2011.04/30(Sat)

【だんな様は霊能力者】 久しぶりの大被り 

先日道場で、最近、腹痛が止まらない・・・という先輩。

「被り」だけで起こるのではないのですが、
とても強いストレスを感じた時に起こる症状のひとつだったりします。

検査をして、CTとかとっても、血液検査をしても
なかなか原因がつかめない・・・でも、経験上ですが、
これって、かなり痛い(涙)

かなり前ですが、我慢しすぎて、実際に炎症を起こして、
数日、入院する羽目になったことがあります。
何が苦しいって、痛いのに、痛みどめが全く聞きません。
病院で痛み止めを打ってもらっても全く痛みが引かず、
打ち過ぎたのか、その注射で今度は気分が悪くなる始末(トホホ)

強い強いストレスが原因。

「被りもストレスの一つだからね」

と言う話題になった側から、
私、久しぶりの「大被り(腹痛編)」を経験いたしました(涙)
被った時にはいろんな症状が起こるのですが、
腹痛の場合、結構、十二指腸(左側の脇腹)が痛み始めることが多く、
その段階で、ちゃんと被りを祓うとそんなに重症にならないで、
収まります。

それでも後遺症はちょっと残るので、
どうにかして、胃腸を動かすと、かなり楽になります。

胃腸を動かすのに結構聞くのが、「炭酸飲料」
なるべく、炭酸が強い方が効き目がある感じがします。

被りで起こる腹痛の場合、痛み始めた時が勝負!
ちょっと放置すると、実際に症状が出てしまっているので、
どこかにちゃんと炎症が生まれてしまいます。

昨日はうっかり、その初期段階で自分の体の声を
聞き損ねた感あり・・・苦しかったです(涙)

良く、心理状態と体の状態はつながっていると言われていますが、
いや~、感覚の鋭い人たちにとってはとっても頭の痛いところです。
(あ、頭が痛くなることは、日常茶飯事です・笑)

いったん被って、その症状が出てしまうと、
今度はその痛みで、自分で被りを大きくしてしまう!!!
という、なんともありがたくないおまけつきです。

日頃から、
「ちゃんと自分の体の声を聴きなさい」とだんな様。

感覚の鋭さに違いもありますが
自分の体に起こっている症状に対する感覚の鋭さもそれぞれ。

「早く祓ば、早く治る」ってことらしいです。

あ!ちなみに、「被らないように」なんて予防法、
残念ながらあまり効き目がないばかりか、
「被りたくない」「被ると怖い」という「大被り」を自分で作り出してしまいます。
これって、さらに厄介だったりします。

いずれにしても・・・厄介すぎる・・・(涙)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  03:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/27(Wed)

【だんな様は霊能力者】 コントロール 

敏感な感覚をコントロール、コントロールって、
どうコントロールすればよいのですか?

って質問、あちこちから聞こえてきそうです(苦笑)

これって「どうやれば英語が話せるようになりますか?」
と同じくらい、いやそれ以上に答えるのが難しいです。

「これをやれば!英語が話せる!」
な~んて宣伝文句、本当でもあり、そうでもない部分があり。
じゃなければ、もっとたくさんの人が、その「何か」を使って、
英語が話せるようになっているはずですもの。

さて、さて、コントロールの仕方も同じように
一概に「これさえあれば!」って特効薬みたいなものはない、
と言った方が正しいと思います。

良くだんな様は、霊能力のある状態を
「いくつものテレビの画面を一度にみているようなもの」と
言います。

それも、どれも大きな音声付です。

自分の周りに何百という画面があって、そこからそれぞれ
違う番組が流れていると想像してみてくださいませ。
う~、考えただけで、疲れます(苦笑)

勿論、人によって、番組の数も、その種類もそれぞれ。
でも、感覚の敏感な人は、その番組を自分の意志だと
思っている「意志」で、プチッと消すことはできません(涙)

「だから、スイッチのオン、オフというより、
ボリュームの調整みたいな感じかな?」

コントロールするって、このつまみの上下をするって
イメージだそうで。

そう、そう、ここにいらっしゃる方々で、
「私は、興味なんかないんです~~~」と言われる。
コントロールに苦労されているおひとりです。

でも、ある瞬間にそのボリュームスイッチが、
最大音量までパンと上がるのを何度目撃したことでしょう(爆笑)

コントロールしようとして、コントロールできれば、どんなに楽かしら?
なんて言っている側から、こんなことはいつも起こります。

ご本人にとっては笑いごとではなかったりするのですが、
そのボリュームの上がり方と言えば、
見ている人からすれば一目瞭然。
本人からすれば、無意識のなせる業となるわけで・・・。

ならば・・・コントロールすること自体の概念みたいな
根本的なところから変えなくてはならないのかも知れませんね(涙)

ま、人間、「考えないようにしよう」としても
「考えないように考えてしまう」ものでもありますから、
この意識のコントロールとやら、
無意識まで含めれば、たやすいことでないのは当たり前。

それでも、この感覚が日常生活を送るのに不便・・・
って話になると、それは、それで、やっぱりコントロールする努力をするしかありません。

もともと、人間の身体自体は、そんなにたくさんの番組を
一度に観たり、聞いたりできるようにできていないのでしょう。

そもそも、どうしてそんなに沢山の番組をオンにしておくことに
なってしまったのでしょう・・・。
ん~、ここについては、明日書きましょう。

話は、ちょっと変わりますが、私の大好きな本の一つ、
シッタカブッタのシリーズの新しい本が出ました!
題して、「ブタのみどころ」
ブタのみどころブタのみどころ
(2011/04/22)
小泉 吉宏

商品詳細を見る


今、私が翻訳中の本の内容とあまりにも同じなので笑ってしまいました!
「進化」のお話から、「自分の意識」ってなんだろ?と探っていきます。

宗教と科学が、同じことを言っているのかも知れない・・・
なんて内容です。
ここから先は、ぜひぜひ、本をお読みくださいませ!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/26(Tue)

【だんな様は霊能力者】 縁 

昨日は、恒例の月例会。
いつものように沢山の人が参加してくださり、沢山の話題で盛り上がりました。

その中で、出てきた話題の一つが「縁」

よく「因縁」という言葉は、どちらかというとよくない意味でつかわれることが
多い感じがしますが、

「原因があるから、つながりができるという意味。
結果は、それを自分がつなぐかどうかで決まるんだ」とだんな様が言います。

つながりをつながりと意識するには、
ちゃんとつなごうという気持ちがないと、
うっかり見逃してしまうとも。

「だから、いつもアンテナを張っておくことだね」

自分にとって何が一番大事か、
その整理ができていないと、このアンテナ、
方向が定まらないので、ノイズを拾ってしまいます。

昨日は、このアンテナの方向が定まらないと・・・
つまりは、あれも、これもと欲張ると、
結局は、どこか妥協の産物をつかんでしまうこともある・・・
みたいな話も出ました。

客観的にそれぞれがかかていることを見ると、
本当に沢山の選択肢があるのです。

それがないように見えるのは、視野が狭くなっている証拠だと。
視点を変えれば必ず、選択肢は見えてくるはずだと。

「その手があったか!」(笑)と、時々、だんな様の話を聞きながら
思うことがあるのですが、そんな時は自分が見ている視点の
「そもそも」の地点が、間違っていたり、
ノイズが入りすぎていたり、固まっていたり。

そうか、つなぐチャンスはいつも訪れてるのね!って思ってみると・・・

昨日も、ここで「縁」がつながる瞬間をいくつも目撃しました。

ある人がマンションを購入しようと物色中。
悩みの種の一つは、リフォーム。
そして、たまたまここにいらしていた方は、その専門家。

さて、さて、その「縁」をつなぐかどうかは、本人の選択次第なのですが、

こうした縁の貴重さは、貴重と思わないと、基調にならない、
結びつかないこともあるのねということにも気が付きます。

「こうして、いくつの縁を見逃してきたかな?」と、
自分の過去も、うっかりこの視点で振り返りそうになるぐらいの
貴重な「縁」を目撃した感覚でした。

おっと、
こんな風に、「終わったこと」を後悔している間にも、
目の前には「貴重な縁」が通り過ぎているかも知れないのです!!!

今が大事。

この言葉には、目の前を通り過ぎる(回転寿司みたいだ・・・)
貴重な縁をゲットするチャンスを見逃すな!ってことも
含まれているのかも知れませんね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/24(Sun)

【だんな様は霊能力者】 電磁波のせいならば・・・ 

余震が続き、揺れには比較的慣れても、
見えない電磁波のせいか、精神的にも
どこかふわふわした感覚が続いていますね。

こんな時「扱いにくい人たち群」(苦笑)は、
ただでさえ浅い眠りが、ますます浅くなっているようで、
「寝たのか寝てないのかわからないんです」
と口をそろえていいます。

なのに、突然、ばったり眠くなったり・・・。

そうそう、普通じゃないんですものね。
普通のことをこなすだけでも、なかなかエネルギーが必要です。

そして、はたまた「扱いにくい人たち群」は、
普通の事を普通にやっているつもりでも、
普通じゃない度合が、やっぱり、他の人より大きかったりします。

ついでに、普通の事が普通にできないことに
いらだつ感情も大変豊かですから、ますます、
自分がバランスを崩していることも、すっかり忘れて、
日常が日常でないことにイライラしがちです。

・・・だから、こんな時は、「変えない」ことを「変えない」って
大事かなと思ったりします。

もともと、人から見ると、とてもすっ飛んでいるように
見えたりしているのです。
この時期、あなたへの周りの理解度は、
ますます「え!!!!」状態になっていることを
お忘れなく。

不満なら、不満に思って結構。

だけど、自分の目の前の事はそのまま手つかずで、
他の事にあちこち気がそれてしまっている可能性大!です!!!

いわゆる、「ばらばら」状態(苦笑)

沢山、いいところもあるのに、こうした時に大幅にバランスを崩してしまう・・・
人は、感覚が鋭くても、そうじゃなくても、
他の人の「不安定さ」には、とても敏感だったりします。

だから、「信用されないのさ」とだんな様は、相変わらずすっきり言い切りますが、
これって、お仕事のお話になると、とても大きな問題になったりします。

「変わってて、良いんだよ。
自分らしくしてなさい」といつも繰り返すだんな様も

「だからこそ、常識をきちっと身につけなさい」とも。

特徴のある部分を生かすには、「常識」をきちんと意識して。
その上にこそ、「自分らしさ」が発揮できて認められるのでしょう。

確かに、電磁波のせいであちこち飛んでしまう状態も
(って、無理やり、電磁波のせいにしたとしても)
言い訳には役に立ちませんものね。

私的には・・・
こんな時は、決まったことを決まったようにやることに
きちんと集中することにしています。

それさえ難しい時もあるなら、その「決まったことレベル」を
下げても、ここだけは・・・と思う部分をしっかり、きちんと。

それが周りの人とのつながりを断ち切らないで済むことにも
つながっているかもと思います。
たとえダイレクトにつながっている感じがしなくても、
必ずつながっていたって実感できる時が来ると思います。

自称「超なまけもの」のだんな様。
そうは思えないと思う人もいるかもしれませんが、
日常の決まったことを緩めないっていう点では、
なまけものどころではなく、全く逆だ~といつも思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




EDIT  |  02:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/20(Wed)

【だんな様は霊能力者】 扱いにくい人たち 

だから・・・(って何がだからなんでしょうね・笑)
心のエネルギーの強い人たちって、はっきり言うと、
「とても扱いにくい人たち」なんです(爆笑)

・・・と、過去の自分を振り返ってそう思います。
(きっと、今はさらにパワーアップ中)

職場の人間関係に悩むなんてことはざらにあること
になってしまうんですね~(涙)

心のエネルギーが強くて、夢に向かって頑張っていればいるほど、
挫折感も大きいものだったりしますし。

その上、こんな人たちって、「あらさがし」が得意(爆笑)

ココがおかしい
あそこがおかしい

気になって仕方がないので、不満が沢山溜まるんでしょう。

あら、あら、「思い通りに生きる」ってイメージから
さらに遠ざかってしまった感じがします。

「悔しかったら、出世しなさい」
組織の中にいる人には、だんな様がはっきり言います。

それにはいくつか理由があるのですが、
幾ら自分がその時見えていることで「正しい」とか、
「ここがおかしい」と思っても、
全体が見えていない目で見るのと、
自分が上に行って見える景色から見るのでは、
全く違って見える可能性が大!だからっていうのが一つ。

そして、それでも「正しい」と思うことであれば、

「変えられるだけの実力を自分につけなさい。
それしかない」とはっきり付け加えます。

つまりは、悔しい気持ちを頑張る力、あきらめない力に
エネルギー変換!

ココです、ココ。

心のエネルギーのエコが必要な場面は!

せっかくのエネルギー、不満に使うのではなく、
頑張るエネルギー
諦めないエネルギー
にすることで、自分の「夢」に近づくことができるとすれば・・・。

目の前の小さなトラブルなんて、乗り越えるに限る!

・・・と、思ったりします。
ま、時々は、それも疲れたりしますけど。

それでも無理なら、自分で何かを始めるしかありません。

「君は人に使われるのは無理だね(苦笑)」とだんな様が言う人もいますが、

ならば、独立・・・って、そんなに簡単でもなく・・・。

でも、どちらの選択肢をとるにしても、
自分の持っている感覚が正しいとか、
あら、間違っているとか、
自分で確かめて行くしかなさそうです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  00:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2011.04/19(Tue)

【だんな様は霊能力者】 自分の基準 

自分の中に基準がある人、それを忘れない人、
心のエネルギーが強い人、ちょっと聞くと、
何でも望みがかなうような響きさえありますよね。

昨日のブログの続きにもなるかも知れませんが、
どこかで、自分の基準を絶対に崩さない人って、
隠しても、隠しても、いつかは人に伝わります。

まあ、何と人間の感覚は優れているのでしょうね。
誰かが自分の言うことをちゃんと聞いているかどうか、
どのくらい染み渡っているかどうか、
それには、誰もが本能的なほど反応しているんですね。

ん~、多分、この敏感さからすると、
やっぱりひとりでいると駄目だ、生き延びられないと
本能的レベルで刷り込まれているのかも知れませんし、
きっと、それは事実。

「いくら、ひとりで生きて行こうと思っても、それは無理。
ひとりで生きているつもりなだけ」
と、だんな様。

どれだけ知らない間に、周りとつながって「生きていた」かを
この震災の時にも思い知らされました。
え~、こんな風につながって、私の目の前にあったのね~
って具合。

さて、さて、この自分の基準を絶対に変えない感というのは、
人を指導する立場からすると、結構、厄介なものです。

ま、人なんてそんなに簡単に変わるものではないし。

な~んて、いくら哲学的に表現してみても、
自分に部下が出来たり、後輩ができたりすると、
あれれ?と自分の心の中に生まれた感覚に驚いたりします。

で、この時、
人なんて変わるときに変わるのさ~と、思えるようになる人

勝手にやったら?と切り離してしまう人

でもって、
何が何でも、言うことを聞かせるようにする

これまたいろんなパターンがありですが、
いづれにしても、心のエネルギーが強い人は、
それを理解して、包んでくれるような上司や先生、
はたまた指導してくれる人に出会うまで、

なんともストレスフルな毎日を過ごすことになってしまうみたいです。

「子供のころから・・・」
みたいな、ネガティブな思い出を持っている人って、
こういうタイプに少なくありません。

でもって、しつこいので(笑)、その経験を忘れません。
まるで、今、その人から怒られたように、
その時のことを思い出すことができたりします(あはは)
(ある意味、すごい能力だ!)

その人の問題は、その先。
言うことを聞かせるって、システム上やむを得ないこともあるわけで。

だったら、自分の心地よい場所を探すか、
そのシステムがある理由がちゃんとわかるまで追求するか。

ちゃんと、いつかはやらないと、知らない間に「閉ざして」しまうように
なってしまいます。
気が付くと、閉ざした空間の中では、息ができないので
心のエネルギーは、消耗してしまったりして、
前ほどのパワーを失ってしまうこともあったりします。

さて、さて、このエネルギー。
世の中エコブームですが、実際の電力だけでなく、
心のエネルギーこそ、エコしたいものだと思ったりします。

心のエネルギーもエコ活動!

それこそエコしているつもりで、実際はエコじゃなかったなんてこと
起こってますが、心のエネルギーにも同じことが起こったりします。

ん~、なかなか深い課題です(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  12:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/18(Mon)

【だんな様は霊能力者】 心のエネルギーが強くて起こること 

さて、この感覚の鋭い人たち。
心のエネルギーが強い傾向があるのですが、
それで何が起こるか・・・ってことについて。

そもそも感覚なんて、結構いい加減なものですよね。
暑い、寒いにしても、環境によって、かなりその基準が違うもの。

で、どうやって、「暑いですね~」とか「寒いですね~」とか
人と感覚を「共有するか」というと、「教育」だったりします。
つまりは、「親」や「先生」とかから、
今日は暑い  → 暑いってこんな感じ
今日は寒い  → 寒いってこんな感覚
って覚えて行くんですね~。

だけど、感覚の鋭い人は、なかなかその範疇に
自分のこころまで合わせるのが難しかったりします。

そうは言われても・・・自分は違うと思う

これを忘れないから、「感覚がするどいまま」でいらるともいえますよね。

「人が違うと言えば、違う」とすんなり思えれば、
「人と違う感覚の鋭さ」って保てないものですもの。
当然ですが、これが「良い」とか「悪い」とかいう意味ではありません。

ただ・・・
「頑固です」(爆笑)

自分の中に誰がどう言っても変えない「基準」みたいなものが
しっかりあったりしますから、自分だけならあんまり大した問題にも
ならないんです。

「今日は暑いですね~」
と誰かに言われ、こんな人たちってどう返事するか。

社会に出ると、
表面上人に合わせて、「暑いですね~」と言葉で返事する。

思ったように「暑くないです」と言って、会話が終わっちゃう(笑)

などなど、さまざまなパターンがありますが、
社会の中では「人に合わせる必要がある」と学んで、
「暑いですね~」と返事をした人でも、自分の基準ではそう思っていないので、
次に同じ人に、同じような気温の日に
「暑いですね~」と合わせて言った時、
「そうでもないですよ」と返事をされた時の反応は、
これまた「範疇」に収まらないぐらいだったりします。

「あの時あんな風に言ったのに!」

「せっかく感覚あわせたのに!」

いわゆる、プチって切れる上限は、これまた人それぞれなんですが(笑)
どちらにしても、どこかで「合わせている」感覚もきっちりあったりすると、
人とのコミュニケーションの中で、とってもストレスを感じるものなのですね。

そして・・・
それでも「自分の感覚」の鋭さは、決して失うことがないんです・・・

ちなみに、
「自分が基準」

とはっきり言うだんな様は、
「自分が基準になる」まで「自分範囲をひろげた人」ともいえます。
これについては、また詳しく書くことにしましょうね。
(続く)
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  08:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/16(Sat)

【だんな様は霊能力者】 思い出して分析(1) 

最近、「思い返してみると・・・」と、自分の昔の姿を思い出すことがあります。

「扱いにくかっただろうな・・・」

勿論、仕事の場面でも、その他の場面でも。
あら、そして今でも、きっと扱いにくい人のひとりかも(爆笑)

ま、だんな様には負けますけど(←お互い、こう言い合ってます・笑)

ひとことで言うと・・・ひとの言うことを簡単に聞きそうにない雰囲気って
あったんだろうなと。

あれ?なんでそう言う雰囲気になるんだろう?
ふと思った時に、私の得意の観察が始まります。

その1
「霊能力者」とか
「感覚の鋭い人」とか

このブログでは、そう表現していますが、
つまりは、「平均的な範疇には、収まりきれない部分があちこちある」
ってことなんだろうな~と、分析。

人はおおよそ、こんな場合にこんな風に感じて、こんな風に行動する。
そんな「平均的」な、見えないような見えるような基準で、
基本的には世の中回っています。

それでよいのです。

けれども、もともと感覚的にその範疇から飛び出した部分を
持っている人は、その基準の中だけで生きていると、
たとえ、一時期、その場に合わせられても、

「どうも息苦しい・・・」と思い続けています。

ま、この息苦しい時期を通り過ぎるのもとても大事ですよね。

「世の中から浮いてもいいけど、それだけじゃ生きていけないだろ?」
だんな様の口からこんな言葉を聞くと、一瞬驚く人もいるかも知れませんが、

「浮くような部分」を持っているからこそ、普段が大事だとも付け加えます。

つまりは、基準は基準。
その幅を広げる段階で、「浮いてしまうような特徴」が生きてくると。

例えば、悲しいとかくやしいとか、そんな感情を持ったとして、
心の中で起こるエネルギーレベル(←測れるものなら測ってみたいですね!)
実は人によって大きく違うものですよね。

そのレベルに応じて、きっと次の行動が決まると思うのですが、
きっと、そのレベルが段違いな人は、普通のレベルの人からすると、

「え?そのくらいのことで・・・そこまで・・・」

みたいなことって、起こるかも知れません。

心の中で起こることは、起こること。
そのエネルギーレベルを下げる必要は全くないと、個人的には思っています。

ただ、このエネルギーとやら、大きいだけにコントロールするのが難しいのは当然。

すると、「何で、あの人ちゃんとやらないのよ!」って思いで心が
一杯になって、自分までちゃんとやれなくなってしまう(涙)
ってことが、起こったりします(苦笑)

これをもうすこし離れたところで見ている人からすれば、
まあ、どっちも、どっちってことになるわけで(はい)。

・・・という、もうひとつ自分の姿を映すレンズを身に着ける・・・

きっと、範疇を外れてしまいがちな人にお勧めの対策です。

「もう!」って思って、ふと考えると、「自分」も同じようなこと、
やっていたって、いや~少なくありません(苦笑)

「すこし、勉強すればいいのに」(←勉強などしたことがない人から)

「すこし、運動でもすればいいのに」(←自分は運動してない)

って、言葉を聞いて、その人の言葉にどのくらい説得力があるか
あらら、考えなくてもわかってしまいます。

感情のエネルギーレベルの違う人たちって、
自分が他の人と違うのでは?と悩む場合も多いようですけど、

悩むのはそこじゃない・・・(つまり、違うかどうかってことを悩んでもね・・・)

「違っていいじゃない」
「自分が普通」とだんな様がすぐ切り返す場面でもありますが(笑)

と、それこそ、昔の自分を思い出して、自分のことも含めて、
あらら・・・と改めて思ったりしています(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 「電磁波のせい」作戦 

世の中で、今、一番トピックになっている話題の一つは、「放射能」だったりします。
危険な状態の中、作業をしている方や、避難されている方には、
直接的な問題として、とても大きいとお察しします。

昨日、ブログに書いた、地震や余震に伴う「電磁波」

やっぱり、かなりの人が感じているんですね~。
で、これだけ余震が多いと、まさにいちいち感じていたら、
「身が持たない」のでしょうか。
こんな時、自分を守るためにでしょうか、

敏感に揺れや変化を、どんどん感じて行く人と、

ん?揺れてないことにしよう(←無意識にも)と、なかったことにする人と、

人の感覚の「敏感さ」には、やっぱり数字に表されていない、
表すのがとっても難しいぐらいの「差」があるんだ~と。

「あ、地震が来るってわかる」と、
感覚の鋭い人たち(←だんな様を含め)は、口をそろえて言います。

普段はそこまでなくても、この余震続きで、
いわゆる「地球酔い」の症状が出ている人も多くて、
そう、そう、昨日言った、美容室のオーナーも、
気分が悪くなって寝込みました・・・なんて言ってました。
(←とはいえ、このオーナーとても敏感な人です)

ところが、これまた、揺れるたびに、
「揺れてるよね、揺れてるよね」と言われても、
ま、揺れるものは揺れるし・・・と、無視しようと努力中の人には、
過敏な人に映ってしまうってのもあるでしょう。

実際、「あ、地震が来た」→「止まった」
って、そんなに簡単に止まるはずもなく、
身体に感じる揺れって、きっともっとたくさんあると思います。

そういえば、しばらくの間、携帯から流れていた
「ウ~」っていう緊急の地震速報、減った気がしませんか?
詳しいことは知りませんが、その度に鳴らしていたら・・・
ってぐらい余震が続いているってことでもあるのでしょう。

こうして体に感じる「揺れ」以外にも、
気が付くと、近所の車の上には「黄砂」と思われる埃が
はっきりわかるぐらい積もっていたりします。

それに、確かに電磁波ってでてるのでしょう。
敏感な人には、体に堪える日々が続いています。
勿論、精神的にも影響されるので、気分の上下、
変化しているのは、どうやら私だけでもなさそうです。

とはいえ、揺れるのは揺れているのだし、
電磁波があるのはあるのですから、
「何だかイライラするわね~」ってことも含めて、
今まで通りがなかなか、「普通」にならなかったりというのも事実。

そこで、
「電磁波のせい」作戦。

多少のことは、「電磁波」のせいにして、
やるべきことをやりましょう!って作戦です(苦笑)

昨日もここで「電磁波」を防ぐ方法とかいろいろ話をしていましたが、
それでも、電磁波は防げても・・・放射能は防げたとしても・・・
みたいな想定外なことだらけなんですね。

こうなれば、多少のことが起こっても、大丈夫、大丈夫。
やがて本当に大丈夫になる身体を作り上げるしかないんじゃない?
と、思うしかありません。

でももって、ただいま翻訳中の本の内容をもとにしていえば、
この「環境にいかに適応するか」は、「その環境の中」で、
つくられていくとすれば・・・ここはひとつ、頑張るしかありません。

自分の体を「進化」させるべし!ってことなんでしょうかね・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/13(Wed)

【だんな様は霊能力者】 余震 

このところ、また余震が続いています。

ふと、地震の前後に突然、風が強くなることに気が付きました。
「地震と関係あるのかしら?」と私。

「風もだけど、かなり電磁波が出てると思うよ」

感覚の鋭い人たちにとっては、
勿論、そうでなくても実際に揺れる訳ですから、
何とも落ち着かない日々が続いています。

それでも不自由な生活をしている方々に比べれば・・・と
思っていますが、

はたまたそれでも、この電磁波とやらの影響か、
多くの人が、突然、眠くなったり(気絶したように眠ってしまうらしい)
眠ったのにまったく疲れが取れなかったりという日々が
続いているようです。

それに町を歩いていると、埃がとてもたくさん飛んでいて、
コンタクトをしている私の目はいつもごろごろしてしまいます。

それに・・・なんだか、とても気分の上下が激しいかも?
普通だと気にならないことが、とても気になったりして。
いっぱい、いっぱい、メモリが、すぐに振れてしまうのは、
忙しいからだけでは、どうやらなさそうです。

こんな時、さて、どうするか・・・が問題でしょうけど、
ずばり、どんな状態になっても生き抜くしかないでしょうね。
そして、「それから」を知っている人たち、
同じような経験をした人たちの話をじっくり聞くことって、
大事かもしれません。

地震を避けて、どこか他の場所に移るという選択って、
一瞬とっても楽になる気がしますけど、
そこの生活が日常になる「それから」は、
いっぱい、いっぱいになっている人の目からは
想像もつかないことが沢山。

こんな時、どの家も大変だとは思いますが、
我が家は輪をかけて・・・状態になります。
何しろ、それぞれアンテナの方向が多少違うとはいえ、
あちこちから、いろんなものが飛んでくるのもありで。

基本的には、誰かのせいにするのはあまり好きではないのですが、
ま、こんな時は、「何でも、かんでも、電磁波のせい」にしちゃお!

「電磁波のせい、電磁波のせい」

これで少し、冷静に戻れるのなら、
これもあり、ってことで・・・。
(↑その場しのぎの匂いが・・・)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/12(Tue)

【だんな様は霊能力者】 すごいよね~ 

世の中って本当に広くて、本当に「すごいよね~」と思うことが沢山。

ゴルフのマスターズで活躍した二人もそう。
あの世界の大舞台で、あの若さで、

「すごいね~」

最近思うのは、
「感心だけなら、誰でもできる」と(あはは)

そこじゃないだろ~、感心するところは~って、
いつもどこからか聞こえてくる気がしています。

ついつい人は、「結果」だけを見て、「すごいね~」と
思ってしまうものですが、

この二人の活躍の裏にあるもの。
それこそ「すごいね~」と思います。
ゴルフって、そんなに詳しくはないのですが、
それにしてもあの二人の基本に忠実なこと(驚)

どんな舞台にたっても練習と同じように、
いやそれ以上に、「同じ」ことが「同じ」ようにできるという
向こう側にあるものを想像すると、ため息が出ます。

で、さらに「ため息だけなら、誰でも出せる!」
(あら、最近、ちょっと厳しい私)

それこそよく、だんな様の空手の練習の話とか、
修行の話を聞いたりして、
「すごいですね~」って話になります。

ま、あまり口にして言いませんが、
だんな様は、「それで終わりかい!」と思っているそうで(爆笑)

「そうなりたかったら、自分もやればいいのに」
と思っているらしいです。

「やる前から、自分にはできないって決めてかかってるのがね~」
と、付け加えます。

ん?ちょっと、振り返ってみてくださいませ。
「すごいね~」と思うとき、

それを、自分と「どのくらいの距離」で見ているかって。

どんなに難しく思えることでも、
どんなにすごい人でも、
「最初」があったはずだと思ったりもします。

そして、最初から「すごかった」わけでもなかっただろうと。

まあ、だんな様の話の場合は、ちょっと極端なので、
そのまま真似をしてみたら?とまでは言えないですが・・・(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/11(Mon)

【だんな様は霊能力者】 花見 

突然ですが、お花見、好きですか?

何故かわからなかったのですが、実は私、
お花見があまり好きではないのです。

昔から花見が好きな両親に連れられ、桜で有名な近所の公園に
出掛けるのが恒例になってましたが、
思い出せば、子供のころからあまり好きではなかった・・・
何だか気分が塞いでしまうのです。


って、桜が満開の時にする話題でもないかも知れませんが。

「どうして日本人って桜って好きなのかしら?」
(あえて付け加えておくと、桜が咲いているのを
ふと通りかかって見ると、あ~きれい~とは思うんです)

「桜の咲き方かな。
時が来たら、ぱっと咲いて、さっと散る。
潔いって感じがするじゃない?」

「そうか・・・でも、散るまでは結構粘るよね、日本人って」

「確かに」

今回の地震にしても、日常でも、
どちらかと言えば、じっくりじっくり耐えるってイメージがあるのですが。

「花見はあの世の予行練習っていうからね」
というだんな様の言葉と、そして、こんな記事を発見!
http://npn.co.jp/article/detail/63190438/

「・・・だから、あんまり好きじゃないんだ・・・」
って、どうして子どものころからそう思っていたかは、謎のまま(笑)

「それにさ、桜の花びらを太陽に透かしてみてごらん?」

花びらに走る細い線。
今なら、散った花びらを手に取ってご覧いただけます。
何を連想しますか?

「それと・・桜がきれいに咲くにはね、カルシウムが必要なんだ」

・・・って、せっかく桜が満開できれいに咲いているのに、
沢山の人が、花見を楽しんでいるのに、
興ざめな内容になっていますが・・・。

震災の影響で、自粛ムードが漂う中、
実は、今年の花見こそ、「花見」をするのにふさわしいのかも知れません。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/10(Sun)

【だんな様は霊能力者】 冷静になってみると・・・ 

冷静な時にはわかることが、ま~パニックになった時って、
なんて見えなくなるのでしょう・・・。

ってこと自体、結構、普段は気が付かないものです。

震災が起こり、その後、いろんなものが無くなっていないうちに、
「~がなくなるらしいよ」

そんな言葉で、いわゆる『買いだめ」したものが、
ひょっとしたら、お部屋の中にありません?

いや、今だったら確かにわかります。
あんなにあわてなくても良かった・・・。
あわてて買いだめしたら、そりゃあ
品不足も起こるわって。

元々、商品なんて「日常」の流れる量に合わせて動いているはずですものね。
誰かが、それも次々と普通と違うことをすれば、当然、起こるべきことが
起こります・・・。

とはいえ・・・って何度も繰り返しますが(笑)
からっぽの棚を見た後、何かを見つけると、
あ、買っておかないとと思ってしまうのも事実。

こんな社会で起こること。
結構、大きな規模で起こったのでわかりやすいですが、
実はこれ、日常の人の心で引き起こしているんですね。

「恐怖で行動しないように」

こうならないように、
ああならないように

やっている行動は、表面上同じでも、
結果が違ってくるのは、やっぱりどこかの瞬間で、
「トイレットペーパーがなくならないように」と思って
買いだめしてしまう時の真理と同じ気持ちで、
行動してしまうのでしょうか。

恐怖を克服するって、そんなに簡単なものではありませんしね。

それに自分の心に「大丈夫」って言い聞かせることぐらい、
自分に100%は、100%と信じ込ませることぐらい、
難しいこともないかも知れません。

何しろ、「思い」の世界は「自由」
それだけにとても「不確か」だったりします。

どうせ、身の回りに集めるなら、
大好きで、わくわくするようなものにした方が、
この先、何かを生み出してくれそうな気がしませんか?

え?トイレットペーパーだって、楽しめるって?

そんな人は、きっと無駄な買いだめって
しない気がします。
それだけ想像力があったら、
ないならないで、他の方法考えよ~っと
(←ちなみに、パニックの時のだんな様)
って思うだけだったりしますもの(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/09(Sat)

【だんな様は霊能力者】 う・・・風邪が・・・ 

久しぶりにおお風邪をひいております(涙)

時には風邪をひいて、免疫力をバージョンアップしておくべし
は、あまり根拠があるような、ないような、自論なのですが、
それにしても、今回の風邪はうっかり気持ち悪いです。

昔から風邪はひきやすい方で、
ま、流行はなんでも取り入れなきゃ~と
言いつつ、誰よりひーひー言ってたりしますが、

「風邪は、安静にじっとしているしかない」

勿論薬はちゃんと飲みます。

そう、そう、こんな時、いつも思い出すのは、
結局は、自分の体が治るのを待つしかない時は、
待つしかないってことですね。

薬は補助してくれますが、最終的に「治す」のは、
自分の力だったわ・・・と思ったりします。

あ!最近、「被り」についての症状分析にはまってしまっている私ですが、
「被り」って、ある意味「病気」に似ているな・・・と。

「被っていない」状態、つまりは風邪などひいていない
いわゆる「健康」な状態というのは、自分ではあまり
意識できないもの。

でもって、その「バランスのとれた状態」が崩れて、
初めて、心地悪いな~、調子悪いな~と思い、

精神的にこうした状態に強くない人は、
ちょっとした症状で、バタンキューキュー。
時に病気を自分でひどくしてしまったりして。

あ~、風邪をひいて調子が悪い時は、
あまり前向きな考えは浮かばないものです。
頭も休めて、体も休めて、
ちゃんと復活せねば。

ってわけで短めですが、今日はここまで!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2011.04/08(Fri)

【だんな様は霊能力者】 被り(番外編) 

被りについて、どこからやってきているのかとか分析しても、
被らないようにはなかなかならないので、意味があんまりありません・・・
と書き、
昨日で終わる予定だったのですが、番外編ということで(苦笑)

今まで被ってたかも?
これって被りだったんだ・・・。

気が付いただけで、楽になって、比較的被らなくなる人もいます。
どちらかと言うと、もともと根明で(笑)、被りの症状が体調に主に
出る人は、被りで体調を崩すことがすぐになくなるわけでなくても、

大丈夫!って自分に言い聞かせるられるからか、
本当に大丈夫になって行きます。

勿論、被らないための努力って、ちゃんとしてますけど。
例えば、ちゃんと強くなるように、どこか神社とかに
定期的に通って、ちゃんと、たびたび自分で祓うとか、

しばらく自分で頑張って、祓ってみて、
これは自分で手に負えないと思うと、
酷くならない内に、ちゃんと祓ってもらうとか。

被っても、被りを自分の心で作りだすことが
少ない人は、本当に突然のように、被らなくなる・・・
いや、ちょっとぐらい被っても気にしなくなる、強くなる
が適切な表現かも知れませんね。

でも、被りが精神的に影響を及ぼす人。
例えば、もともと、どちらかというと物事を明るく考えないタイプの人は、
被ったまま、自分でも被りの症状を増幅させてしまうので、
なかなか、そういう状態にはなりにくかったりします。

「自分で作りだしてるから、祓っても、祓っても同じ。
また作り出しちゃうんだよね・・・」

「被らない」自分や
「被りにくい」自分になるためには、
その原因を過去に戻って探しても、
簡単には次のステップに進めなかったりするんですね~。

何しろ、その過去を思い出す心が被っているので、
「あ・・・あんなこともあったし、こんなこともあったし」

思い出している間に、「自分被り」がパワーアップしてしまうことも
少なくなくて、これじゃ逆効果(涙)

こんな人の場合には、必要な時だけ、必要な部分だけ過去を
分析することが大事だったりします。

「それもあって、前世とか、必要な時しか分析しないことが多いよ」
と、だんな様が言います。

辛かった時のことを思い出して、
ああ、あれがあったから自分がこんな気持ちに振り回されているんだと
思い出して、

「終わったこと」と、しっかり思えるまで「強く」なってから。

それが思い出して、乗り越えるタイミングだったりするのでしょう。

それまでは、同じような経験をして、今では超前向きになった人たちと
ただひたすら同じ空気をすう・・・。
つまりは、ただ座って話を聞いたり、聞いてもらったり。
そんな中で、心のどこかが癒されて強くなっていくのかな?
と、自分の経験上でも、そう思います。

つまりは、思い出し方には思い出し方があるってことでしょう。

被らない人は、被らない方法を必死で探すもの。
(私もそうでした)
でも、それを探すときの自分の気持ちの持ち方が、
被らない自分を作り出す大きなポイントだってこと。

やっぱり、付け加えておくべきだと思って、番外編を書きました。

私の場合、結構、体調に出るタイプだったので、
体調が悪い自分を見つめると、さらに体調が悪くなり・・・
みたいなことがあったりしました。
で、「いや~こんなにつらいなら、どんなことでもしよう!」と
思ってしまうぐらい、変な意味、痛さにはとても弱かったです。
(←今でもかも・・・笑)

ふと、「どんなことでもしますって、言っちゃったよな~」と、
目の前に落ちてきた自分の課題を見つめて、
後悔・・・いや、後悔している場合ではないのです。

実際に起こっている「痛さ」で、時間を無駄にするのは
許せん!と、思ってます!(今も、この意味で修行中)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/06(Wed)

【だんな様は霊能力者】 恐怖 

自分の目で見ていない時に、恐怖を余計に感じてしまったことを
だんな様はメンター」のブログに書きました。

そ、そして、なんと!
自分の目で見えないものの典型が、「被り」のもと

最近、流し過ぎのCMと言われてしまった、
「思いは見えないけど、思い遣りはみえる・・・」
みたいな内容(相変わらずうろ覚えで済みません)

基本的に「思い」は目に見えませんものね。

だから、「行動」とか「もの」とかを通して見るしかなかったりします。

でもって、被る人というのは、もう一つの判断基準を持っている・・・
って感じかしら?
勿論、いつも言いますが、被らない人はいないので、
その判断基準を受け取るアンテナの敏感さに、
かなりの違いがあるってことなのかも知れませんね。

「かたち」のないものは、解釈する人の心の状態で、
どうにでもサイズ変更可能。

被りの元を探る場合、冷静な判断がないと、
どんどん、とても大きなものから影響を受けている感じがします。

被りを克服したともいえる人たちに共通しているのは、
ズバリ!被りを恐怖に思っていない。

「そのうち、祓えるさ」

「そのうち、楽になる」

「今までだって、いつかは平気になったじゃない」

といった具合。

「大したことはない」
あんなに辛そうだったりするのに、平気な顔をして、
被りを大きくするってことが、極端に少ない感じがします。

ただし、被っていないわけではありません。

「どうしたらいいの?」
と被らないようには?と思って聞くと、

必ず、「強くなること」とだんな様。

それに・・・「被る」だけの感覚があるなら、それを豊かにしていくことも
大事かも知れないな~と思います。

だって、「こんな感覚いらない!」って思っている人もいるかも知れませんが、
「被らないようになるってのは、無理」だそうですから。

さて、さて、被りについて語ってきましたが、
被りそのものをいくら分析しても、あまり効果はありません。
(長々書いておいて、すみません・・・)

それより、心を切り替える練習。
何があっても、心の中に前向きな気持ちが起こるように
自分を励ますことができるとか、
忘れることができるとか、
そっちの訓練の方が大事。

だって、悩んでいる人の悩み事を聞いたとしても、
解決できることって本当に少なくて、
次に話を聞くと、またまた同じことを・・・
ってことって少なくありませんもの。

被りのもとは無限にありますものね。
それにいつまでも付き合っている場合ではないのかも知れません!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/05(Tue)

【だんな様は霊能力者】 起こりすぎ 

「いろんなことが起こりすぎだ~」

変化の時期って、変化が集中するのでしょうか。
次々と、予測できたことも、そうでなかったことも、
「もう少し、お手柔らかにお願いします」と、
誰かにお願いしたくなるほどです。

あれほど大きな地震が起こった後ですから、
できれば早く収まってほしいものですが、
・・・と、書いている今・・・「揺れました」

私が育ったところは、極端に地震が少ない地域でしたので、
東京に引っ越してきた当初は、
「ゆれた~~」と大騒ぎしていましたが、
最近は、ゆれてる?
私?それとも地面?と、確認しなくてはならないぐらい、
「地球酔い」状態です。

この前、ココに沢山の方が集まった月例会でも、
いつも揺れている感じがする人、います?って
お聞きしたら、かなりの数の人が同じように感じているのがわかりました。

ゆれた~~~と大騒ぎしていた私ですが、
よく、よく、考えると、もともと地球はグルグル回っているわけで、

「な~~んだ、回ってるんだったら、少しぐらい揺れるってのもあり」
と、訳の分かるような、わからないようなことで、
今は、ちょっとぐらっときても、かなり冷静になりました。

「地球の自転にスピードってかなりの速さよね」

「そう、一日で地球が一回転するぐらいだから」

「ってことは、回っている音ってかなりしているのかな?」

「結構、すごい音だよ。時々気になるけど」

ま、こんな会話を普通にするようになってしまうと(苦笑)
大概のことで、驚いていては、生きていけません!!!

それにしても、相当なスピードで回る地球の上で平気なのに、
空手で、回転技をするとすぐに気分が悪くなるのはどうしてだろう?

きっと、それが普通って慣れているからなのでしょうけど。

「慣れ」や「普通」は、時に厄介、時に不快にならずに済んでるんだ~
と、これまた発見した気になっています。

ただし、慣れ過ぎると「変化」に弱くなったり、
はたまた攻撃的(「ちょっと違うと、おかしい!」と思うとか)
になったりしがちですので、少なくとも
「思い込み」だけは持たずに、いられればな~と思う今日この頃でした!

あ、今日は被りについて、お休みしたとお思いかも知れませんが、
被りを作り出す、ストレスは、この思い込みで生まれることが
少なくありませんので、要注意!なのです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




EDIT  |  04:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/04(Mon)

【だんな様は霊能力者】 人ごみ 

被る人は、おおよそ人の多いところは得意ではないことが多いです。

沢山人がいれば、当然それだけ悩みを持った人も、
色んな苦労を感じている人もいるから、当然といえば、当然。

しか~~し、自分が被るからと、出かけるのをやめるっていうのも
なんとなく悔しいじゃないですか!

と思って出かけても、被るのは被る(苦笑)
ま~、今日の全関東空手道選手大会でも、しばらくしてからドンと、
そりゃあ被りました。

人が多いだけでなく、試合に出る人の不安や緊張まで伝わってくるわけで、
空手の試合の観戦はとても、疲れます。

それでも、多くの人が頑張っている姿を見ると、
被っている場合じゃない!なんて思ったりもします。

多分、自分でこうしてドンと被って思ったのですが、
きっとその前の私と全く違ったキャラクターの人間になってる・・・。
笑えなし、人と話せないし、妙に頭が重いし・・・。
おかしいと思いながらも、ちゃんとおかしい、いつもの自分じゃない!
と、モニタリングできてないと、確実に被りの餌食になります。

でもって、もとも自分の感情でこうなったわけではないので、
影響が軽い間に、ポンと落ちることがあれば、
急にまたもとの自分キャラに戻れます。

・・・って、モニタリングして思ったのですが、

この、自分でもコントロールできない「被りを受けた瞬間」の
雰囲気の変わり方・・・。
よほどの人じゃないと、
「あなた、ちょっとおかしいわよ」なんて言ってくれるはずもなく、

「なんだか、コロコロ雰囲気が変わって、
どれが本物かわかりにくいわ」って人になってしまう可能性大!

と、思って昔の自分を思い出すと、
確実に、私に戸惑いのまなざしを向けていた人が
かなりいた気がしてきました。

わかりにくい人は、
わかってもらえない。

わかりにくい人は、
一体何を考えているの?って
人をイラつかせることがある。

これって、自分の周りにいる「よくわからない人」を思い出せば、
容易に想像がつくと思います。

で、自分がそうなっている可能性があるわけで。

例え相手が「あわせる気持ち」があったとしても、
何に合わせたら良いかがわからないのでは、
とりつくしまもありませんものね。

さて、ここまで来ると、
「それじゃあ、普通の私ってどこにいるんだろ?」って話になりますよね。

自分でもそれがわからないから、苦労しているわけで。

ん?これが「悟り」(自分を知ること?)
な~んて、いつものように思考が暴走しているようですが、

「それも立派な悟りだよ」

被った自分をモニタリングして
悟れるなら、あら、ちょっと面白そう・・・。

と、ちょっとうきうきして思った私はいまのところ、被っていないみたいです(笑)

(語るぞ、「被り」連載中です)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2011.04/03(Sun)

【だんな様は霊能力者】 被ったら 

「被った・・・」と思ったら、何に被ったか、どこで被ったか、
だんな様も探ります。

でも探るのは、「どこで、何から」がわかると、
被りが祓いやすいからという理由(だけ)。

今でもそうですが、自分が被って家に戻ってくると、
ちゃんと影響がでます。
だんな様が咳をし始めたりとか。

自分が被って、気分が悪くなったりすると、
どうしてもその「被った」相手というか、
誰から、どうして被ったのか、気になって仕方がないものです。

で、最近気が付いた(最近か!と突っ込まれそうですが)
この探るプロセスに「感情」がのっかると、
確実に、今度は自分で被りを作り出し始めます。

「どうしてそんなに被るような雰囲気を持ってるのよ!」とかね(苦笑)

こうなると、どこからが人から影響された被りか、
どこから自分が作った被りか、
そんなの区別できません。

「似たような空気は、くっつきやすいのさ」

意識してもしなくても、自分の周りにいる人は、
結局は自分とどこか近くて、お互いに理解できる部分がある・・・
だから、近くにいる、というのと同じなのかも知れません。

これって、自分で自分の周りを見てもわかりにくいのですが、
誰か他の人を観察すると、よくわかります。
どこか・・・そう、どこか、共通している部分があるから、
同じ場所に集まるのでしょう。

被りも同じ。

明るい人の周りにも、被りはやってきます。
逆に言えば、「被り」の原因なんて、どこにでもあるはず。
だけど、強いエネルギーや太陽のような明るさには、
近寄ってきたものも弾き飛ばされ易いし、
固まっていたはずのものが分解されてしまう・・・。

被りをまったく寄せ付けない人たち。

これにも二種類あって、
被らないように「閉じている人」と、
こんな風に自分の持っているエネルギーで、分解できる人と
いるな~と思います。

ちょっと見ただけでは、被りにくい人がどちらのタイプか、
わかりにくかったりしますが。

被らないように「閉じて」しまうと、
その場はやり過ごせたりしますが、
その内、その閉じた中の空気に自分が苦しくなったりして。

閉じている人が、開き始めるには、
それなりの理由やタイミングが必要だったりするのも確かです。

「ま、北風と太陽みたいなもの」

開けば楽になるのに・・・と思うのは、外から見ている側の視点。
本人にしてみれば、初めて海外に旅立つ人のように、
不安が沢山あるはずですから。

勿論、新しいこと大好き!って人は、初めから、
開いていることが多い・・・けれど、当然そこには
被りの元はあるはずです。

話は飛ぶようですが、大学院で「話し言葉」の講義を受けている時に
先生が言った言葉を思い出しました。

「人は、話し始める時、文法的に正しい文章を作れるか、作れないか、
そのリスクを承知で、話し始めるんです」
そして、話し言葉を分析すると、必ずしも文法的に正しく話しているとは
限らない、むしろ、途中で終わることなんてしょっちゅう起こっていると。

う~ん、こむずかしくなってきましたが、
「人は、被るというリスクを冒して生きているわ~」と思った私は、
いつものように、話を膨らませ過ぎな感あり・・・ですが。

「被って当然」
実は、誰より、だんな様はしっかり「被って」います。
(あら、ばらしちゃった!笑)
ただ、「被った自分」をちゃんとモニタリングできているかどうか、
そこが最大の違いです。

「被らないと仕事にならん!」

は、は~、
その通りです。

それは、多分だんな様の仕事に限ったことではないと思います。

(はたまた、続く)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3






EDIT  |  00:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/02(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ずっと疑問に思っていること 

長い間、ずっと疑問に思っていることがあります。
って、ひとつじゃなくて、いくつもあって、
そんな疑問は、時々にとても気になり、そして、
時にすっと忘れていたりするんですが、
それでも一つの答えかな?ってのが見つかることがあります。

被りについての質問を受けました。

被りって何ですか?

「人から受けるネガティブな影響」とだんな様は答えます。

確かに誰かが困っているのに、
それに全く影響を受けない・・・っていうのも想像が難しい。

困っている人がいれば
辛い人がいれば、
それなりに「同調」するのが普通だと思うのです。

これが厄介なのは、ただ同情しても始まらないってこと(苦笑)

確かに、誰かに話をしただけで、ふと心が軽くなることがあります。
悲しみは、人数で割り算。
なんて言葉もありますものね。

だけど、それなら、楽しいことや、うれしいことって、
どうなっているの?と。
これがずっと長い間の私の疑問。

多分ですが・・・あくまでも仮説です。

マイナスのエネルギーを持っているのもは、
固まったまま、溶けない・・・ってイメージなのかな?と思います。

人間の心は、それこそ疑問があってもふと忘れる瞬間を
作りだせるように、悩んでいたり、苦しいことがあっても、
それからふと目をそらすことができる。

これも大事な自己防衛本能だとは思うのですが・・・。
例え忘れても、心の中のどこかに固まったまま残っているのでは?
と、思ったりします。

片や、幸せなことや、ハッピーなことは、
どんどん広がって、溶けてしまう。
だから、心に「これ」って形で残りにくいのでは?

それでも、誰かが幸せだったりすると、
そのおすそ分けをもらったようにこちらまで幸せな気分になれます。
これも事実。

だけど、「固まってない」ので、ちゃんと意識をしないと、
溶けてしまったように、その気持ちって長続きしなかったりするんですよね。

どちらにしても、ネガティブなエネルギーは、
固まったまま、あちこちに飛ぶので、
それを敏感に受け取ってしまう体質の人には、
突然、何かそんなことが起こったかのような気持ちになったりします。

勿論、自分にもそんな気持ちを起こす元はありますから、
それが、自分の心で起こったのか、
どこからか飛んできたのか。
その区別は、これまたつかないのが普通。

ココを一生懸命区別しても、被らないようにはなりません(←経験済みで断言!)

区別したくなる気持ちは痛いほどわかります。
まさか、暗い気分になっているのが自分のせいだなんて!
誰も思いたくはありませんから。

だから、原因を外に探そうとしてしまうのですが、
あ、その前に!

そのことさえなかなか気が付かずに、被り続けていると、
(勿論、自分で作っている分も、外から来ている分も含めて)
体調がとても悪くなったり、
気分にむらが出来たり。

こうなって、こうなったから、あの人気分が悪いのね~
って理解されるのも難しければ、自分でも理由がわからない(涙)
なんてことになりがちです。

被りについて、長々語ってしまいましたが(笑)
いや、まだまだ語れますよ~(笑)

ただ一つ言えるのは、ネガティブな被りは、
そのままじゃ、なかなか溶けないってことかな?

じゃあ、溶かす「何かが」あればいいってこと?
まだまだ分析中です。

(続く・・・ですね、当然・笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.04/01(Fri)

【だんな様は霊能力者】 気が付くことから 

まあ、自分で気が付いているつもりで、気が付いていないこと。
そりゃまた、沢山あるでしょう。

それに、すでにそんなことが「ふつ~~に」できている人から、
ここが、あそこが、と指摘されたところで、
気が付いていても、いなくても、治らないものは治らない(苦笑)

いやいや、開き直っているぐらいなら、
ずっともやもやして貴重な時間を過ごすぐらいなら、
どうにかしましょうよ!

って、自分でも実は気が付いているんですね~。
だから、色んな本を読んだり、友達と話をしたり。
知らず知らずの内にでも、心が解放される方法を探しているもの。

最近よく思うのは、明らかに「被ってる!」って思うのに、
自覚がない人が多いってこと。
元々の性格かな?とか、
色んな事情があってとか、
そんな風に考えてしまうこと自体が、「被り」のもとなのです(驚)

そういう自分に気が付いていながら、
勿論、抵抗しがたいってのも、よくわかります(←経験済み)

まずは、「明るい前向きな時の自分」
それをしっかり意識することから始めましょうか。

「今の状態が、フラットな状態。
覚えておいてね」
被りをすっかり取った後、だんな様が何気にこう言います。

「あ~楽になった」
そのことで終了したくなるものですが、
そこで終わると、逆にすぐまた「被り」ます(←断言)

勿論、しばらくは被らない程度には戻すことができますが、
「何しろ、自分で作り出してたらね~(苦笑)」

そう、そう、被りって外から誰かの影響を受けていると
思い込んでいますが、被った自分もさらにそれを
パワーアップさせてもいるし、
自分でその元も作り出しているのですから(あらら)

「全く被らない人なんて、いない・・・」
と、だんな様。
仮にそんな人がいたら、それこそ非人間的だとも。

ではでは、一体何がどう違うのかしら?っていう話になると、
どのくらい、「フラット」な状態にすぐに戻れるかってことだと、
私は思ってます。

フラットな状態ってのが、これまた、言葉では説明しにくいのですが、
元々、人間って、ちゃんと問題を解決して、
前に進むようにできてるんじゃないかしら?
ってのが、私のフラットのフラットたる状態の根拠。

なので、「どうすれば良いか」冷静に考えることのできる状態
とでも表現してみましょうか・・・。

な~んだ、そんなこと、簡単にできるじゃない!
こうすれば・・・とおもえた人は、比較的フラット。

な~んだ、そんなこと、すでにやってるのに・・・。
とか、
そういわれても・・・あれも、これも、と思った人は・・・

「被り」、作り出してます!(爆笑)

まずはそんな状態、誰のせいにしても、
何かのせいにしてもいいから(笑)
抜け出そうじゃありませんか!
(←ん、今、私は比較的フラットだわ~)


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |