2015.08/31(Mon)

【だんな様は霊能力者】 時代についていく 

だんな様が仕事をする上で、モットーとしていること。
それは、「リアリティがあること」
だから、時代についていけなくなったら・・
「仕事はやめる」
といつも言っています。

ここの所の時代の変化、何とも速い、速い。
うっかりしていると、え~、それも変わったの???という状態になります(苦笑)

先日、やっとのことで、ロイヤルバンクオブスコットランドに残しておいた、
預金を送金してもらい、口座をクローズしました。
本当は、口座、なんとなく持っていたかったのですが、
日本でも銀行の預貯金システムなどなど、レギュレーションがコロコロ変わる中、
海外の口座をそのまま持ち続けるのには、知識の限界を感じ、
やむなくクローズすることにしました。

10年以上もほったらかしにしておいた預金は、
日本と同じように、凍結されてしまい、
それを解除してもらって、日本に送金してもらうために、
おおよそ1年ぐらいかかりました(手続その他)
実際に行けば、あっという間、だったのですが、そうもいかず・・・。

とまあ、個人的なトラブルはともかく、銀行のシステムひとつにしても、
ここのところの変化は激しいですね。

また、今日は空港に見送りに行きましたが、
サポートで、搭乗口まで見送りに行けるようになったのもこの数年。
マイレージが半分で片道ずつ使えるようになったのも、ここ最近。
スカイメートはともかく、65歳以上の人への「シニア空割」などなど、
こちらも知っておけば、工夫ができるものがたくさんあります。
国際線では、日系の航空会社を使うのであれば、自宅から、
宅急便で荷物を送り、到着空港で(つまり外国まで)直接荷物が受け取れます。
ただし、この手続きの仕方も、ここ数年で、また変わりました。

便利になれば、便利になったことを知らなくてはならず、
でも、その便利にも時に落とし穴があったり、
値段に見合わないサービスだったり・・・。
何より、自分の都合と合うサービスかどうか、
自分を軸に計画を立てないと、返って混乱してしまいそうです(苦笑)

情報社会になった今、自分の必要な情報を手に入れ、
自分に必要な情報か判断して、取捨選択する力がますます必要に。

何より、それをアドバイスするだんな様は、そうした世の中の流れ、
常に、常に、チェックにチェック。
目新しいものを見つけたら、まずは自分で利用してみる。
ただし、目の前の数字だけで判断すると、困ったことになる可能性のあるものは、
変化に対してはとても慎重です。
その際たるものが、ネットの契約。
コロコロ、新しい契約の仕方が変わっていたり、複雑になったり、
簡単そうに見えて、かえって不便になったり。
実際どうなるかは、勧めてくれる「企業」ではなく、
自分の生活パターンに合わせて考えなければ、
本当に「便利でお得」になったかどうかは怪しいもの。

「こうした方がいいですよ」のアドバイスの中には、
ずっとずっと、変わらず流れる、「真理」や「原則」と、
手法としてどんどんバージョンアップしていかなくてはならない現実と。
その両方が含まれていてこそ、の、アドバイスでなくては、
・・・結局は、参考にならなかったりするんですよね・・・。

CIMG6735.jpg
曇った空では、太陽がどこにあるかを探すのに
あんまり参考になりません(涙)
腹時計の方がまだ、正確かも(爆笑)←人によるけど。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/29(Sat)

【だんな様は霊能力者】 28日お不動様のご縁日 

毎月28日は、お不動様のご縁日。
今日も、お出かけくださった方々と一緒に、
お不動様に奉経をしました。

不動明王さまって、好きな人、多いですね(笑)
決して、どうみても、いわゆる「優しい」形相とは程遠く、
どちらかというと、強面(あはは)
それに、手にもっているのは刀と羂索。
叱られる~~って感じでもあるのに。

こうした姿を見て、ある人は怖いと思い、
ある人は、頼れると思い、ある人は、好きだなと思い。
同じ姿を見て思うことなのに、その印象はそれぞれ。
真実の姿というのは確かにあるのでしょうが、
と同時に、ある人にどうそれが写るかは、
その人本人の心の中を映し出しているのかもしれませんね。

表面的な姿だけを見ていると、
自分の心の状態で、見え方が異なってしまう・・・。

この前からここでのトピックになっている「修行とは?」
きっと、このことも、その一つ。
自分の心の状態で、捉え方が変わることを意識して、
その奥にある、本物の姿を常にフラットにとらえるってこと。
自分の観る目にフィルターがかかっていると、
対象は変わってなくても、まったく異なる姿に見えてしまうってこともあるでしょうし。

お不動様、って、読んで字の如く、「動かない心」
自らのフラフラ、不安定な心、人はみなどこかで気が付いているのでしょうね。
だからこそ、お不動様を理想の姿として憧れる。
それも、お不動様が人気な理由のひとつなのでしょう。

ま、あこがれたら、あこがれたで終わるのではなく、
できるだけ少しでも、憧れに近づきたいものですね。

CIMG6268

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/28(Fri)

【だんな様は霊能力者】 成長、それとも老い?(笑) 

月日が経つと、誰でも年を重ねて行きます。
毎年のように、夏になるとやって来る妹家族。
今回は、成長して大学生になった妹家族の長男は、
自分だけ友達と日本を楽しむために9月にやって来る予定。
妹と、他の子供たちは、そろそろ今年の日本での夏休みが終わりに近づきました。
長男を除く、3人には、昨年も同じ時期に会い、
いや~、それぞれ成長しています。
もちろん、身長も伸び、大人な顔になって。

9月に会うであろう、長男の成長も楽しみ~~♪

皆で記念写真を撮りましたが、いやはや、母を始め、
だんな様や私を含む三人姉妹も、確実に年を重ねております(あはは)
それこそ、小さいころから知っている妹たちですが、
う~~ん、お互いですが、まさに年を重ねた!
と、子供たちと写真を撮ると、当たり前ですが思うこと(苦笑)

はてさて、いったいいつごろから、年を重ねるのが、
「成長」が「老い」になるのやら・・・。
これって、ずっと私の中では疑問です(笑)

確実に、できなくなっていることが増えたり、
あれ?と思い出せないことがあったり。
かと思うと、え~~そんな昔のこと、よく覚えているわね~
という思い出話に花が咲いたり。
今日出かけた「夏祭り」のイベント付のディナーも、
子供たちにとっては、目新しい風景。
大人にとっては、懐かしい思い出。

繰り返される経験は、いつしか懐かしさとなり、
時間が経てば、思いでとなり。

「体の成長や老い、と、心の成長や老い、の
スピードは異なるんだけどね・・・」

体の老いのスピードも心の老いのスピードも、
年を重ねればこそのこととは言え、
ど~~~したらできるだけ、いわゆる「老い」ずにいられるか。

だんな様と二人、ちょっぴり抵抗しながらも、
冷静に自分たちも、それから周りも含めて、観察中・・・なのでした(笑)

CIMG6693.jpg

和太鼓のどんどんという振動は、
若返りに効果ありそう・・・(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  05:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/26(Wed)

【だんな様は霊能力者】 修行って何をするの? 

ここの所の、だんな様との会話は、「修行って何をするの?」
手法としては、いろんな「形」がありますが、「形」ではなく、「心」の
何をどう修行するのか・・・。

いろんな答えがあるとは思いますが、結局のところ、
「無意識の行動をなくす」ということがその一つらしく。

例えば、無意識に言葉を発する、無意識に行動するなどなど、
日常には、すべて意識していては、とてもやっていけないことが溢れています。
そして、その無意識でいろんなことを無意識に繰り返し、
繰り返される失敗や、悩みを、無意識に繰り返す・・・。

そんなサイクル、誰だって抜け出したいものですが、
子供のころから、それこそ繰り返して身に着けた癖は、
行動の癖、思考の癖まで含めて、そんなに簡単には変えられないもの。

だから・・・修行の場、非日常の場で、一旦徹底的に自分の行動を制限する。
箸の上げ下げから、歩き方、そして言葉を発することができる場面まで。
そうすることで、無意識にやっていたことを、徹底的に意識するのだそう。

修行の場では、ついうっかり・・・は、あり得ない。

「本当のレベルで、厳しくしたら、誰もついてこれないだろうな・・・」
と、いつもつぶやいています(苦笑)

そうそう、ついうっかりを修正する、第一歩は、
全く関係がないようにも見える「先祖供養」
身についている、ついうっかりは、先祖から受け継がれてきたものって
とても色濃く残っているものなのですから。

とはいえ、無意識に入り込んでいる「癖」
それを取り除くことが修行の目的でもありません。
癖といえば、響きは悪いのですが、好き嫌いも含めて、
それも、それで、あなた、なのですから。

徹底的に無意識の言動を意識しながら、
自分の癖や傾向を客観的に、良し悪しではない自分の特徴ととらえる。

う~、小難しい話になってしまいました・・・(苦笑)
でもね、日常の中でも、ちょっとした非日常の時間を持って、
自分を俯瞰してみる、そんな時間を持つところからだって始められるんです。

修行って何?
トピックはまだまだ奥が深そうなので、簡単に終わりそうにありません・・・。

CIMG6640
CIMG6640 posted by (C)kumisensei

綺麗なものを綺麗と思って観る、これも修行。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/25(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月例会 

今日(月曜日)にはぐっと気温が下がりましたが、
日曜日は、まだまだ気温が高く、お出かけくださるのも大変!
と思っていましたが、いつものように、いつもの方々は、
淡々とご参加くださいました。

今回は、中級から、上級に上がった人が三人。
緊張の中、見事に試験合格!
ここから先は、気を使ったいろいろな技術を応用編として学んで行きます。
と、その前に、自分の気をアップする方法を。
途端に気の量がアップすると、思わぬ事が起こります。
(→私も経験済み)

自分の気自体が、純粋でないと、自分の体を痛めることが。
ですから、あまり関係がないように思われますが、
上級以上に進む場合、先祖供養が進んでいること、は必須条件。
アップした自分の気に、「塊」があると、体のどこかに詰まってしまうことがあります。
これが、結構、辛い(苦笑)
また、気を使って、人を癒したりする場合、自分の気に純粋なエネルギー以外のものが
混ざってしまったまま、他人にその気を流し込むことになるので、
先祖の因縁を自分が与える気から、取り除いて与えることができるように
なっておく必要があります。

感覚のある人なら経験があると思いますが、
マッサージなどに行って、余計に辛くなってしまうことがありますが、
似たような理由のことも少なくありません。
ですので、自分に合った方に診てもらうことは、こだわった方が無難です。

さて、さて、その後、暑い中頑張った塗り絵も、13仏完成まで、
半分を超えました。
今回は日本では午年の守り本尊ともされている「勢至菩薩」
CIMG6656CIMG6668










いずれも私が塗ったものですが、
お弟子さんKさんが持ってきてくれた、
3Dのペイントを加えたものが右のもの。

確かにちょっと3Dチックになっておもしろい!と、
他の仏様も塗ってみたら、あらら、慣れていないせいもあって、
大変なことに(苦笑)
その修正に追われていたので、塗り絵が終ったTさんが
みなさんの塗り絵を撮影してくれました。
というわけで、塗り絵のオンパレード。
それぞれ個性が表れていて、面白いですね。
CIMG6671CIMG6672CIMG6673














CIMG6674CIMG6677CIMG6678













CIMG6679CIMG6680













今月のお菓子は、新潟県の「巣ごもり」
アンをホワイトチョコでコーティングした、おいしいお菓子でした。
CIMG6681





と、これまたいつものように、話は盛り上がり、
それから、小顔や、痩身、そして、吸い込んだ被りを浄化したりと、
ひとり、ひとり、施術をしたり、
はたまた、次なるイベント「伊勢旅行」の計画などなど、
話は尽きず、気が付けば、終ったのは1時過ぎ。
これもまた、いつも通り。
いつも通り、とても充実した一日でした。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/21(Fri)

【だんな様は霊能力者】 乗り越えて身に付くもの 

ここでのイベントを終えちょうど一か月。
物事の意味、というのは、その時、その時、自分で感じているつもりで、
実際のところ、その意味はその後が作り出しているものかも?
と、思ったりします。

例えば、あることが起こったとして、人はそれをその時の自分の都合で、
良いことが起こった、とか、悪いことが起こった、とか、判断しようとします。

「こんなことがあったのですが、これは良いことでしょうか?
それとも悪いことでしょうか?」
な~んて質問、だんな様のもとには来ることがありますが、
それを「良く」するも「悪く」するも、その後の自分のとらえ方次第だな~と、
色々な試練を乗り越えた人たちの姿を見て思うこと。

様々な試練を必死で乗り越えようとしている人を見て、
どうしてあんなに辛いことを頑張っているんだろう?
な~んて、思ったりする人もいるかもしれませんが、
その後、その試練を乗り越えた人の姿、だけが、その意味を示してくれます。

試練を受けなくても、あのくらい・・・と、客観的には思えることも、
実際に体験した人自身と、それを側で見ているだけで得るものは、
ある程度は、想像できても、雲泥の差があるだろうな・・・とも。
感覚が鋭いと、まるでそれを自分が体験したかのような感覚を
受け取ることがあるので、それなりに、感じるものはあるでしょうが、
やっぱり、実際に、体験したのとの違いは明らか。

スピリチュアルな感覚は、とても役に立つこともありますが、
「ど~せ、このぐらいだろう」と感じたことが、ドンと響いたり、
「これは大変だ~~」と感じたことが、意外とすんなり進んだり。

感覚も
頭で計算したことも
事実と等身大ではない、
ということなんでしょうね。

だからこそ、感覚が広がるのを時に邪魔する思考を停止して、
無限に感覚を広げて感じる、受け取る。
そして、それが本物かどうか、その検証を繰り返し、繰り返し。

え?どうやったら、その検証ができるかって?
それこそ、だんな様との雑談の中にはそれがたくさん詰まっているのです。
一回限りのミラクルは、偶然でしかなく
二回目のミラクルは、何かの啓示、
三回目、四回目には、ミラクルの核となるものをつかみ取る。
それこそ、何度も何度も、検証していくプロセスが大事ですものね。
目に見えないものを、目に見える現象からつかみ取るとは、
なんとも、根気のいる作業ですが、それこそ、ある段階に来て、
ある段階を乗り越えた人たちには、腑に落ちた感覚とともに、
目に見えないものが理解できているオーラが、自覚がなくとも
身についていくものだと感じます。

進化するプロセスに、終わりは・・・なさそうですね(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/19(Wed)

【だんな様は霊能力者】 いまさらですが、30周年記念パーティのDVD 

今までここにいらしてくださった方にはお渡ししましたが、
まだの方には、今日、DVDを送らせていただきました。
さらに、パーティ当日、皆さんから書いていただいた寄せ書きも
ほぼ完成に近づき、ようやく区切りがつきそうです。
「ここまでして、パーティをする意味がある」
と、言うだんな様は、意外かもしれませんが、超現実派。

もっといえば、スピリチュアルなことと、現実の区別が
はっきりついている、と言った方がいいでしょう。

スピリチュアルに進めた方が良いこともあれば、
現実的に物事を進めた方が、それこそずっと現実的なこともあります。

例えば、数年前にここに来て、どうやったら、彼女ができるか悩んでいた青年にひとこと。
「いろいろ考えて、策を練るより、さっさと出会えそうな場所にでかけて、
口説いてきなさい!」と。(笑)

さらには、もちろん本人に聞けないようなこともあるでしょうけど、
あの人はこう思っているだろうか?
あれは、こうだろうか?ああだろうか?
考えても意味がないことは、考えるのをやめて、
その場、その場で対処する方が現実的、ともよく言います。

確かに、いろいろ考えたところで、ま、その時にならないと、
分からないことも沢山ありますものね。
自分が勤めている会社の経営状態がどうだ、こうだというのも
自分が経営している会社ならともかく、一社員が考えても、
あまり意味がない(苦笑)
それより、自分が日々こなしている仕事で実力をつけ、
時間を見つけて、ステップアップできるよう資格をとってみるとか。

頭の中で考えられることは限られていますから、
何かを考えていれば、何かは考えられないことになってしまうので、
この辺りは、それこそ「現実的」に取捨選択したいものです。

スピリチュアルな人は念が強いので、確かに、自分がある場面で
必要なものを、はたから見ていると、ミラクルな確率で引き寄せることがあります。

ただし、本人にとっては、引き寄せが得意技だと、
引き寄せられて当たり前、引き寄せられないとストレスのもとになったり(あはは)
はたまた、引き寄せたものは当たり前なので、
そこから先の展開まで、視野に入っていないことも少なくありません。
細切れに、引き寄せたものがバラバラに・・・となると、
やっぱりロスは大きく、結局は、コツコツ、あることを実行してきた人が、
ミラクルで引き寄せた人より、確実だったりすることも・・・。

スピリチュアルな思いや念と、現実的な行動は、
両方あってこそ、最大の効果の結果に結びつくんでしょうね~~。
良いことありますように・・・と、あちこちで買い集めたお守りが、
お部屋の中に沢山あって、結局誰に、何をお願いしたか忘れた・・・
なんて、結構、ありそうでしょ?

CIMG6619
CIMG6619 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/18(Tue)

【だんな様は霊能力者】 観音様のご縁日 

毎月17日は、観音様のご縁日。
今日も雨の中、お出かけくださいましたが、いらっしゃったときも、
お帰りになられた時もそれぞれでしたが、雨足が少し静まったころに。

観音様に奉経している間が、一番、雨がひどかったようです。
お経の音とともに、雨、そして、風。
ただでさえ、お経を詠む時には、いろんな音や声が聞こえるのですが、
今日は、さらにパワーアップして、ま~様々な音が!!!

実は、観音様は縁切りがお得意。
良縁をもたらすには、まずは悪縁を切る必要があるそうで、
ま~そりゃ、バッサリ、気持ちよ~~く、切っていただけます(笑)

昔から、稲荷神社には、カップルで行くと別れるといジンクスがあったりしますが、
観音様をお祀りしてあるお寺では、本当に縁のあるカップルでないと、
それこそ、バッサリ、切られてしまうとか(苦笑)

そもそも、良縁、悪縁、という表現も誤解を生みやすいのですが、
縁自体に、良し悪しがある、というより、
今の自分にとって、必要な縁が残る、と考えた方がよさそうです。
ですから、ある選択をすると、それが意識的であろうとなかろうと、
自然と、その選択に沿って、いわゆる、場を共有して心地よい人は変化していきます。

よくスピリチュアルなことに関わると、人との縁がつながったり、切れたり、
そんな表現が使われますが、それも含めて、自分が選択したこと、
に従って、事が動いている・・・というのが、ほとんどだったりします。
ですから、今の自分が出会う人、は、今の自分の選択、を現している、
ということなのでしょう。

逆に言えば、明らかに人間関係が大きく変化を迎えた時には、
自分自身が、意識的にも無意識にも、おおきな選択をしたことを示しています。
変化が起こるには、それまで自分によって必要だと思っていた人との「縁」が
切れるところから始まるのが先なので、選択を間違えていないか、不安に思ったりすることも
少なくないでしょう。

そんな時こそ、観音様やご縁のある仏様に聞いてみたらよかろうかと思います。
こんな縁がきますように、こうなりますように、という祈りもあってよしだと思いますが、、
迷った時ほど、広い視野を持って先を見通すことのできる存在に、
心を開いて会話してみる。

神仏を拝む、事の中には、神仏と会話する、も含まれていると思うのです。
ただし相手はすべてお見通し、の存在。
自分で自分を偽っていると、声は聞こえにくくなる・・・のも当然かも。

CIMG6614
CIMG6614 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/17(Mon)

【だんな様は霊能力者】 盆供養 

昨日15日は、「盆供養」を執り行いました。
15日は神様のご縁日というのもあり、午前中に。
まずは、穢れを祓ってから、一休みして供養に。
CIMG6493.jpg

例年通り、沢山の方々にもお集まりいただき、内弟子さんたちの助法のもと、
一枚、一枚、供養紙を読み上げて、奉経。
午前中の神様のご縁日のせいか、すっきりした感はありましたが、
それでも、例年より、参加くださった方(特に見えない方々)が多かったような?

その後、直会といって、ご先祖様と一緒にお食事をする意味で、
簡単な食事をみんなで摂るのも例年どおり。
今回のお土産は、金箔入りの金平糖にさせていただきました。

皆さん、感覚がある方が多いので、ここのところの空気の重さと
暑さのせいもあって、少々、くたびれていたのですが、
30周年の時に龍笛を披露してくれたお弟子さんが来ていた「狩衣」を
皆さんもきてみませんか?というので、おひとり、おひとり。
いや~、盛り上がりました(笑)
皆さんお似合いだったのが、不思議・・・
そして、同じ狩衣なのに、雰囲気がおひとりずつ違うのも不思議・・・。
もちろん、後ろ姿はさして違いはありませんが、
CIMG6552CIMG6581















都合上、後ろ姿しかお見せできないのが残念なのですが、
正面からの写真では、いろんな雰囲気になって面白かったです。

と、ここでまた大笑いしながら楽しんで充電して復活した私たちは、
あれや、これやと、延々、日にちが変わるまで話をつづけたのでした・・・。

さて、さて、もう一つのブログにも書きましたが、
15日の供養が終っても、16日までお盆だという習慣があるということは、
ご先祖の方々も「その」習慣通りに・・・ってことで、
今日までは、多少は軽くなった空気も、なかなかすっきり行かなかったのですが、
それこそ16日夕暮れ過ぎから、激しい雨が降りました。
雨が降ると、空気がスッキリするのも早まるでしょう。

外を歩くと、数日前まで暑くて、暑くて、陽が沈んでからも
とても外に出る気持ちにはならなかったのですが、
気温はぐっと下がって、過ごしやすくなりました。

これまた不思議なもので、あんなに暑さがうらめしかったのに
ちょと涼しくなると、何となくもの寂しい感じがしなくもなく、
あ!でも、残暑は、ほとほどにお願いします(って誰にいってんだろう?笑)

15日の盆供養、しっかり行わせていただきましたので、
ご安心ください。
ご先祖との付き合い方には、いろいろありますが、
お互いがお互いの世界でしっかり生きることも含めて、
協力しながら、自分にしかできないことを心を込めて行くのが大事なのだと思っています。

先祖だって、頼りにされてもダイジョブなぐらい力がある方もいらっしゃるでしょうし、
こちら側の助け(=供養)は、かならずや、ご先祖の助けにもなるでしょう。
気持のこもった供養こそが、互いをつなげる大事な要素なのだと思います。

CIMG6587
CIMG6587 posted by (C)kumisensei
8月15日の夕日・・・西のそら。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/15(Sat)

【だんな様は霊能力者】 今日は打ち合わせ、明日はご縁日&供養 

今日は、忙しい中パーティにもおいでくださった編集者さんとの打ち合わせ。
私としては、ひとつお仕事を済ませ、後は、編集者さんのご判断に!
本自体の持つ良さ、
と、
その本の内容が今、世の中でどのくらい必要とされているか、
は別の問題。

逆に言えば、良い本ほどタイミングを間違えずに世に出したいもの。
なので・・・そのあたりは、決して無理せず、自然な流れに任せることにしましょう。

そして、明日は、15日、神様のご縁日と、お盆供養会を執り行います。
ここのところの重い空気、どうして、空気が重いのだろう?
と、ずっと、ここの所、私の頭の中では、「霊」の存在についての
追求が続いていました・・・。
成仏(=行くべきところに行った人達)が戻ってこられたのは、
お久しゅう~、で嬉しいことでもあるのですが、まあ、どうして空気が重く感じるのか・・・。

今年は、終戦御70年ということもあるのか、そのあたりはわかりませんが、
空気が特に重く感じられます。
結局のところ、行くべきところに行っていただくのが第一段階。
それでも、生きていたころの意識から解き放たれるのには、
時間も供養もお互いに必要なのでしょうね。

それに応じて、生きている人間も少なからず影響を受けているもの。
意識していようといまいと、血のつながった先祖が戻ってこられるのですから、
影響がない方が不思議ともいえると思います。

重い空気が軽くなるように、という祈りではなく、
今、ココで生きている人間も、行くべくところに行ったご先祖も
さらに、すっきり自分の人生(霊にとってもその先があるわけで)、を
進んでいけるような祈りを・・・と、心に留めて、
お互い「癒され」て、区切りをつけて行きたいものです。

祈りの方向は、微妙な違いでも、大きな違いを生み出すものですから。

CIMG6490
CIMG6490 posted by (C)kumisensei
天気予報は「雷雨」
実際の空は青空が少しでも見えていると、何とも、裏切られた気になったりして(笑)
雷雨だと、青空なんか見えないだろうという、私の思い込み(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/14(Fri)

【だんな様は霊能力者】 教えを生きる 悟りを生きる 

おお!タイトルは、大変、堅苦しいですが、意味は極めてシンプル。

「教えが理解できた、悟った」ってのでは不十分なんでしょうね。
つまりは、理解できた教え通りに、悟った!と思った自分通りに生きて行けるか。

言っていることは、わかるけどね・・・な~~んてことは、日常に溢れています。
それに、自分の中の理屈や理論で、いくら正しいと思っていても、
そこに破たんがあるかないか、いつも自分で自己検証して、
でまた、そう生きる、そう毎日を続ける・・・。
シンプルなものほど、難しいわ・・・(涙)

さて、そんなシンプルかつ、難しい教えを生きることができるのも、
ご先祖様がいて、それがつながってきたらから、できること。
いよいよお盆に入りましたが、そんな感謝の気持ちも、
今が一番、伝わりやすい時でもあるでしょう。

また、「魂の存在=成仏した」先祖の中にも、
人間だった時の感覚が強く残っていて、なかなかすっきりしない人もいるでしょう。
ひとり、ひとり、話を聞いて、思いを果たしてあげる、という供養もありですが、
それこそ、生きていた時(=先祖にとっては過去)のできなかった思いに、
応え続けてもきりがないこともあります。

だんな様のところには、そんなメッセージを聞きたい、受け取りたいと
思われていらっしゃる方も少なくはありませんが、
それでも、そのメッセージを受け取ることが、お互いの幸せになる時もあれば、
そうでないときもあり、だから・・・フラットな状態で、お経を癒しの音として
伝える・・・という、供養の形。
本当の意味で、お互いが幸せになる、楽になる、というのは、
なかなかなプロセスですが、その「智慧」がお経に詰まっていると考えれば、
是非、是非、伝え続けて行きたいものだと思います。

それこそ、こうすれば、ああすれば、供養できると知る、
というより、供養にもなるよう、しっかり自分が生きることも大事ですものね。

CIMG6486
CIMG6486 posted by (C)kumisensei
まだまだ暑い日々は、続きそうですが、
それでもどことな~~く、季節が移る「匂い」がしてきたのを感じているのは、
私だけではなさそうです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/12(Wed)

【だんな様は霊能力者】 あなこわ取材再び! 

あなこわ=「あなたが体験した怖い話」の取材で、
久しぶりに編集者さんとお会いしました!

不思議なことに、編集者さんから取材のお話をもらったのと、
この前に「霊界一年生」でお世話になった漫画家さんが
こちらまで暑い中いらしてくれるという話があったのは同じころ。

もう一つ、編集者さんからの予約が今週入っていて、
なんだか、漫画家さん、編集者さんウィークみたいになってます(笑)

それにしても、ちょっと久しぶりにお会いした編集者さん、
とてもお元気そうで安心しました!
っと、とても病気かもしれない・・・に超弱い方でしたが、
これは変わらず(爆笑)
何だか、すっきりされていて、懐かしく思ってしまいました。

今回、一緒にいらした漫画家さんは、「霊界一年生」の時の方とは
また違うタイプの、いや、興味を持ったら突撃~~ってのは同じですが、
これまで何人もの霊能者さんにお会いされたことのある方でした。
(ちなみに、「霊界一年生」の漫画家さんは、初めてだんな様のような人にあったらしいです)

と、懐かしい話から、あちこち話が飛び、
(時々、私が飛ばしていました・・・すみません・・・なつかしかったもので)
とても、楽しく、有意義な時間が過ごせた気がしています。
日頃から、恐ろしいほどの仕事の量をこなす漫画家さんと知っていましたので、
どんな方かと、だんな様と二人、楽しみにしていましたが、
なるほど、なるほど、引き出しがいっぱいの方でした。

と、話が盛り上がって、話は尽きず、気が付けば4時間ほどみっちり(笑)
私たちも、道場に行く予定がなければ、もっと話したいことがたくさんあった?
そんな気もしますが、一気にいろんなことを話しすぎて、
混乱してしまわれないように・・・ってすでに混乱するぐらい、
あれこれ、お話が弾みました。

日頃から、疑問に思われていることをきっちりまとめて来られるあたり、
当然とはいえ、さすがプロのお仕事ですね。
だんな様は、だんな様で、自分の仕事の姿勢について、話をさせていただいたと思います。

何かが、起こるかもしれない・・・と恐怖に思うのではなく、
起こらないような選択をする感覚を磨きましょう!

人にはバイオリズムがあるので、その時の自分にとって、
良いことも、一見悪いと思うようなことも起こるもの。
だから、多少の悪いことが起こっても、対処できる力をつけておきましょう。

自分の持つ運の底上げを図りましょう。

そういえば、取材の間、不思議な事が起こりました。
私の電話に電話がかかってきたのですが、一階の子機がならず、
2階まで電話を受けに行くと、受話器を上げた瞬間に「話中です」と表示が。
でも、電話は、明らかに切れていました・・・。
てな、ことも、感覚のある人が集まると、起こったりするものです。

種明かしは・・・漫画になってから?かな?(笑)

CIMG6480
CIMG6480 posted by (C)kumisensei
雨が降りそうなそら・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/11(Tue)

【だんな様はメンター】 お盆の時期、決断は避けた方が無難? 

今日は、先月のパーティにもお出かけくださった、出雲からのお客様。
実は、一昨日、いらした方も出雲出身だとか。
記念品でいただいた「うちでの小槌」も出雲大社ゆかりのモノ。
・・・と、出雲からの空気が運ばれてきているような気がしますが、
今日もまた出雲からご家族連れでおいでくださいました。

ご夫婦、毎日、お医者様というお仕事柄、とてもお忙しい様子。
その合間を縫って、奥様は、子育てと空手を頑張っていらっしゃいます。
いつも、これができてなくて・・・なんて反省されていますが、
いや、いや、仕事と子育て、そして空手を両立させているだけでも、
凄い!と思います。

「先生」と呼ばれる仕事は、地元にいるとなんとも息が詰まる感じがあって、
人から見られている感、というのか、逆に場所が変わると、
それだけで気分が変わったりするので、私もよく、
何の用事もないのに、遠くまで出かけたくなったものでした。

今でも、日本にいる時、特に今の時期の重い空気の中にいると、
いや~、どこか遠くに出かけたい病がウズウズします(あはは)
前にも、書いたことがありますが、「お盆」という概念は、
だんな様とよくでかけるヨーロッパやハワイなどにはないので、
従って、「ご先祖様」もこの時期に帰らなきゃ!ってのもありません。
ちなみに、お彼岸は3次元と4次元が近づくので地球規模での現象ですから、
この限りではありません。

お盆の空気の重さは、日本特有のもの。
この時期にどこかに出かけられたら良いのでしょうけど、
そこは、逆に「お仕事」の時期でもあるので、強化月間・・・となる(汗)

日本特有の、じっとりした空気がまとわりつく中、ご先祖がどんどん戻ってくる、
となると、どうしても、気分や機嫌の振れ幅が大きくなりがちになります。
向こうの世界で、元気に過ごしている、というと少しおかしな感じもしますが、
この世とあの世のエネルギーは、異なるので、接するとなると、
やっぱりお互いプラスの影響を与えるばかりとは行きません。

この時期は、こちら側も先祖を意識しますから、
お互いコミュニケーションを取りやすい時期でもあり、
真っ先に訴えてくる先祖、となると、やっぱり生きている時の
悩みや苦しみを抱えたまま、生きている子孫に・・・となるのは、
普通といえば、普通。
逆に言えば、生きている私たちにしかできないことがあります。

早く、楽になって欲しい、こうして欲しい、ああして欲しい。
ま、いろいろ伝わってきやすい時期ですから、
大きな決断などは、できるだけこの時期は避けた方が無難。
先祖の思いは、子孫の私たちには、まるで自分の意志のように
感じられる時もあって、先祖の影響をゼロにして、
自分を語ることも不可能に近いものです。
それを一瞬でも完全に切り離すことができるためには、
やっぱり、修行が必要だそうで・・・。
肉体からくる、いろんな思いと、
魂からくる、いろんな思い。
その区別は、つきにくいものですし、何しろ、
供養が一番届く祈りができる人ほど、先祖からの思いも届くので、
この辺りは、ちゃんと整理してから・・・ってのが無難でしょうね・・・。

CIMG6473
CIMG6473 posted by (C)kumisensei
西の空・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/10(Mon)

【だんな様は霊能力者】 立場、立場のプレッシャー 

空手の試合の応援に行くと、いつもとても疲れます。
自分が出場しているわけでもないのに・・・と、言われてしまいそう(笑)

会場には、沢山の人がいますから、それだけでも被りそうなものですが、
それは置いておいても、これから試合をする選手のプレッシャー、
試合に負けた人のプレッシャー、そして、勝ったら勝ったで、
次の試合のプレッシャー。
そして、そして、トップに立ったら、トップに立ったプレッシャー。

どのプレッシャーも、実際自分で感じてみないと、
自分がどんなプレッシャーに強いか、弱いか、意外とわからないもの。
もちろん、試合、という形式上、負けてしまったプレッシャーの方が、
勝ってトップに立つプレッシャーより、経験する回数が高いもの。
ですからトップに立った人のプレッシャーと言うのは、
なかなか人からはわかりにくいものだったりしますよね。
それに、はたまた試合で上に立てば、誰かを倒さねばならないわけで。
その倒した相手からの「思い」みたいなものも、感じることもあるでしょう。

同じ、「勝ちたい」「トップに立ちたい」という気持ちがあっても、
何を見て、そこを目指すかで、同じようで、まったく違う思いが
自分の中で生まれてくることがあります。

あの人がこうしたから、ああしたから、
という分析からは、なかなか次なる発展的な思いは生まれにくいもの。
つい、つい、そう思いたくなるのもよくわかりますけど。
これがいけなかった、あれがいけなかった。
むやみに自分を卑下しても、これまた次なる発展的な思いは生まれず、
練習してもうまくならないんじゃないかな・・・なんて、ネガティブな気持ちになったり。

試合には、やっぱり試合をする「作戦」って必要だったりします。
その作戦をどう組み立てていくか、そこもまた、自分の思いの真価が問われる部分。

究極、勝っても、負けても、続けていさえすれば次があり、
次があるなら、そこに工夫の余地が生まれますものね。
・・・と、いつも自分で、自分を励ますときには、
無理してでも(笑)、続けていれば次がある・・・と思うことにしています(あはは)

何かを続けることの中にも、続けて行くこと、と、変化させていくこと
さらには、止めてしまうこと、という小さな選択を繰り返しているわけで。
何も考えないで、次々とこなしていくだけの段階もあり(回数が大事)
こうして、ああして、と、工夫を重ねる段階もあり(内容が命)
その組み合わせの中で、次のものを自分で選択してつくりあげていくしかないのでしょう。

選択に正しい、間違いは、基本的にない、とは思っていますが。
適切な「選択」をしたときは、思い切って捨てたつもりの何かが、
しっかり自分の中に、気が付けば残っていた・・・ということなのかな?
など、など、いろいろ考えてみても、ま、最後はやるしかありませ~~~ん!

立場、立場のプレッシャーがあっても、なくても、自分の精いっぱいを
維持するためには、自分の心に向き合うって、ひとつのコツなのかもしれません。

CIMG6469
CIMG6469 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/09(Sun)

【だんな様は霊能力者】 お盆~~~!!! 

そう、そうだった、お盆の時期。
暑さに気を取られて、忘れていました!!!!

今日は、お釈迦様のご縁日ということもあって、
数人の方々としばらく話をした後、ご縁日のお経を。
と、とたんに、ど~~~ん!
お盆直前ってことを忘れていたせいもあり、お経の途中で、
気を失いそうになること数回。
その間に、いろんな映像が見えてきましたが、
流しっぱなしにして、何とか終了。
いやはや、お経も途中からは供養モード、となりました。
お出かけくださった方々、というより、とにかく供養を
待ちきれないご先祖がどっと押し寄せた感じでした。

こういう時は、一旦治ったはずのものが痛み出したりします。
ばね指、かなり良くなったのですが、急に変な痛み方をし、
しばらくして、いろんなものが抜けたら、今はさほどでもなく。
不思議なものですが、供養を受けたいと思っている先祖って、
ストレスの最中にずっといるようなもの。
その影響を受けると、自分にもストレスがかかって、
血流が悪くなり、結果、自分の弱点が表面化する、
という仕組みのようです。
いや~、そのことに気が付くまで、何で私の弱点がわかるんだろ?
なぜ、なぜ?という被害妄想になっていた私(爆笑)

ま、大概の不調は、自分で引き起こしているものです。
日常のこまごましたことや人間関係でも、まるで、
誰かが「そこ」を狙ったかのように、攻撃された!とか感じますが(あはは)
実は、その引き金は、数日前の自分の言動だったり、
その言動を引き起こしたのは、はたまたその数日前の相手の言動だったり。
ま~、そんなこと、いくらさかのぼって原因を探っても、
「解決策」は、そこに見つかりません。
というより、探っている間におおよそ、自分自身がドツボにはまるのがオチ。

だから、相手がこうしたから、自分がこうして、それからこうして、
という振り返り方は、分析して、今後に生かすことはできますが、
それより、悪循環を止めることの方が先かもしれませんね。

ま、被りで言えば、何で私の弱点を突いてくるんだろう?と
探っても、分かったところで楽にはならず。
むしろ、多少の被りでも、祓える力、耐える体力、気力をつけること、
その方が、解決に近いかな?と、思います。
この際、相手は関係なし、で解決に向かいましょう!

というわけで、被りをすっかり落として、一旦スッキリ。
うにょうにょした、思考ごと、す~~っかりどっかに吹き飛んでしまいましたが、
ま、お盆の時期ですから、次々やってくる~~~!!!ってことで、
・・・やっぱり、さらなる、体力、気力の強化に努めます!

こんな暑い中、エアコンのない道場で、なんと昼間も練習し続けていた
先輩、ドリームカップで優勝されたとのこと。
素晴らしい!!!です。
結果がすべてではないにしても、結果が物語るもの、ってありますものね。
なにはともあれ、おめでとうございます!

CIMG6386.jpg


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  01:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/08(Sat)

【だんな様は霊能力者】 おおらかに行きましょう! 

人によって、気になるところは違うもの。
これぐらいでいいや、って思うところは、
だんな様と私も大きく違います(笑)

ちょこちょこ気になる私は、ちょこちょこやってないと気になるし、
だんな様は、ある時点が来るまでは、びくとも動かない(笑)

こんな違い、どちらかが、「こうじゃなきゃいけない」と
思い込んでいると、絶対にうまくいくはずはありません(あはは)

まあ、どこかが汚れていても、究極、命に関わるまでには程遠く・・・。

こんなスピード感、早く、早くとあせっても、結果はさほど違わなかったり。
例えば、先祖供養とかでも同じ。
早く始めれば、早く進む、それは、そう。
だけど、ちゃんと準備しないまま始めてしまうと、途中で挫折してしまったり。
やり抜く準備って、供養をする方も供養をされる方にも必要。

いろんな問題も、同じように、慌てても、思ったように
解決に向かうかどうかは別問題ですものね。
焦ってしまって、返って、複雑なことになってしまった・・・
な~~んて経験も、あります、あります(苦笑)

企業でも、トラブルが起こって、急に衰退していく会社もあれば、
トラブルがあって、逆に、盛り返していく会社もあったりと、
人の頭の中にある「公式」は、時と場合と、要素によって、
見当はずれの時もあり、ばっちり!って時もあり。
そのあたりは、経験しながら、学んでいくしかないんでしょうね。

それにしても、ここの所の暑さ、本当に参ります。
「まあ、空には空の都合があるんだろうけどね」

とはいえ、そろそろ、少しは手加減するタイミングですよ~とでも、
言いたくなるほどの暑さ。
こんな時は、何しろ待てなくなる=タイミングを外す、ってのやりがちです(笑)

先日、ちょっとしたことで病院に行ったら、どうやらお医者様も
暑さで少しイライラされている様子。
(ってのは、看護婦さんたちが、ちらっと話をしているのが聞こえた)
でも、診察室に入ったら、そのお医者様自身が、
「ま、のんびり、きましょ~~」

多分・・・ふと、自分のイライラ、自分で気が付かれたのかな?と思いました(笑)

ん、私も焦らず、焦らず・・・(と、言い聞かせてみる)笑

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/07(Fri)

【だんな様は霊能力者】 いまさらですが、30周年記念パーティの内容 その3 

まあ、1、2度のブログでお届けできるだろうと思っていた、
パーティの模様、実況中継も、はや3回目(笑)
詰め込んだだけ詰め込んだ、パーティの模様の写真やビデオは、
3週間ほどかけて、だんな様がようやく仕上げ、
昨日は、はたまた総復習・・・(笑)

復習ったって、いろんな復習がありますが、
計画通りに行ったものも、行かなかったものも・・・
どちらにしても、楽しかった思い出。
計画通りに行ったから、楽しいものになるかも別だし、
思いと違ったことがあっても、それをどうとらえて行くかで、
「起こったこと」の印象も、かなり変わってきます。
だから、ああだったのに・・・こうだったのに・・・
同じ復習も、復習する意識次第。
事実まで捻じ曲げてしまうことさえあるので、
どう復習するかは、気を付けたいところでもありますね。

このパーティの模様を記録したDVDは、出席くださった方にはお送りする予定です。

オープニングの、声明から、沢山の人の笑顔、
スピーチいただいた方のお姿、そして、誕生日のお祝いのシーン、
そして昨日のブログに書いた、ビオラと歌の披露、そして
空手の演武まで、写真とビデオを織り交ぜて、約1時間の大作です。
って、自分が作ったかのように書いていますが、
だんな様がひたすら作り、せめてDVDのコピーぐらい手伝おうと思っていたら、
どうやら、my PCには、DVDの焼き付けソフトが入ってないようで。
というか、今のところうまくコピーできないので、調査中・・・。

さて、肝心のパーティの模様、その3ですが、
思ったより、スポットライトが暑かった空手の演武組が、
会場の外で、あつ~~~!と叫びながら着替えている間に、
だんな様のお弟子さんKさんの奥様が作ってくださった、
30年を写真で振り返るスライドショーが流れました。

30年、おおよそ10年ぐらいに何があったかを、
昔の写真を掘り返すところから始まったスライドショーづくりは、
半年以上もかけて、何度も、何度も修正を加えてくれました。
30年前の写真に写った人たちで、パーティに参加してくれた、
という、いわば30年のお付き合いの方々も少なくなく。
特に、生まれる前から、だんな様とのご縁があるという、二人の女の子。
現在、大学生と高校生ですが、聞けば、お産の病院にまで
駆けつけたこともあったそうで。
(その当時までは、私も知りませんが・・・)

20年目あたりからは、ちらほら、私の姿も(あはは)
沢山の参拝旅行にでかけた写真、懐かしかったですね。
高千穂、高野山、熊野、そして伊勢神宮。
高野山の旅行では、台風直撃!の中、30名近くの参加者が
ひとりも漏れることなく、ひとつも計画を変更することなく、
ぶじ~~に帰ってきました。
そう、そう、25周年のすてきなパーティを開いてもらったのも
高野山での忘れられない思い出。
などなど、この辺りの膨大な写真をスライドショーにしてくれて、
スライドショーの節目には、30年来通っている人などが
思い出を語ってくれました。

と、この頃、だんな様他、演武を披露した人たちは、
汗だくになったので、道着を脱ぐのに苦労していたらしいです(笑)

私は、スライドショーやトークの様子を見守りつつ、
次の演目の用意を手伝っていました。
盛りだくさんのパーティの出し物も、これが締め。
狩衣を着ての龍笛、そして、最後は再び声明で。
CIMG5824.jpg

実は、この時の狩衣姿も、何度も試着したりして、コスプレ状態の予行演習が(笑)
CIMG5897



お弟子さんは全員、袖を通してみましたが、似合いすぎるほどだったりと、
これまた、楽しかった思いでとなりました(あはは)

龍笛を披露してくれたお弟子さんは、龍笛も狩衣も自前。
狩衣、我が家で預かっていて、どなたか試したい方があれば・・・だそうで。
夏は、夏用の狩衣でもかなり暑いですので、本番で、空手の演武を披露した後、
狩衣に着替えた、お弟子さんはきっと、すご~~く暑かったはず。

と、楽しくもめいいっぱい詰め込んだパーティも終盤。
30年来のお弟子さんが最後を締めくくってくれました。

暑い中、会場までお出かけくださっただけでも大変だったと思いますが、
遠い中、体の調子を気遣いながらも、ちゃんと出席して、
お帰りくださったAさんもお姿を見て、とても安心しました。

さあ、次のイベントは、そのAさんと一緒に伊勢神宮にでかけます。
準備はもう・・・すでにかなり始まっています・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/05(Wed)

【だんな様は霊能力者】 いまさらですが、30周年記念パーティの内容 その2 

さて、昨日、途中までお届けした、30周年記念パーティの模様ですが、
その続きというか、補足から。

お料理は、フランス料理をご用意!

P1010463P1010427











今、見直しても、よだれが出そうなメニューですが(笑)、確かにおいしかったです。
あの、忙しく走り回る中、私、どれもちゃあんと、一口ずついただきました(笑)
皆さんにお出しする料理、味見しておかないと!というミッションもあり。

それに5人ほど、お子様用の料理を準備していましたので、
それも本人たちに「おいしい?」と確認したら、
ポテトを手に持って、「ウン!おいし~~」とお返事いただいたので、
料理もまずまずだったと思います。
(食べたものの、味をよく覚えていない・・・慌ただしさでした)

昨日、載せようとして探していた、だんな様への記念品。
ガンダルフの杖を渡している写真、見つけました!
DSC_0606






そう、そう、7月21日付の私のブログで書いた、アマゾンや楽天で探しまくって、
当日、必死で間に合わせたのは、この杖の先にテグスでぐるぐる巻きにして、
取り付けた装飾用ライトです(笑)

あまりに慌てて、電池式ではなく、電源式を買ったり、間に合わない商品を注文したりと、
つまりは、我が家には、いまや3つも装飾用ライトが・・・
今年のクリスマス、どこに置いたか忘れなければ、
にぎやかに飾り付けができそう(あはは)

さて、昨日は、歌と、ビオラの演奏を披露していただいたところまで。
IMGP4336








実は、このビオラと歌の披露の直前、記念品の杖などを贈呈する場面で、
ビオラを演奏してくれた彼も、歌を披露する予定だったSさんも
その場面に見入ってしまい、慌てて準備に入りました。
そういう私も、一緒に慌てて、実はこのビオラの蓋を勝手に開けて、
彼に手渡そうとして、ふと立ち止まりました・・・(笑)

この二人の音楽の伴奏をしてくれたのは、幼稚園の先生をしている二人。
いや~~、落ち着いたものでした!びっくり。
そして、もう一つ。
ビオラと歌の場面では、だんな様と空手の演武を披露してくれる予定だった人たちは、
会場の外で、道着に着替え中でした。
ですので、生では聞けなかったのですが、そりゃあビデオで何度も何度も聞いていましたよ。

そして、いよいよ、空手の演武です。
ね、どんだけ詰め込んだか、今になればよくわかりますが、
プランを立てている時にも、このぐらいはやれるだろう、
来ていただいた方々に、楽しんでもらいたい一心の計画でした(笑)

征遠鎮の型から、逆手などの技の披露、そして、十八の型へと。
そしてだんな様が披露した「転掌」の型は、youtubeでご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=Omig-Zr6M0w


スポットライトが意外に暑くて、演武を披露してくれた人たちは汗だく。
最後は、5人でスパーリングを披露しました。
P1010673




(写真は、最後にだんな様と2段のS先輩のスパーリングのもの)

なかなか濃い濃いな内容だったと、自分たちでも振り返って思いますが、
まだまだ、パーティの余興は続きます!!!!(笑)

(というわけで、続く)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2015.08/04(Tue)

【だんな様は霊能力者】 いまさらですが、30周年記念パーティの内容 

ここの所、ずっとだんな様は30周年のパーティのスライドショーづくりに。
そう、そう、そういえば、パーティの内容、ご紹介するのをすっかり忘れていました。

2時間半の設定のパーティでしたが、終ってみれば3時時間を超え、
詰め込めるだけ詰め込んだ、パーティでした。

事務所の30周年に加え、だんな様のお母様の88歳(米寿)と
だんな様還暦の祝いを兼ねた今回のパーティ。
出欠をいただいてみると、なんと!ピッタリ、総勢88人!!!

一年前の同じ日に、どのくらい暑いか体験しないとね、と、
だんな様のお弟子さんたちとランチをして下見をしました。
(ところがその日は偶然、さほど暑くなかった)
パーティ当日は、結構な暑さでしたが、皆さん、とてもおしゃれをして
お出かけくださいました。

CIMG5954.jpg


早めに会場に到着し、さあ、いざ本番!
CIMG5948.jpg

っと、その前に会場はまだ準備中。
CIMG5955.jpg

音合わせや、手順の確認に余念がありません。
ちなみに受付の花と誕生日パーティの花束は
お弟子さんのKさん作。
名古屋まで花を仕入れて、ほとんど眠らないで前日から作ってくれました!
CIMG5958.jpg
(これは受付の花)

CIMG6043.jpg
(誕生日の花束の一つ)

さて、いよいよ本番、オープニングは声明(しょうみょう)。
会場に声明を唱えながら、だんな様とお弟子さんたちが入場します。
仏教の法会 (ほうえ) 儀式で僧侶が唱える声楽。
みんな緊張で息が続かなかった・・・と、ビデオで復習しました(笑)

司会は、だんな様の古くからの友人で、司会業をなさっていたRさん。
そして、来賓のスピーチが続きます。
全日本のスポーツ理事をなさっている方、
歯科医師会の副会長さんなどからありがたいお言葉を。

お祝いの言葉をいただいただんな様がそれに応えつつ、
6人のお弟子さんの紹介と続きました。
乾杯は、だんな様と同じ干支(つまりは12歳年上)で、もう10年以上、
ここにお通いになられている、人事コンサルタントの社長さんです。

そして料理が運ばれてきました。
忙しくて、料理の写真はこれ一枚しか手元にありませんが、
これは、前菜。
CIMG6032
サーモンとキャロットのキュビック。
あっさりしていて、でもしっかりした味付けでした。
(ちなみに、だんな様は食事はほとんど摂っていません・苦笑)





そんなこんな食事を楽しんでいる間に、
だんな様とお母様の誕生日のお祝いイベント。
お母様には、
CIMG5919.jpg
大日如来と不動明王、そして空海のレリーフ
そして、2年前ロンドンに旅行に行ったときに買い忘れた、
エリザベス女王在位60周年記念のフォートナム&メイソンのカップ。
CIMG5916.jpg

そして、そして、だんな様には、「ロードオブザリング」の
灰色の魔法使いガンダルフの杖。
レプリカですが、大きさも重さも、そのまま。
あ!写真が手元にありませ~~ん!
3日前に、杖の先を光らせるためのライトを必死で探し求めました。
写真、改めて撮って、のせよ~っと。

他にもいろいろなプレゼントを紹介して、お母様の歌の先生からの
メッセージと歌を流しました。

さあ、ココからは、一年かけて、練習してくれた音楽の披露です。
一人目は、ビオラで、「アマ・ポーラ」を。
ピアノ伴奏をしてくれたNちゃんとは家が近いこともあって、
何度も音合わせをしてくれただけでなく、
この日のために、長い間しまっていたビオラを取り出して、
レッスンに通ってくれました。

そして、二人目はお弟子さんのSさん。
声楽を習っている彼女、この一年、この曲しか練習しなかったらしく(笑)
披露してくれたのは、「アメイジング・グレイス」
歌っている姿、とても迫力があって、プロの歌手みたいでした。

と、彼女、本人がばらしたのでOkだと思いますが、
Sさんはこの歌を歌うための衣装を別に準備していたのですが、
この前の誕生日のイベントで、感動して見入ってしまい(笑)
着替えるのをすっかり忘れてしまったそうです。
でも、着替えなくても十分、素敵!でした。

とまあ、ここまで書いただけでも、盛りだくさんさが
お伝えできたと思いますが、後半は、また明日!
まずは、ガンダルフの杖の写真(それもライトが光っているところ)から、
明日は始めることにしましょう(笑)

CIMG5929.jpg
(このワインは、30周年を記念していただいた30年物のワインです!
まだ・・・飲んでない・・・笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/03(Mon)

【だんな様は霊能力者】 8月ですもの 

8月ですもの、とばかりに、ご先祖様の訪問が、どっと始まった感が。
いや~、重いし、暑いし、気分がすぐれないし。

こんなことを感じる時に思いますが、
先祖を大事に思うこと

先祖とやたらアクセスすること
は、違います!

確かに、先祖がいたから、今の自分がある、という感謝の気持ちは大事。
そして、そこに対する、供養の気持ちは、お互いが、楽になって、
それぞれの場所で、気持ちよく過ごせるためのものでありたいと思います。

先祖が守ってくれているから・・・と思うのと、
困った時に、助けて~~と先祖にアクセスするのも、
これまた、少し違う。

お互いを助け合う気持ちは大事ですが、助け方ってのも、
ちゃんと意識するべきものの内のひとつでしょう。

気分がすっきりしないのは、先祖のせい。
と、これまた少し、極端な感じ(苦笑)
感覚の鋭い人は、知らない間に、この世の存在ではない先祖などとの
距離感が近すぎてしまうので、まあ、言ってみれば、
なんでもかんでも、頭をつっこんでおせっかいをし、
も~、みんな、私の言うことなど聞かないんだからっ!って気分悪くなるのと
すこ~~しだけ、似ている部分もあります。
ただし、先祖からの影響は、心理的に距離をおいても、
自分の体には、辛さの原因となるものがあるので、
そ~~簡単に、抜けるものではありません。

あら~~、じゃあ、どうすればいいの?と、言われそうですが、
だからこそ、日常が大事ってことなんでしょう。
いつも、お互いが頑張れるよう、お互いができることを、
普通に、普通にこなす。

だんな様のお弟子さんが、まさに今日1000日、毎日お経をあげ続ける、
千日行を終わらせたということですが、
千日終わって、おしまい!ではなく、
千日終わるころには、それがあたり前のことになっている、ってのが、
本来の目的です。

お盆の空気に影響を受けやすくなっているのは、
もちろん、先祖のせいだけではなく、
自分の体がへばっているから、ということもあり。
日頃からの体力づくりも欠かせません。

ま、いずれにしても8月ですもの。
しっかり、護身法をきって、先祖の供養ができるぐらい、
自分を保つことも含めて、鍛え直したいと思います!

ふう~。

CIMG6330
CIMG6330 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/02(Sun)

【だんな様は霊能力者】 8月1日 

毎月1日にと15日は、神様のご縁日。

だんな様の用事で出かけてくれて、報告に来てくれたSさんが
やって来るのを待ってから、みんなで、ご縁日。

皆さん、何らかの形で、神様や仏様との縁が深い方ばかり。
次のイベントは11月の伊勢参拝旅行と決定しましたが、
ふつ~~のお参り旅行とは、ちょっと違うので、ご縁がないと、
はじかれる(つまりは都合がつかない)こともありますが、
今日いらした方々は、そのあたりはばっちり。

何しろ、こんな暑い日に、神様のご縁日にやって来るぐらいの
気構えの持ち主たちでもありますしね。

しっかり穢れを祓って、8月を新たな気持ちでスタート。
怒涛の7月が終わって、8月は・・・一休み・・・とも行かないようで(笑)
今月も、あれこれ、忙しくなりそうです。
これまた、ありがたいことで、ぼちぼち、頑張ることにします。

というか、溶けてしまった頭脳では、ぼちぼちしか進まない・・・
が、正しいかもしれませんね(苦笑)

お盆の重い空気で辛いのか、
暑さでバテているのか、
どちらかわかりませんが、
ロンドンにいる妹が、ロンドンは20度に達するかどうかという、
涼しすぎる夏が続いているそうで、でも体調がいまいち・・・
と言っているのを聞けば、お盆の影響も大きいんでしょう。
(妹は、わざわざというか、日本から離れたところにいても
ちゃんと影響を受けるようです・・・)

いずれにしても、これから8月、9月のお彼岸までは、
ダブルで、体力、気力、強化月間。
それにしても、今年の修行はさらにきびし~~~(涙)

CIMG6327
CIMG6327 posted by (C)kumisensei
雲に蓋されたようなムシムシとした空気。
一度、地球の空気、日本とイギリスを含めて、ぐるぐるっとかきまぜたい感じですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.08/01(Sat)

【だんな様は霊能力者】 長い闘い 

長い闘いって大げさですが・・・
実は、留学していた時にスコットランドで作った銀行口座。
預金を残したままにしておりました・・・。
ま、残額もあるから大丈夫だろうと、たかをくくっていたら、
10年使わないで放っておいたので、口座が凍結されました(汗)

大した金額ではないものの、そのままというのはもったいないし
かといって、大した金額ではないので、現地に行けば、
ちょ~~ど、無くなってしまうぐらいの金額(苦笑)

そ~~いえば、数年前、スコットランドに旅行したときに、
行くつもりだったのですが、大丈夫だろうと、たかをくくってた・・・。
それに、ほんの近くまで行ったけど、歩き疲れて、断念。
もう一つ、付け加えると、その銀行、ハリーポッターを書いたカフェとして
有名になったカフェのすぐ先。

よく、口座が凍結されてしまうと大変になると聞いてはいたのですが、
私、本人の口座だし、大丈夫だろうと。
で、私本人が、銀行に行ければ何の問題もなかったのですが・・・。

さて、さて、銀行側から求められた、凍結解除のための書類は、
とても、とても複雑なものでした。
住民票に戸籍謄本(原本と英訳付)
住民票の住所に記載された住所の登録のある銀行口座の取引履歴(6っか月以内)
そして、パスポートのコピーと、それを証明する公的書類(もちろん英語)

ひえ~~と思いつつ、あきらめるのも悔しいので、
住民票と戸籍謄本は取り寄せて、自分で英訳。
たまたま、シティーバングに口座を持っていたので、取引履歴を英語に変更してから
送ってきた取引履歴を同封。
そして、一番、苦労したのが最後のパスポートの証明。

そもそも、パスポート自体がそのまま本人の証明になるもの。
さて、さて、どこに行けばよいやら・・・トホホ。
と、思っていたら、どうやら「公証役場」で作ってくれるらしいことを知り、
今まで足を踏み入れたことのない場所へ。
「お!このおじさん、頭が切れる~~」と思う担当のおじさんに、
ささ、っと作ってもらって、やっと送付(汗)

ところが、留学した当時の苗字と、婚姻後の苗字が違うから・・・
という理由だと思われるのですが、書類は受け取ったけど、
確認ができないので、イギリスに来るか、また同じような書類を送れ、
という趣旨のお手紙が・・・。

そこで、それを証明する書類はすでに送ったという内容の手紙を、
以前に送った証明書や、手紙をコピーして送ること2回。
それでも返答がなかったので、意を決してイギリスの銀行に電話。

日本語でも、銀行に電話をするときには、自分の意図を伝えるのが
むずかしいのに、その上、英語だし、とにかく5営業日以内にどうにかする
という返事だけもらって、その時は、電話を切ったのですが・・・
やっぱり、何も返答がない。
そこで、今は、チャットで相談ができることを知り、
よし、よし、チャットなら・・・と、長々、事情を説明し、
(この時点で、最初に凍結した口座を凍結解除しようとしてから半年以上過ぎてた)

やっと、書類は届いているけど、まだちゃんと審査されてないことがわかり、
それでも、しばらく、何事もなかったので、これはもう、イギリスに行くしかない!
と、だんな様をイギリス旅行に誘ったのが数日前。

そして、そして、やっとのことで、今日、凍結された口座が凍結解除され、
送金されたという手紙が!!!!(涙)

数日前、ふと、エジンバラとのつながりがなくなる、と、思われているのかな?(←誰から?笑)
と感じて、「こんなことが、あってもなくても、エジンバラとのつながりはなくなりませ~~ん!」
と誰ともなしに、宣言した途端にすっと解決した、約一年のバトル。

口座凍結には、皆さんもくれぐれも、たかをくくらないように。
ってそんな人はあまりいないと思いますが(笑)

それより、口座凍結が解決してもしなくても、その内、
戻ってきたお金で、エジンバラ、行きます!

IMGP3835
IMGP3835 posted by (C)kumisensei
写真はエジンバラ大学、メインの建物。
有名なカフェや、今回の私の闘いの舞台となった銀行は、この道の反対側にあります。
・・・って、あまり、役に立たない情報・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |