2016.01/31(Sun)

【だんな様は霊能力者】 奇跡を起こす奥の手 

だんな様は霊能力者」の本の中にも書きましたが、「奇跡を起こす奥の手あり」とは、
ずばり、「無理そうに見えることもできると信じる心」

根拠なく「自分にはできる」と信じて、
根拠のある努力をあきらめずに続ける。

って、奇跡じゃないじゃん!と突っ込まれそうですが、その通り。
どんなに「奇跡」に見えるものでも、よくよく観察すると、
本人にとっては、奇跡でもなんでもないと思えるだけの
積み重ねた努力がその向こう側にあるものです。

どんなに努力をしても、なかなか「奇跡」と呼べるほどの地点まで
達せないこともある・・・そんな声も聞こえてきそうですが、
その努力、客観的に見つめてみましょう。
本当に自分ができると信じて、積み重ねていますか?
積み重ねる中で、積み重ねることが「普通」と思えるようになってますか?
積み重ねていることが、苦痛になってませんか?
積み重ね、という一見、単純なことを楽しむ工夫をしていますか?

中でも結構、シンプルながら難しいのは、
自分にはできると自分を信じる心を持ち続けること。
心の中で、本当は無理なんじゃないかな~というつぶやきがあると、
目的地までの距離は遠くなります。
「できないかもしれない」などというネガティブな言葉を
無意識にでも、口に出してしまうと、ますます目的地は遠ざかります。

意外と多いのです。ネガィブナ言葉を無意識に発していることって。
わたし自身もそんな言葉をなるべく使わないように気を付けているのですが、
自分で「苦手」と思っていることに関して話す時には、
極端にネガティブな表現が多くなっている・・・
当たり前のことのようですが、これが自分の成長を妨げます。
「これって苦手なんですよね」は、まだよい方。
「これは、大嫌い!」
物事に対する好き嫌い、得意不得意はあって当然ですが、
自分が目指しているところに達するまでに必要なことなら、
この際、自分の感情はフラットにして、
「やるべきことは、やるしかない」と心に決める。
でないと、ますます、嫌いなことが嫌いになってしまいますしね。

自分のことを自分で信じるのは、思っているより難しいもの。
ですから、まずはネガティブな言葉を使わないってこと、
意識してみるのも「奥の手」の一つです。

今は得意じゃなくても、続けていればできるようになる!
とか、
できるようになる工夫、開発中です!
とか
同じ苦手なことでも表現の仕方はいくらでもあります。

苦手なことで、自分で自分に対して不安をあおっても、
良いことはひとつもありません。
苦手なことも、自分なりに「楽しめるような」工夫は、
それこそ工夫のしどころです。

あ、これ「苦手かも?」と思うのではなく、
「これ、できるようになるには、どんなこと積み重ねたらいいかしら?」
と工夫してみる。
ずっと、努力を積み重ねると思うのは、これまた心理的負担がありますから、
私の場合、「○○週間」と決めて、それこそ習慣化するまで、
3週間だけ頑張ってみることにしています。
時に、この「○○週間」に、他の人を巻き込んで、一緒に頑張ってみる(笑)

そう言えば、3か月限定の「四股踏み+スパイラルリング」部。
すでに2か月が経過しましたので2月末には解散予定(笑)
正確には、スパイラルリングを手に入れてから、まだ一か月ほど
という方もいらっしゃいますから、そのフォローも含めて、
解散はいつになるやらですが、解散したら困る~~!
大丈夫、次の「奥の手」をみんなでひねり出しましょう。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/30(Sat)

【だんな様は霊能力者】 この世とあの世の入口の記憶 

自分の小さい頃のことさえ、覚えていない私には、
あの世の記憶など残っているはずもなく(涙)
いや、忘れてしまった方が良いことも沢山あるので、
ま、その程度のことだと思っておきましょう。
どうやら、思い出すべき時期がやってきたら、
思い出すようになっているようでもあるので。

そう言えば、あの世の前、つまり前世でトラウマを背負うと、
この世で訳もなく、怖いものがある、ってことは体験済み。
よく話をしますが、極端な高所恐怖症な私は、
過去世で高いところから落ちたのが原因だとわかり、
だんな様にトラウマを解消してもらいましたので、
かなりOKになりましたが、それからしばらくして訪れた
ピザの斜塔に登った時に、やっぱり得意にはならない・・・
そう思いました。一番上まで登った後に、怖くて立ちあがれませんでしたから(苦笑)
あの世の思い出は、だんな様もあまりないそうで。

感覚的に言うと、昨日、おととい、その前に何を食べたか覚えてない、
つまりは、あまりに平凡で覚ているだけインパクトのある場所では
なかったということなのかしら?という仮説を立ててみました(笑)

それでも、あの世とこの世の入口でインパクトのある体験をしたらしい?
そんな人たち。
記憶のかけらがある人と、ある人が、出合って話をしている間に、
ふと、その頃のことを思い出した人が何人かいます。

あの世とこの世の出入り口で、数百年もコロコロ転がっていた・・・とか、
(本当は、生まれてくる準備が整っていたそうで、もう降りる、という時に、
この世に降りてこれないようなことが起こったそうで・・・)

ある人は、そんなこの世に降りてくる人を次々送り出す仕事をしていたそうで。
自分が決めた母親に向かって、これから生まれる魂は身支度を整え、
ウキウキしながら、飛び立つのだそうです。
当の本人もそろそろ地上に降りる頃と、思っていたら、
思わず足を滑らせてこの世に生まれ落ちたそうで、
着地したと同時に気を失っていたと。
(というわけで、生まれた時に仮死状態だったらしいです)

いずれにしても、この2つのエピソードは、
人が生まれる直前に通る出入り口のような場所。
その向こうは、とてつもなく広い。
輪廻転生する魂もあれば、神仏の世界もあり、
世界中の神々の場所がそれぞれにある・・・と考えると、
あの世の記憶があったとしても、自分が行ったところがある場所なんて、
きっととても限られた場所でしかないのでしょうね。

そして、そして、子供が親を選んで生まれてくる、というのは、
どうやら、記憶の残っている人によるとその通りだそうで。

「この親の元で、修行します!」と生まれてくるそうです。

ですから、子供との縁を望むなら、親として選んでくれる
魂の候補者が必要になるってことでもあります。

この世とあの世の境にある、人間が生まれてくる時の記憶。
思い出せても、思い出せなくても、自分が生まれると決め、
自分がこの場所で生きると決めて生まれてきた、ということは、
何より、自分の人生に責任を持って生きなくてはならないことには
変わりはありません。

自分が生きていること自体が自分の選択!と
だから、どんなことにも自分が学ぶ材料があるかも?と
誰かのせいにしたりしないで、素直に思えたら、
同じ人生がちょっと違って見えて、逆にふっと楽になるかもしれませんよ。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/29(Fri)

【だんな様は霊能力者】 ご神託 

お参りをすると、必ずおみくじを引くことにしている私。
何度、引いても同じだよ~と言われつつ、何度か引いてみて
あら、その通りだった・・・という(笑)

それでも、神の言葉=ご神託というのは、分かっていることでも
ありがたくて、心に沁みます。

ここのところ、だんな様のお弟子さんの一人が、ご神託を受けて
伝えてくれるので、自分が感じている「こうじゃないかな?」という
漠然としたものを、確認することができて、思考の整理に大いに役立っています。

おみくじなど、よく「当たる」「当たらない」というのが話題になりますが、
だんな様のアドバイスと同じで、注意するべき点を受け入れれば、
その後の流れは、確実に変わりますし、
ご神託を受けて迷いなく進めば、多少障害があっても、
なんのことはない、と感じる側の受け取り方にも大きな違いがでてくるもの。

だれでも、ご神託、直に受けることができれば最高ですが、
それこそエネルギーレベルが違いますから、体力も気力も必要ですし
何より受けたメッセージを「人間の言葉」に翻訳する時、
人間としての、あるいは自分自身の価値観が少しでも入ってしまうと、
「正しい」ご神託は降ろせなくなってしまいます。

つまりは、ご神託を降ろすには、それだけの心と体の準備があってこそのこと。

それに、ご神託を受ける相手は、神様ですから、
あくまでもそうした心構えで聞かないと、答えてもくれない、
相手にもしてもらえないということにもなります。

だから、こんなこと、聞いていいかしら?なんて、
自分と神様の距離を必要以上に持つ必要もなく
その距離は向こうが決めてくれるものなので、
逆になんでも聞いてみればよし、という付き合い方もあってよしだと思います。
答えが返ってこなければ、それは神に聞くようなことではない、それだけのこと。
繰り返していくと、どんなことを、どう聞けばよいのか。
ここは自分で考えて、自分で行動するべきことだという感覚が身についてきます。

逆に、もともとダイレクトに神のご神託が降りてくる人というのは、
人間個人としての都合より何より、ご神託が最優先になってしまうことも。
けれども、人間として生きて行く日常は、神様や仏様から降りてくる
メッセージに従っているだけでは、なかなか生き辛いことも少なくありません。
ご神託など、エネルギーの大きい存在からのメッセージは、
受け取る側の人間からすると、それだけのインパクトがあるので、
ご神託に縛られたり、急いでそうしなくては、伝えなければ、
みたいな気持ちでいっぱいになって、振り回された感じになることもあります。

あくまでも、生きている人間が、神仏の教えを授かりながら、
人生を豊かに生き抜いていくのが目的だと私は思っています。
ですから、降りてきたメッセージを自分の日常にどう織り交ぜて人生を
紡ぎ出していくか、そこは、人間力の問題かと・・・。
つまりは、神の教えも人間としてのあなたとの共同作業で、
3次元的な現実になるということなのでしょうね。

今年になって、入口(つまりは、付き合う神仏)をそろそろ決めたら?
というタイミングに来ている人が増えてきていますが、
あちこち聞きまわると、あふれる情報に振り回されてしまうのと一緒。
一つに決めた相手は、何より、あなたに一番わかる言葉で、
必要な言葉を授けてくれるようになるのではないのかな?と思います。

IMG_0683
IMG_0683 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/27(Wed)

【だんな様は霊能力者】 調子の良し悪し 

霊能力者というか、感覚のある人というのは、
どうしても、調子の良し悪しの波があります。

「だから、修行するんだけどね」

感覚的にピッタリくる時と、こない時があるのは、
それこそ世の中自体に波があるので当然のこと。
それが自分に合うタイミングかどうかは、
感覚があればこそ、自分のタイミングと、世の中のタイミングが
ピッタリ来たり、来なかったり。

そんな中で、どう生き抜くかは、感覚が開いてしまっている人ゆえの悩み、
だったりするのでしょうね。

誰だって、、どんな困難も越えてやる!やる気に溢れている時って思える
時もあれば、落ち込む時も、さらには、困難なことが来ているのに
避けて、避けて、スルーした気になっている時もあります。

無意識であろうと、色々と悩むときも、心のエネルギーが大きいだけに、
その力が「悩むこと」に費やされると、これまた大変。
何より自分が辛くなったりします。
先日、悩みに悩んでこられた方など、自分の中に分身みたいなものまで出来上がっていたらしく

「気をかけたら、透明なのがいくつかシューっと抜けていったよ。
まるで、漫画みたいだった(笑)」

とは、だんな様の談。
私には見えませんでしたが、分身ちゃんが抜けた後のご本人は
明らかに、スッキリされていました。
もちろん、問題そのものは解決したわけではないのですが、
それに対する自分のとらえ方や、考え方、覚悟を決めて帰られたので、
良い方に変化したらいいな、と思っています。

でもそれもこれも、本人がどうにか解決したいと思っているからの効果。
自分が心を閉ざしているときには、これまた上手に抱え込んでいますので、
そんなに簡単に、すっと思いが離れていく・・・ってことにもならないことも。

いずれにしても、日頃から、調子が良くなくても最低ラインを上げておくこと、
こうすれば、本調子に戻るという手法を自分で知っておくことが何より大事。

グルグル、思いを巡らしている間に、一番、傷ついているのは、
思いを巡らす対象ではなく、自分自身だったりするのですから。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/26(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月例会 仏画の塗り絵 十三仏終了! 

日曜日は、今年初めての月例会。
寒く、気候も心配する中、北海道や名古屋など、
全国各地から、いつものように沢山の方においでいただきました。

そう、今回は、ちょうど昨年1月に始めた仏画の塗り絵の最終回。
「聖観音菩薩」で締めくくりでした。
これでおしまい、となると寂しい気持ちもありますが、
2月からはまた新たなことを始めたいと思います。
いらっしゃる方は、軽い運動ができる服装でおいでください!
それぞれ、個性的な塗り絵が終ったところで少しご紹介!
IMG_0673.jpgIMG_0672.jpgIMG_0671.jpg
IMG_0670.jpgIMG_0669.jpgIMG_0668.jpg

それぞれ個性があって、見ているだけでも楽しめます。
さて、仕上がった13枚をどう仕上げるか・・・これまた思案中です。

いらっしゃる方が、いろんな差し入れを持ってきてくださるので、
休憩時間のお菓子は、にぎやか。
北海道限定、ピンクのブラックサンダー、イチゴ味でおいしかったです!

IMG_0674.jpg
IMG_0676.jpg


他にも、押し寿司など、テーブルの上はお菓子や食べ物でいっぱい。
でも、日頃、一人暮らしで一人でご飯を食べている人達は、
会の途中、近くのステーキ屋さんでエネルギーを充電して帰ってきました。
食べた後、戻ってきた人達の服が冷たくなっていましたから、
かなり冷え込んでいたんでしょうね。

その後どんどん話は深くなりましたが、
人の成長度合いによって、神様や仏様との付き合い方も変わります。
「ちわ~っす」と、お隣さんに挨拶する段階
「神様、仏様、だ~い好き」という段階もあり
「神様、仏様、ご指導ください」という段階もあり
「神や仏に近づく修行、頑張ります」という段階あり。
それぞれ、神様や仏様との距離感が全く違いますし、
厳しさも異なりますが、それぞれの段階で、
まっすぐ向き合えて行けばいいのかな?と思います。
この段階は、完全、個人個人のカリキュラムなので、
人と比較をすると、間違えやすいですので、
自分の、自分の神様、仏様との付き合い方に集中することが大事です。
他の人の付き合い方は、参考にはできますが、
それ以上でもそれ以下でもなく、自分の道を究めることに心を定めることが、
途中で、自分の成長を止めてしまわないポイントかもしれませんね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  02:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/24(Sun)

【だんな様は霊能力者】 あなこわ、3月号読破 

発売前に、いつも見本を届けていただくのですが、
届いたら必ず、最初から最後まで読むことにしています。
「あなたが体験したこわい話」
というタイトルどおり、実話をもとにしている漫画ばかり。
多少の脚色はあるものの、取材→出来上がり
のプロセスを知っているものからすると、
かなり「正確」に描写されているので、
世の中には、説明できない事象も起こっているんでしょうね。

無用に恐怖心を持つ必要はないと思いますが、
やっぱり、「事」が起こるには、起こるだけの理由がどこかにあり、
たまたま遭遇することもあれば、
どこかで自分自身が原因を作り出していることもあるんでしょう。

恐怖は無知から生まれる、
と言われますが、どんなに不思議に思えることでも、
必ず、ああ、そうか・・・と思える筋道があるもので。

そのプロセスを振り返って原因を探して、
解決する手立てを見つけ出すことが必要なこともあれば、
すっきり、新たなスタートを切る気持ちを自分が持てば澄むことも。

終わったこと、を、終ったことにできない心から起こるものも少なくありませn。
生きている間も、亡くなってからもおなじこと。
よく「成仏したかどうか」という話になりますが、
だんな様曰く、亡くなってすべての人が「仏様」になれるはずもなく、
つまりは、普通の人の成仏とは、まずは自分にはもう体がない、
無くなった体の持つ苦しみは、もうない、と本人が意識することから
始まるのだそう。
やがては、「過去」は「過去」にしていけるようになるのでしょう。

まあ考えてみれば、生きている人間も、一日、一日、
学びを得ながら、過去を過去にしていければ、
人間関係、すこしは楽になるんでしょうけど、
体があるだけにこれまた厄介だったりしますよね。

霊能力のある人は、体がある、時の感覚と、
体を抜け出した時、の感覚の間で常に揺れ動いています。
だからこそ、「わかる」「感じる」こともあるのですが、
どちらに偏っても、心と魂の両方が満足することもないという、
難しいバランスの中で生きているといえるでしょうね。
そのバランスの取り方は、やっぱりできている人に学ぶのが一番だと思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/23(Sat)

【だんな様は霊能力者】 あなこわ、3月号 

あなこわ、3月号の見本が届きました。
今回も、取材してもらった内容が見事に「絵」になりました!



23日の発売なので、まだ表紙の画像は出来上がっていないようですが、
雑誌そのものは、見事に出来上がっています。
もちろん、取材いただいた、漫画も、いつもながらお見事!
お伝えしたかったビジュアルが見事に再現されていて、
だんな様も私もびっくり!です。

今回は、だんな様に加え、詩乃先生、阿曽先生も登場。
何とも贅沢な図になっています。

いつも雑誌に載っているすべての漫画を読みますが、
表紙の雰囲気とは裏腹に、内容はしっかりしたものばかり。
実際に起こった「怖い話」を体験談として、漫画にしてありますが、
どの話もとても真摯に、解決しようとお仕事されている話ばかり。

「怖い」「おどろおどろしい」のは、起こったできごと、ではなく、
そういう場面を作り出してしまう、人の心の方なのかもしれませんね。
誰にでも、恨みたくなることや、こだわってしまって忘れずにいること、
少しぐらいはあるのでしょうけど、それが高じてしまうと、
いわゆる「怖い」としか表現ができないような心を作り出してしまう。
その原因のほとんどは、何を隠そう、私たち人間だったりするのですものね。

今回の取材でも、漫画になった話だけではなく、
大いに盛り上がって、描ききれないほどに脱線しました(笑)
これからも、続きがありそうですがが、一旦これで、シリーズ最終回です。
よろしければ、読んでみてくださいね!

IMG_0663
IMG_0663 posted by (C)kumisensei
人間に何が起こっても、夕日はいつものように沈みます。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/22(Fri)

【だんな様は霊能力者】 お互いのために手放す「気持ち」 

お家の片付けも、自分の気持ちも、手放すって大事ですよね。
手放した分、そこに空間ができて、流れる空気も増えますもの。

大事な人をあの世へと送り出す時、
ああしていれば
こうしていれば
後悔する気持ちは、どんなに頑張っても残るものだとだんな様は言います。
確かにその通り。

そして、今、自分に何ができるか・・・というと、
自分のためにも
そして、この世から旅だった相手のためにも
周りの人のためにも
「これまでの人間としての」その人を、本当に思い遣るのなら、
手放した方が良い気持ちがあるのでしょう。

「後悔」は決して、お互いのためにならない。
頭でわかっていても、なかなかそう簡単にはいかないものですが、
時間をかけて、心の整理をして、そして・・・その時がきたら、
お互いのために、それまでの気持ちや思い出を、
上手に「手放せたら」・・・。

すっかり忘れる、という意味ではないのです。
後悔の念や、かわいそうとい気持ちで思い出しても、
お互い、時が止まったままになってしまいます。
ですから、時が来たら・・・で、いいのです。
少しずつ、少しずつ、手放していけたら、いいですね。
○○日、と数えるのも、そんな区切りを付けるための工夫だったりするのでしょう。

「住む場所が変わるだけだよ」

初めのころは、それが実感として分かりにくかった私も、
「あの世」と「この世」が実はとても近いところにある、という話を
繰り返し聞く度に、お互いにとって本当にためになる
心の持ち方って、何だろう?と考えずにはいられませんでした。
本当に相手を思い遣るとは?
そんなことをしっかり考えなくは、感じなくては、ならない場面に
数多く接する中で、本当にお互いのためというのが少しずつわかってきた気がします。

「目に見えない」という点では、神様や仏様との付き合いも
お互い、がちゃんと「視えて」いるかが、その付き合いの深さを変えて行くんだな~。
というのが、昨晩の伝授の中でも出てきました。
今、ココにいる自分が、お互いのためにできること。
それをしっかり意識して、ともすれば流されやすい心を、
しっかり定めて、進みたいものですね。

IMG_0657
IMG_0657 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  01:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/20(Wed)

【だんな様は霊能力者】 過去のブログを読み直し 

この前から、ふと、自分のブログ、過去の投稿を読み直しつつ、
ん・・・どうにか形にできないかな・・・と考えたりして。
自分のブログの記事を読みすぎて、疲れて、当のブログを書くころには、
ヘロヘロになっておりました(あはは)

相変わらず、お作りした念珠やパワーストーンのメンテナンスの
ご依頼が続いています。
とても大事に使っていただいているので、作った方も嬉しくなりますし、
こんな風に使っていますというメールを戴くこともあり、とても励みになります。

とはいえ、私、気まぐれ、かつ、整理があまり上手ではなく(涙)
このブログも、「カテゴリー」別に書いていれば、整理も楽なんでしょうけど、
いつも、思いついたことを思いついたまま書いているので、
「トレンド感(笑)」は、自分なりにありますが、
いや~バラバラなこと、この上ない(あはは)

そう、そう、感覚のある人というのは、
降りてきたメッセージに従順なので、
時に話が飛びやすく、それでも自分の中では
ストーリーが流れているので、みんなが筋についてきているものだと
信じている傾向にあります(爆笑)

ただし、気心の知れた人たちで、ある「場」を作ってしまうと、
どんなに話が飛んでも、ちゃあ~~んとみんなついて行けます。
自分が思い描いている世界が、言葉で詳細に説明できなくても、
「ほら、この場面、私の思い浮かべている絵、視える?」
そんな手法で乗り切ろうとしても・・・大丈夫!
ちゃあ~~んと伝わるんですね。

この前の、詩乃先生との「夢」の中で行っちゃった場所もそう。
こんな雰囲気で、こんなものがあって・・・と話している間に同じ場所だとわかる。

そう言えば、もうすぐ発売になると思いますが、
ココでだんな様や詩乃先生、阿曽先生に取材をして、
それを漫画にしてくださることになっている流水りんこさん。
ご自分では、「霊感ゼロ」とおっしゃっていますが、
こんな感じで・・・と、全部説明していなくても、
まったくその通りの「絵」が、出来上がっていつも驚かされます。

こんな風に書くと、まるで、言葉なしで会話できるエスパーみたいですが、
そんな感覚もある程度なければ、漫画や絵は描けないのでしょうね。
その前に私には「ネタ」が山ほどあっても絵心がないので無理ですが。

と、まあ、今日も話があちこち飛んでしまいました~~~。
ま、いいか!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/19(Tue)

【だんな様は霊能力者】 成長すれば、神仏との付き合い方も変わる 

ここにいらっしゃる方の中には、神さま、仏さま、だ~~い好き!
そう言う方が多いです。
当然ですよね~~。
どの神さまも仏さまも、とっても素敵。
それに、まあ、なんと!お願いごとも叶えてくださるという。
いや~、心を奪われるのも無理はない・・・。

とはいえ、そんなに都合よいことばかりで終わるのかしら?
って、疑問もどこかで自分で気が付きながらも、
そこは、見ない、考えない(あはは)

確かに、お願いことをする人本人に、その時それを
叶えるだけの力がない場合。
そして、一生懸命、自分ができることはやっている、
そんな人、神さまや仏さまじゃなくても、ちょっと手を差し伸べたくなります。

「始めのころは、奇跡みたいなこと起こりやすいよ」

神仏を拝み始めて初めのころは、
自分の一途な思いもあって、
すっきり透き通った目には、自分が必要とするものも
視えるでしょうし、それを掴むチャンスも逃さないでしょう。

ところが、それがしばらく続くと、どこか何かが当たり前になってしまう。

そんな奇跡のようなことが起ころうが起こるまいが、
一途に思い続ける気持ちが次へとつながります。

仏さまや神さまとのご縁を求めて、
いろんな場所に足を運ぶのは、
それもふくめて、一途な思いの中のひとつ。

でも、その一途な思い故かどうか、あっちにも、
こっちにもお願いして回る・・・となると、
その一途な気持ち、そのものが問われることに。

ま~、一途だから、良し!ってことでもないですものね。
それにその願いの内容や、その願いに含まれる
自分の欲も、よくよく考えるチャンスになるでしょう。
欲はあってよし。
だけど、自分のことしか考えていないような、
バランスの悪い願い、それこそ、神仏が叶えるはずもありません。

「叶った!と思ったら、ほとんどの場合、
自分で叶えているんだよ」
そのぐらいの気合の入った願いなら、
その次の段階に進む手助け、気が付かないうちにも
そっと背中を押してもらっているかもしれません。

ご利益、ご利益。
それだけの存在ですから、きっと足を運ぶことで、
ご利益もあるでしょうけど、いろんな願いを叶えてあげて、
人の成長を妨げるような願いの叶え方をするわけないよな~~~。

そんなことに、少しずつ、気が付生き初めている模様な人。
う~~ん、確実に進歩してるぅ!!!!と、見ていて思います。


IMG_0650
IMG_0650 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/17(Sun)

【だんな様は霊能力者】 生きて行く 

受験の季節、緊張の日々が始まりますね。

思い出してみると、世の中でいわゆる「花形」と言われる職業に
就ける学部は、受験の際も競争率が高かったですね。
きっと、今もそうでしょう。

年齢がばれそうですが(笑)、私が受験したころ、
いわゆる「ご飯が食べられない」と言われていた学部が、
超人気だったり、その逆の流れがあったり、
また、数年前に花形だった学部が、すでに人気が陰り始めたり・・・
と、世の中の流れは、どんどん変化していっていますので、
「この学部に入りさえすれば」という考え方そのものが、
どうやら、ちょっと現実的ではなくなってきているみたいですね。

今日、たまたま世界で活躍する二人の日本人のプロフェッショナルな
仕事ぶりを紹介する対談番組を観ていました。
二人とも、学校に通っている時にはそれぞれ苦労されていたそうで。
落ち着きがないと、言われて過ごした学生時代を笑いながら振り返られていました。

こうした番組は、スポットライトがたまたま当たった人が
フューチャーされるのでしょうが(でないと番組になりませんものね)
お二人とも、自分がやりたいこと、自分のやっていることに妥協せずに
接点が見つかるまで、頑なに頑張り続けた人達、でした。

その中で、外国のある伝統技術の必要な世界で活躍される方は、
伝統を受け継ぐ意味について、
「伝統を受け継ぐというのは、それまでの伝統が好きとか、
それをマスターした人を尊敬している、とか、
言われたことをできるようになる、とか、を超えたものがあると思うのです」
と語られていました。

つまりは、それまで伝わってきたことを
言われたようにやった、だけでは、伝統は守れないのだと。
すくなくとも、経済的にも「生き抜いてきた人達」がいたから
伝承されてきたことを忘れないようにしたいとも。

試験に合格できるかどうか、自体もとても大事なことですが、
同時に、その先にある事態にも立ち向かっていける精神力も
鍛えている、という側面も忘れずにいたいですね。

感覚の鋭い人、というのは、その時の気分や状態によって、
実力をどれぐらい発揮できるかに、むらがあることが多いようです。

試験は確かに一発勝負な部分がありますが、
人生を生き抜くのは、一発勝負だけではうまく行かない部分もありますものね。
ここぞ、という時に、実力が発揮でき、
何かあってもなくても、諦めないで続ける精神力。
それこそ、生き抜きながら、付けていければ、どんな学部に行っても「大丈夫!」
って、思えたりします。

IMG_0649-2
IMG_0649-2 posted by (C)kumisensei
お~UFOが、今日の写真に写りこみました!
・・・って、ただの鳥ですけど(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/16(Sat)

【だんな様は霊能力者】 筋に厳しい 

筋に厳しい・・・
うう、堅苦しくて、苦手な響きがしますが、
神様や仏様のとのお付き合いの中では、
とても大事なこと、知っておくべきこと、だったりします。

で、この筋を違えると、「怖い」と、反省しきり、な人も。
ご安心あれ、おおよその場合、礼儀知らずは相手にされないだけ。
つまりは、たとえ、神様や仏様に、もし何かお願いごとをしたり、
宣言をしたりしても、基本的に届かないってことになります。

よく筋を違えれば、「罰が当たる」な~んて言われますが、
「そんな、いちいち、罰を当てたりするほど
神仏は暇じゃないよ」と、だんな様。

つまりは、自分の心のどこかで、罪の意識が、
それこそ無意識にあったり。
その自分の心自体が、「怖いことが起こるかもしれない」
と、思っていると、自分にとって都合の悪いことがあると、
「やっぱり・・・」となるのかも。

ま、考えてみれば、自分である意味、思い付きで
お願いごとしてはいけない、って自分で知ってて、
それをやらかしてしまった自分を自分で罰している・・・という構造?

・・・神様、仏様と対峙するのは、自分の心と対峙することと変わらない、
のかもしれませんね。

自分の願いが叶うまで、あるいは叶えてくれそうなところ、
パワースポットと呼ばれるようになったところへあちこちでかける。
観光ならば・・・ですが、何かをお願いするとなると、
同じことをAさんに頼み、気になるからとBさんに頼み、
いや、それだけじゃ不安だからとCさんに頼む。
だ~~れも、責任もって、やってくれなくなってしまう、
筋を守らないことの後に起こること。

今年の年初め、そろそろ「入口」を決めなさい。
そう言われた方が少なくありませんでしたが、
こんな意味も含まれているのでしょう。
神様や仏様との付き合い方は、そんなに難しいことではなく、
「筋」を守ればよいだけ。
人づきあいと、何ら、変わりがない、ってことを心に留めておきましょうね!

IMG_0641
IMG_0641 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 夢の場所 

昨日の伝授で、私が繰り返して見る夢の話をいくつか。

すると、すると、お弟子の詩乃先生が、
「あ、私もそこ、行ったことがあります!」

思い出した夢の話はいくつかありましたが、
彼女も行ったことがある、という場所は・・・

1)大きな大きなホテルのような場所
余りあかるい雰囲気ではなく、とにかく大きなホテルのような場所。
私はそこで、亡くなった父に会い、さて、帰ろうかと思って、父にそう言うと、
「エイプリルフールのイベントで川柳大会をやらなきゃいけなくて、
忙しいから帰れない」と。
じゃあ~~と、私は、たぶん・・・飛行機で帰ってきたような。
まあ、夢ですから整合性がない部分は、ご勘弁~~(笑)
そのホテル、どう考えても暗くて、館内放送で、名前が呼ばれると、
その人がどこかに向かって、歩いて行っているのがわかる。
と、その場所に、行ったことがあるという詩乃先生は、
行ったはいいが、出られなくなったらしく。

・・・だんな様曰く、そのホテルには、普通の出入り口はないそうで・・・。

詩乃先生、うう、帰れない・・・と、思っていたら(←夢の中)
どうにかして、戻ってきたそうで、その「どうにかして」は。
直接本人にお聞きください(笑)

その2 大きな大きな学校
学校の入口から、不思議に交差する階段を通ると、
その先、その先に、教室がいくつも並んでいます。
その教室の大きさは、40人学級というより、もう少し大きくて、
おおよそ80人から100人ぐらい入れるぐらい。
生徒は教科ごとに、教室を移動しますが、
いわゆる異なる「棟」を行き来できるのは、先生ぐらい。
雰囲気的には、競争厳しい新学校って感じ。
・・・と、そこで学んでいた記憶のある詩乃先生。
いや~~すごくストレスフルでした。
理科の実験の準備の手伝いとか大変で、大変で。
それに競争というか、合格しなきゃ、というプレッシャーが半端ない。

「それは・・・天にある学校」(←だんな様)

天でも、上を目指そうとすれば、こうした学校に行くらしく、
またそれぞれの役割ごとに、特訓をして、使者を養成するらしいのです。

え・・・、
まるで、この世の学校とあまり変わらない・・・
と、感じたみなさん、その通り!

「天は地にあるごとく、地は天にあるごとく」
地上は天国のとある場所と、お互いによく、よく、似ているとは、
スピリチュアルな本の中にもよく出てくる言葉。

天が先か、地上が先か、という話になると、
それは・・・天が先なのでしょうけど、
どちらにしても、この範疇で行くと、
どちらかに行けば、この世と同じような日常を送る・・・

あ、ちなみに、学校に行かない人は、この世で学校に行かない人と
同じように、なごやか~~な日々を送っているらしいです。

実は、私、繰り返して見る夢がかなりたくさんあり、
それも、暫くして、先の夢の続き、みたいな夢も見ることがあり、
ずっと記憶に残っていたのですが、
だんな様と、詩乃先生のお蔭で、2つは自分がどこに行っていたかが
わかって・・・スッキリ!

そして、間違っても、この2つの場所に戻ることがないよう、
気を付けようね~と、詩乃先生と語りあったのでした・・・。

と、皆さんの参考になるかどうか、よくわかりませんが、
この2つの夢の話、ん?と思われた方は、
訪れたことがあるのかもしれません・・・・ふふふ・・・・。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/13(Wed)

【だんな様は霊能力者】 現実的な解決法とスピリチュアル 

スピリチュアルな人にはいろんな得意技があって、
え?そんなことが?と思う、ウルトラCを繰り出せる人がいます。
必要なものを、必要な時に、必要なだけ引き寄せたり。

ただし、残念ながら、常に安定して、ウルトラCを繰り出せるって
わけではなかったりします。
それに、本人に取ってはこのウルトラC、繰り出せて当たり前、
だったりするので、得意技という意識があまりない(苦笑)
むしろ、思い通りにならない時だけ、
なんで~~~~!!!!と、必死になって念で通そうとしたり(笑)
いやいや、そうなります、なります。

そもそも、現実に比べると、スピリチュアルなものって、とっても不安定。

だからこそ、現実の世界で安定していることが、
スピリチュアルな力を安定して、発揮できる自分の状態を作り出すのです。
思いの力を強くしたければ、現実的な訓練がある時期、必要になります。

とはいえ、現実に縛られてしまいすぎると、はたまた自分の力を
発揮する場面になっても、自分にその力があったことさえ
思い出せなくなってしまったり・・・。

現実をしっかり生きながら、心はいつも自由に。
絶妙なバランスで生きる人は、意外と地味で(笑)
ウルトラCなどあまり、必要な場面は、逆にあまりなかったり。
普通のことを、普通に。

つまりは、どこを現実的に、どこを精神力で乗り切るか、
その仕組みがわかって、習得している人達なのかもしれません。

引き寄せの力、って身に着けられたら素敵ですが、
これだけの引き寄せマスターが次々出てくるってことは、
マスターするのにも、訓練が必要だってことなのかも。
それこそ、自分が「何を訓練するか」
自分が「何を目指して訓練するか」は、人それぞれ。

大きな、大きな、目標というか、目指すところがないと、
その訓練も途中で飽きてしまったりしそうですしね。

現実的、な部分と
スピリチュアルな部分
自分の日常にどう散りばめていくのか・・・
そこが、課題なのかもしれません・・・。

CIMG9203.jpg
偶然撮れた、富士山近くでの雲。
どうみても、龍に見える・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  01:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/12(Tue)

【だんな様は霊能力者】 大人と子供 

一言に、霊能力者といってもタイプは色々ですが、
スピリチュアルな感覚を持った人の特徴のひとつに、
「大人」と「子供」が同居している、ってのがあります。

おとな~~~な、感覚で、モノを言う時もあれば、
あれ????何歳ですか?と聞きたくなるような、子供の部分。

時によってコロコロ変わったりする人が多いです。

調子の良い時は、本人の年齢を忘れるほど、若く見え、
まるで年齢不詳(笑)
何かに夢中になっているときなど、まるで子供のそれ。

なのに、一転、被ったりして調子が悪くなると、
一瞬にして、肌の状態や雰囲気が50歳ぐらい変わったりして。
歩き方まで、おじいちゃんやおばあちゃんみたいになってしまいます。

また、あることに対しての理解力も、
知っていること(たぶん魂レベル)であれば、まるで、達観したかのような
言葉を連ねるかと思うと、
知らないこと、新しいことになると、今度は、まったく子供レベルになってしまったり。

大人になって、わくわくすることなどが無くなってしまった、
まあいわゆる、世に言う「大人」になった人達からすると、
このコロコロぶりは、まったく理解できないものだったりするでしょう。

けらけら笑って、子供のように楽しんだか、と思えば、
「この世」は、すべて幻・・・みたいなことを言ったりして(アハハ)
そりゃあ、まるで不思議っこちゃんの出来上がり!

時にこれが、魅力になり、
時にこれが、理解しにくい人になり、
時に、これが、一緒に仕事をしていて、
新しいアイディアを生み出す宝庫になり、
時に、これが、大人、な対応が常にできるわけじゃない不安定要素になり。

とまあ、大人と子供が同居している人というのは、
何とも扱いづらい人(爆笑)となっていることでしょう。

それは、本人たちにとってもそうで、
いわゆる大人、の決めたルールの中で生きて行くのが、
この上なくストレスだったりするのですから、
自分を解放する場所がないと、だんだん魂が委縮してしまいます。

どんな人も、魂自体のエネルギーは大きいので、
時に「これでいいのだろうか?」な~んて、自分の生き方を振り返る時に、
魂が大きな声で、叫ぶことだってあるでしょう。
その時に、まあまあ、と魂の声を閉じ込めてしまうのか、
「出でよ、魂!」と思い切って、新たな生き方を見つけ出すのか、
その選択も含めて、本人次第。

魂の声が無視できない、霊能者のような人達は、
現実との間のギャップに悩みつつも、
大人と子供を両立させたまま、魅力ある人として、
自分らしくいられる場所をあきらめずに探し求めて欲しいと
私は願っています。

IMG_0637
IMG_0637 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/11(Mon)

【だんな様は霊能力者】 定期便 

今日は一年に一度、御祈願に来られる方がお見えになりました。
一緒に、祈願に参加してみて、な、なんと、
小さなことはあるものの、ほとんど問題がない。

先祖の供養をとりわけしっかりしていらっしゃるというわけでもなく、
きわめて普通な生活をされているご様子でもあり、
今現在、気になることもあまりないけど・・・。

でも、ご存知なんですね。
ちゃんと、仏さまや神さまとのご縁を結んでもらっていれば、
ある程度、事前に準備できる。

いろんな家庭には、いろんな価値観があり、生活パターンもそれぞれ。
そこに良し悪しは、あるようで、ないものです。
よく夫婦の問題や家の中の問題、親戚との付き合いの問題などで、
御相談にいらしゃることもあるのですが、
おしなべて、あなたは、あなたの価値観で、私は、私の価値観で
生きていけば良いわけで。

ま、それでも袖降る縁というか、時には集まるイベントもあるこどでしょう。
うちはこうだから、
いいや、こちらの風習ではこうだから、
自己主張してばかりでは、なかなか落としどころも見つからない。

イベントの一番大事な点を、すり合わせる中で忘れてしまいがちですが、
そこさえ忘れずに、通り過ぎてしまえば、後はまた日常に戻るのですから。
たった、一つのイベントのために、平穏な日常が乱れてしまわないように、
割り切っていく感覚は、何より自分の日常を大事にするのに、
それこそ大事な感覚だったりします。

現実的な世界の解決法と、スピリチュアルなものの解決方は、
違いがあって当然ですから、むやみに感情的になって、
そういえば、あの時も、この時も・・・なんて、
不満を集めて終わり!みたいなのは、何より自分が苦しくなります。

適当に忘れていく、というもの、幸せに生きるには大事なんでしょうね~~!!

IMG_0632
IMG_0632 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  05:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/10(Sun)

【だんな様は霊能力者】 PC止まる!の編 

もう一つのブログにも書きましたが、今日はPCが作業途中で、
突然に落ちてしまい(←だんな様の)、作業中断。
だんな様は冷静に分析して、修復、事なきを得ました(苦笑)

いや~、久しぶりのトラブルに、参った、参った。

だんな様やお弟子さんを含め、感情のエネルギーの大きい人達は、
よくこうして、「電気系統」の故障をひき起きすことがあります。

・・・って他人事のように言っていますが、ずっと以前、
財布の中のカードの磁気を次々にぶっ壊していたのは、
何を隠そう、私。
財布を変えてから、そんなことはなくなったので、
私的には、財布のせいだったことになっていますが(爆笑)

感情のエネルギーは、電気に性質が似ているので、
こんなことは、起こって欲しくなくても良く起こることでもあります。
同じエネルギーで、直せるか、というと、これは無理(アハハ)
ただし、どうにか、壊れたものをできるだけ早く直す手立てを
考えつくアイディアは、冷静になれば、あちこちから降ってきます。

それがわかった私が現実的に取っている対処法は、
「ものは壊れるものだ」という前提で、セーフティーネットを張っておくこと。
機械など、調子が悪くなったら、ある程度時間を置いて、
もう一度試し、ダメなら、買い替え時だったと、さっさと次を探すこと。
なんで~~!など、ますます感情的なると、他の手を考え付き
にくくなるのと、壊れたもの以外のものが次々壊れ始めるってことも(ひえ~~)

後で、冷静になって考えると、ああ、買い替え時だった・・・
と思えることも少なくありません。
結局のところ、作業効率が格段に上がり、ストレスも軽減。
「ダメにしてしまったものやこと」より、
「自分が作り出せるものやこと」が多ければ、
やがては、一時的なマイナスも、補てんできるでしょうし、
世の中の進歩についていけるようにもなります。

・・・ってのを一番感じるのは、それこそ「機械」
PCやスマホは、頑張って使いすぎると、
新しい機種を使いこなせないほど、自分の感覚が錆びちゃってる
こともありますし、逆に、どんどん新しいものが出てきて、
その度に買い替えていたら、あらら・・・ってこともありますし。

どちらにしても、エネルギーの活用、節約、
なんて言葉、よく耳にしますが、
ただ、使わない、節約する、のが、本当に節約になっているのか、
を検証する必要は時にあるのかもしれませんね。

ただ・・・むやみに、ものが壊れてしまうのは・・・
どう、計算しても、生産的ではない、でしょう・・・(苦笑)

IMG_0625
IMG_0625 posted by (C)kumisensei

そういえば・・・私、デジカメ、よく壊します。
でもよく考えると、どれだけ使っているかを考えると、
当然の壊れ方なのかもしれませんね。
そして、買い替えるたびに、各段に性能が上がってます。
問題は、その性能向上がどのくらい、自分にとって役に立つか・・・でしょうね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/09(Sat)

【だんな様は霊能力者】 思考を止めて 

小さいころから身に着けてきた、自分の癖のついた「思考回路」
いや~、しっかり沁み込んでいますから、なかなか止めるのは難しい。

それこそ、「考えている場合じゃなぁ~~~い」という、
緊急事態に一旦止まるかも?ぐらいでしょうか。

そして、その時にこそ、その時点での自分の力が試さるぅ~~。
と思うことがあります。

霊能者など、魂が持っている「思考」が、浮かんできやすい人は、
時に、「教育で身についた自分の思考回路」と
「魂が知っている思考回路」が、ぶつかりあって、ショートすることも。

さて、さて、どこを落としどころにするのか?
まあ、魂の声ばかり聴いても、この世で行きにくいことばかり。
何しろ、魂にとっても、現世は、初めてな世界。
現世の知識だけで突っ走ろうとすると、今度は魂が悲鳴を上げることも。

どっちの声も、大事にするには?
きっと、どちらかを選ぶ、という思考回路自体が問題だったりして。

心や魂が持っている「こだわり」が、今の自分に取って
必要なのか、そうでないのかは、その時、その時の
時と場合によって変わりますしね。

この落としどころ、を見つけるまで、諦めないで
探り続ける思考回路だけは、持ち続けたいものですね。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/08(Fri)

【だんな様は霊能力者】 物事の筋道 

固いこと、と思われがちですが、物事の筋道。
確かに、ど~~でも良いことと、そうじゃなきゃいけないこと、
ってあります、あります。

でもって、物事の筋道に一番厳しいのが、「神」
ただし、人間が思う「物事」の範疇と神の思うそれとは
視点が異なる部分も多かったりするんでしょうけど。

物事を通そうと思えば、しかるべき筋にしかるべき時、
しかるべき人物、しかるべきものを準備し、しかるべきタイミングで
しかるべき・・・とまあ、このあたりは、
もし、ちょっとしたお願いごとなら、自分でやった方が早いかも?
ぐらい、詳細かつ緻密、が求められるそうで。

その点、仏さまとなると、もう少し人間に近い存在なので、
それこそもう少し、人間の都合を考えてもらえるかな~~(期待)
ぐらいな感じ。

神社仏閣、お参りに行くのがブームとなっている昨今。
行けば、パワーがもらえる、って確かにそういう部分もあるんでしょうけど、

「ミラクル、みたいなことは、そんなに何度も起こらないよ」

神や仏を味方に付けて生きようとすれば、そこには確固たる筋道が
求められるようになってきます。
まあ、いわゆる、ファッション感覚では済まない部分が出てくる、
ということでしょうね。

おっと、だから、やめとこ!と思うのも自分の次第です、と付け加えておきましょう(笑)

新年の祈願会でも、この話題、でましたね~。
昨日の伝授でも。

自分とのご縁のある「神様」や「仏様」を探し求めることは、
とても素敵なこと。
探し求めて、探し求めて、あちこちに足を運ぶのも素敵なこと。
だけど、そろそろ、ひとつに決めようよ!
そんなご神託を受けた方が少なくありませんでした。

自分が自分で「ご縁がある」と感じる感覚は、とても大事で、
そこを入口にして、ご縁をつなげていく、そのプロセス。
どんどん先があるはずですから、そろそろ中にお入りなさい、
というお誘いでもあるのでしょうね(ありがたい)

ま、そのお誘いを受けるも、受けないも、
まだまだ探すぞ~と思う感覚も、人それぞれのタイミングですから、
遅い、早いはありませんが、あまりに沢山の情報がありすぎると、
混乱してしまうのは、何を隠そう自分自身だったり。

そろそろ中にお入りなさい、と言われるまでには、
ある程度の「筋道」を知っている、自然にできる、
そんな姿勢が問われたりしますが、それでも筋道を違えたからと、
良く言われるような「天罰」みたいなものがすなわち下る、
な~んてことは、余程でない限り、ないそうです。

「ただし、相手にはされないだろうね」

物事の筋道は、「作法」ではなく、「心」の中にある。
「作法」は、目に見えない「心」の状態を映し出すためのもの、
だったりしますから、形だけ、でもなかなか先に進めないもの。
とはいえ、神様や仏様、好きなら好きで、本気になってみよう!
って言う時期が来たら、自然と筋道が視えて来たり、
筋道を頑なに守るだけ、でもダメだってことがわかったり。
まあ、それこそ、そこから先もいろんな筋道があるのでしょう。

神仏に相手してもらうためには、最低限の筋道がある。
それは、どこにどうお参りするか、どんな気持ちで、
神仏の前に立つか、自分の心と向き合うことでもあるんでしょうね。
難しそう・・・でも、意外と、シンプルなことなのかもしれません。

CIMG7193
参っている人は沢山・・・。
伊勢神宮はいつでも大人気です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/06(Wed)

【だんな様は霊能力者】 いやはや、被りは落としてみないとわからない 

いや~、年末年始、バタバタとしていたこともあり、
じっくり、静かな時間がないと、戻れないフラットな心の状態ってあります。

その上、どこで被ったかわかりませんが、体に残っている
被りがあると、フラットな心の状態になっても、
なかなか体調が戻りにくかったりします。
むくんでしまったり、妙に眠かったり、熱が出たような状態になったり。

今日も道場に行く前、多分、空港でもすこし被ったかな??
と思ったぐらいで、とにかく、時間に間に合うよう、稽古に行くことに
集中していましたから、気が付きませんでしたが、
あらま~~、どこで被っていたのかしら?と、驚くほど。

もちろん、ガッツリ被った瞬間にどんと来て、しっかりわかる時もありますが、
少しずつ、何となく、どこからともなく、溜まった被りは
ある意味一番厄介。
自分でも気が付かない間に、しっかり自分の中にくっついてしまってます(涙)

しっかり、空手で汗を絞り出して、初めて、あら~こんなに被っていたのね~と実感。
もちろん、筋肉痛やその他のちょっとした痛みと交換ですが(笑)
気分が悪かったり、体調が悪かったり、そんな日々を過ごすぐらいなら、
同じ痛みなら、心がスッキリしていた方がずっとイイ!と、私は思ってます。

そう言えば、もう一つのブログにも書きましたが、
用事があって出かけた羽田空港。
リムジンバスが通る道も変わっていたなら、
搭乗手続きのカウンターが完全自動化されていて、
手荷物さえ機械で自分でチェックインするようになってた!(驚)

「これは、こうする」という固定観念が、逆にスムーズさを
邪魔する時代になったんだね~と、だんな様と話をしていましたが、
被った心は、何しろ「固まっている」ことが多いので、
変化に弱い、というか、いちいち腹が立つ!ということになりがち。
きっと、とっても、生きて行きにくい時代になる・・・のでしょうね。
柔軟に、柔軟に。
頑張って、変化にも付いていきたいものです。

IMG_0613
IMG_0613 posted by (C)kumisensei

都庁の建物越しに見える青空は、今のところ変化なし!のようです(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー

だんな様は霊能力者

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  01:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/05(Tue)

【だんな様は霊能力者】 期限切れのお守りは? 

今日は、一日、2016年の新年祈願を込めた、
お守りストラップの発送準備に専念。

自分でもストラップ、携帯電話に付けていますが、
外している間、何となくスカスカしてましたから、
きっと、皆さんもそうじゃないかと、できるだけ早くお届けしたく。

ひとつ、ひとつ、ご依頼の方に合わせて、石を選び、
今年の干支、申のチャームに付け直して、
祈願を込めて、発送準備。
数年間、同じストラップを再生しながらお使いいただいている方もあり、
とても大事に、大事にお使いいただいているのが伝わってきて、
ありがたいな~と、思います。

最近のパワースポットの流行もあって、
いろんな場所で、いろんなお守り、ついつい買い求め、
気が付くと、おお!こんなに沢山!!!という方もあると思いますが、
お守りの有効期限は、原則的に、一年ほどしか持ちません。
何より、自分自身も変化するわけで。

というわけで、もはや受け付け終了していることもあるかもしれませんが、
古くなって期限が切れたと思われるお守りは、
初詣に出かけた時に、古いお札を納める場所に、一緒に・・・
というのが一般的です。
最近は、ある一定期間のみ、古いお札などを納める場所が
作られていることも多いので、初詣の際には、
古いお札と、新しいお札を、交換する・・・
(その際に、お守り類もお返しする)という意識でいると、
ちゃんと整理できると思います。

神様や仏様との付き合いは、人間関係とも通じるところがあり、
あれも、これも、あそこも、ここも、
という気持ちはわかりますが、あまりに浮気性では、
そんな「お付き合い」になるだけだったりします。

今年は年初から、「本当にご縁のある神仏」とのご縁を
しっかり結びましょう・・・という、メッセージをもらった人が多かったようです。
どんな神仏とのご縁も、行きつくところは同じでも、
自分にとって、もっとも自然でわかりやすい、なじみやすい道筋。
それを見つけ出していくのも、立派な修行ですよね。

IMG_0606
IMG_0606 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/04(Mon)

【だんな様は霊能力者】 新年祈願会 3日 

年末年始からの新年祈願会に引き続き、今日もまた、祈願会を。
3日の祈願会には恒例の「花びら餅」を2日に買いに出かけて、みなさんで。

IMG_0598IMG_0599






右側の写真は、お土産にお持ちいただいた、チロルチョコの宝船。
沢山、積み上げたチョコがなんとも「宝船」チックな雰囲気(笑)
いつもこうして、色々な珍しいもの、面白いものをお持ちくださって、
盛り上がります。(って、メインは別ですが)

そうそう、メインは、みなさんからの祈願。
今年も慌ただしい一年になりそうですが、
自分のペースを乱さずに、慌てず、しっかり決断すべし!
というのが、お言葉でした。

お送りいただいたストラップ、もちろん新しくお作りしたものも含めて、
2度浄化、パワーを入れ、順次、発送準備に入りますので、
もう少しお待ちいただければと思います。

確かに何かとあわただしい年末年始。
自分自身のブログも滞りがちですが、
早くいつものペースに戻れるようにしたいと思います。
まあ、日常、同じことが続くと、退屈に感じることもあり、
年末年始のようにイベント続きだと、あわただしくて・・・
と、心は自分の勝手で思いを作り出すものですね(笑)

自分の思い通りに、自分が思ったように人生を切り開く、
というのも大きな目標ですが、お~とその前に、
自分の思いとやら、もう一度、確認しておく必要もありそうです(苦笑)
仕事が繁栄しますように、と願っておきながら、
あ、でも忙しいのは困ります、なんていうのは、
不可能と言わないまでも、ちょっと実現が困難かも?
自分の心を整えること、そこから次に進む方が無難のようです(笑)

私個人としては、目の前に落ちてきた課題や挑戦は、
どこかで自分が心に思い描いたものか、
それとも、偶然か、
それとも、与えられた試練っぽいものか、
どちらにしても、自分にとって必要だと思ったら、
ガッツリ、取り組んでいきたいと思います!

IMG_0603
IMG_0603 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  10:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.01/02(Sat)

【だんな様は霊能力者】 新年祈願会 

皆さんの中には、初詣にでかけられる方も多いと思いますが、
我が家は、みなさんがいらっしゃって、年の明ける時間ちょうどに、
祈願会を始めます。

今年も寒い中、多くのみなさんにお集まりいただき、
また、残念ながらいらっしゃれなかった方々の祈願用紙も
いちまい、いちまい、丁寧に読み上げさせていただきました。
IMG_0529.jpg

これまでに溜まった穢れをしっかり祓い、新年に向けて
新たな気持ちで始めることができる機会はとてもありがたいものですね。
ぐっと気持ちが引き締まります。

ちょうど一年前になりますが、昨年一年間、どんな年になるだろう?
と、考えた時のことを思い出していました。
その時、感じたとおりのこともあり、
まったく想定外のこともあり(笑)

昨年は、ありがたくも、それまでとは違った意味でとても
忙しかったような気がします。
その前の年は、自分の仕事が忙しく、
昨年は、30周年のパーティーで多くのみなさんと一緒にお祝い、
伊勢神宮にもでかけました。
さて、今年は・・・って、やっぱりその延長線上。

なんとなく、小さな小さなさわさわしたものが多くなりそうな
感じがしますが、そこも自分次第。
しっかり、自分を保って、自分らしく進めればな・・・と思います。

今年は、自分自身も、それから周りを見ていても、
アクティブに動く時、と、静かに心落ち着かせる時、の
両方をしっかり持てるように、自分で自分の時間をコントロールする
ことが、より一層、大事になってきそうですね。

日常は、エネルギーの元ですから、アクティブに、
やるしかないことは、やるしかない、そんな場面も多いでしょう。
同時に、祭壇や、静かな場所で、それこそ心静かに、
フラットな状態に戻る時間を大事にしながら、
本当の意味で、時間やチャンスを大切にしていくことが、
自分らしくあるために、必要不可欠だと感じます。

不安や恐怖、というのは、簡単にはぬぐいされないものですが、
それで動いたり、感じたりすると、必要以上に
自分で自分の中にあるものを大きく膨らませてしまうもの。

必要なものは、すべて目の前にある、のですから。
これから必要なもの、は、だんだんと引き寄せていけばいいのですから。

・・・と、自分に言い聞かせ乍ら、新しいことにもチャレンジしていきたいと
思っています。
変化を恐れることは、結局は、周りは常に変化しているのですから、
あ~~安心!とならないのが難しいところ(苦笑)
かといって、そんな心でむやみにあちこち手をつけても、
結局は、「形」になりにくかったりと、これまたバランスの問題。

すべてのもの、こと、に乗っかっている「意識」
乗っける「意識」も、ちゃあ~~んと意識していきたいですね。

今年も、面白いこと、楽しいこと、いっぱい、経験できるよう、
ここは・・・攻めていく所存です(あはは)

今年もよろしくお願いします。
IMG_0532-1
IMG_0532-1 posted by (C)kumisensei

新年の花の向こうの「吉祥絵」は、まだ未年のまま。
申年の「吉祥絵」はこれから張り替えます。。。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
EDIT  |  02:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |