2012.03/26(Mon)

【だんな様は霊能力者】 留守にします 

4月2日まで留守にします。

研修に行ってきます!

留守の間、ブログが止まりますが、また帰ってきたら、
書きますのでよろしくお願いします。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  01:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2012.03/25(Sun)

【だんな様は霊能力者】 思いは重い 

明日、ココで話をすることになっている「鬼」

ここのところ月例会では、今はもう実在しないとされている「もの」に
ついてお話をしています。
ちなみに、前月までは、今年にちなんで「龍」のお話でした。

なが~~~い歴史からすれば、人間が生きてきた歴史は、
ほんのわずかな期間しかないとすれば、ずっと以前に、
もっと、もっと、沢山の生き物が存在していたかも?
な~んていうのは、推測できること。

そんなものいない、いるはずがない、
否定した方が楽と言えば、楽なんですけどね。
それこそ「理論的」じゃない(笑)

だんな様によると、人間の思いは、昔のほうが「重かった」「強かった」そうで。

「ん~、とすれば、いろんな霊の影響もそれだけ大きいかな?」と
思ったりして。

現代人は、表面上どんどん思いのパワーを失っているようにも思えますが、
実は、そうでもないんじゃないかな?とも同時に思います。

思いはいつの時代も「重い」(苦笑)
体でそれを感じる人たちは、きっと、そうだ、そうだと
同意してくれると思いますが。

心と体と魂の思いの方向が、どれだけ一致しているか。
それが、「思い通り」にことが進んでいると感じるかどうかに
影響しているのかも?とも思います。

どちらにしても、区切り、区切りで
自分の思いを「重く」せず、
ちゃんと「消化」したり、それこそ「昇華」したり。

思っているより、ずっと大事なのかな?と、思いながら、
明日の「鬼」の話を聞くことにしましょう。

え?どうつながりがあるかって?
それは、明日の話が終わってから、また書くことにします。

とはいえ、だんな様もブログに書いているように、
26日から4月2日まで、巡礼の旅に行ってきます。

しばらく、ブログが止まってしまうことがあるかもしれませんが、
それこそ、思いをパワーアップして、帰ってくると思います。
(でなければ、こんなに旅の前に、修行のような日が続くはずもなく・涙)

戻ってきた、次の日から、待ち受けたように仕事も入っていますし、
ここはひとつ、区切りをつけて、次に進みたいと思っています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー


EDIT  |  01:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/24(Sat)

【だんな様は霊能力者】 マンガになりました! 

今日、出版社さんから見本が送ってきました。
「あなたが体験した怖い話」というマンガの本です。


あなたが体験した怖い話 2012年 05月号 [雑誌]あなたが体験した怖い話 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/03/24)
不明

商品詳細を見る


数か月前に、取材の依頼が入り、「ルポマンガ」形式でお受けした仕事。

表紙の絵は、ちょっと怖い感じがしますが、
それぞれのマンガは、どれも、ちゃんとお仕事をなさっている
霊能者さんの姿が描かれていて、
けっして、恐い・・・で終わっていない話が描かれる・・・
というのが、私の感想です。

逆に、すべてを霊のせいにしてしまっているかもしれない、
生きている人間が描かれていたりします。

ただ、どうしても、普通は見えないとされているものや、
感じないとされていることが、見えたり、感じたりするって、
不思議と思われたり、それこそ、恐いと思われたり。

だから、時には、心無い扱いを受けたりすることも
あったりするのですが、どの霊能者さんも、
誰かを助けようと頑張っていらっしゃるな~と。

経験上ですが、そうして人を助けるためには、
描かれているよりずっと、影響やダメージを
自分にも負うことが多いと思います。

対象が、人間であろうと、霊であろうと、
受けたダメージを、自分でフラットに戻すのは、
とても大変なことだな~と、体調を崩したりして、
相談に来られる方には霊能者さんも少なくなかったり
することもあって、よくそう思います。

今回は、霊能力と言っても、普通の感覚の延長線上にある、
と、だんな様がいつも言っていることを今回はマンガにしてもらっています。
連載ですので、しばらく何回か続くと思います。
(基本的に奇数月の24日発売です)

次は、どんな展開になるのか。
取材は、来月です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




EDIT  |  04:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/23(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週 

年度末、皆様、追い込みの方はいかがでしょう?
わたしですか?
ちゃんと、追い込まれています(笑)

でも、あわてて、これも、これも、これも・・・。
ちなみに、修行のようなことは、ひとつ、ひとつがバラバラに
見えても、実は「セット」になっていることがあります。

「同時に何かが起こるというのは、偶然じゃない」
と、だんな様がいいますが、
特に、自分が「こうしたい」と強く思っている時には、
そう、そう、
「神様の審査中」

で、審査は、その「こと」の前後にも、しっかり行われていることを
お忘れなく。

そういう私も、どうやら、まさに「審査中」らしく、
どうしても行かなくてはならない!と、
空手にでかけ、
原稿の校正を仕上げていたら、
この時間・・・。

朝、起きたら、一番に出来上がったゲラをFAXします。

まさに、合わせ技で、修行は降ってきますね(笑)

でも・・・確かに振り返ってみても、
この合わせ技、なかなかな組み合わせで、
終わった後、一息ついてからしか、出来上がりの図が
想像できないようになっています(あはは)

ですから・・・
安心して・・・
まったく関係のないようなことが次々起こる
この合わせ技。

受けて立つことにしています(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  05:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/23(Fri)

(  

EDIT  |  02:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】 お彼岸 

今日は、「春のお彼岸供養」が執り行われました。

数日前から、いや、正確には、先月の28日、
お不動様の日にはすでに、
「お彼岸が・・・始まってる・・・」とだんな様がつぶやいたように、
例年より空気が変わるのが早くて、
私も、そして、そのころからこちらにいらしたご先祖様も、
この日を首を長くして待っていた状態(笑)

どちらにしても、ここ数日間続いた、頭の後ろがズキズキ重い
という症状は、病気じゃなかったようです。
供養が終わってしばらくすると、それがはっきりしました。

何というか、参加人数、過去最大という感じ。
ともかく、混雑して・・・という状態でしたが、
そこは、子孫も頑張ります。

だんな様を始め、内弟子やその他参列してくださった方の、
供養の気持であふれた空間には、
お経の声と、ゴ~~っという風の音と、
終わっても、空気の変化を感じほどの余裕もないほど、
汗だくになってました。

しばらくして、気が付くと・・・
あ、空気が軽くなってる!

きっと、ご先祖も、すんなりお帰りになったことだと思います。
この空気の変わり方は、なんともはっきり違いがわかります。
もっとも、人数が多かっただけ、その違いがわかるにも
ちょっと時間がかかった気もしなくはないのですが。

さて、軽くなった空気の中、明日からまた、
年度末、残った仕事を片付けなくてはなりません。

世の中では、卒業、転勤など、やっぱり落ち着かない日が
続いているようですが、何事も締めはしっかり!

あ、ちなみに、「ゆっくりやろ~~かい」の活動について
ご報告です。
前のより、あせらずに、いろんなことができたのでは?と
思っています。
やっぱり、お茶はゆっくり、なにごともあせってやっても、
そんなに急がなくても、時間的な違いはそんなにないかも?
と、思った次第ですが、その場にいらした方はどう感じられたでしょう?

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2012.03/20(Tue)

【だんな様は霊能力者】 うぅ・・・ 

今年のお彼岸前の空気は辛い・・・
って、連日、この話題ばかりになってます(苦笑)

お彼岸って、世界的に同じことが起きるので、
ロンドンにいる妹にとっても、
世界のどこに居る人にとっても、
空気の重さを感じる人は感じているらしいです。

最近、理由もなく、急に気分が悪くなる、
頭の後ろがとても重たくて、チカチカする・・・

私だけかと思いきや、妹がまったく同じことを言うので、
「ああ・・・、病気かと思ったけど・・・」
と、これまた家訓に忠実に、「なんでも病気にしてしまう癖」が
出ていたようで。

とりあえずは、二人で、お彼岸が終わるまでは、
病気じゃないことにすることにしました(爆笑)

といっても、いろんな症状で、本当に体調が悪いこともあるので、
病院に行ってチェックをしてもらうに越したことはありませんが、
それでも、こんな症状の時は、きっとお医者様も???の連続。
お互いのために、とりあえず、病気じゃないことにしておきましょう。

それだけでなく、被りのせいで、理由もなく、
落ち込んだり、悲しくなったり、イライラしたり。

お勧めは、「お彼岸には、結論を出すな」
ってことぐらいでしょうか・・・
まるで、何かの星占いみたいですけど、
ま、遠からずってところでしょうね。

ものごと、冷静に考えられないときには、
あんまり物事を考えないのが一番!

明日は、いよいよ、本番、春彼岸、供養の日です。
気分や体調が悪くなるのは、それだけそんなご先祖様がいるから。

「楽になるのは、先祖が先だよ」

お互いのために、楽になってもらうよう、心を込めたいと思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/19(Mon)

【だんな様は霊能力者】 空手道場春の審査会 

今日は、道場の春の審査会。
いつものように、写真を撮るお手伝いをしました。

じっくり、じっくり、朝の少年部から、午後の一般の審査まで。

みんな頑張る姿がいっぱいでした。
私も頑張ろ~とか、
ああ、ここはこんな風にすれば、とか、
ああ、次はこんな練習をしてみようと、とか。

ありきたりな言葉になってしまいますが、
「頑張る姿」って、何よりの教えをもらえます。

どうも教師癖があるのか(苦笑)
こうして、ああして、と、言葉にして教えようとしてしまうことも
少なくないのですが、頑張る姿は言葉がなくても
ダイレクトに「ああ」と感動したりします。

とはいえ、自分がやってどう思ったか、
何を意識しているか、など、途中で、師範が聞かれたりしますし、
「ここはどうするの?」と、だんな様に聞いたりするときも、
ある「動作」は、ちゃんと意識しておかないといけないこともあります。

特に、何かを修正したい時には、
目にしただけでは、わかってないわけですものね。

どんなことも「目的」「目標」あってこそ、
適切とか、もう少しとか、そんな次の目標が定まるのでしょう。

そして、頑張る姿は、その努力を続けるパワーになるのでしょうね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/18(Sun)

【だんな様は霊能力者】 祓った分だけ辛くなる? 

最近の「被り予報」は、「花粉予報」と同じ推移を示しています。

違いといえば、雨が降ると、「花粉」は少し収まりますが、
「被りは?」
あ、やっぱり、雨が降ると、ちょとは楽だと感じることもあります。
が、今回の被りな空気は、雨ぐらいではなかなか・・・と言った感じです。

昨日、とても被ってこちらに来られた方が、
今日もお参りの日でいらっしゃいました。

「被ってた時は、被る場所にいても大丈夫~と思ってたのに~」と、

昨日、いったん祓ってもらって、今の重い空気をダイレクトに
感じるようになったと(苦笑)

そう、そう、祓ってすっきりすると、今の空気は、かえって辛い(涙)
こんなに辛いなら・・・と思えるほどだったりもするのですが、

「被るのは恥じゃない」とは、昨日のブログ。

けれども、
「被ったまま」とか「被り続ける」というのは、
恥ではないにしても、いろんな支障がでます(爆笑)

イライラする~~~ってのも、その症状の一つ。
周りが被りの原因だったり、
周りも被っていたり、
そんなこともあるでしょうけど、
何より、自分が被っていては、正常な判断はなかなかつかないもの。

そんなことで、誰かとうまく行かないとか、
仕事が進まないとか、
トラブルばっかりおこしちゃうとか、
続けば、やっぱり、こりゃあ、恥だ!と思うようなことにも
つながらないとも限りませんもの。

やっぱり、どんなに辛くても、祓って、フラットに戻す必要はある!
と、あえて、言いきっておきましょう!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/17(Sat)

【だんな様は霊能力者】 被るのは恥じゃない 

「被るのは恥じゃないんだけどなぁ」と、だんな様。

「被る」という言葉や、状態を知っても、
自分がまさか!被っているなんて!

余程、体調を崩したりしないかぎり、確かにわかりにくいものではあります。
・・・っていうか、観察して思うのは、
無自覚に被っている人ほど、
「私は被っていません」と言います(爆笑)

でもって、被りがひどい人ほど、かたくなに言い続けたり(あはは)

「被るの恥だと思ってるのかなぁ」

「被ってない人を探す方が大変なのにね」と、私。
特に、この時期は空気が重いこともあり、
色んな社会情勢もあり、本当にそんな人は、
珍しいと言った方がよさそうです。

「むしろ、被らない方が恥だったりして(笑)」

だって、被るって、相手を理解しようとするときに起こる事。
その影響の受け方は、色々で、正直、
「もう、沢山だ~」と言いたくなる時もありますが(苦笑)

それでも・・・
人を理解しようとしないままよりずっと良いと思います。

被っているのだったら、ちゃんとそれを認めて、
祓うなり、なんなり、した方が、合理的。

フラットに判断するには、確かに、被りは強敵です。
だからこそ、ゆがんだレンズのめがねをかけてない!
と言い張るより、外してから、ものを観た方が、
すっきり見えるんだけどな~と思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/16(Fri)

【だんな様は霊能力者】 静かな心 

一日に一度は、ゆっくり空気を吸って、フラットな心の状態を感じたいもの。

ここのところの空気は、お彼岸前ということもあって、
なかなか、鍛えられる重さとなっています(苦笑)

それでも、その静かな心を持とうとする意識が、
結構沢山の人に芽生え始めているのでしょうか。
この前の「エンジェル・コンタクト」の中でもそうでしたが、
エンジェルにコンタクトするための瞑想。

それに引き続き、見本で送ってもらったのが、
幸せとチャンスが実現する 10分間瞑想CDブック幸せとチャンスが実現する 10分間瞑想CDブック
(2012/03/02)
ウィリアム・レーネン、伊藤 仁彦 他

商品詳細を見る


その他、瞑想する時間を持ちましょう的な本が、
おおよそ沢山出ています。

「体が硬いと、心も、頭も、固くなりますよ」
そう、そう、だんな様が今日、お会いした方に
言っているのを聞いて、思い出しました。

心と体はダイレクトにつながっていて、
がんばらなきゃ!って、緊張すると、
体も、そして頭も使っているつもりで、動いてない(涙)
なんてことは、ざらにあります。

この前、お会いした時より、なんというか、余裕が出てきた感じに
見えるその方は、だんな様と話をしながらも、
どんどん、いろんなことを吸収して帰られたのでは?
と、思います。

私も、お彼岸の空気の重さに加えて、
年度末の「これでもか」攻撃のように、
色々なことが舞い込んできますが、
「楽しむこと」を忘れないようにしたいな~と思っています。

今、異文化の土地に嫁いだ人の話をリーディングしているのですが
(リーディングとは、翻訳する前の下読みみたいなものです)
余裕のある心でみると、違った文化は、ただ、ただ、
発見の連続。

逆に、固まった心で見ると、ただ、ただ、ストレスの元(苦笑)
だったりするのでしょうね。

文化そのものは、ある場所にあるだけ、なのですが、
自分の心の余裕しだいってところも大きいな~なんて、
それこそ、改めて発見したりしながら、
楽しんでいます。

まあ、ココでは、こうしてリセットする時間を持つのも、
お仕事のひとつ、みたいなもので。
何しろ、悩みなどで、いっぱい、いっぱいになった方とお話をするわけで。

自分の方が、いっぱい、いっぱいになっていたら、
それこそ、お話になりませんものね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/14(Wed)

【だんな様は霊能力者】 今週そして来週 

今日は、火曜日、空手の練習の日。
いつもなら、この話題は、もうひとつのブログに書くのですが、
いや~、今週11日前後から、感覚の鋭い人は特に、
辛い日々が続いていたようです。

練習を始めたら、ドロドロな感じが体から抜けていくのがわかりました(苦笑)

その上、時をほとんど同じくして、太陽からの電磁波がとても強くなる日でも
あったようで、GPSなどの障害が起こらないかと心配されていて、
そのような事態にはならなかったようですが、
実際、体には影響がでていたかもしれません。

2012年って何が起こるやらと、予想したり、予測したり、
結局、今、その年を生きている訳ですが、
その予測を活かすとか、どうだったっけ?その予測って
思い出す余裕もないほど、いろんなGがかかっている気がします。

何となくですが、はっきりしたものや、目に見えるものではなく、
とてもストレスがかかりやすく、だから、これまでの生活の中で、
限界ぎりぎりで頑張ってきた人たちが、どうやら、
次々と、限界を超えてしまっている感じがしてなりません。
いろんな訃報を目にする度、そう思います。

こんな時、だんな様は、戦闘モードに入ります(爆笑)

「辛すぎるかもしれない~~~」と、大騒ぎするのは、私(爆笑2)
その割には、しぶといかも?

どちらにしても、この区切りがつくのは、お彼岸を過ぎなければ、
すっきりすることはないでしょう(被り予報です)

って、ことは、ちょうど後一週間あまり。
まあ、言葉を変えれば、「対被り強化週間」でもあるわけで、
本番のお彼岸まで、しっかり耐えながら、鍛えることにします。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  01:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/12(Mon)

【だんな様は霊能力者】 被ってわかること 

誰かが苦しんだり、悩んだりしたら、それが伝わって、
自分まで調子が悪くなる・・・
それを、だんな様は「被り」と呼んでいます。

そうですね・・・共鳴しているような感じ。

どうして、ハッピーな気持ちより、悩みや苦しみの方が
伝わってきやすいのだろう?というのは、いまだちょっと疑問です。
もちろん、誰かとハッピーな経験を共有することはできますが、
どう考えても、ネガティブな思いの方がしつこい・・・。

あ、そうか、シツコイ方が、いつまでも残って、伝わってくるのかもしれませんね(苦笑)

どちらにしても、この被りとやら、悩まされている人は少なくありません。

しか~~し、気が付けば、自分が被りの元になっていること、
お忘れなきよう・・・。

被り続けると、どうしても原因を探して、誰から、何から被ったのか、
それを探ってしまいます。

それに、誰から何かが伝わってくると、まるでその相手が、
伝わってきたもの「だけ」に感じてしまうのも、落とし穴。

それ以外の部分を見つけたときに、これまた、まるで裏切られたかのように
感じてしまうってこともあります。

伝わってきたもので、自分が被って、
「ああ、こんなに悩んでいたのね~」と、理解できることもあれば、
「伝わってくるほど、本人が、悩んでいない!」ってことに
ジレンマを感じたり、「治すべきだ!」と思ったり。

あらら、こうやっている間にも、自分も被りのもとになるような
状態に・・・(とほほ)

人は、「もう、これ以上は繰り返したくない」と自分で思わないと
変われないもの。
変わるには、変わるだけの理由が必要だったりしますもの。

だから、被ってしまう方としては、心理的に近づきすぎない。
一緒にぐるぐる回って、堂々巡りにならないようにぐらいしか策はないのかも。

「感覚が鋭いって、いろんなことがわかることもあるけど、
感覚だけじゃ、役に立たん!」

まずは、自分が被りのもとになってないか・・・
いつも自己検証する必要はありそうですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/11(Sun)

【だんな様は霊能力者】 聞く 

日常では、思っているより沢山の音に囲まれているんですね~。
どの音を意識して聞いているのか・・・
それこそ、意識してみないと、無意識に耳がとらえている音が
どこからきているのか、わかりにくかったりという不思議な現象がときに起こります。

お経を詠んでいる時には、そのお経の音に混じって、
いろんな声が聞こえてきたりしますが、
先日の供養で聞いたお坊さんの声は、
聞こえた人全員が、「いい声でしたよね~」みたいな(笑)

はたまた、だんな様の弟子が、先日、
「ポットから、歌が聞こえてきました~~~~!!!!」と、
耳が変になったと大騒ぎしていましたが、

「ある、ある。
昔、良く行ったお寺に流れている川からは、般若心経が聞こえてきたよ」
と、だんな様。

ああ、そういえば、一度聞くと、耳から離れない音楽ってのもあります。
「世界はひとつ」なんて、その典型。
一度聞くと、ああ・・・一週間は、頭の中で鳴りつづけたりします(苦笑)

「すべての教えや声は、いつも流れているんだよ。
どこ声にチューニングを合わせるかってだけ」
と、だんな様。

ですから、〇〇の声が聞こえた!なんて表現の場合でも、
それが果たして、「何を聞いているのか」って、検証はとても大事。

おおよそ、何が聞こえるかは、
何を聞こうとしているのかという、
あなたの心理状態に左右されたりします。

先日、ここで供養をした方が、
「お母さん、これが欲しいけど買っていいかな?って聞いても、
何の答えもない。私には聞こえないんです」と言わました。

で、しばらくして、「母がいつも耳元で、こう言うんです」
って、「聞こえてるじゃん!」(笑)

「耳をふさいでいたら、聞こえませんよ(苦笑)」とだんな様。

きっと、自分の周りには、思っているより、沢山の事が流れていて、
でもって、自分が必要だと思う事だけ、「聞いている」ってのが
正しいのかもしれませんね。

「聞こえないのは、聞いてないからだ!」
ずっと前に観た、映画の中のセリフを思い出しました。

まあ、何を聞くかも大事。
でもって、聞こえているつもりで、聞いてないって検証や
聞こえてきたものって、誰から聞いているのかも大事かな?
なんて、思います・・・


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/10(Sat)

【だんな様は霊能力者】 最近の被り 

被りやすい時期ってありますが、まったくもって、現在、真っ最中。
被り予報があったなら、花粉と同じぐらい、ここのところの空気は、「要注意」
と、言ったところでしょう。

こんな時に限って、頑張らなくてはならないこととかあって、
「う~~」っと思わず、声が出てしまいそうです(苦笑)

被りで出る症状は色々あります。
頭が痛くなる
お腹が止まる
目が見えにくくなる
耳が聞こえにくくなる

そして・・・なんだか今回の特徴は、「やる気がなくなる」って感じが
していますが、みなさんはいかがでしょう?
もちろん、こんな時、やる気がある、ない、関係ないほど忙しいのと
重なるところも味噌ですが。

だんな様のお仕事で、私も一緒にいろんな方にお会いしますが、
その中で、そう、そう、私もそう思っていたわ~と思い出すことがあります。

「修行って、瀧に入るのかしら・・・と思ってました」
という彼女。

確かにそんなイメージがあって、私も昔、
「何のために瀧に入るのかしら?」とだんな様の写真を観て思ったものでした。

「瀧なんか入らなくても、十分、日常が修行だよ」
と、だんな様。

心を開いて、日々を送り始めると、とたんに、被りやすくもなります。
ついつい、閉じることで身を守ってきたことから、ひとまわり大きくなる時には、
必ずといっていいほど、起る状態だったりもします。

「被れば、相手のことがよくわかるんだ」

確かに、自分で経験するのとまったく同じではなくても、
こんなに辛い思いをしてるのね~とか、したんだろうな~とか。

被った時に無理な場合でも、後で思い出して少しでも理解できたらな~と思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/07(Wed)

【だんな様は霊能力者】 自然の姿 

「今日、鳥がさえずってたね」と私。

「うん、あきらかに春の鳴き方だった。
声が、何というか、はずんでたよ」と、だんな様。

2月の下旬から、寒い日と暖かい日が、時々入れ替わることがあり、
ああ、多分、春はそこまで来ているんだな~と、思ってはいましたが。

こんな自然のちょっとしたこと。
その延長線上に「霊能力」と呼ばれるものもあるそうで。

「自然と話せるようになりたいんです」
と、言われた方に、
「ちゃんと心を開いて聞くことだね」
と、だんな様。

色んなものと会話がしたい・・・と思う人でも、感覚はそれぞれ。

辛いことや、悲しいことが起こるたびに、自分の世界に閉じこもっていては、
話をしているようでも、「会話」になってなかったりします。

人間同士の会話でも同じことですが、
話をしているつもりでも、ちゃんと相手の言葉を「聞いて」いないと、
会話は成り立たないわけで。

それは、自然との会話でも同じでしょうね。

「木だってね、ちゃんとこれから雨が降るっていう姿を見せてくれているんだよ」

会話というと、言葉で伝わってくると思い込んでいること自体、
どこか、「閉じている」「聞いていない」ってことかも。

突然のように、自分が聞きたいことだけ、求めても、
あくまでも会話はキャッチボールですもの。
メールのやり取りだって、送信だけで受信がゼロなら、
相手はちゃんと、聞いているかどうかわからない(苦笑)

会話しているつもりにならないための秘訣は、

「ちゃんと聞くこと」
意外と忘れているのかもしれませんね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/06(Tue)

【だんな様は霊能力者】 帰省 

昨年3月4日に亡くなった、父の一周忌に、
だんな様と一緒に出掛けてきました。

そういえば、ブログには、父のことをきちんと書いたことがない気もしますが、
何故か、書こうとすると、何を書いたら良いかわからなくなる・・・で、今日も、そうでした。

昨年の今頃は、何度も病院から呼び出されて、東京から往復しました。
私たちが行くと、なぜか持ち直すので、主治医の先生も苦笑して、
不思議がっていらっしゃいました。

あまり体の強くなかった父でしたが、気力は人一倍だったと思います。
肝臓がんだとわかった時も、
「この病気が治ったら、死んでもいい」
と、言ったので、
「あべこべだわ~」と、
私が思わず笑ったものでした。

こんなエピソードは数知れず、今回の一周忌でも、あれから一年経つのに、
父の話題、そして何より、葬儀が終わった瞬間に起こった東日本大震災の
話題を、沢山の参列者の皆さんと、分かち合えてよかったです。

この一年、さみしい思いをするたびに、
私としては、何かせずにはいられない気持ちで、
父のブログを続けてきましたし、
また、だんな様が作ってくれた父のHPもそのまま残しています。

「死んでから親は子供に生きてくる」
その通りなのかもしれません。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/03(Sat)

【だんな様は霊能力者】 贖い(2) 

考えてみれば、「あがない」って、まるで、自分の都合で
そう思うのかも?と。

例えば、神様や仏様にお願いして、自分が手にしたものは、
どこからか、やってきたもので、
ということは、
どこかで、それを失った人がいたりして。

何かを手にしたら、代わりに、取り上げられた・・・みたいな感覚って、
ある意味、子どもみたい・・・って思ってしまいました(笑)

例えば、子どもが「これが欲しい!」と言って、
「じゃあ、明日はおやつなしね」と言われ、
その時、欲しいばかりに、すっかり食べちゃう。
次の日になって、「おやつ」がないと、
まるで、自分が取り上げられた気持ちになるとか、
意地悪されている気になるとか・・・(あは)

ブルース・オールマイティー というジム・キャリーの映画を
いつか紹介したことがあると思うのですが、
ひょんなことから、オールマイティー、つまり全能の神の力を
任されてしまう主人公。
オールマイティーな力を持った彼は、自分の欲しいものを
手にするのですが、当然、神様の「お仕事」もあるわけで、
いろんな人の願い事を聞くってことに苦労するわけです。
面倒臭くなった彼は、そのお願い事をちゃんと整理することなく、
全部、聞き遂げることに・・・(笑)
もちろん、街の中は大変なことになってしまうわけです。

「神様にお願いするのは、宣言に近いんだ」

こうしたい、ああしたい、そんなお願いごとには、
それに対して、どのくらいの覚悟があるか、
思いがあるか、って、審査されるのは、ある意味
当然かもしれません。

そして、贖いは、一度、叶ったお願いの辻褄が合いました、
というレシートみたいなもの?(笑)

さらには、ちゃんと、そのサイクルがわかっている人には、
「そ、そんな~」という贖いは求められない、
あるいは、いったん、そんなことがあったにしても、
やっぱり昨日のブログと同じ、
「それでも、この願いは聞き遂げてもらって、先に進みます」
と思ったところで、
贖いだと思っているものの、自分にとっての価値が変わったりするのかしら?

「そういう意味で、必要なものはね・・・
必ず、目の前にやってくるようになっているんだ・・・」

「そのくらいで、お願いしなければよかったってお願いだったら、
はじめっからしない方がいいね」

難しくて、でも、
システムがわかれば、(時間と距離を置いて、見つめるとわかります)
きわめて簡単な
お願いのしくみってところでしょうか(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2012.03/01(Thu)

【だんな様は霊能力者】 贖い(あがない) 

「だんな様は霊能者」の中にも書きましたが、
神様や仏様にお願いごとをすると、「贖い」が必要な場合があります。

「お願いします」
必死でかなえたい時には、「何としても・・・」と思い、
何かにすがったり、お願いしたり。
誰でもそんな気持ちになりますものね。

こんな時、必死であればあるほど、知らない間にも、
「何が何でも」と思い、
思い続けて、思い続けて、まだかなわないとなると、
「なんでもしますから」とまで、お願いする・・・
とか、やってないようで、やってます(苦笑)

ところが、人間の心なんて、結構いい加減なもので、
その願いが叶うと、すっかりその時の必死さって忘れるもの。
で、実際に「贖いかも?」と思うようなことがあると、
「え~、そんなつもりなかったのに~」(爆笑)

だんな様は、こんな時に、身の回りのものがなくなったりしても、
「無理矢理、探さないように」
と言います。

それが、贖いかどうかは別にして、
それが、どんなに自分にとって大事かはよくわかりますが、
ほら、「何があっても」と言ったのは、
何を隠そう・・・あ・な・た!

「でも・・・」と思いたくなるのは、当然ですが、
こんな人が、自分の周りに、もしいたら、
例えば、次に、その人から、「お願い!なんでもするから!」
って、お願い事した時に、どう思うでしょう(苦笑)

「神様や仏様と付き合うって、特別なことじゃないんだ。
人と付き合うのと一緒」と、だんな様。

自分の目から見えないからと、高をくくっているつもりはなくても、
自分の目から見えないと、相手からも見えてないってのは、
これまたはなはだ怪しい・・・。

ちなみに、私はあまりお願い事をするほうではないのですが、
「こうしたいです!」と宣言したら、
贖いで、何かが無くなったってことは、あまりありませんが、
「ドサッ」っと、イメージしてたものの何倍もの量が・・・
お願いしたことが、結果、修行となったりしています。

こんな時は、それこそ、こんなはずじゃなかった・・・と言いつつも、
ま、仕方ないか!自分でお願いしたものね・・・と、
しっかり、全部、受け止めることにしています。

ま~、こ、こんなはずでは・・・と、何度も思いつつ(←正直モノ)
「わかりました~、自分でいいました~」と、受け止めていると、
気が付くと、次につながる力をつけるタイミングだったとか、
それこそ、後になって気が付いたりして(笑)

そう、そう、贖いみたいにお守りがなくなった・・・
というケースでは、なくなったのは子供のお守りだったのですが、
泣きながら電話をかけてきたので、
「大事なものは、大事にしないからよ。今度から気を付けてね」
と、言って、しばらくしたら、そのお守り、無事に見つかった
(それも、あり得ない場所で)ってこともありました。

きっと、その子が本当に反省し、
ちゃんとお守りがなくなってしまったわけを、
受け止めたからだろうな~と思います。

贖いって、ちょっと無理なお願いをしたから、それと引き換えに・・・
ってイメージありますし、その通りだと思いますが、
その「贖い」を神様や仏様が、自分のものにしてもなにもならないし(あはは)、
増してや、ただの意地悪で、引き換えに持ち去るものでもないし、
あれ?贖いかも?
そう思った時に、自分でそれをどう思うか。
お願いごとをした姿勢だけでなく、
そこも判断されている気がしています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  11:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |