FC2ブログ

2010.12/17(Fri)

【だんな様は霊能力者】  

昨日は、数日前のだんな様の誕生日を、弟子がお祝いしてくれました。
おいしいケーキを食べ、きれいな花束を見て、
幸せな気分~。
「あ、せっかくのケーキ、写真撮るのを忘れた!」と、
わたしが言った頃には、すっかりおいしい、おいしいケーキは
みんなのお腹の中に・・・(苦笑)
影も形もなくなってました。

おいしいものを
おいしい雰囲気で食べると、
本当に、おいしい・・・と感じました。

何しろ、気遣いがうれしいのです。
いや~、味には結構うるさいだんな様の事。
ケーキは大好き!なのですが、小麦粉の味から、
クリームの味、口当たりから、後味まで、
ま~、それはそれは、色々、条件がございます(笑)

それを全部知ってる、昔からだんな様の元に通う彼は、
いつも特注のケーキを、本当に特注して持ってきてくれます。

だんな様は、意外と(笑)お子様系のケーキが好きで、
まあ、定番と言えば定番の、イチゴのケーキは好み。
ところが、すっぱいものが食べられないのです。
ですから、すっぱいイチゴのケーキとなると、
イチゴだけが、さみしそうに皿の上に残っている・・・
なんてことは珍しくありません。

「ここのイチゴのケーキのイチゴの品種はなんですか?
とよのか ですか?
あまおう ですか?」から、彼の注文は始まります。

次に確認するのは、クリームの味。
「どこの牛乳を使っているんですか?」

そして、そして、ケーキの命ともいえる生地。
だんな様の好みのケーキの生地を使って作るお店は、
配達をしてくれません。
当然、遠いのに取りに行かなくてはならない。
生ものですから、これも当然、当日作ってもらうことになるし。

こうして、彼はこれまでに二度ほど、大きな大きなケーキを、
壊れてはいけないと、腕がしびれながらも手でここまで
運んできてくれました。

今回は、その彼の注文の仕方を、それこそ伝授された、
もう一人の彼女が、注文に行ってくれたらしいです。

「イチゴは何を使ってますか?」
「とよのかです」
「甘いですか?」
「その日に入ったイチゴを使うので、でも基本的にとよのかです」
どうやら、伝授されたのは、『とよのか』より『あまおう』が
一般的に甘いからという事だったらしく。
そこで、それでも粘ったという彼女(笑)

「甘いのが良いんですけど」
「パテシェがその日に必ず味見をすると言ってますから」
と、わざわざ電話で確認してもらって、
「じゃあ、甘いイチゴでお願いします」

当日、わざわざ取りに行って崩れないように、
大事に運んでくれたという彼女。
「頑張りましたけど、『じゃあ、あまおうを使います』と
いわせられなかったので、まだまだだと思いました(笑)」と
好みのケーキをどうやって注文するかも、
ここではどうやら「伝授」の対象になっていることを
昨日初めて知ったのでした(笑)

そんなエピソードとともに食べるケーキは、また
格別です。

心のこもったものって、本当においしいんですね。

こんな風に贈り物に心を込めてくださるのは、
彼らも含めて、とてもありがたいものだと思います。
こんな部分、自分も敏感でありたいな~と、
感じさせてもらいました。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト



EDIT  |  03:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.12/17(Fri)

【だんな様は霊能力者】 お土産にお守り 

最近、ある人から、お守りがほしいと頼まれました。
なんでも、厄年のお守りが欲しいということ。

はい、わかりました!

・・・と、作り始めたところで、あれ?
なんだか違和感がしました。

「このお守りって、ご自分のじゃないですよね」

「はい、プレゼント」との返事。

う~~ん、何だか、何かが気になるのです。
そこで、さっそくだんな様に聞いてみます。

「こんなお守り頼まれたんだけど・・・」

「そのことをお守りを持つ人は知ってるの?」

「いや、サプライズというか、お土産っぽい感じらしい」
と、私。

「被っちゃうよ、頼んだ人が」

ああ、そうだったんだ・・・この違和感。

どこかにお参りに行ったりすると、あら、あの人にもちょっと、
なんてお土産感覚で、誰かに買って帰ったことってありませんか?

いや~、思い返すと・・・あります!私も!
ただ、家族以外には買って帰ったことはないと記憶しているのですが。

「家族だったら、良いんだよ。
どちらにしても、そんな関係だから」

家族の場合は、一緒に住んでいるとかいないとか関係なく、
すでに、お互いに影響しあったり、迷惑かけたり、かけられたり。

「何かあっても、被るのが当たり前だろ?」と、だんな様。

ところが、これが友達とは言え、家族以外となると、
お守りなどをプレゼントするのは、少し用心した方が良いと。

「昔、お参りに行くのに、誰かが代表で行くみたいなのもあったでしょ?
あれは?どうだったのかな?」

「みんなの分、被る覚悟は必要だったと思うし、
その覚悟で参ってたと思うよ」と、だんな様。

被るのが嫌とか、そこが問題なのではないのです。
お守りって、お守り自体が効力を発揮する時に、
何かが「交換」されます。

で、問題は、その交換が、「誰とされるか」
そこをきちんと、わかってるかどうか、
そこがポイントだと思います。

その「交換」って、持つ本人がきちんと交換した、
という意識があれば、まだ、どうにか成り立つもので。

それでも、ふと思い返してみると、お土産にお守りを買った人の事を
ふと、思い出してしまいました・・・。
で、ちょっとその後、「なんだかその人のまわり、落ち着かないな~」
みたいな時期が、確かにあったかな?と。
今、なぜ、そんな問題がその人に起こったのか、実はちょっと
私にも疑問だったのです。

「関係あるかな?」と私。

「無いことはないね・・・」と、だんな様。

実はいろんなトラブルとか、問題とか、
たった一つの原因で起こることは珍しいのです。
もともとあった問題が表面化するってことも含めて、
幾つかの原因が、たまたま重なって、体調を崩したり、
周りとトラブルが起こったり。

「どうして?」と原因を探る時、理由がひとつじゃなかったりするので、
わかりにくかったりもするのですが、こんなこともあるんですね。

難しいところですが、このあたりのいわゆる見えない「しきたり」

気軽にやっちゃうと、結構、影響があったりするので、
・・・ご用心!

という意味で書いておきます。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
 | BLOGTOP |