2017.06/17(Sat)

【だんな様は霊能力者】 微妙な違い 

同じ頑張るでも、動機は色々。
例えば、「負けたくない!」という気持ちでも、
そこには、恐怖がもとになっているもの
自尊心がもとになっているもの、
一見、見分けがつきませんが、その先に待っていることは、
同じ「頑張り」の中でも違いが出てきます。

恐怖で頑張ると、「ひょっとしてこうなったらどうしよう・・・」
という気持ちや雰囲気がどうしても、抜けきれません。
もちろん、恐怖で頑張った後、これだけ頑張ったんだから、
もう、怖くない!と自分に納得させることができれば、
それは、それでよし。
けれども、恐怖の枠の中での行動や心理は、
どうしてものびのび感が薄く、その先の展開が見えない。
つまりは、未来へのビジョンに明るさがなくなってしまいます。

同じ頑張るでも、自分のために、自分のプライドのために
というのがあると、他人と比較する危険性があるものの、
「自信」が、ひとつ乗り越えるごとについてくる。
だから、あれも、これもできるかもしれないという、
その先が待っていることが、多いです。
そうなろうと、なるまいと、気持ちが明るい未来を呼び込むのでしょう。
すると、自信が、工夫や簡単に諦めない気持ちを呼び起こしてくれます。

気を付けなくてはならないのは、同じプライドで頑張るにしても、
他人との比較をすると、やっぱりビジョンが濁る。
ちょっとしたことで、自信がなくなってしまいます。
自分で頑張ったことは、自分の中で積み上げて、
ちゃんと自分で認めてあげること。
大事です。

今月のように、世の中に穢れが沢山、どこからとも流れてくる時は、
知らない間に、自己卑下したり、気分が乗らないなんてことも多いもの。

ま、そんな時もあってよし。
ただし、気持ちが負けないだけの体力が、この時にメキメキと、
効力を発します。
いつもより、頑張れなくても、最低ラインを上げていくために、
日頃から、器である体を鍛えておくことの大事さを実感する今日この頃。

勝たなくていいので・・・
訳の分からないものに、負けないよう。
それこそ、プライドの問題です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  03:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |