2017.07/17(Mon)

【だんな様は霊能力者】 感覚と妄想 

感覚の鋭い人は、目に見えないものを感じます。
妄想癖のある人は、目に見えないものを感じている気になります(笑)

ま~このふたつの区別とやら、万人にわかるものではないので、
区別が難しいったらありゃしません(笑)

感覚が鋭いが故、目には見えず、多くの人が気にしてないけど「ある」もの。
・・・例えば、空気とか。

それと、お隣から聞こえてくる気がする噂話。
・・・気になりますが、基本自分には関係ない。

どちらも、周りに対する興味から、知ってか知らずか感じ取る、
あるいは作り出してまで、あると信じてしまうもの。

さてさて、こう書くと、どうにか区別がつけられないものかと
考えてしまいますが、そうじゃなくって
自分がハッピーになる妄想なら、いくらでもOK!!って思ってしまう作戦
ってどうでしょ?
おおよその場合、妄想って、被害者意識の場合が少なくない。
だから、周りを過剰に読み取ってしまう。
それも、ネガティブなことが多いわけで。

たとえただの妄想であっても、自分はハッピ~なら、
それで誰も傷つけないなら、妄想大いに結構。

だけど、他人のことが気になって、気になって。
今、こうしているかもしれない、今、悪口言われているかもしれない。
そんな妄想は、時間と労力の無駄。

だって心配だもの
だって気になるんだもの
という言葉がどこからか聞こえてきそうですが、
だからこそ、その思いのエネルギー、ハッピーな気持ちになるものに
使いましょう。

集中力、大いに結構。
ただし、ある一つの思いで心を100%にしてしまうと、
その思いが自分にとってハッピーか、そうでないか、
それさえ判断する余地がなくなってしまっている自分に気が付きにくくなります。

どんな物事にも100%の良し悪しはない、というのは100%(笑)
それでも・・・自分はこう思う!というのは、
それから起こる不都合も全部受け止める覚悟があってこそのこと。
自分に直接関係のないことならなおさら、
そこまで価値があるものは、ま~~ほとんどありません。

他人に無関心になる、ということではなく、
他人にハッピーを分け与えるには、
まず自分がハッピーじゃないとねってこと。

あ~~暑さにやられている私には、ハッピーでいられる自分を保つのが
精一杯ですが、それでも、何かに八つ当たりしても、
暑いのは変わりませんから、それよりましってことで。

感覚はオン・オフをコントロールできるよう
妄想はハッピーに!




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  04:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |