2015.11/30(Mon)

【だんな様は霊能力者】 相手が楽になるということは・・・ 

もう一つのブログにも書きましたが、セラピストさん、
優秀であればあるほど、相手から被りを吸ってしまうわけで。
お客さんは楽になりますが、自分のケアーを欠かさないようにしないと・・・ですよね。
自分の被りも含めてケアーできてこそ、の職業。

というわけで、一時帰国で来られた彼女は、腕輪念珠、お守りペンダント、
そして、体とお顔の気療まで済まされてスッキリしてお帰りになりました。

腕輪念珠も、お守りペンダントもしっかり仕事してくれているようで、
その分、浄化が必要でしたが、だいぶ、守ってくれているようで何より。
とはいえ、ちょっと強烈な念が飛んできていたようで、
体もお顔もむくんでましたが、スッキリして帰られました。

エステなどをなさっている方は、自分でも「気」が出るように
なられやすいです。
日頃から、クライアントさんの体と会話をされていることもあるのでしょう。

気は、水と同じように「高いところから低いところ」に流れやすいので、
自分の気を高めておく、というのも大事なことでしょうね。
クライアントさんに与える気が純粋であればあるほど、
きっと、元気になられるはずです。

気の量を増やすには、やはり気を練る、出す、運動。
ヨガや空手、太極拳などをしながら、気を入れる入れ物、
つまりは体を作って行く必要もあります。

自分の気は自分に効きにくい、ってのもありますから、
誰か他の人から施術してもらった方が効き目があったりします。
相手の気が強いとなかなか、気が入って行きません。
時々、だんな様を気療することがありますが、
大汗をかき、それでも気が入って行かないときは・・・
力任せです(爆笑)

時々思うんですけど、最高の腕を持ったお医者さんも
自分で自分の手術(程度によりますが)は、基本出来ないし、
最高のカットをする人も、自分の髪は他の人の髪を切るようには
自分の髪は切れないだろうな・・・などなど。

どちらにしても、自分の気の量を増やしていくことは、
プロとしてのお仕事へには必要条件なんでしょうね。

IMG_0072
IMG_0072 posted by (C)kumisensei

日が傾き始めると、気温が急に下がり始めました。

気療を受けて帰られる方は、皆さん体が暖かくなったと言われます。
血の循環が良くなるんでしょうね。
寒くなると、体が固まりがちです。
ストレッチなどで、血の循環を良くしておきましょうね!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/29(Sun)

【だんな様は霊能力者】 お不動様のご縁日 

今日は、お不動様のご縁日。
待ってました~~、会えるのを~~~💕
って感じで、沢山の人が集まって、お不動さまとご対面!

今日は、いつもに増して、お不動さまも活き活きとした感じ。
大好きなお酒もたっぷりもらって、
沢山のお不動様大好き人間にお経をあげてもらったら・・・
誰でも頑張っちゃいますよね~。
って、ここのあたりは、人間的な感覚と同じ。
どう頑張られたかは、人間の想像を超えていますが(笑)

お経をあげている間に、仏様の世界が見えました~という人も。
仏様の衣がどんな素材かまで見えたそうで。
そう、そう、遠くから世界を見つめたり、
ず~っと近くに寄っていったり。
そんな中で、詳細に見えてくるもの、伝わってくるものがあります。
それでも、一番大事なことは、見えるかどうか、より、
見えたものが、何を意味しているのか、ということ。
ちゃんと、ご本人しっかりわかっていらっしゃいましたので、
その空気の中で、護身法をやったら、
たったの一回で、ばっちり!
流石です。

感覚があって、ビジュアルが見えてしまう場合、
どうしても、見えたかどうか、が、気になる場合が多いのですが、
見えるとかえってとらわれてしまったりすることもあるから、
難しいところですね。

その後、沢山の話題の中で、「あの世」に居たときの記憶の話に。
(最近、「あの世」の話題が多いですね・・・笑)
ちゃんと覚えている人から、まったく記憶にない人まで。
どんなところからやってきたのかも様々。
自分がどんなところからやってきたのか、知りたい人は多いでしょうけど、
それには、
「自分に自分が正直」
(それもかなりのレベルで)
でないと、見えてきませんから。
自分が好きなものも正面から、嫌いなものも正面から、
ちゃんと見つめられるようになると、ふっとそんなことが自分で感じられるかも。

いや~、意外と、自分で自分をごまかしながら生きているものです(あはは)

龍1
龍1 posted by (C)kumisensei

最近、昨年の写真を見直しています。
ドラゴンボールを抱いた神龍の横顔みたい・・・な写真。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/28(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ドン被り 

多分・・・うっかりどこかで油断したんでしょう。

久しぶりに、ドン被りしました(涙)
すぐに、だんな様に祓ってもらったのですが、
その後遺症がなかなか抜けず・・・。
やっと復活!

ここのところ、ドン被っても、ここまで後遺症が残ることが少なかったので、
す~~っかり忘れていましたが、いやはや・・・です。
昔は、何が原因なの~~~~
どこで被ったの~~~~
と追求していましたが、どこで被ったか瞬時にわからないときは、
そこを追いかけると余計に後遺症が抜けなくなるのです。

もちろん、原因がはっきりしているときには、
すっぱり、そことつながっているものを切れば、
回復は早いですが、それでも後遺症が多少残ります。

どうして~~~という理由さがしは、経験上ですが、
ある程度になったらすっぱり忘れること。
それを探している間に、益々被ってしまうってこともありますから。

自分の意識をそこから外すこと、
自分の意識を高みにあわせること、
いつも、自分の肉体のエネルギーを高めるようにしておくこと
その方が、ドン被りをしにくくなります。
もちろん、護身法もね~~~。
被りやすい人は、どうしても肉体の血流が滞ってしまいます。
ストレッチをして、血流をなるべく良くしておくことも、
ドン被りをふせぐ、大事なポイント。

ただし、ドン被りをしてしまった時には、
そんな、あんな、努力をする気力さえ、被ってしまって、
すっかりどこへやら~~~、って状態になるので、
(久しぶりに、この感覚思い出した!)
せめて、被りを抜かなきゃ!って気力だけは保つか、
そんな気持ちまで回復したら、しっかり一度ケアーしてもらうのが得策。

最近は、そんな意識がみなさんにも定着してきたのか、
気療(被りももちろん、その途中で抜かないと・・・なので)しに
いらっしゃる方、増えています。
気療そのものは、わずかな時間で終わりますから、
それから、いろんなことをやった方が、かなり効率が良くなります。

ん~~、今日は、それをもしっかり思い出しました・・・(涙)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  05:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/27(Fri)

【だんな様は霊能力者】 あの世の話 その2 

あの世の話を続けざまに読んでいるということは昨日のブログに。

「どうして、臨死体験の本、こんなに多いんだろう?」

その疑問、昨日の伝授で話題にしてみました。
ま、日本人の典型的なあの世のイメージ。

三途の川があって・・・
でもそんなに幅広くもないし、深くもないよね・・・
じゃあ、どうして船に乗って渡してもらわなくとと思うのかしら・・・
あ、船に乗らないと渡れないと思っているからだ・・・
川の手前は、小石が転がっているけど・・・
川の向こう側は、荒れ地みたいな・・・
で、草原みたいに花が咲いているところもあり・・・
その先に、閻魔様がいる山があって・・・

など、など、人の意識も含めて作り出された「あの世」の風景。
もちろん、自分でその他の場所を知っている人もいれば、
そんな場所など通らないよ~って人もいますよね。

少なくとも、私が今のところリーディングなどで変わった本では、
今みたいな「風景」は出てきませんでした。
トンネルみたいなところを通った記憶のある人とかは、
数人共通するものがありましたけど。

結局のところ、人の心が作り出している部分が大きいので、
自分の心(魂)が思ったように、知っているように、
進むわけでしょうし、となると、人それぞれってことに。
まさに魂の経験の差がでる(あはは)

ところで、この臨死体験の本が英語圏で流行している理由。
アメリカやフランスでのテロなどで、「死」を意識することが多くなっているのが、
大きな理由だそうで(←だんな様)

「恐怖の中で生きていると、あの世も悪くないと思いたい、
その思いが『形』になってるんだろうね・・・」

そう、そう、この世も、一瞬そうは見えないこともありますが、
人が思ったように出来上がっているのですものね。
意識していようが、いまいが、自分の現実は自分が作り出している。

え~、思うように行ってないんだけど~~~ぉ~~。
って聞こえてきそうですが(爆笑)

人の思い、といっても、互いに矛盾している思い、
例えば、有名になりたいけど、人から注目されてプライベートがなくなるのは嫌、
お金儲けしたいけど、忙しいのは嫌、
などなど、それは現実的も無理なら、スピリチュアル的には、
もっと、無理~~~!みたいな思い、自分の中にあるはずで、
かといって、矛盾しているから、どちらかを選ぶ、という
解決策はスピリチュアル界には、必要ないってところかしら?

最近、天気が悪くて、夕日の写真が撮れない~~~、と思っていましたが、
ま、そんな時もあるわけで、だからこそ、撮りためた写真、
もう一度、見直してみると、あらま、面白い(笑)
沢山の夕日の写真を撮ること、が目的じゃなかったことを思い出した!

ってことで、天気がわるければ、これまでの傑作集!という手で乗り切ります。

CIMG0252.jpgCIMG0253.jpgCIMG0257.jpgCIMG0255.jpg

今日は満月。
3年前に撮った写真。
屋根の上にバウンドして、はねた!
って見えるようにならないかな・・・・と工夫中(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/25(Wed)

【だんな様は霊能力者】 あの世の話 

いや~、これだけ臨死体験の本ばかり読んでいると、
だんだん、「あの世」って、言われているほどの場所じゃないんじゃない?
なんて、思ってしまいます(笑)

ここ数カ月、途中他の仕事が入ったりしながらも、
3冊の臨死体験の本をリーディング(翻訳前段階の選別)をしていると、
「あの世」の記述が、そりゃあもうたっぷり。

最初の本は、妊娠した女性が、出産の時に自分が死んでしまうビジョンを
何度も何度も見て、医師に訴えますが、妊娠そのものの経過には、
何の問題もなかったので、相手にされず。
でも一応、なにかあった時のために・・・と輸血用の血液を医師が準備してくれていたお蔭で、
37秒間の心拍停止から蘇った人の話でした。
この人の場合は、死んでいた間に何が起こったか記憶になく、
退行催眠で、自分が経験した素晴らしい世界を思い出し、
それまで、産んだ子供を見ると死の恐怖を思い出してしまっていたトラウマから
抜け出して、しっかり毎日を生きられるようになったというお話。

2冊目の本は、それまで平凡な配管工として働いていた男性が、
ひき逃げ事件に遭い、死んでもおかしくないほどの事故だったにもかかわらず、
生き返るのですが、体を抜け出した彼は、あの世で、師に出合い、
「健康に生きるために」「この世での生を全うするために必要な知恵」を授けられて、
この世に戻ってきます。
その時の、知恵が、医師と対等に話せるぐらいの内容だったことで、
意気投合した二人が、共著で一冊の本を仕上げたそうです。

そして、今、3冊目の本を読んでいますが、この方、まんま霊能力者。
カイロプラクティック医師ですが、幼いころから夜になると幽体離脱して
色々な場所に出かけたり、亡くなった人と話ができたりと、
普通の生活を送るのさえ、困難だったようです。
その彼女もまた、交通事故に遭い、衝突の瞬間、体の痛みを感じないで済むように、
自分で自ら、体を抜け出し、あの世に行って、
自分が何をするために、生まれたかを思い出す・・・という内容です。

どの本も、あの世についての記述はそれぞれ詳細さが異なるものの、
この世に戻ってきたくないほど、「自分が受け入れられている」のを感じた、
という表現が出てきます。

あの世の概念は、この世で生きている間に植えつけられたものに
影響されるそうですから、こうした本で出てくるのは、いわゆる「天国」。
基本的に仏教徒の多い日本人の場合、あの世で出合うのは、
キリストや神様、ではなくて、やっぱり 仏様なのでしょうかね。

このあたり、「この世」と「あの世」の話は、人の興味がそそられるものでもあり、
知りたくもあり、知りたくもなし、でもあり。
まずは、この世をしっかり生きることが大事でもあり。

ただ・・・3冊臨死体験の本を読むことになった私の頭の中は、
う~~ん、一般的に言われていることとのあまりの違いに、少々混乱気味(苦笑)

と、まだ3冊目は読んでいる途中。
どちらにしても・・・あの世は相当、広そうです・・・・とだけ、言っておきます(笑)

2015-11-24 15.55.16
2015-11-24 15.55.16 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/24(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月例会 仏の塗り絵他 

昨日は、月例会。
沢山のおいしいお菓子を食べる前に、護身法を。
私は初級、始めてから数回の方にお教えしていますが、
いつもとても楽しんでやってくださっている様子。
お教えしていても、こちらまで楽しくなりますね。

さて、ちょっと休憩を挟んで、13仏の塗り絵。
知らない間にずいぶん、進み、もう後数回で終了です。
ぼとけの塗り絵11

後少しで完成ですから、頑張りましょうね。
塗り絵が出来上がったら、どういう形で仕上げましょう・・・って話を
昨日もしていたのですが、まだ決まっていませんし、それぞれの工夫があっても
良いかもしれませんね。
3Dグルーインクを差し入れしてもらって、装飾し始めてしまった私は、
全体のバランスのために、他の仏様の塗り絵も色を足していたら・・・
ある一枚は、まるで「お祭り」状態になってしまいました(汗)
みなさんの多彩な塗り絵!いつものように一部、ご紹介!

アシュク如来5アシュク如来4アシュク如来3アシュク如来2アシュク如来1アシュク如来6


その後も気療や、タロットカードで気になることを占ったり。
タロット1

揺れるキャンドルライト(炎は本物ではありませんがゆらゆら揺れます)が良い味だしてます。
タロットカードも色々な種類がありますが、これは、映画007で使われたもの。
シンプルで、リーディングしやすく、初めてタロットを扱われる方にお勧めです。
その他にも、2種類のタロットを持っていますが、それぞれ占う内容の
得意分野が、タロットによっても大きく異なります。
また、タロットは、遠い未来というより、ここ3か月ぐらいの動向を読むのが得意。
逆にいえば、数か月後、再び、占ってみて、思っているような方向に
進めているかどうか、確かめることもできますね。
ということで、月例会でも時々、タロットを出してきて占ってもらったり、
また、占い方、リーディングの仕方など、お教えしています。

この他にも気療や、来月の月例会の話などなど。
内容たっぷりな一日は、陽が暮れると、すっかり気温が下がっていました。

2015-11-22 14.56.52
2015-11-22 14.56.52 posted by (C)kumisensei

今日、明日とどんどん気温が下がりそうですね。
体調にも気を付けてくださいね。
また、被ったままだと、薬も効かないばかりか、休んでも休んでも、
なかなか回復ができなくなります。
気持ちも落ち込みがちになりますが、年末までぎっしり予定がはいているはず。
早めの、対処をお勧めします。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  03:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/22(Sun)

【だんな様は霊能力者】 続ける訓練 

もう、教師だった頃のこともずいぶん昔の話になってしまいました・・・(苦笑)
それでも、ふと、ああ!と腑に落ちることがあります。

課題や宿題、授業の中での小テスト。
出される方も嫌なら、やる方も結構大変だった(苦笑)
今回はどこから、どこまでと範囲を決めて、
テストの場合は、作問して、採点。
でもって、それを全部記録して、集計。
やってこない生徒は、できるまで学校に残して頑張らせる。
な~んて、自分でもよくやっていたな~と思いますが、
その頃、覚えた英単語なんて、忘れてしまって何の役にも立たない!
そうお思いの方も多いでしょうね。

いや、いや、目的はそこじゃなかった・・・
できるまで同じようなことを繰り返す、
少しずつ積み重ねていく・・・そこを訓練させていたんだと、
やらせていた方が、今頃になって気が付きます。
そして、積み重ねが作り上げる、数年後の大きな違いや
成長、続ける工夫を目の前にどれだけ見てきたことでしょう。

今でも、何かを始めて、あ~~めんどくさい!と思うこともあれば、
これは、このぐらいでいいや!と思うことも、
これは、自分には合っていないかも?と、やめてしまうことがゼロではありませんが、
一旦始めたことは、ある程度まで続けることにしています。
じゃないと、それまでやった分が、もったいない!
(←究極のケチケチかも?笑)

感覚のある人の中には、ビジュアルが強くて、
見たもの、聞いたもの、すぐにやれちゃう人がいて、
いつもうらやましいな~~~と、思いますが、
無意識レベルまで、しっかりしみこませるには、
すぐできちゃう人も、やっぱり繰り返していくしかないんですよね。

そして、その繰り返しを、ちょっとだけ工夫しながら、
自分でバージョンアップしていく。
スピリチュアルな訓練は、実はここが一番のポイント!
現実的な手法で、スピリチュアルな手法を、無意識にできるようになるまで、
繰り返す・・・それで、コントロールしていくことが何より大事で、
それこそ現実的に自分の持っている力を思った時に
発揮できるようになって行きます。

そういえば、いい意味でのリラックス状態は、
繰り返すリフレインのメロディーのある音楽を聞くと、
出来上がりやすい・・・ってのも最近聞いた気がしますが、なるほど!ですね。

どんなに目の前で、ちゃちゃちゃっとできちゃう人も、
繰り返しの訓練、どこかでちゃんとやってきているはず。
逆に繰り返してしまうトラブルも、無意識の繰り返しに抜けだすヒントが
隠されているかも・・・。
と、その前に、同じトラブルを自分が繰り返している、
という認識するのがまず大前提ってことでしょうね(苦笑)

2015-11-21 16.23.23
2015-11-21 16.23.23 posted by (C)kumisensei

太陽も、ずっと、ずっと、西に沈むのを繰り返しています。
雲で隠れて見えなくても、しっかり見えていても、それは・・・変わらないのです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/21(Sat)

【だんな様は霊能力者】 臨死体験と記憶 

いや~、ここの所、臨死体験の本、続けざまに3冊読んでいますが、
いずれも、あの世の記憶がクリアーなこと、クリアーなこと。
驚かされます。
もちろん記憶が鮮明に残るほどの経験だからこそ、
この世に戻ってきた・・・ともいえるんでしょうけど。

どちらにしても、この世に戻ってきて、分厚い本が書けるほどの
記憶が残っている人は、自分の人生のミッションを携えての帰還。
きちんと思い出すこともその中に含まれてはいるのでしょうけど、
それこそ、「死んでしまいそうな」ほどの経験をして、
この世で生きる意味がはっきりわかったってことなんでしょうね。

毎日、毎日、同じような日々を過ごしていると、
そんな「最後の日」が自分にやって来るなど、考えもせずに、
通り過ぎてしまっていますが、やがては誰もが経験すること。

そのプロセスや訪れる先は、人によって異なるようですが、
少なくとも、私が読んでいる3冊に関して言えば、
「死は恐れるべきものではない」
「死んだら終わり、ってことではない」
という、これまで繰り返し教えられてきたこととは、
異なる「あの世」がどうやら存在しているようです。

心の世界の法則は、この3次元の世界の法則とは、
まったく異なっていて当然ですが、3次元でしっかり生きないと、
その次に行っても、結局は・・・同じような日々を過ごしてしまうのかも。
少なくとも体はないので、もっと自由に生きられるはずが、
思いを残してしまうと、3次元の中に閉じ込められたままってことに。

自分の心のエネルギーが大きい人は、
逆に言えば、3次元では通用しないことにも、
なんで!どうして!と、感情が爆発的に湧いてしまいがちですよね。
訓練して、その心のエネルギーの方向転換がうまく行かないと、
スピリチュアルな感覚を持っていても、いやだからこそ、
「人間的感覚」をもとにした「3次元」の法則に
自分で自分を縛ってしまうことも。

心を自由に、そのためには3次元でやらなくてはならないことには
感情を乗せないで、淡々と進める訓練は必要かもしれません。
ちゃんと、次の段階に進むためにも。

臨死体験をした人達の話が本当であればあるほど、
自分でも気が付かないぐらいの心のわだかまりを少しずつ、
それもしっかり解放しておかないと、本当の自由は、手に入らなさそうです(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/20(Fri)

【だんな様は霊能力者】 臨死体験、リーディング中 

先日から、預かっている翻訳のお仕事。
リーディングの本4冊。
勢いで2冊は終わっていたのですが、3冊目途中で、
ゲラの校正も入り、なかなか進まず・・・。
やっとのことで、今日、完読!
これから、翻訳本として出版するには?という企画書を完成させます。
それにしても、どの本も一冊完読するとなると、なかなか(苦笑)
今回の本は220ページを超える量で、文字も小さかったのもあって、
読み応え、抜群でした(苦笑)
と、4冊の内、臨死体験を綴ったもの、3冊。
これから読むことになる本も、臨死体験もの。

最初の本は、出産の際に生死をさまよった女性の話。
でもって、今回は、平凡な配管工としての日常で
突然ひき逃げされて、生死をさまよった男性の話。
これから読む一冊も、さらっと読みましたが、
交通事故で生死をさまよって、生き返った女性の話です。

共通しているのは、よく言われているような、光のトンネルみたいなところを
通ったかどうかは別にして、訪れた世界は素晴らしかった・・・という。
ひょっとして、「あの世」のとらえ方、一般的にこうだろうとおもわれているのとは、
全く違うのではないだろうか?と、考え直してしまいます。
ま、そんな風に人が考えるようになる、ってのが目的で本を出版されているんでしょう。

著者さんからすれば、乗り越えた困難とはいえ、臨死体験をするほどの怪我。
そこから日常に復帰するだけで、かなり大変だっただろうとも思います。
そんな経験を乗り越えて、一度「あの世」に行ったことで、
改めて、「この世」で生きる意味を知る・・・という。

ここの所、本当に臨死体験の本が多く出版されているようですが、
逆に言えば、ある状態になっても、命が助かる医学の進歩があってのこと。
医学が進歩して、助かる人が多くなればなるほど、
あの世を体験した人が、この世に増えるってことにもなるわけで。
あの世は、ある、ない、論は、益々複雑化しそうな感じですね。
問題が解決していけばいくほど、謎も増えるんでしょうか。

昨日の伝授でも、とても深い話になりました。
本当の自分の姿を探す。
これだ!と思った途端に、するりと手から抜けていくような部分。
これって何だろう?と追求し続けること。
自分の中で、解決した部分が生まれると、謎の部分や、
それから先がうっすら見えてきたりして・・・。
自分を追求するのに、終りはありそうにないですね。

それでも、終りがあろうがなかろうが、本当の姿が見つかろうが
そうでなかろうが、ずっと追求し続ける。
そんなプロセスの中で、ふと感じる自分の姿は、
分かった分、まだまだわからない部分が増えたりして。

そんな自分と格闘している人の姿は、側でみている側の
気付きにもなり、あ、そうか!と自分で格闘しているときには
気が付かなかった、気付きをもたらしてくれたりします。
どんなことも、他人事、ではないんですよね。

CIMG7502
CIMG7502 posted by (C)kumisensei
夕日を眺める仲間、今日は夕日見れなかったね~~~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/18(Wed)

【だんな様は霊能力者】 魂参加 

今日は、観音様のご縁日。
雨の中、いらしてくださった方々と一緒に、気持ちよ~~く、
奉経しました・・・
と、途中で、今までになかった腹痛が・・・。

どうやら、誰か、魂参加??されたようで。
観音様のご縁日、いらっしゃりたかったのでしょうね~~。

ま、終るころには、腹痛もどこへやら~~~♪
観音様としっかりお会いしましたので、大丈夫。

こういうの、ここでは「魂参加」と呼んでいますが、
つまりは、体はここに来れなくても、中身だけ参加。
で、それだけのことがあるか・・・となると、
う~~~ん、あまりないかも(爆笑)

「魂参加」とは、幽体離脱にも似た状態で、
幽体離脱してみたい~~って方からすると、興味あり??
かもしれませんね。
だって、体、はある場所にありながら、
心は別の場所に確実に飛んで行けるわけですものね。
一見、とても便利?に思えますが(笑)
だけど、ある場所や人などに思いを馳せる場合、
「本当はこんなはずじゃなかった」と、その場所に行けないことや
ある人に会えないことに対して、多少なりとも
悔やむ気持ちがあると・・・
心だけ参加しても、先ほども書きましたが、
相手にとっては、心や思いが「飛んできただけ」
になってしまいがちなんです。

心だけ飛ばすのが得意な人っているんですが、
実に見事に、中身だけ飛んできます。
そして・・・本人は・・・ズバリ!とても「疲労感」に襲われます。
つまりは、体と心が分離しているので、
それをつないでおくのに、エネルギーをかなり使うのです。
その上、心だけ参加してもあんまり意味がない、となると・・・
くたびれただけ・・・になってしまっているかも。
それこそ、心は別の場所にありますから、体の疲労感には
さほど気が付かなくとも、必ず、その影響は出てくるはずです。

え?じゃあどうすればいい?って?
「行きたいと思えるところに、行ける自分になる」
工夫をすること、ってのが一番現実的でしょう。
スケジュールの工夫、時間のやりくり、などなど。
できることはいくらでもあるはずですものね。

同じ自分のエネルギーなら、工夫することに
使った方が、きっと、自分のためになる・・・と思います!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  10:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/17(Tue)

【だんな様は霊能力者】 修行は目的があったほうが・・・ 

まあ、目標なんて、見つかりそうで、簡単には見つからないもの。
だけど、あまりにもあちこち、興味だけで突っ走ると、
これまた取集がつかなくなるってのもあり。

なんでもかんても、経験するに越したことはなく、
どこでも、行ってみてみる、っていう、好奇心はとても素敵!

とはいえ、ある時期になったら、そろそろ・・・ってタイミングがきます、きます。

ライフスタイルも、修行も、ずっと同じようにキープしていく部分と、
その時期、その時期で変えて行った方が良い部分と。
目的がはっきりしている人は、そのあたりの振り分けが見事です。

ちゃんと、ある場所を卒業して、ちゃんと次のチャレンジを敢えて受け止める。

目的が見つからない間は、あちこち、頭を突っ込みたくなるものですが、
ある程度まで来たら、自分がやってきたことをちゃんと振り返って、
繰り返す方が良い部分は、繰り返しモードに変換。
じゃないと、「本もの」にせっかく出会っているのに、その出会いを
大事にできなくなってしまうこともあります。

そもそも、修行目的の神や仏が、そんなに簡単に、
願いを叶えたり、手助けをしてくれるはずもなく・・・。

え?だって、手助けをするときには、ちゃんとあなたを「鍛える」ってのが前提。
たとえ、願いが叶ったことがあったとしても、

「それは、神や仏が叶えてくれたというより、自分で願い事がかなうよう、
変化していった部分の方がおおきいかもね・・・」

だから・・・極端な話、何も行動しないで、
「おねがいしま~~す」
ってお願いしても、神や仏じゃなくても、
自分でやったら?と、思うでしょ、ってのが普通ってことで(爆笑)

もちろん、目標や目的は、随時変更可能。
というか、むしろ、変化していく方が当たり前。
初めは、お願いごとで始まったことでも、その内、自分でできるようになればいいのですから。

自分で自分の願い事をかなえられるようになる・・・なんて、
な~~んて、素敵な響きでしょう!

逆に、思うようにいかないことを、何か他のものやことのせいにし続けている・・・
みたいなことが、先日もちょこっとあって、だんな様は怒りモード。
「○○してくれたら、信じてあげる」って態度じゃあ、
人間同士だって、人間見られますものね~~。

とにも、かくにも、修行の途中、立ち止る勇気も必要で、ちゃんと立ち止らないと、
目標とは逆の方向に、必死になっているかもしれません。
頑張れば・・・必ずたどりつく・・・は、正しいと思いますが、
その方向にわずかずつでも進んでいれば・・・という前提、
忘れずに~~~~~~っ!

CIMG7484
CIMG7484 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/15(Sun)

【だんな様は霊能力者】 振り返れば・・・ 

過去を振り返るのって、あんまりやらないで、
どちらかというと、前を向いて突き進むタイプなのですが、
今日は、気が付けば、10年以上ここに通ってこられている方と
話をしていて、振り返れば、強くなられたな・・・と。

記憶では、最初に来られたころには、いろんなものが見えすぎて、
車の運転も危ない状態に。
出かければ、あちこちで、いろんな見えないものを拾ってこられたり(苦笑)
お住いの家は、まさに「霊道」の通る家。
引っ越して、新たな生活を始められたものの、
体のない人達からすると、もともと綺麗な人ですが、
益々もって「絶世の美人」なので、どうしても触られてしまう。
霊から触られたぐらいでも大丈夫!になられたかと思いきや、
強くなった分、はじく力がまだない時期には、
気が付くと、家の中がその匂いになったりと、
ま~、本当に、今のお姿を見て、強くなられたな・・・と(感激)

今でもそう思いますが、「特異体質」って、やっぱり人から理解されにくい。
いや~、それは、自分が鈍感だったと時も、
理解してあげられなかったので、そりゃあ~無理、とよくわかります。
そんな体質を理解してもらいたい、う~そう言われても、皆目わからん!
って感じでしょうね。

たとえ自分に「ある感覚」があっても、相手の感覚が、すべて綺麗に理解できるわけでもなく。
ただ、普段は人が感じないものを感じてしまう感覚の共有は、
やっぱり、そんな感覚を持った人じゃないと無理、というのも
今更乍ら、よ~~~く、わかります。

一般的には、そんなものあるの??と、いくら思われていても
実際に、体調を崩したり、精神的に参ってしまったり。
「ある、ない」論は、後でいくらでもしますから~~(涙)
って状態になるのですが、これが、スッキリすると、
自分でも、「あら、そんなことあったっけ?」ぐらいな状態になるから、
これまた、ややこしい。

なので、一緒に居れる、となると
「相手の感じていること、全部、自分でわかる」はずもないことを知っている。
その上で、その相手が言うんだから、まずは、解決を!と
素直に思ってくれる人じゃないと、無理かもしれませんね。

もちろん、そんな相手が見つかった彼女は、とても幸せそうで何よりです。
逆に、なかなか見つからずに、理解してくれるかもしれない人と出会い、
さらに寂しくなってしまう・・・ってパターンもあって、困ったものです(涙)
でも、探し続ければ、きっと・・・
そのためには、自分で気が付いている部分も、そうじゃない部分も含めて、
本当の自分を知って行く作業も同時並行ってことになるんでしょうね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/14(Sat)

【だんな様は霊能力者】 自分次第 

「ダイアー博士の願いが実現する瞑想CDブック」の重版については、
もう一つのブログにも書きました。
この本の中の瞑想法は、『ザ・モーゼス・コード』という、
ゲマトリア(数秘術)により、数字を文字に、文字を音にした音楽を流して、
瞑想をするというスタイルが紹介されています。

この瞑想法を含め、流行りともなっている「瞑想法」には
実に、様々な手法があって、それこそ、どれがいいのかわかりにくいほど。

さて、さて、どれがよいか?ということになると、
これまた、簡単には結論が出ない(涙)

ただ、一日の内で、外からの影響を受けにくい「静かな時間」を作ること。
それが誰かに取っては「祈りの時間」だったり、「瞑想」の時間だったり、
するかもしれませんが、リセットの時間を持つことは、
物事の大局を見極めるには、とても有効な手段だったりします。

人が生きて、その間に時間が経ち、成長して、それから、
いろんな変化や時間の経過を感じることなどなど。
日常の中では、どうしても、気になっている問題を、
どうすれば解決できるのか、という時に、
視野が狭くなってしまって、これさえなければ・・・的な
近視眼的な解決法に目が向いてしまいますものね。

すると、時間があったら・・・
お金があったら・・・
体力があったら・・・
あの人が、このことがなければ・・・
などなど、できない、やらない、いいわけだらけで、
大事な時間を過ごしてしまうことにつながってしまいます。
そんな間にも、それこそ大事な時間はどんどん過ぎて行っているわけで。

フラットな自分を取り戻す時間は、忙しい、忙しいと思っている心には、
一見、とても「無駄な時間」「有効には見えない時間」に思えます。
それこそ、大事なものを見失っている状態、なんでしょうけどね。

仕事柄、色々な瞑想法に、翻訳本を通じ、だんな様のお仕事を通じ出会いますが、
手法は様々でも、基本的にとても大事な事があります。
それは・・・瞑想をする場所、と、瞑想をする心を向ける方向。

この辺りになると、やっぱり、何らかの指導を受けた方が無難です。
自分では前に進んでいるつもりでも、スパイラルに陥ってしまっていることも
少なくありません。
何しろ、しっかり身についた「思考の癖」は、なかなか自分の心から、
切り離して眺めるだけの距離が持てないものですものね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/13(Fri)

【だんな様は霊能力者】 伝授の中で 

伝授の中で伝授しているもの・・・。
もちろん、一言では表現できないからこその、伝授です。
それに言葉で表せるようなものだったら、
名古屋から毎週、頑張って通ってこられたり、
次の日、5時起きで仕事なのに、できる長く参加したり、
仕事が終って帰宅したのが11時すぎなのに、それから頑張ってやってきたり
・・・な~んてのを、何とも思わず、当然のように。
これ自体が、修行~~~!!!って、普通の感覚では思うかもしれませんが、
ま、そのとおり、であって、彼らにとっては、普通のことだったりします。

夜遅くまで仕事をしたまま、夕ご飯も食べるか食べないか、で
やって来るお弟子さんもいて、だんな様直伝の「納豆ご飯」を
食べてもらうことがあるのですが、
これまた、納豆の混ぜ方は、だんな様直伝(爆笑)

「この混ぜ方をマスターするのは、基本」

「まさか、伝授のメニューに納豆の混ぜ方が含まれているとは、
想像しにくいだろうね~~」

な~~んて、昨日も笑って話していましたが、
そんな、日常の小さなことから、いわゆる「秘伝」と言われることまで、
すべてが、普通になる・・・、普通にできる・・・。
そこを目指して、普通に通ってこられています。

ちなみに、納豆の混ぜ方については、こうじゃないと・・・
と、私がだんな様からダメ出しされた、混ぜ方の細かい技術を。
(←大げさすぎ・笑)
でも、これがうま~~く行くと、同じ納豆??と思えるほどの
出来上がりになります。

温かいご飯に納豆をかけて・・・これって結局のところ、
究極の「ごちそう」だったりして(笑)
納豆も、混ぜ方も、しょうゆ(お取り寄せ品)も、そしてご飯も、
ご飯の炊き方も、すべて、ちゃあ~~んと、厳選されたものです。

・・・って、これで伝授が終了するわけでは、もちろんありません。
ただ、「腹が減っては戦ができぬ」ってやつ。
体調は基本、食へのこだわりも感性を磨く基本。
餌みたいになっては、食べても体に吸収されにくいものですからね。

その後の、伝授の伝授らしい場面も、納豆の混ぜ方も含め・・・
すべて、「秘伝」です(あはは~~~♪)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/11(Wed)

【だんな様は霊能力者】 普通の感覚と普通じゃない感覚 

やっぱりね・・・いくら、普通のふりをしても、普通じゃないんですよね。
いわゆる「感覚のある人」って。

仲間外れの感覚が、怖くて(←人間の普通の感覚)
普通の人のふりを、ついついしてしまう。
それも、そこですか~~~?って思うところで(苦笑)

まるで、日本人の中に一人、外国から来た人がいて、
「私たち、みんな同じよね~~」みたいなことをしても、
逆に浮いてしまう・・・わけで(汗)

違い、を活かすためには、違い、を認める必要があります。
これって意外と、心の中に恐怖がむくむく湧いてくるものでもありますが、
割り切ってしまえば、あら~~、あの恐怖感って何だったんだろう?と
思うぐらいです。
自分だって、自分と違う人の感覚は、わかってあげたくても、わかりにくいもの。
相手が理解してくれないと、いくら駄々をこねても無駄というものです。

さて、そんなアウェー感たっぷりな感覚を持った人たちも
日常を生きていかなければなりません。
伊勢神宮で、しっかり禊がれた感覚で、里を生きるのは、
思いのほか、バランスを保つのは難しいもの。
だからこその「神域」だったりするのですから。
目指すは、神域や里、どこにいても自分らしくあること。

そのためには・・・
「普通の人が驚くようなことも、当たり前のようにできること」
だそうで。
その上で、この世でやるべき最低限を守りつつ、
禊がれた心で感じた大事な自分を忘れずに、
生きてることを、最大限に楽しみましょ~~~♪

楽しむって、楽なのとは、これまたちょっと異なったりするんですよね。
(字は同じですが・・・)
楽しいものは、やっぱり自分で探し出さなくては・・・です。
周りで、いつも楽しそうにしている人を観察してみればいいかも。
楽しんでいる人は、楽しいことを探すのがうまい人だったりするんですよね。
そんな、楽しいことを楽しむ「感覚」も、お忘れなく~~~!!!


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/10(Tue)

【だんな様は霊能力者】 お参りの後 

伊勢への参拝旅行の後、皆さんそれぞれ変化が生まれているようで。
かくいう私も、本業の「翻訳」の仕事が本格始動で、頭突っ込んでいます。

だんな様も色々と、細かい仕事から、忙しそうですが、

参拝旅行の後のみなさんの感想、これまた色々あって面白いです。

スッキリ、落とすものを落としてきた~~と言う方も
一回り、何か纏った感じがする~~と言う方
そして、すっきり美しくなった~という方。

里の行(つまりは日常)は、聖域から戻って来ると、
音や匂いに囲まれて、余計に身に応えたりして、
逆にガッツリ被ってしまった~~という方も。

体は、里に戻ってきても、心は伊勢に置いてきたままな感覚も。

まあ、それぞれ、それぞれの感想や状態なのでしょうけど、
日常をしっかり生きてこそ、参拝の意味もそれそれにわかってくること。
ですから、本当の意味は、これから明らかになって行くでしょう。

参拝の後、ご利益という意味ではなく、何となく自分に変化が生まれる
と、感じている人も少なくなく、その変化を受け入れるべく、
自分自身の準備に入った、入りたい気持ちになったという方も。

自分の成長のスピードや方向は、それぞれ異なっていても、
それを素直に受け入れていく姿勢が生まれるのは
とっても素敵なことだと思います。
たとえ、それが一般的にいう「楽になること」「良いことが起こること」で
あったとしても、なかったとしても、自分の成長につながることなら、
甘んじて、受け入れて、精進しま~~す!!!!って感覚が、
何より大事かな?と思います。

あ、でもって、眉間にしわを寄せるような、そんな姿勢でなく、
できるだけ、楽しんで、楽しんで。
今なら、自分に必要なものと、自分に必要のないもの、
参拝後のクリアーな状態なら、よく、よく、自分自身で判断できることですものね。

え?私?
えっと、そんな先のことは考えられないぐらいに、
すぐ、次の修行がやってきている状態です!(笑)
た、たのしみながら、頑張ります・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/08(Sun)

【だんな様は霊能力者】 お、思い出したぁ~~ 

久しく、翻訳のゲラの校正から遠ざかっていました。
どうやら、だんな様曰く、今年は、30周年のパーティーがあるから、と、
自分で仕事を止めていた・・・らしいです。
確かに、あの忙しさに、ゲラまで加わっていたら・・・
持たなかったかもしれない・・・。

と、久しぶりにきた、ゲラの校正。
お、おもいだしたぁ~~~~、この耐えがたいプレッシャー。
校正って、基本、自分の日本語にダメ出しするので、
変なプライドとか持っていると、まさにずたずたになるわけです(涙)
それも、母国語のはずの、日本語が・・・ああ・・・。

今日いらしてお話をした方もプロとして、自分の腕でお仕事をされている方。
そうなんですよね~~。プロとアマチュアの違い。
教科書と、現場の違い。
想像と、現実で起こることの差。
こ、これほどとは~~~。
こ、ここで、詰まるとは~~~。
冷静でないと、プレッシャーとタイムリミットに
押しつぶされそうになってしまいます。
現場は、いつも、その間のバランスをとりつつ、
どこかで、やる時は、やる、やれることはやった感、
そこに伴う自分の責任感などなど、その空気の中でしか
身につかないものがあるんですよね。

そういう意味では、プロとアマチュアの違いは、絶大。
それも「技術」(翻訳で言えば、訳そのもの)というより、
まとめあげる力(翻訳で言えば、意味が通るかなど)。
施術の現場で言えば、「技術」を知っていて(これは大前提)
今、ココで、この症状には、どんな「技術」が効果的か選び出し、
今、ココで、いかに楽にしてあげるか、という時間との勝負。
それにセラピーとなると、その人との信頼関係を作り上げて行くことで、
その施術が、継続して、人生を豊かなものにする、という
タイムライン的な視野も必要とされるのでしょう。

ひぇ~~という感じですが、お仕事はお仕事。
やる、となると、やりきるしかありませんものね。

霊能者にも、特徴があって、
「視る」のが得意な人
「祓う」のが得意な人
「癒し」が得意な人
「遠隔」が得意な人
などなど、自分の得意分野を把握した上で、
最終的には、全部の要素が必要になって行く。
はじめっから、全部が揃っているのが理想ですが、
自分の特徴を知った上で、他の要素を常にブラッシュアップしていくことも。

「うまく行く」、そしてその状態を継続できる。
それには、本当にいろんな要素が含まれているものだと、
今日のお話の中で、改めて考えさせられたのでした・・・。

私のブラッシュアップも、継続中・・・。

CIMG7368.jpg
鳥羽スカイラインからの夕焼け・・・きれいでした。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/07(Sat)

【だんな様は霊能力者】 参拝旅行の後 

昨日は、参拝旅行の後、みんなが思い出した思いの波が
ある時間になると、どっと押し寄せてくる話を書きましたが、
それもそのはず、ただの旅行と違って、神社への参拝旅行は、
きちんと目的が果たされると、きちんと禊がかかる。

本当にスッキリ、というのは、良いのですが、
これが、なかなか、日常に戻った時に辛かったりします(涙)

日常には、神社の空気の中にはない、音や匂いが溢れています。
禊がかかって、スッキリした分、とても感覚が鋭くなっているので、
今まで平気だった、音、や、匂いが、妙に堪えたりして(苦笑)

「里の行」
と言われる所以。

神社や仏閣に訪れた時に、その空気に浸って、
その空気をまとうのは、とても素敵なこと。
けれども、日常に戻った時ほど、その「参拝」の意味が試されるのですものね。

当然ですが、静かな場所で静かな気持ちになるのは、比較的、スムーズに。
喧騒の中で、神殿の前に立った時の気持ちを持ち続けるのは、至難の業。

それでも、参拝に行くというのは、いつでもどこに居ても、
平常心を持ち続けるようになれる、というのも大きな目標のひとつだったりしますから、
まさに、参拝旅行に参加された方がたは、この数日、
形を変えた「里の行」の真っ最中・・・ということになるんでしょう。

私個人の感想でいえば、あ~~ら、気が付かないうちに、
なんともはや必要のないものをしょい込んでしまっていたことか・・・。
お参りに行く、となると、お願いごとを・・・な~~んて連想、しがち。
でもね・・・これが、あれが、必要です・・・などなど、お願いする前に、
不必要なものを捨てることがいかに大事か、
それこそ感覚的ですがしっかり感じています。

こんな例え方したら・・ですが、ああ、あの服がもうないと、買い求め
引き出しを開けたら、同じようなものが数枚、袖も通さないまま、
箪笥の肥やしになっていた・・・みたいな。
お願いごとは、よ~~く、整理してから、って、大事です。
そもそも、整理すれば、お願いごとそのもの必要なし、
すでに自分の手の中にあるわ・・・という発見も。

そんな、こんな、発見も、気付きも、心や頭の整理ができてこそのこと。
参加された人達にとっても、まっさらな気持ちで、参拝することだけに集中できた・・・
そんな旅だったんじゃないかな・・・と、復習しております。

CIMG7267
澄んだ空気の中では意外と、オーブなど写りこみにくいもの。
これは、外宮で撮った一枚です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  05:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2015.11/06(Fri)

【だんな様は霊能力者】 思いの流れと感覚 

伊勢神宮への参拝旅行については、もう一つのブログに。

7月の30周年に続く、イベント、終わってしまいましたね~。
と、こうしたイベント。
始まる前は、あれこれ準備が大変ですが、今回の旅行も
内弟子さんが着々と進めてくれました(ありがたい)

とはいえ、今回の旅行はそれぞれ、旅行前から「禊」かかってる・・・
と思うような、小さな事件がポツポツ。
皆さん、ちゃあ~~んと乗り越えて、参加予定どおりに、
スケジュールも、ほぼ予定通りに、何の問題もなく終了。
すばらしいです!
予定通りに行って当たり前・・・
ですが、参拝旅行にはちょっと異なる意味も含まれているので、
ちゃあ~んと行って、ちゃあ~~んと帰ってくる。
それだけでも、当たり前ではないことが起こったりするので、
気を抜けない・・・というのがあります。

今回も旅の間に、ん?これは?と思うような道を通ることになったり、
参拝の当日、今まで一度もなかった雨に降られての参拝となりましたが、
終ってみたら、これまでの参拝旅行の中で、一番、禊がれた気がしています。

知らない間に、しっかり背負っていた、もはや要らないものは、
伊勢神宮他、伊勢の地にしっかり落としてきた・・・という感じ。
わたし自身もそうできるよう、約一か月かけて、自分で禊を進めていました。

旅行から戻ったら、写真を整理するのが恒例になっていますが、
それを待つまでもなく、参加された方の「顔」が明らかにスッキリしたのが
目に見えてわかる・・・そんな旅行でした。

そして、そして、こんなイベントの直後によくあることですが、
お昼頃と、夕方、グラっとめまいのような感覚がすることが・・・。
そう、そう、仕事などが一段落ついたところで、
参加されたみなさんが、「ああ。伊勢に行ったんだよな~」と、
ふと、思い出される時間(笑)
初めは、おお!揺れてる!と、地震かな?と思いましたが、
どうやら、揺れて感じているのは、私だけ(あはは)

「みんな、思い出しているんだろ~ね~」

揺れてる、揺れてる!と大騒ぎしている私の隣で、
だんな様がの~~んびり、こう言っていましたが、
わかってはいましたが、思いの流れは、なかなかものです(苦笑)

だんな様もブログに書いていましたが、旅から戻ったら、
ある意味、これまでと同じに見える日常が待ち受けています。
でも、きっと、何かが明らかに変わっているはず。

また、参ります。
旅の終わりには、必ず、そうご挨拶するのですが、
やっぱり伊勢神宮は、何かの転機の参るようになっている・・・
つまりは、そんな転機がやってくるまで、しばし・・・
って感覚がとても強く、自分の中で感じられました。
さ、次にいつ参るか、より、目の前の日常をしっかり、こなすことに
集中したいと思います。

CIMG7193.jpgCIMG7184.jpg


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |