2017.06/11(Sun)

【だんな様は霊能力者】 データと現実 

いろんなものの、いろんな進歩は目覚ましく、
携帯で歩いた歩数が買った日から記録されていました。
もちろん携帯を携帯していた時の歩数ですが、
まるで日記みたいで、ついついさかのぼって見てしまいました。
(って、このアプリがあるのを知ったのがつい最近)

ずっとずっと、このところPCの前に座っての作業。
お蔭で、手首や腕がキーボードの叩き過ぎで痛い。
リストパットがある意味が実感。
いや、本当にパットがないと、痛くて痛くて。
でも、ちゃんとした位置でサポートしてくれると、楽ちん。
これまた、ちょっと前にだんな様も作業で痛めたのを見ていましたが、
自分が痛めてみないとわからないもんだ!と思います。

ちなみに、今までのところの単語数16万、ページ数156
そして、編集時間23663分=約4百時間=約16日(4月末より今日まで)
もちろん、ずっと編集していたわけではないのですが、
少なくともワードを開いていた時間はこのくらい。
間でローマ、高野山に出かけていたことを考えると、
ずっとPCで作業してたかのように見えますが・・・
実際はそんな風な気分ですが・・・
いやいや、ファイルを開いたままだった時間も長いので、
現実とまったく一致しているわけではありません。
ただ・・・昨日の夜は、流石に疲れてブログを書く前に眠ってしまいました。

今日もさっきまで頑張って、一度、倒れ(笑)、そして復活!
その間もファイルは開いたままだったので、やっぱり現実とは違います。

今の世の中って、スピリチュアル的な表現をすると、
幾つかの時代がかつてあって、何回目かと。
けれども、だんな様曰く、これほど機械が発展した時代はなかったと。
まあ、便利になった分、電気がないと何もできないとか、
なんとな~~くこのくらい、みたいなものがデータで出るので、
想像力が衰える・・・なんて諸説ありますが、要は解釈の問題。
情報があれば、あれもこれも真実がわかると思い込んでいますが、
実のところは・・・
データや情報はありすぎても混乱するってことなんですね。

カメラに写らないから、そこに何もいないかというと、
それとこれとは別。
私の中では、空気の悪いところに行くと、自分も含めて、
突然体調を崩す人たちのデータが積み上げられて、
見えなくても、ある、と断言します。
被り指数なんて、数値化されても、果たしてどう活かせばよいか・・・(苦笑)
ですが、自分が感じないから、目で見てないから、ない、と、
決めつける危険性の方が気になります。

被りを落とすのも、このぐらい歩いたら元気でいられるよなという目安も、
すべては、元気に毎日を過ごすためのもの。
データや情報には、それを解釈する力と、数字から読み取る「状況」の
想像力があってこそ、日々に活かせるという観点を忘れずにいたいものですね。



今日の空。
雲の様子はわかっても、気温、風の強さ、湿気などなど。
伝わってくる人には伝わりますが、そうじゃないと「雲の広がった空」としか見えません。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター



スポンサーサイト
EDIT  |  05:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |