2013.07/31(Wed)

【だんな様は霊能力者】 へびと人間 

ヘビに関わるスピリチュアルな話は多いです。
ヘビって好き嫌いがある(というか得意じゃない人の方が多いかも)
とは思いますが、それを祀った神社もあって、
金運上昇のシンボルにもなっています。
そんな神社では、たまごをお供えしたりするところもありますよね。
まるでへびってイメージ、そのままで祀られていたりします。

ヘビの形が、人間の脳から脊髄への形に似ていることから、
人間の遠い先祖はへびだった・・・な~んて話も、
翻訳している本の中には出てきます。

実際に見かけることは、都会ではあまりありませんが、
ヘビのイメージと似た性格というか、特徴がヘビの形を取る
・・・とい捉え方もあるそうで。

なかなか、この辺りは、諸説あってわかりにくい。

仏像などを良く見ると、足首や手にヘビを巻いた仏様もいらしゃる。
となると、ヘビは神や仏の眷属としての役割もあるわけですよね。

それから、聖なる剣や印章にも、良く見ると、ヘビって
沢山使われています。

この前は、WHO(世界保健機構)の旗をテレビでふと見たら、
あらま、ヘビが・・・。
蛇と杖のマークはギリシャ神話の医学神アスクレピオスに由来するそうです。

勿論、チャクラの話題にもヘビは欠かせない要素ですしね。

どうやら、ヘビと人間の関係は、都会であんまり見なくなったってことぐらいで、
もっとふか~~~い関係があるのかもしれません。

私自身は、ヘビはあんまり得意じゃないんですが、
ここまで来ると、得意不得意というレベルでは済まされない関係がありそうです。

「といっても、きもちわるいものね~」というと、

だんな様は、
「向こう(へび)だって、人間って気持ち悪いって思ってるかもよ~」

まだまだ、人間とへびの関係は深そうなので・・・
これも「観察中」ってことで!

そういえば、空の写真にヘビが写りこむこともあります。
写真の一部だけが、極端に距離感が違うのです・・・。
(今日の写真ではありませんが)
CIMG1114
CIMG1114 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/30(Tue)

【だんな様は霊能力者】 穢れが元で起る事 

最近、ココでの話題になることが本当に多いです。
ずばり、「神様」との付き合いの中で起った「穢れ」

トピックは同じでも、ひとつひとつ経緯は違ったりしますので、
一言では言えませんが、「ヘビ」との関わりの中で起った事例も
これまた少なくありません。

「ヘビ年だからかしら・・・」
など、など、内弟子のみなさんとも話しますが、
いや、いや、なかなか、偶然とは思えないほどの重なりです。

この前の「あなこわ」の取材の時にも、そんな話になりました。

だんな様のブログにも書かれていますが、
どうも普通とは思えない、天候や、それが原因で起る災害。
昨年の近畿地方の大雨も記憶に新しいですが、今年も決して少なくありませんね。

土地に関わる神との付き合い方については、先日発売の
「あなこわ9月号」で、だんな様が詳しく解説しています。

そういえば、数年前、この辺り(ってどのあたりでしょうね・笑)の
空気がどんよりしていることがありました。
秋の祭りも盛り上がらず、お店はどんどん閉じてしまって・・・。
何しろ、空気が止まっている感。
「氏神様、しっかり仕事しましょ~」と、私。

で、だんな様も「これは氏神だな・・・」と言った後、
「ここの氏神は2人いた・・・」と。
そこでどのようなお話が繰り広げられたかは、
定かではありませんが、その翌年から、なぜかこの辺りの祭りが、
とても盛大に行われるようになりました(笑)

この事があった次の年からは、ちゃんとお神輿も出て、
(たぶん、以前からあったと思いますが、それほど盛大じゃなかったです)
「わっしょい、わっしょい」という声が、どこからともなく、
ずっと聞こえて来て、
「仕事してま~~す」とアピールを受けている感じでした(笑)

それから数年経ちますが、確かに、時期的な空気の変化はあるものの、
商店街は、元気!お祭りは、今年も盛大に行われるようです。

人と人との間でも
人と地球の間でも
人と神様の間でも
人と仏様の間でも

同じように、付き合い方ってあるんだと思います。
きっと、その付き合い方の「度」が過ぎると、
「関係」が崩れてしまうのでしょう。
すると、いびつな何かが起こってしまう・・・。

どんな付き合いも「形だけ」になって、
心理的距離が離れすぎたり、
はたまた、近すぎてしまったりすることもあるのでしょうが、
「知らなかった」では済まされないようなこともあるのでしょう。
堅苦しく考えすぎる必要はないとだんな様は言いますが、
それでも、知らないことで、壊れてしまう関係って、
結構、やらかしてしまってきたかも?と、
自分で振り返っても、冷や汗ものです(苦笑)

ですから、知ったら、知った分、知ったところから気を付けよう・・・
とできるだけ、心にとどめています。

CIMG1110
CIMG1110 posted by (C)kumisensei
壮大な空との関係は、壮大な心と意識で!ってところでしょうか。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 価値観が違いすぎると 

そもそもこのブログにタイトルをつけるときに、
頭に浮かんだのが「奥さまは魔女」という
むか~~~しのテレビ番組。
これを知っているというだけで、年齢がばれる(笑)

偶然今年になって再放送されているみたいですね。

だんな様の名前はダーリン。
ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。
でも、ただひとつ違っていたのは……奥さまは魔女だったのです!

という有名なオープニング。
この魔女のサマンサの母親エンドラ。

自慢の娘が下等動物(人間)と結婚した事が気に入らず、
始終スティーブンス宅にやってきては娘の家庭を引っかき回す。
娘想いで行う行為が騒動の元になり、ダーリンの1番の天敵なのです。

それこそ、魔法が使えるから、たちが悪いというか(笑)
いつでも、どこでも、出没。
娘を思っての行動が、騒動の元になるのです。

何より、魔法を使えばいっぺんに解決してしまうことを、
なぜ魔法を使わないでいるのかが、エンドラには理解できません(苦笑)

この前からはまっている陰陽師系のマンガにも、
「人間みたいだけど、動物」だったり、
「人とあやかしの子」だったり。
所謂、人間という存在でないものが沢山でてきます。

それぞれの種に共通した「意識」「当たりまえ」があって、
それが違いすぎると、なかなか共存するのが難しかったり。

これだけ、色々なマンガに描かれているとなると、
意外と人間の中にも、純粋な人間じゃない存在がいるかも?
な~んて、想像してみたくもなります(笑)

そもそも、外見が似ていれば、考えることも似ているだろう
なんていう仮定というか、思い込みをするのが、
人間でもあるんでしょうけど、
あまりに価値観が違うと、一緒に暮らすのが大変なのは、
それこそ「奥さまは魔女」を観れば、一目瞭然!
ただし、そこにお互いを理解しようという気持ちがあれば・・・
どうにかなるものなのかもしれません。

思い返してみれば、だんな様のキャラも、
ブログから書籍化されるほど、
それから、マンガになったわけで(爆笑)

「奥さまは魔女」の中のダーリンの苦労がわかる~~~
と、言ったら、
「サマンサ(←奥さま)の苦労もね」
と切り返されることでしょう(笑)

どちらにしても、「価値観」とか「物の見方」の違いは、
ストレスにも、面白味にもなります。
違っているからこそ、面白かったり。

ん~~~、
もっと、もっと、観察、研究を重ねる所存でございます!

今日の空も、コロコロ変わってて面白かった・・・。
CIMG1084
CIMG1084 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 運 

運が良いとか、悪いとか。
いつも思いますが、それに「時間」が足されると、
その良し悪しがわからなくなります。

あの時、辛い思いをしたから、今も辛くて、
「私は運が悪い」となるのか。

あの時、辛い思いをしたから、今頑張れて、
「私は運が良い」となるのか。

今、私が読んでいる本もそんな本です。
書いてあるとおりの境遇なら、まさに生きて行くのもやっとという感じ。
でも、その中から、耐える精神力を鍛えて、
今や大学で教鞭をとったり、世界中で大勢の人を前に公演してまわったり。

有名になってしまえば、逆に、その苦労した時代が
何よりも宝で、何よりも強みになる。
そして、それが一冊の本になったり、
その人が生きて行く核となったり。

不思議なものだな~と思います。

とはいえ、誰でも運は良くしたいもの。
運を語るときには、「時間軸」を忘れないように・・・。
だから、ずっと運を上げて行けるような、
そんな道すじって頭に入れておきたいですね。

「金運は、不安定なんだ。
運がある時、ない時が極端」
と、だんな様が金運について。

勿論、これからの自分が目指す何かに必要なものなら、
その不安定さも、注ぎ込まれた何かで、きっと安定したものに
繋がっていくでしょう。

「だから人の運って大事なんだ。
人は、いろんなものを運んできてくれる」

人運の良い人は、あなたを理解してくれる人、
あなたに運を運んできてくれる人が、たくさん目の前に現れてくれます。
ところが、自分の眼が曇っていると、見分けがつかない(涙)

確かに人運の強い人は、いつも人に囲まれていますから、
その中で、どう人の繋がりを作っていくか、
自分の価値観を決めていないと、余計にさみしいことに
なってしまったりもします。

さて、さて、何か大きな目標のためなら、
金運も人運も、良いに越したことはありません。

自分が運が良くないと嘆く時間があったら、
それが一番、足をひっぱっているかも?です。

結局は、自分の運は自分で開くしかないのでしょうね。
まさに「神は自ら助けるものを助ける」ってことなんですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 次へ! 

なんとな~~くですが、次へのステップを踏み出している人が、
ここに来て、多い気がしています。

「このままでいいのだろうか?」

そんな風に考える人は多いのでしょうけど、
実際に、環境を変えたり、仕事を変えたり、住む場所を変えたり・・・
そんな変化には、心も体も「エネルギー」が必要です。

でも、ここでだんな様にアドバイスを受けたり、
お互いにいろんな話をする中で、
「こうしよう!」と、頭に描いた自分の理想に、
少しでも近づこうと、「行動する人」の姿には、
それがどんなわずかなステップでも、
なんというか、凛とした、澄み切った空気を感じます。

勿論、そのステップの行動の中には、「これでいいのかな?」
という試行錯誤もあるのでしょうが、
それも「やってみて」からの話。

「やってます」という答えもどこからか聞こえてきそうですが・・・(苦笑)

「うまく行ってないってことは、どこかがおかしい」

だんな様は、そういいますが、
自分が出来ていない部分を直視するのは、
なかなか辛いものだったりしますので、
つい、つい、どこかに責任転嫁したくもなります。

まあ、物事、全部、相手が悪いわけはない。
なら、物事、全部、自分が悪いわけでもなく。

どこかを「変えなくてはならない」ほど、悩んでいるのなら、
自分が変わる方が、よっぽど簡単なんですけど。
これがまた、自分って結構、頑固(あはは)

・・・って、自分の頑固さが意識できたら、
半分ぐらいは、解決してます(笑)

どちらにしても、自分が行動することが、一番の近道。
これさえ、忘れなければ、どんなことでも
かならず「目的地」に着けるはずですよね!


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  01:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 あなこわ9月号 

明日発売の「あなこわ」が送られてきました。

あなたが体験した怖い話 2013年 09月号 [雑誌]あなたが体験した怖い話 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/07/24)
不明

商品詳細を見る


いつも書きますが、表紙はちょっと怖そうですが、
それよりある意味怖いのは、知らない内に病気になってしまうような原因とか
やってはいけないことなどを、本当に知らなかった・・・ってことだと
個人的には思っています。

今回の主役は・・・取材に来られる編集者さんです。
毎日の生活の中で、このくらい、うっかりして良いものと、
ここはちゃんとやっておいた方が、ということ。
それぞれ個人の感覚ってあったりするのでしょうけど、
やっぱり基本は、基本。

「怖がり過ぎるのも良くないけどね・・・」

というだんな様が、自分の家の中でここは気を付けておきましょう!
というような話が載っています。

なが~~~い歴史の中で、今、自分が住んでいる場所で
何があったかなんて、知る由もありませんが、
もし、それで何らかの影響を受けている可能性があるとすれば、
できることは、やった方がいいですものね。

え?私?
私は「これは良い」と聞いたら、ひととおり全部、
できるだけやるタイプです(笑)
やってみて、それから・・・
どうして、それが「良い」って言われているんだろう?
と、ずっと、ずっと、理由がある程度わかるまで
観察し続けます(笑)

したがって、観察中の案件の多いこと、多いこと。
単なる神頼みは・・・もう、しません!
したって意味がないことがよ~~くわかりましたから(爆笑)

やっぱり、何かをお願いするなら、お願いする「やり方」「作法」って、
人間界でもありますものね。
ましてや、相手が神様や仏様となると・・・ですよね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/23(Tue)

【だんな様は霊能力者】 取材 

今日は、「あなこわ」の取材の日。
一昨年3月から始まった「霊界ABC」も今回の取材分で
一区切りがつきます。
この後はどうなるかまだ決まっていませんが、
何事にも始まりがあれば、区切りはあるもの。
順調に進めば、今回の取材分までを一冊にしたものが
本になる予定です。

思い返せば、最初の回。
だんな様の特徴をばっちり捉えた、
だんな様マンガのマンガキャラ。
ここでは、とてもうけました(笑)

登場するのは、マンガ家さん本人と編集者、
そして、もちろんだんな様とときどき私。
偶然に出会ったようなまんが家さんとの出会いでしたが、
意外な展開を迎え、マンガ家さんのご先祖と、
だんな様もご先祖が、同じような場所で働いていたこともあって、
ひょっとしたら、先祖同士会ったことがあったかも、
とかいうことがわかったりしたこともありました。

毎回の取材では、それこそ、マンガになる何倍も、
何十倍も話が広がり、どれがどうマンガになるだろう?
と、わくわくしてネーム(マンガの下書き)を待ちました。

その中でも、マンガ家さんの話の展開は、
どんどん面白くなって行きました。
最近、ますますお仕事が忙しくなられたそうで、
そうだろうな・・・と思います。
なんというか、どんどん、のびのび、自分の感覚を
大事にされているのが伝わってきました。

さて、私もはじめっから、これまでの分を一度
読み直してみることにしましょう。

最終回の前に、「あなこわ9月号」もうすぐ発売です!

あなたが体験した怖い話 2013年 09月号 [雑誌]あなたが体験した怖い話 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/07/24)
不明

商品詳細を見る


今回は、水回りについて注意すること、などなど・・・
だったと思います(危うい記憶・笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 種類の多さ 

最近はまっている陰陽師などなどのマンガから学ぶこと、
結構沢山あるのですが、今日は「あやかし」とも呼ばれた
妖怪について。

な、なんとまぁ~、種類の多いこと!
こんなの覚えられない!(苦笑)

と、まるで、外国人といえば「アメリカ人」と
思い込んでいたのに、世界地図を見て愕然とするのと
同じような気分になっています(あはは)

でもね・・・日本の思想から言っても当然と言えば当然。
「すべてのものに霊が宿る」
そう人々が信じていたころには、
それこそ、モノの数だけ、生き物の数だけ、
いろんな存在が、存在していたのでしょう。

その中で、名前を聞けば「こんな存在」とわかる存在は、
ほんの一部。
それも、考えてみれば、おおよそ幼いころに読んだ
童話とか童謡とか、そんなものの中に書かれているもの。

勿論、もっと大きな存在として、
今でも「祀られている」存在もありますが。

こうなってくると、いかに自分が狭い世界しか
知らないのかと思うのと同時に、
それこそ、世界旅行するのが簡単じゃないのと同じで、
全部を知る事は、なかなかできないかも。

それでも、昔の話をこうして、いろんな角度から
いろんなマンガや本や映画で観ていると、
ふとその当時の「何か」が見える気持ちになったりします。

今は「人種が異なる」ことで、色々な摩擦が起きていますが、
きっとかつては、「存在が異なる」ことで、色々な摩擦が起きていたんでしょう。
そして、ひとつの「摩擦」が解消すると、
次の「摩擦」が生まれる・・・という、
まるでいたちごっこのような・・・
それが「歴史」????

いたちごっこだから続いている歴史でもあるのかもしれませんが。

さて、さて、同じことを繰り返しているように見える歴史の中で、
自分が同じことを繰り返して生きるのは、これまた、
まったく違うレベルの話ですよね~~~。

だから、こうして色んな方向から振り返ってみている訳で。

・・・ただし、一筋縄ではいかないようです。
この地球上に存在しているものって、どのくらいいるんだろう?
この地球上に存在したものって、どのくらいいるんだろう?

まだまだ、観察は継続中(って、ただ、はまっているだけとも言いますが)です!

CIMG1061
CIMG1061 posted by (C)kumisensei

(夕日も観察継続中!)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 術と体力 

何気に観たり、読んだりするマンガですが、
この前からはまっている、陰陽師。

今は、陰陽師にはまっているというより、
陰陽師が活躍していた「時代」を振り返っている感じです。

時代の振り返り方といっても、色々あって、
普通、一番最初に出会うのは、学校の「歴史の授業」

ま~、マンガやドラマを観たら、同じ歴史なのに、
あんなに面白くなくなるものだ(苦笑)と感心するほど。
ちなみに、歴史の授業は、文系にいたのに苦手だった私(あはは)

けれども、今となっては、歴史を知らないと、
本当の意味では理解できないことが沢山ありすぎ!
と心から思いますし、
歴史を知ることで終わるのではなくて、
それをどうこれから活かすのか(あらら、堅苦しい表現ですが)
って視点を忘れないようにして、しっかりはまってみたいと思っています。

一般的な歴史の中では、どうしても当時の政治の中心が語られますが、
そんな中でも、誰でもが自分の人生の中心だったわけで。
10人いれば、10人の歴史があったはずですものね。

そうして学んだことっていくつかありますが、
「術」を使うのには、体力が必要というメッセージ、
繰り返し、繰り返し出てきます。

逆に言えば、頭の中でできることを現実化するには、
「体力とそれを鍛える気力がすべて」
とさえ、言えそうな気がするほどです。

となれば、この毎日の暑さも・・・体力をつけるのに・・・

いや、やっぱり、今日のように少し涼しい風が吹いて、
心地よい日も必要かと思います(笑)

それにしても、今日も空は壮大。
歴史を振り返るにも、壮大な視点、忘れないようにしたいですね!

CIMG1054
CIMG1054 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2013.07/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 人と人、人とモノの間のコード 

今日も、翻訳をしていて、
人と人、人と物、
の間にコードが出来上がってしまうという内容が出てきました。

見える人には、そういう風に見えるのでしょう。
それは、時に誰かに対する「依存心」だったり、
物に対する「固執」だったり。

自分が頼っているという依存心は、
助けて~という場合だけななく、
助けてあげている、という気持ちも含みます。

人は誰でも、誰かの役に立ちたいと少なからず思うもの。
確かに、誰かのためになり、感謝される・・・。
とっても素敵なことだと思いますが、
そこに「自分の存在価値」を全部求めてしまうと、
相手が、自分の思ったような反応を示さないと、「何で!」
となってしまう。
これも、太いコードがつながっていることになります(苦笑)

で、コードがつながっている、と言われると、
当然ですが、そのコードを切るという次の段階が欲しくなる。
勿論、そのコードがわずらわしいと思った時の話ですが。

「つながったコードを切ったんですが・・・」
と、だんな様の弟子さん。

頼る方も、頼られている方も、ちゃんと距離を置くという気持ちにならないと、
あっという間に、またつながってしまいます。
切っても、切っても・・・となるわけです。

人と人
人と物
の間にコードがつながっていること自体が悪いわけではありません。

「どうしてるかな?元気かな?」
そんな心からの心配も、コードを通じて相手に伝わることもあります。

「これからのために、自分にはこれが必要」
ならば、しっかり、そのモノをコードでつないで、
ちゃんと手に入れましょう!

素敵な人間関係には、やっぱりコードが存在していて、
何かあると、相手の負担にならないように、ちょっと気づかい。
そのコードをとおして、気持ちの交流ができあがったり。

問題は、つながったコードをどのくらいの長さで、
どのくらいの太さにして、
そして・・・
その中に、何を通すか
ってことだと思うのです。

CIMG1040
CIMG1040 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 DVDや映画にご用心 

自分でもネットやDVDにはまっていますが、
(ただいま・・・陰陽師と魑魅魍魎・・・とかの映像系にはまってます)

こんなスピ系を観る場合、感覚の鋭い方、ご用心あれ(笑)

いつか、「妖怪大戦争」の映画を観ていた時に、
「一緒に沢山いたね~」とだんな様が言った話は
書いたことがありますが、
「居たって・・・なにが?」と、焦る私(苦笑)

「やっぱり、自分たちが話題になると、そりゃあ、寄ってくるよ。
自分たちだって、誰かが自分のうわさ話をしていたら、
聞き耳を立てるだろ?」

夏と言えば、怪談話ってのも定番ですが、

「実際、涼しくなるってのは、理にかなってるんだよ。

幽霊が目に見える形をとるのに、エネルギーが必要で、
暑い時には、そのエネルギーがふんだんにある。

それに、実体かするときには、エネルギーを使うから、
周りの気温が下がるしね」

・・・って、いくら暑いからって、「この手」で
気温を下げるってのは・・・
私はちょっと、勘弁願いたいです(苦笑)

夏と言えば「怪談話」と言われますが、怪談話が大好き(だった)
だんな様のお弟子さん。

ずっと前、入院して暇だからと、その手の映画を
な・な・なんと、夜一人で観ていたらしいです。
(勇気ある~~)

「そしたら、なんとな~~くカーテンの向こうに誰かいる!
と思って」

と、これは、確かに呼んでしまったパターン(苦笑)

さらには、この手の映画を観ながら、
その世界に「つながってしまう」人もいます。

数日前も、そんな(って彼女の場合は、バンパイアーの映画だったらしいです)
映画を観て、つながったまま、気分が悪くなってしまったとか。

思わず、「好きなだけ被ってきたわね~」と言ってしまいました。
(初めは、そんな映画を観た後とは知らず・・・です)

まあ、この時期、江戸(東京)はただでさえ、
霊的な匂いがいっぱいなので、用心するに越したことはないでしょう。

でも、怖がり過ぎても逆効果ってところが難しい(苦笑)
怖がると余計に寄ってくるというのもあります、あります。
それだけ、怖いものを意識して過ごしてしまうことにもなりますものね。

被りも、怖いものも、意識しすぎると余計に辛くなるもの。
多少のことがあっても、「わたしは大丈夫~~~」と、
弾き飛ばせていれば、平気だったりします。

とはいえ、お盆に向けて、これからが本番。
わざわざ、自分でドン被りするようなことがないよう気を付けたいものです。

一日に一度、フラットに戻る瞬間。
わずかな被りがたまって行くのも、結構、結果的に大事につながりかねないので。

明るく、明るく。
笑ってすごしましょう。
多少の、被りや霊的な影響は、体力と気力で、
あかるく弾き飛ばしましょう!

こんな元気なる色のお花は、見ているだけで、本当に元気になりますよね~。
CIMG1017
CIMG1017 posted by (C)kumisensei
写真の後ろに写っている、カリン様が見守ってくれている感じが、また、よろし(笑)
玄関には、もうひとつの花束を。
CIMG1018
CIMG1018 posted by (C)kumisensei
ちなみに、花束の隣にある「ご聖水」は、
観音様のご縁日に作った、
ただいま「観音様バージョン」です!
(ご縁日や行事ごとに変わります~~~)
今回のご聖水は、かなりあま~~い香りがします。
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)

バーナー3

EDIT  |  03:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 鬼のお話 

最近はまっていたマンガは、陰陽師と鬼のお話でした。
・・・でした、ってことは、一応、観終わったってことで。

いや~、感動のフィナーレ。
おもしろかったです。

なんとな~~く、鬼と呼ばれている存在の特徴みたいなものも
伝わってきました。
勿論、マンガなどに書かれているとおりではないと思いますが。

「鬼」と呼ばれるものにも色々あって、
そのことは、数号前の「あなこわ」の中で、
だんな様が説明している場面がでてきますが、
かつて、山や海の近くに昔から住んでいた人たちが、
安易に外から人が入ってこないように、
敢えて、自分たちを「鬼」として恐れさせた・・・
なんて、話もあります。

マンガで出てくる鬼は、陰陽師の力でどんどんパワーアップ
していくのですが、ドラゴンボールの悟空がパワーアップするのと同じ。

何気に描かれていますが、ある存在がパワーアップするって、
結局は、こんなイメージなのかしら?
こんなプロセスをたどるのかしら?
などなど、私も想像力だけは、パワーアップ中です(笑)

ところで、江戸のお盆は終わったはずですが、
ここ数日、空気の重さは変わらず(涙)
もう次が始まっているのかもね~
(つまりは、8月のお盆に向けて)
と、だんな様と話しながら、登る道場への上り坂は、
いつもにも増して、つ・つらい・・・。

先週に比べて、少しだけ涼しいのがせめてもの慰め状態。
でも、こんな時ほど、体を鍛えておかないと、
空気の重さに負けてしまいますものね!

今日もこれでもか!というぐらい汗をかき、
体は少し軽くなった・・・予定です。

CIMG1014
CIMG1014 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 陰陽師 

只今、「陰陽師」にはまり中。
どの漫画かは・・・直接、お聞きください(笑)
シンプルだけど、面白い、いろんな要素を学んでいます。

一方、翻訳でも、困ったり悩んだりしたら・・・
「天使に助けを求めましょう」という本。

翻訳をしていて、頭が疲れたら、マンガを読んでを
繰り返しています(笑)

陰陽師のマンガの中で学んでいること。
術を使うときには、
1)心を決める
2)印を結ぶ(指で形を作る)
3)呪文を唱える(口に出して言う)

繰り返しと言えば、繰り返しなのですが、
この3つの内、どれが欠けても、術は施せないわけで。

陰陽師は「式神」を召喚
一方、翻訳している本では「天使」を召喚。

同じようで違うこともあり、
違うようで同じこともあり。
色々、気が付くことがあって面白いです。

最近、思うのは、自分の決心や心で思うことは、
心の中で唱えるにしても、漠然とではなく、
「言葉にする」って思っているより大事かも?
(今更ですが)

ひょっとしたら、スッと生きているように見える人は、
心の中で、局面、局面でしっかり「こうする」と
心を決めて、自分自身に対して、決心を唱えているのかも?
などと思ったりします。

同時に、自分の意見や思っていること、
上手に伝えられれば、きっと周りに人が増えるのかなぁとも。

心の中の声は、誰にも知られない自分の世界。
それを大事にするのは、それこそ大事ですが、
その世界を広げようとすると、絶対に誰かの力が必要になりますよね。
陰陽師だって、天使を呼ぶのだって、
自分のためだけだったら、そこから生まれる結果も・・・
ある意味、知れたもの。

陰陽師も天使も、壮大なパワーを使ってやることですから、
その広がりも「壮大な視点」が持てるといいのかな?
な~~んて、ひとり考えながら、仕事と休憩を繰り返しています。

もう、しばらく続きそうです、この組み合わせ(笑)

CIMG1002
CIMG1002 posted by (C)kumisensei
夏、暑い日が続いていますが、太陽が見えることと、
少し凌ぎやすい日は・・・・両立します!(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 確かに・・・ 

これから先、どうしよう・・・
そんな選択に迷ったら、
そんな選択が見えなくなったら、
ココに相談に見えられる人がいます。

只今のトピックは、「逃げずに立ち向かう未来をつかむために!」
ちょっと大げさですが、彼女たちのこれからのために、
このぐらいバン!と書いておきましょう。

人生、順調に越したことはありませんが、
そうばかりは行きません。

むしろ、人生のいろんな局面でちゃんと悩んで、
ちゃんと立ち向かったからこそ分かることもありますよね。

この時期、そんな将来の自分の姿に不安を感じて、
相談に来られる方々を見ていて、
「まずは大きな一歩だな~」と思います。
だって、なんとな~くこのままじゃな~と思いながら、
なんとな~く、時間が過ぎて行くってありますもの。

相談に来るって行動を起こしたってことは、
ちゃんと悩んで、考えてみたと言う事でもあり、
自分でわからないのなら、誰かに聞いてみようとした、
っていう「行動」を起したのですから、大きな一歩です。

「立ち向かうのは大事だけど、何と立ち向かうかはもっと大事」

こう言われたのが悔しい。
こうされたのが悔しい。
職場で働いていたら、そんなこともあるでしょう。

それに対して、どう成長していくかって、思っているより大事です。
うっかりすると、意地になって、ただの仕返しみたいなことに
なりかねないわけで。

自分が本当に成長するには、何に向かって努力をすれば良いかを、
しっかり見据えて、スタートすれば・・・。

ちゃんと未来が開けます!

新たな一歩を踏み出しても、きっと大変なこともあるでしょう。
そのままそこに留まっても、きっと大変なこともあるでしょう。

要は、どちらが毅然と前を向いて、自分に誇りを持って進めるか
ってことかな?と思います。

そんなスタートを切ろうとしている人たちを
心から応援したいと思います。

周りの環境からではなく、ちゃんと自分を追い込むべき時に追い込んで、
進んでいきましょ~~~。

確かに、こんな人たちを見ると、「若いって可能性があるわ~」と
うらやましくも思いますが、私の人生の中では、
今日が一番、私が若い日なのですから、
年齢も言い訳にせず、私もがんばりま~~す。

いい訳でもなんでもなく、ここ数日は夕日の写真が撮れず。
こんな夕日、夕立の後ちょっと涼しくなって、見えたら最高!なんですけどね。

CIMG0975
CIMG0975 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 体調管理 

よくだんな様が誕生日の月は、色々あるよと言いますが、
まさに、色々ありましたし、色々あります(苦笑)

あまりの暑さと、空気の重さに、
自分に何が起こっているのか、ひとつひとつ確認できない(涙)
まあ、それぐらいがちょうど良いのかもしれませんね。

暑い、暑いと言っているうちに7月も半分を過ぎ、
暑さもこれからが本番なのでしょうが、
時には体を休めつつ、熱中症に気を付けて、
できることを、できるだけやっていきたいと思います。

先日は、まさに熱中症になってしまった私。
体中が暑くてヒリヒリ、頭痛が止まりませんでした。

暑さで血管が広がり、血流が遅くなるので、
体に酸素が欠乏するために頭痛が起るそうです。

対処法としては、体の中で血管が外に出ている場所、
わきの下、お尻の下、首の後ろなどをできるだけ冷やすこと。
水よりも、塩分やイオンの入った飲み物をできるだけ飲むこと。

実際に、熱中症の状態になると、わかっていても
飲みたくなくなりますが、そこは頑張って飲まないと改善しません。

それから、口の中を冷やすのも効果的でした。
アイスクリームやかき氷など、冷たいものは普段は控えています。
普通は被りのために、血流が悪くなりやすいこともあって、
冷たいものは、だんな様も私もほとんど口にしません。
夏でも普段は、暖かいものをできるだけ飲むようにしています。

けれども明らかに熱中症の症状が出ている時は、話が別。
口の中でゆっくり溶けて、体を冷やしてくれるアイスは、
熱中症の症状を早く改善してくれます。

塩分も脂肪分も、バランスよく摂っておくと、
熱中症にかかりにくいそうです。

それからスイカも不思議と、体がスッと冷えて行きます。
アイスとはまた別の冷え方で、体に負担が少ない気がします。

冷たいものはダメ。
塩分や脂肪はダメ。
世の中の健康維持の注意点は、確かに本当ではあるのでしょうけど、
何事もバランス。

自分の体の状態が基本なのですから、まずは自分の体の状態を把握する
というのが大事なんでしょうね。
・・・とはいえ、そこが一番難しかったりしますが(苦笑)

魂の声を聞くのも大事ですが、
体の声を聞くのも同じぐらい大事。

どちらが、どちらより大事という話ではなく、
これもバランスの問題でしょう。

霊能者のような感覚が鋭い人の場合、
時に体の声をまったく無視してしまうって少なくありません。
時に体の声に振り回されてしまったりってのも少なくありません。

体を鍛えつつ、体を大事に。
絶妙なバランス感覚がすべて・・・って感じですね。

IMGP4372
IMGP4372 posted by (C)kumisensei
(きっと魔法の杖に乗るにもバランスが必要でしょう・・・笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/13(Sat)

【だんな様は霊能者】 江戸盆 

江戸のお盆は、7月。
今週の末は連休ですが、8月のお盆より一か月早いんですね。

やっぱり・・・空気が重くなります。
暑くて、重い空気となると、まあ、普通、参ってしまいます(苦笑)

実際、ご先祖がちらちら現れる方も多いらしく、
そんな方の周りには、「墨の匂い」がするらしいです。

私は基本、霊は見えませんが、どちらかというと「匂い」は
感じることがあり、よくここでもその匂いが「墨」の匂いに
似ていると話をすることがあります。

8月のお盆に比べれば、まだ軽いかもしれませんが、
それでも、暑さと、お盆の空気の重さと、
そして私事ですが、足の捻挫と・・・。
いやはや、歩くのも一苦労です。

足の捻挫は、思っていたよりグキっとやってしまっていたらしく、
まだまだ腫れていますが、大分、普通の足の形に戻ってきました。

霊能者にとっては、毎年のことながら、修行の夏。
今年もなかなか厳しい修行っぷりです。

最近、今更ながらに、血は水よりも濃い・・・と感じます。
この時期の空気の重さと反比例して、
先祖供養をちゃんとやっている人たちの纏う空気の変化とやら、
いや~驚くほどです。

届くメールからさえ、その変化が明らかにわかります。

誰かにやってもらう供養だけでなく、
自分が供養するって、本当に本人の中の何かが解消されて行くんだな~と。

でもって、親子に共通するある傾向みたいなものが、
「むむ?思っているより、似ている???」
いや、ひょっとしたら似ているというレベルどころか、
そっくりだったりします。
いかに、自分でその部分を嫌っても、
しっかり似ちゃっています!
供養が進んでいくと、そうした無意識の行動が、
かなり意識できるようになってくる、
あるいは解消されていくんだな・・・。

純粋な観察結果です。

来月のお盆まで、しっかり先祖に思いを馳せつつ、
自分の中の何かも「解消」できるように、心がけたいものですね。

CIMG0985
CIMG0985 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 翻訳本 

いや~暑さで、頭の中まで溶けそうです・・・。
本文を書かないまま、ブログをアップしてしまうあたり、
その影響でしょう(苦笑)

夏ですから暑いのは当然。
ですが、何もここまで張り切らなくても・・・
暑い、暑いという元気さえ、奪われそうな勢いです。

さて、だんな様も紹介してくれていましたが、
7月20日に出版予定のダイアー博士の翻訳本が
アマゾンでも予約開始です。
(というかもう数日前からアップされていましたが、
表紙の写真が入っていませんでした)

ダイアー博士の願いが実現する瞑想CDブック―――本当の自分に目覚め、心満たされて生きるダイアー博士の願いが実現する瞑想CDブック―――本当の自分に目覚め、心満たされて生きる
(2013/07/20)
ウエイン・W・ダイアー

商品詳細を見る


CDブックになっていますが、本の中には、
自分の望みを叶えるための心や精神の訓練について、
詳しく書かれていて、なるほど・・・と思う点がいくつもありました。

瞑想をするとか、手法はいくつもありますが、
時に立ち止まって、自分が望んでいることの内容やその意味、
そして、望みそのものについて、眺めてみるのも良いかと思います。

望みと言うと、「まだ叶っていないこと」
そして、こうした本に良く書かれているのは、
「すでに叶ったかのように感じること」

ただ、その感情はできるだけ建設的なものにしたいですね。

昨日の伝授でもそんな話になりました。
一年前に上司から言われたことが忘れられない。
だから、今年の夏には、言われたことをやって挽回したい。

気持は良くわかりますが、やっぱり何を、どう挽回するか
という部分では、感情的にならず、ちゃんと見つめる必要があります。

言われたから、今年はこうやったんです!

と、頑張って言ってみたところで、言った本人は、
自分の言葉を覚えているかさえ、わからない・・・。

つまりは、「言われたことをやって、良くやった!と言われたい」
という望みには、いくつもの「無理」があったりします。

一番大きな「無理」は、相手に対して、
こう思ってくれるだろう、こう思うはずだと期待すること。

相手には相手の都合があるのですから、
こちらが思うようには、いかないものです。

自分が叶えたい望みを持つとき、こうした「無理」な要素が
入り込むと、ますます「望み」は叶えにくくなります。
そもそも、その「望み」そのもの、本当に自分が望んでいることかどうか。
これだけで、まさに数時間、ずっと話ができるほどでした(笑)

ですが、数時間の話の後、救われたのは、
望みを叶える事ではなく、望んだことから解放された・・・
という、本人の気持が変わったことだったのも印象的でした。
何より、「こうすれば、こうなるだろう」と思い込んでいたことを
行動に移す前に、その思いそのものが消えてなくなった・・・
そんな感じでした。

人は、自分の感情に「縛られて」生きているんだな~と、
彼を見て、思った次第。

望みを持つのもよし。
望みに縛られて生きるのもよし。
ならば、その望みが叶った後には、自由になりたいものですね。

(夕日も良いですが、この時期の朝の空気もなかなか素敵です)

CIMG0971
CIMG0971 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 陰陽師 

最近、なぜかココでよく話題になる「陰陽師」
今更な感じもしますが、それこそトピックになるには、
なるだけの理由があるのでしょう。

だんな様の元には色々と資料が集まってきています。
こんな時、迷わず、どんどん本など手に入れて追及する姿は、
なかなかなものです(笑)

で、私はというと、それを見ながら面白そうなところに、
ついつい首を突っ込んで、結局は一緒にどっぷりつかることに・・・。

昨日は、この本が届きました。
安倍晴明「式盤」占い―陰陽道奥義安倍晴明「式盤」占い―陰陽道奥義
(2001/01)
田口 真堂

商品詳細を見る


いや~、早速占ってみることに・・・。
この本の場合は、本人の誕生日をもとに人生の色々な側面の
傾向を占うというのが主だったのですが、
実際の陰陽道、これに、現在の「星」や自分の持つ要素と周りの要素の
相性などなどを足していくと、もっと面白くなりそうです。

こうやって、改めて「占い」と言われているものを見直すと、
それは、「当たる」「当たらない」という籤のようなものではなく、
もっと、「科学的」な匂いがするな~と思います。

森羅万象を現在とは違う尺度で分析したもの。
でも、そこに「ある」ものは同じだとすれば、
表現が違うだけなのかなとも思います。

もう少しこのブーム、続きそう・・・
というか深くて、そんなに簡単には極められなさそうです。

CIMG0964
CIMG0964 posted by (C)kumisensei

ん~、今日の夕日の写真もなかなかですね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 梅雨明け 

関東地方は、あっという間に梅雨明けしてしまいました。
それもあの灼熱の道場、審査会の日(涙)

まあ、よくできたもので、修行は合わせ技で来たりしますが、
今回もなかなか重なりましたね~。

そして、簡単には終わりそうにない様子(苦笑)
時間がかかるものは、時間をかけて進むことにしましょう。
その方が、結果的には自分にとって納得できることに
繋がったりしますものね。

問題を抱えたり、トラブルが勃発したり。

「何も起らないなんて、退屈だよ」
と、だんな様は言いますが、実際にそれが目の前に落ちてくると、
誰でも・・・あわてます、焦ります。

表面上、同じように「ある出来事」として、
目の前に落ちてきているのですが、
それを「チャンス」にするのか、「ピンチ」にするのか。
それは、本人のとらえ方次第だ・・・
というのを沢山、目にしてきました。

そして、あわてたり、あせったりすると、
必ず、「そっちじゃないのに・・・」と、
思ってしまうような選択肢をとってしまいがち。

一瞬、近道に思える道筋が、そうとは限らないことも多いのですね。

逆に、平穏な毎日が続くときもあります。
それでもその日々には、少しは改善の余地があり、
知らない間に、それを避けて通ってみたり、
毎日同じことを繰り返すだけになってしまったりと、
それ自体は問題ないのですが、
いつのまにやら、何も考えないで同じ日々を過ごしてしまう・・・
って、こともあったりします。

平穏な毎日に、知らない間に、
ただ同じことを繰り返すだけになってしまい、
でも心や魂は「これじゃあ、ないんだけどな~」と思ってたり。
何も考えないでやる行動には、
ひとりひとりの癖みたいなものがあって、
暫くすると、意外と同じことばかり繰り返して、
行動範囲も狭くなってるってこともあります。

その内、心が満足しなくなる・・・これも人間の性みたいなもの。
そして、「そこじゃないのに・・・」ってことが、
気になり始めたり(苦笑)

忙しくても、それほどでもなくても、
いつもちゃんと、「目的」みたいなもの、
誰かのためではなく、「自分軸」の目的や目標を見失わない。
その確認って大事だ~~っと改めて思う今日この頃。

暑さのせいで、ぼーっとなって、頭が働かない中でも、
いつも何らかの「工夫」をしたいな~と思って、
今年は泳ごう!と思ってます。

CIMG0957
CIMG0957 posted by (C)kumisensei
(夕方の北の空は、雷とともにすごいことになってました)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 最近のトピック 

最近、だんな様のところに来るトラブルは、
日本の神様系

だんな様もブログで書いているように、
「神でしか解決できないトラブル」が。

「どうしてかしらね?」
「最近、陰陽師とか観てるからかな?」
と、話をしますが、偶然にしてはあまりにタイミングがぴったりすぎ。

エジンバラ、ロンドンでは、ロズリン礼拝堂からテンプル教会まで、
「社会の成立と教会との関係について」
なんて堅苦しい(笑)論文でも書けそうなことを感覚的に
学んだ感じがしていますが、じゃあ日本では?というと、
日本も日本で、ある意味、似たような発展をとげて、
街が広がり、人が増えていきます。

私が観ていた陰陽師のマンガでも出てきましたが、
神にアクセスするには、その国の言葉で話しかけるのが原則とか。
言葉には、音も含めて言霊が宿るのですから、
当然と言えば、当然のこと。

日本で起ったトラブルを、イギリスとかアメリカとか、
外国の法律で裁こうとしても解決しにくいのと同じなのでしょう。

昔から日本に住んでいるものの中には、
全ての霊が宿るとされ、
人がそう思っているから余計に、
ちゃんと宿る・・・みたいなこともあり、
よく聞く例は、大きな樹を切る時。

それこそ、私が昔、先生として勤めていた学校には、
校舎の南側に大きな楠があります。
夏は日影ができて助かるのですが、
大きく育ちすぎると、どうも教室が暗くなる
というので、伐採をすることに。
ところが、伐採を請け負った人が立て続けに亡くなり、
結局、伐採されることはなかったとか。

代々、その学校の校長先生になった人は、
ポケットマネーで、毎年その樹のお祓いをしていました。
多分ですが、今もそれは続いていると思います。

数か月前には、お庭を造り直したいと思われても、
どこの造園業者さんにも断られてしまうという方がいらっしゃいました。
どうも、その庭に植わっていた樹が、作業を止めてしまっていたらしく、
しかるべき手順で、しかるべき人が作業にかかってくださり、
先日、無事にきれいになりましたと写真を見せてくださいました。

こんな事を本能的にか知っているロンドンの妹も、
庭の木を移動するとか、切ってしまうとかいうときには、
電話をかけてきます。

色々なものに命が宿り、そこに霊が宿っている。

そんな風に周りを見回すと、風景がちょっと違ってみえてくるかもしれません。

CIMG0898
CIMG0898 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/05(Fri)

【だんな様は霊能力者】 世界は広い 

今日たまたま観ていたテレビ番組。
世界の温泉地を巡る番組でしたが、
「温泉」といえば日本と思ってしまう既成概念を
すっかりひっくり返されてしまうような風景ばかり。

「お風呂」としての温泉はなくても、「プール」や保養地としての
温泉は、世界各地にあるのね~と当たり前のことを再発見。

そういえば、もうひとつのブログに書いたストーンヘンジ近くの
バースは、お風呂「バス」の元になった場所。
私が行った頃にはなかったのですが、水着を来て入るお風呂が出来たらしく、
どんな感じなんだろう?と、ネットで調べてみると狭くて、
今のところあまり評判がよろしくないみたい。

温泉に入って療養をする、温泉水を飲むというのは、
全世界、あらゆる場所にある、自然の恵みなんですね。

既成概念とは、何ともはや、自分の視野を狭くしてしまい、
自分の日常がすべて・・・になって、その眼で世の中を見てしまうと、
色々、見落としていることが沢山あるのでしょう。

だんな様の元には、それこそ色々な問題が寄せられるのですが、
その中でも「繰り返して起る問題」というのがあります。

「根本解決は大事。
そして、本人がその気になるのがもっと大事」

同じような問題を繰り返している人たちを観察すると、
本当に勉強になります。
自分では精一杯頑張っているつもりでも、
一番肝心な部分を避けている場合。

目の前にある一番肝心な部分から目をそらしていたら、
当然ですが、時を変え、姿を変えて、同じ問題が起ります。

・・・な~~んて言い切れるのは、他人を観察している時(爆笑)

自分の前にそんな問題が来たら、誰でも
一応、必ず、あがきます(あはは)
というのを、それこそ繰り返し目の前で見ているので、
「きたっ~~~~!!!」
と、思っても逃げないことにしています(汗)

私の場合、問題というより・・・試練(あはは)
次の日曜日に行われる昇級審査。
考えていると、ふとした瞬間に「大丈夫」と思える自分と、
ふとした瞬間に、「どうしよう」という自分が居います。

ですが、それこそ、試練は、その試練を乗り越えられる人に
訪れるというのも、目の前で何度も見ていること・・・
と、自分に言い聞かせつつ、このプレッシャーも含めて、
試練だったりするのよね~なんて、心理的距離を置くのに必死です(苦笑)

あ~、審査を受けると決まったのが、直前でよかった・・・
と、強がりを言ってみるのでした。

CIMG0892
CIMG0892 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 被りによる症状 

先日、ココに「あなこわ」の取材にいらした編集者さんが、
会社の健康診断で、再検査になったと元気がありませんでした。

その後、今のところ大丈夫という結果で、みんなでホッと
したのですが、だんな様が霊視をした時には、
やっぱり何らかの症状が見られたのは事実。

そこで、編集者さんからいただいた質問とともに、
被りによる症状について、説明した部分を載せておきます。

というのも、夏越大祓は無事に終わりましたが、
その前後で、
胃が痛い
首がつった(寝違えた)
などの症状を訴える人が、ひとりではなかったからです。

この方の場合の不調かと思われたのは、この症状ではなかったのですが、
「あなこわ」などの題材を扱っている仕事をなさっている関係上、
気を付けられた方が良いですよというアドバイスをしました。

:::::::::::::::::::::::::::::::

霊視した時には、肺の広範囲に、明らかに黒い点がぽつぽつ見えたそうです。
ただし、検査の結果でひっかかるとなると、霊的なだけでなく、なんらかの物質的な
症状が確かに起っていたはずであり、それが消えてなくなるとは考えにくいということでした。

ですので、まずは、黒い点が、多分「伝染性」のものではなかったということ
と、再検査のまでの間にある程度の改善が見られて自己治癒しているのであれば、
(あるいは、治った痕跡が残っていたと考えることもできますが)
入院や投薬の必要もなく、変に薬を飲むと副作用もありますので、
薬も必要ではなかったということだと考えられます。
一度、病気になったところは、再発しやすいこと。
それから、菌かウイルスの種類にもよりますが、わずかでも残っていて、
血液検査などで見つからないレベルの場合、体力が低下するとまた増殖を始める可能性も
ゼロではありません。

ですので、次の質問にも関係しますが、
> 質問2
>  もし、黒い影のように見えるとしたら、その原因はやはりストレス、悪い気を部屋
> にため込んでいる
>  などが影響しているものなのでしょうか?(ケースバイケースだとは思いますが)
>  そうだとしたら、人によっては別の器官に影(?)が見えるのでしょうか?私の場合、
> たまたま気管支が弱いからダメージを受けるのでしょうか?

という内容については、病気などになるとどうしても原因を一つに限定したくなります。

霊的なものが関係している場合は特に、霊的な原因だけで症状が出ると、
激しい症状となるのが普通であっという間に、症状が変化するといったことが起りやすいです。
逆に、祓えれば、急速に回復もします。

緩やかと言うか、ため込んだものの場合、霊的な影響のわずかな積み重ねと、
そこに体力の低下、それからもともと体のあまり強くない部分にその症状があらわれてきます。
この場合、部屋をきれいにする、お祓いを受ける、と、病気の回復が早まったり、
薬が効きやすくなったりはしますが、急速にすべて消滅するように回復するというように
行かないのが普通です。
わずかな影響が、少しずつ物質的な影響も引き起こしてしまっているせいです。

被りなど、霊的な影響で引き起こされる典型的な症状は、血液の滞りです。
血流が悪くなると、自分の体の弱点が調子が悪くなる可能性が一番高いと考えられます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

と、お答えしました。
どちらにしても、症状が続くようであれば、
一度、検査をしてみるというのは大事です。

なんとな~~く調子が悪いというのをスルーしないこと。
その原因になりやすい被りをなるべくリセットすること。

気を付けたいですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.07/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 夏越大祓 

6月30日は夏越大祓。
全国の神社でも縄でできた輪を作ってくぐることで、
これまで一年前半の穢れを落とす・・・
といった行事が行われた日でした。

ここでも沢山の方々にお集まりいただき、
無事に終了しました。
毎年、大変だ~~~と、大騒ぎしている私ですが、
今年は、参加されているご本人だけでなく、

「ああ、ご先祖も祓いが必要な時があるんだ・・・」

と、この時期にご先祖が出てこられている方々が
思ったより多くて、そう実感した私でした。

まあ、考えてみれば、たとえ「魂」の存在になったとしても、
いや「魂」の存在になったからこそ、祓って次のステップに
行けるところを、なんとな~~く、過去の何かに引きずられて、
進み損ねるなんてこともあるんでしょうね。

ただただ、前進すれば良いというものでもないと思いますが、
同じ人生を生きるのなら、スケール大きく目標を持って、
そのためなら、目の前の小さなことは、敢えて切り捨てる!
ぐらいの気持ちが持てたらな~と、常々思います。

後半戦に向けて、スッキリ!
と思ったら、あら、東京ではもうすぐお彼岸。

おわかりと思いますが、夏越大祓に参加されたご先祖様が、
そのまま「この世」にいらっしゃることがないよう、
一度、ちゃんとお帰りいただいてくださいね(笑)
ちゃんと、祓いが終わっていればそんなこともないと思うのですが、
敢えて・・・付け加えておきます!

夏越大祓2013

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  12:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |