2016.04/30(Sat)

【だんな様は霊能力者】新たな挑戦 

新たな挑戦!なんて、大げさな表現ですね(笑)
だけど、自分にとってはちょっとな挑戦。
いつも挑み続けたいと思っています。

今日は、このブログ、新しい投稿画面から。
おお!インスタグラムの写真が取りこめるようになったんですね。
と、見直していたら、約一年前のBDPのケーキの写真が!
(正確にはケーキじゃありませんが・笑)


そもそも、このケーキ。
誕生日ガールだった、だんな様のお弟子さんが、昔、昔、
とある結婚式に出席し、最後に食べようと大事に取っておいたら、
食べないものと、ウエイターさんに下げられてしまった・・・。
来世のトラウマになるぐらい、残念、残念、と言っていたので、
成仏できないといけない!と、注文して作ってもらったスワンシュー。
というわけで、一個の大きさがわからぬまま注文したので、
スワンの群れになってしまいました(爆笑)

そう言えば、最近はまって観ているテレビ番組の一つ、
「お迎えです」は、49日までにあの世に旅立たないと、
悪霊化する危険性がある、ということで、
視える二人が、心残りをききとげてあの世に送る手伝いをする、
という内容。
実際に、ココでだんな様のもとに訪れる人の話を聞いていても
ま~49日で悪霊化するとなると、生きてた時もかなりの人ってことに。
おおよその場合、ふつ~~に供養していても、数年はかかるようです。

それに一度、成仏された!と思っていても、この世に戻ってくる機会、
例えば、お盆とか祥月命日とか、意外と「この世」のことを思い出して
しまうようで、ついつい、この世バージョンで登場!というのも
少なくないようです。
すっかり、体を持っていたころの自分を忘れるというのは、
時間がかかるんですね。
でも、あの世は思いの世界でもあるので、生きている間から、
この世に思いを残さない生き方をしておく、というのは基本。
あ、あの時、あれを食べ忘れた!とか、
あ、あれってどこにしまったままだったかしら?
な~んてことぐらいで、簡単に戻ってきてしまうことさえあります。

あの世にもいろいろありますが、スピリチュアルな人は、
あの世の「良さ」もしっかり覚えていることが多いもので、
「この世」で辛いことがあると、あ~あの頃はよかった~
なんて思い出す人も少なくありませんが、
そういう傾向のある人は、「あの世」に行って、
気になることがると、この世にうっかり戻ってきてしまう傾向が
強いのも、あながち、間違いではありません。

今日一日、一瞬、一瞬、悔いなく生きるって難しいですが、
これから先、ずっと先のためにも、しっかり区切りをつけながら。
そのためにも、どんな小さなことでもいいので、
新しいことに挑戦し続けていくってのも、一つの方法です。


ハリーポッターのペーパーワークのお城への挑戦は・・・
楽しかったけど、無謀でした・・・。
出来上がった後、数カ月、ばね指で指が動きにくくなりました(苦笑)
という失敗も含めて、過去、です!!!




お問い合わせはこちらへ(タグをクリック) バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/29(Fri)

【だんな様は霊能力者】 旅と日常 

個人的にはバタバタとした3月4月でしたが、
ここのところ、また、あちこちに出かけたいという話を耳にすると、
どこかに行きたい虫がムズムズ(笑)

と言っても、旅って思い付きででかけるもよし、
色々と計画して出かけるもよし。
初めて高野山に出かけるという人と話を
気が付くと何時間もしていました。

究極、行って帰る旅なら、時間とお金があれば、
工夫しながら、いつでもできるといえばできるのですが。
目的を持った旅、心に響く旅をするには、
そこじゃない準備が必要。
つまりは、感じ取る方=自分の準備。

準備ができてないと、どんな場所に、何度でかけても、
訪れては帰ってくるの繰り返し。
そう言えば、修学旅行で出かけた東大寺の大仏殿。
大人になってから、行ったら、全く別物(笑)
あの凄さって、自分が成長して感じ取る感覚がなかったからだと
認めざるを得ないほどの迫力!
今年初めて高野山に出かけた妹も感動してました。
まさに、何度も出かけたくなる場所、ですね。

何か困ったことがある、とか、お願いごとがあるこか、
ではなく、ただ足を運びたい場所。
そんな場所があること自体が素敵ですよね。

さて、お弟子さんたちを始め、ココに通い、先祖供養も進んできた人たちは、
順調に次のステップへと進み、自分が足を運ぶべき場所を
見つけ出し、足を運ぶタイミングを見つけ出しているようです。

何かを感じ取るのに「先祖供養」が関係している??
と疑問に思われるかも知れませんが、
答えは単純、「関係あります」
先祖供養が一段落するにも1000日かかるわけですが、
その日々が無駄じゃなかったことを証明してくれている感じ。
逆に、それをすっ飛ばしたり、やり残したことがあったり。
そんなことがあると、まっすぐ何かを感じ取る感覚を遮ってしまうことも
少なくない、というか、そんな場合が殆どです。
ご先祖様ともども、スッキリ、リセットすることの大事さって、
いやいや、思っているより、ず~~っと影響大。

この世で生きる自分の感覚も
先祖のリセットも、セットになっているんですね。










お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/29(Fri)

(  

EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/27(Wed)

【だんな様は霊能力者】 欲をコントロールする 

誰にだって、欲ってありますよね。
なんだかネガティブな意味で使われることも多い「欲」という言葉ですが、
ちょっと努力したり、我慢したり、って、何かのためだったらできたりもします。
これも、その先にあるものに対する「欲」から芽生える者ですから、
ま~、「欲」そのものを悪者にしてもねってところでしょう。

いつものように空手に行く車の中で、
だんな様とそんな話になりました。

おお!そう言えば、我が道場の道場訓にもありました。
「武の道を通じて、大欲を持つこと」

欲にも大小があるんですね~。
どれが大きくてどれが小さいか、とか、どれが強くてどれが比較的、弱いか、
人それぞれでしょうが、日々の中で、多少なりともコントロールできたら、
目の前の自分の小さな欲に振り回されないで、ぶれずにいられるのかな?
などなど、もっともらしく考えたりしつつ、
ゼロにできない、いやしてはいけない欲もあるし、
体は一つしかないので、あれも、これも、というわけにはいかない、
って場合もあるなどなど、この塩梅が難しゅうございます。

「それ、それ、そこを、荒行で鍛えるんだ」

体を鍛える行の目的の一つは、欲のコントロールができるようになることだそうで。

「荒行をいくらやっても、悟れはしないけど(笑)」

欲のコントロール、修行は続くのでした・・・

ちなみに、昨日紹介したテレビ番組などのご紹介。
もう一つ「重版出来」
漫画家さんと編集者さんのお仕事ぶりを題材にしたものですが、
欲が大きければ大きいほど・・・必ず、そこにはそれだけの
思いがある、ことが、よ~~くわかるものです。
お時間ある時に~~。
縁あって、漫画家さんや編集者さんとお仕事させていただいているので、
他人事とは思えず、観てしまいました!

IMG_1704
IMG_1704 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/26(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月例会とはまるもの探し 

ここのところ、やらなきゃいけないことがあって、
やらなきゃいけないことがあると、ついつい、
他のことが気になるもので(笑)

ほら、学生時代、試験の時に限って、いつもはやりたくない
掃除がやたらしたくなるのと同じです(あはは)

で、ついつい、ネットサーフィンして見つけたものをいくつかご紹介!

「神様はじめました」
花とゆめコミックなので、いわゆる少女漫画チックな部分もありますが、
ある女子高生が氏神として、いろんなことを乗り越えて行くお話。
氏神から見た世界や、「あの世」の世界、神様の世界がちらっと見えます。

「念力家族」
NHKでやってたドラマだったんですね~。
念力家は、全員が念力が使える。
同じ種族に「神通家」がいて、そのからみも面白い。
自分に感覚があるって人は、結構、こんな場面、
家の中で繰り広げられてたかも?

映画「レッド・ライト」
ロバート・デニーロやシガニー・ウィーバーがキャストされた映画。
伝説の「サイキック」が偽物だと暴いていくストーリーの中で、
本当は・・・おっと、ここからは観てのお楽しみってことで。
ちょっと前まで、youtubeにアップされていたのですが、
経確認したら削除されていましたので、観るならレンタル?

ああ、それから最近始まった
「お迎えデス」
第一話が放送されたようですが、幽霊が視えるという彼らが、
49日までにさまよう霊を成仏させるという話。
これからの展開を期待してます!

ちょっと路線はちがいますが、英語の勉強を兼ねて、
「マイ・ライフ~私をステキに生きた方法」
キャリアウーマンとして第一線で働く主人公が、
病気になって生きる意味を考えなおすドラマ。
まだ、途中までしか配信されていませんが、
仕事と生きること、楽しむこと、などなどがうまく
組み合わされていて、これまた楽しめます。

はたまた、もっと路線が違いますが、
昨日の月例会でもちょっと話題にでた、
「私、結婚できないんじゃなくて、結婚しないんです」
パートナーをお探しの方、ちらっと見てみるのも参考になるかも。

「最近の若者は・・・」とお悩みの方には、
「ゆとりですがなにか」
ゆとり世代の若者の行動が少し理解できますが、
逆にストレスが溜まるかも(苦笑)

最近、見逃したテレビ番組が観られるようになったお蔭で、
自分の時間に合わせて、ちょちょっと。
・・・って、これだけ観てたら、やるべきことをやる時間、
ないんじゃない?と思われそうですが、
そのと~~り。
いい加減、逃げるのはやめることにします。

でもね、これが意外とちょっとだけ、こんな番組を間に挟むと・・・
気分転換になったりもするんですよ(←いいわけっぽい)

というわけで、この辺りで、やるべきことにもどりま~~す。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/23(Sat)

【だんな様は霊能力者】 景気とスピリチュアル 

フムフム・・・たまたまですが、日本の戦後復興、
経済、農業、政治などなどの講義をネットで。
こう移り替わった、という歴史ですから、
事実は事実。
実際に起こったことの羅列なはず。
だけど・・・景気の移り変わりな~~んてのは、
結局は、人が将来、こうなるだろう、とか
こうした方が得かも、とか、
こうならないように・・・なんていう
「まだ起こっていない」予測に大きく左右されるわけで。

確かに、こんな事をやっていると、この先こうなるだろう、
という予測は立つものだし、予測通りに物事が起こることもあり、
まあ、予測を超えたことが起こることもあり。

スピリチュアル~~な話と
腸現実的な経済の話とを、
たまたま一緒に聞くと、
いったい、どちらが「現実的」か、
私の頭の中で、混乱がおこりそ~~~~(苦笑)

はたまた予想を立て、対策を練り、その通りに
その場を乗り越えることができた!と思えたある政策も、
またまた暫くすると、その対策が新たな問題の原因になったりと、
物事、思ったようにいかないものです。
だから・・・あの時の政策は間違っていた!
と、結論を出したくもなることもありますが、
そうしたって、現状は変わりませんものね~~~。

スピリチュアルなこともまったく同じ。
過去のある部分を解決するには、
「あれさえなければ」的な視点で解決法を探してしまうと、
その解決法が、新たな問題を作り出す「種」となることも。

不都合なこと、不都合なできごと、を自分から
引き算すると、新たな自分がじゃじゃじゃ~~ん!誕生!
なんて考え方は、それこそ現実的ではありません。

スピリチュアルな問題も「現実的」な解決が必要。
それは、未来の予測に対策を練るのと、なんら変わりがないのでは?
と思ったりします。

それにしても、昔、歴史を学んだ時より、
面白い!と思えるようになった自分。
少しは、成長したか???と自分に期待(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:54 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/22(Fri)

【だんな様は霊能力者】 自然の力と人の思い 

自然の力、と言ってしまえば、簡単ですが、
人の思いの強さもかなりのもの。
遠くは九州で起こっている連続した地震による影響は、
確かに、ここ東京の空気の中にも流れています。

感覚の鋭い人にとっては、ココのところの空気は、
めまいなど、原因のわからない体調の崩れの原因となって、
あ~~、きっと沢山の人が、沢山のストレスを感じて、
それでも頑張っているんだな~と。

こんな大きな被害が出るような自然災害などが起こると、
神様が警告を出している、
いや、これは、仕組まれたものだ
などなど、色んな説が、これまたまことしやかに流れますが、
真偽を確かめるのもむずかく、
その上、真偽がわかったところで、
災害が起こる前の状態に戻れるわけでもなく。
「警告」だったにせよ何にせよ、
いずれにしても、試されているのは「今」

大変なストレスの中で、一人ひとりが取る姿勢の中に、
人の性根が現れていくのかな?と思ったり。
ある行動が、まっすぐな心からのものかどうかは、
その場、その時には見えにくいものだったりします。
ただ、何かできることがないかと、立ちあがって活躍している
若者の報道を見るにつけ、人間の心の中にある、何かが目覚めている気がして、
頼もしくなります。

よくスピリチュアルな本に出てくるエピソードですが、
人間の心の中には、誰にでも、仏と悪魔が居て、
さて、自分がどうするか、は、
「どちらに自分が餌を食べさせるか」にかかっているそうで。

究極の場面だからこそ、その選択は、
自分の心を知り、自分の選択の重さも
自分で背負って行くことになるのでしょう。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/20(Wed)

【だんな様は霊能力者】 その手があったか! 

熊本や大分の地震は、まだまだ収まる様子がないようで、
地元でもあるので、心配しながら、ずっとずっと見守っています。
そんな中、避難所で活躍する若者の話など、
その手があったか!と思うことばかり。

人は普段でも工夫できるものですが、
こんな時の工夫や知恵が人を助けるとなると、感動に値します。
非常事態にこそ生まれたいろんな知恵は、
色々なさらなる知恵や協力体制を生み出しているのでしょう。

また、離れたところから見ると、日々、捜索や復旧など、
着々と進んでいるのを知って、人の力のすごさも感じます。

もちろん、さらなる問題も起こっているようです。
避難生活の中で体調を崩ししてしまった人もいらっしゃるようです。

一日も早い復旧を祈っています。

あっという間に崩れ落ちていく家などの映像を見ていると、
人の非力と、同時に人間の逞しさと、交互に感じながら、
日々を過ごしていますが、もうあの「熊本」を見ることができないと思うと、
本当に寂しい気持ちにもなります。

IMG_0969
IMG_0969 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  05:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/19(Tue)

【だんな様は霊能力者】 被りに対する恐怖感 

被ると確かに辛いです。
先日、久しぶりにどっぷり被ってしまいましたが、
うう・・・おなかが止まってしまっている・・・。
典型的な被りの症状です。

頭が痛い、おなかが痛い、イライラするなどなど、
症状は多岐にわたりますが、やる気まで失われる始末。

「被りなんて平気~~」と思っている人でも、実は、
被りに対する恐怖感が大きかったりするので、
被りを受けそうな人に対して、過剰反応することも。
これが対、人間となると、社会の中での人間関係にも
影響は及びます。

生きていると、まったく「被らない」で生きて行くのは無理。
だけど、できるだけ被りそうな場所には近づかないなどの
工夫や用心はできる。
それに、被った!ということが認識できれば、できるだけ
被りを落とす手段を試してみる。
ちゃんとメンテナンスすることで、少しずつ被りに対して強くなれます。

被りに強くなるには2つの方法が。
ひとつは、自分もある程度被った状態で感じなくする(あはは)
もう一つは、自分のエネルギーを高めて行く。

自分のある程度被った状態にいると、被りの元となるものに対して、
感じないで済んでいる気にはなっていますが、
他の被りもくっつけてしまうので、結局は、やがて症状が出てくることに。

自分のエネルギーを高めておいても、多少は被りますが、
そこからの復活は、かなり早くなって行きます。

せっかく、神様や仏様に近づく意識があるのですから、
そのエネルギーでできる手に入ることだけ、なんて、
部分的に手にすることはできないものですし、
体も意識も、できるだけ、メッセージを受け取りやすい状態に
保っておくのも大事なこと。

自分で意識していない癖などは、やっぱり、被りを祓いながら、
できるだけスッキリした状態で毎日を過ごす中でしか浄化されて行きません。

それに、「自分の癖」を自分から消してしまうのではなく、
自分らしく、自然でいて、なおかつ、被りを振り撒いたりすることを
できるだけしないでおける自分を確立したいもの。

その上で、自分はこれでよし!と生きるのなら、
それで切れていく人間関係も受け入れて行けるでしょう。
その先には、新たな出会いもあるはずですから。










うう・・・被って、役に立たない人になっている間にも、
季節はちゃあ~~んと進んでいます・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  03:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/18(Mon)

【だんな様は霊能力者】 自分の運の良さ 

どんな日常を送っていても、不満に思うこと、ストレスに感じることは、
起こります、起こります。
で、それに目を奪われていると、自分の運の良さ、や、
せっかくアップするべく努力して変化し始めた、
自分の運の良さ、が見えなくなってしまうもの。

まあ、だいたい、自分の運の強さ、なんてものは、
当たり前のように「そこ」にあるので、
私は運がいいな~~だけじゃなく、
感謝しつつ、それで何をするかって、したたかさ、
身に付けたいものです。

ここに通ってこられる方がた。
お話をよく、よく聞いていると、う~ん、運が良い、というか、
しかるべき時に、しかるべき選択肢が、ふつ~に降りてくる。
それが、自分の目にチャンスに映るか、試練に映るかは別ですが(笑)

あ、誤解のないように付け加えておくと、
な~~んにもしないで、運が良い選択肢が落ちてきているのではありません。
彼らにそれなりの選択肢が降りてくるには、それだけのことをしている、
続けているということでもあります。
あの、雨や風の中、ここまで来ようと決めて、ここまで来られた、
そんな行動の中にも、それは垣間見えます。

ま、いくら人から見てもうらやましいほどの選択肢でも
自分に準備ができていなければ、だだの無謀にな事になるかもしれませんし、
こっちが楽かな?な~んて選んだ先が、返って苦労のもとになったり。
それでも必要な苦労や努力なら、その先がありますから、安心してトライあるのみ。

自分の運といっても、バイオリズムのように、上下することがあります。
最低ラインを底上げする、努力をしながら、いまだ!と思う時に
思い切ってトライできるだけの力は、日常を暮らす中でついていくのです・・・。

IMG_1649
IMG_1649 posted by (C)kumisensei
あの天候の後の夕日。
通り過ぎてみないと、想像さえできないものもありますね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/17(Sun)

【だんな様は霊能力者】 先祖供養の区切りと、その後 

今日は、先祖供養を千日続けられた方が、
ひとつの区切りをつけるために「特別先祖供養」をされに、
遠くは中国地方から、大嫌いな(笑)飛行機に乗って
やってこられました。

千日、心を込めて供養をするというのは、
考えるより難しく、
想像するより自然で、
でも、確かな変化ももたらしてくれます。

祈りの世界は、心の世界です。
頭で考える世界の公式とは異なりますから、
こうすれば→こうなる
という計算をしてしまうと、計算外だ!となるのは、
公式が違えば答えが異なるのと一緒。

誰かを思い、自分も大事に思い、家族も大事に思い、
その中で、ただの習慣になってしまわずに、習慣になる。

それこそ、先祖供養をすれば、こんな事が起こります。
な~~んていう、人間の考える公式では推し量れない何かが起こっていることは、
ご本人たちも、何となくお気づきのようです。

きっと、日常の小さな小さな選択に、小さな小さな変化が起こり、
それが積み重なっていくのかもしれませんが、
それでも、理屈では説明のできない、
何かしらの広がりができてくるのも確かなこと。
その広がりを目の前にして、さらなる選択を続けて、
広がりを活かしていける日々を送って行けたら、
それこそ、自然に知らない間に、心が満足するということを
本当の意味で感じられるようになっていくのかな?とも思います。

IMG_1645
IMG_1645 posted by (C)kumisensei
桜の花は散り、葉が出始めました。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/16(Sat)

【だんな様は霊能力者】 試練と強さ 

夜中に起こった地震から、一晩明けて、被害の状況が分かってきました。
家が崩壊したところや、道路の陥没など、
わずか一か月ほど前に通った道が、ガタガタになっているのを
映像で目にすると、愕然とするものがあります。

東日本大震災の時は、だんな様と私は、九州にいました。
同じ日本のどこかで、大きな被害が出ている時に、
いつもと変わらず、真っ青な空の静かな朝が印象に残っています。

先月、その震災を真っただ中で経験したというご家族が、
おいでくださった時に、まだまだ、住宅が足りていないと話されていました。
地震の傷跡がきれいに消える・・・ということはないのかもしれませんね。
でも、地震の後、
「だから、頑張れない」と思う人と、
「だから、頑張ろう」と思う人
はっきり、二種類にわかれた感じがする、とも。

どんなに困難やトラブルを避けて生きようとしても、
立ち向かわなくてはならない時というのは、
事の大小はあれ、誰にでも訪れるものでしょう。

・・・そして、東日本大震災の傷跡の中、生きていらっしゃるその方の中に、
なんというか、強さを感じました。

できれば、何もトラブルが起こることない日々が続いてほしいものですが、
あることを乗り越えて身についた「強さ」は、
それを経験しないと、身につかないものでもあるのですね。

今日もまた、どこかでそんなことが起こっていても、
我が家の近所の木々は、春が来たのを喜ぶように、
キラキラ輝いていました。

何とも無情なようで、でも、いつの日かこんな変わらない風景
も支えになるもかな、と思ったりします。










お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  02:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 「わたし視えるんです」最強霊能者編 

5月1日発売、「わたし視えるんです」最強霊能者編
見本が手元に届きました~~~!!!



発売前なので、雑誌の画像はまだのようです。
内容は、「霊界一年生ABC」の第1回目、日辻 彩さんに
取材、漫画にしていただいたものですので、すでに
お読みくださった方もいらっしゃるかもしれません。

ご縁あって、漫画にしていただき、こうしてまた
新たな雑誌に掲載してもらって、縁とは不思議なものだな~と、つくづく。

このご縁から始まった、だんな様が漫画になる!は、
その後、流水りんこさんの「霊能者紳士録」へとつながりました。
いずれの漫画家さんとも、楽しくお仕事させていただいていて、
取材にいらっしゃって、繰り広げられる話の中で、
漫画になっているのが、ほんの一部というのも残念だ~と思うほど。
とはいえ、一話完結にしつつ、シリーズとして展開される
漫画家さんのストーリーの組み立て方ってすごいなぁと思います。

「だんな様は霊能力者」の編集者さんとも
別の形ですが、いまだ、お付き合いは続いていて、
先日も、翻訳の本の打ち合わせ、スピリチュアル系の本の動向を
含めて、色んな話をすることができて、
いつも有意義な時間を過ごさせてもらっています。

ひとつの縁がつながり、それを一本、一本、大事にしていくって、
更なるご縁の広がりを生み出すものだな~と。

時代が変わり、人が変わると、「変わらないこと」も
表現方法や、伝える手段を変えて行く必要があるものです。

本に実例として具体的な話を掲載するとき、
本人と特定できないような工夫は、
当然ながら編集の段階で加えられるものだそうですが
(もちろん、出どころがはっきりしていなくてはならい場合を除いてです)
「これって、私のことですよね」という、問い合わせがくることも
結構あるんです~と、いうお話も。

だんな様も同じで、ブログにあること、を書くと、
自分のことだ!と思う人も多くて、反応がバンバン返ってくる。
な~~んてこともありますが、逆に、当の本人は
気が付いていないな~んてことも。
まあ、人間は強くないので、自分が立ち向かうことがある時、
それを正面から受け止める心の強さと準備ができるまでは、
目も耳も閉ざしておきたい気持ちも、わかるっちゃあ、わかるんですけどね。

人のことだと、「でもね・・・また同じことを繰り返してると、
また同じことが起こるはずなのに・・・」と、簡単に思えたり(苦笑)

同じことを、書いたとしても、とらえ方や視点はいくつもある、
というか、あった方がいいことも。
どっちにしても、だんな様も私も、自分にウソが付けないらしいので
(←だんな様、分析によると)
素直に書いたり、表現したりしていくのは、媒体が変わっても、
な~~んも、変わらないでしょう、きっと。



最近、夕日の風景とタイミングが合わない私。
ん、撮影対象、変えてみるか・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  03:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/13(Wed)

【だんな様は霊能力者】 スピリチュアルといっても 

仕事上とはいえ、ただいま、スピリチュアルとはいえ、
色々ござんす状態です。

ひとつは、しばらく前に翻訳の素訳を済ませて置いた原稿。
自分で自分の日本語を読み直すのは、なかなか痛い(苦笑)
内容よりも、ついつい日本語表現の方が気になったりしますが、
この本の内容といえば、「あの世」に行った先からの通信を
書き取ったモノ。
メッセージを受け取る側の人は、いまだ、時々、交信されているとか。
(←ご本人に聞いたので)
あの世といっても、国が違えば、あの世のイメージも違い、
いく先も違うんだな~というのを、翻訳しながら学んだ一冊。
(まだ、翻訳本として出版されてはいませんので、あしからず)

次に私のもとにやってきたのは、お金とスピリチュアルの関係。
しばらく前からずっと続いている、「引き寄せの法則」
うまく引き寄せられる人と、そうでない人がいるのは何故?
とは、誰でも思う疑問だと思いますが、そこのところを
論理的に説明した一冊。

はたまた、その調べものをしていたら、今度は、
なぜか「土地神」を主題にした漫画にはまり、
ただいま没頭中。
いわゆる「氏神」が主人公なのですが、
なぜか、黄泉の国に行くことになり・・・
ってところまで。
いろ~~んな妖怪や式神、そして落ちた神などなど登場して
なかなか観るのをやめられませ~~ん。

で、人間から見た「歴史」はどこまで進んだかというと、
江戸時代で止まったまんま(涙)

いいのです!
お仕事優先、で次は、心が惹きつけられるもの優先で
時間はどうにかなるでしょう。

というわけで、箱根から帰ってから数日、
どっぷり、元の世界に浸っております。
・・・元の世界が、スピリチュアルなものばかりというのが、
私らしい・・・と、思います(あはは)

IMG_1637
IMG_1637 posted by (C)kumisensei
太陽に羽根が生えたみたい・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/12(Tue)

【だんな様は霊能力者】 歴史と宗教と信仰 

わけあって、日本の歴史を復習しています・・・と、書いたとたんに
バタバタ忙しくて、ただいま「江戸時代」で止まってますが(笑)

そしてまた、イギリスからやってきた妹夫婦に、
「神社」と「お寺」の違い、仏教の宗派について聞かれることがありました。
初めて、「高野山」を訪れた二人が興味関心、疑問を持つのは当然でしょう。

歴史を語る時、宗教を切り離すことはできません。
何しろ、聖徳太子の時代から学ぶ歴史は、国を作るために「仏教」を
政治に導入するところから始まるのですから。

ただし、本来の仏教の教え、つまりはお釈迦様の教えが
そのまま導入されたか・・・といえば、それは、それ。
目的が違えば、表現や、強調する部分が異なってくるのは当たり前のこと。
そして、仏教が国を作り上げるためのもの・・・だった時代から、
もっと広がっていけば、はたまた、変貌を遂げるのも、当たり前。
そこには、変貌していったそれなりの理由がちゃんとあるのですね。

日本で広がった、「先祖供養」としての仏教もこれまた、
ある時代の社会情勢と、日本人の精神がぴったり合ったのでしょう。
日本で広がった仏教は、独自の変化を遂げて現在に至っているので、
自分の家の宗教が何か・・・というのさえ、今では意識していない人もいるでしょう。

宗派は、ある意味、言葉と同じですから、
ご先祖に語りかける時、一番、わかりやすい言語で、
聞きなれた言葉で話しかけた方が伝わりやすいということ。
自分の個人的な信仰と同じである必要はありません。

主に、社会的な事情でいくつもの宗派に分かれていった仏教も、
さかのぼれば、お釈迦様に行きつきますが、
そこまでの筋道は、ひとつでなくとも大丈夫。
ただし、途中で、他のものとの比較をすると、
まるで逆のことを言っているように思えたり、
ある宗教で許されているのに、これはダメあればダメという決まりが多かったり、
少なかったり、と、まあ、違いがあるから、様々な宗派があるわけですものね。
どの宗派もその宗派を開いた人や後継者が長い時間をかけ、
果てしない労力をかけてたどり着いたひとつの境地。

それでもできれば、ずっとずっと、探求して行けたら・・・。
お釈迦様にお会いしたことはない?と思いますが、
ずっと、ずっと、様々なことを探求して悟りを得たとされる
お釈迦様が、そのまま留まっているとは到底思えませんものね。

ほとけさま=ほどけた人

本当の意味で、「ほどけて」、本当の自分の姿を追い求める、
というのは、こだわりすぎて、固まってしまうこととのタイトロープ。
それでも・・・あきらめずに、追求し続けたいものですね。

IMG_1632
IMG_1632 posted by (C)kumisensei
私にとって、空港っていう場所は、何ともわくわくする場所です。
どこにでも行けそうな気持ちになります。
悟りの境地には、飛行機じゃむり~~かもですが(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/11(Mon)

【だんな様は霊能力者】 誕生日とプレゼント 

もう一つのブログにも書きましたが、やっとのことで、
成功した、妹のサプライズ、バースディーパーティ@箱根

私が、サプライズを演出するために、彼らの旅の予定を
コツコツ立てている間に、だんな様はプレゼントを何にするか
コツコツ、探し中。

今回に限らず、だんな様はプレゼントを選ぶのに
本人に合うものを・・・と、かなりの時間をかけて探します。
今回も同様。サプライズパーティを開くと決めた1月初めから、
数カ月、あれこれ探して、送ったのは、
「アレキサンドライト」のネックレス。
当たる光の種類によって、色が変わるという貴重な石だそうで。
詳しくは、「ここ」をご覧ください。
「一見、冷静で知性的な現実主義者が、実は情熱的な理想主義者」
「独自性を維持しつつ、周囲の状況に柔軟に対応する事ができるようになる事から、自分の周りにいるすべての人に対して愛情を持って柔軟に接する事が出来る」
・・・って、あたりは、妹にピッタリな石だと思います。

今回に限らず、アクセサリーならそのシチュエーションも考えて選択。
先日は、就職する女の子と、大学生になった女の子にアクセサリーを
贈っていましたが、早速、身に着けて数日前にやってきてくれた女の子に
ピッタリでした。

イベントって、とってもワクワクするものですが、
プレゼントに限らず、その内容も含めて、
周りの人が、それを祝いたい、という気持ちがこもると、
何倍にも心が豊かになった気持ちになります。

残念ながら、あまりにサプライズを演出することに
一生懸命で、写真を撮り忘れましたが、
帰り道、家まで送ってくれた妹夫婦が運転する車の中からは、
雄大な富士山と、今を盛りに満開の桜が文字通り花を添えてくれました。
そして、そして、これも残念ながら、今回は、
その雄大な富士山の姿もカメラに収めることが出来ず。
でも、その分、ちゃあ~~んと心に刻んでおけばOKですものね。

と、こうしてひとつイベントが無事に終了すると、
いろんな大変なことがあったのも、どこかに吹き飛び。
少しだけイベントロスになって、次のイベントを考えたくなるから、
ま~、懲りない私(苦笑)

でもイベントは、その前も後も、イベント自体の時間の何倍も
楽しめるのですから、それだけの価値がある!と、思うことにして、
むむむ?次は何にしよう?と企み中です(笑)

IMG_1598
IMG_1598 posted by (C)kumisensei



お食事もおいしかった~~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/09(Sat)

【だんな様は霊能力者】 同じようで違うこと ノウハウ本と現実 

今日は、お釈迦様のご縁日ということで、
沢山の人がお参りにいらしてくださいました。
もう一つのブログにも書きましたが、大吉シューを沢山お持ちくださった、
その時には、重いのに沢山持ってきていただいて・・・と思いましたが、
続々と後からやってくる人を含めて・・・う~ん、ちょうど。
彼女は、いつもそんな人。
大体、これぐらいの人がくるだろうとわかる人だったわ!
と、振り返って思った次第。

すごく頑張り屋さんの彼女ですが、今日もその話になりましたが、
ビジネスセンスがばっちり!な方。
しゃにむに頑張る時と、それから少し、緩める時などなど、
ちゃんと忙しさをもコントロールしながらヒーラーとして頑張っていらっしゃいます。
ヒーラーさんを始めスピリチュアルなお仕事をする人にとっては、特に、
「静かな時間」「自分に戻る時間」が大事。

時間が空いているから、とお仕事を詰め込みすぎると、
仕事もぶれやすくなりますし、自分の体調も含めて管理が難しくなります。
その兼ね合いは、冷静な自分で采配をふるって行かないと、
気が付いたときには、どこか目的とは違うところに到着してたりしますものね。
ま、寄り道もたまには楽しいもの、鍛えられることもありますが、
目的地に着かないとなると、本末転倒ですもの。

物事をうまく進めるためには、どうしたらいいのだろう?と、
うまくやってきた人が語る、ノウハウ本にも素敵な視点が含まれていますが、
自分軸の中で、何をどう組み立てるかというタイミングまでは、文字にするのは
難しいものですから、同じようなことをそのまま真似しても、同じ場所には
たどり着かなかったりします。

そういえば、今日、こんな記事を見つけました。
コミュニケーションが取れれば仕事ができるようになるわけではない」という内容。

仕事ができている人が、コミュニケーションができているわけで、
その逆ではない、見ている先が同じだから、コミュニケーションが取れるのだという。
だから、お仕事場には、コミュニケーションを取りに行くのではなく、
仕事をしに行きましょう!という内容。

そう、そう、どうしても人は、「こうしたら→こうなった」というのを目にすると、
「こうすれば→こうなるはず」と思ってしまいがち。

あ、そう言えば、そのお仕事ができる彼女。
しばらく続けていた、十三仏の塗り絵、冊子にして見事に完成させて
見せてくれました(嬉)
私も今はまだそのままにしていますが、時間をかけて、これだ!と
思ったら仕上げる予定。
自分にとって大事なこと、ものは忘れずに最後までやり遂げる、ってのも大事。
もちろん、その間に時間が必要なら、必要なだけ時間をかけるのも、
自分軸で必要なら、早すぎる、遅すぎるはありません。
思えば、ハリーポッターのお城も、般若心経梵字も
仕上げるまでに一年以上かかりました。
ずっと、作業していたわけではなく、その間に寝かせる時間もいれての話。
CIMG6074.jpg
(ずっと以前に仕上げた、梵字曼荼羅)

CIMG2523-1.jpg
(般若心経梵字)

ぼとけの塗り絵11
(十三仏の塗り絵・・・未完成)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  04:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/08(Fri)

【だんな様は霊能力者】 被害者意識とコンプレックス 

仕事柄、「自己啓発」や「スピリチュアル」な本、それも
ニューヨークタイムズでベストセラー!なものに
目を通すことが多い、というかまさにお仕事なのですが、
共通して出てくるトピックがあります。

それは・・・
被害者意識とコンプレックスが引き起こすこと。

あの人がこうだから、社会システムがこうだから、
あの時、ああならなかったら・・・などなど、
ついつい振り返りたくなることは、山ほどありますが、
それを乗り越えられなくて苦しむのは、
相手、でも、社会、でもなく、自分。

その上、そんな経験が重なると、そこに共通の公式、
みたいなものを作り上げたくなるのも、人の常。

ああ言うことしていると、ろくなことは起こらないだろう
とか
社会がこんなに混乱していたら、世紀末がくる
ってところまで、
範囲はそれぞれでも、どこかに責任転嫁しているのは、
同じことだったりしますものね。

とはいえ、うまく行かないときには、理由探しはしたくなります。
きっと、今、うまく行っている、成功していると思われている人だって、
ある時期、そんなこと、やっていたかもしれません。

「違い」といえば、そんなこと続けていても、
自分にとって、な~~んの得にもなってない!
と、気が付くこと、ぐらいかな?なんて。

良く言われるように、「覚醒」すると、世の中が変わるのではなく、
変わっていない、そのままの社会を違う角度や、
いろんな角度から見られる、心の余裕ができるってことかも。
そして、その姿勢が、自分の周りの空気を変え、
結果的に、自分の周りが変化をする・・・という順番。

社会が、周りが、変わってくれれば・・・、
私も変わることができるのに・・・
という順番は、この世の公式では、
オムレツが卵に戻ることがないぐらい、
起こりえないことなのかもしれません・・・。

自分で認識できていても、いなくても、
抱えたままのコンプレックスは、
過剰なまでの反応を、誰より自分が振り撒いてしまって、
理想に近づくような道筋は、なかなか開けないもの・・・。

仕事柄、沢山の本を読んで、はたまた最近、感じていたことを、
再確認した感じな今日でした。

IMG_1548
IMG_1548 posted by (C)kumisensei
昨日見事に満開を迎えた隣の家の桜。
明日、どのくらい残っているかしら?
ちなみに、散った花も、元には戻りません・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  03:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/06(Wed)

【だんな様は霊能力者】 ビジネスにするという解決法 

今日は、ご近所トラブルの悩みを抱えた方がいらっしゃいました。
詳細はともかく、こじれてしまうとなかなか厄介なものですよね。
でも、この方の場合、うまく行けば、ビジネスにして解決する道が見えた!

スピリチュアルな解決とか、霊的な解決とか、
祈ったり、祓ったり、それは、それ。

「大事なものを守るには、戦略が必要なのさ」

だんな様は、解決方に現実味がないと意味がないと
常々、口にしていますが、ああ・・・そういう方法もあるわ・・・
と改めて、思った今日(笑)
後は、そのビジネス路線が、スムーズに進むよう祈っています。

誰かとトラブルになった場合、人はどうしても自分の正当性を主張して
しまうものですが、お互い、自分が正しい、と思っているからこそ、
こじれてしまうものですから。

「負けて勝つ、ってのもあるからね」

ある一瞬の勝ちにこだわりすぎると、その後のことをすっかり失念して
しまって、攻撃に夢中になってしまうのが人の常。
でも、人の人生は、ある勝負の場面から、その後もあるわけで。
自分が心地よいと思う空間を作り上げる、維持していける戦略は、
目の前の闘いだけに心を奪われないだけの「余裕」というか、
視野が必要になって来るのでしょう。

・・・と、まるで、スピリチュアルとはかけ離れたような
ビジネスにしてしまうという解決法。
でも、これも人の心の中にあるプライドとか
その動きとかを見据えたものですから、
それこそ、大事なことは、しっかり守りたいと思うのなら、
それなりの戦略を立てて臨むのが必要でしょうね。
スピリチュアルと関係ない?
いいえ、それどころか、人の心の動きを感覚だけえdなく、
理屈も加味して、対策を取るという、だんな様のお仕事の仕方の一つです。

IMG_1488
IMG_1488 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


EDIT  |  01:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/05(Tue)

【だんな様は霊能力者】 心が震える試合 

ここ数日、ブログをお休みしていましたが、4月3日に
行われた、空手の試合を観戦してきました。

空手を始める前から、だんな様に空手の世界大会などに
連れて行ってもらっているのですが、ここ数年で、
会場の雰囲気も、試合の進行具合も、どんどん変化しているようです。
もちろん、空手自体も、変わってきたのでしょうね。

こうしたイベントは、参加させてもらって、あれこれ、気が付くことは
あっても、いざ自分たちが主催者になる、となると、
これまたまったく違った見え方をするし、800人を超える出場選手がいた
今回の大会も、ハイレベルな闘い、そしてそれを進行していくとなると、
いやはや、頭が下がります。

試合一つ出るにも、自分が試合に向けてちゃんと準備する、
というのもありますが、うっかりしていると見逃しそうな、
見えなくなりそうな、人達の力が集まってできること。
ありがたいな~と思う時、どこまで見えているかは、人それぞれ。

試合を見ていると、実力が出せたり、出せなかったり、
そんなこともあるでしょうが、いわゆる「心が震えるような闘い」
というのがあります。

言葉で言い表すのが難しいのですが、逆に言えば、
そうでない試合・・・何となく、どちらも不完全燃焼な感じがするときもあります。
だから、良いとか悪いとか、そう言うことではなく、
この違いはどこから生まれるんだろ?というのが、
今回の試合を観戦しての感想でした。

いずれにしても、決勝戦は、素晴らしい試合ばかり。
勝ちあがってくるのに、一日の間に何度も全力で闘い、
きっと痛めたところもあるでしょうが、それを感じさせない、
むしろ、一戦一戦、その日の間に、みるみる進化している姿。

そして、そして、試合に出るまでに、どれだけの練習を
重ねてきたかが垣間見える瞬間。
などなど、沢山の感動をもらいました。
また、色んな意味で勉強にもなった試合観戦でした。

IMG_1528
IMG_1528 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  12:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/02(Sat)

【だんな様は霊能力者】 神様のご縁日 

今日は1日。
神様のご縁日にいつものように、数人の方にお参りいただきました。

新年度の始まりですから、いつもに増して、念入りに、
禊、祓いをしてもらって、新たな気持ちでスタートです。

ここに通ってこられる人の中にも大きく環境が変わった人が、
一人や二人ではなく、今年は、新たな出発をする年なのかもしれません。
社会人になると、どうもそのあたりの区切りがあいまいになって、
ついつい、今日と同じ明日が永遠に続くような、感覚になってしまいますが、
こうしている間にも、確実に年をとり(笑)、確実に魂も何かを学んでいるはず。

人の感覚は捨てたものではありませんが、何に視点を定めているかによって、
同じことが起こっても、「学び方」は大きく異なったりします。
禊、祓いで、あ~スッキリ、綺麗になった~と思っていても、
次の瞬間、職場でのトラブルを思い出す時には、
同じようなモードになってしまったりしますが、
それでは、禊、祓いが身に染み込んでいることにはならないですものね。

少し高いところから、自分のいる場所が冷静に見つめられる、
目の前のことにとらわれるのではなく、もう少し長いスパンで考えられる。
禊、祓いの度に少しずつでもそうなりたいと思っている人達が、
今日も、ここに通ってこられたのだと思います。

すると・・・ひょんなことから、まさに、学ぶべき場面が・・・。
上司として、部下にうまく働いてもらうには、いったい何が必要なのか、
という、最近のトピックがてんこ盛りになるようなエピソード。
自分に受け入れられないからと、排除してばかりでは、
大きな仕事はなしえませんものね。
どんな人も、どこかの場所に必要。
それに自分が正しいと思い、実際に正しくても
勝ちにこだわって相手をやりこめても職場がスムーズに動くかどうかは別。

まあ、自分の目の前に同じトラブルが降りかかってきたら、
少し離れた距離から、見つめられるようになりたいわね~と、
話した後に、お弟子さんの一人、Nさんは、
ラインで仕事場の人とのコミュニケーションを測るべく、
初めてのスマホを買いに行かれました・・・。
(って、今までガラケで、頑張っていたということです・笑)



お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
EDIT  |  04:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.04/01(Fri)

【だんな様は霊能力者】 3月を振り返る 

おお!気が付かない間に、3月が終ってました(笑)
3月といえば、お彼岸。
3月に入ってすぐには、空気が重くなりだしたのですが、
それでも、色々なイベントのお蔭で、う~っといいながらも、
例年より、気分をそらしつつ、前半を終了。
それだけに後半の、どっぷりお彼岸の空気には、
私を始め、内弟子さんたちも、ガッツリやられつつ、
でも、被りに対しての恐怖心を乗り越える、
気分転換や、イベントのありがたさも感じた一か月でした。

被る体質、というのは、一度、魂が開いてしまうと、
もとには、戻れないものです。
で、被りに強くなるには、繰り返し被って強くなる、強化月間ってのもあり、
でも、むやみに被っても、被って、気が短くなって、いろんなことを
ぶち壊したり、はたまた、気力もそがれて、何をする気も起こらなくなったり、
と、時間を無駄にすること、この上なし!

3月はお彼岸があったこともあり、自分で気が付いている人も
そうでない人も、結構、気分の上下が大きかったはずです。
被っても大丈夫!と口にしていても、体は反応して、
頭痛や腹痛を起こしたり、周りに対する瞬間の反応が、
攻撃的になったり、逆に閉じてしまったりと、
被った状態の自分の心をどうコントロールするかは、
誰にとっても、かなり難しいものです。

「心の修行ができてないんだよな・・・」

スピリチュアルな人は、様々なことが起こると、「魂」レベルで反応しながら、
現実世界では、頭や、その瞬間、瞬間の心の動きにも振り回されがち。
{こういう人でありたい」と魂が思う姿を追い求めているはずなのに、
頭や心の思うことを、魂が思うことと、思い込んでしまうと、
いつまでたっても、心から、「私はこれでよい」という確信は生まれません。

言葉では、これでよい、といいながら、いかにも満足していない雰囲気とか、
態度では、怖くない、と示しながら、心の中は恐怖心でいっぱいだったり、
まあ、人間というのは厄介なもので、
魂も心も、そして体も、「これでよし」とちゃんと思えるようになるには、
言葉を発するとき、自分の振る舞いを見つめる時、そして、これから先を
見据える時に、ちゃんと三者の「話し合い」が自分の中で行われていなくてはなりません。
そうしている「つもり」ではなかなか・・・
いつしか、体と心、魂が別々の方向に暴走し始めたりします。

いくら、いわゆる修行と言われるものをおさめたとしても、
現実的な心の修行ができていないと、やっぱり、
ちゃんと生きていけないってのもあり、
そこには、緩急を付ける、要らないものは思い切って捨てる、
どうでも良いことと、そうでないことを心の中でも区別して、
どうでも良いことは流せしていく、時間軸の中での、
心の修行が必修なのでしょう。

そして、何よりそれは、自分のため。
周りがこうしてくれないからと、思い続けている間は、
自分の思ったような環境はなかなか出来上がりにくいものだったりしますよね。
さて、新年度、そんな心地よい環境づくりを始めるには、
ばっちりのタイミングです。
まずは、自分の心をちゃんと修行させる意識を持ちたいものですね。

IMG_1457.jpgIMG_1458.jpg

春らしく、空は霞がかかるようになりました。
お隣の家の桜も、見ごろを迎えています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |