2017.05/31(Wed)

【だんな様は霊能力者】 もう一度行きたかった場所 

旅行に出かけて、もう一度訪れたい場所があるというのは素敵なこと。
今回の旅行は、いくつかのそんな場所と、新しくチャレンジしたことが
私の好みで勝手にアレンジされた旅でした(笑)
(食べ物が殆ど・笑)

一番の目的地は、サンタ マリア マッジョーレ大聖堂


前回イタリアに来た時、ここでマリア様と会いました。
座り込んでしまうほど、心が動かされた出会いでした。
今回も、着いた日にすぐホテルから近かったこともあり出かけましたが、
偶然にも日曜だったので、この前お会いした場所と
それから、教会全体のミサと両方に立ち寄ることができました。
内部も綺麗なら、後ろ姿もきれいなこの教会はあくまでも優雅。
IMGP8581
IMGP8587


人の祈りが昇華させたマリア様の姿は何とも今回も感動しました。

そして、同じマリア様を祀るもう一つの大聖堂。
これは次の日の最後に訪れた、サンタ・マリア・デランジェリ・エ・デイ・マルティーリ聖堂
IMGP8680

比べると外観はとても質素。
内部も静かで、雰囲気がかなり違います。
IMGP8689

ベネディクト16世がガリレオの地動説を正式に認め、
この教会で、ガリレオを讃えるミサを行った場所で、
ガリレオに関するものが沢山展示されています。
この教会で一番大事なものらしい、星の描かれた床。
IMGP8684

これで暦のずれを修正していたというのですから、
宗教と科学って、敵対しながら、密接につながっているのがわかります。

今回は、この教会で、また違う顔のマリア像をしっかり感じました。
この教会のマリア像、天使、全部生きています!
生きているので動くので、写真が撮れません(涙)
(←暗いからだと思いますが、いつもうまく行きません)
ま、また会いに行くから、写真はいいや。

出かけると、こうして必ずと言ってよいほど、
大きな存在と出会うことができて、本当に心がリセットされます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/30(Tue)

【だんな様は霊能力者】 動く時 そして 成長 

昨日は、恒例の月例会。
お不動様のご縁日と重なったので、まずは読経から。
皆さん、お家で千座行をなさっている方ばかり。
お経を唱え、お不動様へのご挨拶、スッとそのモードに入られます。

その後はいつものように護身法。
当たり前ですが、一カ月ぶりにお会いしても
数カ月ぶりにお会いしても、一度見せていただくと、
日頃、どんな姿勢で拝まれているのか、すっかり伝わってきます。
進歩するスピードはそれぞれ。
また、祈っているときの心の状態を日常の中でいかに保つか。
ってのも大事なんだろうなと思います。
久しぶりに見せていただいた護身法は、忙しくなられた日常でも
その時の意識を忘れない姿勢がしっかり現れていました。
そして、そうなると、お仕事も良い意味でとても忙しくなる、というのが常。
忙しさに紛れても、軸をブラさないで前に進めることが、
進み続けられる秘訣だったりします。

その後、太極拳、気療などなど、濃い濃いの時間が続きました。

わたし達も含め、このところ、あちこちに出かける機会が増えているようで、
今はそうやって、違う空気を取り込む時期なのかもしれません。
昨日も深い話になった時に出てきた話題ですが、
心惹かれて出かけた場所、自分の目線が自分の糧になります。
例えば前世を思い出すために出かけても、
前世の何を何のために思い出すのか、
旅を復習する中で腑に落ちる感覚で、人は目の前で変化します。
思いと行動、そして、そのエッセンス。
どこを見つめ、どこを決着つけながら先に進むかはとても大事なこと。

特に、5月そして6月は禊の前の時期。
昨日もご神託の中にありましたが、視点を変えれば、
どうでも良い、切り捨てた方が良い問題が、さざ波のように
そしてやがては大波になってやってきます。
自分が心地よく感じなければ、すっぱり切る覚悟が、
新たなステップを踏み出すチャンスを生み出していくのですから、
自分で決め、自分で進むしかありません。
自分の出した決断に正しい間違いはない。
それを評価する心の状態の方が、注意するところだったりするのです。

さながら、運気予報は大荒れ。
ですが、付き合っても無駄な波は、付き合わないこと。
上手に、自分の心の方向を調整しながらやり過ごしましょう!



IMGP8581

サンタ マリア マッジョーレ大聖堂
ここでお会いするマリア様は、いつも凛と美しい感じがします。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  03:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 新しい経験 

段々、同じことを繰り返していると、見えなくなることがある。
ちょっと距離を置いてみた方が見えることがある。
わかっていても、日々の雑音に近い色々な用事は、
時に強制リセットするのが一番!
今回の旅の目的の一つがこれでした。

ただし、いつもそうですが、無駄にあちこちで歩いても、
得るものがないと・・・という欲張りな私。
もちろん、普通の気分転換にも意味は十分ありますが、
訪れた先のこと、しっかり感じるには、時間に追われない余裕が欲しいものですね。

今回の旅行でも、前回、いくら何でもまったくイタリア語が話せないので、
自分たちで行くのは無理とツアーに入りましたが、
今回はその時のことを活かして、自分たちで。
お蔭で、じっくり休みたいときは休み、
入りたい店には入り、堪能したいときは堪能しと、
好きなように歩き回ってくることができました。

とはいえ、イタリアも夕暮れ後はなかなか危険な雰囲気になりますから、
一人歩きはおすすめできませんが。
観光客を含め、活気のある国イタリア。
どこに行っても、レストランで働く人たちが楽しそうに動いているのが
印象的でした。
仕事に対する概念が全く違うのでしょうか。
日本ではあまり見られなくなった客引きもイタリアでは文化のひとつ。

沢山の旅行客を見ながら、ああ、世界は今のところ平和なんだと
思った途端に、イギリスでのテロのニュースが飛び込んできました。
テロや戦争などが起これば、こうして賑わう観光地も
一瞬にして人が来なくなるのでしょう。
そういう意味では、本当にベネチアは頑張った!と胸を張りたい
ところなのでしょうけれど、だからこそ、働いている人のやる気がないと、
店の活気も、人の出入りも、一軒一軒まったく違っていました。

生き延びる事だけを考えなくてはならない人達には、
やっぱり、その人達の何かがそうさせているのだと思えます。
仕事がない人には、仕事が来ないような思考回路があるのでしょうね。

一方で、楽しく活き活きと働く人々、一方で不満ばかりを募らせている人。
同じ場所に居て、これだけ異なる雰囲気が生まれるとは、驚きです。

どこの国から来ているのかは定かではありませんが、
観光に来るほどの余裕がある人達というのもまた、
楽しみ方を知っている人達といえるのでしょう。

東京も今、色んな人種の人達が観光で訪れるようになり、
あちこちで英語だけでなく外国語が飛び交うようになりました。
今日もちょっと買い物に出かけたら、お店で飛び交う外国語。
そんな頻度もここのところ増えてきたように思います。
人が交わればそれだけ、自分自身の価値観も揺らいだり、
逆に確立されたりする機会が増えますが、
自分の人生を楽しむのも、そうじゃなくするのも自分ってことだけ忘れずに
いたいものです。

IMGP8418

サンタルチア駅前にも人がたくさん!

IMGP8517

向こうに見える人達、観光客の多さを物語っています。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター




EDIT  |  04:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 修行、巡礼の旅だった・・・・(汗) 

予想はしていましたし、よく私が書いている旅先へのバーチャル招待状
(行き先のスピリチュアルなガイドにお願いしてから旅をする)と、
必ずと言っていいほど、順調かつ修行なことが待ち受けています。

ツアーで行くと、もっと堪能したいという時間がなかなか持てず。
かといって、自分たちで行くとなると、それとは異なる苦労が伴いますものね。
例えば・・・電車のチケット一つ買うにも、ネットで予習していっても、
現実は異なったり、発券機にお金を入れても戻ってきたり(苦笑)
ま~、そんなことは計算の内!ってことで、
計算外だったのは、歩いて、歩いて、歩いたこと。
いや、これも計算の内だったのか・・・???

今回の旅行先、ベネチアもローマも、バスで通る道と
歩く道の風景は、また異なっていて、路地歩きは楽しかったです。
何度も足が攣るかと思いましたが、そこは日頃の鍛錬の成果ってことで(あはは)
ベネチアもローマも凄い人でした。
ベネチアはとても人気のある景勝地でもありますものね。
外国人(イタリアからして)も多いせいか、英語はかなり通じました。

ベネチアで見せられた歴史は、今の姿とは全く異なるものでした。
今でこそ、人でにぎわい、サンマルコでは音楽が流れ、
ひっきりなしに観光客が訪れる場所となっていますが、
その昔は、今よりずっと天候が不順で水位も一定せず、
今の形を作り上げるのにどんなに苦労したかが伝わってきました。
今回、招待状をもらった一人、聖人サン・マルコはその立役者でもあるのでしょう。
人間の歴史は、現在の姿からはすぐには想像できないほど壮絶なことが沢山。
実際に訪れてみて感じる迫力はかなりのものでした。
寺院の中は撮影ができませんでしたし、寺院に入るだけでも結構な
長蛇の列で、大変でしたが、夕暮れせまるサンマルコ広場のあちこちで
お茶をしたり、家族で楽しむ人々の姿を座って観た風景とのギャップが、
とても印象的でした。

人間の歴史の奥深さを感じたベネチアでした・・・。

IMGP8441
IMGP8471


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター




EDIT  |  04:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/18(Thu)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日はいつものように、お弟子さんたちが集まり、
当日、グラスゴーに居る詩乃先生とみんなで、
メッセンジャー会議も行いました(笑)

さて、私たちの旅行も今日が出発。
昨日いただいたご神託を皆さんにお伝えしてから、出発します。

よくぞ半年頑張ってきた。
来月は祓いの月。
今もさざ波が立っているが、来月はさらに波は大きくなる。
だからこそ、わざわざ小さなことに自分目を向けるな。
来月はさらに波が高く襲ってくる。
その波が来る前に、乗り越えるべきものは乗り越えよ。
月が変われば、さらに厳しさが増す。
今の時点で改めるべきことは改めよ。

迷うことすべてから学ぶがよい。
知恵のあるものに迷わず尋ねればよし。
必ず知恵を持った答えが返って来る。
神の世を目指す者が何をなすべきかを常に頭の中に置け。

::::::::::::::::::::::::::
いつもですが、厳しくも温かいお言葉を戴きました。
みなさん、今月のことは今月の内に!

わたしたちも今月のイベントつつがなく終わらせられるよう、
行ってきます。
意識せずとも、気が付くと、いつも最近は巡礼の旅になりますが、
それもご縁ですから、縁があるのであれば喜んで出かけることにしましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  15:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 思いの力の使い方 

何やら、道場から戻って、洗濯したり、お風呂に入ったり、
あれも、これもとやっていると、あっという間に時間が過ぎます。
え!こんな時間??!!!
と、慌てている人間が言うと説得力がありませんが、
あり得ない時間でどこかに到着したりということ、ありませんか?

間に合わない!

焦って、でも、必死で、気が付いたら、間に合うどころか
いつもより早く着いてしまった・・・なんて話は、ここでは
いろんな人から聞くことで、まあ、気のせいじゃない?
と思う人は思っておいてください(笑)

例えば、間に合わない!と焦った時、
前の車にイライラしたり、早く起きないからよ!と
家族に当たり散らしても、あんまり意味がありません(苦笑)

思いの力関係の本の翻訳中ですので、思いに力があることは重々承知。
ですが、思いの力で、時間を止めるようと、思いの力を使うのは、
あまり合理的ではないな~~と思ったことがあります。
実際に止めちゃうとね・・・世の中全体に影響が出るわけで。

それでも人は、出来れば間に合いたい飛行機や列車があるわけで。
そんな時、思いの力を利用しないと、これまた逆に、
その力、何に使うの?ということに(笑)

ですから、間に合わない!→時間を止めようとする
という思いの使い方ではなく、
到着したら→間に合ってた!
という、気持ちになるよう、思いの力を使ってみてはと思い立った私。

数年前、飛行機にやたら乗る機会が多かった時、
早速試しましたよ~~~。
まず、家を出て、バスに乗る、どのタイミングでもいいので、
一度だけ、時間を見る。
でもって、そこからはなるべく時間を見ないで(焦るので)
後は、できるだけ時間のことは考えず、
ひたすら、間に合った!と思った瞬間の時間を思い浮かべる。
繰り返し繰り返し練習していたら・・・

今の高速道路ができる前、リムジンバスで
新宿から羽田まで結構時間がかかっていたころ、
なんと!30分もかからないで到着!
あらま、昼寝する時間もなかったわ!
というぜいたくな文句(あはは)
ってことがありました。

ただし、本当に焦るぐらいの時間、あるいは本当に不可能な時間
というのもありますから(この時点で、自分に間に合うように到着する
イメージを持つのがかなり無理)、
やればできる可能性はゼロではないですが、
到着したら、思いの力を使いすぎて、へとへと。
後は使い物にならない状態になる可能性もあります。

というわけで、思いの力を使うぐらいなら、
本当にちゃんと到着しなくてはならない場合は、
間に合うように家を出た方が無難・・・という当たり前の結論(苦笑)

思いの力、使ったら使った分、きっと使えるようにはなると思います。
ただし、後先を考えると、どこで使うかは、
これまた思いの力で考えましょう!!!
工夫と、訓練あるのみ、です。

あ!ちなみに、だんな様は、遅刻が大嫌いなので、
間に合う時間のずっと前に、家を出ます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  05:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 過去世の風景 

エジンバラに出かけたお弟子さんの一人、Sさん。
(ってもうみなさん、お名前ご存知でしょうけど)
いや~、満喫中です。
彼女のお蔭で、次に行く時泊まるホテルの候補も見つけたし、
なんと!エジンバラの街の真ん中にトラムが走ってたし、
5ポンド札が使えない、1ポンドコインもまもなく使えなくなると知ったし、
と、まるで自分が旅に出たような臨場感(笑)

そして、そして、彼女が過去世であまりの美しさに見とれて、
気が付いたら、死んだまま天に上らず膝を抱えていた場所。
オーサーズシート!!の動画。
いいですね~。
ちなみに、気が付いて、あ!空に!と思った瞬間、天に昇ったそうで。
その間、なんと、百年近くも経っていたという(笑)
Sさんらしいエピソードです。

私にとってのエジンバラは、彼女ほど鮮明ではありませんが、
ロイヤルマイルからホリルード宮殿の方を見ると、
その向こうに海が見える風景を見て、
留学していた時に、座り込むほど、懐かしいと思ったのを覚えています。

どうやら、今度出かける場所も、過去世に関係があるらしいことは、
昨日も書きましたが、思い出したのは、今と地図が全く違って、
「国」の境界線も違った・・・ってこと。
ま、思い出したからどうのこうのというのではありせんが、
いかに、「今」にとらわれていると、「過去」は見えず、
その逆もあるだろうなという(苦笑)

あ、そう言えば、4年前に出かけた時に行ったレストラン。
ここではなかったか・・・と、グーグルで必死で探して目安をつけました(根性!)
行ってみないと、その真偽はわかりませんが、
これまた、過去世ではなく、過去の思い出探しってことで。

そう言えば、エジンバラで行った、おいしいムール貝のレストラン。
Sさんは無事に、たどり着き、満喫したようで。
順調に、すべてが進んでいるようで何よりです。

そういう私たちも、後数日で出発。
後少し、準備が必要なものをそろえます。

IMGP3835

エジンバラ大学。
この前に行ったときは、この先まで行けませんでした。
次は、行ってみたいな・・・。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/15(Mon)

【だんな様は霊能力者】 旅と成長 

昔はよく、一人旅をしました。
今は、ほとんどありませんが。

今日、お弟子さんSさんは羽田からロンドン、ヒースロー。
乗り換えて・・・多分、今頃、エジンバラに到着するかどうかといったところ。
過去世のトラウマで、離陸だけが極端に苦手という彼女。
一緒に飛行機に乗る時は、涙流しています。

いっぱい飲んで乗ったら?

いつかそうアドバイスしてから、「作戦」と称して、離陸前の儀式。
今回も、無事に儀式を終えて搭乗した様子。

去年の末、ハワイに行った帰りに、一杯飲む儀式に付き合った。
アメリカは、アルコールに厳しい国なので、
自販機なんかじゃ買えず、空港の中のパブみたいなところに。
テーブルに座ると、チップとか結構面倒ですが仕方ない。
慌てて、二人で飲んで・・・と、そこでサーブしてくれた人が、
ご近所馴染みのコンビニのおばさんと瓜二つ!!!!
ドッペルゲンガーだぁ~~。
コンビニのおばさんに会うたびに、この話をしたいのですが、
本人には、写真も撮っていないので、わからない話。
結局、この話はSさんと二人、思い出しては笑うしかなく。
その上、せっかく二人で飲み、離陸の恐怖を忘れていたのに、
飛行機がなんと!1時間以上遅れてしまったという。
どうやら、航空機に不備があったらしいので、
まあ、適当に飛んで落ちちゃうよりいいけど、
眠って起きたら、まだ、ホノルル空港だったというオチ(涙)
という、エピソードを沢山作り出してくれる彼女ですから、
きっと、今回も、沢山の思い出を作って帰ってくることでしょう。

そう言えば、彼女と一緒にエジンバラに行ったときも、
ヒースロー空港で、意味なく、入国審査で止められた・・・。
待つこと30分ほど。
入国管理では決して、逆らってはいけません。
じっと、じっと待っていて、結局は、すんなり入国。
どうやら、Sさんと同じ姓のテロリストがいたらしく、
「最近、アイルランドに行ったか?」などという、
こちら側からすると、訳の分からない質問をされたのも、
記憶に残っています。
今回は無事に、すんなり入国できたようで、安心、安心。

旅は、トラブルも含め、日常が当たり前ではないこと、
物事にはとらえ方が沢山あることなどなどを実感する機会。

今回、彼女が訪れる場所は、過去世でも行ったことがあり、
数年前に行ったときには、仲間(目に見えない)との涙の再開。
「また来るね」と言ったら、「あ、もう来なくてもいいよ」と言われたと(爆笑)

私には、過去世でも、今と同じようにあちこち好奇心を持って、
飛び回っていた彼女の姿が浮かびました。
思っていたより、昔々でも、人は遠くまで旅していたんだな~
というのも発見でした。
歴史の教科書で習うことが、そうか・・・と思うこともあり、
いや、もっとこうだったんだ・・・と実感することもあり。
その、温度差の発見が、現地を訪れる醍醐味だったりします。

今頃、こんな風景を観ているんだろうな~と思うと、うらやましい!
Sさんが泊まるホテルから見えるであろう風景です!
IMGP3768


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/14(Sun)

【だんな様は霊能力者】 食べ物と感覚 

だんな様の感覚は鋭いことはご承知のとおり。
その敏感な感覚で、お仕事もしているのですから、あって当然。
昨日、もう一つのブログでも書きましたが、
同じ食材でも、焼き方、大きさなどなど、注文は少なくありません。
でもね、よく考えると、自分にもあります、そんな小さな好み。
感覚を磨いていくのに、大事な材料だったりするんです。

例えば、空手の前の牛肉。
牛肉を少し食べてから、空手の練習に行くようになってから、
もうかなり経ちますが、食べずに出かけた頃より、
練習が終った後の疲れ方が違います。

それよりずっと前は、牛肉を食べた途端に、
確かに気が短くなるだんな様がいましたので(笑)
その頃は、今のように空手に出かけていなかったのもあって、
基本的に、できるだけ、牛肉は禁止していた時期もありました(あはは)

高野山に行くと、基本的にお食事は精進料理。
澄んだ空気の中で食べる精進料理は本当においしいのですが、
感覚がどんどん鋭くなって行くだんな様を横目に
(たぶん、私もそうなっているんでしょうね)
里に住むなら、精進料理は辛いわ、と。
何しろ、数日、精進料理の世界に浸った後の帰り道。
空気の澱みが余計に体に堪えます。

残念ながら、年を重ねると、食べずに済ませることができても、
食べていないことが、体や頭脳に直接、影響するのがわかってきます。
年齢によるものもあるんでしょうけど、
体力がある間は、その声を聞かなくてもどうにか乗り越えられてきたんでしょう。

ちなみに、ヨーロッパなど空気がカラっとしているところに行くと、
だんな様の食欲は、日本に居る時とは比べ物にならないほど旺盛になります。
好みも明らかに変わって、日本では絶対に食べない全粒パンなど、
ふつ~~に食べてます。

気分で、食欲が左右されるのも感覚の鋭い人の特徴。
ストレスが多いと、のどが詰まったような感じになって、
飲み込むのが難しくなる人も(→私)

感覚に大きく左右されるのですから余計に工夫して、
バランス良く摂れるよう、気を配ること。
それも、自分の感覚を上手に日常に活かすために必要なこと。

食欲が止まらない!というケースもありますが、
無理してダイエットすると、体や脳に負担がかかり、
結局はリバウンドしてしまうこともあります。
日頃のバランスの良い食事が、運動をする気持ちにも
バランス良く食べる気持ちにもつながっています。
良く言う、栄養学的に云々より、自分の感覚を磨いて、
バランス良く食事ができるような、工夫を楽しく重ねてくださいませ!

(スイス インターラーケンで食べたチーズフォンデュ 食べきれなかったパンが
いまだに心残り・笑)
CIMG0438-2
CIMG0439


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/13(Sat)

【だんな様は霊能力者】 バーチャル旅行 

内弟子さんの一人Sさんが、エジンバラ、グラスゴー、そしてロンドンに
旅に出るというので、一緒にホテルなどチェックしていたら、
バーチャル旅行にはまりました(笑)

グーグルマップやかざすだけで翻訳してくれるアプリなど、
海外旅行もだいぶ、気楽な感じになりました。
それでも、一人旅は緊張するでしょうね。
私は、留学当時、そんなこと言っていられない状態だったので、
どこに行くにも一人。
もちろん、留学前に旅行するのもひとり。
おおよそ大丈夫ですが、荷物が沢山ある時だけは、
ちょっと大変ですよね。
なので、駅の近くにホテルを予約する、
ラゲッジスルー(宅配でJALやANAであれば、家から目的地まで
受け取らずに旅行できます)など、色々なことを調べました。

それでも、海外旅行事情は、どんどん変化していて、
イギリスは、先日から5ポンド紙幣が使えないように。
1ポンドコインもまもなく、新しいものに変わります。
銀行や郵便局に行けば、替えてくれるとは思いますが、
そもそも足を踏み入れるのも勇気が必要だったりしますものね。

時には、海外に行って変化する事情を肌で感じておかないと、
びっくり!することが沢山あります。
ちょっと前には、国内旅行でしたが、羽田空港で荷物を預けるのが、
機械化されていて戸惑いました。
羽田の国際線ができてすぐ頃、興味本位でロンドンから羽田に戻った時は、
まだまだシステムがスムーズに流れておらず、帰国というのに、
えらく時間がかかってしまった記憶があります。

ここ数年、海外に出かけていなかったので、さあ、そろそろと。
どこに行こうかな~と、漠然と思っていたら、
漠然と決まり、こんな時は、旅行先に招待状をそれこそバーチャルで
お願いしてみます。
先日、こちらにいらした女性が、招待状届いています!と。
というわけで、招待状を受け取ったっぽいので、
会いに行ってこようと思います。

私と言えば、その場所を決めたのは、あそこのレストランのあれがおいしかった、
あそこであれを食べたかったのに、食べられなかった、
アイスクリームを食べたのに、その時に限って寒かったから、今度こそは!
と、まるで食べ物のことばかり(苦笑)
・・・あまり、食べ物に興味のないだんな様に笑われました。

私の場合、縁のある場所というのは、心惹かれる前に、
偶然にも訪れたことになってしまって、それ以来・・・というパターンも
少なくなく、なんと!エジンバラは、数少ない、誰かと一緒の旅行で、
友達がどうしても行きたいからと、連れて行った場所。
それから、一年もしないうちに、エジンバラに留学することになるとは、
まったく想像もしていませんでした。

その他、海外で前世などでゆかりのある土地には、
知らない間に、誰かのお供などで訪れてきたらしく、
私の場合、前世をめぐる海外旅行は、ある程度、
それと気が付かない間に終了しているらしいです。
今回、訪れる予定の場所も、気が付けば4回目ぐらいです。
来年は、エジンバラにまた行きたいな~と思い、
Sさんに来年のバーチャル予約をお願いしておきました。
ちゃっかりしてます!私!

(写真は、エジンバラ郊外、ロズリン礼拝堂 バスで30分ぐらいでいけます)
IMGP3871
IMGP3873



連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 何事も楽しんで、全力投球。今週のご神託 

5月に入り、やにわにみなさん活動的。
我が家も例外ではなく、昨日の伝授の前には、
あられ号を点検に出すなどなど、普段にない用事が。
車を預けた後は、ぶらぶら散歩しながら、あちこちのお庭のお花を楽しんで。


という間にもだんな様は、先月行われた、道場の10周年のビデオを
ひたすら編集し、やっとDVDに仕上げた模様。
定点カメラにしておいた、私も含めて奉納させていただいた「征遠鎮」の型は、
いい感じで、先輩の後ろになって、ちょろっと写っています。
また、当日、真正面からビデオも写してくださった方が、
携帯に送ってくださいました。
見直す度に、貴重な経験をさせていただいたものだと思います。
現在、道場では、時はすでに「征遠鎮」から「十八(セイパイ)」へ。
これまた、難しい型ですがようやく一通り覚えたところ。
何事もずっと続けること、一生懸命心を込めてやることしか
できませんものね。
それにしても、ビデオを観る度、今でもドキドキします(苦笑)

さて、そんなイベント続きの今日この頃、季節も良くなり、
皆さんのフットワークも軽くなる時期。
いつも通り、ご神託を戴きました。

今月は命をはぐぐむ月。
禊が終り抜け出す者も、まだまだその最中の者もいる。
禊が終って、調子がでてきた者は特に、
あまり、ハメをはすしすぎぬよう気を付けよ。
様々な土地に足を運びたくなる時期だが、
いずこの土地に出向くのも、真の目的を
魂に聞いてから、出かけるがよい。
必ずしや、学びがあるであろう。

進む先に何があるのか、迷ったり、見えないときは、
すぐに近しい知恵のある者に尋ねればよい。
このぐらいと、むやみやたらに動き回っても、
得るものはすくないだろう。
迷ったら、尋ねる、それが一番の近道だ。

というのが今週のご神託でした。

今日もまた、ちょっとお悩みの女性が夜に。
まだまだ若い彼女ですが、悩む時間も大事なこと。
ただし、悩み方、というのは、時間を無駄にしないためにも
大切な観点です。
若くても、そうでなくても、時間は過ぎてしまいます。
将来への不安を持って、あれこれ策を案じてみても、
物事は思ったようには進みません。
ならば、答えの出ない(本当は出ていてもそうすぐに進めそうにない)
問題は、棚上げにして、今日一日、一日を楽しく過ごす工夫を。
どうやれば、楽しく過ごせるかに頭を使うこと。
そうすれば、必ず楽しい明日がやってきます。

誕生日のケーキひとつにしても、あれこれ、考えている時間。
う~~んって時もあり、あ!そうかと思う時もあり。
工夫に工夫を重ねる、楽しい時間でした。
錫杖の形をしたドーナツなんて、試作品まで作ってくれましたもの。


工夫次第で、どんな日常も楽しいものに。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:44 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/10(Wed)

【だんな様は霊能力者】 被っている状態に慣れないよう 

人間、日常を過ごす間に、必ず被ります。
人とコミュニケーションをとるわけですから、その瞬間、
相手と同調して話す時も、相手がネガティブな波動があればあるほど、
被りはきついです。

と、同時に自分も相手に対して被りを発している場合もあります。

なので、少なくとも自分が被りのもとにならないよう、
被って、体調を崩したり、機嫌が悪いままの時間を
なるべく少なくするよう、自己メンテナンスが大事です。

被りを取るには、まずは自分が被っていることを
常に意識すること。
ずっと、被っていると、被り慣れしてしまいます。
確かに、多少の被りでヘロヘロになるより、少しぐらいは
慣れて強くなれたらいいですが、
それだけでは、自分も被りを振りまく人になってしまう可能性があるので、
一日に一度は必ず、その日の被りをその日のうちに落とす努力をしましょう。

被る度合は、感覚の敏感さによってかなり異なりますが、
その敏感さが、色んなことを感じ取ったりできることにもつながりますから、
アンテナをしっかり、感度をよくしておくこと。
それから、どのチャンネルの波動を受け取るかをしっかり意識すること。

いろいろな情報を見事にキャッチする人は、
そうか!という情報もキャッチして、それこそ奇跡だぁ~なんてこともある代わりに
う~んと思ってしまうことをキャッチして、それを引き寄せてしまうこともあります。
アンテナから情報が入ってこないように感覚を閉じることは、
基本的に不可能ですが、どの情報をキャッチするかは意識することで、
整理していくことができます。

縁あって、「引き寄せの法則」系の本の翻訳をしていますが、
どれだけ人間が、自分の思考で物事を引き寄せているかが詳しく書かれていて、
自分が考えること、思いを巡らすことには、重々気を付けようと実感します。

被った状態、被りに慣れた状態では、ああ、こうすればいいんだというアイディアや
心配いらないじゃん!と不要に不安に思ったりする気持ちが、
知らない間にしっかり沁み込んでいます。

一度、沁みついてしまうと、これまた取り除くのが大変!
ま、それでも日常何気なく過ごせてそれでOKと思う人は、それはそれ。
けれども、少しでも前進したいと思う人は、
被りには敏感になっておくに越したことはありません。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 トピック 永年供養 

ずっと長い間、なかなかお詣りができないままのお墓。
これから先、自分の後、面倒を見ていく人が居なくなったお墓。
同じ問題を抱えたお二人が、同じころにどうにか区切りを迎えられました。

ご両親、親戚などなども絡んでくるお墓の問題ですが、
どう考えても、お二人にそれぞれ影響が出ている!!!
(偶然ですが、お二人、まったくの他人ですが、苗字が同じ)

どうにかこうにか、工夫をして、お二人とも、
お世話になっているお寺での「永年供養」までこぎつけられました。

そこから、お二人の運は、見ていてもはっきりわかるほど、劇的にアップ。
お二人とも、それこそ全く異なる職業ですが、
あのままだったら・・・といういろんなことを乗り越え、ご活躍中。

さて、さて、それでも人生は続きます(笑)
そしてお二人とも千座行は続けていらっいます(毎日、お経を詠んで供養する)
やがて、今のスムーズさが「普通」になるわけで。
ですから、次の段階がちゃんとやってきます。

もはや、千座行を邪魔されることも少なくなり、
毎日のお経は、段々と毎日、歯を磨くように習慣となる。

お二人の内のおひとりは、氏神様へのご挨拶を始められました。
今のところ、毎日参っていられるようです。
決めたら、きちんとされる方。
真面目な方ですから、今後も続けられるでしょうが、
義務感でもなく、ちゃんと神様に会いに行かれるよう、
意識の持ち方を今日はお教えしました。

真面目な方というのは、ちゃんと通われて、ちゃんと手を合わせる。
ところが、うっかり、「形」にとらわれ過ぎてしまうことも。
それから、感覚のある方は、神社などに詣でる時、
逆に気分が悪くなってしまったり、体が揺れる感覚が襲ったり。
色んな原因がありますが、
一つは自分が激しく被っている時、
もう一つは、周りの人達に気を取られ過ぎると、
神社は、色んなものを落としてすっきりする場所ですから、
逆に、それを拾ってしまうこともあります。
ですから、まっすぐ、まっすぐ、神様に会いに行ってください。

ちゃんとまっすぐ会いに行くのに、気分が悪くなったり、
行きたくなくなったり、行けなかったり。
そんな時、原因は、疑うべきは、自分の方の状態です。

私は、祝詞をあげる時、いつも「自分の魂を痛め穢すことなく」
という部分で、背中がピンとなったり、ハッと気づくことがあります。
一日の中で、リセットする時間を持ちながら進むことの大事さを
再確認する時でもあります。

神仏が好きで、縁を深くしたいなら、まずは足しげく通うこと。
基本です。




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  03:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 旅の醍醐味 

旅に出かけてるのは、好き、でも、準備は時に超面倒(笑)
特に、高野山とか宿坊だと自由が利かないこともあるし、
海外となれば、日本の当たり前が、どれだけ当たり前じゃないかを
しっかり感じることになるわけで。

だんな様は海外に出かけると、急に健康優良児に(驚)
一番驚いたのは、ロンドンの妹の家に泊まった時、
朝早く起きて、庭で空手の練習なんかやってた時。
いつから、そんな早起きになったの~~~。
後は、海外に行くと、日本では苦手と言っていたものも、
もぐもぐ食べちゃう。
日本では絶対に食べない全粒粉パンもペロリ。

空気が違うと、食欲も変わる。
敏感なだんな様の感覚なので、横で見ていて、
びっくりするほど違います。
もちろん、被りやすい場所というのはありますし、
人ごみは、どこに行っても避けたいですが、
日本での人ごみほでほど、被らない様子。
どうやら、「人の思い」の波動が若干違うようで・・・。

といっても、海外でまったく被らないわけではありません。
一番印象的だったのは、スイスのベルンで有名な教会に
入った時、そこは、昔々、政治の中心的な場所だった・・・
ってのがわかり、人の思いが詰まっていたらしく、いや~、
すっかり被りました。
そして、次に偶然通りかかった、名もない教会で、
すっかり被りが落ちました(笑)ってことも。

意外な場所で、心が震えるような経験もありました。
エジンバラ郊外にあるロズリンなど、懐かしい雰囲気が。
イタリアでは、マリア様にあって、座り込むほどの感動。
スイスの山々には、神々の存在が迫ってきたり。

旅のテーマがあってもなくても、時々、日本でいつも「圧」に
感じているものを、お休みしてもらいたい気持ちもあって、
できるだけ、海外に出かけるような機会があればなあと。

それに旅に出かけると、あああの時、みたいな話題にもなりますし、
振り返るのにも目印になるかと思いきや!
2度、みんなで行った九州旅行、鹿児島+阿蘇の旅行と、
阿蘇+高千穂の旅行は、記憶がごちゃごちゃに混ざってます(笑)

いずれにしても、また、戻りたくなる場所との出会いに
はまってしまうと、癖になりますね。
あれと、あれをまた食べたい~と、今日もそんな話になりましたが、
「また戻りたくなる場所」=「食べたいもの」
になっている私に気が付いたのでした・・・(笑)

エジンバラのムール貝とホタテ、食べたい・・・
CIMG0425

CIMG0428

→今回、エジンバラに行く予定のSさん、食べる予定、うらやましい・・・

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/07(Sun)

【だんな様は霊能力者】 これだからヤダヤダ(苦笑) 

別に秘密にしているのでもないのですが、私たち事、
高野山にいる義父と父が、それぞれ回忌になるので、
今年は行かなきゃね~~、と話をしていたら、
 
高野山に行ってきます。
高野山に行ってきました。
高野山に行くんですか?

などなど、なぜか一気にみなさん、高野山に向かい始めた(苦笑)
これだから、ヤダヤダ・・・。

皆さん、何とも感度の良いアンテナをお持ちのようで。

こんな事は、ここでは日常茶飯事なので、慣れてはいますが、
それでも、今回の反応はみなさん、なかなかでした。

今日も、弾丸で高野山に出かけた人からのメッセージが。
行く前に、だんな様に会いに来て、色々情報を仕入れてから。

そう言えば数回、行った高野山。
雨の確率が超高い(内2回は、台風直撃)
その後のテレビ番組などで知ったのですが、
雨が降る日は、空海さんがお山にいらっしゃるそうで。
そんな話も彼女にし、出かけた彼女は、途中で降った雨に、
ニヤニヤしてしまったらしい(笑)

皆さん、どこかにお参りに行かれるときは、
こんな風に、まずはだんな様にちょっとご相談。
不思議と、物事がスムーズに進んだり、
感覚のある人達ですから、旅行というよりちゃんとお詣り。
会いに行く、神様仏様にちゃんと会って帰ってこられます。
そして、その報告も忘れずに、と、なかなか感心です。
それだけ、神仏に対する思いがまっすぐなんでしょうね。

どこかにお詣りに行きたい!と衝動的にでも思う時、
以前は、単なる思い付きに近かった感じがしないでもない。
どちらかというと、自分の都合が優先して出かけていた感あり。

だけど、最近は、自分の必要なタイミングをちゃんとキャッチし、
タイミングを見計らって、自分に必要な場所に出かけ、
ちゃんと会いたい神仏に会って帰って来るように。
大したものだと感心、感心。

こんなお詣りを経験すると、行って帰って来る、
そんな旅行は、楽しいけれどなんとも物足りない気持ちになります。
何しろ、ちゃんとお会いできれば、それだけのことがありますもの。
突然、出かけて、相手は留守でした・・・ってのではね・・・。

さて、さて、我が家が出かけるのではれば、
まずは予約を取らなくては!
あ!予約って、宿や切符だけではありません。
先方のご都合を、お聞きするのもお詣りのプロセス。
どうやって聞くかって?
それは、毎日、祭壇に向かっているのであれば、
自然にわかってきます。

IMG_1969
IMG_2041



連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  01:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 せっかちな霊能力者 

常々思っていることですが、霊能力者に共通すること。
ズバリ「せっかち」

頭の中に完成図があるからか、
頭の中のプロセスはすぐに出来上がるからか、
どちらにしても、ひじょ~~にせっかち。
ま、自分に関してだけのことなら、どうぞどうぞ、そのように、
と言えますが、周りを巻き込んでも、そうしなくてはならない!
みたいな切迫感、う~~ん、私も人のことは言えませんが(苦笑)

だんな様の側にいて、学んだことの一つ。
タイミングが来るまで、焦らず待つ。

ずっと前のこと、あちこちで憑依してしまう女性がいました。
その時あった時にも、いつもと違う雰囲気。
でも、だんな様は憑依を外すことなく、その時は終了。
「なんで、外さなかったの?」
「外しても、また他のモノが入る可能性が、今の彼女にはあるから。
今、入っているものは、さほどの影響は彼女に与えてない。
取り去ることじゃなくて、本人の依存心で引き寄せてしまう部分を
どうにかしなきゃね」

憑依体質の人って、全員ではないのですが、どちらかというと、
常に助けて~と、思っている人、少なくありません。
ですから、助けて~と思っている霊を引き寄せてしまう。
誰でもいいから助けて~とすぐに思ってしまう心を強くすることが、
現実的な解決法なんですよね。
とっても、とっても、くっつけてくる、ではね・・・(笑)

また、先祖供養も同じような面があります。
先祖供養をしなきゃ!と、有縁の先祖(父方、母方)を一度にやったら、
供養をしなきゃ!と思うほどの体質の人達。
かならず、へばります(断言)
一つのお家の供養だけでも、3年はかかりますから。
ですから、3年間しっかり供養を続ける力や気力が持てるようになってから。
あるいは、そんな気力を育てる準備ができてから、というのが無難です。
供養が必要なら、供養すればいいじゃん!という単純な問題でもないのです。

急いては事を仕損じるということわざがある通り、
より大きなことは、より沢山の人や物事の流れを見極めることが
大事になってきます。

せっかちなことで、仕事など早く片付くという良い面もありますが、
特に他人や他の事象を巻き込んで解決したい問題がある場合は、
気長に、気長に、そして、今!という瞬間をとらえる感覚を磨きましょう!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/05(Fri)

【だんな様は霊能力者】 5月初めのご神託 

5月に入り、先月までとは違った風を感じている人も少なくないはず。
今日も、この前までの天気不安的な日々から一転、
とても気持ちよく晴れて、風が心地よい一日でした。

さて、昨日はいつものように伝授で、その明らかに変化した「風」
について聞いてみました。
そう、そう、今週のご神託です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

「節が変わり、新たに次の季節がはじまる。
なんでもできそうな気持ちになるのは良いが、
あまりに羽目を外さないよう。
こんな時ほど、一歩一歩慎重に。
自らを貶めるようなことになるかもしれないことがらには
くれぐれも気を付けよ。

この時期は、心に浮かんだものがすべて実現する。
強く世持って、歩みが良い。
心に浮かんだものすべて、だからこそ、
何を心に浮かべるかをしっかり意識せよ。

うららかな陽気に誘われて、浮ついた気持ちで
羽目を外すと後に必ず響く。

どんな時も神仏は見守ってはいるが
神仏の道を志すと決めたものに対しては、
よこしまな心を抱いたときは遠慮なく叱責する。

目先のとらわれず、自らの足元を確かめよ。
むやみにつまらぬいさかいを招かず、
わきまえある者が先に進む。

(夫婦問題について)
どちらが正しいなど愚かな考えを捨てよ。
神はそんなくだならいことには耳を貸さない。
もう一度、自らの魂に問いかけ、どんな言葉を
相手にかければいいのか、自分の心は答えを知っているはずだ。

(季節の変わり目について)
心に夢を持って。
進むべき道は今月に決まる。
自分の決めた道を言霊として発するが良い。
誓いを立てたものが、先へと進む足がかりを手にする。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今の時期、心で思ったことは実現するのが速いそうです。
やった!と思うでしょうが、それはネガティブな思考も同じこと。
自分の心をポジティブな気持ちに保ちながら、
「こうしたい」という希望を、言葉にしましょう。
言葉にしたものには言霊が宿り、宇宙はそうなるべく、
活動を始めます。

また、「欲張らないこと」「目先の利益にとらわれないこと」
もこの時期だからこそ、改めて気を付けたいところ。

よく、3つの願いなんてのが、物語に出てきたりしますが、
「3つだけなんでも叶えてくれる」としたら・・・というお話。
誰かが、ではなく、自分でなんでも叶えることができる時期、
だからこそ、自分の心の使い方には、うまくなっておきたいものですね。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/03(Wed)

【だんな様は霊能力者】 先祖に選ばれるということ 

「だんな様は霊能力者」の中にイラストを何枚か描いていただいていますが、
その中で、2階にいる私が、1階でだんな様がお仕事している間に、
体調が悪くなる!みたいな絵を描いていただいています。

ま、もちろん、こんなことが起こることはみなさんすでにご存じだと思いますし、
自分も離れたところであれ、影響を受けてしまうと言う方も少なくないでしょう。

私の場合、霊は全く見えませんが、霊の存在や主張がある時、
お腹が痛くなることがあり、同じ部分が痛むので、もしかしたら?と、
頭のどこかで思っていました(→私自身は翻訳のお仕事をしていたので、
相談内容は後から聞きました)

むむむ、やはり!

一般的には、先祖の供養は長男長女、あるいは仏壇を引き継いだものなどなど、
誰かがやるだろうと思っている、あるいはやり方がわからないということもあるでしょう。
けれども、先祖の想いを聞くことができる人は、当然ですが頼られます。
さらには、この世を去ってまで残っている思いが多いので、
供養する側の力がないと、その思いにつぶされそうになります。

今日の方は、どうやらご自身のお力があるそうなので、
しっかりご自分でなさることができるでしょう。
こうして、世の中の一般的な考え方とは異なる理由、
つまりは先祖からの逆指名で、供養を始める方もいます。

頼られるということは、それだけの力があると思われているということ。
生きている人からでも、そうでなくとも、誰かの期待は時にプレッシャーになったり、
自分の意志とは多少異なることも併せてやって行かなくてはならないことにもなりますが、
自分が家を継ぐ立場に居ようがいまいが、先祖との血はつながっていますから、
それを供養する間に、自己浄化も進みます。
それにお世話になった相手に対する気持ちというのも、これまた同じ。
「霊の方がむしろ義理堅いよ」
と、だんな様が言う通り、やってあげたことは必ず返ってきます。
何より、自分の浄化が進むのが一番。

人は自分の意志で生きているつもりでも、かなりの割合で、
血のつながった人の影響を受けています。
自分で考えたつもり、感じたつもり、でも、先祖の気持ちが強く残った家系の場合は、
本当に自分がそう思ったのか、分かりにくいものです。
何も、これは自分、これは先祖と色分けをしなさいというわけではなく、
自然に自分の意志で選んだものがなかなかうまく進まない、
途中で、何かに邪魔をされることが多いなど、
むしろ、「自分らしい人生」を送る妨げになっていることもあります。

逆に、ちゃんと供養を受け、力を付けた先祖は、あなたの応援団になります。

先祖から選ばれるというのは、こう考えると、光栄なこと。
自分がここにいることができる感謝と共に、心をこめて祈りましょう。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 祈りが弱まる時 

先日のご神託の中で、3月4月そして5月と、
なかなか世の中が騒がしい・・・みたいな話になりました。

上があるごとく下があり、下があるごとく上がある。

つまりは、上=神仏の世界、と、下=人間が済む世界は、
どこかでつながっていて、互いに反映されていますから、
下が乱れているときは、上も乱れていることが多いのです。

ここの所、おいでになる方にお話を聞いていると、
学校や職場といった環境の変化になじむのに、時間がかかっている模様。
変化と言うのは、望ましいことばかりではなく、これまでのやり方が
通用しなくなる時期でもあります。

そして、こんな時は、「祈りのパワー」が弱まるそうで。
つまりは、目の間の現実に対処するのにいっぱい、いっぱい。
ちょっとでも容量を超えると、パニックになりがち。
ですので、心静かに祈る時間が持ちにくくなるのだと。

ですが、敢えて、そんな時だからこそ、心を落ち着かせる時間を
持てたらいいですね。
変化についていけない自分の心は、
他の誰でもない自分でコントロールするしかありません。
また、問題の種みたいなものが、見え隠れするのもこの時期。
問題の種を見つけると、どうしてもすぐに解決したくなりますが、
物事には解決する時期というのがありますし、
じっくり時間をかけて、無理なく自然に流れている間に、
どうでもよいことになるようなこともあります。
そんなときは、あれはダメ、これはダメとダメ出しするのではなく、
静かに時を待つのも作戦のひとつです。
問題が起こっているのを知っていて、「何もしない」「無関心」なのとは違います。

いくら、自分が正しいと思っても、多くの人だって思っていることでも、
実際にそう変われば、そこには新たな問題が待ち構えているのが普通。
しっかり、祈る時間を確保して、その辺りを見極める余裕。
是非、是非、振り回されそうな空気があちこちにある時だからこそ、
自分の心の乱れにまで振り回されずに済むような、視点や時間。
意識して持ってみましょう!


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター



EDIT  |  02:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.05/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 時代とともに 

時代と共に変化するもの、しないもの。
色々ありますが、人は基本、自分が経験したことというのは、
身に染み込んでいますから、なかなか新しいものや概念に対する拒否感、
思っているより、ある、と思っていた方が無難(苦笑)

歴史って学生時代には苦手な科目でしたが、
なが~~い歴史を違った目線で振り返った時、
ああ、自分がこだわっても変わるものは変わるんだ、
そう素直に納得できたことがありました。

自分のルーツやたどってきた道。
振り返り方にもいろいろあって、今の自分はこんなだけど、
昔はこうじゃなかったってやり方は、あまり意味がありません。
三次元は、過去から現在、未来へとしか流れない。
いくら「見た目」に若くとも、時の流れは流れるのですから。

先日、ある人が「きれいですね~」(→本当に綺麗な人です)
と言われて、その相手に少しカチンときたことがあったので、
「ええ、中身もしっかり磨いていますから」と答えたそうで(笑)
でも、本当に、中身もしっかり磨き中の彼女。
本当の意味で、前よりきれいになられています。

スピリチュアルな人というのは、過去も今も未来も、
すべてが、今「ここにある」ことを感じられるような
情報も受け取っているはず。
自分の目線でしか、あふれる情報は受け取れませんから、
見えるものも、見ようとしなければ見えませんし、
見えているということは、いくら否定しても、
自分が見ようと思ったから。

こんなはずじゃなかった・・・と思いながら生きるのも、
その人の自由ですが、何かを意識して選んでも、
意識せずに選んだとしても、誰かに言われたからと思っても、
最後に選んだのは自分だということを忘れずにいれば、
きっと、自分も許せるし、人も許せるようになるかも。

それこそ変化できないのは、変化しようと思っていないから
ってことになるのでしょう。
今、あなたのいる場所に対して、どう不満に思っていても、
いつかどこかで、自分で選んだ結果、
一つの通過点としてそこにいるのだとちゃんと認識できれば、
これから先の自分の意識を変えるきっかけになるかもしれません。

思いは、行動に出してこそ、実現するのですから。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  01:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |