2016.08/31(Wed)

【だんな様は霊能力者】 被る体質なら 

考えてみれば3週間ぶりの空手。
被りが落ちて初めて、どれだけ被っていたかがわかるというもの。
久しぶりの空手で、ぽたぽた汗が出ていく間に、
なんというか、毛穴に溜まっていたものまで含めて、
どんどん外に出ていく感覚が。

いや~、溜まってましたね。
空手がお休みの間には、お盆もありましたから余計だったんでしょうけど。

空気や人の思いに影響されること=被る

もちろん、自分で作りだすこともあります。
その場合は、「自分被り」と呼びます(苦笑)

被る体質の人は、感覚が鋭い人が多く、
その感覚をプラスに活かせれば、人がわからないようなことまで
気が付いて、色々とアイディアが広がる、などなど。
でも、ネガティブなものに影響されると、
始終イライラしたり、いつもぼ~っと眠かったり、
体調が急に崩れたり、医者に行っても理由がわからなかったり。
なかなか、苦労します。
でも、ちょっとしたきっかけで、被りが抜けると、
急に元気になったり。
と、これまた人からはわかりにくい体質。

ココにいらっしゃる人達も、それぞれ感覚が鋭いですから、
時にお互い被ったりすることもないことはありません(苦笑)
でも、そうやって、被っては落とし、落としては被って、
また、被りに強くなりながら、「自分」をしっかり意識していく。
そんなプロセスを、ずっとずっと繰り返しつつ成長していくのです。
・・・ってのをお互い知っているから、調子が悪そうに見える時でも
スランプに陥っているときでも、お互いの距離感を持って、
お互いの成長を見守る。
本人でも気が付かない被りがあるのですから、
そうした冷静な判断をしてくれる人達の存在は貴重。
一時的に調子が悪いことなんて、誰にでもあること。
それがその人のすべてではないのですから。
それに、そのことから学んで、先に進めばそれでよし。

被った状態のままって、もったいないです。
貴重な時間、凄く無駄にしてしまうことが多いですもの。

自分なりの被りの落とし方、体調のコントロール、
しっかり見出していきましょう!

IMG_2777.jpg

今日の虹、しっかり楽しむにはあっという間に消えました。
綺麗なものを見上げるのも、被り落としに有効です。

メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  04:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/30(Tue)

【だんな様は霊能力者】 お不動様のご縁日と月例会 

日曜日は、恒例の月例会。
いつもより若干、参加者が少なかったのですが、
それでも、皆さん、日にちを変えても補講を受けにいらっしゃる方も多いです。

なんでもそうですが、当たり前になるほど自然になるまで繰り返し、
当たり前になってしまわない意識を保ち続けるのは難しいもの。
でも、目指している場所を見つめ続けていれば、必ずそこにたどり着くもの。

けれども、そこに到着すると楽になるだろうとか、こうだろう、ああだろう、
なんていう想像と、その域に達した時に見える風景は、想定外なことが多い。
ある場所まで、やっと上った!と思ったら、さらなる高い山が
目の前にドドーーん!と現れるというのが、パターンといえばパターン(苦笑)

それでも、迷いながらも、圧倒されながらも、あきらめずに続けていれば、
高いな~ふう~と思っていた山もいつの間にか上り詰めているものです。
途中で辛くなった時、よくやるのが、他人との比較。
なんで自分ばっかり・・・という気持ちが出て来たら・・・
登る道、間違えてます!(きっぱり)
その道は、下りの道です(きっぱり)

人が進む道や、カリキュラムは、人それぞれですから、
他の人が休んでいるときに、自分が必死にならなくてはならないときもあれば、
その逆の時もあるのですから。

そうやって、それぞれのカリキュラムをこなす仲間を見ていて、
比較することでわかることもあります。
ああ・・・本人にとっては辛い時期でも、チャンスの時期でもあるんだな・・・。
自分が辛い時期にすっぽり入っているときには見えにくい、
ステップアップのための時期ですが、人の成長の仕方を見ていると、
学べることは沢山あるものです。

今回の瀧行の旅行は、瀧には入れなかったものの
まさに、瀧の外にも行があることがしっかりわかる旅だった・・・
と書きましたが、その学びがまだ続いているようで、
それを受け入れた人は、あっという間に変化を迎えて、
まるで違ったオーラをまとって登場!という感じでした。

まだまだ、霧の中に居るような人も、そこで真剣に自分に向き合うことと、
自分が目指す場所を忘れないことを続けていれば、
必ず、そこから抜け出していくことでしょう。

成長のスピードも道筋もひとそれぞれ。
ある時点で、どちらが正しいとか、間違えているとか、
そんなことには、だんな様も私もまったく興味がありません。

起きたことから、何を学び、どう進もうとしているか?
そんなみなさんの姿を見ながら、私が学びを得ることも沢山あります。

行というと、瀧に入る、とか、お経を詠むとか、そんなイメージがありますが、
今回の旅では、まさに日常に「行」がある、ってことを感じられたのでは?
と思っています。

常に、自分の心に仏様や神様がいることを忘れないで生活することは、
簡単なようで、簡単じゃありませんものね。
とはいえ、絶対に、そこを目指したいと思います!

今日のどっちが本物でしょう?シリーズ4ヴァチカン
IMGP0729
IMGP0729 posted by (C)kumisensei
IMG_2697
IMG_2697 posted by (C)kumisensei

祈りの場所なのでしょけど、実際に出かけた時にには、
神との向かい合い方もそれこそ人それぞれ、というのを実感しました。

メンター

EDIT  |  02:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 反応する車と狂うナビ 

遠出をする時に助かりますね~ナビ。
これで、外出するのも心強くなりました・・・といいたいところですが、
どうやら、そうとも行かない(涙)

そもそもだんな様を乗せていると、車がまるで話をするかのように
反応することがあります。
我が家の「あられ号」という名のベンツ190もだいぶ、お年。
きちんとメンテナンスしていますから、快調に走ってくれています。

ところが、出流を出たところで、雨が強く降って濁流となっているところを
走っていたら・・・ムム!エアコンが急に効かなくなりました(涙)
当日は外気温23度でしたから、さほど困らなかったのですが、
なんといっても季節は夏。
エアコンが壊れてしまっては、車の中は大変です。
カチャカチャ、しばらく触っていたら・・・急に治りました。
どうやら、ハンドルを握って運転していただんな様。
「動かないと、買い替えるぞ!」と思ったそうで(苦笑)

それからは、ちゃあ~~んと、エアコンは正常に動いています。
きっと、濁流の中を走った時に水がどこかに入り込んだのだとは思いますが。

以前にも、同じようなことがありましたが、走っていると
急にナビがまったく違う方向を差すことが一度や二度ではありません。

ある場所では、ありえないところで高速を降りてくださいというアナウンス。
降りてみたら、そこには、何もなく、ただ大きなお墓が・・・(あれ~)

内弟子さんゆかりの瀧を訪れた後には、次の目的地を目指して
出発したにも関わらず、ナビはUターンせよのアナウンス。
う~~ん、絶対違うけど・・・と思いながら、戻ってみると、やっぱり間違い。
ナビが間違るなんて!それも真反対に!なんて思っても無駄。
どうやら、その瀧に私たち(正確には一名だけ)を引き戻したかったらしい・・・。

今回の旅行中も、ナビがありえない方向に導くことが数回ありました。
だんな様の性格ですから、数カ月前にナビの地図は最新にバージョンアップ。
途中で立ち寄る可能性のある場所は、すべて登録。
なのに・・・え!逆でしょ!それ!
最後は、「大丈夫!私がナビです」と、宣言した私(笑)

どうやら、電気系は、感覚のある人がたくさんいる時には、
狂うことが多いらしく、今回も御多分にもれず、そんなことがありました。

・・・なので、基本、私、ナビに助けを借りても、信用していません(笑)
ナビが示している場所を、必ず地図で確認しながら、ナビします。

そもそも、感覚の鋭い人は、とても方向感覚が良いか、
まったくダメか、両極端。
私は、あまり道に迷いませんが、ココだけの話、だんな様は地下に入ると
途端にナビが狂うみたいです(笑)
山の中では一度も迷ったことがないらしいですが、都会では、
なかなか素敵に方向音痴です(あはは)
そんなこんなことがあるので、「地図の読める女」というのが私の目標!

もっとも、こんな雨の中はナビする状態にならないのが理想ですが・・・
(動画アップしてみました。雨の他、不思議な壊れかけた家、どこからか聞こえる鐘の音
などなど収録されてます。この後、雨はさらにひどくなりました。)


IMG_2532
IMG_2532 posted by (C)kumisensei
そしてこれが、台風翌日の川。
kumiのブログ-バーナー

EDIT  |  01:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 同じものを見て、何を見るか 

ヘアピンカーブが続く先、やっとたどり着いた『華厳の瀧』
日本3大の瀧の一つとして有名ですよね。
前日、台風だったこともあって、水量はかなりのもの。
ごーこー音を立てて、水が流れ落ちていました。

IMG_2574.jpg      IMG_2576.jpg

流れ落ちた後の川の流れも激しく、
IMG_2588.jpg   IMG_2582.jpg

でも空は、真っ青。
IMG_2577.jpg

実は、瀧にはいろんな目に見えないものが集まりやすいので、
感覚のある人は、気を付けて置いた方が無難です。
今回は、瀧の勢いが激しかったので、そんな目に見えない存在も
比較的少なく、それでもしっかり結界が張ってあるというわけではないので、
瀧の風景としては、壮大で感動しましたが、気持ちが良い場所だったか・・・
というと、微妙な部分も。
私はあまり見えない方なので、目を凝らすこともありませんが、
瀧の中に龍がたくさんいるな~ってのは、わかりました。

瀧から戻って、地上に上がると、数人の人が気分が悪くなってしまいました。
そう、そう、目に見えないもの、それもネガティブなものの影響を受けたから。

同じ瀧を見て、何を見ようとするのか、それだけで、
瀧から感じられるものも異なってきます。
興味本位で、見えないものを見ようとすると、
迫力があるだけに、心に隙ができていることもあって、
被りやすい人は、がっつり被ってしまいました。

実はこれ、神聖な場所とされている場所でも同じなんです。
そんな場所には、沢山の人が集まるわけで。
その人達の心に、自分の視点を持って行くと、
それなりにガッツリくることがあります。

けれども神聖な場所には、神聖な「存在」があるわけで。
そこでしっかり、神聖な存在と触れ、神聖な空気をもらい、
神聖な存在との交流を果たしてくる、という目的を忘れてしまうと、
被っておしまいになる、なんて、もったいない、もったいない。

自分の興味をどこに持つかで、何が視え、何が感じられるかというのは、
日常でも同じことなのでしょうね。
私としては、自分がしっかり浄化されるものしか観ない!と決めているので、
気分が悪くなることがあっても、そこから持ちなおせるようになるのが目標。
今回は被っている暇がないぐらい、色々と気を遣うことがあったので、
気が張っていたこともあり、さほどではなかったのですが、
家についたら、ガッツリ疲れてました(苦笑)

でも、神棚で、無事に旅行が終ったことを報告したころには、
すっかり元の空気に戻りました。
これからも、自分の視点が、意識的も無意識にも、どこを向いているのか。
ちゃんと意識しながら、日常を送りたいと思います。

IMG_2555
IMG_2555 posted by (C)kumisensei

今回の旅では、あちこちでトンボに出合いました。
集中した視点の一つは、トンボ撮影。
気合はいりました~~!!!
メンター

EDIT  |  02:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 思いやり旅行 

今回の旅行、台風まで「参加します」と返事をもらったかのような状態でした(笑)
台風が近づく中、それでも瀧に入る気満々で出かけましたが、
あまりの水量に危険だと判断して、今回はお詣りだけ。
それでも、近くの蕎麦はしっかり堪能してきました。










いづる屋さんは、台風の中、私たちが予約をしていたこともあり、
他のお店が臨時休業する中、ちゃんと店を開けておいてくださいました。
感謝、感謝。
そもそも、出流(いづる)山のお寺までは、車でアクセスするしかありません。
台風の中、あきらめずにトライする人達を乗せて、
雨や風で運転がさらに難しいのに、数台の車を運転してくれたドライバー役の人達。
決して、近いとは言えない距離というのも含めて、思いやりの中で成り立った旅行。
本当に、お疲れさまでした。

台風の中、東京まで戻らなくてはならない人のために
回り道をして、駅まで送ってくれたので、無事に東京に戻れたってのもあり、
それぞれ、修行に一生懸命だからこそ、互いを思い遣れるという、
思いやりの詰まった旅行でした。

先にも書きましたが、瀧には入ることができませんでしたが、
雨に打たれただけで、まるで瀧に打たれたのと同じような浄化がかかった感じでした。
浄化がかかると、人は楽になる・・・と思いがちですが、
同時に本人のそのまま、が見えるのです。

そんな「そのまんま」も自分の一部。
「嫌だ!」と拒否すると、浄化をしたそばから、自分で自分の被りを作ってしまうってことにも。
そんな自分も含めて自分、と受け止められるようになるのが目標。

誰かが体調がちょっと良くなかったら、思いやり、
人が気が付かなかった、気が付いた人が気を使い、
という、とても思いやりが試されたような気がします。

2泊3日で出かけた旅でしたが、最後の最後、東京に帰る時にも、
わざわざ、往復してまで遠回りして数人の人を送り届けてくれたり、
途中の駅まで送ってくれたりと、人の思いが詰まった旅。
まさに、修行は瀧の外にあったように思います。

また、台風が近づいているとの予報もあり、
実際に瀧に入りに行けるのがいつになるかは未定ですが、
修行と言う意味では、十分な修行な旅だった・・・。

IMG_2582
IMG_2582 posted by (C)kumisensei

華厳の瀧の水量も凄かったです・・・。

kumiのブログ-バーナー



EDIT  |  04:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 遠くからのご縁と瀧 

ここ数日で、3つも発生した台風。
その中のひとつがまるで瀧に参加するかのように
近づいています。
いや、瀧は参加できませんから、ときっぱりお断りしております。

今日は遠く、新潟県から一年に一度の供養においでくださいました。
天候が不順な日々が続いているので、雨かと思いきや、
今日の東京は、時折日差しが差す蒸し暑い一日。
あまりの暑さに驚かれていましたが、それは納得。
今また、益々、南からの湿気が上がってきているようです。

今日、供養をされた方、お嬢さん方にとっては比較的早く
お父さまを亡くされたことになりますが、おひとりはしっかり
社会人になり、社会人一年目の試練の真っ最中。
社会に出たて、というのは、学生時代からは考えれないほどの
ストレスを受けるものですから、しっかり乗り越えてもらいたいなと思います。

お父様も順調に育っている娘さんを見て、
安心されたことでしょう。
こうして一年に一度、供養をされてもらうということは、
生前、思い出の中の人としては色々あったにしても、なかったにしても、
とても素敵なことだと心から思います。

さて、明日から出かける予定ですが、冒頭にも書きましたが、
どうやら、台風の進路が気になるところですが、
予定通り、出発するつもりです。
どうにか、予定をこなして無事に帰ってこられたらいいな、と思っています。

明日、早くに出発するので眠らなくてはと思いつつ、
気が立っているのか、なかなか寝付けずに、今に至る、
というところです。
それでは、行ってきます!

メンター

EDIT  |  02:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/21(Sun)

【だんな様は霊能力者】 ジャンヌダルクの映画 

ジャンヌダルクの映画を観ました。
神のお告げを聞き、神の使者だと自ら確信してフランス軍を率いることになるのですが、
その中で、本当に「神のお告げ」なのか、本当に「神の使者」なのか、
その徴を見せよという場面が繰り広げられます。

人が何らかの徴を求めて確信を得たいものですが、
神の使者であるという彼女の言葉が、その通りに実現するときもあり、
若干の違いがありながらもお告げ通りに進むこともあり、
はたまた、周りの人間が疑いを持つようなこともあり、
本当の使者であるかどうかを彼女自信が自分に問いかけることもあり。
なかなか考えさせられる映画でした。

先日、翻訳出版した、「アフターライフ」の著者が出しているニュースレターにも、
神の世界と一つになったビリーからのメッセージが伝わってくるからといって、
著者自身の毎日がすべて思い通りにスムーズに進むわけではない、ということが
書かれていて、印象的でした。

人は、迷うと、どうしてもアドバイスを自分の外に求め、
例えば神に言葉を戴いたとしても、言葉自体に含まれる神の意志を
正確に受け取るだけの器が必ずしも準備で来ていないということもあります。

ただ、ジャンヌダルクの映画の場合は、「神のお告げ」に民衆が希望を見出し、
それが実現した後の展開は、はたまた民衆の予想を超えた、
政治的な要因が含まれた展開を迎えます。
ヒーローやヒロインと言われている人達も、その人生を生きている間には、
きっと誰より「告げられたこと」を実行しなくてはという気持ちに刈られ、
誰よりも、神の真意を問いながら生き抜いたに違いありません。

神のお告げ通りに生きた先に、その使者に幸せな人生が約束されているとは
限らないということもあるのでしょう。

幸せで充実した生き方をするために、神の言葉を戴くと、
言霊ゆえに、大変なプレッシャーもありがたさも確かに感じます。
その上で、いただいた言葉をしっかり自分の中で消化し、
「これでよし」と心に決めていくプロセスが大事なのでしょう。

例えお告げがあったとして、その通りに生きたとしても、
それはすべて自分の選択なのです。
その通りにならなかった部分は、解釈の違いがあったり、
他の要素が入ったりすることもあるのでしょうが、
自分の目指すところを忘れなければ、途中のことは、
終わってみれば、必要な道筋だったりするのですから。

神と神からの言葉の意味を、今一度、捉え直すのに
とてもためになる映画でしたが、神の言葉の解釈は、
一生かかって、生きて行きながら体得していくものなのでしょうね。

メンター


EDIT  |  04:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/20(Sat)

【だんな様は霊能力者】 台風と旅行と海外ドラマ「フリンジ」 

22日に予定している瀧行に向けて、何やら、台風まで参加しそうな感じ。
いや~、お断りしておきましたので、大丈夫とは思いますが。

霊能力者が集まると、台風みたいな風が起こる!とは言いますが、
みんなで旅行となると、台風が絡むことが少なくありません。
でも、結局は、予定通りに進むことが多く、人が少なくて、
スムーズに、思ったより風も雨もひどくなかった・・・って終り方。
どの旅行も、数年語るに十分な印象を残しています(苦笑)

ちょっと前に、不思議なほど足をそろえたように仕事に区切りがついたので、
「フリンジ・チーム」の一員になっていました(笑)
以前から面白そうなドラマだけど、見始めたら仕事できないし・・・と思って
我慢していたので、これを機に、フリンジ シーズン1から4まで一気に観ました。

少し前に、何となく「違う宇宙に行ったらどうなるんだろ?」と思っていた私(爆笑)
だんな様は、
「宇宙と宇宙の間を通り抜けるのは大変だからな・・・」
とあまり乗り気でなかった(あはは)

で、ここまで見終わって、わかったことは、
体を持ったまま他の宇宙に行くのは、あまり賢いやり方ではない。
体なしで他の宇宙に行っても、人間世界はあまり変化なしということ。
人間の進化形って言われるけど、なにが進化形なのか今一度考えてみようということ。

などなど、今すぐ役に立つかどうかはわからない学びがありました(笑)
時間軸を飛び越えることができる、というのも、人が憧れる能力だったりしますが、
これまた、自分の時間軸に戻るのには記憶が頼りだし、戻りたいと思っても頼りになるものが
ハッキリとしていないと難しい。
ドラマの中で、2つの宇宙や様々な時間軸を体験する人達が悩むのは、
いったい「自分の時間軸」、自分の戻りたい場所や時間軸はどこか?ということ。
どこかに属していないと、不安になるというのは、人間誰でも同じ感覚なのでしょう。

はたして、ドラマ、フリンジは、もう一つの宇宙に行ったら何が起こるだろう?
と漠然と思っていた私に、一つの答えをくれたというタイミング的な面白さが
私にはありました(笑)
そうでなくても、地球以外の宇宙という場所だけでなく、
今こうして普通に暮らしている世界が、いかに人間に優しい場所か、
そしてそれを維持するのはどれだけ大変なことかを感じることができます。

それにしても、二つの宇宙にいる、もう一人の自分の役を
役し分けている俳優さんたちってすごいな~と感心。
一つの宇宙と、もう一つの宇宙、そして時間軸が変わってしまった時空での自分が
うまく区別できるように、わずかな違いをしっかり演じているのがすごかったです。

どうやらファイナルシーズンは、「オブザーバー」と呼ばれる
時空を超えることができる存在との関わりが描かれているらしいのですが、
これまた、時空を超えることで起こることは、人間の想像を超えているんでしょうね。
今のところ、フリンジはシーズン4まで見終わったところでお休みするつもりですが、
単なる憧れに近い能力が、実際に備わった人達に起こる苦悩が描かれているのを
見ながら、フムフム、ココを鍛えておけば・・・なんて考えている私(あはは)

現実的には、今を生きるのにも、時折、ヒーヒー言ってますから、
まだまだ、ってところでしょう(あはは)

IMG_2491
IMG_2491 posted by (C)kumisensei

メンター


EDIT  |  04:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/19(Fri)

【だんな様は霊能力者】 自分の手にあるものを確かめて 

ここの所、行事が立て込んでいましたが、
その中でも予期せぬ問題が起こったり、
そして無事に解決したり。

どうして、そんな問題が・・・と思うようなこと。
ここで問題になるぐらいのことですから、
霊的なものも、現実的なことも含めて。

共通するポイントは、
「自分の目の前にある幸せをちゃんと感じていない」
ってこと。

いつもいつも、心の中に不安や不満があると、
誰かにほめてもらわなくては気が済まなくなって、
人の気を引こうと頑張りすぎたり、
頑張らなくてはならないときに、気を抜いたりしがち。

今の自分がすでに幸せな状態にある、
もしも、何かかけているものがあったとしても、
幸せは、そこにあるのです。
困った・・・と思ったら、慌てて、誰かれなく頼ってしまったり
足りない・・・と思ったら、手段を選ばずに手に入れようとしたり。

自分の中のコンプレックスは、自分が作っているものですから、
実際に、人がどう思っているかとは別物なんですが、
コンプレックスをそのままにしておくと、
自分の中にあるのを一番知っている自分が一番反応します。
それも、過剰に・・・。

スピリチュアルな祈りの結果には、それこそ奇跡としか思えないような
展開もありますから、祈りたくなる気持ちもわかりますが、
それは、純粋な祈りとは程遠いもの。

今、ココで生きていることだけで十分幸せ、なのです。
もし、欲しいものがあるのなら、これから手に入れていけばいいだけ、なのです。
そして、その手順やスピードには、現実的な手法でないと、
奇跡に思えるような展開は、長続きしません。
人は、幸せに人生を生き抜くために生まれてきてもいるのですが、
自分がどうなれば、幸せなのかは、自分しか知らないのです。
自分で感じないと、幸せはやってこないのです。

IMG_2487
IMG_2487 posted by (C)kumisensei
昨日の夕方、空を見上げていたら、彩雲が!
おまけに龍が2匹も映ってました。
幸運の知らせをもたらすとされる彩雲。
ま、例えやってきたとしても、幸せ~~~って思う自分がいないと、
彩雲を見ただけになっちゃいます(笑)
龍の写真も撮れると嬉しいのですが・・・ま、撮っただけで、
何もしないとそれだけのことに終わります。

無限に広げる思考や視野と
現実的な手法があったこそ、次の幸せも呼び込めるのでしょうね。

メンター


EDIT  |  03:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 お盆の後 

ここで供養会を行うと、くたくたにはなりますが、
暫くして、空気が少しずつ軽くなって行くのを感じます。
お盆の期間は、今では「帰省のための休み」みたいになっていますが、
その思いは、霊にとっても同じなので、この時期になると、
あ!帰らなきゃ!
と亡くなった人たちも思うのです。

そして、当然ながら、お盆が終ると、元の日常に戻ろうとする。
これまた霊にとっても同じ。
民族大移動ってことになりますから、その期間の影響は数日残ります。
お盆の期間は17日までと思われているところもあるので、
後数日で、一旦、空気は元に戻る予定。

9月のお彼岸までちょっと空気の思いのは、
なるべくお休みしたいところですが、そうもいかないのも事実(苦笑)
と、先のことは考えてもあんまり意味がないので、
多少、空気が重くても、耐えられるような体力と気力づくりに
励むことにしましょう。

被りやすい人は、スッキリとした自分に戻るための工夫を。
来週出かける予定の、瀧もそのひとつ。
けれども、瀧に入ったから被りが全部落ちて楽になるとも限りません。

「どんな段階になったら、瀧に入った方がいいんですか?」
という質問もいただきますが、それは・・・
無理なく、瀧に行けるタイミングがきた時。

タイミングが合わないと、瀧に入っても、入りました、スッキリしましたで終わる。

瀧行に限らず、どんな行も、その人のその時のタイミグがあります。
浄化を含めて、初めは、辛くも感じることもありますが、
同時に、いろんなチャンスをめぐってくるようになります。
そのチャンスも、一見自分のためになるようなものから、
本当の意味で、次の段階に進むためのものだったり。
どちらも、ピンチにもチャンスにもなりることなので、
冷静な判断が必要。

ところが、まだまだ浄化途中の思考回路には、
以前の「癖」みたいなものが色濃く残っていますから、
どちらを選択するかという場面で、浄化以前の思考回路で選んでしまう・・・
と、元に戻りやすいもの。

急激な変化は、例え、浄化であっても自分の身には
ついていくのは難しいし、堪えるものです。
時間をかけて、じっくり変化をしていくのは、自分のためでもあります。
忍耐強く、ゆっくり、確実に、変わって行きましょう。

台風が近づくにつれ、午前中は降りそうで降らなかった雨が、
午後になって急にひどくなりました。
ここの所、曇っても降りそうで降らなかったりしていたので、
雨が降る前も、降っている間も、そして一時休み中の今も
空気の湿気はかなりあります。
台風とともに南の海の匂いのする湿気がやってきた!という感じ。
気温はさほど高くなくても、湿気が体に堪えますね。

いつもの火曜日なら、空手の道場に出かける日ですが、
お盆休みで、台風の中出かけることはなくて良かったです。
とはいえ、台風が来た日も普段は練習にでかけるのですが(苦笑)
火曜日、雨が降る確率は不思議と高いので、
いつもの火曜日らしい、といえば、らしい天候。

明日の朝には収まるそうですから、明日もまた
お出かけくださる予定の方にとっては、暑さを除けば、
台風の影響はさほどないでしょう。

お盆の時期は、それなりに忙しくても、
世の中はお盆休み中だな・・・と思うことが多くて、
どこに連絡しても、今はまだ動き始めている感じがしませんでしたが、
そろそろ、普段の業務にみなさん戻られることでしょう。

ゆっくり、元のペースに戻ることにしましょう。

あ!また雨が降り始めました。
台風の影響はまだしばらく続くようです。
きっと、お盆休みの影響もしばらく続くんでしょうね。

メンター
EDIT  |  05:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 盆供養会 

14日、日曜日は、こちらでお盆の供養会を行いました。
都合が付かずにいらっしゃれず、供養紙をお預かりしたご先祖の供養も、
無事に終わったことをご報告いたします。

だんな様のブログにも書いてありましたが、
供養が進んだご先祖様は、その「時」が来るのを整然とお待ちです。

進む先の入口が、どうしてあんなに狭いんだろうね・・・
などという話になりましたが、あの世とこの世の扉は、
開き過ぎると、いろんな弊害もあるので、最小限にといったところでしょう。
イメージで言えば、そんな狭い出口に向かって、整然と
列を進めるご先祖様は、供養を受ける準備やそのあり方をご存知な感じ。

そして、これから供養を始める、という段階のご先祖様は、
入口に向かって一気に向かう、という感じがします。
(あくまでもイメージの世界ですが)

供養が進めば何が起こるかということは、
進めてきた人は、すでにご承知でしょうけど、
自分が自分らしく、変な邪魔が入ることが少なくなります。
各家に伝わる因縁は、良いものもそうでないものもあるはずですから、
供養が進んだからといって、全部が無くなるわけでもありません。

また、供養が進んでいない状態でわかる、見える世の中の流れや
自分の判断は、先を見通すことがなかなかできないので、
自分では十分、考えて出したつもりの選択や結論が、
同じところをぐるぐる回ってしまうようなこともあります。

供養をしたから、自分が成長しなくてはならない、ということではなくとも
供養をしたご先祖も、こちら側にいる子孫も、それぞれが
自分の力を存分に発揮できるチャンスには恵まれたいもの。
そんな流れを作っていけたら、最高ですよね。

14日の盆供養の次の日15日は、神様のご縁日でした。
連日、お詣りくださった方もいて、しっかり浄化をかけてもらいました。
先祖の想いは、想いで、大事なものですが、
やはり、お盆の時期の空気の重さを考えると、
浄化をしっかりして、これから今年4か月を乗り切りたいもの。

もうすぐ、瀧行にもみなさんと出かける日も迫ってきました。
持ち物は、道着と、根性、だそうなので、忘れ物がないよう(笑)

R0010638


メンター


EDIT  |  03:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 不思議なご縁 

もう一つのブログにも書きましたが、今日は遠くは中国地方からのお客様。
いつもご家族でお見えになりますが、偶然にも別にこちらにいらした方と
おなじ道場に通っていらっしゃいました。
ちょっと怪我をされたので、今は、休憩中。

何かを一生懸命続けるのも大事なことですが、
ちょっと休んだことで見えてくることもあって、
心の整理をするには、大事な時間だったりもします。

なんでもそうですが、あることを続けていると、
プラスの面とマイナスな面があるので、
自分の進みたい方向に、どうやったら進めるか、
それを探るには、大事な時間だったりもします。
自分の進みたい方向は、自分にしかわからないものですが、
できない理由はいくらでも見つかるものですので、
どうやれば、何を切り捨て、何を見つめればいいのかを
考えるために、立ち止るのもあり、でしょうね。
でなければ、まったく関係がないことで、例えば空手そのものが
大嫌いなことになってしまう・・・なんてこともありますから。

さて、さて、この方、おふたりともお医者さまなのですが、
またまた、まったくの別のご縁から、こちに旅行でいらした方が、
病気を治してもらった!と嬉しそうにお話をされていて、
う~ん、同じ県だし、どこかで聞いたことがある話だ・・・
とお薬の話などなどお聞きしていたら、なんと!担当の患者さんでした。

という、不思議なご縁続きの方ですが、今日もまた、
苦手な飛行機に乗って、通ってこられて、
久しぶりにお会いし、なんとも安心しました。
ご家族、色々ありながらも、ちゃんと前に進まれているのを目にすると、
こちらも嬉しくなってきます。
ご先祖も大事にされて、また新たなフェーズに突入されますが、
毎日、ちゃんと忘れずに、供養なさっている様子。
「千日終ったんですけど、気が付くと、毎日続けています」
と、習慣が体に沁み込んで、当たり前になった感じが何より一番。

明日は、こちらでお盆の行事を行います。
空気の重さも、マックスですが、最近、思うのは・・・
亡くなった人に対して、かわいそうという気持ち。
残念だったという人生を送られた人もあったとは思いますが、
こちら側がいつまでもかわいそうな人生だったと思っていると、
向こう側もその思いで自分の人生を見てしまうのでは?ということ。

こちら側の見方で、「その姿」が変化していくんだということ。
供養をすることで、できるだけその変化を良い方向に
促していけたら、自分もご先祖も、きっと前に進めると思ったりします。

明日は、そんな気持ちも込めて、しっかり供養したいと思います。

メンター

EDIT  |  02:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/13(Sat)

【だんな様は霊能力者】 その日の被りはその日のうちに 

この時期、暑さと共に堪えるのが、お盆の空気。
まあ、重い、重いと嘆いたところで、重さは供養が進まないと
変わらないし、自分の家の供養が進んでも、
街に出ると、ご先祖連れの方も沢山なので、
気が抜けません。

浄化が進むと、被りが堪えるようになりますが、
同時に自分の気を高めておけば、影響は、
自分の外側に留まり、体の内側まで入り込むことは少なくなります。
内側まで入り込んでない、という基準は、
「いつもの自分」でいられる気持ちを普通に持てる、
という感じです。
ちなみに、内側まで入り込んだ人は、
いつもと違った雰囲気になったり、
妙に落ち込んだり、暗かったりと、
雰囲気や表情がいつもと違って、何かが違う・・・という
違和感を感じます。

祓ってもらうと楽になるはずなのですが、
そんな場面になっても、「あ、私は大丈夫です」と、
それさえ拒否するようになると、逆に言えばかなり沁み込んでいると言えます。

はたまた、もっと厄介なのが、すこ~~しずつ溜まっていく被り。
ドンと被ると、自分でも周りの人もわかりやすい変化がありますが、
わずかな被りの連続は、自分も慣れれば、周りからも見えにくくなります。
その日被ったものは、その日の内に落とす習慣が、
何より自分を保つのに大事。

被りに変になれてしまっても、これまた、自分の基準が見えなくなります。
これぐらい大丈夫!なんて思っていても、被りゼロってのは、
人と関わっている限り無理な話といえるでしょう。

さて、さて、お盆の期間が本格的に始まりました。
まあ、始まったということは、終りも近いということで。
しっかり、ご先祖を想い、しっかり供養して、
こちらの世界でもあちらの世界でも、お互い、
しっかり過ごせるように、という思いを交換することにしましょう。



メンター

EDIT  |  03:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 どう祈るか 

いつもですが、伝授の日はとてもとても深い話になります。
パッと聞くと、ただの世間話に聞こえることでも、
そうでない、ちょっとぶっ飛んだ話の中にも、
モノの見方を変え、広い視野を持つためのヒントがたくさん。

昨日もそんな時間でした。
最近、神社に通いつづけ、それだけでは物足りず、
掃除を始めた人が数人。
掃除をする、というのは、基本中の基本ですが、
その中にもただ掃除をして、奉仕している気持ちを持ち始める段階から、
次の段階へ、気付きを得ていく時がやってきます。

確かに、自分にとって直接、掃除をする必要があるかないか、
わからないような場所であっても、そこを綺麗に保つということは、
N氏の縁ある神様曰く、
「磨いているのは、自分の魂」

だから、綺麗にした場所を誰かが汚したとしても、
せっかく綺麗にしたのに!
となるところ。
そんな視点だけでは、魂を磨いていることにはならないと。

そもそも、神社にはいろんな人が、いろんな気持ちで訪れます。
中には、ひたすら頼るしかない、という人もいるでしょう。
中には、こうなって欲しいという気持ち、その気持ちにもいろんな気持ちがあって、
それを感じた時に、被ってしまうぐらいのエネルギーを落としていくこともあるでしょう。

でも、自分が掃除をしていること、綺麗にしていることと、
穢れてしまうことは、究極、自分にとっては何の関係もありません。
自分がひたらすら、気持ちよく、神や仏と向き合う空間を作り上げる。
そして、その中で「祈る」空間を作り上げるための自分のための行。

どうしても、人は人と比べたりしがちですが、
祈りの世界に、他人との比較は、意味がありません。
もちろん、祈りには祈る姿勢を積み上げていく必要があり、
その姿勢を、まっすぐ祈る人達の姿をやヒントにしながら、
進んでいくという時には、何らかの参考にはなるでしょう。

最終的には、自分と祈る対象しか、そこには存在しないのですから。
祈る対象に、どうやって近づいて行くのか、
どう一体化するのか、工夫に工夫を重ね、考えている間に
自然と、思考が広がり、自然と、祈りが純粋になって行く。

そんな話がここで昨日は繰り広げられました。

また、祈る時、誰かを自分の思いに従わせたいと思っていないか、
誰かをいつまでもかわいそうな存在としていないか、
自分の人に対する「想い」も含めて、周りに対する
自分の認識を見つめることにもつながるものです。

とはいえ、人の悩みは尽きないもので、
広い視野を持ってしても、時間が経たないと解決に向かわないものもあったり、
自分の力だけでは、どうしようもないことがあったり。
人間の視野では、そんな風にしか見えないことから、
ふと、意外な展開が生まれたりすることも少なくありません。

祈るということは、「自分の必要なものを引き寄せること」だけではなく、
必要なものを引き寄せて、どこに進むかを宣言すること、
検証することでもあるのかな?などと、思うことがあります。

場合、場合によって、持つべき視点は様々ですから、
人間的な視野しか持てていないと思うのであれば、
もっともっと、神様や仏様から見た「それ」を意識してみるというのも、
大事な点なんでしょうね。


IMG_2475
IMG_2475 posted by (C)kumisensei

メンター

EDIT  |  05:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 怒りを流す 

先日、ブログで書いた、すご~く頭に来て怒ったこと。
どうなったかというと、そのまま(苦笑)
しばらく、「そのこと」に気を取られていましたが、
日常とはありがたいもの。
思い出すまで、思い出さないわけで。
でも・・・思い出したら・・・確かに、怒りがこみ上げる(苦笑)

ってな話に、私もそんなことがあります~っというコメントをいただきました。

時間が経てば忘れられることもあれば、
時間が経てば経つほど膨らむ怒りもありますよね。
それにいくら流した方がいいと自分で思っていても許せないものは許せない。
心の中の「それ」は、そのままの時もあれば、時に自然と成長するときも。

いや~、流せたら、本当にどんなに楽でしょう。
忘れたつもりでも、同じようなことがあった時に、さらに膨らんだりすることもある。
無理して流そうとすると、違うことが起こったりします。

ここは、ひとつ時間を置いて・・・。
「そのこと」との距離を自分から取ってみる。
怒りのお蔭で、努力できることもあるかもしれないし、
いつか、言って返そうと思っていること、
そのまま抱えておくのも一つの手かもしれません。

ただ・・・怒りを抱えておくと、意外と、自分の体に負担がかかる。
ってのを実感したのが今回。
相手は何も変わりませんが、確かに負担がかかった体は、
珍しく風邪をひきました(涙)
これも、あれも、相手のせいにしてもいいのですが、
ま、それも疲れるので、次に行きます。

そう、「流す」ってのは、本当に自分に取ってどうでも良いことに思える、
視点を探すことかもしれませんね。
そして、その視点は、相手にあるというより、自分の中にある。
相手は、相手で、同じようなことをあちこちで繰り返しているはずですから、
まあ、それなりの結末が待っているのかも。
でも、それさえ自分とはもう関係がないと思える心理的な距離が取れれば、
落ち着いてきます。
大体、忘れられないほどの怒りなどの感情を持つほどの相手ですから、
自分から近い存在だったりするので、「流さなきゃ!」って
頑張るより、流すのは、時間だったり。

ああそう言えば、そんな感情。
過去世のトラウマとして抱えていた私を含む、数人の会話。
いまさら、相手を探しても、この世に存在していない怒りや感情。
さて、さて、誰にぶつければよいのやら・・・。
残っているのは、自分の中の感情だけってことになるのですが、
解消しようにも相手はもういないのですから。
てなわけで、私たちが得た教訓は、
「流せるものは、さっさと流す」ってこと。

怒りを相手にぶつけるよりも、流せる視点を持てるまでに
成長した自分になった方が、ずっと自分が楽かな?
と、今のところは思っています。

IMG_2474
IMG_2474 posted by (C)kumisensei

何があっても、次の日はまた来る。
寝たら、新しい一日を始める気持ちでリセット!
ん~、理想。

メンター

EDIT  |  04:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 嵐を呼ぶ人(笑) 

今日はお釈迦様のご縁日。
こんなに暑いにも関わらず、お参りにいらしてくださった方の
根性も素晴らしいもの。

その内のおひとりNさんは、今のところ、嵐を呼ぶ男と言われています(笑)
その方がいらっしゃる時には、尋常じゃない雨が降ったり、雷がなったり。
そんなことが続きました。
今日は雨が降っていなかったので、いらっしゃらないかも・・・な~んて話をしていたら、
台風の影響で、かなり激しく吹く風(それも熱風)の中の登場(苦笑)

実は、浄化が始まると雨に出合いやすくなるというのはあるようで。
そして、その浄化が始まったころというのは、これまた運の底上げが始まる時。
運の底上げを促す選択と、これまでの習慣で選んでしまうこととが
入り混じる時でもあるので、頑張り時です。

先祖の供養を始めたばかりの方は、特に始めのころは、
自分の方が落ち着いて供養ができる状態になるまで、
ある程度、時間もかかることがあります。
もちろん、程度はありますし、供養の進み具合というのもありますから、
一概には言えませんが、ココが頑張り時というのは確か。
ご本人も毎年、この時期になると体調が・・・とおっしゃっていましたが、
少しずつしか進めないのも、事情があってのこととは言え、
頑張り時に、しっかり供養を進めるというのも、大事なこと。
でないと、供養をするこちらの方がくだばってしまうということが起こりがちですし、
途中でやめてしまうと、せっかくの努力が・・・ってことにもなりがちです。

さて、さて、お盆まであと数日。
フライングでもうあちこちに出かけると、ご先祖様を連れた方が多く、
人ごみに出かけると、特に辛い時期でもあります。

自分のご先祖様には後一週間、しっかり待っていただくよう、
一度お帰りくださいと伝えていますので、毎年のこと、
フライングしても無理~とわかっている我が家のご先祖は、
多分、時間、期間厳守でやってきてくださると思っています。

それに供養の進んだご先祖様の登場は、そうでない場合と
まったく空気も異なりますので、頑張り時にしっかり供養しておくことで、
自分も先祖もしっかり、別の世界で生きていくことができる、
それを目指して、もうしばらく、暑さと空気の重さに耐えることにしましょう。

メンター

EDIT  |  02:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 ドリームカップフェスティバル 

この土曜、日曜、東京体育館で行われた「ドリームカップフェスティバル」
を観戦に行ってきました。
我が道場からも数人の道場生が参加。
健闘して頑張っていました!










今年は、新人枠も加えられて、益々盛大に。


行き帰りの素敵な夏の空気と、会場の熱気で、
一気に熱中症な感じに。
一日目の暑さを反省して、次の日は誕生日にもらった団扇を持参。
助かりました。










この暑い中、闘っている選手は、もっと大変でしたでしょう。
それに、外国から参加した選手も沢山。
暑い日本で、熱い戦いを戦い抜いくとは!
感心する余りです。

2日間、じっくり空手を観戦し、凄く参考になって、
凄く、疲れました。
いつも通り、素晴らしい大会に仕上げスタッフのみなさんも
大変だったことでしょう。

2日ともばっちり晴れた空の夕日はとても綺麗でした。
IMG_2453IMG_2454

メンター
EDIT  |  02:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 夏を乗り切る 

さ~て、本格的な夏がやってくる。
今年はどうやって乗り越えようと思ったら、
不思議と、頭の中に浮かんだ食べ物。
それが、はちみつ梅とすいか、そして枝豆(笑)

それらをそろえて、さあ!乗り切るぞ!と食べ始めようと思った途端に
ひいた風邪(苦笑)
それでも、自分の感覚って、自分で信じてみたいと思います。
何しろ、実験結果が出るのはこれからなので。

魂の声を聞くのも
心の声を聞くのも
体の声も聞くのも

ぜ~んぶ大事。
問題は、バランスですもの。
体の声を聞かずに、魂の声だけで突っ走ってしまったり、
体の声を聞き過ぎて、心が折れ、魂にとってはつまらない日々を送ことも、
あってよし、でもそれだけじゃあ、バランスが悪すぎます。

魂の欲も
心の欲も
体の欲も
うまく、コントロールしていくには、自分の欲がどこから聞こえてきているのか、
自分から少しだけ切り離すことができ、振り回されることがないように。
切り離すことができれば、欲をなくす、ではなく、欲をコントロールできるようになる
それが目標かな?と思います。

ですから、体の声もちゃんと聞くのも大事。
今年の夏は、「梅干し食べたい」って声がしたので、それに従ってみようと思います。

好き嫌いがないに越したことはありませんが、
今の自分の体にとって何が必要なのかも、
体の声に耳を傾ければ、聞こえてくるようになるのかな?と。
逆に、そんな声を無視すると、いつしかそれは悲鳴となって、
その声に振り回されてしまうのかもしれません。

よく、体重が増えちゃって・・・食べてないんですけど・・・ってのを
耳にしますが、よくよく観察すると、
確かに食べてないけど、我慢し過ぎて、反動が来たり、
無意識に食べていたりと、極端だったりするな~と思ったり。

上手に聞き役になる。
それは、他人に対してだけじゃないんしょうね。

IMG_2399
IMG_2399 posted by (C)kumisensei
いや~、今日は暑かった!
体も心も、今日はできればお出かけしたくないと訴えていましたので、
それに素直に従いました・・・活動は少し、暑さが静まってから・・・。

メンター

EDIT  |  03:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/05(Fri)

【だんな様は霊能力者】 誕生日が残してくれたもの 

誕生日というと、ハッピバースティー!
この世に生まれて来てくれてありがとう!という意味で、
誕生日の人にメッセージを送ったり、送ってもらったり。
ケーキを食べたり。
最近ではお釈迦様や空海さんなどなどの誕生会も盛んです。

むむ?昔から、誰かの誕生日ってこんなにお祝いしていたのかしら?
ま~多少は、商業ベースに乗せられている気もしますが、
区切りをつけながら一年を過ごすことは悪くない。

去年のマイパースディ-は、30周年記念のパーティーの打ち上げと一緒に。
あまりにパーティー疲れしていたので、振り返るなんてじっくりすることもなく
あっという間にすぎてしまいました。
今年の7月は、それに比べれば比較的、静かな、一か月でした。

だんな様は、誕生月は運気が乱れやすい、といいますが、
やっぱり、何らかのスタート地点に立てば、
何かを続け続け、何かを区切って、捨てる、という整理は大事なんでしょう。
隠れていた小さなことも表面化したりしますが、
まあそれも、気付きのためのことであれば、
逃げずに対処すればよいだけのこと。

基本、目の前に降りてきたチャレンジ。
うひょ~~っと思いながらも、逃げないことにしている私。
ですので、チャレンジ大好き!と思われている方も少なくないようですが、
実は、人前に出るのも、人前でしゃべるのもあんまり好きじゃない。
苦手意識を自分で作りだしてしまう前に、終わらせる。
私なりの対処法。

でも、未然に防ごうと思っても、すべてを防げるものでもなく、
何かが起これば、そこで、対処すればよいだけではありますが、
心が乱れないことはないし、小さなことでも重なると、ストレスになります。
いや~7月は、そんな小さなことが、重なって、
まさにひとつ、ひとつはたいしたことがないのに、
気が付くと、結構、体に堪えていたらしく、
ここしばらく、ひいたことのなかった風邪をひいてしまいました。
きっと、感じていたより、体には負担がかかっていたんでしょう。

それに、ちょっと前に書いたように、怒ったことがあって、
今考えると、大したことがないのに、一人で怒って心に溜めていたら、
こういうのって、意外とエネルギーを消費するんですね。
それも、風邪をひいてしまった原因のひとつ。
人の思いはエネルギーを増大するときも、消費するときもあります、あります。

・・・というわけで、運気が乱れやすいという、私の誕生月が
終わって残ったものは、「風邪」(涙)
いや、いや、それ以外にもいろいろ、小さなこと、頑張ったり、対処したりしましたから、
きっと、これから先、それが何かにつながっていくんでしょう。

どんなに、一見運の良さそうな人をうらやましがっても、
自分の運は良くなりませんし、足をひっぱれば、自分も落ちてしまう。
運の底上げ~~!に努めても、小さなトラブルは人がたくさんいれば起こります。
そこは、冷静に冷静に対処しながら。
8月は、まずは暑さとの闘い!ですが、その前に、風邪、治します!

IMG_2385
IMG_2385 posted by (C)kumisensei

メンター

EDIT  |  02:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2016.08/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 心に引っかかること 

先日から、練習していた「後ろ回し蹴り」
少しは上達したかも?と思いますが、練習し過ぎて、腰が・・・。
何事も適当がよろしいようで(苦笑)
でも、ちょっとでもよくなると、またやりたくなるので、

・・・と、とあることがあり、実はとても怒りが心の中に。
大したことではないのですし、見方を変えれば、通り過ぎれそうなこと。
けれどもどうしても心にこの数日ひっかかって思い出す度に、
う~~ん、どうしたものか、と思う。
こうした、ストレスで腰が痛くなることもあるので、それも手伝っての腰痛。

他人が関わることだと、いくら自分にとって気に入らないことでも、
話し合いで解決できるものではないこともあります。
多分、話し合っても、溝が深まるばかりなこと。
こんな時、いったいどうしたらいいんでしょうね~~。

「とどまらないこと」

自分の感情を抑え込んでも、いつか爆発するのはわかっていますし、
変なところで爆発したら、返って、他のものまで台無しにしてしまう。
だから、消化しておきたい・・・というところまでは行っているのですが、
だんな様から受けたアドバイスは、ズバリ、「流す」こと。
自分が目標としているところを見つめ続けること。

せっかく神仏のご縁をいただいているので、
人間から見える「風景」と、神仏から見える「風景」
両方、見えるようになっておきたいものです。

どうしても人間的な感情に振り回されていると、
気が付くと、自分で自分を傷つけていることも少なくありません。
感情を爆発させたり、抑圧しても、何の解決にもつながらない。

起こっているように見えることから、心理的な距離を置ける冷静さ。
できるだけ身に着けるようにしてきたつもりでも・・・

「頭に来るときは、来るものさ・・・」

と、だんな様。
だから、流しなさいと・・・。
先の目標を見つめていれば、いつの間にか流れていく・・・

感情のエネルギーの大きい、感覚の鋭い人達にとって、
この部分は、訓練しておいて損はない、大事な部分。
「どうでも良い」ことを、本当に
「どうでも良い」ことにしてしまえる、視野。

こだわることは、他人がなんといっても関係なく、
迎合せずに、やり過ごす、あっさり感(笑)

むむ?ただいま訓練中です!

IMG_2381
IMG_2381 posted by (C)kumisensei
虹は見えませんでしたが、不思議な色が。
最近の空は、にぎやかです。

メンター

EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |