2013.04/30(Tue)

【霊能力者のおくさまブログ】 土壇場 

はっきり言って、土壇場に強い「霊能力者」(笑)

困ったことが起っても、最後の最後でどうにかしてしまう・・・
というウルトラCを昨日も見せてもらいました!

それも、連続技(笑)

「まあ、ウルトラAぐらいだね」
と、だんな様は相変わらず、辛口ですが、
私からすると、「え~~」って感じ(あはは)

困ったことが起った時、もちろんですが、
誰でも「どうしよう・・・」と思うはず。

例えば、乗ろうと思った飛行機がドタキャン。
さて、さて、目的地に着くには、どうしたら良いか・・・。
色々、めぐらしますが、焦ってもなかなか良い方法が見つかりません。
というか、焦れば、焦るほど、方法が見えなくなったりします(苦笑)

こんな時、誰か知っている人に偶然のように会って、
次の飛行機が満席にも関わらず、どうにかして乗れたり、
とかいう、ウルトラC。

今回もそんないくつものウルトラCを見せてもらいながら、
「これだから、霊能者は嫌いよ!(笑)」とつぶやく私。

しか~~し、土壇場にどうにかしてしまうから、
土壇場に追い込まれる・・・という事でもあるらしく
「おしりに火が付かないと本気にならないんだよね・・・」
と、だんな様。

確かに、土壇場に強いって、まさに「強み」
本番で実力をきちんと出せる、いや、実力以上のものを出し続ける選手たちも
こんな土壇場に強い人たちなのでしょうね。

同時に、いくら練習を積み重ねても、ココという時に
なかなか力が発揮できないと、これまた辛い・・・。

土壇場に強くなるには、土壇場を経験するしかないのでしょうけど、
土壇場にならなくて済むようにしておく・・・というのと
どうバランスをとったら、本当の実力が付くのか?
というのが、目下のところ、私の観察課題。

人事を尽くして天命を待つ
ってことなのかと思いつつも、
いやいや、しかし、思わぬ展開とは、意外とどこにでもあるもかも?
という錯覚さえ起こしてしまいそうな出来事でした!

今日の夕日も、もう沈む!という土壇場になって、
あら、美しい羽根の姿に変身!ってところでしょうか・・・(笑)
やりますね・・・。

CIMG9729
CIMG9729 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 新たなこと 

今回、発売した本の中に、アラン・コーエンの言葉として出てきていた言葉。

自分がキリスト教を信じると知って、友人から
「君は改宗したの?」と聞かれると。
「いや、信じるものが増えただけだよ」

何かを「卒業」する時期は、必ずやっていますよね。
っていうか、いつまでも場所にこだわっていないで、
できれば、時期がきたら、ちゃんと卒業したいもの。

そういえば、しばらくはまっていた、幽遊白書にも同じようなセリフが出てきます。

自分のルーツを知って、どんどん普通の人間ではなくなる、
人間離れした能力を身に着けていく主人公。
はたまた、
妖怪が人間に住み着いて、普通の子供のように育てられた彼。

「人間であることを忘れたのか?」

事あるごとに、自分は何のために、誰のために闘うのかを
自問自答する場面で、それぞれが考えます。

どんな経験も、捨てることなく、「含んで」いけたら理想的ですよね。

辛い経験も
幼い頃のことも
偶然思い出した、過去世の自分も
親から引き継いだ遺伝も

全部、受け入れるって、あら、思っていたより、
実際は、受け入れがたいものだったりします。

誇りを持つ原動力だったりすることもあれば、
コンプレックスの原因になることもある。

どれもちゃんと卒業しながら、増やしていけたら、
文字通り、「大きくなれる」のでしょう。

今日は、私って、ポジティブな性格なのかな?
ネガティブな性格なのかな?と、考えた(笑)

自分ではポジティブだと思いたいわけで、
ついつい、ネガティブな自分だった時のことは、
すっかり忘れておりました・・・。

「結構、焦ってたよ・・・」
と、だんな様が笑いながら、見事に思い出させてくれました。

多分、ポジティブとネガティブ、誰の中にも混在していて、
ポジティブな性格が、ネガティブな一面を作り出し、
そのまた逆ってこともあるんでしょうね。

大事なことは、ここぞという時に、ネガティブな自分に
ポジティブな自分が打ち勝つ精神力だったりするのでしょうけど、
ここばかりは、昨日のブログではないですが、
現場で、具体的な事が自分の身に起らないと、
果たして、勝てるかどうかはわかりません。

きっと、「打ち勝った」経験が、さらにポジティブな姿勢を
作り出して行くんでしょうね~。

頑張れ~~~。
乗り越え中の人みんなにエールを送ります!

CIMG9706
CIMG9706 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 はまった・・・ 

他にやることがある時に限って、
まあ、はまるものも出てくるようになっているようで(苦笑)

私も、はまりましたよ~、霊界のお勉強と称して「幽遊白書」(笑)

あまり、というかほとんど霊界系の本って
避けていたかのように、小さい頃から読んでなかったし、
観てもいなかったので、大変勉強になった・・・
という表現が一番正しいと思います。

例えば、仏様とか、神様とか、
その対極にあるとされているものを知ることで、
わかってくるものがあるんですね。

とはいえ、想像で思っていた軸というか、
「善と悪」な~~んて、簡単な基準では語れなかったりするわけで。

そういう意味では、今、自分が翻訳している世界は、
どのあたりになるんだろ?
など、など、ただいま、頭の中を整理中です(苦笑)

「魔界から見れば、神が悪に見えたりしてね、アハハ」
と、だんな様は笑っております。

こうして、自分の基準を作る世界を広げる時、
それはまるで、新しい環境に入った時のように、
一時混乱するもの。
ま~、その内、落ち着きます・・・。

って、この5月の連休の間に、あまりに深刻に考えすぎると、
この環境の変化、プレッシャーになるだけですから、気楽に、気楽に!

まあ、空も「黒」と「白」をどう配置するか、迷っている様子。
それにしても、最近、どうやら、雨を降らせる担当が、
龍から天狗に変わった気がしているのは、私だけかしら?

何というか、雨が降るとき必ず、そこまで風がなくてもいいのに、
風だけ吹いて、雨を降らせるのを忘れたり・・・
雨が降っても、その量がうまく調節できてない・・・
みたいな空だな~と、観察しています。

ん、もし、天狗が私の空の撮影を知っていたら、監視されてる!
って、思うかも(←想像力たくましすぎ!笑)

しかし、もし、雲を配置するのも天狗の担当なら、
この雲の配置は、ちょっと・・・おおざっぱすぎると思うのですが(笑)


CIMG9682
CIMG9682 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 決定的な違い 

誰かと自分を比べる・・・というのは、
あまりしないのですが、それでも、自分に何かが足りないと思う時、
分析するには、観察、観察。

誰かと、誰かを、比べる時、
一段階の違いのように見えて、
圧倒的な違いというか、決定的な違いというか。

それなのに、その違いは、パッと見ただけではわからない。

そんな違いを感じたことは誰でもあるはず。
ただ、それをちゃんと受け止めるか、
見なかったことにするか、
まあ、ここにも一瞬、だけど、決定的な違いがある気が・・・。

「この違いってどうやって生まれるんだろうね」

「経験しかない」

「でも、これを手にしたいって、わざわざ経験できることって
その人によって、環境とか限られているものね」

「それでも自分で選んでるさ」

清水の舞台から飛び降りるような決心。
飛び降りてみたら、思っていたようなことが起ったり、
起らなかったり。

「だから、現場でしか学べないんだよね」

誰かと自分を比べてばかりいると、
それこそ、それを学べるような環境が自分に訪れないから・・・
な~~んて、新たな言い訳(笑)
おっと、知らない間に作ってしまわないように。

自分が学ぶべき環境は、他のどこにでもない、目の前にあるはず。
ココでしか学べないこと。

ココでしかできないこと。

ないものねだりしないで、しっかり今、目の前にあるものを
見逃さないように・・・。

それを意識していたら、毎日の夕日の写真にたどり着いたのが数か月前。

夕日は、毎日沈むものだし、
どこに居ても変わらないだろうけど、
ココから見る夕日は、365日、一時間一時間、一分一分。
一回だって、きっとまるで同じ空ということはない。

ココから見える夕日は、私しか見れないものね~と、
試しに撮り始め、今日まで続きます。

そして、今日はまた面白い写真が・・・。
題して、白い天使と黒い天使
ちなみに二枚の写真の撮影時間は、
それぞれ、昼の2時半と3時半ごろ。
同じ日に同じ空で、写真が撮れるとは!
やっぱり空は、面白いです。

CIMG9662
CIMG9662 posted by (C)kumisensei

CIMG9665
CIMG9665 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 閻魔様??? 

私には、二人妹がいますが、一人はよくこのブログにも登場する、
ロンドンに住む、末っ子。
彼女は、なぜか小さい頃から運の強い子で、

「客室乗務員(それも国際線)になりたいんだけど、
お姉ちゃん、ちょっと占ってもらいに行くからついてきて」
と、言われて、一緒に行ったことがあります。
すると、いきなり、「あなたは無理」と言われ、
凹むと思いきや、
「お姉ちゃん、私、絶対、なってやる~~~」
と、本当に、スチュワーデスになりました。

そのほか、「え、そんなことあるの?」というエピソードは数知れず(笑)

「最近、その力がなくなってきたみたい・・・」
と本人、行っておりますが、いや、いや、まだ、まだあると思います。

で、もう一人の妹も、かなり霊感が強いらしい。
昔、家の前にあった木に、どうやら地縛霊みたいなのがいたらしく、
「家に帰りたくない、帰りたくない」とつぶやいていました。

さて、さて、こんな子供を産んだ私の母も、
占いなんて信じない~、などと言いながら、
家を建てる時には、必ず、どこかに聞きにいってた記憶が(笑)

その母が、数年前、妙に、変な夢を続けざまに見て、
気持があんまり良くないんだけど・・・と電話してきたことがありました。

その数日前に、友達が急に亡くなったそうですが、
あまりに急だったので、信じられない・・・と思っていたそうです。

夢の中では、沢山の人が広い場所に向かって、歩いてくる。
自分は、正面の部屋の隣の広い部屋で、一生懸命、書類を書いているのですが、
その字はすべて梵字。
仕事から帰る時間になって、ある出口から出ようとしたのに、
その出口がどうしても混雑しているので、別の出口からでたところで、
亡くなった友達がそこに居たらしく、
「あなたも早く帰った方がいいわよ」
と、最初、自分が出ようとした出口に送り出した・・・
とい夢でした。

あまりに気にしているので、だんな様に聞くと、
「そりゃあ、閻魔様のいるところだ~~」と。

母は、どうやら、亡くなった友達が、本当に亡くなったのか、
確かめに行ったらしい・・・。

そういえば、この閻魔さまのところに行った人が、
もう一人いました、いました。

体の調子が悪かった彼は、どうやら閻魔さまのところに行って、
自分が再び元気になるかどうか確かめに行ったらしいです。

彼によると、そこには、ひとりひとりのプロフィールみたいなプレートがあり、
そこに色々と情報が書いてあるらしく、
それを見て、安心して戻ってきた(って、この世にってことですかね)

ちなみに、ちゃんと今は、病気も落ち着いて、回復され、
今日も、一緒に空手のスパーリングをお願いしました。

閻魔様って本当にいるのね・・・。
それも、かなり忙しいのね・・・。
と、思っていたところに、先日からの「霊界」のお勉強のビデオに、
じゃじゃ~~ん、閻魔様、登場!

二人の話と、全くの矛盾なしの姿に、
ん・・・この漫画家さん、閻魔さまに会ったことがあるのかしら?
いや、きっと、会ったことがあるはず・・・。
などと、想像してみるのでした。

CIMG9617
CIMG9617 posted by (C)kumisensei

雲があると、なんだかいろんなものが写ってそうな気がする・・・。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/23(Tue)

【だんな様は霊能力者】 霊能者は心配性 

どうしても、感じる人は、心配性です。
いい感じ~~っていう感覚より、
何だか嫌な感じがするということの方が伝わってきやすいので、
ある意味、仕方ありません。

何か嫌なことが起るんじゃないかな?
という感覚がした時に、どうするか?

これって、とっても大事だったりします。

「起ることは起る、起らないことは起らない」

このぐらいの心理的距離がないと、
自分が良かれと思ってしている心配が、
逆に、心配する事態を引き起こしたりします。

なのに・・・心配している本人にとっては、
良かれと思っているから、厄介、厄介。

起ると思われる、所謂、良くないことを最小限にするには、
「嫌な感じ」をできるだけ、「現実にしないこと」が大事です。

・・・って、どうやったらいいの~~と悲鳴が聞こえてきそうですが(苦笑)

だから、他人のことに、あれこれ首を突っ込みすぎない。
冷たい人だと思われても、わざわざ、トラブルを呼び込むようなことより、
ずっと相手のためになります。

そして・・・「物事、起ってから考える」

予習をし過ぎない、想像しすぎない、というのも
嫌な予感がした時に大事なこと。

想像するなら、素敵なこと、ハッピーなことに
限定する「努力」をしましょう。

様々な事を感じる、霊感の強い人は、自分でも引き寄せてしまっている。
これを、できるだけ排除するには、
自分の感じているものを冷静に判断できる訓練が必要です。

自分の感覚 - 自分の感情

これができないと、知らない間にネガティブな気持ちになってしまいます。

この訓練の一つの手法が、できるだけネガティブな言葉を使わないこと。
言葉は思考を司っていますが、
良くないことと思う事と、それを良いことに変えていくチャンスは、
同時に存在しているのです。

ですから、どちらに集中できるか、言葉で自分の心をコントロールすることって、
結構、効果があります。

例えば、
「みんな、楽しかったのかしら?」
何かの集まりを顧みる時に、ふと、心によぎる反省と言うか不安。

同じことでも、
「もっと、こんな事をやれば次が楽しくなるかも」
とか、
「みんなが集まることができて良かったね~」
とか。

バージョンアップする視点で、振り返る習慣を身に着けるって、
意外と、効果がありますが、自分の不安をしっかりふりきるには
訓練が必要。

ネガティブ思考な人が、なかなかその習慣から逃れられない理由でもあります。

今日も夕日の写真を撮ろうとしたら、あんなに晴れていたのに、
雲がかかって、実際に沈みところは見れませんでしたが、
逆に、雲のおかげで、スペクタクルな風景を楽しむことができました。

雲と、夕日はコラボしているんですね!
同時に存在しているからこそ生まれる風景です。

CIMG9610
CIMG9610 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 魔界 

ただいま「お勉強中」の魔界のお話。
何で「勉強」しているかというと、
何冊もの本に頭を突っ込み、
ネットなどで調べて・・・とか、
イメージされたかもしれませんが、
お勉強中の教材は、マンガ(笑)

聖☆おにいさん
は、いろんな意味で、お釈迦様やキリスト、
そしてその弟子たちのことが良くわかります。
あ・・・天使って、こんな感じなんだ・・・。

ところが、所謂「魔界」のお勉強を始めて、
余計に「天界」のことがわかりやすくなる、
という不思議と言えば、不思議、
当たり前といえば、当たり前の発見の連続です(笑)

結局は、私たち人間が捉える「天界」「魔界」って、
人間にとって、どういう存在かという軸で捉えてるんですね~。
ですから、〇○にとって、という視点の基準が変われば、
全く違った風景が見えるのかもしれません。

つまり、魔界の存在から見えば、天界の存在の方が
まるで「魔」に見えたりするのでしょう。

人は、自分の中に「魔界」が存在するなんて、
考えたくもないものですよね。
ですから、そういう匂いがする人とかをすごい勢いで、
嫌ったりすることもあるでしょうけど、
「魔界」の要素がない人なんて、逆に言うと、ゼロなんじゃないかな?
というのが、今のところの私の見解です。

自分が進みたいと思っている方向と、
知ってか、知らずか、ずれてしまうことがありますが、
それこそ「魔が入った」と表現される事。

それさえ、自分の行きたい方向を目指す気づきになるのかな?
自分の「好き」「嫌い」がわかるきっかけなのかな?

など、など、考えながら、まだまだ、お勉強(←マンガで)

4月も下旬に入ろうとしているのに、
いつまでも、寒い日が続き、天気もあまり良くならないので、
夕日の写真が撮れませんが、
どうやら、これだけ天狗が写真に写りこむってことは、
多分、天狗は、天狗なりに頑張ってる!
勿論、雨が降るってことは・・・龍も頑張っているんでしょうね(笑)

明日は、できれば、お日様に少し頑張ってもらって、
暖かくなればな~と、思ってます!

CIMG9577
CIMG9577 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 生霊飛ばしてます? 

先日、「思いは飛ぶ」という内容のブログを書きました。
今日おいでになった方が、
「そういえば、私、飛ばして迷惑かけていませんか?」

・・・そう、そう、ちゃんとお伝えしておかねばなりません。
思いが飛んできても、
ここに来たい、いろんな人に会いに来たい、
そんな思いは、悩んでいることがあって当たり前。

「思い」と「行動」が一致しているので、
飛んできても、全く気になりません。

それどころか、毎晩のように訪れる人もいますが、
ん~、熱心、熱心(笑)
訪れて元気になって、次の日を迎えられるのであれば、
結構、結構、全く、気になりません。

というか、「ちゃんと頼ってくれたらいいんだけど・・・」

思いが飛んできて、うぅ・・・と思うのは、
「思い」と「行動」が一致していない場合。
正確に言うと、「思いだけ飛んできて、なかなか足を運べない」
その葛藤だったり、心の底にある本当の思い。

こうした矛盾は、大きなストレスを生むのが良くわかります。

さて、これも先日ブログに書いた、羽根を持っていることを思い出した話。

自分もそんな感覚、ありま~~す!というコメントをいただきました。

ど~せ、飛ぶなら、気持ちの良く。
これも書いたかと思いますが、鳥が飛ぶ練習をするビデオ、参考になります。

ココでいろんな方のお話を聞いていると、
人にはそれぞれ、ちがった宿題が課されているのですね。

困った、大変、悩むな~、どうしよう・・・。
こんな時、本当の自分が、ポロっと出てくる瞬間でもあります。

どんな出来事も、自分の心を映し出す、
自分の中の鏡みたいなものなのかもしれないな・・・と。

弱気になったり、逃げたいと思ったり、そんな心は、
誰にでも起こる者。
さて、違いは、そこから・・・なのでしょう。

霊界(下界)のお勉強は、まだまだ続いていますが、
その「違い」が、う~~ん、わかりやすい!(笑)

まだまだ、はまってますよ~、だんな様と二人(爆笑)

あ、最近、なかなか晴れないので、雲の写真でもと撮っていたら、
ど~~やら、龍だけはなく、天狗が写りこんでいる模様・・・
今日の写真にも何か写っている気がするんですけど・・・。

CIMG9558
CIMG9558 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  03:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 霊界ー天界と霊界 

人間が生きている人間界。

そして、天界・下界を含む霊界。
数日前から、霊界のお勉強がブームになっています。
あくまでも、ココでの話しですが(笑)

まあ、そんな場所があるとか、ないとか。
それは別にしても、世の中にあふれるヒーローもの、
な~~んていうのは、違う角度から、同じことを描いているのかも。

ウルトラマンだって、仮面ライダーだって、バットマンだって、
人間の日常を守るために架空に存在する「異界」といえば、
「異界」の人々。
とても、普通一般の人レベルではなく、人間を超えた力を持つという。

それが何であれ、マンガでも、映画でも、本でも、
頭の中のスケール感を広げてくれるものだったりします。

そんな話にあこがれる、その「あこがれる」気持ちって、
どこから生まれるんだろ?
な~~んて思ったりしつつ、
私も、「霊界」のお勉強に参加中(笑)

という、その最中に、出版社さんから連絡が。
「あの~、霊界のあたりの表現ってどういう風にしましょう?」
まあ、なんとタイムリーな質問でしょう(驚)

さらには、その間に訳している(って、どっちが主なんでしょうね・苦笑)
本の内容・・・このお勉強していることからすると、
ど~~も、天界の話ではない感じが・・・。

とか、仕事柄、かなり、いろんなところに首をつっこんでしまっているのですが、
スケールをむやみに広げると、所謂、何を軸にしているかが大事になってきますよね。

右も左も、軸というか、立ち位置がはっきりしていないと、
混乱するばかり(苦笑)

「天界でも魔界でも、どんな話も、今、ここで生きている人が
どうやって生きて行けば幸せになるかのメッセージだととらえること」
と、だんな様は、この「軸」について。

じゃないと、時にはただの興味本位になって、
自分たちと違うものを、ただの「気持ちの悪い存在」にしてしまうことも
ありますから。
それじゃあ、勉強して、視野を広げるつもりが、差別するものを増やしちゃった!
ってことになったり(あらら)

霊界のお勉強(正確には、魔界のお勉強かな?)
しばらく続きそうです・・・(笑)

魔界も空のどこかにあるのかな????
それとも地面の下かな???
(と、考えている時点で、かなり視野が狭いかも・笑)

CIMG9554
CIMG9554 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 生霊 

生霊っていうと、なまなましいですが、
実際に、「それ」を「生霊」と呼ぶんだ~って、
知るまで、気が付かなかった私(苦笑)

場所柄、ここには、いろんな人の「思い」が飛んできます。
で、その「思いの強さ」というか「程度」で、
ただ思い出しているだけ、
と、
本人の意識全部きてる~~~
と思うときと。

「生霊」が生々しいのは、当然と言えば、当然。
何しろ、生きている人の「思い」ですから。

問題は、「思いの種類」というか、「思い出し方」。

「ふっと、先生の顔が、バンって浮かぶんです」
という彼女。

「いやいや、君が来ているよ、こっちに」
と、だんな様。
「気配がするものね~」と私。

ココで数人の人と居る時に、誰もきていないのに、
玄関が開く音や気配、匂いなど、することは結構あります。

「ああ、今頃・・・」と本人は思い出しているだけのつもりが、
実際は、こっちに来てしまってる!(笑・・・って笑える時ばかりではないのですが)

こんな時には、生きている人の思いのままに来るので、
ちゃんと玄関の扉を開けて入ってくる・・・ってのが多く(笑)

「思いだけなら、本当はわざわざ、玄関から入らなくても大丈夫なのにね~」

「いや、本人にとっては、礼儀のつもりだろ?」

以前に、相手のことが気になりすぎて、気になりすぎて、
「何をやっているんだろう?」と思い続けていたら、
自分の方が、相手の場所に行っていた、ってことがありましたが、
人の思いの「使い方」には、いろいろ、できることがあるんですね。

思っているだけだから、わからないだろう・・・
な~~んてのは、意外と通じません(あはは)

え!じゃあ、心の中を覗かれるの?
って不安に思う方もいらっしゃるかも知れませんが、
感じる人は、逆に、むやみに人の心をのぞくことは、
普通、あんまり、というか、ほとんどしません。

覗かなくても、伝わってくるものだけで十分(笑)

「大丈夫かな~って心配するのも、一種の生霊(笑)」

「思いを飛ばしてしまう人」は、「思いを飛ばせる人」でもあります。
無意識でもなんでも、自分が「飛ばせる人」だと言うことは、
忘れない方が無難です(苦笑)

外に向かって実際に発する言葉と、
心の中の意識が矛盾していなければ、
あんまり、あわてる必要のない気づきだったりもするんですけどね。

オカルトちっくにだけ、「生霊」と言う言葉を捉えるのではなく、
「自分の意識を相手に対してどう向けているか」
は、常に伝わるものだと言う意識で、毎日を過ごしたいものです。

CIMG9552
CIMG9552 posted by (C)kumisensei

CIMG9552
CIMG9552 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2013.04/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 旅の予習の予習 

来月末に出発予定のイギリス、ロンドン・エジンバラへの旅。
あまりに大騒ぎしすぎて、明日からでも行きそうな勘違いを
されてしまいそうなほどでした・・・・スミマセン(笑)

とはいえ、ツアーでもない限り、今は特にロンドンは早く予約をとるのが普通。
ロンドンに住む妹など、去年の夏に日本に来て、イギリスに戻ったらすぐ、
今年の予定をたててたので、その時は、母と二人、
「鬼が笑うよね~」といってましたが、
実際、チケットやホテルを取り始めているとわかります。
確かに、この日程でというのがぎっちり決まっている場合、
かなり早めの予約がお奨めです!

余談ですが、その妹たちは予定通り今年の夏も日本に来る予定。
な、なんと!日本の夏の暑さが恋しいそうで・・・
信じられない・・・

さて、しばらく旅の予定を「寝かせて」いましたが、
旅にはこの「寝かせる」時間も必要だったりします。
その間に、ふとした、全く別のことから、あ!そうか!
と思うような偶然を見つけて、あら、必然だったと発見したり。

今まで経験したことが、パズルのようにはまって行く・・・
ということって、ありますが、それは、ある日、突然、
ある時、バタバタとはまり始めたりするものなんですよね。

今、少しずつ、今回の旅の予習をしているのですが、
(こんなところに、こんなものがあるなどアバウトな情報です)
今回、訪れることが時間的にできる、できないは別にして、
こんなことがわかれば面白いな~と思う場所、
わたしったら、すでに、ほとんど訪問済み(あらら)

それも、その時は、誰かから誘われて、なんとな~~く行った場所とか、
ココに行くけど、一緒に行くよ!と、連れられて行った場所。

元々、無計画な私は、旅に行くときもあまり目的を決めないタイプなの
今回のように、誰かを連れて行く、となるとおおよそのことぐらい・・・
と、予習でもしておこうと、調べ始めると、あら!
「その場所に行く」予習が終わってた・・・ことに気が付きました。

つまり、「旅の予習は、予習済み」(笑)

けれども、ここが難しいところなんですが、
あまりにも計画しすぎたり、目的を持ちすぎたりすると、
とても行かなかっただろうな~という場所も多いのです。

予習のし過ぎは、知らない間に、経験を狭めてしまうのかも?
とも思います。

これってきっと、旅に限ったことじゃないな~とも。
この瞬間、毎日、毎日でも、こうして、ああして、と、
頭で考えて、「こうなるはず」のことだけやってしまうと、
「こうなるはず」のことが、起るか、起らないか・・・
という結果しか見えなくなる気がするのです。

もっと、もっと、感覚に任せて、その場の感じに合わせて、
フィーリングで動く、と言うのも、時には良いかも知れません。

「予想がつかない、だから面白いのさ」
今日もだんな様は、予想のつかない毎日を楽しんでいる・・・
模様です・・・

こんな夕日が見えた後、まさか、雨が降るとは、予想がつかなかったです(笑)
小雨でしたけど。

CIMG9525
CIMG9525 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 聞こえてる~~~!!! 

あまりに風が強かった昨日、空に向かって「ヒステリックすぎない?」
とつぶやいたら、あらま、今日の空の穏やかなこと(笑)

私のつぶやき、聞こえたかしら?(焦)

つぶやきと言えば、ツイッター。
誰の発想か、いや~、見事としか言いようがありません。

誰かの存在が、誰かとわざわざメールや電話で情報を交わすことなく、
なんとな~~くわかる。

勿論、このことは、プライバシーを保つ難しさと、表裏一体ですが。

どちらにしても、上手につぶやく人は、その存在が、いつも誰か他の人の中に、
それこそフラットに響き続ける・・・って感じがします。

「いつも、居続けることってとっても大事なんだ」
何かをはじめたりしたら、そこでポジションを作り上げるためにも
とっても必要なことだと、いつもだんな様が繰り返します。

だんな様は、自分の仕事の中で大事なことも、「存在すること」だと言い切ります。
誰か、どこかに、その人がいる・・・それだけで、どこか他のところにいる人が
安心して過ごせる。

自分が何かを行動することもとても大事ですが、
その行動の中に、「いつも、どこにでも存在する」ってのが
含まれてくると、それこそ、その人の存在がどんどん大きくなっていくんでしょうね。
当然ですが、存在が大きくなれば、仕事も広がるわけで。

その究極が、仏様だったり、神様だったりするのかな~とか思います。

昨日のツイッターでは、本当に笑わせていただきました。

仕事が休みの日曜の朝。
まだ眠いのに、延滞金を払わないで済むようにと奥さんに起こされて返しに行くと、
まだ、お店が開いてない!
家に戻って、そう奥さんに言うと、家の中には奥さんの笑い声が響く。
「家でしてやる~~」と、先日買ったばかりの自転車で出発。
ところが、自転車に乗るときにいるサドルのパットを忘れて、家に戻る。

な~~~んて、ほのぼのとした、つぶやきなんでしょう!!!!

実は、「つぶやいたら」何が起るかってのが気になって、
今月初めから、頑張ってつぶやいてみています。
一人暮らしの時は、あんなに得意だった独り言がこのところ苦手(笑)

でも、どこにでも存在するツールとして、どの程度かって、実験ちゅうです!!!

存在感、ばっちり!今日の夕日です。

CIMG9497
CIMG9497 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 感情的 

心配する
悩む
考える
分析する

同じように自分で物事を捉えている様でも、
ある人が心配したり、悩んだりしているのと
ある人が考えたり、分析したりするのでは、

何かが違う・・・それも、決定的に、何かが違う・・・
と観察中です(笑)

物事は、いろいろ起って、たとえ原因がわかっても
すぐに解決するものばかりではありませんから、
結果が出るまでは、この差は、決定的なわりにわかりにくい。

ですから、
自分では、考えているつもり、で、ただの心配になっていたり、

用心のための分析のつもりが、ただの悩みになっていたり・・・。

何がちがうんだろう・・・?

「感情的なんだよね」と、だんな様。

物事を捉える時に、悩む、心配する、
そんな時には、自分の感情が乗っかっていると。

人は感情的な生き物ですから、いつもいつもポジティブな気持ちだけ
持ち続けることは、確かに難しいものです。

ちゃんと考える、分析することのできる人は、

「問題になっていること、の中の、感情的な部分を引き算できる」
のかな~と思います。

そして、もちろん行動するときには、もう一度、自分の感情を
上乗せしたければ、上乗せする。

「絶対やる!」は「絶対」なのですから、
決して、感情のない行動とも思えませんものね。

この、「感情の引き算、足し算」
自分が感情的になっているかどうか、判断するのは、
結構難しいものですが、人を観察すると、
感情的なのか、そうでないのか、わかりやすいですね。

ただのビジネスメールに、なぜかムカッと来ることってありませんか?

霊能者など、感覚が豊かな人は、人の感情に振り回されることもありますが、
相手が感情的になっているかどうかも、一定の距離があると、
わかりやすい。

一緒になって、感情的なメールを返してしまわないように、
用心しなくては!ですけどね(笑)

何でもかんでも、勝負事にするつもりはありませんが、
「ビジネス」は勝負の世界だったりします。

「感情的になると、決して勝てない」

たとえ、ヒステリックに相手をやり込め勝負に勝った!
と思っても、必ず、後でしっぺ返しがやってきます(苦笑)

勝負は冷静にするもの!だそうです・・・
そう、そう、勝負に勝てるようjになるためにも、
自分の感情の足し算、引き算。
うまくできるようになれると、いいですね。

最近、風の強い日が多くて、ど~~も、お空が感情的、
ヒステリックな気がしているのは、私だけかしら?

CIMG9479
CIMG9479 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 心配 

心配って、したいだけできるもの。
そして、心配するのはわかるのですが・・・。
心配しすぎてもね(笑)

「親は子供の事を心配するものだ」
って、確かにありがたいのですが、
もっと子供を信じた方が、お互い楽かも?と思う事があります。

まだ、起ってもいない危険なことや、苦労するかもしれないこと。

「起ってからじゃあ、遅いでしょ!」
と、声が聞こえてきそうですが、
それこそ、今、心配して、それが100%避けられるならOK。
いやいや、たった一回だけじゃなく、ずっと起らないで済むならOK。

でも、時には少しだけ痛い目に合わないと、わからないこともありますし、
そんな経験の中で、それだけ強くなって、次はちゃんと乗り越えられる人に
育つかも知れない。

子育てって難しいと思いますが、
「疑うより、信じてあげること」って
とっても大事。

子供は期待するように育つものですもの。
人に対して、何があっても、どう期待するか、
どう期待しづけることができるか、
人としての心の訓練でもあるでしょう。

・・・なので、私も
「一緒になって心配するのをできるだけ止める」
訓練をしようと思いました(笑)

霊能力など、ちょっとした感覚をお持ちの方は、
何かを感じで、このままだと・・・という心配になる要素が、
ふと、見えたり、感じたりすることがあります。

それを相手に、伝えるべきか、どうするべきか。
ってことに心を悩ませる人って少なくないですよね。

ずっとそんな場面を見てきて思うのは、
例えば、「あなた、あの彼と別れた方がいいわよ」
と、アドバイスしても、はっきり言って、
何かが実際に起るまでには、「いらない世話」にしか聞こえないでしょう(苦笑)

じゃあ、何かが起るのを黙ってみているっていうの!
って、これまた声が聞こえてきそうですが、

「人の人生に首をつっこむな!」
という2013年バージョンのだんな様の言葉をお送りしたいと思います(あはは)

相手が、子供であろうと、親友であろうと、
人はそれぞれ違うスピードのカリキュラムで学んでいるのですから、
人の宿題を手伝ってあげても、その場しのぎにしかならないし、

「宿題、できるの?大丈夫?」と、いくら心配しても、
本人が宿題ができるようになるわけじゃないですものね。

とても気になるなら、一言、注意を促す程度、
それからは、できるだけ放っておきましょう!
これは、逆に見守っている人の「宿題」

長い間、借りたままになってたな~、そろそろ返さなきゃ。
「聖☆おにいさん」をふと開いたら、
キリストが、ある場面で、
「そろそろワインが足りなくなってきた」
と心の中で思って、奇跡を起そうとタイミングを計っていたら、
キリストの母が、「ねえ、ワインが足りないんだけど・・・」
「今、奇跡を起そうと思ってたんですけど」とキリストが、
切れる(ここでは反抗期のことを思い出す場面で描かれてます)
・・・な~んてのが、面白く描かれているわと(笑)

いずこも同じ・・・なんでしょう・・・ね(苦笑)

CIMG9456
CIMG9456 posted by (C)kumisensei
心配しても、しなくても、太陽は沈んでいくのでした・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/13(Sat)

【だんな様は霊能力者】 出来上がりました~ 

次の翻訳本の完成は今月末。
でも、ふと、もうネットに出てるかもとチェックしたら、案の定。

ザ・コンパス【喜びがすべての指針】ザ・コンパス【喜びがすべての指針】
(2013/04/27)
アラン コーエン

商品詳細を見る


予約販売、開始してました。

発売は4月27日ですので、まだ私の手元にも届いていませんが、
概要にもあるように、アラン・コーエンの初期の本を復活させたもの。

とはいえ、ご本人は、今も世界中で活躍中。
本の版権を取る際には、ご本人にサポートしていただきました。

いただいたメールから伝わってくるのは、
翻訳していた時に感じた、まっすぐな性格。
気さくで、明るい方だとのうわさ通りの感じでした。

本の内容も、ご本人と同じで、素直な、そして、
元気の出る内容になっています。

翻訳をしていると、どうしても著者さんの感情が入り込んでくることが
多いのですが、他の方がどうこうというのではなく、
アラン・コーエンさんの本は、訳していて、
ただ、ただ、「楽しかった」です。

まさに「喜びがすべての指針」ってところですね。

さて、いまとりかかっている本は、次の旅行、
そう、イギリスの予習をしているような内容(苦笑)

これまで、何十回となく訪れた土地、留学していた土地では
あるのですが、また、違った角度から見るには、
お勉強してから行きなさい!ってことなのでしょう(苦笑)

で、それがお仕事となると、一挙両得!
いつも、ラッキーな仕事をさせてもらっているな~と思います。

CIMG9436
CIMG9436 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  00:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 地球の血液 

先日の旅行で、河口湖に行った時、やっぱり2年前より、
湖面の水位がかなり低くなっていました。

ですから、これまでは見られなかった湖の底だったはずの場所まで
行くことができたのですが、これが意外と普通のジャリっぽい石。
所謂、溶岩が急速に冷えて出来上がった軽石みたいなものが少なく、
湖の周りは、結構、整備されている(つまりは人工的)なのかしら?

河口湖の周りは、確かにきちんと整備され、観光にも適するように、
色々な催しができるような建物も建てられていますから、
当たり前といえば、当たり前なのかもしれません。

そういえば、この前発売された「あなこわ」に、
何気なく旅行先から持って帰ってきた石のせいで、
霊障が起った話が載っていたな~と思い出しました。

「石はね、いろんなものがこもりやすいんだ」

神社の御神体が「石」というのもうなずけます。

「やっぱり、うかつに、旅先で石を拾ってくるのは、やめた方がいいね」

そうですよね。こもっているものが、自分にどういう影響が出るか
わからない限りは、うかつに手に入れたりするのは、ある意味、危険?
良いものだけが、宿っているとも限りませんし、
それにもし、神が宿っているような石だとすれば、祀るのもそれなりに、
となるのでしょうから、その辺に放っておくってできないですしね(苦笑)

不思議なことに、最近、この「石」についての話題で囲まれている私(笑)
今、翻訳中の次の本も、ちょうど「ストーンヘンジ」の話題に突入中です。
も~、頭が石になりそ~~!!!!

河口湖に行った時に、偶然、明らかに他の石と違う、
富士山から溶岩として飛んできた石をみつけました。

九州の方言で、魚などの腸のことを「ジゴ」」というのですが、
「あ、地球の中身だ~~」
勿論、九州ではこういうのよ~なんて話をしたら、
埼玉県では「ウンジラ」とか「ジンバラ」というそうで(笑)

と、だんな様が
「地球の血液だよ」

・・・あ、その方が「きれいな」表現でした・・・(スミマセン)

そういえば、ハワイのキラウエアー火山の溶岩の流れ出し方などは、
そのものだ・・・などと、想像しつつ、
溶岩も、空気も、水も、地球をひとつの生命体とイメージすると、
なんだか、ちょっと違った視点で物事が見える気がしてきました。

今日も降り注ぐ太陽もその生命体の地球に、
エネルギーを与えてくれているんですね。

CIMG9409
CIMG9409 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  03:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 羽根を持ったことがある 

過去世を思い出した人の中に、かつて自分に羽根があった・・・
と思い出した人がいます。

ひとりやふたりではありませんので、ひょっとしたら、
このブログを読んでいる方の中にもいらっしゃるかもしれませんし、
これから何かの拍子に思い出すってこともあるかもしれません。

過去世を思い出す・・・

と、聞くと、きっと楽しいことばかり思い出すと思い込んでいるようですが、
意外とそうでもない・・・
いや、むしろ、辛かった思い出の方が出てきやすかったりすることもあります。

私は・・・というと、羽根があった記憶はありません。
ただ、羽根がなくても空は飛べるかな?なんて思ったりします。
(←なのに、高所恐怖症・笑)

羽根を持った記憶がある人が、そのことを思い出すのは、
本当の自分を思い出すプロセスの中で、
どうも息苦しい、そう、羽根を閉じたまま、
ずっとそのことさえ、自分でも忘れていることに気がついた時。

その羽根を広げた時の、彼女たちの素顔は本当にリラックスしています。

「どうして、羽根が見えるんですか?」
いつかそう聞かれたことがあります。

「頭で知っている自分は、今回の人生だけだけど、
魂はずっと昔からのあなたをすべて記憶しているんだよ」

心を開き、解放していく中で、自分にも周りにも見えてくることでしょう。
勿論、現世で持っている、所謂「眼」では見えませんけど。

羽根があった事を思い出しても、次にその羽根を広げることも
あらら、思い出さなくては・・・と、先日、白鳥が飛ぶ練習をする
ビデオを見つけることにしました(笑)

だんな様の弟子のひとりも、自分に羽根があったことを
つい数か月前に思い出し、
「あまりに長い間たたんでいたので、何というか・・・
臭かったです・・・」(爆笑)

「ファブリーズでもかけておけば?」(←師匠)

こんな会話が、いつもここでは繰り広げられています。
いや~楽しいというか、何というか(笑)

先日、河口湖に旅行に行ったときには、
「Jちゃんがいるよ」
あら、ほんとうだ・・・何ときれいな羽根でしょう。
IMGP3592
IMGP3592 posted by (C)kumisensei

でも、やっぱり、羽根のお手入れは丁寧に、念入りにが、基本のようです。
IMGP3594
IMGP3594 posted by (C)kumisensei
IMGP3593
IMGP3593 posted by (C)kumisensei
水の中に羽根を浸して、お手入れ中の白鳥。
隣の白鳥が、迷惑そう・・・(爆笑)
もう!水がこっちにかかるでしょ!ってかんじですよね。

ちなみに、この白鳥、Jちゃん!と呼んでも二羽とも振り返らず。
みんなで、メアリー、とか、サリーとか、他の名前を呼んでみた・・・
どうやら、少なくとも、Jちゃんではなさそうでした(笑)

羽根を持っている記憶をお持ちの方。
その羽根は、時々、開いて、太陽に干してお手入れされることをおすすめします!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:24 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2013.04/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 卒業の後 

卒業旅行の後、「ああ、やっと卒業した・・・」と
余韻に浸りたいところですが、ま~そういう余韻を楽しめるのは、
残念ながら、ほんの一瞬(爆笑)

「はい、つぎのページ」
と、終わりはスタートという言葉どおり。
次の課題が降ってきます。

それでも、卒業前にあんなに難しかったことが、
すんなりできる、のりこえられる、スルーできるようになっている
って気が付くのも、このプロセスの特徴。

「ひとつ、ひとつ、検証していく必要があるんだ。
自信は、そのプロセスでついてくる」
と、だんな様。

一緒に旅行に行っただんな様の弟子にとっても、
まさに、そんな一日だったようです。

昨日の夜、いくつかの夢を見たという彼女。
その通りのことがいくつも、今日、目が覚めてから起こったようで。

「そういえば・・・子供のころは、これが普通でした」

だんな様も言いますが、それぞれ人には得意な分野があっても、
普通の生活を送る間に、それがうまく利用できなかったりすると、
うっかり、すっかり、忘れてしまっていると。

それを思い出し、そして次のページに確実に進んでいる彼女にも、
旅行の後、お仕事の上でも明らかな変化があったようです。

そして、もうひとり、別の場所で修行をしてきた方が
その報告に来てくださいました。
一回り大きくなられた気がするな・・・と、背中を見ながら思ったのですが、


「実際、筋肉がついてきたようで、洋服がきちきちになってきました」
と言われ、帰り道、空手の練習をしながら、空手練習道を変えられていたら、
背広がピキっといったとか(笑)

筋肉はありがたいですが、洋服となると、ちょっと経済的ではありませんね~(笑)
とはいえ、修行の結果なのですから、そのぐらいの何かは、
めぐりめぐってくるでしょう。

そして、そして、今日はお釈迦様の誕生日。
ちゃんと奉経し、この誕生日に先祖の問題をひとつ乗り越えて、
文字通り、「あたらしく生まれ変わった」方もいらっしゃいます。

考えてみれば、キリストの復活祭も、お釈迦様も、
この春の時期に「生まれ」られたんですよね。

卒業のシーズンと、お誕生日シーズン、桜のシーズン。

春はイベント盛りだくさんです!

IMGP3634
IMGP3634 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 卒業旅行その2 

卒業するのに、わざわざ旅行をする必要があるか、ないか、
と言われると微妙です(笑)

でも、何かからちゃんと卒業するのって意外と難しいもの。

教師時代、卒業した生徒は、数週間後に結構戻ってきました。
お礼・・・という名のもとに、高校時代に禁止されていた、
三種の神器(笑)といわれていたものを携えて・・・。
何のことはない、携帯を持ち、髪を染め、ピアスをあけて、
私服で戻ってくるだけなのです。

けれども、これって彼女たちにとっては、ある意味卒業式と同じぐらい、
卒業を意識する瞬間だったりします。

「あんなに、髪を染めたかったのに・・・。
やりたかったのって、禁止されていたからだったってわかった」

そう、もはや、あれほど嫌いだった制服を着て学校には通えないのです。


自分で企画して、自分で卒業を決める人生の「卒業」は、
卒業したつもりで、戻ってしまうことって少なくありません。

あれほど、ああ、そうか!と頭でわかっても、
ちゃんと卒業できるまでには、それこそ、
卒業した高校生が、しばらくは、時々遊びに来るのに、
最後にはどんどん姿を現さなくなるころ(苦笑)
・・・ああ、ちゃんと卒業したんだな・・・と思ってました(笑)

きちんと卒業するには、例えば環境とか、何かをきちんと変えて、
どんなに「昔が良かった」ように思えても、同じ場所には戻らないと
決めることが必要だったりします。

それこそ、戻ってみたらわかります。
卒業すべき場所は、戻っても、もう同じ姿でそこにはないのです。
どこかに、そんな場所が残っているような気がして過去を生きてまう・・・
なんてよくあるパターンですもの。

さて、今回、卒業旅行に連れて行った、だんな様の弟子二人は、
昨年、卒業試験をまさに受験中・・・って感じでした。

ですから、今回の旅行で区切りをつけて、
また、新しい環境に(同じ場所にいたままでも卒業は、卒業ですよ!笑)
トライする局面に入るのだろうと思います。

さて、さて、卒業旅行をイメージ通りに執り行うという修行中の私は、
あれ、これ、それ、と、ひとつ、ひとつイメージしても、
何となく、何かが欠けるってあるよな~と、最後に思い、

「面白かったね~」「楽しかったね~」「すべてスムーズだったね」
と、思い出せるイメージが一番大事だと、
どんなに雨や風が強い前日の天候を眺めながらも、
思い続けたのでした(笑)

だんな様といえば、ひとこと、

「ぼくが行くんだから、晴れないはずがない!」

スパッと、こう、言い切れるようになるまで、
もう少し、みんなを巻き込みつつ、修行したいと思います。

それにしても、ほぼイメージどおりだった今回の旅行の中にも、
サプライズが沢山盛り込まれていました。

「予定通りは面白さに欠ける」

確かに・・・天狗に、龍に、コノハナサクヤヒメにと、
企画しようとしても、ココは・・・無理だ・・・(苦笑)

CIMG9203
CIMG9203 posted by (C)kumisensei

CIMG9207
CIMG9207 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3





EDIT  |  02:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2013.04/07(Sun)

【だんな様は霊能力者】 卒業旅行 

いつのころからか、「卒業旅行」というのが流行し始めました。
ちょうど、私が大学を卒業した頃だった覚えがあります。
・・・って、年がばれますが(笑)

あの時は・・・まだ雪の残るパリに友達と旅行に行って、
オペラ座の前で雪に足を取られてひっくり返り、
フォーションで買った赤ワインが、雪の上で香りとともに
真っ赤になったのが鮮明な思い出(苦笑)

さて、社会に出ると、社会が「卒業式」をやってくれることはなくなります。

けれども、人生にはいろんな節目があって、
自分でひとつ、ひとつ、卒業して行かなくてはならず・・・。
そう、自分で自分の卒業式を企画しなくてはならないのです。

卒業式と言えば、教師時代には毎年経験していたのですが、
ほんの前日まで、あんなに色々と憎たらしかった生徒が、
「卒業式」を終えた途端に、全員、とてもかわいく思えるようになる
・・・不思議なものだ・・・と思っていました。

自分で企画する卒業式も同じようなものです。
それまでの色々なことに一度区切りをつけて、
頑張った自分も褒め、それまでにあった、「憎たらしい思い出」も
すべて、「愛すべき思い出」に変わる・・・。

今回は、そんな卒業式の旅行にしようと、今年が明ける前後ぐらいから
計画していたのですが、なかなかタイミングがあわず。
でも、結果的には、卒業式にふさわしい風景になりました。

泊ろうと思っていたホテルが、とても人気があり、
一か月ほど前に予約を取ろうとしたら、ほぼ満室!(涙)
いくつか違うタイプの部屋を予約するという無理矢理感満載の
予約をしてからが勝負です(笑)

2年前に同じホテルに泊まった時、ホテルの人が言った言葉を
しっかりと覚えていました。

「今日は、しっかり富士山が見えるのでラッキーですね。
こんなに富士山から近くても、天気が悪いと、
この辺りにこんな風に富士山が見える予定なんですと説明しなくては
ならないんですよ」


ですから、予約をしてから、実際に出かけるまで、
イメージングの練習、練習。
しっかり晴れて、
暖かくて、
桜も咲いていて、
などなど、まあ、よくばりとしか言いようのない(笑)
要求を次々に、つきつけていました(←誰に?)

旅行に出かける前日まで、肌寒い日が続き、
前日に至っては、春の嵐のような天候。

それでも、このイメージした旅行が実現するはずと、
ツイッターにも書き込みながら(笑)
出発して目にした富士山は、この通り!
桜の開花は若干遅れていますが、場所によっては、ほぼ満開。
若干、風もあったのですが、眺めは最高!

いや~~、イメージの訓練した成果があった!というものです。

何というか、前日、同じ場所に旅行した人に気の毒なぐらいの違い。
こういう感じで、こんな日で・・・と出した要求(←誰に?笑)
ちゃんと、揃えて置きました!と、主張されているような????


そして、帰ってきた今日、外は雨が降っています。
・・・ん・・・やっぱり、あの2日間の天気は、
リクエストが通ったとしか、考えられません!

そう、そう、ちゃんと式場がセットされたのですから、
後は、自分たちが卒業することを忘れてはいけませんよね~(笑)

(続く・・・・)

IMGP3489
IMGP3489 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 こ・これも壊れた・・・ 

ここに来て、家の中のものが色々不具合が起こります。
すると、だんな様がおこります。

・・・って、ダジャレっている場合ではありません(苦笑)

まずはフライパン。
もっともてるはずのフライパンですが、酷使したせいか、
先日、芙蓉蟹(ふようはい)、早く言えば、かに玉ですが、
それを作ったら、フライパンにくっついて、見るも無残な姿(涙)
上からかけるアンで何とかごまかしました。

で、これは、買い替えて解決。
今日、新しいフライパンを買ってもらいましたが、
申し分なし!の使い心地です!


それから、先月末に壊れたのは、ご存じの方もいらっしゃいますが、
炊飯器。
あったかいはずの保温していたご飯が、冷たくなってる・・・。
って、あんまり心地よい響きではない表現ですが、
これも即買い替え。
何せ、翌々日は月例会というタイミング。
早々に、配送してもらって、今はパワフルに活躍中です。

そして、これも結構、ヒヤヒヤしたのですが、
確定申告をしている途中で、私のこのPCの電源が落ちる!!
なぜ〜〜〜〜〜〜、このタイミング〜〜〜〜〜〜!
という感じ。
落ち方からして、これは電源だと判断して、今のところ、
そこを改善したら、元気に活躍中・・・。

さらには、車のヘッドライトが一方切れた!
先々週だったか、道場に出かけようとして気が付きました。
これも、だんな様が電球を注文して、ひとりで付け替えて、
今はとても明るい視界で、快適に運転しています。

そして、そして、今日は、洗濯機の中蓋の調子が悪く、
留め金みたいなところが壊れた!!!!
これは、今のところさほど、洗濯そのものに影響がないので、
様子見中です。

だんな様が自分でブログに書いていたように、
ま〜、家電そのものの耐用年数と言うのもありますが、
いかにも、続けざまの故障に、

「動かない機械は、機械じゃない!
ただのゴミだ!」

と2013年バージョンの語調。

な、なんと、新しく買ったipadmini用のケースが、
壊れてる・・・・ってところまで来ると、
そりゃあ誰だって、少しは頭に来るというもの。

昔から、霊能力と電気には共通する周波数みたいなものがあるらしい
という話はここでも色々聞きました。

腕時計がことごとく15分進むようになったと言う人もいて、
コレクションした高級時計は、もはや身に着けられないとか(涙)

気合いが入りすぎて、家の中の時計やCDプレーヤーなど、
次々壊してしまった人やら、

あり得ないタイミングでPCが壊れてしまった人の話とか、

あまりに怒って車に乗って出かけたら、
車のダイナモが吹っ飛んだ話とか、
あ、これは、我が家のことでした・・・(汗)

どの話も、普通ならあり得ないことばかり。

我が家の故障続きも、何が原因かはわからないにせよ、
偶然にしては重なりすぎ・・・。

というわけで、私としては、
さらなる被害を少しでも食い止めようと、
毎日励んでいる・・・つもりです(笑)

(と書いたところで、FC2のブログの管理画面が出てこない!
というトラブルに見舞われました。
今日、他の人のブログを見ると、普通にUPできている模様・・・。
何故に???
故障は、ひょっとして、だんな様のせいだけじゃない?・・・
いや、そんなはずはない、と、ぐるぐる考えながらのUPです。
遅くなってすみませ~~ん!)

CIMG8507
CIMG8507 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  12:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 得意技 

「自分の得意技は、持ってることさえ忘れやすいんだよね」
と、だんな様。

今日は、出版社さんとの打ち合わせの日。
漫画家さんとも来てくださったのですが、
画が描ける、ストーリーが作れるって、
やっぱり、普通じゃない得意技だと思います。

自分が体験した事をそのまま話しているというだんな様。
体験が普通じゃないという得意技(笑)

それを取材して本にするという編集者。
一冊の本にするまでの複雑な工程を各月やりこなす得意技。

聞いたストーリーをまとめて、登場人物に特徴を持たせて、
オチまでつけるという漫画家さん。

それぞれが、それぞれの得意技があって、
ひとつのものが出来上がっていくのですが、
得意技って、仕事につながっていればいるほど、
時に忙しくて、苦しむことがあるせいか、
半分、見ないようにしているせいか、
自分の得意技を時に忘れてしまうことがあるようです。

何より、得意技は、人から見て、すごい~~という対象であって、
自分にとっては、ある意味とても普通のことだったりするので
余計に忘れやすいもの。

何でもかんでも、人と比較するのはなんですが、
得意技を忘れないためには、人から感心されたりしたことを
変に謙遜したりしないで、しっかり受け止めて、
得意技にしていくプロセスって大事です。

そして、それを、自分が本当にやりたいと思っていることに
どうつなげていくかを常に意識していると、
得意技が、直接、目標につながるものであっても、なくても、
その人のオーラは常にクリアー。

逆に、それを忘れてしまうと、オーラがなんだか濁ってきます。

偶然にも、昨日も同じ話題になりました。
目の前に困っていることがあっても、直接、手が出せない問題って
沢山あります。

自分の得意技を活かして、そういう事ができるだけなくなるような活動を
していくことで、やがて世の中を変えられる・・・。
途方もないプロセスに感じるものですが、
世の中で出来がった決まりや規則には、こうした、ボトムアップのルールも
決して少なくないのです。

目の前のひとつより、もっと大きな影響力のあることを。
その影響力をすでにお持ちの方ですが、
あまりに目の前のことに一生懸命どうにかしなくては!と思うと、
それだけを解決するダイレクトな方法に心を奪われてしまうこともあります。

さて、さて、感覚の鋭いことは、時に、被りに苦しんだりすることも
ありますが、見方を変えれば、人と違うのですから、
明らかに、ある意味「得意技」(笑)

「得意技」って、道具だと、私は思っています。
最近、この「お道具シリーズ」って、マイブーム。
これを使って何ができるか、できるだけ考えてみるという。

仏様も沢山の法具をお持ちですが、ただ持ってるだけのはずがない!
ってところから、色々、頭の中で発想してみたりして(あはは)

さて、あなたの得意技、まずは、どんな「技」があるかを確認、確認。
そして、それをどう使うか、工夫、工夫。

何だか、楽しい響きがしてきませんか?
今日青空の元、鳴いている鳥の声は、その響きをフルに生かした
素敵な鳴き声でした。
桜の花の中に姿を隠して、歌い続けるなんて、ま~なんと、
得意技を活かした粋な演出でしょう!

CIMG9127
CIMG9127 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.04/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 正義感と距離感 

正義感に燃える!
なんて言うと、ちょっと響きはいいですが、
実際に、正義感に燃えまくった人が側にいると・・・。

時々、「そこまで、頑張ってもらわなくても・・・」
と、相手が自分のために頑張ってくれているとわかっていても、
思ったりすることがあったりして(苦笑)

「だって、あなたもそう思っているでしょ?」
と押し付けられた感覚がすることさえあったりします。

ま~、私も身に覚えがあって・・・ちょっと反省(爆笑)

何度も、何度も、同じことをアドバイスしてくれている人の言葉を、
何度も、何度も、聞き逃しているなんて、その彼女に失礼!と、
思ってしまいました(あはは)

で、その人に、
「何度も言ってもらって、行動に移さないなんて、
〇○さんに悪いと思わないの?」

あらら・・・私ったらやらかしてますね~~~。

だって、何度も何度もアドバイスしていた彼女は、
そのことを、さほど気にしていなかったのですから。

「同じことを前にも言った気がする・・・と思ってたぐらいで・・・」

こうじゃなくっちゃ、間違っている!
なんていうのは、はっきり言って、妄想(あはは)

きっとあの人は不快な思いをしているに違いない!
なんて正義感を振りかざしても、
時には、迷惑になることさえある・・・(反省)
と、思ったのでした。

思い込みって怖いものです・・・(しょぼん)

さらには、こんな時、逆に彼女に対して、
「あんなに何度もアドバイスして、あなた頭に来ないの!」
とヒートアップするパターンもあり、
(私は彼女の冷静な受け答えに、あ!と気が付かせてもらいましたので
そこまでは行かずに、セーーーーフといったところ?)

いずれも、相手との心理状態が近すぎて起る事。

かと言って、悩んでいる人がいるのに、
「それはあなたの問題だから」
と、全く関わらないのは、遠すぎな感じも。

また、被りたくないからと相手に対してパタンと扉を閉めてしまうのも、
簡単ですが、それ以上の人との関わりも閉ざしてしまいます。

「人との心理的な距離は、いつも変化しているんだ。
いくつかの距離で同時に観れるようになるようにならないとね」

空手の(って話が飛びますが)
前蹴りを出すときと、
突きを出すときの
相手との距離は違います。

その上、相手は常に動いている訳で。

あ・・・頭でわかっていても、なかなか難しいこの「距離感」

空手も、人間関係も、訓練、訓練!

私のお気に入りのデジカメは、近い距離が苦手のようです(笑)
桜の花びらは、良く見ると、人間の血管みたいな筋が通っています・・・
ってのを写したかったのですが、うまく行きませんでした・・・

CIMG9116
CIMG9116 posted by (C)kumisensei

ご自分で、散った花びらを手に持って、光にかざしてみてください。
ち、血が通っている・・・と、思えます(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |