2014.05/31(Sat)

【だんな様は霊能力者】 1番大事な宿題 

ありました、ありました、私にも。
八方ふさがりで、どっちにも行けないじゃ~~ん!
どうすればいいの?
ってとき。

・・・そして、今でも時々、あります、あります(汗)

でも・・・本当は自分でもわかっているんです。
進むべき、一つの扉の存在(笑)

その扉の向こうって、ど~~も大変そうで、尻込みしたくなる。
だから、自分で見えないふりをしたりして(苦笑)

まあ、運が良いというか、知らない間に助けが集まる人のところには、
その扉以外の選択肢が舞い降りてきて、それがまあ、また誘惑的なこと。
それがいくつも降りてくる人っていうのもいて、
見ていると羨ましいほどの選択肢が舞い降りる。
ところが・・・どれが本物か、まったくもって見分けがつかない(→特に本人にとって)
意外と、周りで見ていると冷静に見て、「それは。ちょっと・・・話がうますぎ」
な~~んて思えたりするのですが。
悪あがき(笑)しているときには、特にそんな誘惑的な選択肢に走りたくなります。

「遠回りは近道」
と、だんな様がいつも口にするように、本当に進むべき道は、
表面上、一番険しく見えたりするものです。
まあ、「試されている」んでしょうね。
そして、それを引き受けた瞬間に、見えていた困難はあっという間に消え去ります。
でもって、はたまた、次の試練に思えるものが降ってくるという(あはは)

「どんな言い訳をしても、誰のせいにしても、選んだのは自分、
選ばないという選択をしたのも自分」

翻訳の仕事をしていても、同じようなことはいつも起こります。
やるからには、全力を尽くすのですが、完全な完璧はあり得ない。
でも、できるだけ完璧を目指す。
そして、終わったら・・・やっぱり完璧ではなかったと反省しつつ、
次にはその完璧にどうやった近づけるかを考えて・・・の繰り返し。

それこそ、守護霊がつく、なんてとっても素敵なことのように思えますが、
それこそ、守護霊がついたら、取るべき選択肢をあなたが選ぶまで、
次々とほかの扉が閉ざされていく・・・な~んてことも起こります。

ただ、守護霊が示す選択でさえ、自分で選んだという意識は何より大事です。

「どんな言葉が降ってきたとしても、そういわれたからそうする、じゃあ、
自由になりたくて、天に言葉を求めるのに、全然、自由にみえませ~~ん」

と、最近、とある人から聞いた言葉、納得です!

CIMG0202
CIMG0202 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3





スポンサーサイト
EDIT  |  03:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/28(Wed)

【だんな様は霊能力者】 心のふるさと 

昨日の、だんな様の魂のふるさとへの旅の話もそうですが、
「故郷は遠くにありて思うもの」という言葉もあり、
自分のふるさとを実際に訪れてみると、イメージ通りだったり、
そうでなかったりするものでもあります。

昨年は、私の心のふるさと、エジンバラへの旅。
なんということもない、数日間の旅でしたが、相変わらず変化の少ないエジンバラの町は、
イメージ通りだったところもあり、あれ?こんな場所だった?と思う部分もあり。
でも、エジンバラはエジンバラでした。
空気中には、ほんわりバラの香りがする街(私にとって、感覚的なにおいです)
天気が良かったのもあって、とても楽しむことができました。

そして、今年は、だんな様の心のふるさとへの旅を計画中。
そこへは、今回2度目の訪問になるのですが、
やっぱり、なんとも落ち着く、それでいて、途中、これはどこに行くんだ!!(汗)
としか思えない、山と牛だらけの場所を通ったりします。
これが駅???と思うようなところもあったりして、
ふと見ると、私が乗っている車両の横にはホームがない(笑)
などなど、前回も面白く、楽しい旅を体験。
もちろん、道にも数回迷い(これも旅の醍醐味・笑)
その、あっちいったり、こっちいったりも楽しみながら、
だんな様が数十年前に撮った写真とまったく同じ場所で、同じポーズを撮って、
目標達成!な旅でした。
たぶん・・・5年ほど前の旅だったと思いますが、
あまりに自然で、あまりにインパクトのある旅だったので、
記憶の中で、普通の時間枠に収まり切れていません。


今回の旅の目的は、できるだけリラックスすること。
ふるさとは遠くにあって思うものではありますが、
できれば、ふるさとにいる間は、自分が空気になったようにリラックスできれば、
特別なイベントなどなくても、目標達成!なのです。

そして・・・ちゃんと心の故郷に戻ったという効果は、
昨日のだんな様のお弟子さんのように、それを復習して心に刻むことで
いったん、終結を迎えます。

私の心のふるさと、エジンバラにも用事があるので、またいつか行くことになるでしょうが、
エジンバラで買ったスカーフをなくした、購入予定の傘を買い忘れた、
自分のホームステイ先探検をするなどなど、目的はたくさん(笑)
あ、ロンドンの空港で生のオイスターを食べるのも、忘れないようにしなきゃ!
こちらは、どうやらリラックスムードとは、ちと、ほど遠い感じ。
でも、エジンバラの空気は、それでもゆったり流れているように
私には感じられるのです。

あ、それより、今回の旅の準備すすめなきゃ~~!
CIMG0159.jpg

今日の空は、何の変哲もない曇り空。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/27(Tue)

【だんな様は霊能力者】 自分のルーツ 

基本的には、自分の過去のことはあんまり気にならないというか、
終わったことは、終わったこととして生きてきた私(笑)

昨日の月例会では、心のふるさとに戻った旅のお話をお聞きしました。
そう、そう、先日の九州への旅は、ある方の「故郷」へのお里帰りの旅だったのです。
旅にこぎつける1年ほど前から、だんな様のお弟子さんたちを含め、
その方の「お里帰り」に付き合う気、満々!
たぶん、本人より、周りのほうが気合が入っていました。

過去世も含めて、過去のことは、「終わったこと」
でも、その「終わったこと」にどこか心を残したままだとるすと、
ここから自分が始まったということを自覚するだけで、
人はなんとも落ち着くものなんですね・・・。

・・・といいたいところですが、お里帰りをしたご本人。
確かに、落ち着いたといえば、落ち着いた、
でも、変わってない、といえば、変わってない(笑)
ますます、本人らしくなった、というところでしょう。
ま、よく考えると、魂や体の「里帰り」をちゃんとしても、
何かが「ガラリ」と変わる・・・ってはずもなく・・・(笑)

何しろ、「そこ」が出発点で、それからいろいろな経験を積み重ねた今があるわけで。
過去のことを「過去」のことと、ちゃあ~~んと認識することで、
今の自分の軸ができるみたいな感じでしょうか。

と、書くととても簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、
その原点に戻るまでには、本人、様々な浄化を繰り返してこられました。
はたまた、その原点となる場所に行ったのは、初めてじゃなく、
この前に行ったときには、好きな場所なだっただけで、
深いところの浄化につながるタイミングではなかったようです。

今回は、しっかり自分が「ココ」から、様々な人生を始めたという認識を
しっかり持てたことで・・・
繰り返しになりますが、ますます、本人らしくなられました(爆笑)

例えば、自分の過去世を知ったとき、自分の今の悩みや苦しみが
すっと消えてしまうのではないか、などなど、様々なイメージがあるかもしれませんが、
彼の変わり方を見ていると、そんなイメージとはちょっと違う、
何とも不思議な変化です。
何も変わってないけど、確かに何かが変わった・・・っていう感じ。

この旅行が終わってから、初めて彼に会った人たちが口をそろえて、
「変わられましたね・・・別人かと思いました」と。

たぶん・・・今、ヒットしている「雪の女王」の歌にある「ありのままの自分」
を素直に受け入れられるようになった・・・ってことなのかもしれません。
いやはや、それにしても、それを受け入れるプロセスにも、
それから、その変化が確実なものになるにも、もう少し時間をかけて
観察する必要があるかもしれません。
え!こんな部分も、あったわけ???なんてことも、発見してしまったりして・・・(苦笑)

CIMG0138.jpg
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/25(Sun)

【だんな様は霊能力者】 明日は月例会 

明日は、月に一度の月例会。
今月も、北海道など全国から、ここまで通ってこられる方々が集まって、
いろんなことを学んだり、お話したり・・・きっと長丁場になるでしょう(笑)

確か、月例会の表向きの終了時間は4時か5時だったと思いますが、
いや~、そんな時間に終わったためしはありません。
朝の4時か5時に終わったことは、あったかも(笑)

それでも、みなさんの「学びたい」「知りたい」という意欲には、
いつも、いつも、私も刺激を受けます。
目的は人それぞれだと思いますが、それでもその中でいろいろな人間関係の
つながりができて、一緒に旅行に行ったり、ご飯を食べに行ったりと、楽しそうです。

それこそ、いろいろな能力をお持ちの方も多いので、
その方々にその場で、アドバイスをもらったり、
運の開き方を教えてもらったり、
はたまた体の調整をしてもらったり、
そして、明日は、「光明真言」の梵字、仕上げ編です。

まあ、毎回、毎回、盛りだくさんな内容なのですが、
みなさん、食いつくように学ばれています。

目的はいろいろ個人的にあれど、最大の目標は、
「自分らしく生きる」ため、まずは「自分」を知るところからといったところでしょうか。

自分で思っている自分の姿、
それが、他人にどう映っているか、
そして、それが、自分の思いどおりなのか。
これって、意外とかけ離れていたりします。

少しずつ、少しずつ、本当の自分を自分で理解できていくといいな~。
そんな場所が提供できたら、いいな~と思っています。

CIMG0127
CIMG0127 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/24(Sat)

【だんな様は霊能力者】 コメント 

ブログを書き始めてから、かなり経ちますが、ときにコメントをいただきます。
今日もまた、図書館で「だんな様は霊能力者」を偶然に見つけて読んだという方から。

こんなメッセージは何よりうれしく、一つひとつにお返事を書くことがなくても
とても励みになっています。
そんなコメントの中で、こちらにどうやったら参加できるのでしょうという質問もあり、
あら、お答えしていなかったわ~~と。

だんな様のHP

をご覧いただくと、様々な行事の日がありますので、
興味を持たれたら、メールをいただければ詳しいことをこちらから、
ご連絡させていただきます。
はじめは、見学という形で構いませんので、どうぞお気軽に参加ください!

本を読んでくださった方々には、なんとな~~くイメージがつかめていらっしゃると思います。
まあ、だんな様は霊能力者の表紙の絵と私は、あんまり似ているといわれたことがありませんが(笑)

ちなみに、「だんな様は霊能力者」のもとの原稿はこのブログです。
ブログをもとに書き起こしたのが、もう数年前になるんですね。と、自分で振り返ってみたりして(笑)

お参りの日には、もちろんお参りを済ませてから、いろいろな雑談に花が咲きます。
ちょっとした相談や、近況など、普通の話の中に自分の生活に生かせるいろんなヒントを
見つけられる方々も多いです。

いつもだんな様が言っていますが、ヒントはどこにでもあふれていて、
そのヒントに気が付くかどうか、その感覚を磨くのは、何も特別なことをする必要もなく、
いろんな分野のお仕事をしている人たちとの普通の話の中にあったりもするのですから。

人生、前向きに生きていくには、やっぱりどこかしぶとさとか、したたかさとかも
必要だったりします。
誰とそんな話をするかでも、世の中にあふれるヒントをつかむ感覚を磨いて、
これ!というのを掴んでいくしかないと、だんな様は言います。

「匂いがする・・・ようになるんだよ」
実際の匂いというより、自分に必要なヒントがどこにあるかを嗅ぎ付ける感覚とでもいうのでしょう。

そこから、いろんな運をつかんでいらっしゃる方も多いですが、
どんなヒントを手にするかは、運であり、行動であり、出会いだったりします。

CIMG0116
CIMG0116 posted by (C)kumisensei
ただいま、私はそれこそ感覚を磨いて、鳥をなるべく近くから写す!ってのに挑戦中。
相手が生き物だけに、なかなか思うようにいきませんけどね(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2014.05/23(Fri)

【だんな様は霊能力者】 普通に生きる 

「普通に生きる」って、意外と難しいもの。
まずは、自分の頭の中の「普通」から確認、確認。

先日、「私はいつ結婚できるでしょうか?」と、それこそ普通な質問された方の
頭の中に浮かんでいる「写真」みたいなものが、ふと見えて、
それこそ、あまりにも、某結婚のための雑誌の表紙みたいな図が見えて、
おかしくなってしまいました。

いや、いや、その方がそんな結婚が似合う、似合わないの話ではないのです。
これから「先」の未来を決めようとするとき、
本当な、もっといろいろな可能性があるのに
いかに、私たちの頭の中が「決められて」しまっているかが、垣間見えた気がしたのです。

・・・そして、何より、それこそ想像にすぎませんが、
一般的な「普通の結婚」には、きっと満足できない感じが・・・
(あくまでも想像です)
いくら、自分の思う未来を作り出せる人でも。
いくら、自分の思いが具体的に思い起こせる人でも、
すべて、想像通り!ってわけには行かないものです。

それに、「想像どおり!」に実現したとしても、そこから先のビジョンに関しては、
いつもいつも、具体的に思い浮かべ続けるか。
それとも、流れに任せるか。
それでも「予想外」のことは必ず起こります。

いつも不満を抱えていると、明るい未来と今の違いに悩んでいながら、
明るい未来を引き寄せるのは難しい。
明るい今日の先にしか、明るい未来はない、と思ったほうがよさそうです。

さて、さて、スピリチュアルな人なら、こうして悩むとき
自分の魂を解放すれば、すべて解決できるかのような錯覚に陥ります(笑)
きっと、本来の自分を思い出せば、きっと明るい未来が待っているはずと。

・・・ところが、魂の望む明るい未来さえ、作り出すための出発点は、
今、ここにしかありません。
逆に、本当の自分が、今の自分とのあまりのギャップに、驚いてしまう、
落胆してしまう・・・とか、あり得ることかもしれません。

結婚だけでなく、悩みを抱えるときに、そこから抜け出すには、
まず、今日をいかに楽しく生き抜くかということ。
本当の自分が、人がいう、一般的な、普通の生き方で満足できるかどうか、
それは、普通に生きてみて、そして、自分の魂に素直に聞いてみるしかありませんよね。
そして、満足できないと自覚できたら、安全な場所を離れて、
もっと広い場所で、自分が満足できる場所を探し求めるしかないのでしょう。
お家にいたまま、テレビや写真の中で、理想を探しても、
それこそ、今とのギャップに悩むだけだったりして・・・(苦笑)

CIMG0109
CIMG0109 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2014.05/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】 過去の思い出し方 

「ああすればよかった」
後悔して思い出すことって、たくさんあります。
でも、いくら、そんな風に思い出しても過去は過去。
変わるものでもありませんよね。

だから、今、ここから、「あの時があったから、今がある」と思えるように、
訓練してみる。

誰だって、後悔したくなるようなことの一つや二つ、あります、あります。
でもとても前向きに生きている人と、そうでない人の違いって、
いわゆる運が良い人と、悪い人、だと思ってしまいがちですが、
実際は、そんな公式じゃないんじゃないかな?と。

確かに、へこむようなことって、時々起りますが、
だからこそ、二度と起こらないように・・・と心に決める。
すると、どんなトラブルも、どんな困難も、
自分の能力を引き出すきっかけになっていた・・・って気が付いたりして。

例えば、「許せない!」と思うような出来事があって、
それで、何かしらの努力ができたら、
やがて、その人、その出来事、ぜ~~んぶ「許して」、
前に進まなくては、それ以上進めなくなるときが来たりします。

あれがきっかけで、こんな努力ができたな~と思う。
それが「許す」ことかな?と。

もちろん、相手や起こったことすべてを「起こってよかったこと」
「そのままでよいこと」と思う必要もなく。

ただ、「起こった過去」を自分のために許すことができたら、
それこそ、どんなに自分のためになるだろう・・・と、思ったりして。

「許しなさい」なんて言葉を聞くと、頭にきているときは、
余計に「許せない!」なんて思ってしまうものですが、
その感情で一番傷ついているのは、自分だったりするんでしょうね・・・。

「経典って、あいまいだから、どんな風にも解釈できるんだよね」

やっぱり、経典は読んだだけでは、理解できず、
はたまた感情的になっているときには、ますます理解できず、
わかった!と思っては、そんな気持ちになかなかなれない・・・と思うことあり。

でも少しずつ、少しずつ、何かを自分で経験しながら、振り返って
わかってくるものなのかもしれませんね。

過去を振り返るって、そんな意味があるんじゃないかな?と思ったりします。

CIMG0083
CIMG0083 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/20(Tue)

【だんな様は霊能力者】 被りの原因 

被るといろんな症状が体にでますが、
誰かから何かが飛んできたとき、
誰から飛んできたか、それが意識的かどうかど確かめたくなります。

いわゆる、「飛ばす癖」みたいな人もいて、
無意識にも「助けて~~」と思うと、助けてほしい人のところに、
中身だけ飛んできてしまうのです。
気持ちは助けてほしいという気持でも、うけとる側からすると、
生霊とおんなじ感じだったりします(苦笑)

本人が意識して飛ばしている場合は、
意外と誰が飛ばしているかは、わかりやすいです。
・・・って、まるで自分がわかるように言っていますが、
私の場合、調子の悪い人を見ていて、本当に調子が悪いのか、
何かの影響を受けているのかぐらいしかわかりません(涙)
でも、それは、それでよし。
私の周りには、それがはっきりわかる人たちがたくさんいますもの。

意識的であろうと、そうでなかろうと、中身が飛び出してしまう人は、
自分の精神も肉体も消耗していきます。
もちろん、飛ばす気持ちが、ポジティブな場合は、
誰かにエネルギーを送ることができるということにもなるのですから、
ものは使いようというところでしょう。
元気かな?元気になってほしいな・・・と思っている相手には、
必ず、エネルギーの大小があっても、届いています。

同じような気持でも、「大丈夫かな?」「ちゃんとやっているかな?」
などなど、一見ポジティブな、相手を心配する気持ちは、
相手にとってプラスに働くとは限りません。
自分からメッセージを送るのは結構なことですが、
心配や、必要以上の心理的かかわりは・・・
やっぱり、相手にとって、プラスに働くものでもありません。

一生懸命頑張っているそばで、「ねえ、大丈夫?」「本当にうまくいくの?」
などなど、言われたところで、相手はその言葉に煩わされてしまうだけだったり(苦笑)
自分が言われてみればわかります。
自分でも不安なことにチャレンジしているとき、
「大丈夫?」と心配されるより、
「あなたなら、きっとやれるわ」と信じてもらったほうが、
ずっと助かります。

何かを信じるとき、信じ続けることが必要なのは、
誰にでも不安な気持ちがゼロじゃない証拠。
もし、まったく不安がなければ、信じるという行為さえ必要ない、
ただの当たり前のこと、当たり前の結果だったりするのですから。

きっと違いは、不安な気持ちをいかに無駄と考え、
いかに絶対できると自分に思わせることができるか。

悟ったり、余裕があるように見えたり、難しいことを簡単にやってのけたり。
私たちからすると、超人とも思えることをやり続ける人の心の中は、
想像しているのと違って、意外とあんまり変わらないのかもしれません。

これも、同じように見えて、絶対的に違う結果をもたらす、「心の持ち方」
なのかもしれませんね。

CIMG0081
CIMG0081 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/19(Mon)

【だんな様は霊能力者】 強い信念と執着 

よく、スピリチュアル系の本にも出てきますが、
同じように見えて、圧倒的に違うものシリーズ。
それは・・・
強い信念と執着

ときに、強い信念は、奇跡を起こすほどのパワーにもなりますが、
同時に祈る対象への「執着」と紙一重でもあります。

例えば、わが子にとある学校に行ってほしい・・・と願う。
親としては、その学校がその子にとって良いと信じたうえでの願いだとしても、
強く祈れば祈るほど、強い信念を持てば持つほど、執着になる可能性が生まれます。

いや~、難しいところですね。
ん~、こんなのあったらいいな?なんて、願ったりしたものが、ポイと目の前に現れる。
それは、それでステキなことですが、自分の願いが「正確」に反映されてなければ、
そもそもの願いさえ、かなったか、かなってないか、よくわからん(涙)

ときに、自分が祈って、その祈りに応えてもらっていても、
あれれ?本人、気が付いていない・・・なんてこともあります。

だから、こんな風に祈ってみるとか、信じてみるとか、法を使うとか、
自分が念じたとおり、願ったものが実現するまで繰り返してみる。
そんな工夫は大事です。
でも、それで思ったようにいかないとき、「なんで???」と思ったら、
そして、それが重なると、祈りの内容への執着の始まり、始まり。

覚えて忘れる(忘れていると思っているぐらいでも、ちゃ~~んとできる)
なんてことも同じで、祈りにも、何にでも熟練へのプロセスは、必ずあるのだと実感します。

と、考えると、祈りは「訓練」????(笑)
訓練しているのは、何を隠そう「自分の心」

だから・・・ちゃんと欲があって、ちゃんと願いがあって、
ちゃんと祈ってみて、繰り返して、そこからなにか学んで、って繰り返しながら、
自分の心を鍛えていくのかしら?なんて思ったりします。

「なんで、あの人変わらないのかしら?」
は、確実に、執着です(笑)

CIMG0076
CIMG0076 posted by (C)kumisensei

なんで、思ったように写真が撮れてないのかしら?
と、考え続けると、執着になりそうなので、そのうち慣れるだろ~~ぐらにしておきます!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  00:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/17(Sat)

【だんな様は霊能力者】 もうひとつの敵 

集中力を必要とする仕事や作業、はたまた空手もそうですが、
そのこと自体より、戦わなくてはならない敵。

それが「被り」

場所が悪かったり、空気が悪かったりすると、とたんに集中力がダウンします。
けれども、これって、何かができないことの理由にまったくならないのが現状。
ですから、大事な、ここ一番!は、やっぱりどんな空気であっても、
戦わなくてはなりません。
今日も、そんな場所での作業は、まさに自分の集中力との勝負。
で、結果、終わった後にヘロヘロという感じでした(苦笑)

それでも、「被る」その感覚が、作業の中のちょっとした疑問や引っかかる場所を
探し出す、ん?気になる、と思う感覚にもつながっているので、
そこのバランスは難しいところですね。

最近、よく耳にするトピックシリーズ!
それは、「スランプ」
空手でも、それから翻訳の仕事でもあります、あります。
順調に進んでいたのが突然に止まったような感じがする。
この前も、私的にそんなことがあり、どうしたらいいんだろう?
と、ちょっと悩み、しかるべき人に相談!
もちろん、ほとんどのことはだんな様に聞くのですが、
それでもそのスランプから抜け出すには、
「聞いたことを、忘れずに、必ずやる」ということ。
この前のスランプは、空手のことだったので、
ずっと頭にあり、聞いてみて、ヒントを得たので、
早速、実行!と行く予定が、ただいまあられ号閉じ込められる事件により、
ペンディング中(爆笑)
でも、忘れてませんよ~。
次のステップに行くための、大事なヒントですもの。
自分のものにするためには、いくつかのステップがありますが、
1)どうしたらいいんだろうと、常に頭においておく
2)かといって、あんまり深刻に考えすぎない(視野が狭くなってしまいます)
3)すぐにできなくて当然!という心に余裕をもっておく
4)そして、そして、できるまで繰り返す

スランプを感じるときに、あの人はできるのに・・・なんて、
ほかの人との比較は、一番の敵です(笑)
スランプとほかの人は関係ありません、と、あえてきっぱり言っておきましょう。
誰かとの比較は、自分を分析するには有効ですが、
同時に自分をただ単に追い込むだけってことも忘れずに~~!!!

ステップアップは、一にも二にも、自分のためですものね。
頑張りすぎているな~と思ったら、一度、そこから離れてみるのも手です。
でも、離れることさえ、ステップを見つめる手段なので、
必ず、忘れずに、その場所に戻りましょう~~!!
でないと、それまで頑張ったことが、本当に無駄になることも少なくありませんから。

何より、楽しむ工夫、ここは頑張るところです。
頑張ってうまくなる、スランプを乗り越えるのは、
楽しむ工夫の頑張りの先にあったほうが、自分の身に付きやすいと思いますよ~!!!

CIMG0035
CIMG0035 posted by (C)kumisensei
今日の夕日は、あたらしいカメラで撮った割には、いまいち。
ん~~、工夫のし甲斐があります!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/14(Wed)

【だんな様は霊能力者】 か、家庭教師がついた? 

よく「私に守護霊はいますか?」という質問、
だんな様に聞く方がいらっしゃいます。

「守護霊なんていたら大変だよ~~」
と、まずは第一声。

守護霊は、「守護してくれるもの」と思っている人が多いでしょうけど、
実は、「守ってもらう必要がないぐらい成長させてくれる人」だそうで(笑)
つまりは、厳しい「家庭教師」がついたようなもの。

楽をしたいと思ったら、これってただ厳しい人が始終見張ってるってこと。
だけど、成長したいと思っている人にとっては、それこそ
「守ってもらっている」のと同じです。

あれがあったらな・・・

こんな望み自体に、良い、悪い、なんてありません。
それより、その「ほしいもの」、何のためにほしいかが問題。
もし、あなたを鍛えるための守護霊がその願いを聞き遂げてくれたとしたら、
今度は、それを手にしたあなたがその目標を果たすまで、
手を変え、品を変え、鍛えられます。

だったら、結構です。

って場合には、そこで「望みをかなえる」ってのもおしまい。
だって、望みがキャンセルされたのですから。

だから、望みも持ったり、欲を持ったり。
それは、それで、とても大事なことだとも思います。

旅行に行ってからの私は、マルチタスク訓練期間のような?
ふと、頭の中で、腕輪念珠、みなさん身に着けてるかな?
浄化したほうがよくなったりしてないかな?
などなど、理由なくこんな考えが浮かんだとたんに、
あちこちから、浄化の念珠が送ってきたりします。

ただしこんな時は、いろんな考えが頭に浮かびすぎて、
あちこち思考が飛ぶ傾向が・・・(涙)

こうなると、せっかくの感覚も、バラバラのまま。
「なんとなく、そう思っていたのよね~」
で終わってしまうってことにも。

はたまた、これからやってくるって人がとても被ってしまっているとき、
あるいは、最近、見かけないけど妙に気になるとき。
私が、気になる、気になると大騒ぎ(爆笑)
その時は、心配するのが義務、当たり前じゃん!と心が暴走。
でも、現実には、被っていると私が感じているほど、
ご本人は被っていないことがほとんど。
(つまりは、私が勝手に増幅させてる・苦笑)

それに、いくら私が気になることがあっても、
それは現実となるまで、現実じゃない(獏)
あなた、こうなるわよ~
とか
なんか困っているんじゃない?
とか
考えてみれば、結構、大きなお世話だわ(あはは)

感覚が鋭くなるということは、伝わってきたものを
整理できる力、わかっていてもタイミングが来るまで待てる力、
そして、その結果が出るまで、温かく見守れる力。
はたまた、自分に関係のないことまで頭を突っ込まない冷静な距離感、
などなど、結構、いろんな課題も一緒に降ってくる(笑)

なんだか、ふと浮かぶことが多くなった今、
丁寧な家庭教師に、それこそ丁寧に指導されている感じがしてなりません(苦笑)

CIMG5814
CIMG5814 posted by (C)kumisensei

そういえば、今まで夕日を撮るときに使っていたデジカメが、
とうとう限界を迎えたようです。
今までお疲れ様~~。
明日からは、新しいデジカメで夕日を撮ります。
さて、さて、どのくらいカメラの性能が上がったものか。
確かめてみよ~~~っと。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/13(Tue)

【だんな様は霊能力者】 久しぶりに思い出した! 

人間の魂って、基本的に輪廻転生を繰り返す(と私は信じています)
でも、きょだい~~~な魂があって、それがわかれて何人かの人に
入り込むってパターンを初めて知ったのは、数年前。

一人は、だんな様のもとに一番古くから通っている方。
そして、もう一人は修行をするアドバイスをもらいに来られた方。
そして、はたまたもう一人は、外国で長い間暮らして日本に戻ってこられた方。

ひょんなことから、その中の一人の人が、過去世で自分が
火あぶりにされたことを思い出し、

すると、もう一人が、あ、それを側で見てました、と思い出し、

それを知って、ああ、そういう人を本当は罪がないのにと思いながら、
捕まえるのが自分の仕事でした・・・と思い出し。

不思議なシンクロが、ここで繰り広げられたのは数年前。
そして、彼らの魂をみると、それぞれ半端ないエネルギー量。
人間の魂のエネルギーも基本的には無限。
でも、彼らのエネルギーは、半端ないので、どうしても
魂の意志に逆らえないわけで。

こういう人たちの場合(って少なくありませんが)
魂をじっと殻の中に閉じ込めておくのは無理なので、
まあ、普通と違った生き方をすることになってしまいます。

さらに、どうやらこの三人の魂、もともとは一つだった感じが・・・。
それが3つに分かれて、等分とはいかない・・・。
というわけで、それぞれ、ステキな個性な持ち主。

そして、ここでお会いになった三人は、その後、
バタバタとそれぞれのパートナーを見つけ、
1~2年の間に、バタバタと結婚され、再び、それぞれの道に・・・。

まあ、一つだったものが別々になったにはそれなりの意味があり、
また一つになるのか、それともそのタイミングじゃなかったのか、
そのあたりは不明ですが・・・。

どちらにしても、過去世は一つの出発点でしかなく、
まるで実家に戻るようなもの
まるで卒業した小学校に戻ったようなもの。
頭の中に残る思い出と、今の姿は、ちょっとかけ離れたものかも。

そして・・・明日からは、また新しい未来が始まるのです。

出発点に戻るって、なんというか立ち位置みたいな確認ができて、
心の安定感につながることもあるんでしょうけど、
まあ、そうとばかりも行かないこともあったり、
いや、いや、すっかり心が癒されてしまう人もあり、
ほんと、それぞれです。

というか、それぞれで良いんですよね~~。

過去世に戻る仁も、何か視点があれば、きっと何かを得ることができるんでしょうけど、
漠然ととか、タイミングが合わないと、とか、いろんなパターンがあるものだと思います。

IMGP6832
IMGP6832 posted by (C)kumisensei
この故郷に戻られた方は、どんどん魂が浄化されています。
この旅の前後に会った人たちが口をそろえて、
「別人みたい!!!」と叫んでました。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/12(Mon)

【だんな様は霊能力者】 母の日 

今日は、全国的に「母の日」
でも全世界的に「母の日」か・・・というとそうでもありません(笑)
イギリスでは4月、フランスでも5月の末というように、それぞれ。

それぞれの国で、母の日は始まり方が違っているようですね。

それでも、母に感謝をするという気持ちは同じ。
ただ、母の日だから、カーネーションを贈る・・・なんて話を
国が違う人に話すと、顔が???になることがあって、
すると、日本ではなぜ、今日が母の日になったんだろう?と
調べるハメになります(苦笑)

記念日というのは、何もしないで通り過ぎようとすれば、通り過ぎられるもの。
ただ、本当にこじつけだったとしても、何かのアンカーを残しながら、
日々を過ごすのは、大事なことだったりします。

何より、知らない間に「当たり前」になった大事なことを
ちゃんと心に抱いて、感謝するチャンス。

少し前、だんな様のもとには、病気の相談が重なったことがありました。
その時、当たり前のように働いている自分の体内の細胞、ひとつひとつ、
すごいバランスを保って、働いてくれていることに、思わず感謝。

体中駆け巡っている血管ひとつ詰まってしまえば、大変です。
お年を召した方の体調不良のご相談では、
肺に水がたまり、利尿剤をいれて脱水する治療をされているとか。
けれども、利尿剤を入れること自体が心臓に負担がかかるので、
弱った心臓には、利尿剤が負担になる。
でも、肺に水がたまったままだと、呼吸がきちんと行われないため、
体内の酸素が不足して、脳にも酸素が届きにくくなる・・・。

逆にいえば、元気に普通に暮らしているときには、
このバランス、当たり前のように保たれているのですものね。


・・・と、母の日とは全く違う話題になってしまいましたが、(苦笑)

ただいま、本気で断捨離中の実家の母には、物が増えることがストレスになっているようで(笑)
今回は、あえて「言葉」だけ。
そのうち、私の使い古した(といってもまだ十分使えます)PCが、
母の日のプレゼント代わりに、届くようになっています。
言葉だけで、ごめんね~~と言ったら、
「いや、今は言葉のほうがありがたいのよ。
受け取った!」
ときっぱり言われてしまいました(獏)

それでも数年前に送ったテッセンの花は、庭に植え替え、
今年もたくさん花をつけているらしいです。

CIMG5807
CIMG5807 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/12(Mon)

(  

EDIT  |  04:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/11(Sun)

【だんな様は霊能力者】 自分で経験しないと 

どんなことも、自分で経験しないと、信じられないもの。
いや、目の前で見ても、なかなか信じられないものだったりします。

ライト兄弟が空を飛んで、写真で有名人が空を飛ぶ写真を見ても、
それでも「自分」が空を飛ぶ経験をしなければ、
人が空を飛べるなんて・・・信じられない・・・。
いや、何度も飛行機に乗って飛んでも、大きな飛行機が
大空に飛び立つのを目にしても、・・・信じられない(苦笑)

人の思い込み、ってなかなか変えられるものではありませんね。

なのに、何か、自分に都合の良い事だけは、すっかり、
いとも簡単に信じてしまう。
テレビやラジオで流れていること、基本的には本当に起ったことでしょうけど、
実際に報道されている感じ通りに物事が起ったかなんて、
確かめようもありませんが、不思議なほどすぐにそのまま信じる。

奇跡的な事なんて、起こる時には起るものですが、
実際に自分の目で見ても、自分で経験しても、
なかなか腑に落ちるまで、時間がかかったりします。

そういう意味では、「信じられないほどの回復」や
「信じられないほどのラッキー」などなど、
ウルトラCをこれだけ目にしていれば、
素直に、起る時には、起る!と信じられます。

そして、信じると、ますますウルトラCと出会うことが多くなる。

できれば、ウルトラCは、「思い通りに人生を生きる」
ということにつながっていて欲しいなとは思いますが。
どんなウルトラCも、一発花火のように、ただ起っただけでは、
ただ起っただけ(笑)
それ以上でも、それ以下でもありません。

自分の目の前で起った奇跡的なこと。
奇跡にすがるのではなく、自分で奇跡を起せる!
そんな意識につながっていったらな~~と思ったりします。

CIMG5804
CIMG5804 posted by (C)kumisensei
フォーカスがあっていませんが、これだけの鳥の群れ、
これまでもなかなか写真に収まらなかったことを考えると、
結構、私的には奇跡的!(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/09(Fri)

【だんな様は霊能力者】 トラブルと霊能力者 

何かトラブルがあった時、誰に何を尋ねるかってとても重要。
友達とか知り合いとか、有益な情報を与えてくれることも、確かにあります。
(それに、そんなちょっとした話の中に神様や仏様のメッセージが含まれていたりするし)

でも、話の全体や、これから先の展望などなど、
視野に入れるべきものが変わってくると、同じことを聞いても
話がまったく違ったものになるってことは良くあります。
まあ、知り合いや友達、はたまた家族も良かれと思って、
あなたの問題に助言してくれるのはありがたいのですが、
ど~~もそこに利害関係が含まれてくると、これまた違ったトラブルの種になったりします(涙)
ですから第三者に客観的に、複雑な問題をより複雑にしないためにも
相談する相手を選ぶっていうのは、自分の智恵のひとつでもあるでしょう。

それにちょっとしたトラブルは、ちょっとしたトラブルの割には、
日常生活全体に影響を与えるものですもの(爆)
最近、ご近所トラブルの話がだんな様のところに相談が数件ありました。
隣の家が工事をやって、その影響で、自分の家にヒビが入ったという、
どこにでもありそうなトラブル。
「隣に工事に来ている人に、私の家にヒビが入ったって言ったんですけど・・・」

どうやら、何度言っても、お隣の工事現場の人は知らん顔。
あまりに繰り返してクレームを付けていたら、なんと、
お線香をお詫びに持ってこられたとか!!!
これじゃあ、ますます頭にきます・・・
が、多分、何度も何度もクレームをつけられた工事現場の人も
かなり頭に来ていたんでしょうね。

感情の高ぶりは、相手に伝わり、どんどん互いに冷静でいられなくなるという
良くあるといえば、良くある話。
そして、互いに自分が正しいと思っている。
ヒビが入った家の持ち主は、隣の工事のせいだと思い、
工事の人は、そんなの工事前から入っていたかも、頼まれた仕事をやっているだけと思い、
そこにお互いの感情の高ぶりがプラスされると、まあ、複雑な話に。

「みんな、話を複雑にしすぎるんだよね」
と、だんな様。

こんな時は、できるだけ冷静にビジネスとしてクレームをつける必要があり、
そして、相手には「そうか」と思わせる心理的な駆け引きが同時に必要であり。

今日もまた、自分の所有する敷地に知らない車が駐車され、
警察に連絡しても、ある程度までしかやってもらえなかったという話。
「警察は、何のためにあるんですか?」な~んて、言っても問題は解決しない。
ココは、きちんと、法律的に不利にならないようにしながら、
物事を進めて行くしかありません。

誰かとのトラブル解決は、できれば勝ちたいものです。
だって、自分が正しいとお互い思っているからトラブルになるわけで。
完全に自分の思いどおりに解決しないまでも、こじれて、大事な日常の静けさが、
乱されないようにという視点も大事ですよね。

お互いが、納得するようなトラブルの解決法に至るには、
これまた今度はビジネスライクでは片付かない側面もあります。
ある一つのトラブルで、相手に勝つことより、自分の生活がより快適に
続くような視点・・・それを与えてくれるようなアドバイスが受けられると、
ありがたいですよね。

CIMG5788
CIMG5788 posted by (C)kumisensei
同じ太陽も、日常の気持次第で、ありがたいと思える時も、
夕日をめでる心の余裕さえ失ってしまう場合もありますものね。
できれば・・・今日も一日、無事に終わった!とスッキリ行きたいものです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/06(Tue)

【だんな様は霊能力者】 社会の中でしか学べないもの 

できれば自分の子供にはすべての事を授けたいと思うもの。
できれば自分が指導するものにも、すべてを授けたいと思うもの。

でも、それは「相手に自分の言う事を聞かせること」とは別物です。
でもでも、忘れちゃうんですよね~~、心配のあまり。

「でもね、それって誰のための心配なのかなって思う事があるよ」

誰かを心配する時、相手と自分、どちらか一方を心配しているつもりでなくても、
本当に相手のことを思っていないと、うっかり自分の思いが入りすぎることも
少なくなく、結局、「自分のための心配」になってしまうこともあります。

「教える」立場、例えば教師とか、例えば母親とか父親とかという
立場になると、どうしても「言う事を聞かせたい」衝動に駆られる(爆笑)

そうでないと、大変なことが起るよ!と。

でも、起ってからしか、悩んでからしか、学べないこともあります。
ピンチはチャンスでもあるのですから、あまりに心配して、
困ったことが起らないようにと、先回りしていると、
大事な学ぶ機会をつぶしてしまっている可能性も無きにしもあらず。

子供にしても、ある特徴は、強みにも弱点にもなる。
自分の弱点ゆえに起ったことは、社会の中で解決していく力をつけるしかないものも。
いくら、「こうしてはダメよ」なんて言っても、
「治した方が良いよ」と言っても、
自分がそんな言葉を言われてみればわかりますが、反応は2つ。

「そうならないように、気を付けよう」と思うか、
「余計なお世話」と思うか(爆笑)

そして、そうならないように気を付けて、気を付けて、気を付けて
いる間に、そうアドバイスした相手は、成長する代わりに縮こまってしまったり。

人を育てる、見守る、って、思ったように行かないもの。
・・・って、何より神様や仏様ってそんな気持ちで私たちを見つめているのかも
知れませんね。

「親の心、子知らず」とは言いますが、
その親心、どんな風な心で見守るのか、
それこそ「子供の日」にしっかり見直してみるってのも良いかもしれません。

CIMG5779
CIMG5779 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  02:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/05(Mon)

【だんな様は霊能力者】 過去世への旅は出発の旅 

自分の過去世って気になるような、そうでないような。
自分の過去世を知らない時、そしてそこに戻りたい気持ちがどこかに残っているときには、
結局は、「現世」を生きている間に、忘れてしまった大事なメッセージが、
そこに詰まっていたりします。

と書くと、とてもロマンチックに聞こえますが、
実際には、本人にとって過去世の思い出は良いものだけでなく、
生まれ変わっても忘れられない、忘れてはならないものだったり、
トラウマチックな出来事だったりします。

過去世のトラウマを思い出し、それを乗り越えるには、
かなりの体力と精神力が必要になるので、それを経験した人は、
口をそろえて、「できればお奨めしない」と言います。

「だから、過去世までさかのぼって癒す事ってあんまりしないけど、
決定的な理由がある場合は、体力、精神力をつけてからだね」

体力が必要な理由は、その場面を見ると納得できます。
何というか、体にかなりの負担がかかります。
その負担を精神的に耐えられるかどうかの精神力も必要。
何しろ、かなり体調に来ますが、それは実際の体の不調ではなく、
心の問題です、が、乗り越えられないと、本当に体に症状が残ったままってことになります。

ですから、過去世を癒すのも、ひとつの賭けみたいな部分があるな~と。
あまりにその症状が激しいと、逆に、新たなトラウマができ上ってしまうことさえあると思うのです。

今回の旅のミッションの一つは、ある人の魂の故郷に戻る事。
そして・・・その旅を終えた本人の口から出た最初の言葉は、

「これで、現世をしっかり生きるスタートラインに立った気がします」

そう、過去世を知っていようといまいと、人は現世を生きているのですから、
今、ココをしっかり生きないと、はたまた来世に宿題が増えた状態で
残ってしまう・・・ってことにもなりかねません。

逆に言えば、今しっかり生きられれば、過去のトラウマも溶けるようになくなるわけで。
幸せそうに暮らしているご夫婦を見ると、さみしかった過去のトラウマが
どんどん消えて行っているのがわかります。

さて、過去のトラウマが消えたところで、
現世の中でトラウマを消したところで、
新たな人生がまた、目の前に待っている訳です。

悩んでいたりすると、その先の事は考えられないのが普通ですが、
あるトラウマが解決しても、まるで解脱したような人生が待っている訳ではありませんものね。
そして、自分の魂は、きっともっと明確に「自分らしさ」を
あなたに求めるようになっていきます。
そこに、現実に生きるために必要な事との摩擦は、いつの時代に生きてもつきもの。

今回の旅行で、魂の故郷に戻っただんな様のお弟子さんが、
新たなスタートラインに立って、どんな風に変わっていくか?
楽しみ・・・と思って、観察していたら、あら?
予想とかなり違う展開になりそうな予感も(爆笑)

ん~~、いろんな意味で、観察し甲斐がありそうです(あはは)

IMGP6810
IMGP6810 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/04(Sun)

【だんな様は霊能力者】 同じ間違い 

いや~、校正をしていると、時々凹みます。
自分の書いた文章なので、自分で自分にダメ出ししている気分。
その上、同じ間違いを繰り返してる!!なんて発見した時には
あらま、結構、凹み方が激しい(苦笑)

学校のお勉強は、100点取らなくても、何とかごまかして前に進めますが、
どうやら、人生のお勉強は、合格するまでくりかえされるようです。

同じ間違いを繰り返すなんて!プライドが許さない!
な~んて、思っている割には、プライドを持つ部分を間違えると、
やっぱり、神様や仏様から、「はい、やりなお~~し」と言われているような(爆)

だんな様もブログに書いていましたが、
焦ったりした時、勝手に自分で八方塞がりな気持ちになりますが、
そこに自分の心を追いこんでいるのは、何を隠そう自分。
だって、後で考えると、全然、八方塞がりでもなんでもない、
ただ、一番大事な「何か」を忘れて前に進もうとしていただけだったり。

幾ら、頭の中で考えても、右足か左足を前に出すという基本がなければ、
「そこ」から抜け出すことはできません。

自分がやったことを誰のせいにもできない。

もう一つのブログにも書きましたが、かつてゴルフをやっていた時、
自分が打ったボールで、自分で悩むという、なんと過酷なスポーツだこと!
と、思ったことがあります(笑)
それに、何回かボールを打って、たった一回、うまく打てた、
遠くまでボールが飛んで行った、ぐらいでは結果に反映されることも少なくて、
いや~、学ぶことが多かったです。
目的地(=ゴルフでいえば、ホールインする)まで、自分がどう戦略を立てて
たどり着くかという思考が必要なスポーツですが、下手な時は、
目の前のボールを打つだけで、戦略も何もあったものではありませんでした。
それに、その時には、何はどうあれ、自分の順番が来たら・・・
・・・とりあえず、打つしかない(涙)

空手も同じですが、何かを一生懸命やっている時って、
結構、学べるものだと思います。

同じ間違いを繰り返し、同じところから抜け出せない時、
ゴルフも空手も、そして人生も、まずは基本に戻るしかない。
というか、結局はそれが一番の近道。
焦った気持ちのままだと、事態はさらに悪化!なんて、
痛い目に、それこそゴルフでも空手でも何度会ったことか(はあ~~っ)

それから・・・目の前で誰かが悩んでいるのを観察するのも、
意外とヒントになったりします。
自分も同じ間違いを繰り返していると、気が付きやすくなるのです。
どうして?どうして?と思っている割には、自分のことだと意外と気が付かないもの。

例えば、ある人がある人から無理なお願いをされているのを見ると、
「そんなの、断ってしまえば簡単なのに」
と、思いますが、自分が頼まれる立場の時は、意外と同じことやってます。
ちゃんと、工夫して断ったら、
ちゃんと、自分の意思を持っていたら、
その方が、その時断らずに後で嫌な思いをするより、
ずっと相手のことまで嫌いにならずに済んだりすることも。

同じ間違いは、繰り返したくないものですが、
人生で超えなくてはならない課題は、合格するまで繰り返されます(涙)
まずは、繰り返しているってことを自覚するところから・・・
って感じでしょうか?
違った問題に見えても、原因は同じことだったりするものです。

CIMG5715
CIMG5715 posted by (C)kumisensei

繰り返しも悪くない・・・毎年、きれいに咲く花を見て思うこともありますけどね。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/03(Sat)

【だんな様は霊能力者】 休むとき 

ずっと走り続けていたら、そりゃあ疲れることもあります。

思い返してみれば、私的にですが昨年末から出版ラッシュ。
12月、3月、そして、もう一冊5月か6月に出版すべく原稿の校正に入ってます。
いや~、これほど原稿に集中する日々が長く続いたこともなかったので、
少々、食傷気味!
なので、これが終わったら、勝手にしばらく休養宣言(爆笑)

これ以上、頑張ると、嫌いじゃなかったものが嫌いになる・・・
なんてこともありえますから、ココは自分でコントロール。

とはいえ、そんなことを言っている場合じゃないというケースもあって、
自分で自分の仕事のペースを作り上げるのは、ことの他、難しいですよね。
特に、自分で仕事をすべてこなさなくてはならない自営の場合、
どうしても不安な心から、仕事を詰め込みすぎてしまうことがあります。

周りからの要求に応えようとしすぎて、パンクしそうになる。
不安から仕事をしていると、思ったように成果があがらず、
余計に不安になる・・・なんてスパイラル、あります、あります。

どこかで強制終了しないと、なんだかこのスパイラル止めようがなかったり(苦笑)
そこで、「非日常」を無理やりにでも作って、
日常を見直すチャンスにしたいところですが、
完全に頭を切り替えるのは、これまた結構大変。

真面目な人ほど、このスパイラルに陥ったまま抜けられないことも多く、
気が付くと、バーンアウト(燃え尽き)症候群に。
・・・と、ならないように、しっかり「思考を完全に止める」工夫をしましょう!

私の場合、それが空手だったり(他の事を考えていたら、突きや蹴りが吹っ飛んできます)
旅行だったり(日常を完全に離れるには、一週間ぐらいは欲しいですね)。
人によって、この切り替えに必要な「ツール」は異なりますから、
工夫して探してみましょう。

そして、そして・・・
少し休んだら?と、人から言われる言葉にイラついたら(爆)
それは、本当に休む時です。
しっかり、「頭」も「体」も止めて、足並みをそろえてからの方が、
ずっと効率が良く、結局はスムーズに終わるものです。

「やるべき時は、やるしかない」
と、だんな様。
こう言われた時は、頑張る時。

「少し、休みなさい」
と言われたら、どんなに自分の心が拒否しても休む。

頑張り時は、確かに一番、自分の力が付くときでもありますから、
頑張るしかないのですが、頑張る方向やタイミングを修正することも忘れずに!

CIMG5709
CIMG5709 posted by (C)kumisensei
太陽も頑張ってはもらいたいものですが、あんまり頑張ってもらいすぎると、
暑くてしょうがない・・・(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2014.05/02(Fri)

【だんな様は霊能力者】 神様は仏様、そんなに怒りませんよ= 

今日は、神様の日。
もう一つのブログにも書いたように、だんな様はPCのトラブルを解決しつつ、
家の中や周りの浄化も力技で、エイ!といつものように解決(笑)

いつも書きますが、人の念みたいなものって電気と性質が似ているので、
原因不明な時には、目に見えない何かが影響をしていることも
少なくありません。
まあ、原因を解明するのも大事ですが、あくまでも直すための解明。
今は、何とか復旧したようですし、家の浄化も無事終了!ってことで、
取りあえず良し!としましょう。

こんな時に、原因を探して突っ込みすぎると、余計に深みにはまることも少なくありません。
同じようなことが、人間関係にも言え、
例え、誰かからどんな気持ちや念が飛んできたとしても、
どうしてそんな風に思うの?な~~んて、突っ込みすぎると、
自分の心まで、飛んできた念と同じ波動に巻き込まれてしまう・・・なんてことも。

原因は、わかる時に、わかる。

ぐらいの心理的な距離感でいると、本当にしばらくして、
本当の意味って次第にわかり始めるものです。
そして、こういった場合、原因はひとつでないことが多い。
原因を探すとき、人はどうしても「これだ!」とひとつに絞りがちですが、
人の気持が現実に何かを引き起こすには、思いのエネルギーに
いくつかの原因が重なって、現実となることが多いように思います。

ですから、逆に言えば、自分の思いを実現したい!と思う時も、
思っただけでは、祈っただけでは、なかなか実現しないということでもあります!!!

心のエネルギーの強さを知っている人たちは、
自分の思ったように行かないとき、
何かに邪魔されていると感じた時、
はたまた、自分でいけないことと思ってもやってしまったと思う時、
それから、自分がしらないと思い込んで恐怖を感じている時、

などなど、色々パターンはありますが、
こうしたら、ご先祖が怒る?とか、神様が怒るんじゃないかしら?
などなど、ほとんどは自分の「恐怖心」から、
神様や仏様が怒るかも?という気持ちをお持ちの方もこれまた少なくない。

けれども、だんな様に言わせると、
「偉い神様や仏様になればなるほど・・・
いちいち目くじら立てて怒るほど、暇じゃない」
(笑)

怒られるかも・・・という感覚は、ほら、子供の頃、
こんなことしたら、お父さんが怒るかも?と思いつつ、
結局は、やらかしてしまった子供の心の中に似ています(笑)

ですから、神様や仏様とどう付き合えば良いかということも、
全く同じで、親に怒られないようにと縮こまっているより、

ちゃんと、相手に認めてもらえる自分になりましょう。

そのための第一歩は、シンプル。
まずは、ご挨拶から。
氏神様も仏様も、毎日、毎日、「おはようございます」と、
何の裏心もなく(って、お願い事ばかりで手を合わせることなくって言う意味です・笑)
挨拶する相手を、その内、無視できなくなります(爆)
そして、この挨拶、順番をすっ飛ばさないよう(爆2)

ほら、会社でも同僚には挨拶しないのに、社長が来たら挨拶。
(この時点で、裏心あり?と思われたりして・笑)
な~~んての、良い感じはしないのが普通。

ご先祖様、氏神様、身近な人ほど、親しく、近く、頻繁に手を合わせる。
そんな習慣の先に、様々な祈りの世界が広がっています。

CIMG5705
CIMG5705 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |