2011.08/31(Wed)

【だんな様は霊能力者】 早く早くと解決しても 

月例会には、ここで会うまで全くお互い知らなかった人たちが
とても仲良くなります。

時には、まるで兄弟、姉妹のよう・・・とか感じていると、
前世からのつながりがあった人も居て、
そんなことはすぐにはわからないのですが、
しばらく経ってから、初めてあった時から、
「どこかで会った気がする・・・」と思っていたと(笑)

まあ、世の中ではこういう出会いを
「ソウルメイト」と言うのでしょうが、

ま~、生まれ変わっても、前世に会った人を
覚えているなんて、なかなかしつこい性格だこと!
と、感心(笑)

中には、「絶対、次の世でもこの人に会う!」と
決めて生まれてきた、しつこさ度合い最高の人もいます。

さて、こんな出会いを果たした人も、
これからの人も、きっと、その素直な感覚、
したがってみたら?とは思いますが、
問題は、出会ってから。

なぜ、その人とわざわざ出会ったのか?
あら、あら、考え出したら眠れません(爆笑)

で、こうなると人はすぐに答えを欲しくなります。(でしょ?)
どうしてだろう?なんでだろう?

「その内、わかるんじゃないの?」
今、知る必要のないことには、
の~~んびりした答えをするだんな様。

「パーツが揃ってないのに、答えを知っても
どうせ先には進めない」そうで(苦笑)

まあ、まるで数学の小問みたいで、
1)の答えがないと、たとえ、2)ぐらいまで進めても、
3)それでは、1)2)の答えを使って・・・みたいなこと、
起こります、起こります!

結局は、心をどんなに遠くに飛ばしても、
未来はどうなるか想像しても、
目の前に降ってきたものをひとつ、ひとつ。

じゃないと、ある意味、「こんなはずじゃなかった」と
後悔ばかりして生きるのと同じだったりします。

前世を知っても知らなくても、
バージョンアップする人は、
バージョンアップするべき時に、
目の前にあることから逃げなければ、
ちゃんと、バージョンアップするようになっている・・・。

そんな人たちを見ながら思うこと。
「魂で生きる」と不思議な縁がつながりますが、
それも全ては「今」のためにどう役にお互い立てるのか。

いつも意識しておきたいな~と思っています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  01:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/30(Tue)

【だんな様は霊能力者】 興味を持つ 

他人に興味を持つって、決して悪いことばかりではないのですが、
それはちょっとね・・・と思うことも少なくありません。

よく芸能人が、指さされて、「あ、~だ!」って言われると
なんだかな・・・って気持ちになると。

例えば、自分の家の前に全然知らない人が立って、
「あ、これって、~の家だ(敬語もなし)」とのぞき込む。

いや~
ありえません。

でも、これと同じことを、うっかり、この世にいない人に
対してもやっていることって少なくないのですね。

「この世にいない」と表現しましたが、
実際は、居るけど姿が見えない人。
でもって、人はその気配を感じるからこそ、
何となく興味を持ったりするわけで。

相手が目に見えないところで、
相手に失礼をはたらく・・・
あら、あら、耳が痛い。

これって、生きている人に対しても同じことがいえますが、
実は、距離が関係ない「霊」にとっても同じように失礼。
さらには、「距離が関係ない」ので、基本的に
どこで話していても、相手には聞こえていたりして(うぅ)

誰かが静かに眠っている場所。
時にパワースポットなどと呼ばれたりしていますが、
まあ、どちらにしても、他人様の場所。
訪れるにしても、他人のおうちに、ガラガラと入って、
「ここにきたら、パワーもらえるんだってさ!」
「へぇ~」
なんて、こと・・・

まあ、私がそこに眠っている立場だったら、
まず相手にしないか、出ていっていただくか。
少なくとも、歓迎はできない・・・。

知らない間にやっていることとは言え、
こういう場所はわきまえて・・・なんて話をして、
ちゃんとわかる人たちでも、
いざ、写真に写った「何か」には、
何か写ってる~と興味を持つのは・・・
確かめたいのはわかりますが、

先に書いた話とちょっと似ています。

「大体、何かが映るときって、映す人が呼び込んでいること
少なくないんだよね」
と、だんな様が言います。

少なくとも、見た瞬間に気持ちの良いものでなければ、
それは相手からの気持ちや状態が伝わっているものだと。

この感覚には、意外と人は敏感です。
ほら、上司が機嫌が良いか、悪いか。
自分の背中側に座っていても、何となくわかるじゃないですか(笑)

「危うきには近寄らず」
感覚の鋭い人にとっては、特に気を付けたいことです。

それでなくても、好むと好まざるとにかかわらず、
メッセージを受け取ってしまう人たちなのですから。

あ、昨日はここで月例会。
その話を書こうとしたのですが(今日の話もその一部)
ほんの一部で終わってしまいました・・・。

なので、続く・・・ってことで。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 心の葛藤 

人と違うこと・・・を含めて、自分の心の葛藤をどう収めるかは、
なかなかむずかしいものです。

時々、ふと、自分がもし仏様や神様だったら?とか、
はたまたぶっ飛んで考えてみます。

「~になりますように」
(ああ、悩んでるんだろうな)
で、次の日には。
「いや、実はこの方が・・・」
(ん?こっちがいいのか?)

で、実際にそうなってみると、
「昔の方がよかったのに・・・」
(一体、どうしたいんだ!)

みたいなお願い事や、希望って、結構持ってたりするものです(笑)
これって、聞いている立場になって考えると、
「一体、どっちやねん!」
(いや、仏様や神様は、関西弁を話さないとは思いますが・笑)
と、言いたくもなるだろうと(あはは)

自分でも気がついていないことが多いのです。
この矛盾した自分の心の中で思うことって。

でもって、仏様や神様には、その心の声も含めて
基本、筒抜け(爆笑)

・・・だから、簡単に、「あ、そうですか」と物事すすめられないわ、
と、思われるわよね~と、
自分で、自分の心の中に起こる感情も含めて思います(笑)

自分で自分が悩んでいることの「中心」みたいな部分。
気がついて居ないと、いつもいつも、被害者意識を持って
しまいがちなのも、「はあ?」と、
神様や仏様が首をかしげる状況になる原因だったりして。

「今の状況が、嫌で嫌で仕方がないんだ」

そこで頑張るにしても、
そこじゃないところで頑張るにしても、
「嫌で嫌で仕方がない」原因は、相手じゃなくて、自分の心に
あったりするもの。

自分の感情を客観的にみつめられないと、
次に進むエネルギーにさえ、ならない逆境。

「別に、成功したいと思ってないんだ」

自分が選ぶものを、「これ」と自分で選んだ意識がないと、
どうも、選ぶものが消去法になってしまうようで。

でもね・・・「選ばない」って「選んでる」と思うんです。
逆説的ですけどね・・・。

「望みや希望って、特にないから」
って、消極的な選択肢を「選んでる」って思ったりします。

ま、どちらでも良いことは、本気でどちらでも良いことですが、
自分の生き方に関しては、やっぱり、どんな味方でも付けて、
しっかり「選んで行きたいな~」って思ったりします。

だって、誰だって幸せになりたくない人って・・・
基本いないはずですものね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 人と違うこと 

いや~、世の中私のバージョンでできてないわ!
って思うことがしばしばあります(笑)
つまりは、「人と同じじゃないな・・・」と感じてた部分が
かなりあったと、気がつきました(←遅すぎ!)

いや、とりあえず自分では「合わせているつもり」だったもので・・・。

小さい頃から、極端に体が弱くて、みんなと同じことができなかった
とか
小さい頃から、人と違うものやことが見えて、普通に生活できなかった
とか
小さい頃から、外の刺激が辛くて心を閉ざしていたとか。

「人と違う」ことで起こる反応は、おおよそ同じ。
1)壁を作って自分を守る
2)周りに必死に合わせる

ま、時と場合によって両方やってみるものですが、
特に、必死に周りに合わせるって疲れるもの。

その上、人が「同じじゃない」とか、「よくわからない」とか言うことには、
結構、周りは敏感なもの。
はたまたそれを感じると、今度は
「あ~、空気みたいな存在になりたい」と、
ひたすら自分の気配を消そうとする。

この手法、かなり上達した人なら、本当に気配が消えます(←だんな様)
しかし、中途半端にやると、
「気配を消そうと必死で頑張る」その気配がバンバン周りに
してたりします(爆笑)
結果、余計に「あなた・・・・目立っているわよ・・・」と(あはは)

どうも、何もかもがチグハグになって、
やっぱり最後は、「殻に閉じこもる作戦」が有効かしら?とか。

いえ、いえ、それは一時しのぎなのは、誰より
自分が知っていること。

一番目立たない方法は、一番目立ってしまうことかも
(あれ~逆説的)
そうすれば、何か目立つことがあっても、みんなが
「ああ、いつもの・・・ね」と、終わる(笑)とか。

どちらにしても、付け焼刃の対処は、対処になってない・・・

では、では、だんな様に聞いてみましょう!
「人と同じでたまるか!」
と一言(・・・と思った)

表面「安全」に生きるより、
(家の中に閉じこもってたら、そりゃあ交通事故には合いませんが・・・)
どうせ、チグハグ。
どうせ、どこかで違うことはバレる。

それをどう捉えるか・・・
って、これも自由なのね・・・。

・・・ってこれ、この前観た、X―men ファーストジェネレーション
描かれてました・・・。

う~ん、深い!です!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー
EDIT  |  01:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 リンク 

このところのトピック(また!出ました!)

「心」と「体」と・・・それから「魂」のリンク。

ちょっと前から気がついていたのですが、
どうも、霊能力者というククリで言えば、
このリンクが弱い人が多いような。

いや、弱くても「自由自在」なら、それもよし。
けれども、特に心で思っていることと、
自分が実際やっていること(身体)
でもって、「こうなりたい」「こうしたい」という、
もっと心の深いところから湧き出るような「魂」の心。

これがずれると・・・何やってるかわからなくなったりします(苦笑)

「ゴッド・コード」にもこの「三位」「三密」と人を分析する考え方は、
出てきて、聖書の中でも、インディアンの言い伝えにも、
それから、「原子」の構造も、この形を取っていると捉えるのは、
今に始まったことでもなさそうですね。

特に、聖書の中では、
魂が入る前の身体と
魂が入った後の体を区別した記述があり・・・
魂は、神の心の入れものとして作られた「寺院のようなものだ」という
表現があるそうです(以上、「ゴッド・コード」より)

で、この入れ物としてつくられた「寺院」
ちゃんと「魂」を祀っているかって話になると、
う・・・、っと詰まる感じもしますよね。

このリンクが弱いと何が起こるかというと・・・

時々、体から魂が抜け出してお出かけしてしまうとか、

身体を自分の思ったように動かせないとか、

でもって、魂のエネルギーって強いですから、
それが表にでてくると、全く自分の心や体の意思を無視して
暴走してしまうとか・・・

体のエネルギーは、それに比べると比較的少ないので、
こんなはずでは・・・と心で思いながら、
妙に、体の辛さが堪えて動けなくなったり

な~んて事、やっぱりあるんですね。

イメージで言うと、あの「ガンダム」で操縦しているみたいな(笑)

「しっかり、身体と心をつなぎなさい」
だんな様が言います。

どの「声」が一番大事という話ではありません。
「話し合い」が必要ってこと。
リンクが切れていると、
まるで着ぐるみを来ているようで、
生きていること自体が、体に閉じ込められているように感じたり、
(←魂の声が優先している)
外界からの刺激や、体の疲れ、病気になるかもなんて心配ばかりしたり
(←体の声が優先している)

で、その間で、どちらも言うことを聞かない二つの間で
心が止まってしまう・・・みたいな事って、
起こってしまうんでしょうね。

さて、さて、この「三位」「三密」。
どうやって具体的には一致させたらいいんでしょうね。

意外と・・・簡単。
意外と・・・根気が必要。

かな?と、こんな訓練をしている人たちを見て思ったりします。
(↑含む、自分)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 一番難しいこと 

大体の場合、何かを始める前に一番難しいだろうと思ったことと、
実際に、「こんなところで!」と思って立ち止まるしかないことは、

・・・違います(苦笑)

人は予想をたてたり、予測をしたり、これからに備えますが、
それを超えたところにあるからこそ、「一番難しかったり」して。

もうひとつのブログで、やっと「ゴッド・コード」が完成したと
書きましたが、翻訳をやっていると、よく聞かれるのが、
何が難しいですか?
確かに、言葉の使い方とか、日本語の使い方、
私もまだまだなので、自分の文章を校正している時に、
思わず、吹き出すことも、ガックリくることもあります、あります。

今だにそれは悩みの種。

だけど、今回、校正中で本当に困ったのが、
「失われた聖書」のタイトル。
いや~調べても、調べても、ずっと昔の話。
そんなに簡単には探せません。
そこで、だんな様に聞いたら、一発解決!

「このあたりは、前に読んだからね」
と(笑)

初めから聞けばよかった・・・(涙)

そのくらいの本、読んでおけば?と言われそうですが、
翻訳を始めてから、あれだけの本、読んでいたら、
肝心の翻訳が・・・ってことで。

で、分からなければ、たった(というと語弊がありますが)
数冊の本の名前がわからないだけで、
一冊の本を形にするプロセスがぜ~~んぶ止まっちゃう訳で。

だから、仕事の必修科目は、「調べる力」。
自分の知識なんて、しれたもの。
調べる力に、人に聞くってあり?とお思いでしょうが、
実は、問題を解決するのに、自分の力でどうにかと
頑張るのも大事ですが、
しかるべき内容を、しかるべき人に、ちゃんと訪ねたり、
依頼したりできるというのも、大事な能力なのだと、
痛感します、いや、ほんと。

もちろん、自分が知っていれば、事はとてもスムーズ。

思い出してみれば、失われた聖書まで読むことはなかったものの、
翻訳をする数年前から、なぜか理由はわからないものの、
聖書や、カバラや、密教占星術やら、
読み漁った時期があり、
でもって、二冊の本の翻訳をする時になって、
その時、読まなければならなかった理由が分かった次第で(苦笑)

まあ、それ以来というか、それまでもそうでしたが、
目の前に降ってきた「何で?」には必ず意味がある、
というのが確信にかわりました。

その「何で?やらなきゃいけないのかしら?」を
やらないと次が来ないんですね~。

で、翻訳といえば、すでに私の頭は次の本に行ってます(笑)

今度はグレッグ・ブレイデンではないのですが、
これまた、面白くて、自分がはまりますね。

それこそ、形にする途中です。
これから、どんな「一番難しい部分」が登場するか。

予測不可能ですから、ま、出てくるまで、
ある意味、楽しみにしておきましょう・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 悪い予感 

「なんか、あまりいい感じがしない」
そんな感覚がする事って、感覚の鋭い人に多いかもしれません。

結構あるのは、とても大事な友達が、
それこそあんまり良い感じのしない人と付き合っているとか(あるある)

こんな時、どうアドバイスしたらいいの?
なんて、悩むところでもありますよね。

何しろ、相手に良かれと思ってアドバイスしても、
ラブラブな時の彼女にとっては、いくら親友でも
そんな言葉は、ただの雑音、余計なお世話。

じゃあ、黙ってていいの?
それって冷たくない?

次に自分の心の中に起こってくる感情だったりします。

ん~、感覚の鋭い人たちがいつも抱えているストレスのひとつ。
伝えたいのに、伝えられない。
あるいは、伝えてもあんまり意味がない。
伝えても、相手が受け取ってくれない・・・など、など。

できれば起こって欲しくないことは、
起こらないでおく方が本当にいいのかしら?

これも、ずっと、ずっと、私の頭の中で考えている疑問のひとつ。

「その彼女にとっての大事な学びのチャンスかもよ」
と、だんな様は普通に言いますが、

それこそ、自分の感じたことを、
相手に伝えてみたり、
黙っていてみたり、
伝えて拒否されたり。

そんな中で、「自分」が学ぶことも、確かにあります。

起こって欲しくないこと・・・
って、すでにかなり自分の価値観での「感情」が入ってるわ・・・
と、分析してみても、
やっぱり、できれば起こらないで済むなら、それに越したことはない。

と、ぐるぐる、同じところを回っている間に気がつきました。

とりあえず、今の私の頭の段階では、
答えがでるまで、せめても、
同じことが繰り返されないように、

でもって、どうしても止められない場合は、

ちゃんと、それを見つめて学ぶって方が現実的かな?と。

「子供が転んで痛い思いをする前に、
あれはダメ、これもダメって止める方がその時は簡単なんだよね」

う~、結局、「起こらないで欲しい」って、誰のためなんだろ?
って視点も大事なのかもしれません。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 感が強い子供 

子供には、大人に見えないものが見ていたりするのでは?

赤ちゃんが生まれたら、よくそんな事を聞きます。
宙を見つめて、何もないはずだけど、確かに何かを見ていると。

「宇宙と交信中」ってことで(笑)

こうして、宇宙と交信する期間は数年間(?)
普通は、「じゃあ、今後は何かあったら連絡するから」
(↑と、言ったかどうかはわかりませんが)
と、連絡することさえいつの間にか忘れてしまうのでしょうね。
そして・・・本当に、「見えなくなる」そうで。

それでも、その見える状態が長く続く子供がいます。
年齢を重ねても、感が鋭い子の場合、そのアンテナの感度は
なかなか下がりません。

普通は、大人になった親には見えないものですから、
なかなかそれを共有できないのが当たり前。

「そんなもの、いる訳ないでしょ!」と言われて、
その内、本当に居なくなるのが、これまた普通。

それでも、「いや、自分の目で見えるものは絶対に居る!」と
思い続ければ、ずっと見えるままってことになります。


お盆で実家に帰った時に、妹の子供が、突然、泣き出しました。
どうやら、仏壇が怖かったらしく、
だんな様に聞くと、彼には先祖が見えていて、
それでいて知らない人が沢山!

しばらくして落ち着きましたが、やっぱり仏壇のある部屋は
あまり好きではないようです。

感覚の鋭い子供は、どうしてもこんな風に、
色んな刺激を受けやすく、
そして、そんな刺激も含めて、
普段の生活の中の刺激も、
とても、体に堪えてしまうのです。

「だから、体をしっかり鍛えなさい」

肉体感覚をしっかり持って、
現実の世界にしっかり意識を持てるようになると、
精神的にも安定して、
それから先、見える、見えないは別にして、
現実の世界をちゃんと過ごせるようになる。

何しろ思いの世界は、ただでさえ広すぎるのです。
そう、そう、不安定な場所にいれば、
大人だって精神的に不安定になります。

子供がしっかり今を生きるためには、
しつけも大事ですが、
何より肉体感覚、体を鍛えることに尽きるのでは?
と思っています。
そういう意味でも、だんな様は子供に空手を薦めます。

確かに、自分がやっていても、心であっち、こっち、
考える余裕何かありませんもの(苦笑)

心と体を一致させる。
感覚の鋭い人が、訓練が特に必要な部分なのかもしれません。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 体がないだけ 

「体がないだけ、人間と変わらないよ」
と、だんな様、言います。

「霊になった」と亡くなった人のことを表現しますが、
体がないだけ「自由」だそうで。
「思い」で生きている「霊」ですから、
距離は関係なく、「ここ」にも「あそこ」にも本当は瞬時に移動できるはず。

・・・ですが、結構、それを知らない霊も多いらしく、

「生きていた時と同じように行動するよ」

つまりは、意識が体を持った時のままだと、
あっても、なくても、同じように行動するのだそうです。

まあ、確かに、たとえ、今、
「はい、思っただけでどこにでも行けますよ」
と言われても、「え、はあ」と、いつものように
電車で会社に出かけてしまいそうですしね(苦笑)

思いの世界は、区切りがあるようで、ない不安定な世界でもあります。
昨日書いたように、これが自由と思える人も(霊)もいるのでしょうけど。

「ご先祖様はどこに帰ってこられるのですか?」
というご質問をいただきました。
家の仏壇なのか
お墓なのか

そう、そう、広い広い空間ですから、
目印がないと、元の場所にもどるのさえ難しいでしょう。
宇宙船で地球に着地するのと、似ているかも知れませんね。

そんな時、「ここですよ」と灯すのが迎え火。

ですから、お盆には、
ご先祖様が帰ってこられる
あるいは、帰ろうと思うご先祖は、家に帰ってきている
という解釈をします。
実際に、そんな気配を感じた人は、沢山いらしたようですし。

「お墓は、テレビみたいなもの」
スイッチを入れれば、ご先祖様とつながります。
ですから、目印として、誰かが自分を思い出してくれている
・・・となれば、誰かが訪ねて来てくれたのと一緒ですから、
ご先祖様もそこにいらっしゃるでしょう。

霊には距離が関係ありません。
自分が行こうと思った場所、
自分が呼ばれている場所。
それが、目印です。

そういう意味では、「いる」という速度が生きてる人間と違って、
どちらにも居るってことになるのでしょうけど。

さて、自宅で毎朝、仏壇に手をあわせるのと、
お墓参りとはどう違うんですか?という質問もありました。

毎朝の挨拶は、電話をかけて「元気ですか?」と聞くようなもの。
お墓参りは、「元気ですか?」と、ある場所までわざわざ訪ねていくようなもの。

と、だんな様が説明します。

同じ、「ご挨拶」でも、その形は色々。
そして、その意味や深さも違ってくるでしょう。

こうして見ると、これまた生きている人間同士の付き合いと
何も違いがありません。

ですから、お盆が終わった後は、同居している訳ではないのですから、
後、一ヶ月ぐらいしたら、またお彼岸の時に会いましょうと、
しっかり、区切りをつけるのも大事。

ご先祖様との付き合い方には、人との付き合い方の基本が
含まれているんですね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 自由さと不安定さ 

「自由」と聞くと、いい意味でしか使われない気がしますが、
隣で、自由気ままに、いや、本当の意味で、
「自由でしょ!」ってやられっぱなしだと・・・

ちょっと困った感じもしないでもありません。

心の世界は、基本的に自由ですから、
何をどう思おうと勝手といえば、勝手ですよね。

でも、それって時には、不安定さにつながったりします。

で、その不安定さに周りはどう反応するかというと・・・
結構、困ったちゃん扱いになってしまうとか(苦笑)

「心の中が自由な人ほど、きちんとするところはきちんとしないと」
と、だんな様が言います。

確かに、いつ現れて、いつ姿が消えるかわからない感じ。
人は良くわからないことに対しては、
自分が自由でありたいと思いながら、
恐怖をもったり、拒絶したり。

で、恐怖をもたれたり、拒絶されたりすると、
誰でもそうですが、そんな気がさらさらなければ、ショックも受けるでしょう。

「感覚って、不安定なんだよ」

心が自由でありたいと思い続けるのであれば、
広い場所に標識が必要なように、
ちゃんとした「軸」が何より大事になる・・・
という、何とも、一見、矛盾したことが起こります。

同じ迷子になるにしても、
ある街の真ん中で迷子になるのと、
宇宙のど真ん中で迷子になるのでは、
全く違いますものね。

宇宙まで心を広げておくには、
ちゃんと宇宙時間みたいな「軸」をきちんと
把握できる感覚も一緒に育てたいものだと
思ったりします。

まあ、この自由と不安定さって、一緒にやってくるものなんですね・・・。

言ってみれば、「自由」と「安定」は反意語ってこと?
思いもしなかったです・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 お盆の後 

お盆の後・・・とは言っても、先祖を送り出す行事は、
全国でそれぞれらしく、まだ続いているようですね。

それでも、数日前までの、あのむせかえるような空気からは、
信じられないぐらい、「地球の空気になったよね」と、
だんな様の弟子と話をします。

先日から私が頭の中で考えている、
あちら

こちら
を分けている理由。

それがはっきりわかろうと、まだ自分ではっきりわかるまいと、
そして、相手がどんなに一緒にいたいと思うご先祖であったとしても、
こうして「違う空気」を感じる度に、やっぱり「区別」はあると
理屈抜きに思います。

そう考えると、どうやら、「こころ」と「からだ」のしくみは、
どこか根本的に違うとしか言いようがありませんね。

息苦しい日々、重い空気が最高潮になるお盆供養の直前、
毎年、情けないことですが、こころのどこかで、
「う~、もう勘弁」と思います。
そして、供養が終わると、また毎年、「やってよかった~」と
必ず思います。

きっと、「こちら側でしかできないこと」は、
こちら側できちんとやるってこんなに大事なんだな~と
区切りがつく度に思うのです。

そして、終わる度に自分の中の「何か」も解消されていることを
感じます。

「供養って、自分のためにもやるんだよ」

まあ、よく言う、御利益とかそんなことではなく、
体で感じる「やってよかった」という感覚は
ここに参加された方、全員が感じてくださったと思いますが。
そして何より、そんな場所に自分もいられることが、
ありがたいな~と素直に思います。

こうしたいけど、できない、どうしたら良いかわからない。
かつてはそんな状況にいたこともありますから。

私の感覚では、先祖供養は祈るのも大事だけれど、
今をきちんと生きることも大事な供養だと思っています。
先祖の子孫の一人がきちんと生きていこうとしていることが、
何より供養だと思っています。

その割には、ちょっとのことで悲鳴を上げていますが(苦笑)

ま、それも含めて、前に進むことが供養の一つ。
それが「何かの理由」で進みにくいのなら、
ちゃんと、解決するって筋道。
過去にさかのぼってしか解決できないのであれば、
それが祈ることならば、
先祖のためにも、自分のためにも「祈る」ってことなのかな~
と、自分なりに解釈しています。

みなさんは、どういう気持ちで「祈り」ましたか?

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 お盆 

いや~、空気が重いですね(苦笑)

お盆で、ちょっと九州に帰っていたのですが、
暑いだけでなく、空気が霞んでいました。

人口密度が・・・と、実際に混んでいるだけじゃない・・・
そう、そう、お盆ですもの。

この時期は、ご先祖様に会えるとはいえ、
空気の重さには、なかなか苦労します。

妹の子供の一人は、とても敏感で、ご先祖様とは言え、
会ったことがない訳で、その気配を感じては、
そわそわしていたりします。

ここでは、いよいよ明日、お盆の行事を行います。

毎年、フライングするご先祖様がいらっしゃいますが、
今年も例年にたがわず・・・。
なんだか、今日は、我が家は声が聞こえにくい日でした。

もちろん、外に出れば、もっと空気が重くなり、
ちょっと出かけて用事を済ますだけでも、
ふうふう言ってしまいます。

きちんと供養をして、明日は送り出したいと思っています。

このところ、お盆というのもあり、
こちら、と、あちら、と
行き来をするってどんな意味があるんだろ~と、
心のどこかでずっと思っています。

「魂は永遠だから」

とだんな様が言いますが、
その永遠の魂が「エイ!」と(言ったかどうかわかりませんが)
この世に限りある命を持って生まれてくる。

限りある命を持った人間が「永遠の命」を
求めたりする話は、それこそ沢山ありますが、
もともと、永遠のものを持っているのに、
それに区切りをつける意味ってなんだろ?

すぐに答えがわからなくてもいいのです。
ただ、きっと、
こちら、と、あちら
のお別れの日には、
ちょっとだけ、その意味もわかるのかなと思ったりします。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 御祓い 

職業柄ですが、「まっさらな新しいおうち」に
伺うことがあります。

今日は、その新築のおウチに御祓いにでかけてきました。
といっても、私がやるわけではないのですが。

「行ってみないとわからない」
といいながらも、
「だいたいの予想は付けている」
というだんな様。

考えてみれば、
おうちは、まっさらでも、
その土地にはなが~~~い歴史がある訳で。

そこには、楽しい思い出も、そうでないものも詰まっているのでしょう。

こうした土地の影響を、同じ家族でも、
感じ方というのは程度が色々で、
みんなが同じように感じていてもいなくても、
スッキリとスタートされることで、
新しいおうちで、幸せなファミリーが、
新たな生活のスタートを始める時に立ち会えるのは、
いつも、いつも、
「やってよかったな~」と思う瞬間。

今回も、なかなか大変ではあったのですが、
それでも、ご家族の笑顔を見ていたら、こっちまで
幸せな気持ちになりました。

とはいえ、同行してくれた、だんな様の弟子と共に、
全員、クタクタになって、帰ってきました。

さて、さて、次は、いよいよお盆。
いよ、いよというのは、気合というより、
なんというか、「きちんと」という感じ。

きっと、先祖を供養するって、
「流れ」を意識することにつながってますから、
「昔」と「今」をちゃんと区別してつなぐってこと、
ある意味、抽象的かもしれませんが、
「時間の流れや方向」を確認するってのも
ひとつの視点なのかもしれませんね。

ご先祖様がいるから、自分がここにいる。
ってのも当たり前ですが、

その先祖の供養ができるのも、今生きている自分しか
できないわけですから。

さて、さて、しっかり準備して、手順どおりに進めましょう。

それこそ、これが「流れ」ですから。
逆流や混沌は、乱れにつながるものでもあるのでしょう。

何事も、スッキリ!
あ、多分、翻訳の出版も、この流れどおりに進んでいると思われます。
もう少ししたら、ご紹介できると思います!

頑張ります!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 被り予報(2) 

まるで電力需要と同じ傾向を示している(と勝手に思っている)
被り予報(笑)

いや~、フライングのご先祖様が多いこと、多いこと(笑)

って、ことはこの時期、すご~く沢山の人が
ご先祖様と一緒に歩いている状態・・・ってこと?

とにかく、今週の被り予報は、限りなく100%に向かって
順調に伸びています。

とにかく、被る、被る(笑)
で、ついでに被って気分が悪くなって、
人の被りの原因になってたりして(苦笑)

今日、初めてお会いした方。
一目見て、この方は空手ですっきりしたら、被りが落ちる人だ!
って思ったのですが、
まあ、この暑さの中、エアコンもない道場で、
見学のはずが、しっかり参加して、汗をしっかりかいて、
20年ぶりぐらいにすっきりしたと言ってました。

スピリチュアルな人の中で、この被りが比較的すくないのが、
ズバリ!「神系」の人。
といっても、「被らない」訳ではありません。
被りの原因を切り捨てるのが得意な人の方が多いですね。
きっと、神系の人は、自分が理想とする「神」を見つめることで
頭の中も、心の中も、いっぱい、いっぱい。
だから、普通、被りのもとになる「人の感情」には、
あまり興味がなかったりします。

ただし・・・被りにくいと書いたのには理由があって、
自分被りとだんな様が呼ぶ、
自分で自分の中の悩みや矛盾で悩むときには、
ちゃんと「被り」を自己培養します(笑)

とにかく、このタイプの人は、自分が被る原因になっていることには、
「絶対正しい」と思ってたりするので、
あれれ?基本的に、「被り」がゼロになることは、
見かけ、どんなにスッキリしているように見える人でも、
なかったりします(あらら)

だから、お盆前だから、とかいう、季節感はないかもしれませんね。

どちらにしても、季節感のある、被り易い方、
今週は「山場」です!
耐え抜きましょう・・・としか言えませんが・・・、
これをすぎるとちゃんと強くなり、
どのくらい強くなったか、9月にまた試されます(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/07(Sun)

【だんな様は霊能力者】 流れに浸かってみる 

「時の流れ」とか、「物事の流れ」とか。
意識してれば、違いがあるのは確かでしょう。

けれども、その流れの「濃さ」というか、「速さ」というか、
そんなことって、やっぱり計算しても、計算通りにはいかないもの。

でもって、一旦流れ始めると、まあ、これまた、
すごい勢いだったりします。
というか、ここのところ、そんな日々です(苦笑)

思い出してみると、
「こうなればいいな」には、結果が希望的観測で含まれていても、
実際、その「流れ」の中に立ったとき、どのくらい大変だと
自分が思うかは、その時になってみないとわからないもので、
度々、「こんなはずじゃなかった・・・」みたいなこと、
あります、あります。

有名になりたいのに、人に顔を知られるのは嫌とか、
お金持ちになりたいのに、休みなく働くのは嫌とか、
さみしいのに、自分の邪魔になる人とはひとときも居られないとか、

全く逆の方向とまでは言わないまでも、
そりやあ、無理でしょ、両方とも叶えるのは・・・
みたいな事って、誰にでもあるといえば、ある。

この両極端の心の方向に、
これまた心のエネルギーの強い人たちは、
思い切り、両方から引っ張られます(笑)

ですから、いつもストレスフルだったりして(笑えない・・・ですね)

こんな時、どちらか一方を諦めるという手法では、
利口な自分の心って、ごまかされはしませんしね。
ごまかした自分を知っている自分・・・って所でしょう。

目の前で、自分がそうしたくないとごまかす理由を
他人に見つけようとするのも、ストレスフルだからこそ
思ってしまうことかもしれませんが、
気がつくと、右と左から引っ張られたまま身動きが取れなくなっている自分・・・
って感じになっちゃうかも。

「できないところで諦めるから、できないままなんだよ」
というだんな様。

逆に言えば、できるまで「思い続ければいい」ってことでもあり。

右にどっぷり
左にどっぷり

どちらかにどっぷり浸かってみれば、
結果的に、一旦棚上げしたものを諦める必要がなかったことに
気がついたりします。

あ、そういえば、天使系の人は、
右に左に行く間に、その反対側にいた時のことをすっかり
忘れてしまうらしく、
「あんなに怒ってたのにね~」とは、
天使系の妹をして、いつも振り回されている母の言葉(爆笑)

妖怪系の人は、「どっぷり浸かって、何がわかるのかしら?」
って、斜めから見てしまったりします。

宇宙生命体の人は、「それも、方法のひとつだわ~」と
言いながら、どこかに飛んでいってしまって、
本来、浸かるべき場所じゃないところで、
どっぷり浸かって、なかなか抜け出せなくなったりします。

あと・・・衛星系の人や彗星系の人は、
どっぷり浸かれるものが決まるまでが大変。
ああじゃない、こうじゃないと思っている間に
浸かる時間がなくなってしまうってことも珍しくありません。

とか、分析してみましたが、
私の場合、気がついたら、いつも、なんにでも
突っ込んで、どっぷり浸かってしまうので、
この意味では、どのタイプにも入らないかな・・・
と自己分析してみました(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー

EDIT  |  02:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 スピリチュアルな人たち 

「霊能者っておしなべて、傲慢なんだよ」とだんな様。
ま~、相変わらず過激なお言葉(苦笑)

「え?」
と、一応、驚いてみる私(笑)

そう、そう、絶対に人の価値観で染まらない感じ。
それが、誰かから見るとまさに「傲慢」に見えたりするのでしょう。

その上、どちらかというと、コミュニケーションも得意じゃない。
空気を読んでいるのに、
空気が読めない(あはは)
みたいなことって、あります、あります。

で、人が空気を読めないと、妙に気に障るらしい・・・。
伝わってくる感覚は、「これぐらい、空気読みなさいよ」

だって、主語がない会話、
読み違えることぐらいあるでしょ~~~!
と、いいながら、私もよく主語をぶっ飛ばします(笑)

お互いに、言葉にしない部分があると分かっていれば、
ある程度は、「予測」できるかもしれませんが、
それでも、どちらかというと、訓練しない限り、
思考があっちにいったり、こっちに行ったり。
でもって、言葉にできない感覚となれば、
伝えたい側と、伝えてもらいたい側、
イライラが募ります・・・。

そう、まさに「距離」と「時間」が関係ない世界(爆笑)

いつか観た映画で、いわゆる「神様」が「人間」を
体験して、「こんなに孤独なのか、よく耐えられるものだ」と
いうセリフがありました。

つまりは、わざわざ「言葉」にしなければ、
隣にいる人の存在さえ、感じることができないってこと
なのかもしれません。

あらら、ってことは、やっぱり言葉にするべきは言葉にするべし、
でないと、孤独になるってことなんでしょうね。

とはいえ、スピリチュアルな人が全部、会話が嫌いな訳ではありません。
あくまでも、「苦手」なだけです(笑)

天使系の人は、自分が話をするのは大好き!
悩みも、気になったことも、気になった人のことも
結構、口にして話します。
ですが、聞くのが苦手(爆笑)
天使系の典型とも言える、私の妹は、
私に良く、「どうしたら良いかな?」なんて聞く割には、
その答えは「ちゃんと聞いているの!」と言いたくなることがしばしば。

最近は、心して、なるべく「相談のような相談じゃないもの」には
答えないようにしてますが(笑)

妖怪系の人は、妙に話がうまい人と
妙に無口な人と大きく分かれる感じがします。

基本的には、話をするのは得意じゃないんでしょうね。
いわゆる、「訓練」をして上手になった感じとでも言えるかもしれません。

口数の少ない妖怪系の人は、あまりにも静かなので、
何も考えてないようにちょっと見ると思えます。
でも、その実、その心の中にはいろんなものが詰まっていて、
文章なんか書いたら、それが一気に外に出てきたりします。

ま~、その他、宇宙生命体系や、衛星系、彗星系の人たちも、
自分では比較的うまくコミュニケーションをとっているつもりですが、
必ず人との間に一定の距離があります。

あれ?ふと、
そもそも、誰と比較してるんだろ?と思ってしまいました(←自爆)
普通の人と比較、って書きたいところですが、
普通の人の典型って・・・どんな人のことだろう?

ちょっと、ここは、もう少し、要研究です(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 明るく被る 

ただいま挑戦していることがあります。
そう、タイトル通り「明るく被る」

「無理かな?」

「無理」

って、一言で終わりました(撃沈)

だって、被るのは体質だから仕方ないにしても、
できるだけ早く、
「あら~、かぶっちゃったわ(笑)」って
笑えたらどんなによろしいかと・・・。

これをここ数日試してますが、
まず無理なのはよくわかりました(あはは)
それどころではありませんものね。

でも、被りにしても、誰かからの影響にしても、
ネガティブなものは・・・なんというかベタベタ、ジメジメしています。

自分の中にこんな感情がゼロって人は、
それこそゼロに近いと思いますが、
被りは、はっきり言って、「引き寄せます」
ネガティブな人は、どんどん、どんどん、
マジックテープじゃないんだから!って言いたくなるほど。

という私も、多分、被っているときはそうでしょう。

「で、どうしたらいいの?」

「怒る」

と、これまた一言。

本当の自分の強さの部分をしっかり意識できていれば、
「こんなことぐらいで、こんなになるはずがない!」

「怒りなさ~~~い」
って言われても、これまた無理(涙)

で、最後は、これもまたプライド。
人の影響で、自分の大事な時間、有効に過ごせないなんて!
って思ったりして、頑張ってはいますが、
今のところ、被っては落とし、被っては落としの連続です。

スピリチュアルな人は、自分の本当の姿を見つめる途中で、
自分自身のネガティブな姿
自分自身の情けない姿
自分自身の直視しがたい姿
そんなものと向き合って超えていかなくてはならない場面がやってきます。

そこを通り抜けないと、自分の心の奥底に眠っている光まで、
届かない・・・っていうか、そこを通り抜ける間に光を光らせる
パワーが身につくのでしょう。

被らない人は、羨ましいですが、
見てると「閉じてるな」って思います。
多分、いつかは、開かないと、それ以上前に進めなくなるときがくる。
でも、それは、本人のスケジュールなので、それは、それで。

~系だ~って、自分を分析する時に、これまた
これも、これも、当てはまる!って本当にいくつもの面を持った
人もいます。

その人たちに共通するのは、ズバリ、
好奇心満載!(爆笑)

小さなところに閉じこもるのが何より苦手で、
これはどうだろう?あれはどうだろう?と、
次々に実体験しようとします。

ですから、元々がどうであれ、それに色んな要素が加わって、
まあ、色んな側面を持った人が出来上がり!
それでいて、一人。
どんなことがあってもぶれない感じとでもいうのでしょうか。
決して、閉じているのとは違います。
いや、真反対かもしれませんね。

多分、何系の人であっても、こうやって色んなことを
加えていけば、当然「大きくなる」訳で。

本当に大きなモノは、人の視界には収らないのでしょう。

明るく被るのが無理ならば、せめて、目指す先を忘れない自分を、
それこそ「忘れない」でいたいな~と、
「あ、忘れてた!」を繰り返しながら、自分に言い聞かせています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.08/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 被り予報 

最近、電力不足に伴って、毎日、いや、ずっと表示される「電力消費料」
天気予報と同じように、何時ごろ、何パーセントになる予定という、
「電力消費予報」も発せられるようになりました。

でもって、「被り予報」って出せないものかと(笑)

いや~、かなり季節によっても、場所によっても変わりますし、
数字にするのは、かなり難しいですが、
もし、8月に入ったこの頃を数字化すれば、
・・・80%~90%?
(← ちなみに 100%はお盆近くになる予定・・・あ、予報だ!)

とにかく、暑さと被りが重なるこの季節。
ここ数日は、幸いにもちょっと気温が下がって楽なはずですが、
やっぱり重い空気は、湿気とともに体に堪えます(涙)

体調が悪い
朝起きれない
お腹や頭が突然のように痛くなる
薬が効かない
気分が急に落ち込んだりする

病院に行っても原因がわからない場合や、
もともと被る体質の人は、
逆に、まず被りをできるだけ抜いてから、
病院に行きましょう!
(やっぱり、天気予報と同じトーンだ!)

え?今日は~系の話は?

被りは基本的に、体や心に起こりますから、
思考の癖まで深く影響するには、
なが~~い時間がかかります。

ですから、ちゃんと被りを祓って
フラットな状態にした時に、
自分の心の奥底にある姿が見えやすいってことに。

逆にいうと、被りは、何かから影響を受けている場合が多く、
あるいは、自分被りは悩んでいる最中の堂々巡り状態なので、
分析する以前にフィルターが沢山かかっているので、
結果も正確ではない可能性が高いです。

いつでも、できるだけ、フラットな状態に。

思っているよりずっと難しい目標です・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |