FC2ブログ

2010.02/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 そこからが・・・ 

いや~、一日に何時間PCの前に座っていることでしょう。
その割には、ブログの更新がない?と言われそうですが(笑)

翻訳の原稿の最終的な確認に、いや~ない頭を痛めています。

以前も書いたように、悩むのは英語の訳もないわけではありませんが、
どちらかというと日本語の表現だったりします。

「人間」「人類」「人」「ヒト」と使い分けます。
「人間の起源」?
「人類の起源」?
ん?と思いつつ、ここをいい加減にしていると、
後で読み直すと、同じことなのに言葉が入り混じってしまって、
大変なことになるのですが、逆に、「人間」はこういう意味で、
「人類」はこういう意味で使うと決めるのがまた一苦労(苦笑)

と、一章の文を一つ一つ、チェックして行くのですが、
な、な、なんと!
失われた聖書の名前をどうカタカナで書くか・・・
ってことに一章全部の文をチェックするのの数倍時間がかかったりします(涙)

だって、失われているからそんなに簡単に探せるものでもありませんしね(苦笑)


「本を読んだだじゃあ気がつかないことってあるのね・・・」と、
世の中のことをふと頭に浮かべると、
たぶん、人に「見える」ところにかかった時間と、
「見えないところ」にかかった時間って、
すごく差があるんだろうな・・・って思いました。

きっと、舞台やスポーツの試合なんてその典型でしょうし、
自分が抱えている仕事も、生活することも。
表面だけ見ていると、その中に含まれているものって見えにくいんですね。

たった一つの聖書の日本名を探すのに苦労して、ああ、もうこれは・・・
と、あきらめかけた時に、だんな様が、

「ほら、Mちゃん頑張ってるね(笑)」

そう、そう、例のNZに留学した彼女のブログの記事でした。
「その語学力じゃあ仕事を探すのは無理」といわれ、
たぶん半分泣きながら頑張っている彼女が、
どうにか、次に住む場所も仕事も「引き寄せた」様子(笑)

そう、そう、「無理です」と人から言われたり、
「無理だ・・・」と思ってからが、本当の勝負だったわ!
と思い出させてもらって、もう一度探すと・・・。

あった!(でも、まだ再確認が必要ですが一応、一山越えました!)

原稿を出すまで、もう少しかかりそうですが・・・。

「自分の前の課題をこなしているのは、誰でも一緒」

人の課題が簡単に見えて、「そのくらいで・・・」と
思っている間は、自分の壁は透明のままなのかも知れません。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3




スポンサーサイト



EDIT  |  03:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |