以前も書いたように、悩むのは英語の訳もないわけではありませんが、
どちらかというと日本語の表現だったりします。

「人間」「人類」「人」「ヒト」と使い分けます。
「人間の起源」?
「人類の起源」?
ん?と思いつつ、ここをいい加減にしていると、
後で読み直すと、同じことなのに言葉が入り混じってしまって、
大変なことになるのですが、逆に、「人間」はこういう意味で、
「人類」はこういう意味で使うと決めるのがまた一苦労(苦笑)

と、一章の文を一つ一つ、チェックして行くのですが、
な、な、なんと!
失われた聖書の名前をどうカタカナで書くか・・・
ってことに一章全部の文をチェックするのの数倍時間がかかったりします(涙)

だって、失われているからそんなに簡単に探せるものでもありませんしね(苦笑)


「本を読んだだじゃあ気がつかないことってあるのね・・・」と、
世の中のことをふと頭に浮かべると、
たぶん、人に「見える」ところにかかった時間と、
「見えないところ」にかかった時間って、
すごく差があるんだろうな・・・って思いました。

きっと、舞台やスポーツの試合なんてその典型でしょうし、
自分が抱えている仕事も、生活することも。
表面だけ見ていると、その中に含まれているものって見えにくいんですね。

たった一つの聖書の日本名を探すのに苦労して、ああ、もうこれは・・・
と、あきらめかけた時に、だんな様が、

「ほら、Mちゃん頑張ってるね(笑)」

そう、そう、例のNZに留学した彼女のブログの記事でした。
「その語学力じゃあ仕事を探すのは無理」といわれ、
たぶん半分泣きながら頑張っている彼女が、
どうにか、次に住む場所も仕事も「引き寄せた」様子(笑)

そう、そう、「無理です」と人から言われたり、
「無理だ・・・」と思ってからが、本当の勝負だったわ!
と思い出させてもらって、もう一度探すと・・・。

あった!(でも、まだ再確認が必要ですが一応、一山越えました!)

原稿を出すまで、もう少しかかりそうですが・・・。

「自分の前の課題をこなしているのは、誰でも一緒」

人の課題が簡単に見えて、「そのくらいで・・・」と
思っている間は、自分の壁は透明のままなのかも知れません。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3




EDIT  |  03:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |