2013.05/29(Wed)

【だんな様は霊能力者】 いってきます 

明日から、第二の故郷、エジンバラ、
そんでもって、ロンドンに数日。

イギリスに行くのは、もう数えられないほどの回数になりましたが、
オリンピックがあってからは、始めてなので、色々変わったことでしょう。

で、多分・・・エジンバラは、変わってないと思います(笑)

6月6日頃帰ります~~。
それまでブログはお休みします。

また帰ったら、ブログを再開しますので、それまでしばらくの間、
みなさんお元気で頑張ってくださいね。

そういえば、おみくじ入れを作って販売している方からメールをいただきました。
確かに、素晴らしいアイディア。
いろんな場所のおみくじ、大きさが違ったりするのですが、
それでもちゃんと持ち歩きたいものですよね。

年に一度は、お炊き上げしてもらって。
それまでは大事に、入れておくものがあれば、いいですよね。

それから、色々悩んだりしても、なかなか相談までたどり着いていませんという、
メールもいただきました。

自分の人生の転機には、タイミングもありますから、
それも含めて、今と思った時に、進めばよいと思いますよ。
解決するときにしか、解決しない問題も沢山ありますしね。

でも、自分で決めたら、だ~~~~っと、全力で頑張ってくださいね。
解決しどきは、逆に、逃すのはもったいないです。

さて、さて、最後の手荷物を準備して、出かけます。

いってきま~~~す!

CIMG0296
CIMG0296 posted by (C)kumisensei

ぽか~~んと浮かんだ気ままな空。
こんな雲みたいに、しばらくぽか~~んとしてきます(笑)

http://www.h4.dion.ne.jp/~u_bukkyo/
Adept・Mentor 島津相談室
スポンサーサイト
EDIT  |  01:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2013.05/28(Tue)

 

日曜日は恒例の月例会。
今回は、少しだけ、今までと違って、「おかえりなさ~~い」の方々が数人。

神戸からおかえりなさい。
新潟からおかえりなさい。
イギリスからおかえりなさい。
北海道からおかえりなさい。
伊勢からおかえりなさい。

いろんなお帰りなさいがあるのですが、ココから離れた場所に行くことがあっても、
こうしてしばらくぶりにでも、また通ってこられて、お会いすると、
何となくほっとします。

月例会は朝、明るくなるまで続き(笑)
その間には、「寒いよ~~最近」と数日前に電話をしてきた
ロンドンの妹が、「今週は暖かいらしいわ~」と、
教えてくれました。
正確には、ロンドンに行くのは、来週初めになりますが、
「私たちが行く間は、暖かくなることになってるから」
と、勝手に決めています(笑)

とはいえ、この前「富士山」を見に出かけた時は、
頭の中で、晴れるイメージがしっかり持てましたが、
今回は、ちょっとそれとは違う感覚がします。

まあ、曇ったり、ちょっと雨が降ったりでなければ、
味わえない雰囲気があるみたいで、それも旅の醍醐味。
ここは、無理矢理、晴れ祈願!と行かずに、
現地の方々に(って誰?笑)お任せしましょう!!!

さて、今回の月例会も、
どうやら車に幽霊をのせちゃった話
とか、
「あなこわ」で扱った、水子の霊の供養の仕方
とか、
自分の仕事が好きかどうか
とか、
色んな症状が出ているけれど、原因が先祖にある場合
とか、
その他、思い出せないほどの沢山の話題になり、

調子の悪い方(膝が痛いとかずれているとか多いですね)の
気療をしたり。

みなさん、昼の12時から延々、和気あいあい。
ここでの月例会以外にも、ツイッターはフェイスブックなどで
連絡をしたり、お互い励ましたりと、仲よくされているのも、
ほほえまし思います。

また、いろんな場所で、「限定品」もお持ちくださり、
普段ではお目にかかれないものも、みんなで楽しみました。
私が今回、おとりよせしたお菓子は、「阿闍梨餅」
周りの皮がもちもちしていておいしかったです!!!!

こうして、元気に過ごすのも、感覚の鋭い人にとって、
自分の家や部屋をフラットに保つのは、とても大事な要素だとも思います。

来月は、そんなことから、家やお部屋のお祓いに、
だんな様の弟子さんが、数か所、出向いて、お祓いをします。
住みやすいお部屋になって、夜も眠れるようになりますように。

来月は、こちら東京も梅雨入りすることでしょう。
今日の空は、一日中、雲が多くてはっきりしない天気。
でもおかげで、ちょっと涼しくて助かりました。
自分の都合だけで、うっかり、晴れますように!とか
雨が降りますように!とか。
そんな感じのトレーニングも良いですが(笑)
自然な中で、その恵みに感謝できるとさらにハッピーにくらせそうですね。

CIMG0294
CIMG0294 posted by (C)kumisensei


来月は、今日のような空模様が多くなるんでしょうね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2013.05/26(Sun)

【だんな様は霊能力者】 先祖を辿る 

ふとしたことから、だんな様の先祖の話になり、
ふとしたことから、九州の歴史を調べてみました。

題して「秋月家からみた九州の歴史」
http://snk.or.jp/cda/akiduki.pdf


そもそも、自分の先祖のこととは思わず調べ始めたのですが、
時代が時代なら、だんな様とは敵味方だったわ!
と、まさか自分の先祖の歴史をここまで詳しく知ることになるとは・・・

と言うわけで、今日は一日、仕事を片手に、
はまってしまいました!「九州の歴史」

学校の教科書で習う歴史は、どうしても「中央の権力」から書かれています。
こうして、視点を変えて、「九州」で何が起こっていたかと言う事を
視点に見ると、あらま、全くといっていいほど、
違った流れが見えてきたりします(笑)

色々感じたことはありますが、戦国時代やその後の闘いの歴史の中では、
逆に、今の私たちよりも、ご先祖様方、
あっちに出没、こっちに出没(笑)

で、不思議なことに、何かが起こった場所の近くに、
私自身が住んだことがある!!!

九州で教師をしていた頃、引っ越し好きで、
何度も何度も引っ越しをした時期がありました。
で、この歴史をみると、「あら~あの場所~」

と、ほとんどが実は、「何かが起こった場所」として、
この歴史の話の中に出てきた場所だったということ。

だんな様の先祖の歴史をたどるつもりが、
まるまる、自分の先祖や、自分の引っ越しの歴史を振り返る!
みたいな感じになりました。

多分、この中で出てきた地名。
地元で暮らしたことがないと、ちょっとわかりにくいかもしれません。

例えば、「須古」とか「牛頭(うしず→現在では 牛津 と書きます)とか
「小郡」とか・・・三田川、嘉瀬川・・・千栗(チリクと読みます)

これって、私が転勤で住んだ場所のお話、そのまんま。

というわけで、今日は自分のご先祖をたどる一日になって、
誰よりきっと、私が納得してしまったという結果になりました(笑)

自分の歴史が、先祖の歴史と、しっかり重なっていることが、
こんなにはっきりわかるとは、自分が一番、意外でした。

先祖の歴史・・・。
どうつながっているか、も含めて、
何がどう展開されたのか・・・
そんなストーリーに出会えるのも、なかなか面白いもの。

勿論、「面白い」で済まない、重い、長い、歴史があってこその自分。
そんな事を実感した出来事でした。

九州の歴史に興味のある方は、どうぞ一読ください。
(ちょっと長いけど)


CIMG0283
CIMG0283 posted by (C)kumisensei

(もう一つのブログのクイズの答え、この写真だとわかりやすいですよ~)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/25(Sat)

【だんな様は霊能力者】 食べ物の話しの続き 

もう一つのブログに食べ物の話を書きましたが、その続き。

霊能力者のような感覚の鋭い人は、食べるものに偏りが出ることが
少なくありません。
栄養をどんな風に摂るか・・・というより、
ずばり「気分で食べる」人も多いみたいです。

ですから、気分に振り回され過ぎている人、能力をコントロールできていない人は、
どうしても、すご~~く痩せていたり、逆に食べ過ぎてしまったり。
はたまた、痩せたり、太ったりを、繰り返したり。

給食のようにカロリーや栄養素の計算までするのは大変ですが、
少なくとも自分の体が何を欲しているのか、フラットに、
そう、感情に振り回されることなく、耳を傾けるのも
時には必要です。

最近は特に、塩は、まるで病気の元のように言われていますが、
実際は、ある程度、塩を取らないと逆に体が不調を起してしまいます。

世の中の、これが良い、あれが良くないは、
あくまでも平均的な話であって、
いつでも、どこでも、良い悪いと言うと、
逆に、自分の体の状態を無視してしまうことに。

霊感のある人の中で時に、肉も魚も匂いがきつくて
食べられなくなったりする時期もありますが、
よ~~くわかりますが、これまた注意が必要。

肉や魚を食べないと、感覚がますます鋭くなって、
場合によっては、余計に被りやすくなり、
ますます体調を崩してしまうこともあります。

食べ物の好みや習慣は、小さい頃から、基本的には「家庭」で
作られるものですから、逆にいえば、自分の家の食事が基準。
それが当たり前と思い込んでしまいますし、
他人の家の食事風景なんて、滅多に経験しないと、
知らない間に、これまた偏っている・・・
なんてことも少なくありません。

何がどんな体調の時に自分に必要か、避けるべきか。
ひとりひとり違うので、ココは、丁寧に確認して行くしか方法は
ないようです。

ちなみに、私は油が悪いとダメ、にんにくがダメ、
などなど、基本的には好き嫌いが少ない方ですが、
やっぱり避けた方がものが沢山あります。
ものすごく敏感な私は、口の中に入れただけで、
食べてはいけないものが、わかります(あはは)

どちらにしても、食に気を配って、楽になるのも
辛くなるのも自分のことですから、注意したいですね~~~。

CIMG0256
CIMG0256 posted by (C)kumisensei

まん丸なお月様を見ていたら、まん丸な大福が食べたくなってきた・・・。
体がちゃんと欲しているかどうか、確認してから、パクっと
いきたいと思います(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/24(Fri)

【だんな様は霊能力者】 例年どおり いつも通り 

より沢山の人と、「コンセンサス」や共通のイメージを
一瞬にして持てる「気」がする「いつもどおり」「例年どおり」(笑)

時には、とっても便利ですよね。
何かの準備をするときでも、
「いつも通りにお願いね~」
「いつも通りでいいですか?」

ひとつひとつ、同じことを確認する代わりに、この一言で、
ほとんどのことが事足りたりします。

逆に、この「いつも通り」をなるべくスムーズに作り上げられれば、
多くの人と、摩擦少なく、大きな事を進めることができるんでしょう。

でも同時に、この「いつもどおり」のイメージの作り上げ方には、
結構、個人差があって(苦笑)、あれれ~と思うことも少なくありません。

感覚的な人

積み上げ型の人

これが極端な人の間の「いつもどおり」は、それこそ
極端なちがいのある「いつもどおり」(爆笑)

感覚的な人は、意外と、前回の「いつも通り」を
自分の中のイメージで、作り上げてしまうことがあります。
まあ、自分の勝手にバージョンを変えてしまうって感じかな?

積み上げ型の人は、「いつも」=「データ」だったりするので、
「この前は・・・」にこだわります。
記憶力が良いと言ってしまえば、聞こえが良いですが、
記憶が良い分、過去からずれると、「いつも」ではなくなってしまう(笑)

一番大事なのは
「いつもどおり」で仕上げる「場」

なのに、どこかで、自分の「いつも」にこだわると、
お互い気持ち悪くてしょうがない(あはは)


「例年に比べて・・・とか言うけど、昨年のことって、
そこまではっきり覚えてもいないのにね~~~」
と、最近、暑いとか涼しいとか、そんな話をしながら母と話をします。

どこかで「例年」「いつも」の話をしながら、
どこかで結局は自分が作り上げた「いつも」と比べてる。

それでも、これが建設的な感覚・・・って変な表現ですが、
「今、ココをどうすればより良くなるか」って視点を
忘れなければ良いのですが、
この感覚をもとに暮らしていると、ついつい、
文句ったれ小僧になって、「いつもはこうなのに・・・」(苦笑)
ことごとく、いつもどおりじゃない気分になる。

・・・っていう、スパイラルは、どこかで早めに断ち切りましょうね!
というお話。

CIMG0219
CIMG0219 posted by (C)kumisensei

いつも通りの「夕日」も、「いつもどおり」と「こうきたか!」の
組み合わせで、感動するような壮大な風景を作り出しているのですから・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/22(Wed)

【だんな様は霊能力者】 撮影成功!!!!かも? 

道場に行った後の汗がまだ引きません(涙)
他にもゴルフとか、筋トレとか、されている方が、
「空手ででる汗は、特別ですよね~。
こんなにいつまでも汗が出続けるってことないです」
とおっしゃっていましたが、まさに、毛穴全部から、
数時間、汗が出っ放し!という状態。

そして、練習が終わって、気が付くのが、
自覚していなかった「被り」
誰にどう被ったとか、自分で被りを作り出したとか、
まあ、出所は色々でしょうけど、落ちてしまえばそれでよし!
問題は、落ちるまで、自分がどれほど被っていたか、
感覚が鈍っていたかと言う事の方でしょう。

今日の写真、だんな様に見てもらいました。
今だ、こんなに写真を撮りまくっているのに、
時々、あれ?これって龍?という確率が高くなったぐらい。
ただ、写真の中に何かが入り込んでいる確率は多いらしく、
「いや~、君の撮る写真は面白いね~」と、だんな様。

そう、そう、今日はなんと、『孫悟空』みたいな『神猿』が!!

CIMG0159
CIMG0159 posted by (C)kumisensei

今回の写真は、縮小してみた方がわかりやすいので、小さくしてみましたが、
もっと小さい方がわかりやすいです。
http://photozou.jp/photo/top/182205
でサムネールでみるとわかりやすいかもしれません。

そして、この写真には、ヘビが・・・。
CIMG0160
CIMG0160 posted by (C)kumisensei

さらには、龍。
CIMG0165
CIMG0165 posted by (C)kumisensei

一日の写真で、これだけバラエティーに富んだものが写ったのは初めて。

「いろんなところにチャンネルがあってきたんじゃないの?」

と、数日前の写真に、今年の課題「火の鳥」らしきものが!!!

CIMG0140
CIMG0140 posted by (C)kumisensei

撮影成功っっっ~~~~!!!

どの写真も自分で撮っておきながら、気が付きませんでした(涙)
火の鳥の写真にいたっては、火の鳥が写るならこんな姿っていう
自分の固定観念から、見えなかった・・・(涙その2)

今だ、「何かいるみたい」な気がして、シャッターを押すのですが、
どうやら、シャッターを押すタイミングは、龍とは結構、合っている様子。

色んな人が撮った写真にも、それらしきものが写っても、
ただの形だったり、姿だったりすることもあれば、
本物ってこともあるでしょうね。
いまだ、私には見分けがなかなかつきません。

「センスの問題だろうね」

確実に言えるのは、自分が被っている時には、
なかなか、天界のものとは、タイミングが合いにくい。
見えない、感じない、ばかりか、「恐怖」の対象になることも。
何しろ、莫大な純粋エネルギーですものね。

近くに、そんな素敵なものがあるのに、
気が付かないことがないように、できるだけ
被りはスッキリとっておきたいわ~と、思います。

空手、様、様です!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/21(Tue)

【だんな様は霊能力者】 霊とうわさ話 

先日、だんな様のお弟子さんのブログにもあったように、
うわさ話をすると、本人にはなんとな~~くわかるもの。

まして、相手がその気になれば、どこにでも出現できる霊!
となれば、寄ってきて当然。

今日の取材の雑誌も、そんな話がギュッと詰まったような本ですが、
何度も書きますが、その中で出てくる霊能者さんは、
どなたも真剣にお仕事をなさっているな~~と、いつも思います。

どれほどの事を、
どれほどの表現で、
どれほど描くのか。

面白く、おかしく、描けば良いという話ではないので、
それこそ、出来上がった本からは想像できないほど、
ストーリーその他、編集も含めて、とても気を遣われています。

「生きている人間を、良く知るためのいろんな話をしよう」

それが、この取材を受けてきた理由だと、だんな様は言います。

霊だって、「わざわざ出てくる」には、それなりの理由があるはず。
おもしろいとか、怖いとか、気持ち悪いとか、
そんな話で終わってしまうと、それこそ、
「じゃなくて~~~!!!」と、どんな手を使ってでも
訴えたくもなるでしょう。

「霊も人間」

と、だんな様が言う通りで、ならば、人格ならぬ、霊の性格
みたいなものは明らかにあるわけで、嫌なことは、嫌でしょうしね。

ですから、こんな事を扱うときには、
やっぱり生きている人間と付き合うのと一緒で、
ちゃんとした付き合いと言うか、筋というか、
その一線を守る意識が、仕事をしていく中では
とても大事だと常々思います。

色々ある中で、その一線を忘れてしまったケースも少なくないようですが、
それこそ、人間も霊も、色々あっても、
最終的に、みんなが幸せになれればいいな~と思います。

この「あなこわ」の取材も、残すところあと一回で区切りがつきます。
取材で話をしたことの、ホンの一部だけしかマンガになっていませんが
いつもいろんな角度から、もう一度、だんな様の仕事を見直すことができて、
私にとってもとても勉強になりました。

さて、次はどんな展開を迎えるのか!
これからの展開も含めて、クロージングに向けて、
ちゃんと区切りを付けたいと思います!

これは5月11日の空の写真です。
フォト蔵で足跡がひとつもついていない写真を紹介してみよ~~と思ったら、
みなさん、沢山、見てくださっているんですね~。
ありがとうございます!

CIMG9991
CIMG9991 posted by (C)kumisensei

(これは昨日の夕日・・・明日は夕日が見れるかな?)
CIMG0142
CIMG0142 posted by (C)kumisensei
EDIT  |  02:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/20(Mon)

【だんな様は霊能力者】 最後の仕上げ 

「何が大事って、最後まで気を抜かないこと」

仕事というか、やるべきことというか、
人が普通、見える、気が付く部分が普通にできるのは当たり前。

最後の最後、仕上げをどれだけ入念にやるかが、
違いを生み出しているんだな~~と、思った次第。

だんな様はこれをして、「勝負の感覚」と。
まるでそれこそ映画やマンガみたいですが、
最後の最後で、逆て~~ん!というのがほとんどのオチ。
実際に、そんな場面って日常では滅多に出会わないものですが、
でも、例えば何かの試合だったり、試験だったり。
最後の数分、いや数秒が、勝負を分けることって、
あります、あります。

そういえば、私の翻訳の仕事も、確かに翻訳そのものに
掛ける時間は相当なものですが、
それと同じぐらい、字や数字の間違いがないか、
何度も、何度も確かめます。
出版社さんから、校正で入って来るのもこの部分。
ある意味、翻訳と同じ、いやそれ以上の神経を使うかも。

話が飛ぶようですが、これって、先祖供養も同じ。
先祖供養そのものは、とても大事なことですが、
終わったら、「おしまい」にして、扉を閉めないと・・・

「あら、先祖が家にいるままになってますよ~」
なんてことも少なくないのです。

勿論、先祖には違いないのですが、この世とあの世、
やっぱりごっちゃにしたままでは、いくら先祖に力があって
手助けしてくれる状態が続いては・・・ってこともあるし、

そもそも、供養が必要な先祖は、助けを求めていたりしますから、
始終、誰かから、「助けて」と言われていると、
自分の力もそがれてしまうってこともないとも限りません。

ここは、所謂「区別」って意味で、終わったら、
必ず自分で「扉」がちゃんとしまったか確かめてくださいね。

被りを取った後も同じ。
祓った後も同じ。
最後の最後の仕上げが違いを生み出す。

どうしても、力が入っている華やかな場面や
ダイナミックな場面・・・先祖供養で言えば、
お経を詠んでいる時に気を取られてしまいやすいですが、
最後の仕上げは、丁寧に!
ココが違いを生みだすって心に留めておきたいものです!

CIMG0139
CIMG0139 posted by (C)kumisensei

一日の最後の仕上げに、ピカ~~っと光って沈むとは。
なかなかやりますね、今日の夕日!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/19(Sun)

【だんな様は霊能力者】 社会がわかる 

はたまた、マンガです(笑)
でも、よ~~くわかります!
社会がどうやって成り立っているのかってことが。

大人になってからの方が、マンガがわかるとは思いもよりませんでしたけど。

まおゆう魔王勇者

戦争と社会。
利権と契約。
人口問題と食糧。
同盟と国々。

ま~こんな風に、並べると、とっても難しい概念に思えますが、
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
本作品はそもそも、2ちゃんねるニュース速報(VIP)板のスレッド

 魔王『この我のものとなれ、勇者よ』


 勇者『断る!』

を利用した即興小説だそうで(Wikiより)、
登場人物の名前が固有名詞ではなく、
ポジションそのままというのも、
名前を覚えられない私にはぴったり!!!(笑)

あ!仕事は?って?
いや、いや、私の場合、このマンガの英語版とか観ていると、
それも勉強になる(←いい訳、でもホント!)

よくこんな作品を観たり、読んだりしながら、
ストーリーを作り上げる以前に、どれほどの知識が必要だったかな?
ということ。

どんな作品も、生半可な知識では、クリアーで力強いメッセージは
なかなか伝わらないと思うのです。

練りに練ってある作品が出来上がるというより、
いつもいつも、心の中にある「疑問」みたいなものを
持ち続けないと、こんな壮大な物語は描けないだろうな・・・と。

時間があったら、覗いてみてください。
社会構造の勉強が、視覚的にできますよ~~。

テレビやネットでも色々なニュースが流れていて、
まあ、なんとも挑発的な内容が多いですが、
ただ単純に斜めから見るというより・・・
その向こう側に流れている何かを感じ取る視点が
見えたりします。

大事なのは、これをどう日常に生かすこと!
ってのを忘れずに続きを観たいと思います。

CIMG0120
CIMG0120 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/18(Sat)

【だんな様は霊能力者】 先祖供養は自分の供養 

「先祖供養は一生かけてやるもの」

確かにその通りですが、それでも、その途中には、
いろんな区切りがあったりします。

一区切りついて、先祖のためにホッとして。
そして、これからはしっかり自分の中に残っているものを
供養・・・というか、昇華する段階が始まります。

経験上で言うと、先祖から伝わったものがそのまま自分の中に残っていると、
いやもう、抵抗し難いほどの気持というか、状態というか。
はっきり言って、自分の力で供養してくださいというのは無理だ~~
と感じます。
何しろ、供養しようとする気持ちさえ、邪魔されてる~~~とか、
気力がなくなる~~とか、やりたくない~~とか。
目線を変えれば、だから、「先祖から伝わっている消化されてない
何かが残っている証拠」でもあるんですけどね。

さて、一区切りついた今、その伝わったものがすっかりなくなったか・・・
といえば、まだまだ、しっかりありますよ(笑)

だんな様に言わせると、
何か話をしている途中で、プツンと話が切れる・・・
無意識ですが、他の事を考えてしまいます(あはは)

今もこの癖、しっかり残ってますが、
「あ、また、話が止まった~~」と、自分で自覚できるようになるまでの
時間がかなり短縮された?はず?

「自分」ー「先祖の因縁」=「0ゼロ」

とはならないし、

「自分」-「先祖の因縁」=「理想的な自分」

ともならないのですが(残念!)

どうにもこうにもやりようのない気持ちとか行動とか、
「自分自身の気持から出ていないこと」が
よりクリアーに判断できるようになると言う事だけは、
はっきりわかります。

どんなに嫌だと思っている部分があっても、
それも自分を作り上げている一部だったりするんだな~
というも実感できる。

でも、このある程度「冷静な判断」は、
それこそ「ある区切り」まで行かないと、
供養したら、どうなるんですか?
という心の状態では、全くといってよいほどわからないもの・・・
だったりします。

けれども・・・心から、「ああ、ずっとつながっているんだな~」と
違う視点で「因縁」みたいなものが、
自然に、自然に、ありがたいな~と思えると、ふっとその
当たり前な事実に、感謝できる・・・

そんな瞬間が訪れるまで・・・
そして、そこがまたスタートでもあるんですね。

当たり前を当たり前に繰り返すって、当たり前じゃないんですよね。

CIMG0104
CIMG0104 posted by (C)kumisensei

CIMG0104
CIMG0104 posted by (C)kumisensei
EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/17(Fri)

【だんな様は霊能力者】 筋肉と脂肪 

この時期、っていうかいつもだったら、もう少し早くかな?
衣替えの季節を迎えます。
多分、学校では、今は「合服」
そして、6月ぐらいに、気温を考慮しながら夏服へ。

いつまでも肌寒い日が多い今年、私の衣替えも、行ったり来たり(笑)
それでも、一年ぶりぐらいにそでを通すと、
やっぱり、どの服も、肩のあたりや、太もものあたりでひっかかる・・・
(つまりは、筋肉ついてる・・・)ってのが気になる私です(涙)

スコットランドでは、基本、「衣替え」は存在しません。
夏でも、「カシミア」専門店や「タータンチェックのキルト」のお店が
やっていけるのも、当然。
「今年は、半そで、半ズボンがはける日が何日あるかしら?」
というのが、このころの、天気に関するご挨拶。

なので、「どんな服装を持って行ったらいいかしら?」と、
旅行するのに聞かれたら、夏物から冬物まで変幻自在な服装、
と、お答えしたいと思います(笑)

さて、私の筋肉の話をこの前から、書いていますが、
私が翻訳にとりかかったまま、
今はまだ出版されていない、生理学系の本によると、

筋肉 男性 熱 力 タンパク質 体を支える
脂肪 女性 水 冷え 成長 

あらら、著者の名誉のために付け加えておくと、もっと正確に、詳細に書いて
あります!!!!
問題は、この二つの要素を持つものが、男性女性に関わらず、人間の体の中で、
成長か保持(防御)か、時と場合によって相補的に働いているってことらしく、

つまりは、筋肉をつけながら、脂肪をつける
というのはなかなか不可能に近いらしいです。

ここで思い出したのが、「不妊」のご相談が多かった時のこと。

長年、バレーなど、筋肉を鍛える運動をされてこられた方が、
不妊に悩まれていることが意外でした。
とても、優雅な、女性的な体の動き・・・を支えているのは、
男性的な筋肉や骨格。
体が男性化してしまっていて、「妊娠しよう」という体の状態に
するのに時間がかかってしまう話が多かったです。

男性的、女性的、どちらがどっちという事ではなく、
それが「相補的」に働いている限り、鍛えすぎた体では・・・
ってことのようです。

また、逆に脂肪が増えて、つまりは太りすぎていると、
今度は脂肪に血を取られてしまって、内臓が冷えやすい。
これって、女性の方でもお悩みの人が多い、
あるいは、あまり気が付いていない、内臓の冷え。

思っているより、この内臓の冷えは、不妊はもとより
やがていろんな体の不調を生み出すことが少なくないようです。

つまりは、バランス。
両方あって、体も、社会も成り立っているってことなんですね~。
(これが、先に紹介した翻訳本の主旨です!)
で、これを司っているのは、あの!ホルモンなのですが、

「とてもわずかな量で大きな効き目があるんだ」

と、だんな様が言うように、このバランスを取るのは難しい。
ホルモン療法は、効果も絶大な代わりに、その副作用も。

辛い症状に悩まされている方、ダイレクトにホルモン療法に
頼るだけでなく、気療などで調整してみるってのも
ひとつの手法のようですよ~~。

CIMG0089
CIMG0089 posted by (C)kumisensei

空も、暖かい空気と、冷たい空気が、がっちりぶつかると、
今日のような雷を伴う激しい雨になるんですものね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/15(Wed)

【だんな様は霊能力者】 デザインできるもの 

順調に育っているものがあります。
毎週、ちゃんと道場に通っているおかげで、
まずは、たくましくなった肩幅(笑)

世の中、今はちょうどドルマンスリーブやラグランスリーブが
流行っていますし、ストレッチ素材のものも沢山あるので、
いや~助かってます(笑)

で、笑えないのが、ズボンやスラックス。

「じゃあ、スカートはけば~~」
とだんな様はあんまり気にしてない様子ですが、
単に太ったとか(それもある?笑)そんなことより、
太ももが・・・なぜ・・・

思い当たったのが、道場の練習の終わりのスクワット。
何しろ、あの黒帯、茶帯の先輩をして、
「先週のスクワット、あの後、3日間辛かった~~」と
言わしめるほどのもの(苦笑)

当然ですが、私の太もも、順調に育っています(涙)
このままでは、スラックス、買い替え?
いや、それより、もう少し細くしたい、細くしたい。
と、念仏のように唱えていた私。
細くしたいけど、足の力はなくしたくないわけで。

「昔、聞いたことがあるんだよ。
バレーりーナって、足が細いけど、すごいジャンプしたりできるだろ?
どうしてだろうって」

「で?」

「足に付く、筋肉をデザインするんだってさ」

そう、そう、これって、数年前に妹の子供がダンスをやっていて
同じ質問したんだっけ?と思い出した!!(苦笑)

筋肉がデザインできる!
こんな風に足の形がなりますようにと思って練習するのだそう。

え?そんな事できるの?って・・・・思いますよね。

でも、実際、バレーりーナの人で、競輪選手の太もものような人は・・・
いないわけで。

ん、デザインできるはず!
何でもそうですが、疑問に思ったら、その道のプロに聞くというのは、
大事なんですね~~~。
しかし、バレーりーナに質問するとは!
確かに!!!です(笑)

先週から、道場の練習の締めのスクワットは、
私的な理由で(笑)別メニューにしてもらってます。

筋肉のデザイン、がんばろ~~~!!!
足だけじゃなくて・・・腕もね・・・・

CIMG0060
CIMG0060 posted by (C)kumisensei

もし、毎日、明日の夕日の空をデザインしなさいと言われたら、
これまた大変。
神様(って誰がデザインしているか知りませんが、担当の方)
ご苦労さまです・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/14(Tue)

【だんな様は霊能力者】 事実と感情 

「いくら振り返っても過去は変わらない」
わかっていても、なかなか忘れられないことがあったりします。

「そんなつまらないこと、忘れたら?」
人のことなら、簡単に言えますが、
いざ、自分のこととなると、
悲しい思いをする、悔しいと思い続ける『権利』が自分にはある、
だって、あなたは、この経験してないでしょ?

みたいに思っちゃうもの(苦笑)

当然です。
わたし と あなた は違う人。
全く同じ経験をするって不可能に近い。

過去のトラウマを思い出すって、この意味で危険もあったり。
ちゃんと乗り越えたつもりで、乗り越えてなかった!!!
と、何より、自分が驚いたりすることも。

最近、この「乗り越える」って、「忘れる」とか
「思い出さない」とか、「本当につまらないことに思える」とか。
そんなことじゃないかも?と思い始めました。

「こんなことがあった」という事実。
そこに、たとえ感情が乗ったとしても、そこから感情的な部分を
切り離せる力、切り離すまでの時間、切り離すまでの姿勢。
それが、どんどん、スッキリしてくるのかな?と。

それこそせっかく経験した、貴重な体験ですもの。

事実は変えられなくても
そこに対する感情は、いつか変えられる。

けれども自分の感情を分析しても、
感情は変わらないものだったりしますから、
もう一度、出直し、出直し。

こんな時、本当に力をつけたければ、自分の事じゃなくて、
誰かの役に立つとか、ちゃんと責任を持って目標に突き進むとか。
つまりは、目の前の「自分の感情」など、
あれこれ思っている場合じゃない!って場合。

気が付くと、乗り越えられるだけの視野が広がっているかも。
乗り越えたかな?と、自分の感情だけに集中していると、
いつもどこかで、自分をちょっとだけ甘く採点したくなる。

時には落ち込むこともあってよしだと、個人的には思いますが、
「私ってかわいそう」と思っているあなたは、
やがて、思い続けることで、
本当にかわいそうな人になってしまわないように!

気を付けたいものですね~~~。

CIMG0039
CIMG0039 posted by (C)kumisensei

ああ、今日も夕日が沈んで、さみしい風景・・・
でも大丈夫!明日また日は昇ります!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/13(Mon)

【だんな様は霊能力者】 集中力とスケール感 

ここでお教えしている自分を守るガードを作るには、
「集中力」と「スケール感」
という、一見、両立しそうにないものを、両立させましょ~~というもの。

そもそも、小さい頃から、
「集中力が足りません」
な~~んて、表現、先生から言われ、先生として言っていた(笑)
私からすると、集中力に弊害があるとは!
目からうろこの発見でした(おおげさ・笑)

でも、護身法をお教えして、自分にガードを貼るには、
集中して、自分の世界を狭くして守っても、現実的じゃない。
何か外からの刺激があっても、気が付かないか、
あわてて排除しようとするか。
所謂、「守ることに必死」の状態になってしまいます(苦笑)

そもそも(その2)、自分にガードを貼って、
自分を必死で守るだけなら、究極、人と接しなければ良い
って話になるわけで。

どこに居ても、自分らしくいる

という当初の目的から、大きく外れてしまってます(涙)

具体的にどうするか・・・ってのは、さておき。

真面目な方は、一生懸命、頑張りすぎる故、
ガードを貼る世界が、せま~~~くなる。
あれれ?と思って、頑張るから、ますます狭くなる。
え?頑張っているのに、どうして?と思って、
恐怖心が出てきて、はたまた狭くなる。
ってのを繰り返してしまうことも少なくありません。

大きく、大きく。

形や言葉にとらわれていると、ついつい、小さくなってしまう
「私」エリア。

これって、他のことでも一緒みたいですね。

空手の練習中、ミットを叩いたり、蹴ったり。
ついつい力が入ってしまいます。
で、そのミットうちの間に、腕立て伏せ。
これで私の肩幅は、見事に育っていますが(笑)
もう、力が入らない~~~って状態にするのだそうです。
すると、ミットから伝わってくる力が!!!!!
な、な、なんと、疲れて動かなくなっている突きの方が、
強い~~~~、痛い~~~~~。
と、だんな様の突きをミットで受ける度に、驚きます。

力を入れようとすると、思ったのとは逆の結果になる。

むむ?
原因と結果の法則は、自分の意識でコントロールしようと
しているのと、違うことが起っているのでは?

で、もし、これが日常生活全般に起っていたとしたら???

大変、大変!!!
と、力を入れて、大騒ぎしないように・・・
というお話・・・です・・・。

でも、どこかでは、力が出てるはずなのよね・・・。
思っているのとは違うってだけのことなのよね・・・。

私の観察は続いています・・・。

雲や太陽の織りなす空の不思議の観察も、続いています。

CIMG0001
CIMG0001 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/12(Sun)

【だんな様は霊能力者】 家 

家といえば、帰りたい場所・・・であってほしいものですが、
まあ、そうとも限らないわけで(苦笑)

特にずっと家にばかりいる、というか、家しか今のところ
居場所がない子供にとっては、居心地の良い事ばかりとはいかないもの。

まあ、一度や二度、親に怒られて、家出した・・・
なんて経験のある方も多いことでしょう。

今日はロンドンに住む妹から、
「空手に行きたくないらしくて、家出したみたい」
と、あわてて電話がありました。

嫌なことから逃れたい・・・と思う一方で、
家から離れられないだろうなと思う彼を思うと、
きっと、近くでうろうろだろうと、
案の定、すぐに帰ってきて一安心(苦笑)

子供にとっては家は世界のすべてだったりするので、
居心地が悪いと、逃げ出したくなり、
いざ逃げ出してみると、どこに行ったらよいかわからない・・・。
そんな感じなのでしょうね。

同時に、嫌なことから逃げ出しても何も解決しない・・・
と教える場所が「家」だったりします。

逆に、家から離れて生活していると、何かある度、
家に帰りたい気持ちになったりするものだったりしますよね。

けれども、頭や心の中で描く「家」は、実際にはどこにも
存在していないことも。

あれれ?これも、同じ。
何かから逃げるために「家」をどこか他のところに
作り出しているのかもしれません。

勿論、基本的には、家って居心地の良い場所にしておきたいものですが、
自分の都合だけで、帰りたい、家出したい、
そんな気持ちのままだと、いつも、自分の居場所を探して、
どこにも属していないような、迷子の心のまま過ごしてしまうことにも。

「今、ここが家なんだよ」

話が大きくなりますが、魂にとっても、それから、先祖を辿るときの子孫としても。
この基準を忘れて、家に帰りたいとばかり思っていると、
逆に、迷子になってしまうな~~~と思う今日この頃。

冒険は、帰る家があるから、冒険なのかもしれません。
そういえば、「ホビットの思いがけない冒険」もそんなお話。

自分の「家」を奪われたドワーフたちが、再び家を取り戻そうと立ち上がる旅。
そして、その中で、重要な役割を果たすビルボ・バギンズは、
何より自分の「家」や「故郷」の居心地の良さを知っている。
・・・だから・・・
と、後は映画をご自分で観てください!(笑)

甥っ子の今となってはかわいい冒険という事件で、
「家」ってどんな意味を持つんだろう?と、考え始めたのでした・・・。

CIMG9997
CIMG9997 posted by (C)kumisensei

我が家からは、夕日は見れても、朝日は直接見れませんが、
朝焼けのおかげで、太陽が昇った光が見れます。
朝の空気って、本当に澄み渡っていました・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  03:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/11(Sat)

【だんな様は霊能力者】 私の先祖供養 

先祖供養をする場合、まず第一に自分の姓のお家の供養をします。
男性の場合は、姓が変わることは少ないと思いますが、
女性の場合は、ふつう結婚したら、姓が変わる。

この辺りで、混乱してしまいそうですが、
やっぱり、自分を主にして、供養をしていくものですから、
まずは、今現在の姓から供養を始めるのが普通です。

けれども、自分の実家の先祖供養をしないで良いという意味ではなく、
一区切りついたら、ちゃんと、自分の実家の供養もしたいもの。

もうかなり前のことになりますから、きれいには覚えていませんが、
結婚した頃には、だんな様が基本的に自分の家の供養は当然ですが進んでいたわけで。

そうなると、私の家の供養をちゃんとやらないと・・・(汗)

勿論、先祖に対する思いもありますが、私の中に残っている先祖のトラウマみたいなもの。
色々と、影響があったりするんですよね~。
それに、気になっていた先祖も少なくなかったし。
というわけで、数年間は自分でもやりましたが、
だんな様の力をかりて、徹底的に供養しました。

その間には、私をおぶっていて転んだのが原因でなくなった祖母が、
「そうじゃなかった」と伝えに来てくれたり、
突然、亡くなってしまった叔父が、気を失ったまま、
自分が死んでしまったこと、戦争がおわったことに、
気が付いていなかったとか、色々ありましたが、
私だけでなく、父や母を願主にして供養すること数年。
(願主にすることで、父や母の中の因縁も少しでも解消できたらという思いでした)
やっと少しは落ち着いた・・・
と、思っても、時々、やっぱりそこから外れてしまっている先祖がいたりします。

「先祖供養は、一生かけてやるもの」
と、だんな様が言う通り、自分と肉体的に関係のある人となると、
それこそ無限とも思える人数になったりします。

特に自分にとって近しい先祖の抱えたトラウマというか因縁と言うか、
自分の体験からしても、自分だけで供養するのは、とても大変だと思います。

時にねじれた心は、供養さえ拒否することがあったり。
素直に供養を受け入れられない先祖もいたり。

先日も、自分が先祖に受け入れらないと思い込んでいる先祖が、
出てきて・・・ということもありました。

先祖供養の道のりは長いです。
それに供養して、ふっと溶けるように、自分も先祖も楽になった・・・
と感じても、日常が劇的に変わることは、最初の頃だけだったりします。
劇的な変化が毎回起るほどの「何か」だらけでも困りますから(苦笑)

「供養には、自分自身が威厳を持って」と、だんな様が言う意味の一部も、
ここにあって、それまで積み重なった先祖のトラウマに振り回されず、
自分がじぶんらしく、すっきり、生きて行くのも、先祖供養だと、
思っています。

数年前、千座行といって、千日毎日お経を詠んで供養を始めた方が
数人いらっしゃいます。
あれから、今年、千日を迎えられる方もいらっしゃいますが、
満行(千日)を待たずして、本人がどんどん変化しているのは、
はた目からみていても、よくわかります。
最後まで気を抜かずに、満行されますように。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/10(Fri)

【だんな様は霊能力者】 思いやりと縛り 

「名前は呪である」

あ~、そういえば、Mさんから借りっぱなしの「陰陽師」
(その内、ちゃんとお返しします~~~!!!!
2セットあるからというお言葉に甘えてま~~す)

で、人間は、モノやヒトに名を付けながら、生きている訳で。

え・・・じゃあ、いろんなものに「呪」をかけながら生きてるってこと?

ん~、ある意味、その通りだと思ったりするのです。

何かものを自分の手にしてどう使うかってのも、
誰かに対して、その人がどんな人だと捉えて、
付き合っていくのも、「呪」というか、「縛」というか・・・。

問題は、それが、
ある時は、自分にとって心地よく、
ある時は、自分にとって心地悪い。

いや、ここまでもさほど問題にはならず(笑)
一番の問題は、ある「縛」が、誰かにとっては心地よいのに、
誰かにとっては、苦しい、とか、心地悪い時。

よく、人間関係とか心理的な距離とか言いますが、
それと同じで、自分の思いだけで、相手を縛る。
自分にとっては、「思いやり」
相手にとっては・・・?

時に、「縛られる」のは、安心感とか、信頼感とか、
心地よい人間関係の中で生まれる気持ちですが、

時に、それは、とても息苦しいものだったりします。

その上、そのどっちかになるかは、
「自分と相手の都合」(爆笑)

つまりは、「距離感」ですから、相手も自分もコロコロ変わるなかで、
この距離を測るのは、とても難しいことですよね。

まずは、自分の心も、コロコロ変わることを意識できれば・・・。
これ、自分でも結構おもしろいです~~~~~。
ある時はありがたいと思うことが、
ある時は、そうとばかりはとらえられない自分・・・
ってやつです。
これ、意識すると、自分のココロのコロコロ具合(あはは)
おもしろいな~って思えます。

で、もうひとつは、相手のココロをちゃんとみておくこと。

自分の心のコロコロ具合に、付き合わされては、
相手もたまったものじゃないよな~って・・・。

「いや、いや、君はおもいしろいよ・・・(爆笑)」
と、いつも、だんな様はそれこそ、コロコロとは笑いませんが、
アハハと笑ってくれております(ありがたや~~~)

人間関係
心理的距離感

自分と相手、両方がしっかり見えていないと・・・。
ですよね!

太陽も、地球からちょうどいい距離にいるから、恩恵にあずかれる・・・
ああ、それ以上、近づかないでくださ~~い、溶けます、燃えちゃいます~(笑)
ああ、それ以上、離れないでくださ~~い、凍えちゃいます~~~(笑)
ってところでしょうね。

CIMG9969
CIMG9969 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/08(Wed)

【だんな様は霊能力者】 龍が通る・・・ 

昨晩からの強い風に家が揺れるのを感じるほど。

「あ、龍がとおってる・・・」
と、だんな様。

その龍の行進は、今日一日止まりませんでした!!!!
東京は龍の直接のとおり道から若干離れているらしく、
空の向こう側に、まるで、龍でできた絨毯のような雲が・・・。

CIMG9940
CIMG9940 posted by (C)kumisensei

みんな方向からして、西の方に向かっているみたいに見えます。
(ちなみにこの写真は、我が家から南を撮ったもの。
夕日で赤く染まっている雲の右側が西になります)

どうして、こんなに沢山の龍が通っているのでしょうね?
みんな遷宮のあった、出雲や伊勢に向かってるのかしら?
とか、龍の配置換え?とか、様々な憶測が飛び交ってます(笑)

そういえば、昨年2012年5月の空の写真がこれ。
CIMG4223
CIMG4223 posted by (C)kumisensei
CIMG4227
CIMG4227 posted by (C)kumisensei

やっぱり龍だらけでした。

そして、その2012年が辰年が終わって、巳年が始まるときにも、


今年の終わり、辰年から巳年に変わる2012年12月31日の写真も

CIMG7330
CIMG7330 posted by (C)kumisensei

この通り!

「上の世界と同じように、下の世界はできあがっている」
という、良くスピリチュアル系の本で、翻訳する言葉どおりだとすると、
確実に、「上の世界」も騒がしい。
って、ことは、下の世界も変化が激しいってことなのでしょう。

だからと言って、何が起るかどんなに騒いでも、
たとえどこかに逃げられたとしても、
ホンのわずかな時間稼ぎ。
(このわずかな時間稼ぎが大事な場合もありますが、
生き残った人には、それだけのものがプレッシャーになるかも)


自分だけ生き残っても、世界は意味がありませんし。

私が今年、空の写真を撮り続けているのも、
ただの偶然ではない気がしてきました===。

まあ、じっくり観察し続けることにしましょう。
何が起るか、起らないか、
何が起っても、そこから考えるぐらいしか、できませんものね!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/07(Tue)

【だんな様は霊能力者】 神が降りた瞬間 

神が降りた瞬間・・・なんて番組、今日、やっていたんですね。
私は見損なってしまったのですが。

神が降りる
天罰が下る
ばちがあたる
神仏が見守る
神様がいたと思った

など、など、奇跡的と思えるような場面。
そういう表現を使ったりしますが、
神仏が関係したかどうかは別にして、
神や仏には側にいてほしい・・・という人の心が生み出した表現。

「残念ながら、本当に神や仏が関わっているってのは、ほとんどない」
と、だんな様。

まあ、確かに、誰か気に障った人に対して、仕返しをしてくれたかのように
感じる出来事みたいなことに、わざわざ、神や仏が関わるはずもありません。

それはまるで、幼稚園生の喧嘩に、大人が出て行くようなもの(苦笑)

「あなた、うちの子いじめたでしょ!」
みたいな感情を持った存在が、神や仏であったなら、
神や仏でいることが、地獄かも~~~!
と、想像してみます。

「バチが当たるっていうのもね、太鼓を叩いていて、
バチが頭にゴツンとあって、あら~仏様から罰を当てられた~と思うって
ところからきてるんだけど・・・
そもそも、自分の手にあるバチがどうして自分の頭にあたるんだい?
自分でうっかり、ってことだろう?(笑)」

こうなると、バチが当たるって、自分で集中していませんでした!
とか、バチの使い方がまだなってない!とか、自白しているようなもの(あはは)

先日翻訳した「ザ・コンパス」にも、
神は罰を与えない。
罰を与えるような神は、人間が勝手に作り出した神である。
と、書かれていたな~と思い出します。

さて、それじゃあ、本物の神や仏って、一体、人間とどんな関わり方をしているのかしら?
・・・ってのが気になるところ(笑)

そこは、じっくり探っていくことにしましょう。
少なくとも、「あなた、こんな事やったから、これ罰」
みたいな存在じゃないよな~ってのだけが、今日の私の結論!

CIMG9921
CIMG9921 posted by (C)kumisensei

多分・・・私が犯した小さな過ちより、ちゃんと太陽が沈むかな?
みたいなスケール感の方が、神様には気になるところだったりしそう・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/06(Mon)

【だんな様は霊能力者】 ストーンヘンジ 

先日から手掛けている翻訳にも、まるで今度行く旅の予習をせよ!
とばかりに、ストーンヘンジやら、グラストーンベリーなどなど。

そうか・・・グラストンベリーはロンドンからちょっと遠くて無理だけど、
ストーンヘンジなら・・・と早速調べてみることに。

実は、ストーンヘンジはこれまでも何度も訪れたことがあります。
それに、ストーンサークルは、そこだけでもなく、
イングランドを始め、スコットランドにも。
遠くから眺めると、気持ちよさそうな牧草地帯も、実際に近づくと、
なかなかごつごつしていて、ヒツジものんびり歩いてそうで、
こんなところをうろうろしているのね~なんて思いながら、
他のストーンサークルを歩いた思い出があります。

ストーンヘンジは、初めていった頃には、今のようにお店もなく、
もっと近くまで近寄れた記憶があります。
それから、観光客が落書きをしたとかで、周りにチェーンが貼られ、
この前に行ったときには、完全に中には入れなくなっていました。
最近は、このサークルの中に入れると言うプライベートのツアーも
できているようですし、ロンドンからのツアーの数も大きく増えました。

妹の長男が、このストーンヘンジの近くの学校に通っていた
(って、実際は通うのは無理なので寄宿舎でしたが)こともあって、
「また、ストーンヘンジをとおって迎えに行ったわ~。
何度、通っても、不思議な場所」
と、妹が言うように、突然、平らに開けた場所にドンとその姿が現れます。

ココには十年ほど前、だんな様とも言ったことがあって、
あまりのエネルギーの強さに、二人くらくら。
亡くなった父が一番元気に、観光してました(笑)

「エネルギーが回転しながら上に立ち上っているよ」
というだんな様の言葉ぐらいしか覚えていませんが、
日本に戻ってきてから、その時の写真を整理すると、
石に作った当時の人たちの顔がしっかり写ってました。

太陽の動きを示した場所ですが、当時の人たちが祈りを捧げたのは夜?
たいまつを手にした人たちが沢山集まってくる姿が見えた感じがしました。
いや、ひょっとしたら、祈りの内容によって、
それこそ祈りの時間が違ったのかもしれません。

・・・って、ここまで思い出すと、もう何度も行ったことがある場所とはいえ、
ん~、これだけツアーも増えていることだし、
行ったことがない人もいるし・・・。

などなど、考え中。

夕日の写真マニアとしては、ストーンヘンジでの夕日を・・・
なんて考えたいところですが、かなり遅い時間まで日が沈まないはずですから
多分、無理でしょう。
とはいえ、日の出や日の入りに合わせたツアーってのもできたようですね。

私がエジンバラに留学した時から、ちょうど12年。
なんだか、不思議な年のめぐりあわせです。

ロンドンもストーンヘンジへのツアーも色々変化があるようが、
でも多分・・・エジンバラはあんまり変わってない気がする。
そういう場所なんです、エジンバラって。

実際、どう変わったか、変わってないか、この目で確かめてくることにしましょう!

CIMG9891
CIMG9891 posted by (C)kumisensei

雲の多いイギリスのこと。
「ストーンヘンジには雲が似合う」と言ったガイドさんの言葉が
耳に残っていますが、むしろ、空が広すぎて、太陽だけだと、
手持無沙汰・・・そんな感じの場所です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/05(Sun)

【だんな様は霊能力者】 動物の声を聞く 

私も大好きです!
イヌやネコなどの動物。
勿論、苦手なものもありますが。

自分が飼っている動物と、ちゃんと話をしていますか?

ネコは特に敏感で、ちょっと普段と違ったことがあると
大騒ぎしたりすることがあるそうですね。
私は猫を飼ったことは、ホンのちょっとしかありませんが、
(2・3日でいなくなった・・・)
霊能力者など、自分が敏感な人って、ネコを飼っていることも
少なくないようですね。

けれども、自分の身近な人や動物って、ついつい、
その話を聞いている様で、聞いてない(爆)
「はい、はい、わかりましたよ~」とか、返事しながら。
「全然、きいてな~~い!」とか思われていたりして(笑)

ネコを飼っているだんな様の弟子が、
すごく被っていて、本人には、それほどの自覚なし(苦笑)
ここで、被りを抜いてもらって、
「ああ、そういえば、うちの猫が大騒ぎしてた・・・」
なんて思い出すってのは、よくある話。

鳴くのは、おなかが空いているから。
なんていう、解釈も、よくよく話を聞いてあげてくださいませ。

だんな様は、赤ちゃんの泣き声もそうですが、
動物の鳴き声にも、いつも反応しています(あはは)

ちゃんと冷静に、話を聞こうと思って、こちらが心を開いていれば、
何を訴えているのか、聞こえるはず・・・だそうです。

怪我をしたり、病気になったりしているネコが心配・・・。
保護して、病院に連れて行ってあげたいんだけれども、
というメールをいただきました。

お気持ちはとても良くわかります。
けれども、そのネコも「自分が行きたい」と思って、姿を消したのかも知れず・・・。
こちら側の気持だけでなかなか判断はつかないものですものね。

イヌやネコにも、本人の意思がある。
それこそ「ネコかわいがり」するのではなく、
ちゃんと、気持ちを通わせれるようになりたいな~と思っています。

勿論、人間関係と同じように、心理的距離も大事かな?と・・・。

CIMG9831
CIMG9831 posted by (C)kumisensei

ちなみに私のカメラは、こういうボーっとした風景の距離が苦手らしく、
ピントを合わせるのが難しいです・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/04(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ホビットの思いがけない冒険 

連休中を利用して、見たのがコレ。
「ホビットの思いがけない冒険」

ホビット 思いがけない冒険 (1枚組)(初回限定生産) [DVD]ホビット 思いがけない冒険 (1枚組)(初回限定生産) [DVD]
(2013/04/17)
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る


『指輪物語』の前日譚と言われるこの映画を観ると、
はは~、ココから始まったのね・・・と納得。

この映画には、ホビットを始め、魔法使いやエルフなど、
所謂、人間とは違った能力や特徴を持った生き物が沢山出てきます。

物語は壮大で、映画の中の景色もスケールが大きく、
何百年も生きる龍も登場したりと、時代感もドーン!
といった感じです。

こんな映画を観ると、魔法を使えたらいいな~と思ったことがあったにしても、
魔法使いによって、ちゃんと得技があって、所謂、何でもできるという
万能の魔法使いは、基本、いない・・・。
つまりは、自分が出来ると知っていることしか、魔法は使えないのね~
なんて思ってしまいます。

先日、ふと、仏様の絵を見ながら、いろんな道具を持った姿・・・。
ん?これって、どう使うんだろう?と考えた(笑)

魔法も同じで、魔法の杖を持っていても、
想像力がないと、何も創造できない・・・ってことに(あはは)

その場、その場で、自分の持っている能力(=魔法)を、
臨機応変に使えなければ、その能力はないのと同じになってしまいますものね。

「えい!って力任せにやるんじゃなくって、
想像力で、ある程度、具体的なイメージがないと、法は効かないよ」
と、だんな様が弟子に言います。

つまりは、う~~んって、祈ったり、願ったり。
頭の中でやるだけでは不十分ってことなのでしょう。

そのあらわれのひとつが「法具」なのかな~~?
なんて、それこそ、想像してみます。

いくら、「幸せになりますように」と思っても、
何が自分を幸せにしてくれるのか、わかってなければ、
祈りも、願いも、的外れ(苦笑)

幸せという感情は、自分の心の中にしかなく、
でも、その感情を引き出してくれるものは、
人だったり、モノだったり、出来事だったり。

ん~~、ココまで来ると、なんとまあ複雑なこと(苦笑)

ここはひとつ、どんな道具の使い方があるのか、復習することにしましょう!

ファンタジーの世界は、ただのファンタジーではない。

と、言われるのは、その中に、とても現実的なヒントが
沢山含まれていたりするからです。

でもって、それを活かすには、現実的な手法を使って、
非現実的な事ウルトラCを成し遂げるという(笑)

え~私には無理~~~とか思わないでくださいね。
道具を使う一番のコツは、必ず「できる」「できた」と
自分が100%信じること・・・だそうですから。

今日も私は、数年前に買った、普通のデジカメを使いまくって
空の写真を撮りながら、確かに元は取っている!と確信したのでした・・・。

CIMG9806
CIMG9806 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/03(Fri)

【だんな様は霊能力者】 箱入り子孫 

「色々な悩みや苦しみがあっても、全部それは、
自分の宿題で、自分で片づけるしかない!」

ここ数日、シンクロして、いろんな方からその言葉を聞きました。

でもって、「終わるまでは・・・卒業できなくなっているのね・・・」
というのも、冷静にその状態がわかっている人のケースでは
まったくもって、その「景色」がクリアーに見えます。

さて、もうひとつシンクロしているのが、ズバリ!ご先祖さまとの関係。

ご先祖がいるから、自分がいる

これは、とってもありがたいことですが、
だからといって、先祖のいうとおりに生きる必要はない!
ということも、結構、大事です。

ご先祖様がこう言ってます・・・

う・・・ん。
確かに、そんな言葉を聞いてしまうと気にならないといえば嘘。
というか、できる事(たとえば、供養するとか)なら、
できるだけのことをする気持ちは大事かとは思います。

孫はまだか・・・

な~~んて、メッセージ。
たま~~に、そんなメッセージが(というか、先祖からのメッセージは、
この手が少なくないはず)伝わってきたとして、
あらら、ご本人は、孫はおろか、結婚さえまだだとなると、
「結婚しなければ!」と意気込む!

まあ、気持ちはわかりますが、結婚は誰のためにするのか?
ってのがすっかり忘れられ。時には、結婚相手をしっかり見極めるのも忘れ、
突っ走ってしまう・・・
とか、あせるが故に、なかなか見つからない・・・

「結婚は、したいと思ったときが、適齢期」
と、だんな様は繰り返しますが、
あくまでも、自分の都合でそうしたと思わないと、
結婚はしたけど・・・なんてこと、少なくありませんものね!

さて、話が結婚話に逸れてしまいましたが、
こんな話も含めて、ご先祖からのメッセージは、
基本的に「親のいう事」と変わらない・・・
と、だんな様。

つまりは、親のいう事だけ聞いて、それを守って、その通りに、
あるいは、それだけやっていたら、
ちゃんと自分の人生が歩めているかな?
ってことが残ってしまうことも。

誰かの指示どおりをこなすという「宿題」だけでは、

「自分の宿題」は終わらないのかも?

箱入り子孫は・・・思った結果にならないことも。
・・・って、これは、世のご先祖さまたちにも、
お伝えしておこうと思います。
(← どうやって伝えるか・・・が問題ですが、
とりあえず、西方浄土に向かて叫んでおきます・笑)

CIMG9782
CIMG9782 posted by (C)kumisensei



「先祖は本当に必要な時以外、助けないもの」

逆に、いつもいつも、助けてもらおうとしたり、
いつもいつも、助けてくれるという関係は、
一時期は良くても、その後が・・・ってこともありますものね。
こう考えると、ご先祖さまとの関係も、
生きている間の、親子関係と何ら変わりはありませんね~。

CIMG9786
CIMG9786 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.05/01(Wed)

【だんな様は霊能力者】 迷惑 

もう一度、書いておかねば・・・と思ったのです。

ココでの月例会で、また、
「私、思いを飛ばして、迷惑かけていませんか?」
と、お聞きになる方がいらっしゃいましたが、
いえ、いえ、かけてませんよ~、本当に。

ちゃんと、こうして、こちらに足を運ばれる方は、
思いと、行動が一致している訳で。
それに頼りたい時には、頼ればよいわけで、
とってもシンプルなことです。

それから、ちゃんとした都合でいらっしゃれないこともあるでしょう。
この前など、北海道からいらした方は、
やっぱり月例会に参加したいのに、仕事の都合で来られないから、
と、体は来れないけど、この空間を予約しておきます!と、言われました。

たとえ、矛盾した状態でも、やっぱり悩みがあって、
でもそれを解決したくて、ここにいらしゃるのですから、
それで良いと思うのです。

でも時々、「そんなに思うんだったら、直接、来たらいいのに・・・」
とだんな様がつぶやく場合もあります、あります(笑)

こちらに届く思いは、どんどん倍増してしまうこともあり、
直接、お会いすると、ホンの数分で、ご本人が楽になることがあるからです。

確かに、悩んで、悩み続けて、強くなる部分もありますが、
果たして、自分にとってふさわしい悩みかどうかってこと、
冷静に考えてみるってのも必要です。

時に、あまりに自分にとってプラスにならないと思うようなことがあった時、
「これを悩むぐらいなら、自分のためになることちゃんとやりま~~す!」
と、誰ともなしに宣言すると、一応、その状態はすりぬけられたりします(笑)
けれども、「コレ」という宿題は、ちゃんとやらないといけないという
おまけつきですが、これは仕方ない、仕方ない。

思いを飛ばすというと、だんな様の弟子たちの中で、
自分がここにやって来る前に、まるで式神を飛ばすように、
自分より数時間前に、ちゃんとドアを開けて入って来る人も(笑)

「ちゃんと、こんばんわ~ってまで言って入ってくるよね~」
と、だんな様や先に来ている弟子さんたちが笑っています。
器用なことですね(笑)
それに、参加できないご縁日の日など、体はないのに、
一緒にお経をちゃんと詠んでいる声がしたりと、
なかなかなものです!

ここまで来ると、いわば、一種のプロ級ですが、
思いを飛ばすって、有効に使えれれば、
意外といろんなことができるはず?

できれば、自分のプラスになるように、
無意識にポンポン飛ばしてしまうのではなく、
意識的に有効利用できるようになりたいな~なんて思ったりします。

CIMG9734
CIMG9734 posted by (C)kumisensei

雨はとうとう降りませんでしたが、このところのちょっと涼しめの天候。
空手など、しっかり汗をかくものを頑張るには、とてもいい時期だと思います。
夏はとても、とても・・・。
これも、有効利用のひとつかと思いますよ!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |