2015.06/30(Tue)

【だんな様はメンター】 月例会! 

昨日は、11時から「夏越大祓」を行いました。
半年の穢れを祓い、残った半年をスッキリ!

CIMG5700







と、28日は不動明王様のご縁日。
ということで、今度はお念珠を持ってのお経を奉納。

CIMG5700







行事の後は、いつも「直会」と呼ばれるお食事を皆さんで。
そして、いつもの月例会に入りました。

護身法では、初級の方々と、いろんな塗香を試してみました。
香りも値段もそれこそピンキリ!ですが、
好みが分かれるところなのですが、いろいろ試しすぎて
最後は鼻が利かなくなりました・・・。

初級に参加されている、といっても、みなさん豊かな感覚や経験を
お持ちの方々ばかり。
塗香の中に入っている匂いのもとをしっかりかぎ分けられる方も!
それから、お参りに行くときの疑問、あれこれコーナーみたいになって、
実質的には、お念珠の持ち方や意味、などの説明で終わってしまいましたが、
やはり、護身法に興味を持たれる方々なので、
自覚があったり、なかったりはあっても、
「潜在的な霊能者」ばかり(笑)
だから、と言って、護身法をしなくてはならない!というものでもありませんし、
始めるには、始めるタイミングというのはそれぞれ。
それに、どちらかというと、キリスト教やそれ以前の西洋の宗教に
興味がある、という方もいらしています。

ただし、ココは日本なので、周りの空気から自分の身を護るオーラ―を
身に着けるとすれば、まずは、これですよ~~~と説明させていただきました。

そして、仏画の塗り絵。
今日は地蔵菩薩さまです~~!
それこそ、個性がでていて今月も楽しませてもらいました。
もっと沢山、写真を撮ればよかったのですが、一部、ご紹介。

CIMG5762CIMG5764










CIMG5765CIMG5766












塗り絵をするころにはみなさん、少々へばってらしたかも(笑)
ちょうど、その頃を見計らったように、たい焼きを差し入れに
持ってきてくださる方がいらしたりと、最後まで、
・・・って、一日の始まりは午前11時、終わったのは12時ぐらいでしたか、
沢山の方においでいただいて、にぎやかに、でもスムーズに
一日が終りました。

今日の私の周りは・・・静かでした(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  04:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 明日は大祓い 

気が付くと6月も終わりに近づき、明日はここでは、
曜日の関係で、6月30日の夏越大祓の行事を行います。
明日、28日はお不動さんのご縁日もあり、その後、月例会と、
文字通り、イベント目白押しな一日になりそうです。

普通に生きていても、いろいろあるのが人生。
一年の半年過ぎたところで、一度リセット!
感覚の鋭い人は、溜まった半年の空気の澱みに、
う~~と言いながら、この行事を心待ちにしています(笑)

夏越大祓の行事といっても、その形式はいろいろですが、
ここでは、とにかくしっかり、祓ってもらってリセットをかけます。

何しろ、来月は30周年のイベントも控えていますので、
楽しかった思い出を振り返り、
大変だった日々があるから今があると確認し、
一緒に人生のいろんな局面を闘ってきたみなさんへの感謝の気持ちも込めて、
パーティーを企画しました。
何より、これから先も、変わらぬ姿勢で、共に歩んでいけたら、
そんな事が感じられるイベントにしたいと思っています。

だんな様もお弟子さんも書いていましたが、
どんなに「視える」人でも、どんなに「感じる」人でも、
現場で感じるものにはかないません。

スピリチュアルなことの難しさは、ココにもあって、
実際にある「何か」を感じ取って、視えたり、感じたりしているわけですが、
「目」で見えている現象は、また違った風景にみえることもあり、
まさにピッタリなこともあり。
どこまで現実で、どこまでがこれから起こり得る、あるいは、
これまでの記憶なのかの区別がつきにくいもの。
「感じる」時には、過去も未来も現在も時間軸がはっきりしないまま、
ドンと情報として入ってくるのが普通ですから。
現実をちゃんと見つめると、過去、現在、未来が、きちんと整理されていきます。

だから、現実をちゃんと生きることが、スピリチュアルな感覚を生かして生きる
一番のコツ。
頭の中で浮き上がってくるものが、現実なのか、妄想なのか、
その区別をつけて行くには、現実感を感じ取ることができる力を
しっかりつけて行くことが大事だとしみじみ思います。

今日もまた、これまで頭の中でいろいろ考えて立てた、
イベントの予行練習を、現場で行って、現実に一歩近づき、
安心したとともに、楽しい会になるよな~と、より確信に近づきました。

何かを成したいと思う時、この「確信」を持てるかどうかが大事だったりします。
こうした経験を繰り返しながら、過去を活かし、現実をとらえ、
自分の思い描く未来を創る上げて行くって、こんな感じなんだな~と思います。

パーティーが行われる前に、まずは明日の大祓。
しっかり、リセットして、来月に臨みたいと思います!

CIMG5688
CIMG5688 posted by (C)kumisensei
真っ赤な夕日の風景は取り損ねましたが、それなりの雰囲気な空でした・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 少年陰陽師 

ハリーポッターのホグワーツ城を完成させたことにした私が、
次にはまっているのは、「少年陰陽師」

え?再び?

と言われそうですが(笑)
アニメになっているのは、26話まで。
ネットで探すと、観ることができます。

そして、今読み進めているのは、原作のライトノベル。
あの26話で一応、完結した話の続きです。

陰陽師が活躍していた時代・・・なんて、想像もつかないのですが、
作者さんのあとがきとかを読むと、大変そう~~というのが伝わってきます。
そして、そして、必ずと言ってよいほど、現地に出向いて取材をされていることも。
今日、読んだ本では『出雲』が舞台で話が繰り広げられていたのですが、
作品を書く時間もともかく、出雲まで出向き、それも自転車で、
その場所まで、それもかなりこわ~いところにたった一人で行った話など、
読んでいると、「執筆」以外の苦労って、目に見えにくいんだよな~とか。

ああ、そう、そう。肝心の「少年陰陽師」の中身ですが、
まあ、いろいろな読み方はあると思いますが、
なんというか「目に見えないもの」「心の世界」「神との付き合い方」が
よくわかります。

陰陽師が活躍していた時代、「目に見えないもの」やことが
もっといつも身近にあったんだな~と、想像してみます。
そして、人間の心は、それからあんまり進歩してないみたい(苦笑)
まるで、舞台が変わっただけで、登場人物は衣装を変えて登場!
小道具や背景は変えた・・・それが現代って感じです。

でも、そうか・・・人の心がこう「形」を取るのね~とか、
神様ってこういう存在なのね~~とか、
改めて違う角度から、復習、というか、学び中。

まだまだ先があるので、しばらくは、少年陰陽師にはまる日々が続きそうです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 イベントの準備は進む 

昨日は伝授。
伝授の中でも、30周年記念のパーティーの話を詰め詰め。

気が付くと、パーティーまで一か月を切ってしまいました。
準備の方は、それぞれが、それぞれの準備を着々と進めていただいているので、
順調・・・後は、細かい部分を決めて行くことになっています。

そんな中、今日はステキなお花をいただきました。
(あ、写真を撮るのを忘れた!)
30周年をお祝してくださって、届いた胡蝶蘭。
美しくきれいな花がたくさんついていて、見ているだけで、
華やかな気分になれます。

いや~、それでも、どんどん期日がせまってくると、
気が付かない間に、焦ってしまうのか、あれも、これもと気になります(苦笑)。
けれども、当初の目的、「楽しい会にする」には、
きちきち、予定通りに物事が進むことが大事なわけではないので・・・。

その日、その時に臨機応変に対応できる、柔軟な部分を大事にすることも
同時に必要なことだったりするので、この辺りはバランスの問題。

パーティーそのものを楽しくするためには、
その準備も楽しく進めていきたい!ものですが、
よく、結婚式の準備でマリッジブルーに陥る話を耳にするように、
こうしたイベントは、ともすると、ブルーになる要素は沢山(あはは)

何より、その場で、対応できる力、
結局、楽しかったね~と思えるようにまとめ上げる力、
そんな力をつけるのも、修行の内。
起こりもしない不安に押しつぶされることがない精神力。
大事、大事です!!!

よく、万が一に備えて・・・なんてこと、耳にしますが、
万が一を不安に思っても、起こることは起こるし、
起こらないことは起こらない。
それこそ、引き寄せの法則でいえば、同じことをやるにも、
どこに気持ちの焦点を合わせて準備するかで、
アウトプットへの印象は大きく変わってくるはずですものね。

さ~~て、後片付けまで含めて、ちょうど後、一か月ほど。

準備も楽しんでやっていきたいと思います。
楽しく・・・と、適当に・・・とは、同じようで違うし、
楽しくなるように・・・と頑張りすぎても、逆効果。
ひえ~、ココって、思っていたより、意外と難しい!(笑)

CIMG5672
CIMG5672 posted by (C)kumisensei
毎日、撮っているカメラのモードがいつの間にか変わっていて、
思い切り白飛びした写真になってる・・・(あれれ~~~)
こういうことは、イベント当日に起こらないように・・・、
ちょとだけ気を配っておこうっと(汗)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 塗り絵の効果 

昔から美術は苦手・・・でしたが、
意外と大人になってから、塗り絵をしたり、ペーパーワークをしたり、
細かな作業、嫌いじゃないことに気が付きました(笑)

もう一つのブログにも載せましたが、今日は、
仏様の塗り絵、自分だけ一足先に、いつも予習をしますが、
来月は、「地蔵菩薩」










出来の方は、さておき、塗っている間は集中力が高まります。
それにいろいろな気付きがあって、
塗っているのは、色なのか線なのか?とか、
一色に見えるようで、実はいろんな色が混じっている!とか。

そういえば・・・高野山に泊まった時にたまたま観ていたテレビ番組。
売り物にならない野菜を使って、クレヨンを作った女性がいるとか。
ですから、例えば、緑のクレヨンは、キャベツの色、それも本物。
そして、クレヨンから本当にキャベツの匂いもするそうです。
子供はなんでも口にいれちゃいますが、口に入っても大丈夫な材料でできているとか。

これだけ聞くと、素敵なアイディア!と思いますが、
クレヨンに混ぜて色が出せる野菜は、色々と条件があるそうで、
試行錯誤の連続・・・だったそうです。

・・・と、話はずれましたが、
「色」を塗りながら、十三仏を完成させるのが、今回の最終目標。

皆さんにアイディアを戴き、
白黒と色のついたどちらかを、一枚にまとめ、
もう一方は、集印帳のようなものに貼っていくか、巻紙風にするか。

どちらにしても、塗り絵が完成してから、もう一仕事ありそうです(笑)










ただいま6枚ほど完成!半分は終わりましたよ~~!!!
(と、自分も、みんなも励ましてみる・笑)

こうした工程を、ちゃんと自分の家でもこなして、完成させてくださる方も。
ああ、写真を撮り忘れましたが、先日も般若心経梵字編を、
見事に裏打ちまでして、仕上げて遠くから持ってきてくださいました。

何かを仕上げる時、魂を込めて仕上げる、という言葉がありますが、
般若心経や仏画の塗り絵は、まさに、気づかぬうちにも魂がこもっています。

CIMG2523-1.jpg
(自分の作品の写真しかない・・・)

美しい仏画や、般若心経は買えばあるんでしょうけど、
あ、そういえば、先日、高野山で見つけた、般若心経梵字Tシャツ。
一番、お似合いになる方にお土産で差し上げたら、
次にお会いした時には、早速、見つけてくださり、嬉しかった!
そして、かっこいい!(やや、ミーハーな表現・笑)










おお!円形も素敵です。
着てる方が、着てる方だからってのもありますが。
・・・うう、創作意欲が・・・
いやいや、今は、仏画の塗り絵だけにしておきます(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/23(Tue)

【だんな様は霊能力者】 修行月間 

修行月間というか、修行な月が続く・・・という表現が正しいかも?

6月末に、夏越大祓い(半年の穢れを祓とされる行事)を控えた空気は
すでに結構以前から、濃い濃いになってきています。

夏越大祓を皮切りに、東京のお盆が7月に、全国的お盆が8月に、
そして秋のお彼岸まで、感覚の鋭い人にとっては、まさに
「強化月間」(苦笑)

知らない間に、あたりに流れている空気に、影響を受けてしまいます。
気が付いている度合はいろいろですが、自分では自覚のない人からも、
感覚の鋭い人は、影響を受けます。
そして、もちろん、影響を受けた自分自身も影響を与えているんですが(苦笑)

不思議なことに、海外に出かけると、今感じている感覚が
ふっと軽くなる感じがする時があるので、ひょっとしたら、
日本と言う土地由来のものも大きいのかもしれません。

とはいえ、夏至という現象は、地球規模で起こっているわけで、
当然ながら、南半球では、冬至となる。
夏越大祓の行事を控えて、濃い濃いだと思っていた空気も、
ここ2日ほどは、クラクラするほど、影響を受けることも多いです。
敏感な人たちにとっては、バランスを取るのが難しい時期でもあります。

って、一年の内に何か月、辛い、辛いと言っているかな~と考えると、
あらま、ほとんど・・・。
その時々によって、感じ方は違うし、感じ方も人それぞれではあるのですが、
あまり自覚のない人たちにとっては、いつも同じことを言っているように思えたり(苦笑)

周りからの影響を、かなり受ける人達こそ、
自分軸を日頃から、しっかり持つ訓練をしておかないと、
心も体も、そして頭も、迷子になってしまいがち。

この感覚ばかりは、共有できる人があまり多くなかったりしますが、
自分だけなぜ・・・という、孤独感を感じたりしながらも
強くなるしかありません。
自分がわかれば、それに等しいひとが目の前に現れてくるものです。

ぶれやすい、この時期だからこそ、わかること、鍛えられることも。
逆に言えば、そんなことがない限り、自分自身も見えにくかったりしますから。
と、励まし、励まし、乗り越えましょう!

CIMG5658
CIMG5658 posted by (C)kumisensei
夏至の太陽・・・イメージとは、ちょっと違った・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 浄化の塩 

今日は、ちょっと前から作ろう、作ろうと思っていた浄化の塩づくり。

ど~~しても、梅雨が明けて暑くなる前に済ませたい!と思っていたので。

思い返せば、みなさんにお分けしている塩、ですが、
まずは、塩を探すところから始まりました。
いろんな塩を買ってきては、火にかけて、乾燥させる。
思ったより、パラパラにならない塩もあったり、
これなら大丈夫!と思っていたら、その塩を売るお店が閉まってしまったり(涙)

何とか、安定供給していますが(笑)、先日もお店にあったもの、
全部買い占めてきました。

後はコンロの前でひたすら、ひたすら、火にかけながら乾燥させます。
あいにく、今日は雨だったので、出来上がりを見ると、
もう一度、火にかける必要があるみたいです。

ものすごい高温になりますので、取扱いに注意しながらの作業。
(いつかうっかり、鍋を床に置いたら、その後が焦げた)
今日は、比較的、涼しい一日でしたが(←これを狙ってた)
それでも、一度目の作業が終わるころには汗だく。

しばらく冷まして、確認しましたが、やっぱりもう一回は、
この作業が必要なようです。

出来上がったら、半分には、塗香を入れて、香りつきの塩を。
袋詰めして、出来上がり!というプロセス。
もう一度の作業も、なるべく暑くならない間に終わらせたいです。

ちなみに、これだけ乾燥させていますが、どうしても塩は水分を吸ってしまいますので、
まれに袋の中で固まってしまうことがあります。
同じように、適当な鍋で火にかけて乾燥させれば、パラパラとなりますので、
固まってしまった時には、ご自分で。
これにより、効力がなくなることはないので、ご安心あれ!

私も数カ月に一度、家の周り、と入口に塩をしっかり撒きます。
すると、やっぱり空気がスッキリ!
お風呂に入った時には、風呂釜を傷めないよう、
最後の最後に塩を入れて、しばらくその中に浸ることにしています。

さて、完成までもう一息。
頑張ります。

CIMG5641
CIMG5641 posted by (C)kumisensei

夏至の日の太陽。
ようやく、とらえることができました。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 ダブルで研修 

もう一つのブログにも書きましたが、ずっと以前、
研修でエジンバラ・スコットランドに滞在したことがあります。

スコットランドと魔法は、今やセットのように語られますが、
最初にエジンバラを訪れた時の私は、魔法とかスピリチュアルとかとは
程遠い、とても現実的な日々を送っていました。

むむ?
エジンバラの一年は、ダブルの意味で、研修だったのかも?
今頃、気が付きました(爆笑)

英語教師としての研修で、かなりハードな毎日。
週末も宿題なしで過ごしたことは、ありませんでした。
でも、その苦痛もパブでビールを飲みながら終わらせることにしていた私。
ところが、空腹でのビールは、胃に沁みる(苦笑)と、発見!
それでも、いろんなパブめぐりをして、楽しみました。

エジンバラの不思議な雰囲気は、あまりにあたりに普通にあって、
それこそ、現実的な感覚のまま訪れても、何も感じないほど、自然です。
もちろん、空気や風景の違いは目にすることになりますが、
あの当時の私がそれを「感じる」には、一定期間(つまりは一年ほど)
滞在する必要があった・・・という、不思議なお手配。

ちなみに、エジンバラに滞在中、何かスピリチュアルな体験があったか・・・
という話になると、基本的に皆無(笑)
というか、そんな感覚が、開いていなかったんでしょう。
名物に「ゴーストツアー」という、幽霊が出る場所を訪れるツアーがあるのですが、
それにも参加したことはなく、自分ではただひたすら勉学に励んでいたつもり(笑)でした。

時々、強制的に、スコットランド郊外を訪れてレポートを書く、という宿題が出て、
土曜日に訪れては、日曜はそのレポートで必死(あはは)という日々もありました。
留学して、数か月たつと、そんなタイトなスケジュールにも慣れて、
色々な場所に、自分で訪れることもありましたが、
今、テレビ番組などを観ていると、ああ、こんな場所も行っておけばよかったかな?
などど、思ったりします。

何しろ、一昨年前に行ったときも、最初の感想は、「遠い・・」(笑)
心理的にはとても近い場所ですが、いざ行くとなると、なかなか・・・。
ご存知のように、ロンドン・キングスクロスから、列車で4時間半はかかります。
これは東海岸を通った場合で、西海岸の方を通っていくと、
さらに、さらに、時間がかかります。

けれど、こうして番組で映像を見ると、一瞬にして、その場所に戻ることができる。
心の中の思いや、考えには、距離は関係ありませんね~。

エジンバラに留学していたころ、タイトなスケジュールではあったものの、
いや~、今、ここに居ることが、ありがたい、ありがたい。
ロイヤルマイルから見える海に虹がかかった風景は一生忘れることがありません。

と、きっと、心や魂は、頭脳とは別の「研修」を行っていたようで(笑)
・・・やっぱり、ダブルな研修だった・・・。

基本的に過去は振り返らないタイプなのですが(笑)
あの時の意味、というのを整理のために振り返るのは、
今の自分の立ち位置、そしてこれからを確認するのには役立ちます。

IMGP3956
IMGP3956 posted by (C)kumisensei
これは一昨年前に行った時の写真。
不思議なことに、留学していた時の写真、データで残していたはずですが、
どこにいったのやら、一枚も残っていないのです・・・
この理由は、謎のまま・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ものは語る 

もう一つのブログにも書きましたが、今日は、
「大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史」
に出かけてきました。

で、たぶん、本当に「語り掛けられていた」らしく、
あり得ないぐらい・・・・疲れました(爆笑)

比較的空いていたとはいえ、人はたくさんいたので、
人から被ったのか、場所から被ったのか、はたまた、もの、から語り掛けられたのか。

いずれにしても、すごい情報量に、見終わったころには、ヘロヘロ。

遺された「もの」から、わずかに「記録」された文章や絵を頼りに、
過去をさかのぼることは、難しいのでしょうね。

この前、ある番組で、これまでオーパーツとされてきたものが、
科学で、こう証明された・・・という内容が放送されていました。
例えば、ピラミッドがどうやって作られたかは、どんどん科学で証明されつつあり、
だから、これまで、やれ宇宙人が作っただの、謎に包まれたものを、
非科学的に想像するのは、間違っている・・・と、語るそれこそ科学者の言葉。

ま、確かに、間違いは、間違いだったりすることもあるでしょうけど、
そこは、パズルを解く、みたいな部分もあるのでしょうし、
その研究に夢を持って、臨んでいる研究者もいることもあるでしょうし、
解明されてみると、コロンブスの卵、だったりすることもありますが、
どちらにしても、気の遠くなるような作業で作り上げられた「もの」が
気の遠くなるような年月を経て、目の前にある。
ってことは、事実だったりするわけですものね。

例え、ピラミッドがこうして作られた、ってことが科学的に証明されても、
あの巨大なものへの畏敬の念は、変わらない・・・。

ものが語り掛ける、歴史は、
必ずしも、私たちが「進歩」してきた、
過去より、今の技術の方が優れている
という思い込みを、それこそ見事に裏切ってくれます(笑)

・・・という、発見も含め、それから、これまでわかっているところでは、
これは、こういう使い方をしていたのでは?という仮説に
時に違和感を感じることも、あったりしつつ・・・。

こうして、時が刻まれて来たんだな・・・という感覚。
時には、浸ってみるのもいいかな?と思います。

CIMG5624.jpg
ミュージアムショップも楽しめました!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 苦手なものは苦手 

昨日、だんな様のお弟子さんの一人Nさんが帰るというので、
玄関先まで送って行ったら、カエルがいた!(ってダジャレみたい・笑)

Nさん、ご存知かもしれませんがカエルが大の苦手(爆笑)

玄関先に待っていたかのようにたたずむカエルはきれいなグリーンのトノサマガエル。
ひえ~っと、大きな声を出しに、二人で家に戻りました(爆笑)

何やらその後、ぴょんと飛んだそうで・・・。

そして、もう一人のお弟子さんAさんを送りに玄関にでたら・・・
今度は、ガマガエルが!!!!

と、今度はその方より、カエルの方が、その方を苦手なようで、
逃げたいけど、逃げられないポジションにいたので、カエルの方が大騒ぎ!

と、まあ、昨日はなぜか、カエルデーでした(笑)
カエルが大の苦手だったのは、少し克服されたらしく・・・
って、全然、克服できてないじゃん!(爆笑)

そういう私も、高所恐怖症。
高いところが苦手な原因もいろいろありますが、自分で言うのもなんですが、
結構、根が深い(苦笑)
何しろ、ある一定の高さ(ちょうど歩道橋ぐらい)が極端に苦手なのです。
ま~原因となった経験が分かった時点で、怖くて動けないレベルは脱しましたが、
苦手なものは、苦手・・・ってのは、根が深かろうとそうでなかろうと、変わらなさそうです(笑)

もう一人別のお弟子さんSさんは、水が大の苦手。
というわけで、数年前、プールに通って、ちゃんと泳げる「行」に励まれました。

苦手なもの、や、苦手なこと。
確かに、避けて通ればOKな時期もあります。
けれども、精神世界、スピリチュアルな世界になると、
自分の苦手なものは、時に命取りになります。
根が深ければ深いほど、苦手なものに出会った時に、
とても、ヒステリックな状態になるからです。

ヒステリックな状態って、心や精神に「隙間」を作ります。
すると、その隙間に入り込むもの。
その隙間を突かれること、があるからです。

ま、相手がどんなにしょぼい相手でも、先に出てきただんな様のお弟子さんでいえば。
カエルの姿で出てきたら、瞬間、固まってしまう、瞬殺です。
もちろん、相手を・・・ではなく、自分が(苦笑)

ですから、だんな様のお弟子さんは、必要になったら、
ひとつひとつ、自分の苦手なものを頑張って克服しています。

「少なくとも、苦手、という意識がないぐらいにはなっておかないと・・・」

スピリチュアルな世界は、とても魅力的に見えることがありますが。
危険、だとか、大変。だとか思われる理由の一つは、ココにある。
苦手なものを、そのままにできない、ということです。
苦手なものを持ったまま、だと、心のトラウマを増大してしまう可能性もあるからです。

逆に言えば、自分にとって、苦手なものと出会った時には、
ステップアップのチャンス到来ってことでもあります。
ここのところ、だんな様のお弟子さんの環境の変化も著しく、
どんどん成長されていますが、その裏には、こんな、普通に
イメージする「行」とはかけ離れたこともあるんです。

とはいえ、水がだ嫌いなSさんも、瀧は大好き!らしく、瀧行は、
スッキリする~~と、これまた何度も入られています。

内弟子詩乃の瀧行


水温と言い、水量といい、とっても良い感じだったそうです。
また、瀧に入るには指導者がいた方が安全なので、
(ってこれまた、体への刺激のショックで、精神に隙間ができるので、
目に見えないものが入ってこないようにする作法が必要です)
瀧行ツアーが再開されたら、興味のある方はご参加くださいね!
ちなみに、私は、たったの一回で、卒業しました(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 魂のルーツ 

今日も暑い中、お出かけくださった方。
どうやら、被りがひどくて、日常生活もままならない状態になっていたらしく・・・。

分かります、分かります。
数年前の私もそうでした。
休んでも、薬を飲んでも、病院に行っても、治らない。
頭痛や腹痛、倦怠感などなど。

被りを取ってすっきりした彼女は、魂も本来の輝きを取り戻して、
すっかり別人のようになられました。
ご本人も、あれ?世の中ってこんなに明るかったんですね~と、
何より視界がクリアーになったことに驚かれていました。

「生きてる中で、ずっとアウェイ感があったんです・・・」
という言葉。
ここに通われている方はほとんどがそう。

誰でも、自分のルーツって気になるものですが、
やっぱり、もともとが違うと、感性も異なるもの。
いくら、なじもうとしても、なじもうとすればするほど、
アウェイ感が逆に際立つという(苦笑)

それはまるで、日本で育った目の色も髪の色も異なる人が、
私たちまったく同じよね~みたいなことを強調すればするほど、
ちと、苦しくなるのと同じだったりします。

まあ、もともと、雑多な環境であれば、それはそれで、
新たな人の集まり、みたいなものが出来上がるんでしょうけど、
ど~も、人と同じ、であることが、無言のうちにも求められるような場所では、
なかなか、アウェイ感は、生きていくのには厳しいかもしれません。

だから、ここに月に一度といわず通ってこられる方々は、
通ってくる、というより、ただいま~~的な感じ(笑)
「なじんでいる」という感覚が、ありながら、
お互いとお互いの距離感を間違わない環境。
提供できたらいいね~と、いつもだんな様と話しています。

魂もいろんなところを生まれ変わりながら旅して、
時にはお家に戻りたくなるのでしょうね。
ま、お家に戻っても、そこは故郷とまったく同じでなかったり、
そう思っているイメージとは異なったりしますけど、
そういえば、
「懐かしいと思って、そこに今更戻っても、あのころと同じじゃないんですよね~」
とも、天にいたころの記憶がはっきりある人が言っていました。

そう、旅は続けるしかないんでしょうね。
でも、アウェイで疲れた時には、しばらく休憩する場所も必要ですものね(笑)

CIMG5611
CIMG5611 posted by (C)kumisensei
こんな夕方の風景も、今は・・・雨。
降り出しました。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 ウソかホントか 

インターネットが普及してから、まあ感情的な書き込みが
あったとか、なかったとか、そんな話をよく耳にします。
匿名性というのは、なんとも人の気を大きくさせるのでしょうか。

とはいえ、こうして私が自分の周りで起こったことを
ふつ~~に書いていても、それを目にしたことがない人にとっては、
うっそ~~~とか思えるようなことかもしれません(笑)

「まるで、漫画みたいな世界です、ココ(笑)」

数日前にいらした方が、言われた言葉。
いや、漫画に描かれることが、ウソかホントか、というより、
漫画みたいなことが、しょっちゅう繰り広げられてるわけで。

そ~いえば、そもそもこのブログも、その漫画みたいなエピソードが
自分にとって普通になってしまう前に書き残しておこう!と思ったのがきっかけ。
だって、こんなに面白い話が普通になるのは、もったいない!と。
でも、沢山のエピソードが普通に起こるようになっても、
その面白さは手を変え、品を変え・・・(笑)
なので、今でもエピソードには、まったくと言ってよいほど事欠きません。

最近続いたのが、それこそ、え~~そんなことあるんだ~~という
「憑依現象」
もともとの性格がある程度あったにしても、社会生活を送るのに支障が出るぐらいの
暴走や不調を訴えてのご相談。
・・・なぜか、みんな同じような「顔」になっています。
原因となっているものを、それこそ取り除けば、
過剰なほどのこだわりや暴走振りは落ち着きます。

そういったものの影響を受ける人は、もともと依存心が強い場合が少なくない。
もちろん、困ったときには助けてもらいたいという気持ち
誰にでも多少はありますが、コンプレックスなどから、
過剰な欲が出てしまうと、ついつい、誰にでも頼りたくなる。
あ、欲を持つこと自体は悪いことじゃないんです。
ただコンプレックスから生まれた欲は、満たされることがない・・・
と、付け加えておきます。
高じると、あれが、これが、それもないと・・・とかき集めるように、
周りをそっちのけで、コンプレックスのもとになっているものを
満たそうとしてしまう・・・ってことの方が、それこそ困るわけで。

自分の中にあるコンプレックスは、なかなか自分でも認められないもの。
でも、ちゃあんとそれを意識して、補う経験を重ねて行けば、
あれ?なんであの時、あれだけこだわっていたのかな?
と、思えるぐらい、いつの間にか溶けてなくなることも。
目を向けないでいればいるほど、心の中で大騒ぎしたりして、
結果、何があってもこれをどうにかせねば・・・みたいなことになりがち(苦笑)

・・・っていうことがきっかけで、霊に頼ってしまった・・・
それが、ここの所続けて起こった憑依現象。
私には、「なんだかおんなじような顔だな・・・」ということと、
人間とは違う匂い、みたいなことしか感じられませんが・・・。

ここから先は、だんな様やお弟子さんとたちの出番です~~~!!!

CIMG5603
CIMG5603 posted by (C)kumisensei
火の玉みたいな夕日。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 意識は高く 実践は小刻みに 

「意識は高く 実践は小刻みに」
な~んて、スローガン、教師時代にはよく耳にした言葉。

でも実際に、「意識を高く持ち続ける」のは、そんなに簡単なことではありませんよね。
特に、相手の気持ちが伝わりやすい人 や 自分の感情のエネルギーの強い人
となると、意識を高く持っている、のと、自己主張が強くなる、のの
区別がつきにくくなってしまったりすることもあります(涙)

どちらにしても、同じ環境で感じるストレスは、人一倍。
そんなのどっちでもいいんじゃない~~~?って思う人との温度差は、
広がるばかり、ってことになってしまったりします。

人と比べて、このストレスを解消しようとしても、
その場しのぎでしかなかったりします。

大事な目標を見失わずに、意識を高く持ち続けるには・・・

「一度、そのことから心理的な距離を置く」
ことが大事だったりします。

そのことと、意識を高く持つことが、つながっていると、
その瞬間は、ど~~しても思えないことが少なくありませんが、
敢えて、長いスパンでものごとを見つめてみると、意外と冷静になれたりします。

思考には、時に整理が必要。
そして、その整理には、アドバイザーがいると、
整理したら、今度は隣の部屋が荷物でいっぱいだった・・・
な~~~んてことは、かなり避けられます(爆笑)

・・・って、思考の整理のお手伝い、それがだんな様のお仕事のひとつ。
ごちゃごちゃになった思考を整理するのに、誰かの助けが必要なんて・・・
と思いがちですが、だからこそ、そこから抜け出せないわけで。

時には立ち止って、どんなことも神様や仏様から
今の自分がどう見えているのか、って感じてみる。
これも、立派な 「祈りの時間」 だったりします。

CIMG5444
CIMG5444 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 純粋な祈りの時間 

昨年の今頃は、スイスに出かけていたことを思い出していました。

CIMG0280
CIMG0280 posted by (C)kumisensei

おお!天使が飛び交っている写真、あれからもう一年です。
と考えると、あっという間の一年。
で、焦る・・・これからもこのスピードで日々は進むのだろうか?なんてね!

日々のことに紛れていると、今日と同じ明日がやってきて、
明日と同じあさってがやってくるのが自然だと思ってしまいますが、
それは、それで、そうなったとしても奇跡に近い。
ああ、今日も何もなく終わったな・・・と夕日を眺める時、
今、この瞬間が幸せな時間だと思えたりします。

CIMG5588
CIMG5588 posted by (C)kumisensei

そして、今日は何を積み重ねたかな?と振り返る。

心静かな時間、祈る時間を持てることは、幸せなことだとだんな様は言います。
少しでも心配事に心を奪われると、純粋な祈りの時間は持てなくなってしまいます。

例え、人から見れば満たされた日々を送っていても、
心の中に「欠乏感」があると、その祈りは、どこかで
「お願いごと」になったりしてしまうのです。

純粋な祈り。
とても難しいことのように思えて、きわめてシンプルな心の状態。
そんな時間が持てること、が幸せなら、
幸せになるために必要なことは、世の中で言われているような、
もの、とか、お金、とか、地位 とか、だけでは得られないかも。
欲張りな心はいつも、何かが足りない、足りないと訴えますもの。

自分らしい自分にとって、必要なものは満たされている。
心からそう思えた時に、本当に満たされるような環境が次第に整っていきます。
その逆・・・つまりは、これがあったら、心が満たされるのに・・・という
思考回路では、たとえ心が満たされても、その心は一瞬しか維持できませんよね。

常に変化している周り、なのですから、自分の軸をしっかりキープしておかないと、
自分自身の心に振り回されてしまう・・・残ったのは虚無感だけ、
な~~んてことにならないよう、しっかり、軸を作りましょう!!!!

私に取っての軸は、な~~んにも起こらなかった日常と、
時々出かける、海外で受ける刺激。
次は、ココに行きたいな・・・と、写真を見ているだけで、
元気が湧いてきます。
だって世界は広いんですもの。
例え今いるところで、ごちゃごちゃしたことがあったとしても、
これじゃないと!と決まったことがあっても、
そんなことぜ~~んぶ、通用しない場所がある。
それが、私の次へのエネルギーになったりします。

今年は、イベント続きで、どこにも出かけられそうにありませんが、
近場で、ちょこちょこ、日常と非日常を繰り返しながら、
自分軸を確認していきたいと思っています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2015.06/13(Sat)

【だんな様は霊能力者】 広がるご縁 

30周年記念の会を開くにあたり、全国から参加してくださる方々の
名簿を見ていて、ああ、ご縁が広がるってすごいな~と。

何しろ、まさに北は北海道から・・・南は・・・と、会のために
お出かけくださるわけで。
こうしたご縁が広がったのも、これまたご縁で、出版していただいた本のお蔭。

今年には電子書籍にもなりました!



そして、そして、そのご縁から広がって、描いていただいた漫画版が



かわいらしい女性で、ココに取材にいらしたときは、
結婚した後、子供がまだできない・・・と言われていたのですが、
ご一緒にお仕事をしてから比較的すぐに、子供が産まれました~~~(嬉)
現在は、子育て奮闘中!
そういえば、一緒に取材にいらしていた編集者さんも取材を始めてすぐ頃、
彼氏ができました・・・と、言われていた・・・・。

と、これまた、ここにお見えになる編集者さんも、
いらしている間や直後に、いろんな変化を迎えられました(笑)

ま、時が過ぎれば、物事、変化するのは当たり前ですが、
それでも、こうしたタイミングが続いて起こると、
ひょっとして、変化を引き起こす場所なの~~~ココ!!!!
と、今更のように驚く私(あはは~~~~)

何しろ、いろんなことの反応が早いのは、ずっと前から驚くほど。
先日も、なかなか仕事が止まってしまっている状態だといらした方。
ここでだんな様と話をし、祓ってもらって、すっきりしてお帰りになったとたんに
いろんな事が動き出したそうで。

私自身のことでも、え!もう???と、何かしらのアクションに対する
反応の早さに驚くことは、それこそ日常茶飯事。
これをして、「いや~~、漫画のような世界があるんですね~~」とは
その女性のお言葉(笑)

あります、あります。
不思議なことに、撒いていたいろんな種が、急激に芽を出し始める
そんな感覚です。
ただし・・・
芽がでるのは、撒いておいた種だけですが(爆笑)

逆にありがたくも、まだ撒いていない芽が出ることもありますが、
そんな場合は、ありがたいのと、それについて行くのが必死というのが同時に起こります(苦笑)
ですが、心構えができていれば、そんな急激な変化も逃げることなく、
ドンと受け止めてしまえば、ど~~ってことありません。
環境が変化する、ってことは、自分も変化しなくてはならない。
きわめて、当然ですものね!

こうして広がったご縁。
何より大事に思っての、イベントを7月に開催することになり、
企画し、いろいろ考え始めたのは、1年ほども前。
ですが、あっという間に来月に差し迫ってきました。

これを機に、益々、心の繋がりのあるご縁ができればいいな・・・
と思いつつ、準備、進めてます!

ちょっとうっとうしい雨の季節。
青空と、朱色の高野山、根本大塔の写真を載せておきます!

CIMG5447
CIMG5447 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 卒業したら 

いろんな段階で訪れる「卒業」
その言葉の響きはシンプルですが、実際にそうなると結構、心は複雑。

学校の「卒業」は、状況としてはわかりやすい。
つまりは、明日から、ココには通わなくてよい・・・という意味。
ま、通ってきても、あなたの椅子はありませんとも言いますが(笑)

在学中は、あ~~んなに大変だった生徒たちも、
何故か卒業すると、ほとんど全員、良い子たちだった・・・と思えるし、
生徒も生徒で、いままで学校来なさい!と強制されていたのに、
それが急になくなるのが、寂しくなったり(あはは)
・・・あんなに嫌っていたのにね!

社会に出てからの「卒業」は、もっと複雑で、いろんなパターンがあります。
仕事を変えたりして、ある環境を卒業したり、
結婚して、シングルな生活を卒業したり、
引っ越しをして、住んでいた場所を卒業したり
そして・・・卒業して終わり!じゃなく、新たな次の段階がすぐに始まります。

ま~、何かに必死だったりすると、卒業すること
だけしか頭になく、実際に卒業したらどんなにスッキリするだろうと、
そんな想像とは全く違って、え!おわり?ぐらいな気持ちになったり。
やった!!!もうやらなくていいんだ!ってすでに、それまでの環境にへきへきしていたり。

でもって、卒業して終わり、じゃないので、
あれ~~ちょっと休んでからと思っていたのに~~と、
次のステップが怒涛のごとく訪れることもあるものです。

いずれの「卒業」にも大事なことは、卒業した、と、心の区切りを
自分の中で、しっかり作っておくことでしょうね。
じゃないと、よくあるパターンが、卒業前をしきりに振り返って
あのころは・・・よかったのに・・・
(って、卒業前、そんな風にいってなかったじゃん!と突っ込みたくもなる)

いずれも卒業は、卒業です!
振り返らない、忘れてしまう、戻れない、という心の区切りの付け方もあるでしょうし
はい、次、次、と前を向いて進みたいところでもあり、
どんなに過去をさかのぼって、なつかしんだりしたところで、
その頃の、その場所は、もう存在してはいないのですものね。

ある場所で、しっかり頑張ったことが自分の自信の元になるのなら、
時には振り返ることも必要かもしれませんし、
そこにはいつも、自分で気が付かない誰かの助けがあってこそという
気付きがあるかもしれません。

どちらにしても、卒業のイメージは、自分の思っているものとは異なるでしょう。
これまでとは違う、だから卒業なのですから。
そして、次に新しい場所に踏み出すのは、初めての場所のはずですから、
戸惑いや、迷いが多少あるのは当然。
でなければ、卒業してないことになりますものね~~~!!!

CIMG5578.jpg

私もホグワーツ城作りは、そろそろ卒業を迎えています・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 夢中になれるもの 

いや~熱中しました、ホグワーツ城のペーパークラフト。
ネットで、A4用紙にして30枚ぐらいをダウンロードして、
ひたすら切り貼り。
最後にどうしてもライトで中から照らしたかったので、
窓もできるだけ、カッターなどで開けました。

意外だったのが、土台作りの大変さ。
もちろん、ネット上のHPもそこまでは親切ではないので、
家にあるもの、いろいろかき集めて。
こんなものがあれば・・・とホームセンターに買いに行ってもなのですから、
探すしかありません(涙)

夢中になって作っている間、いろ~~んな事があっても、
あまり気にならず、あ、作らなくっちゃ!と気持ちを入れ替えることができる。
きっと、被ることも少なかったのでは?
いや、いや、それなりにいろいろあったんでしょうけど、
ホントに気にならなくなりました(笑)

夢中になるもの、なんでもいいのであると、楽。
ホグワーツ城だって、できあがったからどうだ、こうだはありませんが、
ただ、見つめて楽しむだけであっても、辛い、辛い、とか
あれがこうだ、これがこうだと思いながら時間を過ごすより、ずっと建設的!

というのを学びました。
そして、日常の中で、利用できそうなものをいつも考えているので、
マルチタスク的思考回路にも役立つという(爆笑)

被りが落ちるか・・・と言われると、ある程度は・・・。
やっぱり、完全に被りを落としてフラットになるには、
体を苛めるしかありません。
ですから、夢中になるものが武道とかだと、一挙両得!なんでしょうね。

羽陽曲折しながら出来上がった(一応ですが)作品。
ま~細かく見ると、雑なところはたくさんありますが、
雰囲気出ているので、これで良し!です。

さて、次は何にはまるか・・・実はもう決まっていて、
ちゃんとすでに、はまってますよ~~~(笑)

明るいところの写真がこれ。
ハイグリットのお家があるところまで作れなかったので、
庭に雑然と置かれてます(あはは)

CIMG5554.jpg

ちなみに、向こうに見えるドラゴンボールのフィギュア―は、
かつて、はまって買い揃えて、雲まで作ったもの(笑)

そして、そして、ライトをつけたのがこれ。
暗い中のお城も雰囲気あります!
CIMG5578.jpg

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 成長の仕方 学び方 

成長の仕方や学び方にもいろいろ特徴があります。

色々なものにぶつかってからしか、学べないタイプだと、
時に、自分の体が悲鳴を上げるまで頑張ってしまいます。
というか、体が悲鳴をあげるまで、やめられない、というのが正しい表現(苦笑)

周りの人からすれば、何もそこまで頑張らなくても・・・
と、なるのでしょうけど、本人的には自分がそこまで突っ走っている自覚さえないという。

どちらかというと、私もそのタイプなので、母から
「わざわざ、そんな苦労しなくても」と、よくつぶやかれますが、
それでも、やってみないとわからないことが。(←とさえ自覚してない・汗)

周りで見ている人からすれば、それこそそこまで頑張らない方法を
学べたりもするのでしょうけど、本人が納得できるまでやる!ので、
「他人の言うことを聞かない人」になってしまいます(あはは)

体験して学ぶ
見て学ぶ

どちらが正しい、ってのはありませんが、倒れるほど頑張ってしか身につかないものもあり、
ここまで大変とは思わなかった~~~と、始めてからよく思いますが、
そんな時、ああ、体を鍛えるにしても、辛いぐらいじゃないと力がつかないのと同じだ~~
と思うことにしています。

逆に、本当に見て学ぶので十分(笑)ってことも沢山ありますから、
そこは、体を多少いじめても、体験する価値があるかどうか、
判断する冷静さは持っていたいもの。

最近のだんな様のトピックは、ずばり「生霊」。
いろんなところから、生きている人のいろんな「念」が飛んできて、
それこそ、辛い~~という状態に。
経験したくもない、経験ですが、セラピストさんや霊能力者が仕事をすれば、
必ず、こうしたことは起こります。
(もちろん「生霊」にはこれ以外にも沢山、種類はありますが)
何しろ、相手は困っている人なのですから。
そして、「困った」と思ったクライアントさんから、
「助けて」という意識が飛んでくることなど、それこそ日常茶飯事。
思い出してもらえるような存在でないと、仕事にならないし、
その思い、自分でガッツリ受け取りすぎると、クライアントさんと同じような症状を
体で感じてしまうので、今度は自分も倒れそうになる。

・・・だから、日頃から、多少の体の不調を冷静に判断できる、体調管理は必須科目。
自分の方の浄化に努めていないと、自分の体力が持たなくなるとか、
自分の仕事の方向も見失いそうになるなどなど起こります。

でも同時に、倒れそうなぐらいの案件の中でつかんだ力は、
それこそ、それを乗り越えた本人にしっかり実力、自信となって身につくのですね。

逆に言えば、プロ意識のしっかりあるセラピストや霊能者ほど、
体を鍛え、自己浄化、メンテナンスに努めています。
そう、そう、今日いらした彼女も、倒れるほど仕事をし、自信をつけて・・・
の繰り返しの中で、どんどん成長中です!

そういえば彼女がうまい表現をしていました。
「プロの運動選手って、人前に出る試合の時だけじゃなく、
試合以外でも自分を鍛えてトレーニングしている。それと同じです」

CIMG5435.jpg
自然の中にどっぷり浸るのも、自己メンテナンスのひとつですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  05:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 観光とお参り 

お寺や神社などなど、神聖な場所に旅をするのに、
お参り、と、観光、同じようで違うことがたくさんあります。

お参りに行くとなると、行くと決めた時から、修行(笑)
だんな様のお弟子さん、お参りのプロ、ともいえる彼女は、
持って行くお菓子選びから始まり、洋服を新調するそうで。

・・・そうですよね・・・昔は、そうやってどこかにお参りに行く、となると、
きっとそんな風に準備しながら、心の準備も同時に始めていたはず。

今でこそ、交通機関を使って、ちゃちゃ、っと行けるようになりましたが、
お参りとなると、まさに命懸けだった頃もあったわけで。

とはいえ、お参りの旅行は、いつも行きがけ、とても遠く感じます。
まるで、「ここまでくる覚悟があるかどうか」を試されている感じです。

ですから、お参りに行くのに、何かのついでに立ち寄ったりしても、
観光と同じになってしまいがちですし、何しろ心の世界の話ですから、
いつも、自分の心の中の覚悟を覗かれていると思っていた方がいいでしょう。

一方、例えば不幸があった年には、神社へのお参りは差し控えた方が良い、
などと言われますが、これまた、絶対ダメというわけでもなく、
正式なお参り、は、別の機会に、一つの観光として訪れるのであれば、
問題はないそうです。

きちんとしたお参りをすれば、それだけのものを受け取ることができる。
受け取ることを目的に行っても、そうはいかないのが難しいところですが、
純粋な心で、ただお会いしに行く、という気持ちを持ってたどり着く間に、
修行はどうやら終了するようです。

ですから、帰り道はとても近く感じます。

今回の高野山への旅は、お参りと、もう一つ大事なミッションがあって、
なかなかな修行でした(苦笑)
でも、同時に、さらにさらに、高野山を身近に感じることができました。
・・・というか、奥の院でご挨拶をしていたら、あらら・・・
これからも、結構、通うことになるわ・・・と理屈なく感じました。
ので、たぶん、そうなるでしょう。
呼ばれたら、行くしかありませんしね(笑)

お寺や神社、さらには聖域と呼ばれる場所。
そこに聖域があるわけではないことは、色々なところにお参りして感じることです。
自分の心の中にある聖域とシンクロさせることのできる、タイミングと心の持ち方。
それが、確かに、聖域とのつながりを感じさせてくれるお参りでは大事なこと。

わたし自身はさほど作法なんて、どうでもいい~~と思っている方ですが、
それでも、せっかく行くのですから、そのあたりは、相手に合わせて、
しっかり最大限の「行って良かった~」という気持ちになるよう、
準備万端を心がけています。

CIMG5491.jpg

今回の奥の院からの参道、いつもは空気が重かったりしますが、
今回はそんなこともなく、楽しく歩いて帰ってきました。
途中、有名な方々のお墓がありますが、これまた、自分と関係がないのに、
むやみに拝んだりしないように、お気をつけくださいね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/07(Sun)

【だんな様は霊能力者】 人払い、人集め 

自分が行くと、必ず、その後からお店が人であふれかえったり、
静かに行きたい場所では、いつも混んでいる場所が急に静かになったり。

そんなこと、自由にできたらステキですが、
まあ、やりすぎると・・・ってのもありますし・・・ね(笑)

ここに通われている方も含めて、そういう方少なくありませんが、
この前も、同じような話になりました。
その方のお母様が、お店に行かれると、その日は商売繁盛。
ところが、どんなに天気が良くても、行かれないと、
「ああ、今日は人が少ないな・・・」とお店の人が思われるそうで。

だんな様も、混んでいる場所があまり好きではないので、
できるだけ人のいないようなお店に入るのですが、
出るころになると、人が溢れ、行列ができる!ってことも何度もありました。

大事な、大事な場所に出かける時に限ってですが、
私、人払いをお願いすることがあります。
あ、決っして、他の人が行けなくなるように・・・とお願いするのではないんですよ。
(結果的にそうなることは、あっても・・・です)

ここ数年、高野山に行く機会がありましたが、ぜひとも静かにお参りしたい!
と、思う場所。
人払いをお願いしたら、ここ数年、なんと、すべて台風が直撃する中での旅行となりました。
一切、予定を変更することなく、いずれも旅行は無事に終わりましたが、
ま~、あんまり、精神上は、はらはらすることゼロじゃなく(爆笑)

今回は6月初めの参拝だったので、まさか、台風は・・・(汗)。
でも、電車の中にいる間は、雨に降られてました。
とはいえ、おかげで、これまた人が少ない(笑)

途中、乗り合わせたタクシーの運転手さんが、先日行われた、
高野山開山1200年大法要の時のことを話してくれましたが、
内数日は、まさに殺人的!だったそうで。
どこのお店も人が入りきれず、行列、行列。
忘れられないほどの人ごみだったらしいです。

そんな大法要も終わり、高野山はすっかり静かになっていました。
・・・って、そんな大法要の直後で、みなさん、お疲れ?
普通の日にも関わらず、クローズしているお店や、
早々に商売、切り上げているお店もありました。
最近の東京などでは考えられない風景が面白かったです。
商売っ気なしで(あはは)

さて、今回もそんな人払いが行われたっぽい旅行でしたが、
肝心の中日は、快晴で日焼けするほどでした。
といっても歩いた参道は、大木が茂ってますから、
少しひんやりした空気がとても心地よかったです。

そうそう、ここのところすでに真夏の暑さだった東京でしたが、
高野山はやっぱり山の上ということもあり、かなり気温が低かったです。
特に夜には、8度ぐらいまで下がって、流石に寒い!と思いました。

とにかく無事に、用事も果たせ、人ごみに紛れることなく、
無事にミッションを終了してかえってきました。



精進料理も、おいしくいただきました~~~、ごちそうさま。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  10:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 非日常を味わえるありがたさ 

いや~このところ、ハリーポッターのホグワーツ城、
ペーパーワーク作りに頑張っていたら、思っていたより疲れていたようで(苦笑)

何しろ、気が付くと寝る間も惜しんで頑張っていたらしい・・・
と、ヘロヘロになってから気が付いた(笑)

昔から気が付いていましたが、魂で突っ走るように、熱中してしまう性格のようで(あはは)
昔は、熱中してヘロヘロになるようなことには、知ってか知らずか
危ないので近づかないことにしていました・・・笑。

何しろ、他のこととのバランスが取れなくなってしまうので。
ですから、今は、やりたいことを我慢しないでできる環境でありがたいな~
と思っています。

今日は、道場での練習の後、型などの打ち合わせをやっていたのですが、
これまた、時間を忘れて根注する人ばかり。

「みんな、病気だね(笑)」
と、だんな様が言うように、空手となると、何時間でも何時間でも
それこそ楽しそうに、ああじゃない、こうじゃない、と終わらない。

そんな風に熱中できることがある、そのこと自体、とっても幸せなこと。
そして、そんな時間が取れることも幸せなこと。

修行も同じだとだんな様はいいます。
世の中には、心の中にいろんなことや疑問があっても、
行という具体的な行動ができる、心と時間や生活の余裕があるというのは、
何ともありがたいことなのだと。

そんな時間を持とうと思えば持てる環境というのは、
何物にも代えがたい、気づきや心の満足をもたらしてくれます。

それこそ、ホグワーツ城出来上がってどうするわけでも、
空手について何時間も何時間もああじゃない、こうじゃない
と、語ったところで、何が生まれる、という具体的なものは目に見えませんが、
目に見えない、大事な何かが心を満たしてくれます。

静かに神様や仏様の前で心を開く時間や機会が持てるのも、
これまた、ありがたいこと。
日常の、当たり前に囲まれて、見えているつもりで見えなくなってしまっていることに
気が付く時間が持てることで、日常がただの日常でないことに気が付けたりします。

さて、明日から数日、その非日常を持つためにもちょっとでかけてきます。
6月7月と、大事なミッションが立て続け。

いってきま~~す。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月の初め 神様のご縁日 

予定いっぱいの一か月が始まりました!
となると、気合を入れて~~~。
月の初めを、神様のご縁日で始めるのは、まさにピッタリと、
毎月やっていることなのに、改めて思うという(笑)

九州にいる母に電話をしたら、やっぱり月初め、
浄めで塩をまきたいところが、三か所、
それぞれ2キロぐらい離れているのですが、
自転車で走り回って、無事に塩をまいてきた~~と言ってました!
パワフルさは、親譲りですが、まだまだかなわん(苦笑)

今日の神様のご縁日には、高次元の神様とご縁のある女性が参加してくれました。
高次元の神様とご縁がある、と聞くと、楽に物事進みそうですが、
ま~、そんなものでもなく(苦笑)
何があっても、高い意識を保ち続けるのは、
現実社会の中で普通に生きていくとすれば、むしろ大変。
それでも、神とのつながりをしっかり忘れずに生きてきたのでしょうね。
本人なりの悩みがあって、だんな様に相談しよう・・・と、
思い立って、最寄りの駅から、ここまで歩いてくる間に・・・
殆どの問題は、神様とお話している間に解決するそうです(笑)

日常を生きていると、どうしても目先のことにとらわれてしまいます。
もちろん、現実的な対処は、生きていく術、としては大事ですが、
場面や時代が変われば、役に立たないものも多く、
何を自分が大事にするか、を常に意識していないと、迷子になってしまうことも。

行をすれば、非日常の時間を持つことはできますが、
これまた日常との結びつきやバランスが取れないと、
頭で考えることや、心に抱く思いは、さほど進化なし(涙)

ま、いろいろ頭で考えても無理なので、
神様や仏様の前で、「こうします!」とあえて心を決めて宣言してみるっての
最近、トライしています。
すると、間違えたり、ずれたりすると、すごくわかりやすく、事が起こる(爆笑)
修正するにも潔く、というのがコツですが(笑)

さて、さて、修正に修正を重ねたホグワーツ城も完成に近づきました。
後は微調整と、後、ライトを、どう固定するか。
大きさがわかるように、ファンタの瓶とともに
(って、実は、ファンタの後ろ、修正がまだ必要なので・笑)

出来上がってくると、塗ってないところが、目立つぅ・・・。

CIMG5333
CIMG5333 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.06/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 井戸端会議 

近くに住むだんな様のお弟子さんのところに用事があって、
ちと、でかけてきました。
偶然にも、もう一人のお弟子さんも現れて、3人で井戸端会議(笑)
いろいろと、伝えておきたいことがあったので、
私的には直接、2人に話ができて、すっきり。
6月のスケジュール、混みこみなので、スムーズに進めたいものです。

その話の中で、日常と、行の世界の関係、みたいな話になりました。
いくつかの仏閣を訪れる時間ができたというSさんは、
とても充実した気持ちになったそうですが、
その後、引き続きの仕事とのギャップに一瞬、面食らったと(笑)

わかります、わかります。
私のように、仕事も過ごす時間も基本的に同じラインであれば、
保つのは、それに比べたら簡単・・・のはず。
ですが、やっぱり、入ってくる情報は、逆にとても現実的な問題だったりします。

現実的な日常と
精神の世界のバランス。

どこを現実的に考えて、どこを精神的に考えるか。
な~~んてこと、それこそ「頭で考えても」答えはでません。

「精神的なことを大事にして、考える、のではなく、生きる」

こんな話をしてきたんだけど・・・と、だんな様に話をしたら
この一言が返ってきました。
どう、考えるか、っていくら考えても、心はついてきませんものね。

それこそ周りに振り回されず、自分の生き方を貫くためには、
心に抱えていることを、大事にすることを軸にして、
生きて行く・・・しか、ありません。
どうすれば・・・と考えてしまう時点で、頭脳が働いてしまい、
逆に、「頭脳で考えて、魂や心の思うまま」に生きることが難しくなる(苦笑)

「もっと、馬鹿になりなさ~~い。
頭で考えすぎ~~!頭、良過ぎる~~」

昔は、だんな様のこの言葉の意味が、わかりにくかったのですが、
最近は、あ~、そういうことね。
と、まあ、これまた、文字にするのは難しい部分ですが、
頭で考えて理屈にあうよう、それこそ考えても、ね、
という、それこそ具体的な場面をいくつも観る中で、わかるという。
それこそ、そう生きてみないと、そう時間を過ごしてみないと、
分からないことがたくさんあったりします。

歩く時の、体のバランス、いちいち考えて取っていないのと似てるのかな?

お~~っと!こんな風に頭で考えるのではなく(笑)・・・心で感じて生きましょう!!!!(爆笑)

CIMG5293
CIMG5293 posted by (C)kumisensei
夕日の作り出す壮大な風景。
陽が沈むのは、ある意味、理屈にあっていますが、
その壮大さは、理屈では語れません・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |