2016.02/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 変わる、変わる、時代は変わる 

いつものように、いつものページを開けて、ブログを書こうとしたら、
あらまログインできない!(涙)
やっとのことで、ログインしましたが、何がおかしかったのかわからずじまい。
もし、ブログがアップされていなかったら、ブログ難民になっていると思ってください。

いやいや、何でもそうですが、ちょっと時間が経つと、
いろんな変化が起こります。
数年前にヒースロー空港に行ったときは、オリンピック後初めて。
あらら~、見慣れた風景とまったく違っていて、
その上、国際線から国内線への乗り継ぎをしようとしていたので、
思い切り迷子になりました。
先日は、母のお供で、羽田空港に行こうとしたら、
リムジンバスの路線が変わっていました。
荷物の預け入れなど、DIY(自分でやってね)という形式に。

確定申告のフォームも昨年の反省を活かして、
ばっちり予習したつもりでしたが、これまた細かな変化が・・。

世の中の変化が早いということは、きっと、あの世の変化も
起こっているということでしょう。
これは変わらず言われていることですが、
「上(天)がある如く、下(地)があり、下(地)がある如く、上(天)がある」
ということになれば、バージョンアップは、あちこちで起こっているということに。

神仏との付き合い方、接し方も、これからまだまだ変化していくのでしょう。
せいぜい「霊界通信」でも目を通して、変化についていくことに勤めます(笑)

自分にとって「ここは変えない」と、大事に守っていく部分と、
ま~どうでもいいや、と思えることや、
変化についていくしかないシステムの部分。
ちゃんと、区別していく「こだわり」も大事かもしれませんね。
世の中の変化の速さは、ま~、ついて行かないと、
生きていけない!ぐらいの圧で迫ってくるように感じるものですが、
よく、よく、考えると、まったく変わっていない筋というのもあって、
変化は単なる表面的なものだけだった・・・ってことも多々ありますものね。

そして、自分が大事にしていることを、安定して何かを成し遂げることは、
変化するのと同じぐらい、いや、それ以上の進歩をもたらすこともあります。
毎月、変わらず通ってこられている人達の変化を見ていても
それは明らかなのです。
自分という軸を大事に、変化についていく。
むむ、生きて行くのは、やはり、ちょっと難しい側面があるんですね(苦笑)

IMG_0853
IMG_0853 posted by (C)kumisensei
毎日、変わらないように沈んでいく太陽もその位置をわずかに変え、
そして、次の年には、また同じような場所に沈みます。
変化と変化しない場所の組み合わせ、なんですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 氏神様 

自分で住む場所を買ったり、借りたりしていると、
なんとはなしに、自分はそこに住んで当然という気持ちになります。

春になると、新たな土地に移り住むことも多いですが、
そもそも、「土地」って誰のもの?ということになると、
お金を払ったから、自分のもの、ということでもなく・・・。
もちろん、社会システム上、その権利は認められているのですが。

だから、その土地をむか~~しから、治めている大元、
氏神様にご挨拶に行くのは、基本だとだんな様は言います。

「お世話になっている、一番、大元に会いに行って、
嫌われる人はいないだろうしね」

よく、新たに建物を建てたりする時にお祓いをしている場面、
今では、見かけることも少なくなってしまいましたが、
土地や家のお祓いをするときに、一番につなぐのは、
その土地の氏神様なのです。
使用許可は、自治体だけじゃなく、その土地の氏神様にももらいましょう、
といったところでしょうか。

自分が住んでいる場所の氏神様がわからないという人も少なくありませんが、
昔から住んでいる近所の人や、不動産などに聞くと、
必ずわかるはずです。

氏神様もそうやって、人との関係を結ぶことで、
土地を治める仕事がきちんとできるわけですから、
土地の勢いのある場所では、神社や氏子主催の「御祭」が盛んです。

我が家のあたりも数年前、ちょっと街に元気がなかったころは、
お祭りも途絶えていたか、小規模だったか、あまり気が付くことがありませんでしたが、
このところ、氏神様も元気なら、お祭りも盛大に行われるようになりました。
車両交通止めまでして、お神輿が練り歩くようになったのもここ数年のこと。

氏神様とそこに住む人間。
これまた共同作業で、土地の勢いを生み出すんですね。

4月に新たな土地に住み始めるという方も少なくないと思いますが、
まずは、氏神様へのご挨拶、お忘れなく!










祭りの際には、この通りは駅からずっと『車両交通止」で、
お神輿が練り歩きます!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 心配だけど・・・祈るしかないとき 

今年も年明けから、だんな様ももとには、
受験や手術の御祈願の依頼がたくさん舞い込み、
そして、嬉しい報告を共有できると、
いや~、ほ~んと良かった、良かったと心から思います。

人生の中では、どうなるか、心配、心配。
だけど、祈るしかないときって局面が訪れます。

手術や受験、自分のこともそうですが、身近な誰かが、
そうした局面に立った時、あれこれ心配ですよね。

ところが、自分がその立場にたったらわかりますが、
ありがたくとも、大丈夫?ほら大丈夫?と繰り返されると、
う~ん、応援されているのやら、何やら。
とはいえ、根拠なく、あなたなら大丈夫、な~んて言われても、
今度は自分が不安になったりします(苦笑)

相手のことを心から思って、でも心配。
落ち着かないのはわかりますが、だからこそ・・・
「その日」がやってくるまで、待つしかないことに対しては、
やることをやって、後は祈る!ことに決めています。

人の人生は、その局面を乗り越えてもその先がある。
心配で心配で仕方がない時って、ココさえ過ぎれば・・・
と思いがちですが、手術など順調に終わることはもちろん、
その後の回復まで。
受験だったら、希望の学校に入って終わりではなく、
その学校に入って良かった、と楽しく通えるところに。

心配する、祈る、どちらも相手を思ってのことですが、
そこに込める思いの方向も大事ですよね。
だんな様の御祈願を見ていて思うのは、
「通過点」として、スムーズな流れを作り出すこと。

その他、なかなか動かなかった不動産(漢字のとおりですね・笑)が
ご縁のある方との出会いで、動きだしたり、
できる工夫はすべてやっているのに、なかなか人が入らない
賃貸に人を呼び込む祈願など、種類は多岐にわたります。

御祈願は、人間と神仏、そして祈る人の共同作業ってところでしょうか。
どちらにしても、心配し続けるより、人事を尽くして天命を待つ
潔さが、運も味方に付ける生き方につながると思います。

IMG_0843
IMG_0843 posted by (C)kumisensei
水たまりに写った太陽。
さて、これが太陽をダイレクトに写した写真じゃないと、どうやったらわかるんだろう・・・


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 卒業の時期 

学校に通っているとやってくる「卒業」
そろそろ、小中学校も、高校も大学も、そんな時期。

あまり昔のことは振り返らないタイプなのですが、
大学を卒業するとき、3月25日に赴任地が決まり、
卒業と引っ越しと、赴任地への挨拶と、一気にやらなきゃいけない
スピード感に、「社会は厳しい!」と思いましたが、
実際、その通りでした(爆笑)

当然ですが、大人になると、卒業は自分でやらなくてはなりません。
いろんな変化、自分で決心して進むときもあれば、
決心せざるを得ない状況になってその道を進むこともあるでしょう。

霊能者など感覚の鋭い人の場合、
ある時期になると、急に魂の声が大きくなるってのも少なくなく、
まあ、いいか!と、卒業せずに現状維持がどうしてもできない時期が
やってくることがあるようです。

どんな場所もいざ卒業となると、まるでとっても楽しいことばかりだったような、
幻想にも近い(笑)感じがするものですよね。
そして、進んだ先には、これまた進んでしかわからなかった
予想外が必ず待ち受けていて、すると、その幻想が華々しく蘇ったり(あはは)
もう、そんな場所はないと分かっていても、
そこに戻れば、また同じような時間が過ごせると思ってしまうものです。

「時は、時に残酷で、時に優しい」
と、だんな様がいうように
忘れたくないことを流すのも時間なら、忘れたいことを流してくれるのも時間。

あちこちに花が咲き誇るこの時期になると、
卒業を控えた人達が多くなるせいか、
春を待ち遠しいという気持ちと一緒に
どこかふわふわして落ち着かない空気も流れ始めます。
まあ、それを象徴するかのように、桜まで、ず~っと咲くのを待って、
あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまうので、
余計に「時の流れ」を実感する時期でもあるのでしょうね。

年を重ねると、自分が何かから卒業するってこと自体を
忘れてしまいそうになりますが、それでも時は流れているわけで。
ま、気が付いたらいつまでも、小学校に通っていた・・・
ってことにならないよう、小さな、小さな卒業、
次へのステップ、何歳になっても踏んでいきたいな~と思います。



お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/23(Tue)

【だんな様は霊能力者】 自分を偽らない生き方 

昨日のブログにコメントをいただきました。
そうなんですよね・・・自分を偽らない生き方。
とても大事なことなのに、いざそうしようとすると、
結構、あっちこっちとぶつかることが多いものです(苦笑)

特に、魂の出どころ、と、肉体の出どころ、とは違いますものね。
子供のころから囲まれて育った家族や友人と、
自分が異なっているという感覚は、
ずっとどこかで違和感を持ちながらも、
なかなか素直に認められない自分がいたりします。

誰でも、きっとひとり、だと思うのは、余程のことがない限り、
認められないものだったりしますが、
逆に、認めざるを得ないような時期というのも、
人生の中でやって来るものです。
認めてしまうと、孤独なんじゃなくて、
ひとり一人違っていて、それで一つ、みたいな感覚に
なれるのでしょうけど、そこまでの道のりが長いこと、長いこと。

先日、翻訳した本の中には、自分のソールファミリーと、
今生きている家族とは異なる、と語った本もあれば、
何度も生まれ変わる間に、同じソールファミリーが
役割を変えて、お互いいろんなことを社会の中で学ぶ
というのもあり、この環境も、人それぞれなのでしょう。

孤独にならないためには、きっと表面の寂しさを埋め合わせるような付き合いではなく、
心の底から信頼できる相手にであうこと。
ん~、宝くじに当選するより難しそうですね。

でも、きっと自分を偽らずに生きていれば、
そんな人達との出会いもいつか自然に生まれる。

「新しい出会いは、まずは縁切りから始まるんだ」
縁結びの神様、仏様は、縁切りもお得意だそうで(苦笑)

初めてそれを聞いた時には、ええっ!と思いましたが、
今は、納得、納得です。

IMG_0837
IMG_0837 posted by (C)kumisensei
久しぶりに「龍」がたくさん、登場してくれた空の写真。
昨日の夕暮れの写真です。

あ、そう言えばもう一枚。
IMG_0828
IMG_0828 posted by (C)kumisensei
まるで梅の樹の向こうに、誰か立っているような写真ですが、
これは、まったくの偶然。そう見えるだけ、だそうです。
雰囲気ですぎです!!(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  05:24 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 頑張りすぎ 

気が付くと、ちょっと頑張りすぎていたようで(苦笑)
まるごと感覚人間、というわけではないはずの私ですが、
思い立つとやらずにはいられない性格は、
感覚人間の人達と共通するところがあり、
でもって、気が付くと、頑張りすぎて、エナジーゼロってこと、
あります、あります。

体は空手で鍛えてもらってますから、ある程度はOK。
でも心が疲れていることには、自分ではなかなか気が付かないもの。

珍しく、なんに対してもやる気が起こらず、
やり始めても、5分と集中力が持たない・・・という(苦笑)
っと、気が付いてはいても、何とかやり過ごせてしまうと、
心の状態って、無視してしまいがちなものです。

どんなこともワクワクしながらやらないと、
同じことをやるにしても、結果は全く違ったものになる。
そんな場面を沢山、目にしてきたので、
こんな時は、無理をしないで、楽しめる心の状態づくりが最優先!

心が解放されていないと、楽しいはずのことも楽しめず、
楽しくないことは、ますます楽しくなくなるというスパイラルに陥らないよう、
日頃からお互い気を付けたいものですね。

携帯の充電もゼロになると、充電時間がかかるのと同じで、
ゼロになるまで頑張るのは、あまり賢いことではないのですが、
まあ、「車は急に止まれない」的に頑張ってしまう人達に、
止まりなさぁ~~~いといっても、無理無理(←含、私)

ここは一旦、ゆ~っくりお休みしましょ。
春が本格的に来たら、また全力で走りだせるように。

IMG_0825
IMG_0825 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 今になってわかること 

昔から、気が付いていたことですが、職場などで、
急に人間関係がうまく行かない経験が一度ならずあります。
誰しもそんな経験、有るのでしょうけど、考えても考えても理由が
その時はわかりませんでした。

ある職場でも「自分は君を育ててあげているんだ」的な感じで、
解答がすべてある問題集、生徒の宿題だったのですが、
教師として新人だった私に、一冊まるごと「解答」を作ってきてください、
みたいなことがあったりして(苦笑)
おお!大変だ~~と思いながらも、仕上げましたが、
こんなことは、これだけじゃなく、今でいえば、「いじめ」とも
取れるようなことが、沢山ありました。
もちろん、問題集を解いたことで勉強にもなりましたが、
う~ん、私は受験生でもないし、解答に詳しい解説を付けてきてください、
っていう指示だったら、その人、もう少しまともだったと思いますが(あはは)

後で、聞いたところによると、どうやらその先生は、
私が卒業した大学に本当はとても行きたかったらしく・・・
それでか・・・と納得した部分もありますが、
いまだに、その心境は理解できないです。

ただね・・・こんな風に、勝手にコンプレックスを持つ人って、
どこにでもいるので、困ったものです(涙)
その場面、その場面では、どうして?と思うような小さなことが
積み重なっていきますが、最後は、そのどうして?をも
切り捨てて、自分の目の前にあるやらなきゃいけないことに集中。
どうシンプルに、どう楽しくやるか、に切り替えてきたように思います。

実は、霊能力者などといった人の中には、
どうも相手のコンプレックスを引きだしてしまう化学反応を起こしてしまいやすい
側面があるようです。
仮説ですが、魂のエネルギーが強い人は、人から命令されて、
たとえ素直にそれに従っても、表面上だけだ、と相手に伝わってしまうようで。
人間の感覚とは思っているより鋭いもので、
自分の言う通りに行かない相手には、
必要以上に言うことを聞かせたくなるものですものね。

実力もさながら、感覚のある人は、相手が求める仕事のアウトプットが、
言われたことを言われただけやる人より、すぐれていることも少なくなく、
それがまた、コンプレックスの強い人の感覚を刺激する・・・
な~んてサイクルが繰り返されたりすることもあります。

何も、感覚の鋭い人がすぐれていると言っているのではなく、
感覚があっても、なくても、仕事ができる人はできるわけで、
直接的な関係はありません。
ただし、仕事のできる人は、ある種の感覚が磨かれて行くもの確か、

やがて「自分流」を作り出すのがうまくなって行くともいえるのでしょうけど、
霊能力者などの場合、自分が心から従う人間を選ぶことが多いので、
組織など人がたくさんいる場面では、どうしても自分が生きにくい
事件が起こりやすかったりするというだけのこと。

何があっても、惑わされずに、自分のやるべきことを、
自分が楽しくなるように工夫して続けていれば、
気が付くと、あれこれ気になっていた人は居なくなることが多いです。
自分の仕事の評価って、確かに周りからの評価は参考にできますが、
最後は、自分の中に残った、自分自身への評価だけが、
自分の糧になるものです。
一時的なこと、表面上起こったことで、あたふたしない精神状態を
練り上げるための訓練と思って、淡々と進むことにしましょう!!!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2016.02/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 流れるスピード 

私といえば、皆さんもご存知かと思いますが、
結構、強引な方なので、何でも、が~~っと力任せに進めたくなります。

霊能者って、せっかちなのよね~~

なんて、言葉、よくココでも耳にしますが(実際、そうです→断言)
とても人のことは言えません(苦笑)

だけど、やっぱり物事には「流れ」というのがあって、
その流れの流れるスピードは、一定ではないんですよね。
川の水が流れるにしても、速い部分もあれば、そうでない部分もあり。
その絶妙さが、自然の壮大さにつながっていたりします。

例えば、先祖の供養にしてもしかり。
が~~っとやってしまば、ハイ、終わり!
そんなものではないし、始めてみればわかりますが、
とても、とても、が~~っとなんて進みません。
ハイ、次!と思えるほど簡単に終わるものでないところが、
これまた途中で、色々考えたり、工夫したり、
それこそ、先祖に思いを馳せたり、
そんな中で、自分の中に流れる血を客観的に、冷静に、
切り離して見ることのできる自分を作り出せたりします。
時間をかける、時間という横軸が素敵なタペストリーに
出来上がって行く、そんな人生も乙なもの。

それこそ、力任せにが~~っと生きて、が~っと旅立っても
ほとんど得るものがなかった(そんなことは、まずありませんが)
としか自分で思えなかったら、残念なことにもなりますもの。

冬は表面に流れるいろんなことのスピードは、
まるで止まっているかのように見える時期でもあります。
でも、じっくり力を付けるというプロセスがちゃんとあって、
そこで付けた力が、春になって流れ出すのですから、
まあ、もう少しは、じっくり力を溜めて置こう・・・
な~んって、ひとりで考えてます。

どちらにしても、春になると、否が応でも動かなくてはならないイベントが
待ち受けています(←ほとんど、自分で企画していたりするから、困ったモノで・笑)

じっくり行くときは、じっくり行きましょ~~~!!!

IMG_0815
IMG_0815 posted by (C)kumisensei
いつもと同じ夕日。
だけど、心なしか、春近しな空気を感じます。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/19(Fri)

【霊能力者のおくさまブログ】 バージョンアップ 

最近のココでのトピックは、「バージョンアップ」
古きよきものをどう残しながら、どうバージョンアップしていくか。
とても難しいところですが、バージョンアップせず、
現状維持は、後退と一緒だ!
な~んて昔、誰かが言っていたのを覚えています。

その時は、いや~そんな無理してバージョンアップしなくても・・・
と思ったりしましたが、世の中のある部分が急速に発展したりすると、
やっぱりバージョンアップは求められるものだと痛感します。

バージョンアップと言っても必ずしも、進歩しているかどうかは、
後にならないとわからないものでもありますが、
それでも、流れに合わせて変化させていく部分って、必要なんですね。
自分のそれまでの習慣にこだわりすぎて、
進化もバージョンアップも拒否していたら、
周りとのコミュニケーションが取れなくなってしまうこともありますものね。

神様や仏様との付き合い方も同じで常に社会や人間に合わせて変化しています。
そういえば、ちょっと以前に翻訳した本にもそんな変化が分析されていたことを
思い出しました。
昔々は、神様や仏様、さらには精霊など、とても身近な存在であり、
人間は、自然の中にそれらを感じながら生きていた、
やがて、神や仏とアクセスできる儀式といった形式が生まれてくると、
一部の人間がその役割を担い、それにともなって権力も手に入れるようになり・・・
それでも神仏はことあるごとにお伺いを立てる身近な存在だった。
しばらくして、教会など、祈りの場所が生まれてくると、
益々、神仏と接触する人達は限られ、権力も集中するようになり、
簡単に触れたりできるものではなくなって行った。
そして、そうした人達が社会を治められるようになり
自分が直接、神仏に接しなくても生きていけるようになると、
神仏は、どこか遠くの存在でも、何かあれば、アクセスできる人達に
教えを請えば事足りるようになってきた・・・
これはあくまで、社会学的な分析であったりもするのですが、
普通に暮らせるようになっても、色々な問題は起こるわけで、
その中で、自分で自ら神や仏にアクセスし、
心の平穏を求める人たちがまた、生まれてくる・・・。

そんな社会が出来上がって行く変遷の中でも
神や仏との付き合い方は、変化を迎えるのでしょう。

自分個人として、「生きる」「生きている」ことと、向かい合う時、
神や仏とどう向き合い、どう接していくかは、
個人個人それぞれですが、自分自身も含めて、
神や仏の存在を問い続ける中で、付き合い方も変化していくものだと思います。

ど~か、運がよくなりますように!という「頼る」対象から、
さて、さて、どの方向に進むか、それとも、そこに留まるかは、
ひとり、ひとりの自由に任されていますから。
自分の心の中の「充実感」とちゃんと向き合って行けば、
きっと、どちらに進めばいいか見えてきそうな気がします。

IMG_0805
IMG_0805 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 それぞれの道 

自分がやってきたことって、時間が経ってみないと、
真価がわからないことがあります。

依頼されたものを夢中で翻訳して、出版し続けてきましたが、
時代が変わり、途中からは電子本もほぼ同時に出版されるようになりました。
それ以前の翻訳本については、少しずつさかのぼって、
残して行くだけの内容があるものだけ・・・ということだそうで。
幸いにも、関わらせていただいた本は、これからも
残してもらえるような内容のものばかりなので、
随時、電子本での出版もされていく予定です。

「昨日の新聞」という表現があるように、
一日経ったら、あまり役にたたない情報というのも
世の中には沢山ありますから、ありがたいことです。

スピリチュアルな内容の新刊といえば、まるで、まったく新しい発見
のような響きもしますが、実は、忘れ去られたものを思い出して記録する、
あるいは再評価することでもありますよね。

どんな素晴らしい教えがあっても、時代とともに人も世の中も変わり、
その中でうまく世の中に合わせてバージョンアップしてきたものだけが、
受け入れられ、受け継がれていくのですね。
ただ、そこに取りこぼしがないか、目先のことにとらわれて、
全体が視えなくなっていないか、という別の視点を与えてくれるような本。
そんな本は、知る人ぞ知る本として、ちゃあんと生き残っているんですね。

そんな視点で、自分が翻訳してきた本たちを見直してみると、
世の中で受け入れられるもの=売れた冊数
と、内容の濃さ、真価はなかなか一致しないものだな~
と振り返ってしまいました(苦笑)

まあ、自分のブログを読み直したり、編集したりしていたら、
今度は、翻訳本の復習ときた!
どうやら、いったん、立ち止って、「これまでの復習とまとめ」をする時期のようです。

IMGP4827
IMGP4827 posted by (C)kumisensei
(この前、話題になった、三輪神社付近で出合った「鳳凰」の写真、
載せておきます)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



EDIT  |  04:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 神様のご縁日 

今日15日は、神様のご縁日。
ということで、内弟子さんも3人、お仕事の合間を縫って、
その他、遠方からも、最近こちらに越してきたひとやら、
お仕事を午前中で済ませて駆けつけた人やらで、
みんなで、神様のご縁日。

ご縁日と言っても、神様との「ご対面」の仕方は、
毎回、異なりますが、今日は、「祓い」「浄化」の要素が
とても強かったように感じました。
参加した人も多かったのですが、参加してもらった神様も
日本の神様に限らず、国際色豊かな感じでした。
(この辺りは、来られた方々のご縁にも左右されることが多いです)

西洋の女神にご縁のある方、中国の神仙界にご縁のあった方、
などなど、神様との付き合い方や、距離感は人それぞれですし、
この世で生きている側の要求というか都合にもよります。

あ、それに本当は、ご縁日に来たかったのに、
来れなかった方の「魂参加」も濃い濃いに感じました。
気になってもお仕事の都合なら、仕方がありませんよね。

今日は、護身法の補講もさせていただきましたが、
とても熱心に毎日なさっている様子が伝わってきましたが、
どうしても、遠方で頻繁に通ってこられない方は、
護身法が小さくなってしまう傾向にあるようです。
しっかり、綺麗に、出来上がっていましたが、
さらに、バージョンアップするには、気の量を増やし、
そのために周りから気を集めて体の中に取りこみ
そして何より、視線を上に、大きく広げる意識を保つことが大事だと面ます。

どうしても、日常の細かいことに気を取られていると、そうなってしまいますし、
天ばかり気にしていると、地から浮いてしまいます。
そのあたりのバランスを取っていくと
きっとダイナミックな護身法が出来上がるようになると思います。

お互い、ダイナミックさを忘れずに進んでいきたいですね!










もう少しダイナミックに作る予定だった、お菓子の家。
いや、ダイナミックになりすぎて、お菓子だらけになっても困るので、
この辺りが妥当かと・・・。
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  04:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 想像力、創造力 

昨日はブログもお休みして、はまっていた、お菓子の家。









後少し、というところで、つなぎのチョコが足りなさそうだったので、中断。
ここまでは、ほぼ、「作り方」通りに作りました。
何事も自分の感覚で作ってしまうと、後の帳尻が合わないことも多いので。
で、ここから、工夫も兼ねて、庭を作って・・・とか考えていたのに、
明日はまた暑くなる予定で、冷蔵庫の中にいれるには大きすぎ。
(写真では大きさがわからないけど、結構な大きさ、あります)
いや~、想定外のことは起こるものだと思っていましたが、
2月に気温がここまで上がるとは~~~!

そもそも、お菓子の家を作っていなければ、きっとちょっと暑い日が
冬なのに数日あった、ぐらいの話。
それにお出かけした方にとっては、行楽日和だったはず。
今は、一転、気温は高いけど、春の嵐のように風雨が吹き荒れてます。

気温が下がってきたので、今が完成し時。
物事には、合わせざろう得ないタイミング、今!ってのあるんですね~。

あ!ちなみに、感覚の鋭い人は、このタイミングを本能的に知っています。
普通の必要とされる労力より、人からみれば簡単に「流れ」に乗れるから。

でも、本能的な感覚がいつもうまく行くとは限らず、
微妙にずれる時もあり、いつもはさっさと片付くので、
せっかちなことが多く、早く、早くと焦るので、
余計にタイミングが合わなくなる・・・という場面が少なくありません。
タイミングがずれると、好意でやったことも、
周りからは迷惑がられてしまったりと、なかなかストレスフル。
はやる気持ちを抑えて、一旦、立ち止るのが一番の対処法です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:52 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/13(Sat)

【だんな様は霊能力者】 お菓子の家 

作成中・・・。
チョコとクッキ―の香りで一杯。










お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 次の課題へ 

勉強も空手も修行も、一つの段階が終った途端に、
次の課題が降ってくるものなんですね。
大変だ~~~っ。

ここのところ、側で見ていても明らかにわかるほどの
変化や成長を遂げているだんな様のお弟子さんたち。
それぞれが、それぞれの課題に取り組み、
時につまずいたりしながらも、確実に進歩中です。
あ!ひとつ終わった!と思ったら、すぐに次の課題が降ってくるようで。
こう書くと、だんな様がこうしなさいと課題を与えているように
聞こえるかもしれませんが、そんなことは、ま~ありません。

これ、これ、こうしたいです。
本人のそうした希望に、じゃあ、これをやってみたら?
という具体的なことはアドバイスしますが、
あくまでも、やるのは本人だから、というのがだんな様のスタンス。
ですから、たとえ、そのアドバイス通りにやろうが、やるまいが、
完全に本人次第ということになります。

こうした様々な「課題」や「行」に、正しい間違いはないのですが、
しかるべきタイミングというのは、個人個人それそれにあって、
誰かがやって、こうなったから自分も・・・とやってみたところで、
うまく行くときもあり、結果はまったく異なったものになることもあり。
基本的にどんなものも「教え」たり「授け」たりできるのは、
形だけであり、それに臨む心は教えることができない、
見せて、見せられた方は見て、自分でやって自分のものにしていくしかないのですね。

内弟子さんを始め、ここに通っていらっしゃる方は
とても真面目で、こうしてみたら?ということは、
必ずと言っていいほど、実行されますから、凄いな~と
私の方が関心させられています。

自分なりのプロセスで、自分なりの進化を求めて進むのですから、
分析のための比較は有効ですが、
あの人にできて、自分には・・・という比較は、
やろうと思えば、無限にできはするのですが、
比較を続けている間にも貴重な時間やタイミングはすぎていってしまうってことに。

お互いの才能を認め合って、自分の行にいそしむ姿。
次の課題が降ってきても、ぎぇ~~といいつつ、どこか嬉しそうな、
どうにか工夫して、試行錯誤を繰り返している彼らの姿は、
側にいて、自分が何をすべきかがはっきりわかります。

IMG_0767
IMG_0767 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 時代が変わると、やって来るのはチャンス?ピンチ? 

いつの時代も時代は変わり続けています。
だから、ある意味、変化は当たり前のことでもあるのですね。
同じような一日が続くと、ついつい、ずっと同じ一日がまたやって来る、
その繰り返しのように思えて、自分にとって目に見える形の変化が起こると、
ちょっと驚いたり、予想外だったり、想定内だったり。

生きているとみ~んなそうですが、年を重ねます。
でもって、どんどん日が経つのが早く感じられます。
って、ことはどんどん早く過ぎるように感じる毎日で
普通に起こっている変化でも、おお!と驚いてしまう・・・ってことに。
きっと、年齢によって、同じ変化も劇的に変わったのか、
自然な流れに思えるのか、違うのかもしれませんね(苦笑)

道場で一緒に練習をさせていただいている方々は
仕事の種類もそれぞれ。
会社員、と言う方も、自営業と言ってもそれこそ様々です。
それぞれの業界で、それぞれの変化を迎えている、
そんな話を練習の後にしていましたが、
まあ、そんな変化も世の中のニュースのように、
どちらかというと不安を煽るような雰囲気で見ることもできますし、
変化を認めつつ、自分の中にうまく取り入れて行くこともできるわけで。

大きな変化を目の前にして、不安が大きくなると、
おおよそ大体の人は、どうしよう・・・と立ちすくんでしまうものです。
頭も体も固まってしまって動かなくなるものです。

そんな時、霊能者に何が視えるか、というと、
悩んでいる人、立ち止っている人の、「強み」。
つまりは得意分野です。
自分では得意と思っていないこともあるでしょう。
それでも、今までのその人の持つ経験やスキルを最大限に活かすには、
こんな方法がある、という道は必ずあるものです。

また、意外と、自分の得意技って、自覚がないんだな・・・・
というのが、私を含め最近のトピックだったりします。
確かに、あって当たり前のモノは意識しないと目に入らなかったりしますものね。
そして・・・やがては自分が不得意と思っていること、
やりたくないと思っていることに挑戦する時期もやってきます。
やり始めてみれば、さほど苦手でもなかったと気が付くこともあるでしょうし、
どうしても苦手なら、他の方法を考えるか、
克服するしかないなら、克服するしかない、きわめてシンプルな法則。

その法則を意識してから、目の前にやって来る自分にとっての挑戦、
全部、受けて立とうじゃないの!という姿勢をできるだけ、持って過ごしてます(笑)

物事に好きや嫌いはあっていいのです。
それと、する、しない、は別の問題です!!!

ピンチはチャンスという言葉がありますが、
ピンチだ!と思う時ほど、自分の力が試されていると思えたら、
きっと、どんなことも乗り越えられるでしょう。
時間が解決してくれるってのもありますしね・・・。

IMG_0780
IMG_0780 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/09(Tue)

【だんな様はメンター】 神様や仏様との付き合い方 

今日は、お釈迦様のご縁日。
忙しい中、お詣りいただき、一緒に経を唱えて、お釈迦様と・・・
と思った瞬間に、供養壇からボン!と圧がかかりました(苦笑)

お釈迦様の日は、ここでご先祖のお位牌をお預かりしているお家の
ご供養もさせていただいているので、どうやら、皆さんお待ち兼ねだったようです。
しっかり、お経をあげさせていただいたのでご安心ください。

今日は、神様にご縁の深い方も多かったのですが、
神様、と、仏様 は、人間からするとどちらも憧れたくなるような、
そして目標としたい存在ですが、その「在り方」には違いがあります。

神様にご縁の深い方は、毎日、毎週、毎月、あるいは機会があれば、
自分のご縁を感じる神社に、お詣りをして、神様からご神託を得る時間を
意識して持っている人が多いです。
まるで、突き動かされるように、行かなきゃ!と思い立つなど、
向こうから呼ばれた感覚で行く人もいますが、
それも自分の方が頼りたい気持ちが強い時も含まれていたりして、
区別がつきにくのも事実。
神様との付き合い方も、ことあるごとにじっくりコミュニケーションを取る時期もあり、
自分の力で頑張って、必要な時だけお伺いをたてるもあり、
その時々によって、ベストな付き合い方は変わります。

ご神託があったから、何が何でもそうしなければ、
と無理をすると、これまた世の中で生きていくにはちょっと無理ってこともありますし、
聞こえてくる声、感じること、など自分がつながっている相手が、
確かにその存在かどうかを確認する作業を重ねることはとても大事です。
でないと、いろんな声に、振り回されてしまって、
いったい誰が生きているのやら、わからなくなってしまうことにもなります。

神様や仏様が、人にとって「修行」を課す時、これまた人間の都合など、
まったく関係なしだったりすることもありますが、そこにはちゃんとした筋があります。
一つの筋に従って行かないと、あれだけやったのに・・・なんて、
あちこちに振り回されておしまい!なんてことも、残念ながら起こりえます。
それは、神様や仏様のメッセージが間違っていたというのではなく、
筋が通っていないことで、自分で起こしてしまっている混乱。
仏の道も入口を決めて行った方が良いということは、同じことでしょう。

感覚の鋭い人は、一度はざっくりでいいので、
神様や仏様の系図を学んでおく必要はあるかもしれません。
もちろん、学んでおしまいではなく、感じで、感じたことを生きてみて、
そしてさらに深く知って行く・・・というプロセスは、永遠。

先には、先があります。
きっと・・・お釈迦様もお釈迦様のカリキュラムで、まだ修行中だと思います!
もちろん、ず~~~っと、ず~~っと、先に進んでいらしゃるとは思いますが。

IMG_0770
IMG_0770 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:28 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 祈願 

土曜日は「節分祈願」の行事を執り行いました。










節分の祈願は、自分の一年をこう送りたいです!と宣言するようなもの。
みなさん、ココで祈願を重ねながら、「願い事」の法則を学び中。

「○○になりますように」
などというお願いごとをかける。
どうしても、それが叶うかどうか、叶ったかどうか、なんてこと、
気にならないといえばウソになりますが、
このところ、あちこちにお願いごとをしてきた人達が、
きちんと整理をする時期に入ってきたようです。

考えてみれば、神仏の世界には無限と言っていいほどですから、
人間のちょっとした願い、叶えられないはずはありません。
だからこそ、お願いごとしました→叶いました、
な~~んての繰り返していたら、あら、あら、余計に複雑なことになってしまったり。

有名になりたいです、というお願いごとをしておいて、
自由な時間、遊べる時間がたくさんありますように、
などと、別のところでお願いしたら、いったいどっちが本心なの?
という話になってしまうでしょうね(笑)

昨日も、ご神託をもらう人の中で、
「どうしたいのか?」と聞かれて、自分でこう思っているという願いを
口にした人達の中で、
「本当は、どう思っているのか。心の中に眠る本当の願いはなんだ」
と、問い返されている場面に出くわしました。

その時、その時の思付きではなく、心の底からの願い。
そうでなければ、願いが叶ったとしても、そこでおしまい。
神仏がそんな風に願いを叶えるとは・・・とても思えません。
勝手な思い付きがすべて実現していたら、この世は混乱してしまいますもの。

先日、久しぶりに「マーリン」(イギリスのテレビドラマ)のDVDを観ました。
「魔法」と聞くと、そんな力を身に着けられたらどんなに素敵かしら?
なんて思いますが、より高い目的にたどり着くために「魔法」を
どう使いこなすかということになると、そこにはかなりの忍耐力と、
知恵や先を見通す力が必要になる・・・。
現に、魔法が氾濫していたころ、世界はハッピーに包まれていたかどうか、
想像してみれば、わかることでもありますよね。

自分の思いや願いをホントの意味で実現することは、
目の前に見える自由や楽なことを実現することとは違うんだな~と思います。
「願いをかける」って、自分の本当の心を見つめ直す、のと同じ意味なのかもしれません。
自分の本当の願いが、みんな見つかりますように・・・。

IMG_0764
IMG_0764 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 霊能力者やヒーラーの条件 

今でも「霊能力者になりたい」「感覚を付けたい」「ヒーラーになりたい」
そんな志を持つ方にお会いすることがあります。

霊能力者はならされるもの、ということを書いたことがありますが、
その道しかないという状況に追い込まれる体験をした人も少なくないのでしょう。
また、霊能力者として、あるいは、ヒーラーとしての道を歩み始めても、
途中で諦めてしまう人もかなりの数に上るはず。

「癒してあげたいと思って仕事にする人は、本当は自分が癒されたいと思っているんだ」

もちろん、癒しの仕事をしていく中で、自分が癒されて行くというのもありますが、
まずは、相手がどんな心理状態であろうと、周りの空気がどんな状態であろうと、
また、自分がどんなに調子の悪い時であろうと、ある一定レベルの仕事が、
どんな瞬間でもできる、「心と体」の訓練が必要。

しっかり訓練してから始めようと思っても、いつまでもプロとしての仕事に
ならないもので、「責任」を持って仕事をして始めて感じるプレッシャーにも
耐え抜かなくてはなりません。
この部分は、どんな仕事も、同じことでしょう。
中途半端な仕事では、プロとして通用しませんものね。
プロセスを示唆するためには、自分が「完全」な人であるのに越したことはないですが、
誰でも弱点のひとつやふたつは持ち合わせているもの。
ですから、日頃から、自分が苦手にしている弱点を克服するための訓練を
重ねておく必要があります。
というのも、霊などと対峙する場合、自分が自分で知っている弱点を
しっかり相手からも見ぬかれてしまうこともあるからです。

霊能力者として、ヒーラーとしての才能がもともとある人は
確かにいますが、「体」と「心」の訓練ができていないと、
助けてあげたいと始めた仕事で、自分が体調を崩してしまい、
モチベーションが保てなくなってしまうことも少なくないのです。

「体を鍛えなさい」というのは、まずは自分に起こった少しの不調にも
振り回さえれずに、冷静に分析するために必要なこと。
そして、「心を鍛えなさい」というのは、感情的なエネルギーが大きいほど、
解決するのに必要なエネルギーがあっても、それを解決する方向に
使う冷静な判断が下せなくなってしまうこともあるからです。

そして、そうした訓練の中で、いつでも困ったら頼りにしてもらえる自分を
作り上げていく必要があるでしょう。
ちょっと逆説的ですが、相手に同情するだけでは解決できない問題も沢山あるのです。

感覚のある人は、ことの流れが垣間見えます。
ですから、目に見えないことが原因で起こっているその元が感じられたり、
はたまた、今の流れのままで進めば、こんなことが起こってしまうだろうという予測も
視えてしまうことがあります。

いつもだんな様の仕事が難しいなぁと思うのは、
目に見えないだけに、解決に向かうと、すっとまるで今までも存在していなかったかのように
思えてしまうこともあったり、
これからこうなる可能性がある、という時、警告したくても、
あくまでも予想でしかなく、その困難も本人にとっての学びの機会かもしれず、
自分が感じたものを、いつ、いかに、どんな表現で伝えていくかは、
それこそ、目の前のことだけではなく、全体の流れが視えていることが
適切なアドバイスにつながるということ。
すぐに答えが出る時もあれば、やがて答えが出てくるケースもあるということです。
ですから、相談してきた人との信頼関係が何よりのベースになります。
人間関係の中で信頼を作り上げていくには、
時間という気が遠くなるような糸を織り交ぜていかなくてはなりません。

目の前で起こっていることだけにとらわれない、心と体の状態。
常に保ち続けるのは、「なってみたいな~」ぐらいでは、厳しいな・・・
とよく思います。

IMG_0708
IMG_0708 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/05(Fri)

【だんな様は霊能力者】 霊能者が普通なわけ・・・って本当に普通かな? 

昔、昔、もっと人間が自然の中で生きていたころは、
きっと、風や雲を「感じて」これから天気が良くなるとか、
天候が崩れるとかわかっていたことでしょう。

そんな感覚、天気予報で知らせてもらえるようになった現代では、
感じる必要がないので、当然ながら鈍ってしまうってのはあるでしょう。

こんな風に、必要な分だけの情報を取り入れる訓練を
実は子供のころの教育を受けながら、マスターしていきます。
小さい時には、ひょっとしたら、あなたももっと「視えて」いたかもしれません。
でも日常で必要でないと自分が決めた情報は、シャットアウトして生きていた方が、
楽、というかスムーズな場合も多いのしょう。
ところが、シャットアウトし過ぎて、感じる感覚が鈍ってしまった状態では、
新しいものが入ってきたときに、拒否感としてしか感じられなくなってしまうことも
少なくありません。

場所が変わり、時代が変わると、価値観も当然変化していきますが、
意外と自分の持っている価値観を変えるのは至難の業。
ということ自体に、まったく異なった価値観と出会うまで気が付かないってのも、
これまたある意味厄介ですね。

そうなると、新しいことを受け入れずに、切り捨てながら、
気が付くと楽な生き方だったはずが、一人取り残されたような感じになることもあるでしょう。

霊能力者など感覚を持った人達というのは、とても「頑固」なのです。
自分が感じたもの、見たもの、を「そんなものありません」と教育されても、
ガンとして、あるものは、ある、見えるものは、みえる、と生きてきた人達なのです。

ただ、これまた自分の価値観にこだわって、新たなものを受け入れられない
という点では同じだったりします。
魂にとっても、初めての経験の連続である今を生きるには、
頑固も大事ですが、新たな風も取り入れていきたいところ。

つまりは、自分が何を大事に思って生きているのか。
それを問われる時機が、人生の中では何度か訪れます。
その時々、何を取り入れ、何を切り捨てていくかの選択は、
思っているより難しいものですが、ことは単純。
自分が好き、な方を選べばいいだけなのです。

ただし、気を付けなくてはならないことは、
他人の選択に口を出して、自分の価値観を押し付けないこと。
自分が決めた選択肢に、ああしていればと、後悔しないこと。
どの道を選んでも、あれ?と思うことは必ず起こりますもの。

霊能力者など、心や魂のエネルギーの大きい人は、
こうした「選択」を迫られる状況に直面することが多く、
(って、自分の心が作り出していることも少なくないのですが)
そのまま平穏に幸せに暮らしましたとさ、という昔話のようなエンディングとは
程遠いような変化に満ちた人生を歩んでいる人が少なくありません。

だからと言って、本人が苦労していると思っているかというと、
それはそうでもない。(これこそ、価値観の押しつけです)
心や魂で生きるのは、人から見れば、時に逆風に立ち向かっているように
思えたりするのですが、本人たちからすれば、それこそそれが心躍る瞬間、
ああ、生きてる~って実感しているだったりするのです。

自分からすれば、普通の生き方をしているだけ・・・なんですけどね。
何を普通とするか、そこからまず違うのかもしれませんね。

IMG_0697
IMG_0697 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 霊能力者にとって辛い時期 

人間生きていると、色んなことがあります。
でもって、それをちゃんとリセットする行事が用意されています。
一番先に思い浮かぶのは、新年。
多くの人が年末には大掃除をして、一年の汚れを綺麗にして、神社詣りをします。
それが祓いになっているかどうかは、お詣りの意識しだいですが。

神の祓いの行事は、この他、ちょうど半年過ぎた6月30日に
夏越大祓という行事があり、この時も人形や茅の輪をくぐって、
祓いを受けます。

旧暦では新年の始まりは、節分、つまり2月3日ごろだったこともあり、
厄を祓うために豆を撒いたり、最近は恵方巻を食べる習慣もかなり広まりました。

つまりは、この3つの行事の直前は、知らない間に積もった
穢れが多いということにもなります。
感覚の鋭い人たちが影響を受けるのは、霊からだけではなく、
生きている人間の思いからも、左右されるので、
祓いの時期の直前は、口を揃えたように、
「空気が重い」とつぶやき、体調を崩しやすくなります。

ですから、被ったりすることがある人は、ちゃんと意識して、
祓いを受けることをお勧めします。

もちろん、この他にも「あの世」からの影響が濃くなる、
春と秋のお彼岸(あの世とこの世の接点が多くなる時期)
そして、お盆の時期(ご先祖が戻ってこられる時期)
にも空気の重さを感じ、その影響を受けます。

6月中旬すぎから、東京では7月がお盆ですし、
8月のお盆、9月の秋のお彼岸までは、
感覚の鋭い人にとっては、始終、空気が重く感じられ、
私たちは、「強化月間」と呼んでいます(苦笑)
空気が重いからこそ付く力もある・・・と思っていないと、
なかなか、濃い濃いの空気の毎日は堪えて、ヘロヘロになって
使い物にならない状態になるからです。

さて、季節が変わります!
ここからが本格的な新年の流れが始まることになります。
申年は、こまごましたことが起こると言われていますが、
ここで一旦、しっかりリセットして、周りに振り回されない
自分の心の状態をしっかり確立しましょうね!

あ!ちなみに、ココでの行事は、みなさんが参加しやすいようにと、
2月6日(土)に行うことになっています。
当日、雪の予報も出ていますが、足元気を付けて、お出かけください!

IMG_0690
IMG_0690 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 自分の得意技 

感覚が鋭いと、どんなことがわかったり、どんなことが得意だったりするのか・・・。
それは、本当に人それぞれです。
その上、自分に取っての得意技は、あまりに当然なので、
意外と自分で意識しにくいもの。

先日、機会があったので、ご神託で、私の得意技って何でしょう?
と、聞いてみました。

ここには、ある分野がとても得意な人達が集まっています。
ビジュアルの強い人は、映像でいろんな情報が入ってくる。
例えば、この前の「あなこわ」で描かれていたような、
垣根から出ている「手」なんて、私にはまったくわかりません。
だけど、その前を通るといつも昔ながらの線香の匂いがしているのは、
気になっていましたが。

ヒーリングも、直にクライアントさんに触れて治すのが得意な人も、
遠隔が得意な人もいます。
直に接した方が、クライアントさんに文字通り直接働きかけられるので、
エネルギーは伝えやすいのですが、その他の目や耳などから入ってくる情報も多いので、
肝心の原因が返って視えにくくなる場合もあるようです。
遠隔の場合、不調になっている原因のポインとを捉えやすかったりすることもありますが、
届くエネルギーに、相手側の受け入れる姿勢が大きく左右されることもあります。
確実に届いてはいるのですが、実感というか、エネルギーが届いたかどうか、
その感じ方もひとそれぞれですから、これまた難しいところ。

だんな様の得意技は、ズバリ「聞くこと」だそうで、
相手の話を聞くことで、悩みやトラブルの核心に近づいて行くのだそうです。
表面的な原因を取り除いても、その中心にあるもの、
それが変わらないと、根本解決にいたらないことも少なくありません。
ただし、根本的な原因がわかっても劇的な解決が、本人にとって可能かどうかは別物。
急激な変化は、問題解決のためであっても、負担が大きいのが普通です。
もちろん、時と場合によっては、できるだけ早く手をつけた方が良いものも、
じっくり時間をかけて変化していった方が良いものもあり、まさにケースバイケース。

そして、そして、私の得意技は、こうした分析をして、
言葉にすることかもしれないな?と思っています。
ご神託では、それが多くの人の「癒し」につながっていく・・・
みたいなお言葉をいただきましたので、これからも
理屈っぽい(笑)と言われながらも、そこは頑固に分析、分析。

こんな風に、自分の得意技は、時に立ち止ってしっかり意識することで、
霊が視えた、視えない、自分にはわからなかった、わかった。
あの人はできるのに自分はできてない・・・などなど、
不得意な分野でわざわざ人と比較して、不得意感を強めてしまう・・・
なんてことが少なくなります。

能力はひとそれぞれ。
だから、あなた独自の存在価値があるでのすから。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.02/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 妖怪って? 

何やら世の中にはブームがあって、しばらく前に妖怪ウォッチが
流行ったかと思うと、水木しげるさんがお亡くなりになるなど、
妖怪ブームも上がったり、下がったり。

子供のころ、妖怪と遊んでいたというだんな様ですが、
現在は、まったくと言ってよいほど、妖怪には興味がない・・・
したがって、ほとんど目にすることはないようです。
ちなみに、普段、目で見えないものが「視える」のは、相手に興味があるから。
意識していても、意識していなくても、興味がなくなると視えなくなります。

子供のころに遊んでいたという妖怪も、だんな様が学校に行くようになり、
いわゆる日常生活に視線の重きが置かれるようになるにつれ、姿を消した模様。

さて、さて、その「妖怪」の正体ですが・・・
それこそ妖怪にもいろいろな種類がありますが、有名な存在は、
ほとんどが「かつて神」だった存在なのです。
「神」というのは、人から信仰を集めて、「神」という存在を維持しています。
(その範疇に入らない神もいますが)
ですから、人の役に立たない、拝まれなくなったかつての神は、
ある程度の「力」を持ったまま、妖怪としての存在に変わることが多いのです。

奇しくも、出雲大社の近くにお住いの方が、先日お見えになりましたが、
出雲大社に集まる存在は、かつての神だったもの。
そして、現在、主流というか、土地などを治めている現役の神は、
集まる際には、もちろん、伊勢神宮に集結します。

妖怪の中にも人間に親しい存在と、そうでない存在があり、
人間にまったく興味のない存在は、姿を見せることもない、
従って「名前」もありません。
まあ、政治の世界でいえば「野党」のようなものといえばわかりやすいでしょうか。
それでも、与党の座を狙っているかどうかは、これまたそれぞれです。

「いったい、どんな存在を神と人は呼んでいるんだろう?」
そんな疑問を、今でも持ち続けている私ですが、
少なくとも、「神」として祀られているから、必ず、人間に力を貸すわけではない
ということだけは理解できました。

いわゆる現在、主流の神の役割は「世の中」を維持すること。
その目的にそぐうことであれば、きっと力を貸してくれることもあるでしょう。
あなたが願ったり、宣言して行動したことで、世の中のバンランスが保てるならば、
お互いのためになりますものね。
ところが、世の中全体のことなど、あまり興味がないという存在もあり、
仮にお願いごとが叶ったとしても、あなたの生活が成り立たつかどうかなど、
興味がなく、叶った後の流れまでは関与せず・・・といったところでしょう。

ご利益、ご利益と、ご利益で有名なパワースポットを巡るのが
流行りのようになっている節もありますが、
誰に、何をお願いするか、宣言するかは、実はとても気を付けた方がよいと思います。
それに、人の願いはちょっと環境が変われば、コロッと変化するもの。
「あのお願いは取り消してください」なんてこともできないので、ご用心!

IMG_0685
IMG_0685 posted by (C)kumisensei
EDIT  |  02:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |