FC2ブログ

2010.02/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 妄想のすすめ(2) 

世の中に「すごい!」と思うものを送り出したり、やり遂げた人たち。
そんな人たちの頭の中をのぞいたら、きっと「妄想だらけ」(笑)じゃないかしら?

・・・だって、これまで誰も実際に見たことないものを
作り出していくのですから・・・

「できるだけ、詳しく、リアルに思い浮かべなさい」

まるでもう出来上がって、目の前にあるかのように頭の中で思い浮かべる。
そうすることで、「今何が必要か」がわかってくるというのです。

思い切り妄想した後は、そこに必ずたどり着く。
それが、「妄想」を妄想で終わらせない、当然の道筋でしょうね。

はたまた当然のことながら、誰もやったことがないことなので、
一回や二回、「これは無理かも・・・」と思うもの。

逆に言うと、いくら必死で妄想したところで、
残念ながら、人の想像なんて知れたものだったりします。
私が考えつくなら、誰かも考えついているはず。
もしも、それがまだ世に出ていないことだったり、
奇跡だ!なんて思えるようなことだったりするとすれば、
「問題が沢山、その途中に転がっているから」
というのが順当なところでしょう(笑)

・・・だから・・・そんなことに挑戦しようとしているときに、
苦しいからと、理解してくれる人を探してしまうと、
どつぼに入ります(あはは)

「そんなの無理だろ~」って、みんなが思っていることを
やっちゃうから、「天才」だったり「奇跡」だったりするのです。

「結構、孤独だと思うよ~」と、他人事のようにだんな様がつぶやきます。

「だんな様は霊能力者」の本の「奇跡を起こす」の中に書きましたが、
このプロセスも、いや、このプロセスこそ、審査の対象だそうで!

神様だって、仏様だって、ただ「こうなりますよ~に」なんて祈られても、
それこそ、「そんなの無理だろ~」(爆笑)

はたまた内容によっては、「叶ったとして、それからどうするの?」
という質問したくなるようなことだってあるらしく・・・。

ん?
なんだ、同じだわ~と思いません?
上司に「こういう企画で頑張りたいです!」とかなり無理なお願いをするのと。

きっと、上司も、それを聞いた回りの人も、「無理だろ~」って最初は思うでしょう。
でもきっと、あなたが諦めないで、頑張る姿に、一人、二人と
協力する人が現れたりする・・・。

そう、この『現実味』が祈る時にはとっても大事らしいです。

「奇跡の一つや二つ起こせないなら、祈らないほうがまし!」
とまで、いっちゃうだんな様。
でも・・・実現するまで絶対に諦めないという気持ちがあれば、
奇跡であろうと、何であろうと、起こせそう・・・ですよね!

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3


スポンサーサイト



EDIT  |  02:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |