2010.10/31(Sun)

【だんな様は霊能力者】 試合 

東京体育館で行われた、全日本の空手選手権を
見に行きました。

台風にも関わらず、沢山の人が会場に。

私達も思ったより、ずっとスムーズに会場に行け、
無事に帰ってきたのですが、沢山の試合を見つめ続けて、
ふ~、疲れました。

ので、今日は、短めに。
また詳しく感じたことなど、書きたいと思いますが、

「人間はしぶとい」

あんなにボコボコ蹴ったり、なぐったりしても
(勿論、あるルールがある中ですが、)
それが、いわゆる「効く」と言われる部分に当たっても、

・・・なかなか倒れないんだ・・・
(って、倒れるのを期待しているわけでもないです)

「同じ空手家として、くやしいです」
とは、応援に行った同じ道場の出場選手の言葉。

「同じ人間として、多分、あのくらいしぶとい」
・・・鍛えればの話ですが、鍛えたら、そうなる可能性って
あるんでしょうね・・・人間なら。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  03:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/30(Sat)

【だんな様は霊能力者】 できる幸せ 

忙しい、
大変、
辛い、
などなど。

目の前にやることがた~~くさんあったりすると、
こんな気持ちにもなります(涙)

で、次に頭をよぎるのは、
「なんで、わたしばっかり・・・」とか(あはは)
「どうして、正当に評価されてないの?」とか
「こんなこと、意味があるのかしら?」とか。
(こころ当たり、ある、ある、だったりしません?笑)

それでもちゃんとこなす人。
それでも、こなした事で成長する人と、そうでない人。
同じ仕事をこなしているのに、暫くするとその差が歴然と
してきます・・・。
どうしてかしら?と・・・。

「これだけ、頑張っているのに、何かが違うのよね~」
と、そんな人を見て私が言います。
何と言うか、頑張っているし、それを伝えるのですが、
何かが違う・・・(感覚的で申し訳ないのですが・・・)

「仕事があるから、仕事ができる。
親がいるから、親孝行できる。
目の前に役に立てることがあるから、役に立てる。
それをストレスに感じるか、
それとも、できることがあると幸せに感じるか。
じゃないのかな?」と、だんな様。

大学院に行っていた頃、そりゃあ、課題とかレポートとか、
考えなくてはならないこととか、沢山あって、
いや、いや、押しつぶされそうになった時がありました。
ふと、
「こうやって、も~いやだと思ってるけど、
これ以上、学ぶことがありません・・・ってなったら、
どうしよう・・・」(あはは、そんな事は絶対にありませんが)

つまりは、苦しみながら自分が学べる事が、これですよ!って
はっきりあるって、「楽」なんじゃないかな?って思おうと
したってことなんですけど。
とはいえ、その時の心境は、余裕は全くなかったので、
ただ、ただ、頑張るための自分の心のコントロール法かな?
ぐらいに思ってましたけど。

・・・そうよね・・・いくらやりたいと思っても、
やるべき仕事が与えられず、
役に立てるようなポジションがなく、
これで学べるというものが目の前に見えない・・・。

これも、ある意味、もっと苦しい・・・。
探すところから始めなくてはならないのですから。
(・・・とは言え、これもいつも目の前にあるのですが、
見えなくしてしまってますから、きちんと見るところから
始める・・・って表現が正しいかも知れません)

「出来ることがある、
学べることがあるって、幸せなことなんだ・・・」
とか、再認識してみると、

あらら、どんなに忙しくても、それってありがたいな~って、
ふと「感謝」の気持ちが生まれたりして。
思わぬ副産物です!

よく、「感謝の気持ちを持ちなさい」とか言われても、
なんだか強制されているみたいな感覚があったり、

「ありがたい」って、「ある」ことが「難い(かたい)」
難しいって意味ですよ~なんていわれても、
そんなの普通ジャンと、どこかで思っていたり。

多分、普通のことも、どんなことも、
相手のために思えることも、
自分がやれる幸せを思い出すと、

ちょっと塩気の足りない料理が、
塩を入れた途端に、すご~~くおいしくなるように、
「自分のやっていること」が変わるのかな?
なんて思ったりします。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/29(Fri)

【だんな様は霊能力者】 役に立つ 

「人の役に立ちたい」とか「人の役に立つ人になりなさい」とか。
結構よく聞く言葉でもあります。

そこで、「あなたのためだから・・・」なんて言葉が出てくるのでしょうが、
そう言われた本人からすると、本当に自分のためなのかどうか、
よくわからないことがありますよね(苦笑)

ま、痛いところを付かれて、本当に私のためと思っているのかしら?
なんて反論したくなる場合もありますが。

役に立とうとする側からすると、「あなたのため」と言いながら、
実際、その相手を気遣っている部分もありはするものの、
どこかで、「こうなってくれれば、助かる」みたいな計算も
ある、あるだったりします。

これって、別に悪いことではないと思いますし、
ここまでがあたなのためで、ここからが私のため、
なんて線引きするのは不可能ですよね。

それに、一生懸命やりすぎて、誰のためか、自分でもわからなく
なったりして(お互い混乱・笑)



だから、なおさら、「人の役に立つ」って、
言葉にするのは簡単でも、
簡単に実行したとは言えないものですよね。

ま、すこしニュアンスは違うと思いますが、
子供の頃、世話好きの私は、妹のやることなすこと、
ぜ~~~んぶ、やって上げていたそうで(←かすかにしか記憶がない)
気が付くと、彼女はかなり大きくなるまで、
靴のひもを花結びにできませんでした。

自分で言うのもなんですが、妹の役に立ちたい・・・
なんて思っていたのかな?と。
で、実際、役に立ったかどうかは、はなはだ疑問、
というか、この場合は、役に立ってないと、
クレームを妹から付けられても仕方ないかと(苦笑)

日常にもこんなちょっとした「役に立ちたい」行動から、
もっと、大きな社会的な貢献まで、

本当に、できるだけ「ある人」の役に立つには、
それだけ物事を深くみつめる視点とか、
どれだけ時間のスパンをそれに組み入れることができるかとか、
その人の性格からして、どんな形が一番現実的かとか、

考えなくてはならないことは、沢山!
つまりは、役に立とうとするのに、相手を見ながら、
役に立とう、立とうとしても、ちょっと無理があるのかな?
なんて、考えてしまいます。

「役に立ちたいと思ったら、そういう人に自分がなろうとすること」

つまりは、実際に役に立つかどうか、そんな視点の先ではなくて、
役に立つ人間になろうとする姿勢、そんな視点の先に、
何かがありそうです。

同じ、役に立ちたいと思ってやる自分の行動でも、
ベクトルの方向が違えば、結果は当然、違ってくるのでしょうね。

自分の頭で色々考えて、「役に立つ」行動ってのも大事ですが、

自分が役に立つ人間になるには、当然、自分に力がないと、
共倒れになるわ~なんても思ってみます。

いづれにしても「社会貢献」という四文字に含まれる意味は、
そんなに単純じゃないな~と、観察中です!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/27(Wed)

【だんな様は霊能力者】 怒る と 怒る 

あら、漢字にすると同じになるのねと思いましたが、
「怒る(いかる)と怒る(おこる)は違う!」と、
だんな様は言います。
勿論というか、
「叱る」と「怒る」も、これまた違います。

その違いとは・・・
多分、どのくらい感情に振り回されてるかってことかも。
それから、誰のためにその感情が出てきているのかってことも。

そういう意味で言えば、
「仏に帰依しない人々を、怒る姿で従わせようとする、
例えば、不動明王なんて、そのまんまの姿じゃない」と私。

どうやらこの当たり、もう少し詳しく観察する必要があるようです。

「このところ、何だか怒りっぽくて・・・」という人達の
ニュアンスには、どうもポジティブな感じだけはないものが
ありますもの。

もしも、その「頭にくること」=「悪いこと」みたいな
法則がどこかでインプットされていたとしたら、
そこは、一度、修正せねばなら無いかもしれないと
思い始めました・・・(あはは、まただ・・・)

いづれもイライラした感情が伴いますから、
一見同じに見えますが、それこそ、
「いや、ちがう!」と、怒る(いかる)声がどこからか
聞こえてきそうです。

人の感情のイライラ度をこれまた観察していると、
そのエネルギーにも大きな差があるようで、
カチンときたら、すぐに怒ってしまう・・・
カチンときても、まあいいかと思う・・・
カチンと来る事自体が滅多にない・・・

などなど、様々。
とはいえ、いつか書いたように特別な感覚を持った人というのは、
この感情のエネルギーが大きい・・・か、
あるいは、とてもとても敏感か。
どちらもと言うこともありですが。

だんな様を観察していると、
頭に来るような事がある場合、一瞬でとりあえず目盛りのあるところまで、
ぶっちぎってメーターが上がり、
その後、そのメーターは、そのままで、
次のメーターが動き始めます。

それは、カタカタと言う音とともに、計算する音(笑)

「どうすればいいか・・・って、計算してる・・・」
らしいです。

さて、そんな計算があっても、なくても、
同じ言葉が、誰かにとっては、叱られた・・・になり、
誰かにとっては、怒られた・・・になり、
誰かにとっては、怒りの(いかり)の対象になったりします。

ですから、一生懸命、言葉の違いをこうして分析していますが、
あれれ?そうではなくて、それをどう人が捉えるかって話しだ~と、
今更のように気が付いてしまいました(涙)

だから、どう違うのよ!と、どこからか聞こえてきそうですが、
人の心や捉え方は、「時間」と共に変わったりするので、
なかなか「これ!」と表現するのが難しいです、はい。

むか~~し、先生に叱られ、
ああ、先生、あんな事したから怒った(おこった)んだ~と思い、
でもって、ちゃんと叱ってくれた先生って、
そもそもこんな風になるまで誰も気が付かなかったのか!
と、怒って(いかって)たな~と思い出す。

え?分かりにくいって?
後は、ご自分で分析あれ!(逆ギレ、怒り(これは「いかり」でしょうかね?モード)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.10/26(Tue)

【だんな様は霊能力者】 勘違い 

学んでいる途中には当然起こることですが、
あ、違ったんだ・・・違ったんだ・・・
という勘違い。
最近、特にそんな事に気づかされています。

昨日は、例の月例会・・・(笑)
毎月、お会いするたびにどんどん変化される人たち。
今回は、いらした方の中で一緒にお参りに行った方も多かったので、
特に、「楽しみ、楽しみ」と思っていました。

「人生は楽しむためにある」
だんな様がよく口にしますが、

あら、気が付くといつの間にやら、
「人生、楽しむ=楽 するためにある・・・」
みたいな公式を頭の中に作り上げている自分が
少しだけいたりします(あはは)

それが大いなる勘違いだと、改めて感じたのは、
皆さんのお参りの後の日常のお話。
それぞれに、それぞれの変化が何かしら起こっている。

ある方は、自分では大きな変化に気づかない!と
言われてましたが、周りからみると、その差は歴然(あはは)

「こんなに感情的じゃなかったよね・・・(笑)」
とだんな様が苦笑します。

一見穏やかそうで(って、見る人が見れば、すぐに違うとは
分かりますが・・・笑)、いつも冷静沈着。
そんな彼が、自分がおかしいと思うことは、おかしいと
口に出して言われるようになりました。

だんな様には、そんな彼の熱いとも言える性格は
と~~の昔に分かっていたのですが、
なかなかそれが外に出てこなかったのです。

そういえば、もう一人、同じように、
「何だか、職場で頭にくる事が多くなって・・・」
と、言われた方がいらっしゃいました。

社会でもそうですし、心を鍛える世界でも、
成長したり、悟ったりしたら、おだやか~~な、
波の立たない感じの人になれるのかしら?
な~~んて思ったりしますが、

ん?一体、これってナンだろ?と頭の中に疑問が・・・。

最近、感情的になったこの二人、
でも明らかに、成長してるな・・・って見てても
それこそはっきり分かります。
この場合の成長こそ・・・楽「らく」っていうのではなく、
「楽しんでいる」という。
勿論、怒ってはいたりするんですけど、
その姿とやら、前よりずっと、生き生きしているのです。
その一面で言えば、まるで別人とさえ言えるほど。

つまりは、「人生楽しく」には、
結構、色んなものを詰め込む必要があったりするのかしら?
と思ったりします。

苦しい時に、無意識に望む「楽」って感覚と、
「楽しむ」って感覚は、実は全く違うものかも知れないと
観察中です。

・・・ってことは、悟ったら、→ 楽になる
って言う「楽」も、勘違いしていたかも・・・と、
もう一度、最初から考え直してみようかな?と、
思っている次第です(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3





EDIT  |  03:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/24(Sun)

【だんな様は霊能力者】 元々の目的 

何度も、何度も、読み直してますが、
やっぱり見つかる、間違いや訂正。
・・・そう、校正のお仕事。

自分が本を読んでいて、あれ?と間違いを見つけ、
「これって違うよね~」というのはとても簡単。

だけど、「間違いがないように」仕上げるという、
いわば、反対側から見た一冊の本は、とてつもなく
膨大な作業が必要だったりします。

「間違いが浮いて見えるんです」とは、
ベテランの校正のお仕事をされている方の言葉。
で、最近、思うのは、その浮いて見えた校正を
本当に、何度も、何度も読み直していらしゃる。
これがプロなのかな?と。

とにかく、時間が許す限り、何度も何度も繰り返して
徹底的に練ると言う作業には、同じ一冊でも、
出来上がったときに、そこに何かが足されている感じがします。

人の欠点とやらも、これに良く似ていて、
誰かの欠点を探すのは、ある意味とても簡単だったりして。

でも、自分の欠点を治すとなると・・・
いやはや、きっと膨大な努力と時間が必要なのは
当然なのかも知れません。

校正の仕事の中で、滅入るのは、「間違い探し」なもので、
まるで自分の欠点を指摘され続けるような感覚に陥ることです(苦笑)

こんな時、もっと大きな視点で、自分を励まさないと、
はっきり言ってくじけそうになります(爆笑)

「間違いのない本じゃなくて、読んで人のためになる本を
 作ってるんだから・・・」と。

これって、何かにトライするときにも、やっぱり似たような事があって、
何度やっても、本当に力が付くまでは、結構、同じところで、
ミスります(涙)
繰り返し、繰り返し、ミスる間に、段々、元々の目的を
すっかり忘れてしまいそうになるものです。

勿論、仕事の内容によっては、ミスがないように・・・が
一番大事なものもあるでしょうから、
それは、それで細心の注意をしなくてはならないでしょうけど、
どちらにしても「~しないように」という思いは、
自分を成長もさせてくれる代わりに、
気が付けば、神経がボロボロになってるってことも
少なくありません・・・。

ひとつの仕事の中に、またマルチタスクがある・・・
ってところでしょうか。

「完璧に出来てるけど・・・」

不思議なもので、間違いがないようにとだけ考えて
仕上げたものには、何かが足りない感覚がしてしまうのは、
多分、私だけではないと思います。

例えば、公的な申込書なんて、間違いがないように書いても、
担当者じゃなければ、普通は見る気にもなりません・・・。
あらら、例に出す内容が良くないって?

確かに・・・。
でも、なんとなく、この違いのニュアンス。
目に見えないものだけに、伝えたいと、
ミスじゃない?と言われる可能性を承知で、書いてみました!(笑)

・・・っていうか、このブログを書き始めた時の
元々の目的を、途中で忘れた文章になっている・・・
と読み直して気が付きました。

で、続く・・・
ってことにします(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/23(Sat)

【だんな様は霊能力者】 存在 

「居るだけで、周りの人が癒される、病気が治る人になりたい」
それが、だんな様の目標だそうで・・・。

「その人がいるだけで・・・」という現象。
それが引き起こせるなんて、いや~、むずかしそう・・・。
というか、一体、どんな人か想像もつかないとか
思っていました。

ふと、国連で働く人たちや、名医と呼ばれる人たちが
出てくる番組を見ながら、あれ?これかも?と。
だって、99歳で現役で働いているお医者さんがいると知るだけで、
高校時代に見た一枚の写真がきっかけで、
武装解除のために丸腰で戦地で働く30代の女性がいると知るだけで、
なんだか、勇気が湧いてきますもの。

居るだけで・・・という人達に共通したもの。
それは、意識的に誰かを「癒そう!」とか、「助けようとか」
それは、それで、当たり前すぎるのかもとも。

私の目には、ただただ、自分の目の前の仕事を必死で、
何か方法はないか、自分が出来ることは何かを、
ひたすら続けている人達に見えました。

正確には、こうしてテレビに出る人達と言うのは、
「その人に会うだけで・・・」というより、
そういう人の存在が、人に勇気を与えたりする、
そんな役割も背負っているのでしょう。

穿った見方かも知れませんが、こうして、
テレビに出るって、見てる側からすれば、
ふつ~~に当たり前。
でも、これまで関わってきた人や、これから関わる人に、
「こう思われたらどうしよう・・・」
なんて思ったりするのであれば、到底、無理。

有名になることなんて、望んでいるのか、いないのか、
そこは分かりませんが、どちらにしても、
そんなことより、何かのためなら、どういう手段でも・・・という
ある意味、有名な人が持っていると想像している「余裕」
みたいなものは、はっきり言って「ない」んだと確認しました。

多分、そういう人達に垣間見える「余裕」って、
「余裕」じゃなくて、「決断力」なのかなと。
決めたら、迷わないという姿勢が、
いまだそれを身につけていない人には、余裕に見えたりするのかなと。

居るだけで・・・教えられる、癒される、勇気を持てる。
その究極って、あら、「仏様」や「神様」の姿かも知れないなと、
いつものように、私の暴走する思考は、そちらに向かいます(爆笑)

・・・きっと、私達が思っている姿の仏様や神様って、
いろんなこと、心の中に持っていて、
それでいて、すっきり、座っているだけとすれば・・・

いやいや、それが仕事なら、なかなか根性が要りそうです(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.10/22(Fri)

【だんな様は霊能力者】 引き出される感覚 

悲しい、嬉しい、楽しい、わくわくする
感情って、それこそ沢山ありますから、
こうして言葉にするのも限界があります。

同じことを同じ場所で経験しても
ある人は、楽しく感じ、
ある人は、何も感じず、
誰かにとっては、ただの退屈な時間だったりします。

基本的には、どう感じようと、その人の勝手かなと思ってますが、
同じ感情を誰かと一緒に持って、すご~~く盛り上がったり、
はたまた、励ましてもらったり、
それこそ、そんな経験のある人にとっては、
一人で感じる感情には、限界があるかも?
という気持ちにさえなるもの。

「いや~、なんと言っても家庭環境だろうね・・・」
と、だんな様。

ちょっと小難しい話になりますが、言葉を習得する
システムって、よく、生まれながらに何語でも
話せるボックスみたいなものがあって、
それを刺激する事で、話せるようになるというひとつの
仮説があるのですが、感情もそれに似ているのかも知れません。

生まれながらにそうなる可能性があって、
周りからの刺激を受けて、
その言葉を話すようになる
とか
ある感情を持つようになるとか。

当然、これには個人差ってものがあるわけで。

たまたま、今日の今日まで、引き出されてなかった感覚とか感情とか。
引き出される必要が、なかったのか、経験しなかったのか。

さて、さて、こんな時、どこに原因があったのか、あるのか。
探りたくなるのが、それこそ普通の感情でしょう。
こんな原因さがしをするときに、一番気を付けなくてはならないのは、
責任転嫁して、終わり!になりませんよ~に!

究極は、そうなれば良いだけの話ですが、
いや~不思議なことに、自分に何か欠けていると思った時の
人の行動って、これまた様々です。
誰かのせいにして、だから出来なくても仕方ないと思ってしまったり、
どうせ出来ないと、思ってしまったり。
・・・って、同じ事を悩んでいるようでも、
原因探しをやると、こんな感じになってしまうってことも
少なくありません。

・・・あれ?私って、ずっとこれで悩んできた?

こんな時に、自分が前世も同じ事に悩んでいたと知れば・・・。

「そろそろ、卒業しましょうか」
なんて、思えれば、前世も知った甲斐があるというもの。

ちなみに、卒業したくない場合は、
「前世」さえ、非難の対象になったりします(苦笑)

すべてを自分の外に置きたい気持ちは、痛いほど分かりますが、
感情の話に限って言えば、殆どの場合、どんなに頑張っても
「原因」(の少なくとも一部)は自分にあって、
それを治療する、忘れるスイッチは、他の人に引き出してもらうしかない。
って感じがします。

またまたちなみに、英語でこんな感情を表す表現は、
殆どが「受身」の形で書くのですが、
こう考えると・・・なるほど、よくできてる!と。

さて、引き出されないと引き出せないのなら、
誰かに引き出してもらいに出かけましょうか・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.10/20(Wed)

【だんな様は霊能力者】 ないものはない 

超現実的に考えるとても大事な視点。
「ここにないものは、ない」という事実・・・
と、数日前のブログに書きました。

「ないものは、ない」
すっきりあきらめれば、目の前にあるものが見えてきたりします。

この諦め方って、実はとても大事。
諦めたつもりで、「ど~~せないし」という諦め方は、
はっきり言って、ぜんぜん諦めてません(爆笑)

「そんなに必要で、今ないのなら、手に入れればいいだけ」
普通に、普通に、だんな様が言います。

これも超現実的な公式の一つ。
ない、ないとつぶやいている間に、どうすれば手に入るのか、
あの手、この手を考えてみる。

考えただけじゃあ、超現実的ではないことも
ご用心!

考えて→行動することで、現実に少し近づきます。

そうですね・・・分かりやすいように、
例えば、こんな人と結婚したいとします。
(どんな人でしょう・・・)
とすれば、その人とは当然、同じ家に住み、同じモノを食べ
同じ時間を過ごすことが多くなるわけです。

さて、その相手とそれだけの事を「一緒に」するとして、
それって、今の自分でどれだけ「心地よい」か
考えてみましょう・・・・。

・・・想像するのさえ難しいのなら、現実的に起こるのはもっと
難しいでしょうね・・・きっと・・・。
少しづつでもいいから、どうしてもこんな人と結婚したいとか、
具体的に想像してみることです。
・・・分かってくるのは、自分のことだったりするかも知れませんね(笑)

実際には、
「本気で結婚したいと思ってないよね・・・」と、
だんな様がつぶやく事って、結構、多い・・・。

「結婚って、しなきゃいけないと思ってするものでもないと思うけど」
と、付け加えます。

義務感とか、周りからのプレッシャーとか。
しなきゃいけないという、義務感の向こう側にあるものは、
ひょっとしたら、義務的な毎日かも知れません。
ん~現実的、分析だわ(笑)

そういえば、ちょっと穿った見方かも知れませんが、
シンデレラのその後って、私的にはずっと気になっています。
シンデレラ・・・結局は幸せに暮らせたのかしら?
なんてね。
最近、この手のお話も出てきたりしているそうですが、
いや~、お城って冬寒そうじゃないですか(爆笑)
寒がりの私なら、とても無理。
それに習慣や、色んな事がぜんぜん違って、
いやはや苦労も多かろう・・・なんて、
ど~~でもいい事を想像してみたりしたものです(あはは)

「後二年後ぐらいに、出会うでしょう・・・」なんて
占いなんかで、書かれてたりしますし、
だんな様もその時期に縁があるのはあると思うけど・・・。

「でも、実際に自分でこの人と結婚したいと思わなくては、
相手にそう思わせることができなければ、縁はただの縁でしかないしね・・・」
そう、つまりは、チャンスはちゃんと掴まなければならないし、
掴むだけの実力や魅力が自分にあることが、
必要条件だったりするのでしょうね。

ま、いろんなわずらわしいことは勘弁~と思っている人は、
ひょっとしたら、自分で思っているより、自分で結婚したいと
思っていない可能性大。

とりえあずは、本気でそう思うまで、自分をせっせと磨いた方が
それこそ、現実的かも知れませんね。
あ、その際、特に結婚とか誰か相手のいる「自分磨き」には、
自分の世界に閉じこもらずに、できるだけ沢山の人にあって
自分を磨くのが大事だそうで・・・。

・・・なんだか、ありきたりのアドバイスになってしまいましたが、
現実的であれば、他の現実を引き寄せやすい。
これも、現実だったりします。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/19(Tue)

【だんな様は霊能力者】 人が変わるとき(2) 

さて、人が変わった!と思えるときって、
どんな時なのかしら?と、もう少し観察してみたくなりました。

「言ってることと、やってる事が違う・・・」

「言い訳がどうしても多くなる」

そんな成長途中の人達を見ながら、だんな様が良く口にする言葉です。

心で思っている事と、
こころの奥底の魂が思っている事。
ここで、すでに何か葛藤があるのが、普通と言えば普通なのでしょうけど、
変化して、前に進み始めるのは、これがぴたっと一致した時かな?と。

当然、行動にも、迷いがない。

そして、当然、人から見てもわかりやすい。
・・・だから、思ったとおりの反応が返って来易い・・・
ってあるのかなと。

結果、人がまるで集まるように協力してくれたりする
ってことも起こったりするでしょう。

他の人は、心の奥底に隠されたものって覗けないのが普通のなので、
どうしても、その人の言葉と行動から、相手を読み取ろうとします。

葛藤のある人の言葉や行動には、バラバな感覚がぬぐえなかったりします。

つまりは、何を考えているのか分かりにくいし、
理解しにくいことにもつながるのですね~。

霊能力者の場合、自分の魂の言葉を無視できないほど、
それが強かったりする場合が多いのですが、
そのまま、他の人に受け入れられないことも
本能的に知っていることも多いのです。

自分の魂の欲求と、他の人の望む事。
違って当然なのですが、エネルギーの強い魂の欲求が、
うまく満たされないと、大きな葛藤が生まれて、
世の中でとても生き辛くなったりすることも
少なくありません。

そこで、自分の魂の外側にバリアをしっかり張る。
・・・これが、即効性のある対処法に思えます。

それを隠したままの言葉や行動は、
とても人に分かりにくかったりしますし、
本人も魂の欲求には蓋をしていますので、
それがずれていることから起こると分かりにくい・・・。

あらら、これでは出口がない感じがして、
悲観的になりそうですが・・・
ご安心ください!

魂のエネルギーさえ失わなければ、
心と体がそのエネルギーを発しても大丈夫なぐらい強くなったときに、
急に「変化」したり、成長したり・・・
外から見ると、急に起きたように思えたりもしますけど、
タイミングを待っていたと、言えるのかも知れません。

心と体と魂のベクトルが一致している・・・。

そうやってすっきり進む人には、
一見、無理だろ~と思うことでも、
え~と驚くようなことでも、
ちゃんと起こったり、出来たりします。
確実に、人の想像を超えた事が、ちゃんと起こります(爆笑)

さて、そのタイミングをどうやって作り出して、
どうやって引き出すのか・・・。

当然ですが、「頭」で考えて分かるはずもなく(爆笑)

ま、自分のタイミングがくるまで、
まっすぐ進む迷いのない人のエネルギーを伝染させてもらいましょう!

最近、気が付いたのですが、これって確実に、
伝染します!!!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.10/18(Mon)

【だんな様は霊能力者】 人が変わるとき 

「いや~、人ってほんとに変わるんだね~」
と、だんな様が言うとおかしいのですが、
心からそうつぶやいています。

まったくもって、人は変わるときに、変わる。

どんどん変わって行く人たちを見ながら、
「変化」とか「成長」って、伝染するんだ~と思った次第。

伊勢神宮にお参りに行った人達には、それが顕著に出ていて、
あれ以来、数回、お会いするたび、
あれ?またっていうのもおかしいけど、
成長してる・・・変化してる・・・と
嬉しい気持ちになります。

ひょっとして、伊勢神宮にお参りに行くタイミングが
参加した人たちの中でシンクロしてたのかしら?
つまり、変化のタイミングにそれぞれが来ていたからお参りにいけたのかな?
と思ったりしたのですが、
いや、そうじゃなくて、これって「伝染」してる・・・と。

そして、自分が成長した人が、
成長するという新しい経験に不安を抱えている人を
どうにかして助けようとする姿を目にする度に確信するのです。

進化や変化、成長は、伝染するんです!

逆に言えば、自分が成長するだけで、
成長した自分だけでなくて、
その周囲にも影響を与えるんですね~。

この効果は絶大!

伊勢神宮、おそるべし・・・

いや、成長するまで頑張る人おそるべし・・・

あきらめずに、人を信じ続ける人、おそるべし・・・

心を込めて、人を癒し続ける人、おそるべし・・・

これが全部揃うと、本当におそるべし!
って事を目にすることになります・・・(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.10/17(Sun)

【だんな様は霊能力者】 グレイゾーン 

グレイゾーン。

どちらかというと、マイナスのイメージで語られることが
多いのでしょうか。
特に、潔癖になったり、敏感になったりする中高生の時は、
親や先生、そして社会がことごとく「許せない!」なんて
感覚になったりするもの。
いや、大人になっても、性格的に「許せない!」が沢山ある人も・・・。

「生きにくいだろうね・・・」
そんな人達を見ながら、だんな様が言います。

グレイゾーン・・・ん?
グレーゾーンが正しい?
この表記だけで、グレイゾーンを語れそうです(笑)

どっちが正しいかと言えば、どちらも正しく、
どちらも正確ではない・・・んでしょうけど。
(こんなところで翻訳の仕事は、いつも止まってしまいます)

灰色を表す英語「Gray」
日本語には「r」の発音はないので、
「エイ」と発音しようが、「イー」と伸ばそうが、
元々の英語の発音からは、すでに変化してしまっています。

で、それが正しかろうと、そうでなかろうと、
沢山の人がそれを使い、「グレイ」が「灰色」と分かれば、
やがて辞書にのり、「グレー」でも「灰色」と分かる人が
ある程度になれば、併記されます。
どっちでも良いってことですね~。

すべての音がカタカナで表せると思っていると、
ま~大変な事になりますし、
発音しているようにカタカナで書いてしまうと、
「これ・・・おかしい」となる(苦笑)

おっと、話がどんどんずれていますが、
グレイゾーンには、変化のプロセスが含まれているのでしょうか。
その途中(つまりはどっちとも定まってない)に、
これが正しい、あれが正しい。
主張するのは自由ですが、何としても自分の意見が正しいと
言い張ると、何だか、「正しい」事にこだわっているのか、
はたまた「自分の意見が正しい」事にこだわっているのか、
よく分からなくなってしまいます(笑)

どちらにしても、時間が経てば、グレイゾーンにあるものの中で、
ホワイトになるものも、ブラックになるものも、
はたまた消えていくものも、あるのでしょう。

ま、自分の意見が正しいと思って主張し、
相手がそうじゃないと主張するってことは、
どちらも、「正しい」と思い込んでいるって場合もあるし。

なので・・・グレイゾーンにあるものは、
簡単には結論が出ないことが、一度保存されている場所。

自分の結論も出さずに、浮かべておくにしても、
覚悟を決めて、こちらが正しいと主張するにしても、
グレイなものは、グレイなままで・・・
良いじゃない!とか思いますが。

反抗期の子供にしてみれば、
「そもそも、白はこれで、黒はこれ、って教えたの誰だっけ?」と(爆笑)

反抗期はあって当然です・・・(涙)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/16(Sat)

【だんな様は霊能力者】 浄まりすぎ? 

伊勢神宮へお参りに出かけて、約半月。
一緒にお参りをした人の多くが、
「すっきりしました!」
「次のスタート地点!」
と、リセットできたんでしょうね。

旅行の写真を見ると、誰もが行く前と後では、
表情が違ったりします。

さあ!と始まった里の行。
(日常の生活の事をだんな様はこう呼ぶのですが)

「ん?浄まりすぎ?」と思うこともちらほら(苦笑)

今日は用事があって、出かけたのですが、
最近出かける度にどこに行っても空気が重いと
感じてしまうのは、気のせいでしょうか。

・・・それでも続く日常は、楽しかった思い出があればあるほど、
浄まれば浄まるほど、辛かったりするのでしょうね。

ある人は、「楽しかったな~」とふとした瞬間に思い出し、
ある人は、「こんなに日常って辛かったっけ?」と思い、
ある人は、「こんなこと許せん」と、ごまかしや理不尽さに
以前にも増して、敏感になったり・・・

単純に比較は出来ないのかも知れませんが、
だんな様も昨日のブログに書いていたように、
人間の世界は、「グレーゾーン」が沢山。

白か黒しかない!って感覚の空気をしっかりすった後には、
このグレーゾーンが、どうも体や心に合わなくなってしまうのでしょうか。

それもそれで良く分かる・・・と思って、
世の中を見回すと、なんとグレーゾーンの多いことでしょう!!!

グレーゾーンって、一般的には、はっきりしない、
あやふやなイメージがあり、まさにその通りなのですが、
同時に、その懐も深かったり、色んなものを包めたり、
うまく表現できませんが、まさに良い、悪いで判断するまでの
プロセスの時間がそこに詰まっている気がします。

理想と現実の間に、グレーゾーンがあって、
その中を進む間に、自分の力も付けば、
マイナスにひきづられたりする。
でもって、あ、いけない!と自分を律して、
また歩き始めると、さらに力が付く・・・
そんな感じもしますが、
同時に、疲れる~と、叫びたくなるような場所でもあります(苦笑)

「浄すぎても、悟っても、日常は続くのね~」
なんて、それこそ、悟ったような言葉を言ってみますが、

言葉を変えれば、目標が先に見えている人にとっては、
自分を鍛える場面だったりもするのでしょう。
それを思いっきり楽しんでいる人も中にはいて・・・

ん~、楽しむ人にはかなわない・・・と思います(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.10/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 超現実的 

「現実的」という言葉を聞くと、何を思い浮かべるかというと・・・。

これが → こうなる

みたいな公式だったりします。

「あの人、現実的な人よね~」なんて言葉の響きには、
ちょっと、距離を置きたくなる相手かなって感じもしますが・・・。

「現実的に考える」
相談に乗るときに、それを一番に考えているというだんな様。

私から見ると、ひょっとしたら、その部分を一番学んだかも?
と思います。

現実的という言葉の持つ響きには、短絡的な感じもするのでしょうが、
これを「超現実的」にして、物事を考えると、
ま~、なんと、シンプルになってしまったりします(爆笑)

その中でも一番と言っていいほど、役に立つのは、
「ここにないものは、ない」
という「超現実的」公式!!!!

あったらいいな・・・は、想像や妄想の訓練にはなりますが、
現実的な効力と言えば、結構、非力すぎたりします(涙)

時間があったら
お金があったら
背がたかかったら
電車が今来たら
若かったら
体力があったら

すべて、ここにないものは、ない。

こ~~んなシンプルな公式をつぶやくだけで、
結構、ある意味諦めがついて、
「今やれること」に集中できるから不思議!!!です。

勿論、うっかり気を許すと、
あれがあれば・・・なんて思わなくもないんですよ。
「今やれること」に集中するには、それなりの訓練が必要ですが。

「今やれることをやるしかないんだよ」という
繰り返しアドバイスするだんな様。

そうは分かっていても、人の心は重力があるようで
ないらしく、ふわ~っと、あれがあれば・・・と、
目の前にないものを思い浮かべている間に、
今度は、大事な目の前のモノが見えなくなる・・・

・・・ってこと、ありますよね。

そうか・・・これから出来るようになることは、
今やっている事の先にあるのよね~なんて、
当たり前の事を考えながら、校正の仕事をしていたら、

「過去に出来ないで、今できないものは、
未来になってもできない」とのお言葉。

ははぁ~、その通りでございます・・・

とはいえ、集中しすぎにもご用心ください。
(↑私を含む)
モノには限度というものがあるのですから(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/13(Wed)

【だんな様は霊能力者】 想像力  

今では、毎日のようにブログを書いている私も、
昔は、文章を書くのはあまり得意ではありませんでした。
ま、今でも得意かと言われると、得意ではない・・・と
答えるかも知れませんけど・・・。

教師時代には毎月どころか、毎週、「学級通信」みたいなもの
(高校なんですけどね)を出す先生もいて、よくそんなに
すらすら文章が書けるものだと関心するばかり。

自分で想像力が豊かとは、全く思ったことがありませんが、
今では、ご存知のように、「こうでこうだったりして」と、
想像力を爆発させ、そのうち、妄想状態に入るのが
得意技にまで、技を磨きました(あはは)

霊能力者って、想像力が豊かだと思い込んでましたけど、
「能力者にとっては、想像じゃなくて、現実なの!」と、
だんな様のお言葉。
今ならそれはよく分かりますけど。

ただ、現実と、想像の境目はとてもアバウト。
自分の頭に浮かんだものが現実のモノなのか、
妄想なのかの判断は、とても難しかったりします。

そして、妄想と、想像力ははたまた別物かな?と。
(これについては、また別の機会に書きましょう。
ちょっと、難しいのですが)

「想像力がないんだよね・・・」と、
だんな様が時々つぶやきますが、
目の前の事にいっぱい、いっぱいになった時、
感情的になったとき、不満があるとき、
その感情をそのままぶつけて・・・
その先どうなるかって想像。

これってかなりの武器だと思います。
想像してから、行動する。
そんな想像力がないと、結構、あっちにぶつかり、こっちにぶつかり・・・。

その上、自分が言った事は正しかったりするので、
自分の頭がさらに混乱します。
「なぜ、正しいのに、これが通らないの~~~~」と。

いや~、考えてみたら、これも教師時代にしっかり訓練した気がします(爆笑)

「将来のために、ちゃんと勉強しなさい」
な~んて、幾ら叫んでも、しない子はしないし(あはは)

さて、それが分かっていて、どうやってやらせるか・・・
な~~んて、真剣に考えている間に、
結構、この方面の想像力は付いてきたかも?なんて振り返ります。

まあ、残念なことに想像力をフルに活躍させても、
結果が思ったとおりになるなんてことは少なかったりしますけど。

「他人のことを変えるのは、むずかしい。
自分のことを変えるほうが、ずっと簡単」
とは、いつも私も思っていることですし、
ツイッターでフォロー中の科学者も言っているぐらいですから。

それでも、先を見通すという想像力は、
やっぱり未来を「創造」してると思います。

こうなればいいな~
こんなものあったらいいな~
きっと便利だろうな~

って、誰かが想像して、
誰かが形にして、
そして目の前に便利なものがあったりするのですから。

さて、さて、その想像力とやら、
どうやって訓練すればよろしいのでしょう?

それについては、また別の機会に書きましょう。
それまで、ご自分で、想像してみてくださいませ!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/12(Tue)

第1059回「お守りやおみくじは、いつも持ち歩いていますか」 

第1059回「お守りやおみくじは、いつも持ち歩いていますか」



トラックバックのテーマですが
何だか、シンクロしてたので思わず・・・。

そうそう、あちこちで引いたおみくじや、お守り。
買ったは良いけど・・・その後どうしたらいいのかって、
質問もよくあります。

そもそもお守りって、願いを叶えてくれる・・・というより、
後押ししてくれるとか、
やる気をださせてくれるとか、

どちらにしても現実にするのは、本人ってこと。
忘れないで、持ちたいものです。
勿論、そうやって、護ってくれるものがあるというのは、
なんとも心強いものですが。

「お守りやお札の効力はせいぜい一年かな・・・」とだんな様。

何しろ時間が経つと、お願いした方の都合や状況の方が
変わってしまっているかも知れませんもの。
ずっと効力があって、変更できません・・・とか
言われたら、そのほうが困ることもあるかも。

ともかくは、効力のある間は、なるべく身に付けておくのが、
良いのでしょうね。
そして、区切りを迎えたら、ちゃんとお返しする。

一つひとつの区切りを、忘れないためにも
お守りはあるのかも知れません。
うっかり過ごしていると、叶った願い事さえ忘れて、
こうなれば、ああなれば、と、お願いするだけになりかねませんし(苦笑)

中には沢山のお守りを持ってるなんて人もいますが、
そんな気持ちになるのも分からないわけではありませんが、
「お願い!」とお願いされたことを、
あちこちでお願いしてまわっている人を見たらどう思うかしら?
と、考えてみれば、沢山持って安心・・・って感覚、
頼まれた側からどう見えるかが、ちょっと分かる気がします。

「ああ、あのお願い事ね・・・他にもお願いしてるんだろうし」
な~んて事にならないように、
やっぱり、気が多いのは程ほどにといったところでしょう(苦笑)

さて、さておみくじですが・・・
この前のブログに書いた、縁結びの神様の告白によると(笑)
お願い事の効力は、一週間らしく。
いや、こんな何気ない言葉に、本当のことが含まれていたりするのです。

そういえば、今ワーホリで日本に居ない彼女。
ワーホリと言ってもいくらかの資金は事前に必要なわけで、
一年ぐらいかけて、資金と英語の準備(勿論、心構えも)しました。

くじけないようにと毎週、同じ神社に行ってお参りし、
おみくじをひいてきて、見せてくれていたのですが、

「神様、頑張ってる~」と、言うのが感想。

本人も分かるぐらいはっきりとしたメッセージが
そこにいつも書かれていました。

いつか書いたと思いますが、私もおみくじを引くのが趣味みたいなもの。
一回でかけても、あちこちで・・・なんて言う、
考えればちょっと不謹慎かも?なんて事をやります(苦笑)

まあ、あちら側からすると、
「何度同じことを言えばわかるの!」って感じかな?と。

で、その通りのおみくじをひきます(笑)
いつだったか、三度ぐらいひいたら
(勿論、同じ神社ではありませんが)
その2つぐらいは全く同じ番号のおみくじでしたし、
もう一つのおみくじも同じような内容で・・・。

「おみくじは、小さな項目の部分ではなく、歌の部分を大事にね」

そう、神様の言葉は、こうした575のリズムに乗った部分から
一番伝わります。

そして、ひいたおみくじは、その時大事なメッセージなので、
忘れないように、持ち歩くのも良いでしょうし、
目に付くところに置いておくのもよいかも知れませんね。

そして、これも一区切り付いたら、神社にお返しするのが
一番無難とのこと。

こう書いてみて思うのですが、目に見えないとは言え、
目上の人と付き合うのと全く同じだわ~と思ったりします。

ただし、目に見えない存在だからこそ、
形だけでなく、どんな心で接しているか、
いつもそこが問われているんでしょうね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.10/11(Mon)

【だんな様は霊能力者】 神様 

最近、「神様」話題が多い気もしますが・・・。

まあ、そんな話題が重なるときは、重なるもので。
校正している、翻訳の本によると、
「神様はどこにでも居すぎて、まるで空気のように捉えにくい」とか、

「大きすぎて、捉えるのは無理だし、表現するのも難しい」とか。

こんな表現が出てくると、ふと考えてみたくもなったりします。

神様を信じる、信じないというのを、
「自分より大きい存在があると意識できる、できない」と
表現する場合もあれば、

「こうすれば、幸せになる」
導いてくれる対象だったりもするのでしょう。

そもそも何を「神様」と呼んでいるのかしら?
なんて思ったら、それこそ、またまた混乱(笑)

この前、伊勢にみんなで行ったのは、十月。
神無月・・・って、神様が居ない!!!!!
お留守に伺っても、何もならないじゃん!とか(あはは)

「居なくなる神様は、今の神様以前の神様」
とはだんな様の説明。

ああ、そういえば、神様だって今の神様って呼ばれている神様だけじゃなかったはず・・・。

キリスト教にも、こうやって昔神様だった神のお祭りは、
表面上、おおっぴらには説明されていなくても、
昔からあるその土地の神様のお祭りって沢山残っています。

そもそも、もし神様が本当にお留守なら、
新嘗祭も、この当たりで毎週のように行われている神社のお祭りも、
神様出張中に行われるって、ちょっと不思議ってことになるわ~とか。

こうして、考えてみると、一年前ほど前に引いたおみくじ。
「神にもいろいろある。どの神を信じるかが大事」みたいな内容。
その時は、大笑いしたのですが、今となっては、なるほどね・・・
なんて考えてしまいます。

見ている神が色々なら、その信じ方も色々のはず。

神様みたいな力が欲しい・・・という目標だったり。

神様、助けて!・・・という頼る対象だったり。

神様っていつも自分のまわりにいる・・・という日常の一部だったり。

神様って偉大!・・・と、尊敬の対象だったり。

神様にいつも見られていると思うと・・・落ち着かないっていう感覚だったり(苦笑)
はたまた、それが自分を律する基準になっていたり。

どれも、その人にとっては、神様なんですよね。
どれがただしいってことじゃないのかな?って思ったりします。

多分・・・ですけど、
すご~~~く大きいものなら、見る角度によって全く違って見えるし、

それでいて、その中に自分が居たら、これまた全体は目に見えないし、

でも、神様を感じること、信じたくなるような出来事ってのも
起こる時は起こるし。

ともかくも、神様を科学で捉えようと試みている、今の翻訳の内容。
校正しながらも、壮大な(爆笑)混乱の旅に、私の思考を飛ばしてくれます(あはは)

混乱したまま書いてますので、
当然、内容も、混乱してる・・・(すみません)

ちなみに、この前やっとのことでおみくじを一つだけ引いた私。
伊勢神宮にはご存知のようにおみくじはありませんから。

神と一つになったとき全てのものが広がりをみせます・・・
みたいな事が書いてあったと思い出しました。

ん・・・このおみくじの「神」って、どの「神」なんだろ?

壮大すぎる思考の旅は、収集がつかないぐらい広がりつづけている
途中です(爆笑)


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.10/10(Sun)

【だんな様は霊能力者】 祈りの法則 

今、翻訳しているグレッグ・ブレーデンは、
祈りの法則」で有名人になった科学者でもあります。

病気になった患者に、治るようにと祈りを続けたら、
祈りの治療を受けなかった人より、回復が早かった・・・
という事例があるそうで。

人の思いや祈りが、通じるかどうか。
それを測る物差しや、機械や、
何しろ、それに興味を持って、実際に観察するには、
かなりの労力が必要なのでしょうが、
そんな実験も、最近ではなされているそうで・・・。

世界的に大きな出来事が起こった時、
本の中では、ダイアナ妃が亡くなった事件や、
あの9・11事件の時、地球規模で測れるほどの変化が起こったとか。

伊勢に行って暫くの間、ある時間になると、
だんな様が「あれ?」ということが続きました。
軽いめまいのような感覚だそうで・・・。
という私も、感じてはいたのですが、疲れているのかな?ぐらいに思ってました。

「みんなが伊勢のことを思い出してるんだね」と。
そういえば、時間帯からしても、仕事をしている人達が、
ホッと一息つく時間帯だったりして、それが数日、数回、繰り返されてました。

「これって、生霊みたい・・・」
新しい発見です!(爆笑)
生霊というと、生々しくて重い感じのものだと、
どこかで決め付けてしまってました。

プラスの感情であろうと、マイナスの感情であろうと、
思いの強い人達が「思った」だけで、それは伝わるのね~と
実感した出来事でもありました。

ん?
ということは、こんな感覚を常に感じているのかしら?

そう、そう。
お願い事を受け付ける神様や仏様の事です。

「それが仕事みたいなものだけど、こりゃあ大変だ~」と、思った私。

それこそ、有名人とかタレントとか。
人の思いって、こんな風に常に伝わってきているとしたら・・・。

きっと、想像を超えて大変だ~と、
有名になりたいとか、大モノになりたいとか。
そんな誰でも思うような、いわゆる「欲」には、
意外な副産物、漏れなく付いてます!
なのかな?なんて思ってしまった経験でした。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/09(Sat)

【だんな様は霊能力者】 お願いことが宣言か 

こだわりますね・・・私も(爆笑)
神様に「お願い事」か「宣言か」

お願い事じゃなくて、宣言をする。

そのぐらいの気迫がないと、
自分の意志は通せないってことでもあるのでしょう。

だから、神様の前に立って、
どんな表現をしたらよいか・・・なんて考えるのもよいですが、
そんなテクニックの話というより、

「どう、言えばいいのかな?」という工夫も含めて、
どれくらい、自分がその事に真剣なのか・・・
考えていく間に、工夫を重ねる間に、
その「お願い事」の内容が洗練されて行く感じがするのです。

こんな事を考えたりしている間にも、
お願い事は、叶うときは叶うし、叶わないときは叶わない。

「実際、神様や仏様がそれに介在している時って、
そんなにないんだよ。
殆どの場合は、自分でやりとげている」
とは、願い事が叶った場合についてのだんな様の言葉。

ならば、神様や仏様は、居るだけで価値がある存在とも言えますよね。
だって、知らない間に努力させてもらえるし、
何より、自分でやったのなら、その分ちゃんと自分に力が付いているはず。

あ、ついでですが、こんなプロセスも、
手を貸す、貸さないに関わらず、全部お見通しだと
思った方がよろしいと思います(爆笑)

実際に、神様や仏様が介在したお願い事や宣言が
実現する時って、
「こんなはずじゃあ・・・」と弱音も吐きたくなるような、
ステップアップを、強要(笑)。
って、事も珍しくはありません・・・。

自分の行動エリアに、それが入れば、
人間の想像する「こうなれば」→「こうなる」という
法則なんて、あらら、役に立たないと言わないまでも、
全くちがうのね~ということなのでしょう。

と、ココまで書いて思ったんですけど、
こんな事、小さく考えているようでは、
大きな願い事は叶わないでしょう(←天気予報)

どうせなら、想像しても無理なぐらいの大きな願い事の方が、
小さな願い事がどうやったら叶うか、考えるより、
現実的に思えるのは、気のせいでしょうか・・・(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/07(Thu)

【だんな様は霊能力者】 お願い事と宣言 

お伊勢さんにお参りをしたと書いたら、
「私も行きました」というコメントをいただきました。

やっぱり、理屈なしに特別な空気のある場所なんですよね。
一歩引いて考えると・・・
あの場所を感じたような聖地に保つのも、
ある意味大変なことだろうなと思ったりします。

「お願いごとはしない」
地元のガイドさんが、私達がお参りをしている側で、
確かに言ってました。

「下宮ではお願い事をしてよいけど、
内宮ではしないように・・・」

さて、さて、
昨日の世にも不思議な物語の「はじめの一歩」縁結びの神様編を観て以来、
どうもこの「お願い事をしない」とか「宣言する」とか。
この当たりを、分析中の私(笑)

実は、一緒にお参りに行った方々から、
「神社ではお願い事はしないんですよね・・・」と聞かれました。
「ええ、宣言してください」とお答しましたけど。

ひょっとしたら、お願い事をしてよい、してはいけない。
・・・もともと、そんな規則みたいなものではないのかも?
と、思い始めた私。

だって、神様だって仕事しなきゃいけないし・・・
とは、縁結びの神様編で気が付いたこと。

それに、やっぱり「ああ、行った甲斐があった・・・」
と、神社に行ったら思いたいし、神様だってそう思わせたいでしょう。

例えば、「彼氏ができますように!」な~んてよくあるお願い事。

しか~~し、彼氏ができない理由とか色々あって、
やっぱり自分の努力不足ってこともあるでしょう。

「他人の目を気にしてなさすぎ」
と、相変わらず辛口のだんな様がつぶやくような場合もありますし、

「ちゃんと会話ができないとね」
と、やっぱり辛口のだんな様が分析をしたりしますし、

何しろ、そんな事、な~~~んにもしないで、
「彼氏ができますように」なんてお願い事されても、
お願い事をされた神様に同情してしまいそうです(あはは)

「きれいになって、彼氏、作ります!」
って、宣言されたら、
「じゃあ、ちょっとステキな出会いでも・・・」
なんて、世話焼きな気持ちも起こらないでもなく・・・。

・・・でしょ?

つまりは、「お願いこと」をする、しないとか、
「宣言する」のが正しいとか、そんな方法論ではないのでは?
なんて、分析中。

・・・とすれば、例の縁結びの神様にあの彼女は、
お参りして、どう言ったんだろ?とか、考えてみます。

あなたなら、パンパンと拍手を打った後、
どう神様とお話をしますか?

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  11:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.10/06(Wed)

【だんな様は霊能力者】 神様だって・・・ 

神様にも色々あって、その役割も違うのでしょう。
なんて、とっても唐突な感じですが(苦笑)

昨日、だんな様と一緒にふと、「世に不思議な物語」
を観ていて、もう一つのブログには、他の話を書きましたが・・・。

縁結びの神様のお話も面白かったです。
ごらんになった方もいらっしゃるかとは思いますが・・・。

「はじめの一歩」という題名のお話。

社内恋愛で付き合って数年経った二人。
なかなかうだつの上がらない彼。
何をするにも、順序だてて話をしないと気がすまない。
プロポーズもおろか、彼女には暫く時間をおきましょ!
と言われてしまう始末。

と、そこに縁結びの神様が、何故か交通安全の神様と一緒に登場(笑)
縁結びの神様だけじゃ、胡散臭いからと。
「最近は、なかなかお参りしてくれる人もいなくてね~」と、
伊東四郎演じる、神様が言います。

あらら、神様が暇なんて面白い・・・と思いながら、
ふと、あら、本当かも。
神様だって、仕事をしたいのね~と(笑)

このお話の詳細は省きますが、実はお参りしたのは彼女。
そして、お願い事は、
「まず、はじめに・・・という、彼の口癖が治りますように」
みたいな事だったのでしょう。

たった・・・と言えば、それだけなのですが、
まず、はじめに・・・と、回りくどい話し方しか出来なかった彼は、
それを忘れた事で、どんどん会社でも仕事が出来るようになり、
そして、数ヶ月経つ頃には、決断力がついていくのです。
距離をおきましょうと言われた彼女にも、きちんとプロポーズをします。

彼女が、神様にお礼を言います。
と、神様が、
「いや、私の力の効力は、せいぜい一週間。
後は、彼が自分の力なんですよ」と。

こんなお話、確かにフィクションと言えば、フィクション。
けれども、こんな話にヒントが隠れているかも?
な~んて目で観て見ると、ちょっとした事がわかったりします(笑)

お願い事をするなと言いながら、こういうのもなんですが、
神様も仕事をしなくては、ならないんですよね(爆笑)

勿論、神様の扱う担当と言うものがあるのでしょう。

それから、何よりのヒントは、お願いの仕方かな?と思います。
彼からプロポーズされたくてたまらない彼女は、
「結ばれますように」とはお願いしていない。

お願い事に、ちゃんと彼を分析して、ここが治れば・・・と、
ちゃんと考えてから、お願いをしている。
つまりは、丸投げしていないってこと。

さらには、お願い事が叶ったとして、その効力はおおむね一週間。

・・・などと、このお話を分析してしまった私には、
効力のある「お願い事」ができそうな気がしてきましたが・・・(あはは)

それより、何より、お願い事はするな!と言われても、
では、どうすれば・・・と粘る性格の私。
「こうしたいと思ったら、方法が見つかるまで、なんとしても粘る。」
これも、願い事が叶うために必要なことかも知れません(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.10/05(Tue)

【だんな様は霊能力者】 伊勢参り 

二泊三日で、伊勢にお参りに行ってきました。

伊勢に行くと書いたら、数人の方から、
私も行きました~とか、
あの空気が好きですとか、
コメントをいただきました。
ありがとうございました。

おかげさまで、とても有意義な旅行になったと思います。

お参りと観光の違い。
言葉ではなかなか説明しづらい部分がありますが、
実際に参加された方には、それこそ理屈ではなく、
体で感じてもらえたかな?と思っています。

きちんとお参りに行くという機会って、
滅多にない事ですものね。
それにその場所が、伊勢神宮となると、これまた
ちょっと違った感覚になります。

一緒にこられた人達の感想も全く同じで、
お参りをした日は一日、緊張した顔でした。
それを感じていれば、神社ではお願い事はしないで・・・
なんて、いうまでもなく、
お願い事をするなんて、忘れてしまうぐらいの感じだったかも?

旅行に行った三日間は、伊勢の天気はとても良く、
最後に真珠島に行って、帰る寸前に、旅の終わりを告げるように、
パラパラと降っただけでした。
(その後、私達が出発したら、本降りになったそうですが・笑)

全ての工程が、スムーズに流れたのも、
準備をしてくれた人達のおかげでもあり、
なんとなく、全てセッティングされていたようでもあり、
土曜日のあの時間でありながら、駐車場を含めて、
長く待つということが殆どありませんでした。

さて、お参りの詳しい状況については・・・
どこまで表現できるかなとは思います。

まずは、外宮に参詣。
私自身、伊勢にお参りしたのは、これで二回目なのですが、
明らかに前とは違った、暖かい空気が流れていました。

外宮は、神様のお世話をする(特にお食事)神様の
いらっしゃる場所。
神の中でも人間にとても近い感覚が私にはしました。

それは、次に参詣する内宮に行くと、
その違いがもっとはっきり感じられます。
内宮に近づくと、そのパワーがどんどん大きくなって、
とても濃い空気の中を歩いて、本宮に行くまでの間が、
ちょっとだけ遠く感じます。

まずは、垣内参拝をしました。
通常、あの白い幕の外側からの参拝ですが、
その内側に入って参拝をします。
玉砂利がすごく大きくて、歩くのが大変・・・。
などと考えている間に、これは比較的あっさり終了。
といっても、垣根ひとつで、ここまで空気が変わるとは、
想像もつきません。

その後、お神楽を奉納したのですが、
その間、私はまるで宇宙船の中にいて、
ワープしているみたいな感覚でした。

次の日には、その近くにある、月讀宮へ。
そこには、月讀荒御魂宮、月讀宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮が
祀られているのですが、表の世界とのバランスを取るためには、
まさに同じだけのパワーがないと駄目なのね~と、
感じる場所でした。

と、ココまで書いて、ため息がでました(苦笑)
なんという、表現力のなさでしょう・・・。
というか、ココから先は自分で体験するしか
ないのかも知れません・・・。

季節もよくなります。
みなさんもどうぞお参りに出かけられてくださいませ。

ただし、お参りは、お参りに行くと決めた時から、
お参りをして帰ってくるまでが、「お参り」
ってことを忘れずに準備されて、おでかけください。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |