2017.04/28(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

自由に心を閉じたり、必要に応じて開いたり。
それこそ、心のままにできたらステキですね。

感覚のある人は、心を開いたり閉じたりできますが、
さ~て、コントロールできているかという話になると、
これには訓練が必要。
閉じてしまいすぎても、開き過ぎても、どちらも辛い思いをしますし、
何しろ、自分らしくいられない息苦しさが、自分を苦しめることに。

さて、さて、昨日はいつものように伝授。
魂の癖と、自分の癖は、似ています。
とういうか、似ている器に魂が入るという方がわかりやすいかも。
ですが、魂はその癖を持ちながらも人生を生き抜く間に、
もっと自由になろうと思っていることが殆ど。
だけど、執着を捨てるのは、意外に困難にして、
最大の敵は、自分の中にあります。
何しろ、捨てるだけ、なのに、捨てられない癖、なのですから。
ま、そんな自分も含めて自分、と思った途端に捨てられたりするから、
単純に「捨てる」という作業のシンプルで難しいこと(苦笑)

あちこちにぶつかりながらも、そこから学び、データー量を増やして、
あなたも、あなたの魂も進化中。
お弟子さんたちもどんどん先に進んでいます。

今週のご神託もそんな内容。

時は動き、同じ時は二度と来ない。
良き道に進め。
歩みを止めるな。
禊が終り、次の段階に入っても休むことなく次へ進め。

ただし、魂のエネルギーが解放され強くなると、
その者の言霊は強くなり、周りに対する影響も大きくなる。
時にはその強さ故、人を傷つけることがあることも心に留めておくこと。

というお言葉でした。

最近、時の流れの速さというのは、身に染みて感じていますが、
流れ出す時の勢いの良さというのは、今年に入って特別速い感じがしています。
それだけに、緩める時は、しっかり緩めていないと、張り詰めた糸のように
切れやすくなってしまいがちです。

私のように、目の前に落ちてきたことに、勢いだけあって、
何も考えずに飛び込むタイプというのは(笑)、
修行を修行と考えもせずに、ダッシュし過ぎてしまうということも。

思っているより、慎重で、自分の中に不安があると、
目の前に落ちてきたものにひとつひとつ不安を感じ、
戸惑ううちに通りすぎて、不安だけが心に残るということも。

どちらも、バランス。
勢いだけでもダメでしょうし、慎重すぎてもね。
心を開いて、魂を解放する「対象」をしっかり決めましょう。
こわくても、その「対象」の前では、その「中」では、
自分を解放しましょう。
不安の中で生き続けるより、ずっと安全です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
スポンサーサイト
EDIT  |  03:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/26(Wed)

【だんな様は霊能力者】 「いつも」という軸 

この世に時間があるように、この世に暦があるように、
「いつも」を維持するのは、神様のお仕事です。

時には、その「いつも」が自分にとってありがたかったり、
都合が悪かったりというのが人間。

だからいつも何を「軸」にすればいいのかを意識しています。
流すべきこと、どうでもよいことと、ぶれない軸。
理想ですが、なかなか、人間ですものの感覚も捨てがたい(苦笑)

「いつも」は安心感につながりますが、それこそ人間の眼で見ると、
見えなくなってしまうこともしばしばですから、目には見えない軸を
意識しておくと、なんとな~~く、流れが視えてきたりします。

同時に「いつも」は、意外な積み重ねを生み出したりもしますので、
これまた、素敵な積み重ねだったり、ただの習慣になったり。
心や意識も一緒に積み重ねることを忘れずに。

「いつも」は、時間という横軸を経ないと作り出せないだけに、
一旦、時間軸が崩れると、戻すのが意外と大変。

「いつも」側にいる人ほど、自分自身と錯覚しやすく、
都合によって、急に他人になったりと、複雑で、
相手の思いや立場が見えなくなることもあります。
夫婦は「いつも」を作り出す、大事な基本。
最近、夫婦の問題が多いと昨日も書いたのですが、
自分の身の周りにある「いつも」は、それ以外にも沢山あります。

「いつも」に囲まれて安心できている自分を大事に思えれば、
感謝の気持ちも自然と湧いてくるでしょう。
それを維持するのがお仕事の神様に対する気持ちも。



いつものように昇って、いつものように沈む太陽。
最近、なんだか物騒な話題も少なくなく、平和な風景を平和に感じられることが幸せだと思います。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  04:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/25(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月例会と神様のご縁 

日曜日は、いつもより少しスロースタートな雰囲気がしつつも、
まずは護身法から。
お教えしている初級の方も、形はほどんど出来上がりつつあります。
後は、意識の広げ方、同時に、意識の焦点の当て方。

実は、霊能力など感覚のある人は、とても電波をひろいやすいので、
役に立つ情報も、そうでない情報も同時に入ってくる。
ですから、あれもこれもと気がそれやすいのです。
せっかくの感覚、入ってきたものが必ずしも体に優しいとは
限りませんので、被って体調を崩すことも少なくありません。
また、どんな情報であれ、電波を拾いすぎると、体がそれに
耐えられないということも起こります。

自分が持っている感覚を整理するには、
ある順番があり、それはまるで、箱に入れたネックレスが、
ごちゃごちゃになっているのをほどくみたいだ~~と思うこともしばしば。
でも、根気強く続けていれば、糸口が見えてきます。

続いての太極拳は、いい感じで仕上がってきました。
もちろん、覚えてからも細かい部分を見直していく必要があるでしょう。
間に、休憩を挟みつつ、瞑想の時間に。
自分で瞑想をしていても、あちこち意識が散ることが多いので、
意識の保ち方を。
20分間ほどみんなで瞑想しましたが、感覚的には5分ほどにしか
感じませんでした。

夜になり、用事で遅くなっても、ちゃんと顔を出してくれました。
仕事などなどあっても、一度ここでリセットすることで、
一か月を有効に過ごそうとする姿勢にはいつも感心します。
もちろん、体の不調や被りなど、帰る時には一度整えて。

また、夜遅くなって、神様とのご縁がより深くなった人達もいて、
その接し方や日常に変化が起こるのかと緊張の面持ち。
いやいや、神様とのご縁が深まる転機が来ても、
突然、日常に起こることが変わるわけではありません。
むしろ、日常は変わることなく続き、
それをとらえる自分の感覚に変化が起こるといった方が
正確だと思います。
その際、ご神託もいただきましたが、
この4月5月、新たな環境に入り、期待と不安が混じる頃。
禊がそろそろ終わるものも、禊が相変わらず続くものもいる。
自分の思い次第で、禊は終わり、次の段階に進める。
前を見て進むものには、必ず神が後押ししていると伝えてくれ。
という内容でした。

濃い、濃いの一日は、こうして終了。

そうそう、だんな様も書いていましたが、ここの所多いのが、
夫婦の間のコミュニケーションのずれ。
中でもご主人がイライラしてばかりで・・・という内容が妙に多い。
だんな様は常常、「ちゃんとお嫁に行ってますか?」と、奥様に尋ねます。
夫婦はある意味運命共同体。
どちらが上ということはなくとも、新たな家を作る第一歩である結婚で、
もともと他人だった二人の価値観のずれは、あって当然です。
そこをどううまく折り合いをつけていくか。
お互いの「自分の方が正しい」と思うこと、
「こうすればいいのに」と相手に対して思うこと、
それをいくら、相手にぶつけても、解決の道は見えてきません。
というか、返って、険悪になるばかり。
大事な相手だからこそ、本当に大事にしたいものだと思います。
さて、大事にするとは???
それは、お互い話し合ったりしながら、日々を積み重ねる中で
わかってくる部分もありますよね。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/23(Sun)

【だんな様は霊能力者】 だんな様は霊能力者 

「だんな様は霊能力者」という書籍を出してから、
もう、8年ほどになりますが、今でも、「読みました」と、
お出かけくださる方があり、大変、嬉しく思います。
今日も、そんな方が遠くからお見えになりました。

ここのところは、あなこわ、や、単行本になった漫画を見て、
おいでくださる方も多く、実物との違いに驚かれたり、
想像どおりだったりと、これまた色々ですが(笑)

さて、9年前から何が変わったかというと、
自分が年を重ねただけ・・・(汗)とかならないようにしたいものですね。

どんな映画も本も、めでたし、めでたし、の後も人生は続いているので、
あの本の後も、ずっと、続きがあり、今に至っているわけですが、
何も変化していない部分も、ちょっとわかるようになったこともあります。

一番大きな変化は、多少の被りであれば、耐えられるようになったこと。
とはいえ、うっかり気を許すと、ガッツリきて、ヘロヘロになるのは同じ。
でも、体力が付いた分、復活はかなり早くなりました。
きっと、感覚も前よりは鋭くなっていると思いますが、
何しろ、「祓うこと」ができないと、体への負担が半端ないので、
感覚で受け取ったものをうまく利用できなくなってしまいますもの。

8年前に出した本が、いまだにあちこちでお仕事してくれていると
思うと、なんだか感慨深いな~~と。
変わらず世の中のどこかで、少しでも役に立ってくれているなら、
これ以上のことはなし。
と、変わらぬことと、変わって行くこと。
変化は仕方のないことでもあるので、上手に変化の波に乗って、
無理なく、過ごせたらいいなと思います。

続きを電子本でだそうかな?とかいうアイディアもなくはなかったのですが、
気が付くと、途中でその必要を感じたり、感じなかったり。
それこそ流れ、なので、無理せずしばらくは、こうしてブログを
書き続けることは「変えず」にいくことにします。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/22(Sat)

【だんな様は霊能力者】 説得力と現実 

同じ言葉なのに、説得力があったり、さほどなかったり。
どうしてだろ?
という疑問は、今でも私の中で持ち続けていること。

霊能力のある人というのは、妄想と想像力があるので、
色々、語ることもあるけど、それが実現に結びつくことも、
いくら現実的に思えても、そのままアイディアに終わることも。

自分の言葉に説得力を持つには、それだけの経験を積むしかないのでしょう。
そうなると、苦労した人しか語れない?
ってのは、むか~~しから、私の中で渦巻いている疑問でもあります。

試練というのは、誰にでも訪れることですが、
それに逃げずに立ち向かうことで、次のステップがやって来るわけで。
試練がなくなるってのもあり得ませんしね。

多分・・・自分の目の前に落ちてきたことをひとつ、ひとつ、
ちゃんとやってきたかどうか、それしかないんだろうなというのが
今のところの結論。

誰かがこのままじゃ、苦労するよなと思ったところで、
苦労する前にその種を取り除いたら、
苦労するだろうと思ったことは、果たして現実だったのか、
ただの取り越し苦労だったのか、本人にも周りにもわからないわけで。

やみくもに苦労する必要はなくとも、
やみくもに苦労させる必要はなくとも、
苦労する、努力する、価値のあることは、
ちゃんとその人の前に転がっているものですから。
たとえ、親であっても、本人の宿題は本人がやってこそ実になるものなのでしょう。

周りでじっとそれを見まもることの方が、
やってあげることより簡単に思えるかもしれませんが、
長い目で見た時、そうかどうかは、時間が経ってからしかわかないわけで。

信じて待つ、しかないことも沢山あります。
こんなことになったら、
あんなことになったら、
と、不安はわかりますが、究極、あまり役に立たないもの(涙)
その不安、妄想かもしれません(苦笑)

昨日の、ご神託にもあったように、むやみな不安は、
百害あって一利なし、ってことなんでしょうね。

そして、自分の言葉に説得力を持たせるには、
不安から、ではなく、自分の一貫した姿勢から放つ言葉、
それしかないのかな~と思います。



どんなに心配してもしなくても、花は咲く時期になったら、咲きます。
本人、都合です(笑)

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/21(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日は、いつも通り、伝授を。
毎週、毎週、仕事の都合をはかりながらの伝授。
お弟子さんたちは、大変だろうな~と思いつつ、
この繰り返しが、確実な進歩につながることも確信できています。

毎週のご神託とて同じこと。
それこそ、神棚に向かって心を開けば、
意識で来ていようといまいと、神の光も、エネルギーも
ちゃんと深く伝わってくるはずですが、
敢えて、言葉にして神に語り掛け、
敢えて、言霊のある言葉を戴くことの繰り返しから
受け取るメッセージは、何とも身に沁みます。

お弟子さんたちは、それぞれ、それぞれの段階のお言葉を
いただくのですが、あちこちぶつかりながらも、
まっすぐ進む覚悟のできている人達ですから。
いろんな迷いも、進化のためと、安心してみていることができます。

今回は、道場で行われた祓いの儀式が、いかに直に神と触れる
大事な機会だったか・・・ということを気づかされました。
自分に与えられた機会をどのように受け止めていくかは、
その後の自分の成長に大きくかかわってきます。
掛け軸を変え、祓いの儀を終えた道場の空気は、
以前とは全く違うことからも、それと実感しました。

さて、このブログをお読みのみなさんへのご神託。

この時期、新たなる息吹が目覚める時。
新たなる門出に心を奪われて、人々の祈りの力が
少し弱まってしまうのも致し方ない。
落ち着かない、ざわざわした日々が、5月初めまでは続くであろう。
そんな空気の中で、おろかな不安を抱くことなく、
神の道を進むという強い意志を持っておくこと。
不安など、まったく必要がない。そればかか、
むやみに不安を持てば持つほど、深みにはまる。
常に、どこにでも神は存在しているだから、不安など持つ必要はないので。

人によっては、禊を終え、次の段階に。
人によっては、まだまだ禊が続くものもいるが、
いずれにせよ、心してかかれば、悪い方向へ進むことはない。

確かに4月に入り、肌で感じるほど流れが変わったと、
私も実感しています。
また、新年度を迎えたこの時期、何となく落ち着かない感じの空気も漂っていますが、
5月になると、またさらなる変化の風が吹く感じもしていて、
今年は、変化の風が早い、というところです。
こんな時は、ああ、こうしていれば・・・ああ、あれがあったら・・
と、過去を振り返っている間に、今が通り過ぎてしまいやすく、
そうなると、いつまで経っても、後悔しながら日々を過ごすことに。

その日のことは、その日のうちに、
良い意味で、忘れましょう(笑)
そして、流れの速さについていけるよう、
意識を変えることが大事かなと思います。
さらには、こんな時ほど、軸となる、日々の中の繰り返しを大事にしましょう。
幸運も大きな飛躍も、その中から生まれます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/19(Wed)

【だんな様は霊能力者】 基本が基本 

すべてのことは、基本に戻ることで、解決することが多い。

運動の選手だって、お仕事で窮地から脱出した人だって、
困ったこと、トラブったこと、そんな中から、
見落としてしまっていたことを、カバーするのに基本に戻る。

ああそうか・・・と、今、スピリチュアル系の本を読みながらも、
基本に返る大事さを実感しました。
人が人に語り継ぐというのは、とても大事なことですが、
どうしても間に人が入ると、その人のフィルターがかかってしまうもの。
バージョンアップしている分、新しいものは、使い勝手が良くなることも、
その逆もあり得ますから、当然のことですね。

何かを追求して行く時、何故?なぜ?という疑問は、
必ず自分の中に湧き上がるものです。
教えられた内容をそのままうのみにしていただけでは、
なかなか、自分のモノとしてアウトプットできないものですのもね。

ある意味、ここに通っている人達は、自分らしく生きるための基本を
学びにきているのかもしれませんね。

さて、その基本を身に付けるには?
とにかく、基本を五感で自分のなかに沁みとおるまで。
基本の場に通い、空気をすい、そこで時間を過ごすことが
一番の近道です。
本を読んだり、人から聞いたりするもの、一助にはなりますが、
マスターするのはすごく時間がかかるし、十分ではないでしょう。

人として生まれたなら、先祖に思いを馳せるのも基本。
ある土地に住んでいるのなら、その土地の神にご挨拶するのも基本。
その他、自分が身に付けたいものの基本は、続ける中でしか
わからないことが沢山。

得てして、基本は退屈なものですが、その退屈さを
自分の工夫で補いながら、ひたすら感じ続けることが大事なのでしょうね。
ああ、そうか!とわかるまでに、どんなことも3年はかかります。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/18(Tue)

【だんな様は霊能力者】 神仏との付き合い方 

今日は、観音様のご縁日。
みんなで読経をし、日頃の被りをスッキリ祓ってもらいました。

その後、話題はまず、パートナーの話に。
相手に完璧を求めないようにとか(笑)
出会うのは自分の身辺整理が先ですとか(笑)
まるで、○○相談所みたいな、あるいは、ガールではありませんが、
ガールズトークみたいな話題ですが、
生きていく中で人生のパートナー選びは大事な事。
相手を間違えると、幸せになるために出会ったのに・・・
なんてことになりますから、素敵な人と出会うには
その間にも自分が素敵な人になる努力を怠っては、ね!

それから、氏神様や神様との付き合い方の話に。
とても真面目で一所懸命な頑張り屋さんですが、
引っ越して、ある問題が片付くまでは・・・と、
氏神様へのご挨拶を控えていたと。
ええ!順番が逆ですぅ~~とお話させていただきました。

自分の身辺整理を人間の感覚でやっても、
神様に認められる形になるどころか、
住んでいる場所の許可を取っていないことになりますから、
自分の力で片付けようとしている問題だって、
なかなか、スムーズには進まないものでしょう。

時々、こうした話に似たことを耳にします。
自分の気になる部分が解決したら・・・
きれいじゃないから・・・すっきりしたら・・・
いやいや、神様の眼から見て、完全にきれいになるということなど、
肉体に宿っている間はあり得ませんし、
そのぐらいのこと、神様はお見通し。

どんな理由も、どんな事象も、神や仏の前では、
やらなければ、すべて言い訳にしかならないのです。

だからと言って、がんじがらめになる必要や、むやみに
形式ばった付き合い方をする必要もありません。
親しく、親しく、足しげく通う中で、神様との距離を感じていく。
この部分では、人と人との付き合いとまったく変わりはありません。

お世話になっておいて、本当に幸せになってから
お礼に伺おうと思っていた・・・なんて、世話した人に言われても、
ムムム?ですものね(苦笑)

まずは、今、ここで自分が生活できていること自体の
感謝を届けるためにも、ただ素直に氏神様に足を運びましょう。
短絡的でもなんでも、それが一番の開運への近道です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  02:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/17(Mon)

【だんな様は霊能力者】 道場10周年のお祓い 

昨日は、我が道場が10周年を迎えた行事。
だんな様が、道場のお祓いを。
IMG_3915

そう、そう3月にみんなで鹿島、香取に出かけて手に入れてきた新たな掛け軸。
初お目見えです!

私たちも道場ではしっかり被りを落として帰りますから、
10年も経てばそりゃあ、色々溜まってくることでしょう。
ですので、だんな様+お弟子さん2人、いきなりフルスロット。
全開でのお祓いのお蔭で、道場の空気はスッキリ。

ただし、道場でもだんな様が話をしましたが、空手などの道場での
神棚を祀る意味としては、武芸の神を目標として、そこに近づくという意味で
祀られています。

お祓いなどを行うと、その後が疲れるだろうと思われるのが一般。
もちろん、それもありますが、「前被り」といって、
その前に、今からやって来る空気が流れ込むことが多いです。
道場のお祓いの前も、なかなかなものでした(苦笑)

次の日の今日は、どうやら、どこからか呪詛がかかっているようでと
ご相談があり、どこからやってきているのかを含め確認。

という、このところの行事の集中っぷりに、痛めた肋骨のところが、
異常に痛いということが続きました。
被りもそうですが、何か面白くない気持ちとかが誰からか飛んできたり、
そんなことも含めて、浄化に努めておかないと、
自分の体の不調が、初めはかなりバーチャルなものでも、
暫くすると、本当に調子が悪くなることがあります。

私の肋骨の痛みなどは、その典型。
もともと、ここまで痛くなるほどのものではなかったはずですが、
たまたまのタイミングで、祓いが必要なことが続くと、
極端に治りが遅くなったり、体がむくんだりします。
その証拠に、あ~~んなに痛かった痛み。
今では10分の1ぐらいに、収まってきましたから、
このまま順調に自分浄化進めれば、数日で治ると思います。

スピリチュアル系の本訳という仕事柄、こうした「思いの力」を扱うことが多いのですが、
どうしても科学的に解明しようとする内容になってしまうのは仕方なく、
とはいえ、起こることはこうして起こっているというのを
自ら体験したり、周りで起こっていることを見聞きしたり。

この前、リーディングをした本では、思いのエネルギーを数値化するのに
苦労している話が出てきましたが、それを図ることができる器具ができるまで、
多くの人にとっては、「ないもの」「みえないもの」「あやしいもの」の
範疇になってしまうんでしょうね。
ただし、「ある」と断言するには、自分がそういう経験をしないとわからず、
思いのエネルギーを感じている自分を素直に認めるなど、
学んで行かなくてはならないことも多いので、むやみに
良いことばかり起こるだろう・・・な~~んてのとは、ちょっと違ったりします(苦笑)

いずれにしても、道場はスッキリ。
これからも、これまでと変わらず、できるだけ長く通うつもりでいます。
また、今日、おいでになった方も、とても楽になられたようで、良かった。

スピリチュアルなことに関わったりするのに、まず第一大事なことは、
「祓えること」
できるだけ祓って、フラットな状態を保っていることが大事です。
このぐらいと思っていると、暫くは大丈夫な気がしていても、
必ず体に負担がかかってきます。
普段から、被りに慣れ過ぎているのも、あまり良くありませんし、
被るのを怖がっていると、返って被りが自分の中で増幅します。
被りがゼロということはありえませんから、
多少の被りははじけるオーラ、入ってきたものを外に出せる体力、
弱って不調が出ても被る原因となったものが外に出ていくまで耐えれる気力と体力。
一朝一夕にはつかない力ですから、日常を大事にしたいものですね。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター



EDIT  |  01:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/15(Sat)

【だんな様は霊能力者】 神様との距離や付き合い方 

桜の花も散りはじめ、出かけたついでに見た桜はもうすっかり葉桜に。



我が家の隣の桜は、今が桜吹雪まっさかり!




ちょっと早めに、花見に行ったという女性が、仕事の疲れを抜いてもらいに
やってきました。
神様とのご縁が深い彼女。
いろんなことやものを、神様の視点から常にみることができる彼女ですが、
だからと言って、いやだからこそ、日々のいざこざにちょっとお疲れ気味。
人は良く、神様や仏様にお願いをしたり、頼ったりすると楽になるものだと
思い込んでいますが、縁が深くなればなるほど、日常が辛くなることだってあります。

なんだか小さいことに、つまらないこととわかりながら、
振りまわされたり、悩んだり。
つまらぬことだとわかっているからこそ、そんな自分にふっとため息。
そんな時だって、いつも話し相手は神様という彼女。
ぶつぶつ言いながらも(笑)、ちゃんと自分の役目を引き受けることに
迷いはありません。
自分の役割といっても、じゃじゃじゃ~んという、人目につくような
大きなものから、小さな小さな積み重ねまで。
役割があるから、目だったり、何かを成し遂げたりしなくては!
というのとも、これまた少し違います。

自分の信じた筋を絶対に曲げず、譲らず生きていくのは、
時にはしんどいと思うこともあるでしょう。

そして、そんな彼女の進み方は、これまた彼女の道。

神様との距離や、付き合い方は、人それぞれ異なるものです。
ですから、「自分の付き合い方」は、人の参考になっても、
決して誰かに押し付けてもうまくはいかないのが普通です。

それぞれの進み方や、スピード、段階を尊重し合える
仲間がいれば、すべてが自分の参考になります。
ゆめゆめ、「仲間だから同じように」という考え方では、
仲間どころか、仲たがいになるのがオチ(苦笑)

私もここでお弟子さんたちがそれぞれの距離で、神仏と付きあいながら、
あっちにぶつかり、こっちにぶつかりしているのを、眺めてきましたが、
みんな真剣だからこそ、ぶつかる壁もあるわけで。
その姿がとても自分の参考になります。

違いがあるから、自分らしさがわかりやすくなる、というはあり!ですものね。

皆さんも「自分らしさ」を見つめるために、他人を観察してみましょう。
なんで、ああしないのかしら?という、批判的な見方をしていると、
自分が苦しくなるだけだったりしますから。

さて、さて、私たちは明日は、武芸の神様にお会いしてきます!@道場

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター



EDIT  |  02:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/14(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

水曜日の夜は、伝授の日。
夜になって、気温も下がり、雨も降りだしてしまった夜でも
いつものように、いつものメンバーが朝まで。
伝授といっても、これとこれを覚えなさいということではなく、
日常にある、いろんなことを題材に。
一見すると、なんともない雑談に聞こえることも少なくありませんが、
その実、その雑談に思えることの中に沢山のヒントが含まれています。

さて、昨日もご神託をいただきましたので、まずはそれをお伝えしておきます。

4月に入り、自らの考えがどんどん表に出てくる時である。
そして、その考えが実現するのが早い時でもある。

だからこそ、今一度、自らの言葉、行動、意識に気を付けよ。
神の世界を目指す者としての姿勢を今一度見直すように。

先日から吹き荒れる禊の風は、まもなく止むと考えられる。
ただし、些細なこと、いざこざ、そのようなつまらぬことで
足元をすくわれぬよう。
繰り返すが、今一度、その言動に気を付けよ。
言葉にしてしまうと、神に関わる者には「言霊」があるゆえ、
余計にその影響は大きい。

世の中のいざこざや、むやみな争いなどに、首を突っ込み、
自らの世界に穢れを呼び込むことなかれ。

4月までの禊の風は、体感的にも非常に激しく感じられ、
そうきたか!という禊が様々な人に、様々な形で訪れているのを
目の当たりにしてきました。
ただし、さっさと禊を終わらせた人たちは、次の段階に入っています。
禊というのは、甘んじてすべてを受け止める気になると、
そんなのあったっけ?ぐらいなこととして通り過ぎることができます。
抵抗すればするほど、ぐちゃぐちゃに、自分でやってしまうものです。

さて、先のことばかり読んでも仕方がないのですが、
私には5月にはまた別の風が吹き始める感じがしています。
月が替わることに、風の変化がこれほど感じられるのも珍しい!と思っています。

5月の風が吹いてきて慌てなくてよいように、
そう、そう、「思えば叶う」時期なのですから。
このご神託を聞いただんな様が一言。
「じゃあ、良いことばっかり思えばいいだけじゃん」
その通り!
風には上手に乗りましょう。

ただし、上っ面の気持ちで風に乗れば、こんなはずじゃなかった場所に降り立つ羽目になったり、
思うには思ったけど・・・みたいな修正は、実現するスピードが速い時には、
なかなか効かないもので、後の祭り・・・とならないよう。
ちょっと立ち止まって、自分に取って本当に実現してほしいものかどうか、
目の前の事象に惑わされずに、思いを叶えて行ってくださいね。



連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/12(Wed)

【だんな様は霊能力者】 器用な部分 

だんな様も私も、器用な部分とそうじゃない部分あるね~なんて、
話をしました。

一番身近な話でいえば、空手。
運動神経ゼロではなくとも、かなり運動から遠ざかっていた私。
昔からそうですが、器用じゃないので基本からしっかりやらないと、
なかなかできるようにならないものばかり。
でも、しばらくすると、意外とちゃんとできるようになっているというのが常。
ですから、空手もやっていればその内・・・。
器用じゃないから続ける訓練ができているのかもしれません。

器用な人は、見ただけでパッとできたりして、ま~何ともうらやましい。
でもそれだけに、暫くして見回すと、いなくなっているってことも。
器用じゃないから丁寧に、器用じゃないから気長に。

霊能者の中には、とても感覚が鋭く、運の良い人も沢山いて、
ちょっとやだな・・・と思うと、次の手がすぐに伸びてくるって。
だけど、そうやって器用に渡り歩いていても、いつかは勝負所にやってくる。
その時、逃げないで、踏ん張る気力があれば、
きっと本当に思い描いたようなものが降ってくるんでしょうけど。

自分の居場所は、踏ん張って作り上げるしかありません。
人間の付き合いは、信頼関係でなりたっているのが、
一番安心できます。
信頼関係を作り上げるには、時間が必要ですから。
時間をかけて作り上げたものは、なかなか崩れることがありません。

なんと!だんな様は人づきあいは、器用じゃないと!
だからこそ、ひとつひとつ丁寧に。
雑になると、抜けが出て、そこから崩れることや、
補うことに力を注がなくてはならない羽目になることも。

頑張って、成長するのも先に行くのも大事ですが、
足元はしっかり固めながら進みたいものです。
その時、自分の器用じゃなかった部分、それを積み上げたことが、
役に立つ時が来るかもしれません。
それまで・・・踏ん張りましょう!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  05:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/11(Tue)

【だんな様は霊能力者】 頭ではなく心で 

頭で考えすぎてる・・・・だんな様が良く言う言葉です。

ところが、頭で考えるのに慣れていると、言われている意味が分からない。
というか、頭を働かせるのを止める必要さえ感じられないもの。
ところが、限られた頭脳で考えても考えても、答えや進む道がわからなくなった時、
初めて、頭脳の限界を知る…実感することになります。

理屈は入口でしかない

スタートレックの中でスポックが語ったとなれば、
より深みを増す言葉ですが、理論、理屈にはその先があるわけで。

この前やっと終わったリーディングの本の内容は、
心や意志が伝わっているというのをどう数値化するか、
どう再現できるものとして実証するかに苦労している人の話。
例えば、水にある意識を伝えたとして、それをどう証明するかとなると、
ちょっと以前に、話題になった、水は答えを知っているという本だったと
思うのですが、水に言葉を投げかけ、その結晶を映像化するという。
斬新な発想の本でした。

さて、リーディングした本の中で知ったのですが、
その博士が、琵琶湖の水をみんなの意志で浄化するという
試みをしたとか。
さて、さて、浄化されたかどうかをどう数値化するか、
これまた悩みどころ。

科学は万能であって欲しいのですが、科学にも限界はあります。
そして、それでも挑み続けている人達がいるというのも素晴らしいことですね。

それに比べて、エイブラハムの切り口は、まったく異なるもの。
自分の意志で自分の人生は創造できる!という。
心で願う、頭で考えたことではない、本当の自分が願うことは、
宇宙が必ず答えてくれるという。
そして、その創造のプロセスを人間と共に感じ取りたいという意図で、
物質世界との交信をしていると述べます。

こうして、書籍となったものは、実際に現実世界で、いろんな実験をしたり、
交信をしたりした時から、私が目にするのはすっと後のこと。
実際の彼らは、もっと先に進んでいるか、どこかでまた先に進む手段を
手探りしながら、迷っているか。
それは、知る由もないのですが、その間にも「理屈」「理論」だけでは、
解決できない問題は次々起こるわけで。

そうした問題を現場で少しでも「解決」したり、
進みやすく一緒に整理したり。
現場で問題に直面している人達にとっては、
時に、理論、理屈は後回しということもあります。

だからと言って、理論、理屈がどうでもよいということではなく、
やはり、筋の通ったものでなければ、解決したと思ったけど・・・
また同じことの繰り返し・・・的な一時しのぎになってしまうことも。

それぞれ、扱い方、アプローチの仕方が異なるだけで、
きっと目指すところは同じなのかもしれません。
いや、目指すところが違っていても、その違いから気が付くこともあります。

自分の進みたい筋を見つけ出す、そのプロセスにこそ、
先に進むヒントがたくさん隠されていたことに気が付くのは、
暗く感じるトンネルを抜け出した後のことだったり。

すべての可能性に心を開きましょう。
目の前に落ちてきている自分に取っての課題は、
ヒントや学びの宝庫なのですから。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/10(Mon)

【だんな様は霊能力者】 頑張りすぎると心も体も委縮します 

日本の文化では、「耐え忍ぶ」のは美徳とされています。
我慢する、じっと耐える。
とても大事な要素ではありますが、あまりにも自分を殺して
生きていると、知らない間に、自分が自分で見えなくなってしまう。

耐え忍ぶのを良しとして、頑張りすぎると、
気力、体力がいつの間にやらゼロになっていることに気づきます。
というか、気が付いたときには、ゼロからプラスに戻る気力さえなし、
体力も食欲も、そして熟睡もできていないということも。

食欲というのは、とても敏感というかリトマス試験のようなもので、
精神状態がとても反映されやすいものですから、
自分の精神状態がよくわかる。
食べる気力さえなくなっている時は、かなりダメージを受けていることになります。
また、感覚の鋭い人というのは、食欲にむらがあり、
まったく食欲がない時は、一日中何も食べてなかった・・・なんてことも。
逆に、一旦食べ始めると、堰が切れたように食べ続けてしまうことも。
精神と肉体の感覚の繋がりが、どちらかというと弱く、
心の声だけ、体の声だけ、をその時、その時聞いてしまうのでしょうね。

残念ながら、そんな極端な食欲の上下があっても
若いころは体自体が丈夫なので、どうにか乗り越えられます。
だけど、年を重ねると、そうもいかず・・・(涙)
本人には気が付きにくいのですが、好きなものを好きなように
食べすぎたり、食べなさすぎたりしていると、日常のいろんな
プレッシャーには確実に耐えられなくなってきます。

自分の感覚をしっかり活かすには、まずは体力。
食べてないのに痩せません、なんて言葉をよく聞きますが、
痩せ始める前に、血糖値が下がりすぎて、
頭脳も止まりがち、活舌が悪くなり、話が組み立てられない、
従って周りとの意思疎通がよくできなくて、イライラする。
なんてこと、意外と起こっているものです。

それでも、食欲も亡くなるぐらいに心も体も疲れてしまうことってあります。
一回、しっかり休憩しましょう。
一回、しっかり脱力しましょう。

力が抜けないと、力は入らないんだよ。

頑張り時に、ちゃんと力が入るようになるためにも、
しっかり食べて、しっかり眠って、しっかり休みましょう。
そのコントロールは、我慢したり、耐え忍んだりしても、
あまり意味がありません。



桜の花が咲いたかと思えば、雨、風。
ここは耐え忍んで、綺麗な花を咲かせ続けて欲しいな・・・(私都合ですが)

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター



EDIT  |  03:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/09(Sun)

【だんな様は霊能力者】 だんな様気療デー 

今日は4月8日、お釈迦様のお誕生日。
ハッピバースデーと、カタカナではまずいかしら?(笑)
ちゃんとお経は詠みましたから、大丈夫!
何も何も考えずに、お経に集中。
大事な時間です。

今日は、だんな様は午後にお二人を気療。
お二人とも緑内障で、様子を見ながら、手術しかないという状態から、
気療に来られて、手術の必要はない、というところまで回復されました。
もちろん、元通り!という訳にはいかなくとも、
階段の上り下りの不安がなくなったこと、
病気といえども希望があること、
などなど、お二人とも気持ちも明るく、前向きになられています。

私も目は悪いので、見えにくくなる恐怖というのは
他人事ではないのでよくわかりますが、
目の病気だけでなく、なすすべがないというのは、
何とも気持ちまで落ち込みますよね。
元気に明るくなって帰られる姿を見るだけで、よかったなと思います。

昨日の夜もそうでしたが、調子が悪くなるには悪くなる、
その人の癖みたいなもの、お仕事ならではのものなどなど、
どうしても負担がかかってくる体の部分がありますから、
ヘアーカットと一緒で、気療もメンテナンスすることで、
毎日を明るく、気持ちも軽く過ごせるよう、自分で工夫する知恵でもあると思います。

夜には、また激しい症状が出てしまった女性がひとり。
だんな様も書いていましたが、桜はきれいですが、
大きな桜の木のある場所は、感覚のある人にとっては要注意。
特に夜桜など、陽が暮れてからの花見は注意が必要です。
もちろん、どんな桜も危険というわけではありませんので、
そこは自分で、ちゃんとわかるはずですので、
自分の感覚は大事にしましょう。

体質なので仕方がないのですが、霊の存在やそれと接触しやすい人は、
どこかでそれを気にしすぎたり、気にし過ぎなかったりと、
用心するに越したことがない場面が沢山あります。
慣れ過ぎると、見えるのが、接触するのが当たり前になり、
そうなると、確実に体調を崩すのが典型的なパターン。

さらには、夜、よく眠れなくなる、気分が落ち込むなど、
良いことはありませんから、できるだけ霊が近づかないような工夫を凝らしましょう。




我が家の隣の家の桜。
満開です。
・・・この木は、大丈夫。
ちなみに、何でこんなところに桜の木があるの?と思うような、
例えば、道の真ん中に残されている木は要注意です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  02:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/08(Sat)

【だんな様は霊能力者】 先祖供養とその順番 

今の自分があるのは、ご先祖様がいらっしゃるから。
これは、まぎれもない事実です。

ひとりの人に関わるご先祖の人数とやら、
「会ったことはないんですけど・・・」という言葉をよく聞きますが、
会ったことがあってもなくても、一族は一族。
その意識でご先祖様がいるので、さかのぼればさかのぼるほど、
数は膨大になります。

いわゆる霊感のある方の中にも、自分のご先祖の存在を、
身近に感じている人もあり、それはそれで素敵なことですが、
生きている人間の親戚付き合いでも何となくわかりますが、
あの人も、この人も、ああ、この前亡くなった叔母さんも・・・
と、あちこち気がそれてしまうと、供養する心の軸が崩れやすくなります。

悩んでいる人や不満がある人の話をいくら聞いてあげても、
次にまた会ったら、また同じ話・・・な~~んてことは、
誰にでもある親戚や肉親との会話。
つまりは、耳を貸して聞いてあげても、あまり解決に向かうのは
多くないのも事実ですが、それと同じ。

ですから、例えご先祖様であっても、供養する側が毅然として、
楽になる場所に行きましょうという、仏様の世界の風を送り込むことが、
亡くなってしまった先祖には一番、届きやすいのです。

気になるからと、自分であちらもこちらも供養を始めるのは、
ある意味とても危険。
どんな存在でも、生きている世界とは違う波動を持っているはずですから、
その辺りは、自分の体力との勝負、根気強さとの勝負になります。

順番としては、まずは自分の姓のご先祖様の供養から。
ひと段落つくまでは、わき目をふらないように。
そこがひと区切りつく頃には、力を貸してくれるだけの余裕のある先祖も
できてくるでしょうし、自分にも供養力がつきます。

そして、女性の場合は実家の姓の供養。
さらには、それぞれの母方の供養。

幸いにも私の場合は、だんな様がしっかりやってくれましたので、
数年で区切りがつきましたが、だんな様自身、先祖の4件の供養には、
少なくとも10年かかったそうです。
あちらこちらにぶつかりながら始める供養であれば、
尚のこと、さらなる時間が必要になるでしょうし、
その時間こそが、供養をする側にとっても大事だったりするのです。

そのプロセスで、血のつながりを実感することもあったり、
先祖の苦労が伝わってくることもあったり。
話を聞く、耳を貸す、という形ではないですが、そこに心の交流が生まれるのは確か。

まずは、自分が名乗っている姓の先祖から始めましょう。
ちょっと前に、供養を始めた人がいましたが、
最近亡くなった叔母さんが気になるから、お世話になったからと、
そこをメインに供養をしていたら、ちょっと面倒なことになってしまいました。
やはり筋は筋。
霊は筋にはうるさいので、順番を違えると、結構、家の中の空気が乱れることがあります。

ああ、存命の親戚でも同じですものね(笑)
順番を間違えると、ちょっと厄介なことになりますものね。

さて、供養を始めると、相手も期待をするものです。
明日も供養をしてくれるかな?とか。
ですから、約束した供養はちゃんと始めたら続けるのが礼儀。
筋にうるさい人たちは、義理堅くもあるので、
守る側になれば、あなたの最強の応援団になってくれるはずなのですから。



花見は、あの世に行く予行練習だと聞いたことがあります。
こんなきれいな花を楽しめるような気持で、あの世にわたってくれていたらいいな・・・と思います。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/07(Fri)

【だんな様は霊能力者】今週のご神託 

昨日の伝授は、お弟子さんの一人の誕生会。



鈴をイメージしたスコーンの立体ケーキに幣。
誕生日ガールにピッタリな風景となりました(笑)

新年度になり、風が変わるとのご神託通り、
3月の忙しさとは異なる忙しさの風が吹き始めているように感じます。
誕生会の後はいつもの通り、ご神託をいただきました。

さらなる禊がかかる時。
迷わず前に進みなさい。
俗事に関わらず、まっすぐ進みなさい。
自ら前進したければ、進むしかなく、
選択は、頭ではなく「魂」で行うこと。
そして、自らの考え違いなどを正すには、
神仏の声を素直に受け取ることが大事である。

ここに来て、3月にすでに吹き荒れていた禊の風を
しっかり受け止めてきた人にとっては、禊の風は、
当然吹く風と受け止められるようになってきたようです。
人の縁、変化など、厳しいと思うのは、自らの心に迷いや執着があるから。
良い縁、人間関係を作りたければ、まずは、要らない縁や関係を
すっぱり断ち切ることが先です。
その覚悟ができている人達にとっては、厳しい風もありがたい風と感じられることでしょう。

昨日の伝授では、それぞれ一人ずつ、自分の能力の違いというものに
ついての話をしました。

見える、聞こえるなど、外からの感覚として、色んなものを感じ取る人は、
自分の感覚で感じ取っているものかどうか、比較的わかりやすいものです。
そうした人達の場合、その情報がどこから来ているのかの確認は、
とても大事。
聞こえている声や姿が、本当に自分の傾倒する対象かどうか、
それは逆にしっかり、どっぷり浸かってみる経験が必要でしょう。
しっかり感じ取れるようになるまでは、それ以外のものは、
意識してシャットアウトすることが大事です。
でなければ、あちこちから伝わってくるもので、混乱してしまうのがオチですから。

また、外から感覚として入ってくるというシステムではない人もいます。
まるで自分の中から湧き上がってくるように「わかる」こと。
けれども、自分で「わかる」こと、「感じること」の中には、
魂が感じていること
共通意識から感じ取っていること
の他に、この世に生まれてから教育で身についたもの、
得に家や環境からのしつけなどもありますから、
その「区別」を意識して付けていくことが大事でしょう。

いずれにしても、自分の感覚のルーツやシステムを
ちゃんと理解していかないと、うまく能力を使えないことがあり、
どんなに素晴らしい能力を持っていても、不安定なものになってしまいます。

せっかく授かった感覚ですから、それで被ることもあれば、
それでわかることも沢山あるので、使いこなしたいものです。
自分の感覚の確認がきちんとわかってくると、
どこから情報を取ってくるか、がはっきりしてきます。
その情報の選択も、自分次第なのですから、振り回され過ぎることなく、
でも無視したり、意固地になったりすることなく、
素直に受け入れる素地ができたら、有意義な日々がきっと待っていることでしょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
EDIT  |  04:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/07(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日の伝授は、お弟子さんの一人の誕生会。



鈴をイメージしたスコーンの立体ケーキに幣。
誕生日ガールにピッタリな風景となりました(笑)

新年度になり、風が変わるとのご神託通り、
3月の忙しさとは異なる忙しさの風が吹き始めているように感じます。
誕生会の後はいつもの通り、ご神託をいただきました。

さらなる禊がかかる時。
迷わず前に進みなさい。
俗事に関わらず、まっすぐ進みなさい。
自ら前進したければ、進むしかなく、
選択は、頭ではなく「魂」で行うこと。
そして、自らの考え違いなどを正すには、
神仏の声を素直に受け取ることが大事である。

ここに来て、3月にすでに吹き荒れていた禊の風を
しっかり受け止めてきた人にとっては、禊の風は、
当然吹く風と受け止められるようになってきたようです。
人の縁、変化など、厳しいと思うのは、自らの心に迷いや執着があるから。
良い縁、人間関係を作りたければ、まずは、要らない縁や関係を
すっぱり断ち切ることが先です。
その覚悟ができている人達にとっては、厳しい風もありがたい風と感じられることでしょう。

昨日の伝授では、それぞれ一人ずつ、自分の能力の違いというものに
ついての話をしました。

見える、聞こえるなど、外からの感覚として、色んなものを感じ取る人は、
自分の感覚で感じ取っているものかどうか、比較的わかりやすいものです。
そうした人達の場合、その情報がどこから来ているのかの確認は、
とても大事。
聞こえている声や姿が、本当に自分の傾倒する対象かどうか、
それは逆にしっかり、どっぷり浸かってみる経験が必要でしょう。
しっかり感じ取れるようになるまでは、それ以外のものは、
意識してシャットアウトすることが大事です。
でなければ、あちこちから伝わってくるもので、混乱してしまうのがオチですから。

また、外から感覚として入ってくるというシステムではない人もいます。
まるで自分の中から湧き上がってくるように「わかる」こと。
けれども、自分で「わかる」こと、「感じること」の中には、
魂が感じていること
共通意識から感じ取っていること
の他に、この世に生まれてから教育で身についたもの、
得に家や環境からのしつけなどもありますから、
その「区別」を意識して付けていくことが大事でしょう。

いずれにしても、自分の感覚のルーツやシステムを
ちゃんと理解していかないと、うまく能力を使えないことがあり、
どんなに素晴らしい能力を持っていても、不安定なものになってしまいます。

せっかく授かった感覚ですから、それで被ることもあれば、
それでわかることも沢山あるので、使いこなしたいものです。
自分の感覚の確認がきちんとわかってくると、
どこから情報を取ってくるか、がはっきりしてきます。
その情報の選択も、自分次第なのですから、振り回され過ぎることなく、
でも無視したり、意固地になったりすることなく、
素直に受け入れる素地ができたら、有意義な日々がきっと待っていることでしょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター





EDIT  |  04:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/05(Wed)

【だんな様は霊能力者】 自信をつける 

特殊な能力のある人というのは、はたから見ればうらやましい。
だけど、その能力のさえているときと、自分でもどうかなと思う時、
揺らぎがあるのも、当たり前。

どんなに確実と思っている自分の実力でも、揺らぐことはあるのですから、
「それ」と見定めることの難しい能力は、余計に自分に取っても
自信の元となるまでには、積み重ねが必要でしょう。

自分で積み重ねたはずのことで、自信を無くすようなことだって起こるわけで。
だからこそ、できる、出来ない、出来ている、出来ていない、ではなく、
「これまでやってきた時間」に自信を持ちなさい、
と、だんな様は言います。

時間の積み重ねの中に織り交ぜた、自分の行動は、
ウソをつきませんものね。

特に、人とは異なる感覚に対しての自信をつけるには、
人と比べたりせず、どんなに自信がなくなるようなことがあっても、
ずっと、ずっと、自分で思う「修行」を続けること。
そして、途中でその修行の意識の方向を確認すること。

得てして、自分で頑張っているつもりになってしま事もあり、
そんな時、周りに責任転嫁したくなったり、
逃げ出したくなったりと、人の心は厄介なもので、
逃げ出しても、満足するような場所など見つからないのに、
逃げ道を外に求めてしまいがち。

さて、さて、今年になっての禊の嵐。
ずっと続いているようで。
さすが神様、同じ形の「禊」は、ひとつもなく、
ひとり、ひとり、ちゃんとカスタマイズされています。

自分の宿題ですから、自分でやるしかないし、
その間に、次に進む力が付く、というようになっているのですから、
進むも進まないも自分次第です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/04(Tue)

【だんな様は霊能力者】 伝わってくる心 

特殊な能力なんでしょうかね。
相手の気持ちが伝わってくるって。

けれども立場が逆転したとして、心が読まれる方になったら、
勝手に覗かれた上に、
「あなた、こう思っているんでしょ」
と、決めつけられると、これまた大変、心地悪い。

人の心は複雑なもの。
伝わってくるのはネガティブな気持ちの方が強いのですが、
始終、その気持ちでいるのかどうかはわかりません。

また、いわゆる「いい人」でいようとするのは、
素敵なことだと思いますが、
「いい人」=「相手の期待に応える人」とも違います。
相手の期待に応えながら、良い人になろうとすると、
いつの間にか、自分らしさを見失うことに。

自分にとっての「よい人」は、自分の基準でしかなく、
相手に「良い人だな」と思ってもらおうと「期待する」と、
相手は相手の都合で「良い、悪い」を決めるものですから、
相手に「期待したような」評価をもらえるかどうかも微妙。

相手に好かれたいと思って、頑張って良い人を演じると、
相手から良い人と思われなかった時、
こんなに頑張っているのにと裏切られた気持ちになって、
結局は、相手を信じられない!という、
まるで独り相撲のようなサイクルに。
結果、誰も信じられない!という孤独な気持ちになるものです。

人に期待し過ぎたり、
良い人と思われたいと頑張りすぎたり、
頑張れば、頑張るほど、自分らしさが見えなくなってしまうものです。

人にはいろんな顔があって、自分に伝わってきた顔は、
一瞬のものでしかありませんものね。
時間をかけて、ゆっくり相手を知る。
その中で信頼したり、信用したり。
時間をかけて作り上げた、信頼や信用は簡単には崩れません。
期待どおりじゃない時があっても、ま、そんなこともあるだろうぐらい。

人の心が伝わってくるという自分の能力は、
人間不信のもとにもなりますが、
その能力をうまく使えれば、ちゃんとそれぞれの人の良いところも
見れるようになるでしょう。

間違えても、何でこんなことできるんだろう?と興味を持って、
相手の気持ちを読みすぎたり、人の生活を覗き込んだり、しないように(苦笑)
(できちゃうから、厄介ですね)
おおよそ、そんな場合は、その人のストレスのかかった部分だけを
しっかり自分まで体験してしまいます。
分析するには、必要な材料だと、他人のことを色々と覗こうとしてしまいますが、
それこそ、冷静に分析できるためには、それだけの経験や視野が、
自分にないと、相手の欠点になる部分だけを集めて結論を出してしまい、
まあ、100%ろくなことにはなりません。

敢えて、ちゃんと言葉として交わしたことだけ、事実としてとらえる。
その他のことは、感覚を遮断する。
この訓練だけは、自分のためにも心して体得した方が良いかもしれません。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  03:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/03(Mon)

【だんな様は霊能力者】 自分の感覚と得意技 

特殊といえば、特殊な能力を持った人たち。
ここには、そんな人たちが集います。
霊能者、というと、全員、霊が見えると思われているかもしれませんが、
まあ、何をして「霊能者」と定義するかにもよりますが、
霊との接触で起こる様々なことを解決する手助けをする人達、
と仮に定義するなら、必ずしも「見えて」いる人達だけではありません。

中には、見えるというより、自分の考えのように伝わってくる人もあるかと思えば、
うっかりしていると、歩けないほど霊が見えてしまう人、
はたまたうっかりしていると、自分の中に霊を入れてしまう人(←いけませ~~NN!!)
などなど、霊との距離感も様々です。

共通していることの中の一つは、周りの空気から、がっつり影響を受けること。
自分でそれと気が付いている場合もあれば、
影響を受けている自分も自分だと受け入れている場合もあり、
そうなると、「体」が拒否反応を起こして体調を崩す。
こんなに辛いのに、薬も効かないし、病院に行っても正常ですと診断。
初めて自分が、人とちょっと違う感覚を持っているかも?と認識し始めるのです。

ただ、人から見て、どんなに便利そうにみえる感覚の鋭さも、
本人からすると、こんなの要らないと思うこともしばしば。
何しろ、空気の重い場所に行っただけで、倒れそうになるし、
悩んでいる人と話しただけで、自分まで暗くなる、ぐらいなら普通。
自分が寝込んでしまうほどのダメージを受けることもあります。

残念ながら、この体質は、治りませんから、
自分が生きやすいように工夫していくしかありません。
小さな体の不調も気にしすぎることなく、ちゃんとリセットする。
人と違う感覚をどう活かしていくかを工夫してみる。
そして、もともと人と違うのですから、他人と自分をむやみに比べない。
などなど、沢山の工夫の中から、逆に豊かで面白い日々が見えてくることもあるのです。

もちろん、ガッツリ気分も体調も崩した時には、そんなことなど
考えられないようになることもあるでしょうけど、
だからこそ、日頃から、「自分」という感覚をしっかり磨いていくことが必要です。
すると、やがて「ひとりひとり」がどうつながっているかがわかってきます。
ま、それがわかったところで、影響を受けなくなるわけではないのが、
辛いところですが、自分の得意技と受け入れていく。
それも、「自分」を確立するひとつのプロセスなのです。

あ、ちなみに、私の場合、周りにいる人とのシンクロ力が強いと
今日、分析してもらいました。
そ~~いえば、霊は見えませんが、霊を見ている人の頭の中のビジュアルは
しっかり見えます・・・。
「かなりお得だよね~~」と、だんな様。
ま、お得かどうか、自分でも今のところしっかりわかってないので、
お得感を増すべく、これからもう少し、意識してみたいと思います(笑)

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  02:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.04/01(Sat)

【だんな様は霊能力者】 時の流れ 

日々の生活に追われていると、時間の流れ、感じているようで
感じられなくなってしまうことってあります。

ずっとこのままなのかな~、変わらないのかな~とか。

もちろん、好ましい環境もそうでない環境もどちらもです。
どんなに、好ましい環境でも、どんなに辛い環境も、
自分も含めて、ずっと変わらないなんてことはないわけで。

3月はなかなか変化が激しくて、イベントも盛りだくさんでしたが、
さてさて、ご神託どおり、きっと4月もあれこれもっと忙しくなりそうです。
ご神託通りの言葉でいえば、「時がどんどん過ぎていく」

また、「4月になると確実に新しい風が吹いてくる」という言葉もあり、
そのことは、何となく感じていたのですが、
どう風が吹くのかは、時が来なければわからないものですもの。
臨機応変に臨みたいものです。
また、新たなことを始めるのにも、ピッタリなタイミングでしょう。
創意や工夫を施したい、ああしてみれば、こうしてみればというアイディアに
間違いはなくとも、タイミングが悪いというのはありますから、
「時の流れ」に応じた対処が大事でしょう。

スピリチュアルな人、意志の強い人は、「こうする」「こうなる」という
ビジュアルがあるだけに、それに向けて、ある意味強引に進もうとするところが
あります(←含 私)
実現力があるのに、タイミングを間違えないようにしたいもの。

4月はいろんな新たなことが始まる時期。
その始まりは、土から芽が出てきたのがちょっとわかりにくかったりするのと同じで、
ちょっとしたことだったりするでしょうが、それを大きく育てるかどうかは、
その後の自分の意識次第。
新たなことが同時に目の前に降ってきたときには、
どれを選択し、どれを捨てるかをしっかり決めていくことが、
後悔のない毎日につながることでしょう。
ま~何しろ、実現力のある人の前には、これもあれも、
同時にいろんなことが降ってくるのが普通です。
運がいいな~、と側でそんな人を見ていて思いますが、
本人が「それ」と気付き、本人が「それ」を大事に思う。
それがなくては、どんな運も活かしていくことは難しいでしょう。

さあ、新年度が始まります。
新しいことにも挑戦しつつ、自分らしい選択をしながら、
流れの激しい日々を、走りぬきましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |