2017.08/30(Wed)

【だんな様は霊能力者】 分野分野の知識 

もう一つのブログにも書きましたが、ただいま、翻訳本の校正、山場です!
今日の午前中から始まった、最後の最後の詰め。
ただいま午前1時半を過ぎましたが、まだまだ続いています。
これまでの翻訳本のこの作業の時にも、終わったのは朝7時なんてことも
ありましたから、それからすると比較的順調に進んでいる感じ。

ある表現で詰まると、「う~~~ん」と悩むこと暫く。
暫くしても「う~~ん」。
たった一文の翻訳がうまくいかないまま、一時間ぐらいは平気で
過ぎてしまいます(涙)
なので、隣にだんな様に待機してもらって、助けてもらって
本当に助かっています。
何しろ、内容を理解できる人でなければ、理解もできず、
したがって訳語も出てこない。
例えば、「manifest」という言葉一つ、何が姿を現すか、
明らかになるかで訳が全く異なってくるのです。
時には、訳文の中に溶けるように含まれていて、
訳語としては表面に出てこないこともあります。

その他にもスピリチュアル系の本の中の用語として認められている用語も
あったり、なかったりと、一人ではとてもとてもたどり着けないです。
時にたった一語の「ソース」という言葉がどう使われているか、
数冊の本に目を通さなくてはならないケースも。

「創る」という言葉一つとっても、何を「つくる」かで漢字を変えたり、
それを本一冊、矛盾なく統一するとなると、かなりの記憶力が必要。
これまた、「翻訳」のイメージと全く異なった作業の難しさが加わります。

という作業は、まだまだ続いていますが、
わからないことがあったら、だんな様に聞いたり、ググったり。
それがなかった時代には、とてもこの仕事はできなかったと思います。
(ちなみに、かつては国会図書館などで調べていたらしいです)

後もう少し。
送られてくるゲラ待ち状態です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  01:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/29(Tue)

【だんな様は霊能力者】 月例会とお不動様のご縁日 

昨日は月例会。
いつものように、暑い中でも普通に普通にたくさんの方々が集まって、
まずは護身法からスタート。
新しく始められた方がいらっしゃるので、
数珠の持ち方から、護身法の目指すところのお話を。

目指すところはひとつじゃなくとも、方向ってのはありますものね。

もうお一人は久しぶりに復習から入りました。
ご自分でも気が付いていらっしゃいますが、
周りの人たちの心の声をダイレクトに受け取ってしまわれる方。
護身法だけでなく、左手に腕輪念珠を胸にはネックレスを
つけて自分を守る方法をお伝えしました。
最終的には何も付けていなくとも自分を護れるようになるのが、
それこそ目指す方向ですが、途中では、いわゆる「もの」の
力を借りるのもあり!です。

先日、出版社に出かけた時、もちろん腕輪念珠はつけていきましたが、
文字を書くときに右手の念珠が邪魔だったので外したら、
突然、頭が働かなくなりました(苦笑)
ですので、多少の不自由もありながら、またすぐ付け直したという。
出版社のある場所も少し空気がたまりやすいですし、
建物の中には作家さん、編集者さんのストレスが溜まっていますので、
ちゃんと仕事をするには、私にとっては大事なものだと再確認。

そのあとは太極拳。
実は、この頃、急ぎの校正が入り始めていましたので、
少しずつ、解決しながら。
月例会が終ってから、とりあえず一通りをお返事していました。

また、今週こちらで行われることになっている、
結婚式、結魂式の打ち合わせも。

皆さん、今年の夏の暑さには思っているより体力を奪われてしまっています。
(含自分)
体力が落ちると、気力が落ちて、結果、あんまりポジティブに
ものを考えられなくなりますから、その辺りは「本当の自分」の
感じていることも忘れずにいたいですね。

今日は、お不動様のご縁日で、昨日に続けていらした方も。
久しぶりに、護身法を見せていただきましたが、
どんどん進んでいらっしゃるのがわかり、
楽しいです!!!とおっしゃる姿に、楽しむことが
上達への大事な要素だとこれまた再確認。

また、今日は遠くから先祖供養の方法などのお話を聞きに来られた方も。
世の中にはいろいろなやり方があって、
いろいろな祀り方や気になるものなどありますが、
神仏の祀り方は、まずは形式を整えることから。
そこに思いを載せると、すっと心が届きます。
先祖供養は、自分が自分らしくあるためにも、もちろんご先祖のためにも、
基本中の基本です。
私も自分で全部やったとは言えませんが、
納得するまで何度も何度もだんな様にお願いし、
自分でも毎日、手を合わせています。

自分らしさを取り戻すには、基本は大事。
そして、その実力が発揮されるのは、
うまくいっている時よりむしろ、うまくいかない時。
・・・自分にいつも言い聞かせていることです。




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  03:42 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/27(Sun)

【だんな様は霊能力者】 明日は月例会 そしてまた校正中につき 

昨日も暑かったですね~~。
とはいえ、今日は月例会なので、準備もあって、
買い物へでかけました。

空は・・・










まったくもって、写真の撮りがいがない曇り。
雨の予報も出ていて、雨が降れば少しは暑さが収まるかと
心待ちにしていましたが、結局のところ降らずじまい。
昼間に出かけただんな様によると、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ
降ったそうで。

出かけた外は夕方にも関わらず暑かったのですが、
駅前ではお祭り開催中!
買い物を済ませた後、ちょっと立ち寄りました。
めったに出会わない「あぐー豚」を使ったメンチカツに遭遇!
そして、迷わず購入。

そういえば、残念ながら月例会にはいらっしゃらないと
ご連絡のあった方から、おいしそうな梅干し、いただきました。
その方が、これなくて残念がっていらした、お祭りでは、
「ちとビア」が販売中。
限定25本で、私が行ったときにはわずか3本ほど残っていましたので、
買っておきましたよ~~(と、これ完全に私信ですね・笑)
来月いらっしゃる時まで、大事にとっておきますので、
ご安心くださいませ。









暑さが続く中、皆さん色々と体調や用事が入るので、
しょうがないですが、ご都合のつくかたは、
お見えくださいませ。
一カ月に一回の自己メンテナンスも兼ねた大事な機会ですものね。

夜中になって、校正の続きが入り、今までかかりました。
さてさて、ほんとうに終わりが見えてきました・・・(といってもまだ終わりではない)

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
EDIT  |  05:24 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/26(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ピンチはチャンス 

どんなことでもそうですが、問題の本質というのは、
わかっているようで、わかりにくい。
自分でも無意識のうちに、自分の一番苦手なところは、
避けていたりします。
避けて、見ないふりをしている自分を見ないふりしている間に、
本当に見えなくなるから不思議です。

何か問題が起こった場合、自分で決めて行動するしかないけど、
その解決策がちょっぴり的外れになってしまうのは、
目を背けていることが原因だったりもします。

何事も本気で解決せねば!という気持ちがないと、
見えてこないものってあります。
そして、同じような問題や、いろんなほかの問題を
悩んでいる人を見ている時には、
「そこじゃないだろ!」と見抜けるのに、
こと、自分のこととなると、見えにくいのは、ひょっとしたら、
自分の中の一番核となる部分の声に
耳を傾けていないからかもしれませんね。

自分自身でもそうですが、だからと言って、
さあ、「そこを見つめなさい」といったところで、
準備ができていない心は逆に悲鳴を上げることもありますから、
何事もタイミングは、大事、大事。

人生を生きていくのは大変ですが、
おおよその場合、問題は時間がないとか、資金がないとか、
人手不足とか、まあ一般に言われていることは、
表面的に見える原因でしかないことが多いです。
そこを補ったところで、根本的な意識が変わらないと、
その問題はまた降ってくることになりますから、
解決したつもりが逆戻りってこともありますよね。

今回、私が翻訳した本の主題も「願えば叶う」という内容。
でも、その願いに対する思いを積み上げていく、
バージョンアップしていくことのきっかけが、
日常の色んな問題だったりする。
だからこそ、ピンチはチャンス。
じゃなければ、日常をわざわざ変える必要は、
差し迫ってきませんから、気になることがあっても、
このままでいいや~ってことに。
それに、差し迫った問題がないのに、あれこれ、
気になった部分を触って変えてしまうと、
軸がぶれてしまいます。
何しろ人間の感覚って、あちこち揺れ動くのが本質。
先にあるビジョンがクリアーなら、多少揺れても、
本質に戻るんでしょうけど。

「願いをかけること」ってそういう意味で大切。
自分が本当に何を求めているのか、
それには何が足りなくて、何が必要なのか。
素直に心を開いて、分析してみるのもあり。
だからこそ、ピンチはチャンスなのですから。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
EDIT  |  03:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/25(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日は夜まで、いや明け方まで暑かったです。
夜から始まった伝授では、久しぶりにみんなで
理趣経を練習しました。
ほかのお経も織り交ぜつつ。
いや~内弟子さんは、みんな掛け値なしにお経が大好き。
理屈はありません。
詠んでいると、生き生きしてくる人たちばかりです。

そんなもはや日常になった伝授の時間も、
中身はその時々。
ご神託は、次の通り。
*******************
もうすこしの間、暑さが続く。
だがそれも間もなく終わる。

人としての心を忘れず
常に感謝の気持ちを忘れずに生きよ。

今、自分のあるべき姿がどうであれ、
今あるものに感謝の気持ちを持ち続ける。

いかなることがあっても忘れてはならない。

***************

暑い日が続いていますが、時々ふと秋の気配を
感じる瞬間もあって、空の雲の様子が秋に変わりつつあるのや、
トンボが飛ぶのを見ても、季節は順調に巡り中です。
それだけに、夏の暑さの疲れも出やすい時期。

暑いと体が固まることがあるのを知らない人も多いのですが、
暑いと、血管が広がって血流がゆっくりになり、
逆に、それで酸欠になった体はぎゅっとしまってしまうことが。
捻挫や攣りなど、意外と夏の間も少なくないので要注意。
ストレッチは、寒い時と変わらずこなしましょう。

また、夏になると食欲が落ちがちですが、食べたつもりでも
食べてないと、直接体調に影響が。
そして体調に影響が出ると同時に、頭も回らなくなります。
そして、体力がないと、被りにも負けやすくなって、
ネガティブオーラが全開になりますから、
ますます、思い通りにいかないことが増えたりします。

Vicious circle って英語ではいいますが、ビシャスサークルを
断ち切るには、これなら食べられる!というものを
きちんと食べること。
被りにくくなるには、肉類は必須です。

食料としてこの世に与えられているものは、
まさに与えてもらっているもの。
与えてもらっているものには、神の意志が含まれています。
旬のものには特にそれが濃く入っていると思ってマチガイありません。

きちんと食事を摂ることは、基本的な生活習慣であると同時に、
神仏への「感謝」の気持ちを、受け取ることでもあります。

祈っているのに、拝んでいるのに・・・と思うのであれば、
当たり前のように与えられているものへの感謝の気持ちを
ちゃんとまずは受け取ってから。
ですから、食事の時間は、神仏との会話のタイミングでもあります。
そこをないがしろにすると、やっぱり、目の前にある
たくさんの気づきや、チャンスも見えないのが普通でしょう。

神仏には全く関係のないような、いわゆる俗な願い事や
悩み事にも、神仏はちゃんと答え続けてくれているのですから、
その答えをきちんと受け取りましょう。

暑いのはつらいですが、この暑さも、与えられているものかも。
夏の間の頑張りは、方向さえ間違わなければ、秋になって
必ず芽を出してきます。
上手に休みながら、頑張り時や方向を確認しながら、
自分の好きなものには、ちゃんと心を開いて、
受け入れて、感謝しましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/23(Wed)

【だんな様は霊能力者】 久しぶりのドン被り 

道場に出かけようと、簡単な夕食を済ませるべく、準備をしていたら・・・
耳鳴りがしたかと思うと、くらくら。

もちろん、暑かったので熱中症かと思って、
いただいた梅干しを2個食べて、
飲み物を必死で飲み・・・とやってもなかなか改善せず。

だんな様にも手伝ってもらって、夕食の準備を。
まだ、耳鳴りは収まらず。
食欲はなかったのですが、食べなきゃね!

★被っている時は、食べたくなくても食べれば食べれます。

体力勝負なので、頑張って食べましょう!
本当に体調が悪い時には、いくら頑張っても食べられません。
また、食べた後、腹痛が起こることもありますが、
それでも栄養はいくらかでも吸収されていますので、
食べれたら、恐れずに食べましょう。

頑張ったら食べれた私。それでも耳鳴りが止まりません。

空手休む?
と聞かれましたが、この時点で食べられたってことは、
被りの可能性が高いと思って、行くだけ行く!

時間に間に合わなくても、少しでも血流を良くしたら、
改善されるかもしれないし、だめなら見学と出発。
けれども道場に到着しても、耳鳴りは収まらず、
師範にも説明して、練習に参加しました。
最初の頃は、自分の声さえうるさくて、
暑いし、頭はぼ~っとしたままだし・・・
と、気がつくと少しずつ、耳鳴りが止まっているのに気が付きました。

でもって、今日は少しだけ短かった2時間の練習。
スパーリングまでやり切りました。
でもって、耳鳴りも収まりました。

どうやら、どっかでドン被りしたようで。
なかなかしつこくて、大変でしたが、
被りの症状の特徴は、被りが取れると、
あ~~んなに気分が悪かったのに、ケロっと治ること。

実はご飯を食べた後、眠たくて、眠たくて。
で、これも被りの特徴。
でもって、
★ そのまま眠ってもまず治りません。
眠るなら、被りをしっかり落とした後に。

どこでどうやって被ったか、いまだわかりませんが、
これまたあんまり追及すると、またまた被るので、
治ったからよし!ということで。

★どこで被ったか、わかったら祓いやすい時もありますが、
わからない時には、追及しすぎないこと。
またまた、その途中で被ります。

体調の変化は、被りだけが原因で起こることも、
そうでないこともありますので、簡単には言えませんが、
まあ、病院に行っても、異常が見つかることはあまりありません。

ですから、被りをためたまま、我慢している間に、
本当に病気になってしまったケースをこのところ、いくつか耳にしました。

「本当のところ、感覚を磨くことより、浄化の仕方を知っていることの方が、
ずっと大事なんだ」

いや~、たまたま被るってこと、不本意ながらあるんですが、
道場があってよかった、空手で汗を流したら、
すっきり治ってよかったよかった。
ありがたい治療法です。
何しろ、薬を飲んでも、眠っても、浄化しない限り、治りませんものね。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター





EDIT  |  03:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/22(Tue)

【だんな様は霊能力者】日常と修行 

自分でもあることですが、日常と修行。
分離しやすいものです。
修行で「わかったこと」「体得したと思っていたこと」を
日常で活かせるまでになるには、もういくつかの段階があるのでしょう。

修行として、何日も、何年も行を続けている人というのはそれだけですごい!
修行として、普通じゃ考えられないような苦行を修めているのはそれだけですごい!
素直にそう思います。

いわゆる修行という形でなくとも、
毎日、ちゃんと仕事にでかけるのも修行、
毎日、ちゃんとやるべきことをこなすのも修行。
日常の中にもたくさんの修行があって、
それと気が付かない間に「修め」ていることだってありますものね。

私にとっては、翻訳のお仕事は集中力、最後まで気を抜かない修行
でありながら、とても大事なことを学べるお得な修行。
自分が「仕事」としてやっているもの、目の前にあるものに、
学べることは沢山あって、それと気づけるときもあれば、
こなすだけで精いっぱいのこともあります、あります。

やらなくてはならないことをこなす修行を苦行にできるだけしないような工夫とか、
あえて、非日常空間を作って、修行を体にしみこませる工夫とか。
修行を「修める」には、自分なりの工夫が必要。

今日は、新たな滝行の場所を探して、お弟子さんたちが、
いくつかの瀧をめぐってきたようで。
こっちの方向とか良い滝があればいいですね~と、
私が言った関係上もあって、一日中気にはなっていましたが、
残念ながら、「入りたい」と思うような瀧との出合いは、今回なかったようで。

暑かった都心と比べて、山の方は涼しかったそうですし、
そばやこんにゃくなどなど、おいしいものも食べてきたようなので、
良かったとは言え、まだまだ、次の滝行の場所探しは続くようです。
で、この探す作業も修行なんでしょうね。

これをやったから、これを修めたから、すなわち修行・・・
って行かない部分もあって、何をやっていても、
意識が「そこ」に至ることが大事なのでしょう。

心を開放して、日常の中でもその状態でいられるよう。
心を開放して、いつでも自分らしくいられるよう。
楽しく修行ができて、そこで「あ!」っという気付きがあれば、
最高ですよね!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/21(Mon)

【だんな様は霊能力者】 気にする対象 

ちょっと物事が見えたり、見えないものが見えたりすると、
何だろう・・・と気になって仕方がないもの。

見えたり、聞こえたり、匂ったり。
本能的に感じているものだと、コントロールはかなり難しいです。
そして、残念なことに、気持ちよくなることより、
気持ち悪いことの方が気になるし、忘れにくい。

気になるのはわかりますし、感じてしまうことは仕方がない。
けれども、そんな自分を好きでいたいならそれで結構。
多分・・・体調が崩れてしまって、悲鳴を上げるまで、
気にするって癖が抜けません。
そして、体調が悪くなっても、癖を抜かない限り、
楽になっては、気分が悪くなり、そして少し回復しては、
また何かが気になって、がっつり被るの連続。

感じる感覚が閉じられないなら、感じる感覚で、
気持ちよくなるものを感じましょう。
こんなことを感じるんです、こんな風に見えるんです。
そんなお話をお聞きすると、体調を崩すに至るまで、
気が付かないことも多いんだろうとは察します。

けれども、せっかくの人生。
被ってしまう嫌なものではなく、元気になるもの、
すっきりするもの、わくわくするものを見ながら、感じながら
生きていきたいと思うのであれば、
嫌なものは見ない、感じない、感じたら捨てる。
何より、そう自分を訓練することが大事です。

そう考えると、一番の敵は「自分」
一番気にする対象は、相手ではなく「自分」

では人のことなど心配しなくていいのだろうか?
無関心で済まされるのか?
などと思われるかもしれませんが、
あれも、これも不安に思っている自分が心配したところで、
解決するものは、残念ながら、ほとんどありません。
関心をしっかり持ったところで、何も変わらない現実に
打ちのめされるのが現実です。

だから、まずは自分が「幸せ」でいること。
自分で自分の進んでいる道筋をしっかり持っていること。
それが、心配したり、心を寄せる人たちへの
手助けになれる自分を作りだしていきます。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  01:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/20(Sun)

【だんな様は霊能力者】 積み重ねと開運 

今日は、遠くからのお客様。
年々かぶりに取ったという夏休みを利用して、東京に数日。
その1日をこちらに来られることに。
遠く中国地方のある県から、苦手な飛行機に乗って、
年に数回おいでになります。

以前も書いたことがありますが、ご夫婦お医者様。
ご主人の患者さんでC型肝炎を感知してもらった・・・のが、
私たちが通う美容室のアシスタントのおばあ様という。
はたまた、都合で道場を移られましたが、
奥様が通われていた道場に、これまた別に以前からいらしていた方が
通っていた・・・という、そんなに小さな県なのか??と
思いたくなるほどの不思議な縁だらけのご家族です。

毎回、護身法をお教えさせていただいていますが、
毎日きちんとなさっているのが分かりました。
また、久しぶりに見た護身法には風格が出てきたと拝見。
毎日の積み重ねはうそをつきませんね。

先祖供養も神様へのご挨拶も毎朝してから病院に。
朝忙しくなったので、時間をずらしてという工夫。
淡々とこなしていらっしゃいますが、時間は取ろうと決めなければ、
取れないものですから、見事!としか言いようがありません。

その積み重ねが、開運のカギ、とだんな様が言いますが、
お二人とも色んな意味で大変な職場ですが、
着実に前進していらっしゃるのがわかりました。
お二人のお子様も順調、順調。

ちょうどお帰りになれるころに、大雨と雷が。
何気なく、下のお子さんに何時ごろ止むかな?
と、聞いたら、その通り。
そして、最後に「今は止んでるけど、また降るかも」と。
ご家族お帰りになる間は、止みましたが、
あの後、また結構、降りました・・・と付け加えておきます。
ちびっこ天気予報士、おそるべし!です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/19(Sat)

【だんな様は霊能力者】 気になることを気にしない訓練 

世の中、気にしようと思えば気になることは山ほどあります。

個人レベルで多いのが、ズバリ!近隣からの音。
隣や上の階の部屋から音がして・・・と、自分も立ててしまっている音があるかも
そんな中、気になって、気になって。
昨今の住宅事情、仕方ない部分ですね。

気になってくると、いろいろとストレスがかかり、自分の行動が見られている、
それに反応して相手が音を出している、そんなことを訴える人の話を
ここの所数回耳にすることがありました。

実際、音がしているんでしょう。
実際、あなたの出した音がうるさいからと、相手がドアを音を立てることもあるんでしょう。
思いのエネルギーの強い人は、気になって、気になって仕方ないと、
そればかりが気になって、最後には、自分の体を抜け出して、
わざわざ「音」を隣まで聞きに行っているなんてこと、
なさそうであります。

どうしたらいいんでしょうね・・・。
今日も同じような話になりましたが、気になることを気にしなくなる訓練。
だから、次は、そんな音が気にならない場所に住むために頑張るきっかけ。

気持ちを切り替えるしかありません。
相手の行動をコントロールはできませんし、
苦情を入れたところで、改善されると期待するのも疲れてしまいます。

自分の心地よい状態に集中しましょう。
隣に住んでいるけど気になるからと、相手の行動を気にしすぎないよう。
騒音の問題をはじめ、周りからの気に障る刺激は、
意識して排除しようとするほど、気になってしまうものです。

波動的に言えば、気になればなるほど、気になるものの波動に
自分の状態が合ってしまい、余計にそれを引き寄せる、ってことに。

自分の心地よい状態にいつもいられるよう、訓練、訓練。
誰が周りにいても、どんな場所にいても、そうなれればいいですが、
言うは易し、です。
少なくとも、終わったどうでもよいことをいつまでも、
「面白くない」気持ちで引きずらずに、
心地よい方に、自分の気持ちを向けましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/18(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日はいつものように伝授。
結構激しい雨が降って肌寒い一日でしたが、
お弟子さんたちはいつものように、いつもの時間に。
この安定感こそ、基本ですよね。

能力がある、ない、だけでなく、
自分が持っている能力を、どんな状態であろうと、
一定して保つことができる、それも才能の一つですものね。

さて、さて、昨日のご神託もこのブログをお読みの方々に向けて、
ちゃんといただきました。

************************

夏の暑さは、まだまだ続く。
そして、行もまだまだ続く。

生半可な気持ちで日々を送るのではなく、
真心を込めた祈りで一日をスタートさせ、
一日、一日を、特別でなく、祈りを込めて
過ごすこと。

遊び半分の行は、やるべからず。
命に係わることもある。
心して、日常を保て。

********************************

ここ数日収まっていた暑さも、今日は違う形で
蒸し蒸しとした、体力を奪われる蒸し暑さになりました。
これから数日も同じような天気が続きそうですが、
気温が上がらなければそれでよいというのではなかったことに
今更気が付きますね。

15日の神の行、仏の行の報告は、昨日のブログで済ませましたが、
神の行で全開に力を出し切り、
仏の行で再び、前回に力を出し切る。

いつものようにだんな様は、夜寝るまで食事がのどを通らない。
夜には、半分無理やり食べてもらいましたが、
限界を超えて力を出し切ると、そんな状態になります。

空手でもそうですが、「もうダメ」と思う限界と、
本当の限界には大きな「差」があります。
メンタルの限界が高くない場合もあれば、
肉体の限界が高くない場合もあり、
どちらかが限界と思ってしまうと、
自分の力を出し切ることなく、自分の限界が決まってしまう。
いつも、いつもそうですが、空手の基本が終ったとき限界と思い、
移動が終って、そして型が終って、ミットが終って、
そのたびごとに限界だ~~と思うのですが、
ちょっと休んで練習を再開すると、ああ、限界じゃなかったかも・・・
と思うことを繰り返していますので、行においても同じことが。

また、霊の声や姿をあまり感知しない私にはわかりにくいのですが、
霊能力を持った人たちにとっては、その感覚をすべてゼロに閉じるのは
不可能に近いのです。
何か事件があった場所など通っただけで、波動の影響を受けてしまう体質は、
治ることはない。
もちろん、聞かない、見ない、が基本ですが、
それでも入ってくる情報のほとんどをその場できちんと
流してしまうこと。
一日に一回、ちゃんと整理して捨ててしまい、浄化を自分にかけておくしか
方法はないのでしょう。
そのままにしておくと、次々、同じような波動を持ったものが
磁石にくっつくように、集まってきますから、
何より、自分の日常を楽しく過ごすために、浄化にはしっかり時間と
そして、その瞬間の祈りには心を込めて。

基本があってこその、応用です。

先日から、翻訳ネタになっていますが、
今日もちょっとした翻訳作業で慌てました。

英訳をネイティブに頼んだのですが、
その際に使ったワードが、正しいかどうか・・・
う~ん、微妙です。

正しいという判断をするとき、どうしても日本人は
文法的に正しいかどうかが気になりますよね。
確かに一つの大きな指針。
だけど日本語だって、変化していますから、
私たちが使っている日本語も使っている間に、
変化し、それにつれ、文法も訂正というか、
許容範囲を広げなくてはなりません。
例えば、「やばい~~」「超~~」「めっちゃ」
なんて言葉、耳にしますが、文法的に説明しようとすると、
かなりやばい(笑)

まあ、正しいマチガイの線が引けない領域というのもあって、
テストに出たらマチガイになるけど、
日常では使っている、とか、印象的なるってケースもあるわけで。

というニュアンスの翻訳でここ数日大慌てしましたが、
一応の決着を見た、と思っています。
勉強になりました。

そういえば、数年前にエジンバラに行ったとき、
日本のビールの宣伝で「超乾燥」と大きな文字が書かれた看板が。
それも駅のど真ん中。
そうそう、「スーパードライ」をそのまま和訳したものでしょう。
こんなマチガイ、きっと辞書で引いて訳していたりしたら、
きっとそんな英語とかしゃべっているかも、書いているかも?

看板の日本語を訂正するとか、しないとか、
間違えているとか、いないとか、そんなことより、
自分の英語が気になってしかたありませんでした。

言葉は生きているので、常に変化しています。
ですから、ここまでという線を引くのも少し勇気がいることで、
「使われているけど、文法的に間違い」な表現って、
意外とあるものですものね。

言葉だけじゃなく、正しいマチガイは、場所が変われば、
相手が変われば、タイミングが変われば、
揺らぐことも多いはず。
四角四面でも面白くない人生になりそうですし、
割り切れない物事もたくさんあるものですが、
その区切りは、だれかに対して、ではなく、
自分に対してつける分には、生きる指針になるかもしれません。

なんとなく、最近、失言探し・・・みたいなニュースも多く、
確かに立場がある人なら、絶対に口にしてはならない言葉ってある。
何も考えず言葉にしてしまったら、覆水盆に返らず。
言葉選びは、慎重に。



夏は意外と花の種類が少なくて、苗木を探すのも苦労します。
トウガラシは、きれいな色で、長持ち。
暑い日差しの中でも頑張ってくれています。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  03:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/16(Wed)

【だんな様は霊能力者】盂蘭盆会 

昨日、8月15日、盂蘭盆会の供養、無事に終了しました。
昨日は15日ということで、午前中11時から、
まずは神様のご縁日で、先祖供養を神式で行いました。

神式で行う先祖供養とは?と良く質問されますが、
仏教が日本に入ってくる以前は、神道しかなかったわけですから、
それ以前の先祖を供養するとなると、神式につながります。

ただし、仏式での供養が進んだ場合が一番、
スムーズに進みますので、仏式での供養は必須。

昨日は1年に1度、神仏そろっての供養を受けられたご先祖、
それに参加された方々は、とても貴重な時間を過ごされたことと思います。
お仕事で参加できなかった方、
タイミングが合わなかった方、
などなど、後で知って、涙を出して悔しがっていました(笑)
ま、そのぐらい貴重な機会だったということで。

そして午後からは、沢山の方々に集まって、
盂蘭盆会の供養を当然ながら、仏式で執り行いました。





今年はお花がなかなかそろわず、もう少し華やかにしたかったのですが、
ヒマワリが存在感を出してくれました。

都合でいらっしゃれなかった方々の供養紙も一枚一枚読み上げ、
供養を無事に済ませたことをご報告いたします。





今回は、新たに供養を始められた方も少なくなく、
大変、沢山のご先祖様もいらっしゃいましたので、
場が整うまでに時間がかかりました。
やはり、何度も供養を受けていらっしゃるご先祖との違いはありますが、
何事にも始まりはあるので、これからじっくり供養されていかれればと
思います。
ともかくも無事に終わった盂蘭盆会。
毎回ですが、だんな様もお弟子さんたちも、そして私も、
全力で行いましたので、今日は一日使い物にならない状態でした。
涼しかったので、助かりましたが、楽になって行かれるのを
感じる度に、立ち会わせていただいたご縁に感謝したくなります。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  21:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/15(Tue)

【だんな様は霊能力者】 盂蘭盆会 いよいよ明日 

8月13日から入ったお盆の時期は、なかなか濃くて、
ゴミを出しに行って帰って来ただけで、
気を許すと、うっかり、ドンと被ってしまいます。

とはいえ、いよいよ明日はお盆の最終日。
盂蘭盆会の行事を執り行います。
ご先祖に思いを馳せる大事な時期ですもの。
心を込めて、皆さんで読経をすることにしましょう。

ご先祖の中で、特に生前を知っている場合は、
お盆の時期の空気の重さとは裏腹に、
家に帰って来る~という思いで、
色々思い出したりしますが、
区切りは区切り。
お互いが幸せに生きる自分の場所で、
しっかり生きられるよう、祈りを捧げたいと思います。

私が育った場所では、15日の夜には
精霊流しがありました。
年月が流れ、川が汚れるからという理由で、
中止になった時期もありましたが、
今はまた、復活しているようです。

ご先祖様をお迎えし、送り出す儀式は、
地方によって多少の違いはありますが、
思いは同じ。

しっかり供養の気持ちを伝えたいと思います。

今日、買い物に出かけたら、トンボが飛んでいました。
季節は移るのね~。写真も写そうと思ったら、
慌てて家を出たので、思いっきり携帯忘れていました。
IMG_2568IMG_2555



















というわけで、昨年、訪れた日光で撮ったトンボの写真で代用。
日付を見ると、8月下旬。
まだまだ暑かった記憶がありますが、あれから一年経ったんですね。
トンボが飛ぶころになると、秋の足音が聞こえそうな気持ちになります。
とはいえ、まだまだセミも頑張って鳴いています。
ここの所さほど気温が上がらないとはいえ、7年越しで地上に出てきたのですもの。
最後まで、力の限り鳴かないとね。

今日は、姪っ子さんがご挨拶に。
大学を卒業して、東京で就職、会社を辞めて起業、
そして、今度は次の段階に向けて・・・。
節目、節目でちゃんと挨拶に来てくれて、
ちゃんと住んでいる場所に適応して頑張っているのがわかります。

若い人を見ていると、変化がはっきりしていて、
月日が経つのが速いと実感。

そう言えば、ロンドンにいる甥っ子たちも、とうの昔に
私より、いや、本人たちの父親より背が高くなっています。

若いって、それだけでパワーがありますが、
そのパワーを持て余すこともあるんでしょうね。
甥っ子たちも、それぞれに、それぞれの年齢の悩みがあるようで。
でもね、じっくり生きて行ったらイイと思います。
先も長いしね~~。
急ぐなかれ、です。

若いっていいね~って言葉を良く耳にしますが、
振り返ってみれば、当時は自分が若いことさえあまり自覚がなく、
その時、その時のことで精いっぱいだったような。
きっと、若い人たちもそうなんでしょう。

ただし・・・自分も確実に年月を重ねているのを忘れないよう。
季節が変わるのを目にしながら、
若い人たちの変化や成長を目にして
実感しています。


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
EDIT  |  03:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/14(Mon)

【だんな様は霊能力者】 幸せ病 

世の中便利になりました。
だけど、世の中幸せに人々が暮らしました・・・とは異なることは、
今のざわざわした空気からも感じ取れます。

自分の手の中にある幸せは、目に見えないものなので、
ちゃんと、感じ取らないと、どこかに消えてしまいます。

そう、そう、今、私的にブームの(仕事で)「引き寄せの法則」の中でも
出てきます。
引き寄せたものは、実現した後、そこに意識を向け続けないと、
バラバラになる。
人間関係も、物も、一旦引き寄せたら、注意を払い、
引き寄せ続けなくてはならない。
な~んてアフターフォローがあったんですね。

ちゃんと引き寄せて、やってきたらそれに感謝をする。
そんなシンプルな手順の中に幸せはあります。
それを意識していないと、「まだやってきていないもの」ばかりに
心を奪われて「幸せ病」と呼ばれる状態に。
自分が恵まれていることはすっかり忘れて、見えなくなり、
人の幸せやうまく行っていることがうらやましくてたまらない。
これじゃあ、いつまで経っても幸せはやってこない、
というか、見えないわけで。

お盆の時期は、特に自分の血の中に流れるいろんなことに
思いを馳せる時期でもあります。
当たり前ですが、今自分がここにいることに感謝をしながら、
ちゃんと「あなたが幸せを感じて生きている事」が、
何よりの供養。
そして、その感謝の気持ちを伝えていくのも供養の一つの形。
もちろん、供養にもいろんな形、いろんな思いがあってよし。

逆に言えば、自分が力を貸し、自分も力を貸してもらう、
そんな中でお互いが幸せになるよう協力しあえる時期でもあります。

供養の思いも、できれば一方通行ではなく、
お互いがお互いの幸せを伝え合う、
そんなチャンスにしたいものだな~と思います。

護ってください、あれもこれもとお願い事をする対象から、
そろそろ卒業して、ちゃんと対等な供養ができると理想ですね。
各家の供養をする時、その威厳が、先祖を安心させ、
それも癒しになるのですから。
生きているあなたが、今は家の当主という気持ちを忘れずに!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/13(Sun)

【だんな様は霊能力者】 いよいよお盆! 

全国的に帰省ラッシュが始まる中、お盆の時期に突入!
曇ったお蔭で、数日前ほどの暑さにはならないものの、
素敵な空気の重さと、蒸し暑さ。
お盆の時期は、気温に関係なく、ふ~ふ~言ってしまうことに
今更のように気が付きました。

こんな時はなかなか頭も働かず、なのに、
頭を使う仕事がしっかり詰まっているという(苦笑)
言い訳になりませんものね~。
お盆の時期は、本調子じゃなくて・・・とか。

ただどうしても集中力が続かないので、
間に、まったく違うことを挟みつつ、
ごまかしつつの作業です。

空気の重さや、いろんなものからの影響は、
感覚の鋭さによってかなり異なります。
けれども自覚できていなくても、実はかなり影響を受けていることが多いです。
気が短くなったり、疲れやすくなったり。
体調すぐれずなどなど、暑いからだけではない症状。

こんな時は、体力、精神力、鍛えるのみ。
特に体力がないと、心が引っ張られて、落ち込んでしまいやすいので
日頃の体力作りがものを言います。

さてさて、明日から3日間は特に、しっかり空気が重いでしょう。
空気の重さだけでなく、先祖の思いにも、それこそ思いを馳せて。

ここでは15日に盂蘭盆会の行事を行います。
それまでしっかり準備をして、しっかり供養の思いを伝えられるよう。
整えたいと思います。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  03:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/12(Sat)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

今、取り組んでいるお仕事の本の中で、
「場面、場面で、一番大事なことに意識を集中すること」
というくだりがあります。
このところの私の最優先事項は、ズバリ!校正。

それでも、途中で色んな事があって、その度毎に、
ちゃんと意識を変えつつ、でも、最優先事項を最優先。

気が付くと、昨日もブログを書かないまま、没頭していました。

でもでも、水曜日の夜にご神託を戴き、
このブログをお読みの方々に必ず伝えるからと、
お言葉いただいているのも事実。
なので、一日遅くなりましたが、しっかり伝えることにします。

****************************
この気候の中では、体調を崩すものも多いだろう。
この時期は、気候だけではなく、空気の重さも堪えることだろう。

自分で何かおかしいと思ったら、
すぐに助言を求めるのもよいだろう。
体を休め、休養をとるのも大事だ。

今の時期は、無理をせぬこと。
必ず後に響くことになる。

時間を取り、今更に行に励むべし。
神は何より穢れを嫌う。
穢れを祓い、穢れなき祈りを捧げるべく、
与えられている行に取り組むべし。

今年の夏の暑さや天候の変化は、
それに耐え忍び、それでも自分を保てるか
試されている。

*******************************

ここのところの暑さは、本当に体に堪えました。
今日は涼しかったですが、数日で10度も気温が違うと、
何とも調整が難しいです。

それでも、何があっても、決めたことを繰り返すこと。
それが何より、自分の中に織のように重なっていくことになる。
伝授の中で、そんな話になりました。

神仏を感じようと思うと、見える、聞こえる、
言葉が降ってくるという外から何かがやって来る
そんなイメージで感じ取ろうとしても、
自分の心や感覚が開いていないがゆえに
そこに言葉があっても聞こえない、感じられないのです。

繰り返しの中で、織のように積み重ねられていくもの。
そこに自分の中に居る神仏を感じ取る感覚が開かれます。
自分の意識や行動の中に常に神仏がいることを
いかに意識し続けられるか、大きな違いとなっていきます。

自分が神仏と確実に接していると確信できるのは、
神仏のことをいかに知っているかという知識ではなく、
繰り返した「行動」をとった自分の時間の中に確立されるもの。
外から見えた、聞こえた、ということでは、簡単に信じられるものでもなく、
自分で信じられないものは、確信に変わることもない。
神仏と接していることが、理屈なく確信に変わる時、
自然と、神仏の声が自分に流れ込んでくるのがわかるようになる。

実は空手でも同じで、いくら「空手」を語っても、
いくら空手の歴史や体の使い方を語っても、
自分で実際に体を動かしてそこから感じるものとの間には、
天と地ほどの違いがあります。
やってみればわかる。
けれどもやってみてわかると、わからない部分がまた生まれる。
その繰り返し。

「同じことの繰り返し」の中に神が居ます。
同じことを繰り返す中で、この世が生まれ、この世が流れ、
だから、今があって、夏の次は秋なのです。
自然を感じることが少なくなった昨今、
さて、都会を離れて・・・というのも難しい。
わざわざどこかに出かけて・・・というのもこれまた難しい。

だから、日常の中に「繰り返し」、ひたすら「繰り返すこと」
を持ち、それを軸に、色々なことへ思考を巡らせる。
ただ、ひたすら繰り返すのが第一歩。
そこから、疑問に思ったことをひとつひとつ乗り越えていくのが
次の段階。
そして、これを繰り返している間に、ふと見上げると、
まったく違う景色が、同じ場所なのに見えることが。

わからなくなったら、基本に戻って、
ひたすら続けてみましょう。

今日の東京は、昨晩から降り始めた雨の後から
気温が下がったまま、曇りの一日。
いや~数日前の、焦げちゃう日差しから一転。
体調はなかなか整えにくいですが、
それでも、ありがたい、ありがたい天候。

おかげで、翻訳のお仕事の方は順調に、
山場続きで頑張ってます(笑)
今は、それが何より優先なので、うっかりブログも止まり気味。
ま、そんな時もあってよかろうと。

私の頭の中はただいま、
「創造のプロセス」と「引き寄せ」で一杯。
ということは・・・おおよそ本の内容がわかりますが、
かれこれ30年前ごろに書かれた本ですが、
内容は今でも十分通用するどころか、ふ・深い!
基本の『き』が書かれた本ですので、仕事をしていても
ためになることばかり。
細かいことのストレスはありますが、楽しい仕事です。

約400ページほどの原稿ですが、当然ながら
一文一文翻訳。一文一文見直しをそれこそ何度も何度も重ねます。
で、その時ごとに、マチガイというか、表現を変えるというか、
繰り返し、繰り返し、練っていく作業を行います。

初めの頃、校正者さんに指摘されて、う~なんでこの表現で
わからないんだ!と思ったことも多々ありましたが(笑)
今では、ああ、わかりにくいんだ・・・、ご指摘ありがたい!
と思うようになりました。
余裕って大事~~~。

という校正作業はまだまだ続きます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
EDIT  |  03:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/09(Wed)

【だんな様は霊能力者】 家鳴り 

時々、家がバキ!っと音がすることがあります。

「家鳴り」と言われる現象は、全部が霊現象ではありません。
いや、むしろ霊現象ではないことの方が多いです。

きちんとお祓いをし、結界を張ったお家では、不思議な音がすることは、
ま~~ありませんが、実際には、音がするんです、なんて場合も。

家鳴りでバキ!っと音がする時、
ほとんどは、家の内と外の温度差で起こることが殆どです。
特に、結界をちゃんと張ったお家の場合、外から色んなものが
入り込むことはない、というか、入り込まないように結界を張るわけで(苦笑)

結界を張ってないお家の場合でも、そこに何かがいれば、
音がしたり、匂いがしたり、気配がしたりということはあります。
人間は人間で、自分で買った自分のテリトリーと思っていますが、
そんなことなど関係ない、ずっと前からそこにいるものもあるかもしれませんし。

また、まれにですが、自分で連れて帰ってくる人もあります。

いずれにしても、そもそも何の関係もない存在との同居は、
うまく行かない・・・というか、生きている人間の方が参ってしまいます。

さて、結界を張り、外からも入ってきていないのに、
それでも、バキっと音がすることがあったら・・・
最後は、音を出している原因は自分ということになります。

特に霊的な感覚が強くなくとも、精神力がものすごく強い人、
集中力がある人、などなど、自分のエネルギーで音を出してしまうことが
ありますが、ま、それほどのエネルギーなら、有意義に使って、
音がするぐらいの精神力で、突き進みましょう(笑)

精神状態があまりよくないと、自分で呼び込んでしまうパターンもあり、
原因は一概には言えませんが、
毎日、明るく過ごし、氏神様にお参りし、先祖に手を合わせ、
自分のやるべきことをやっていれば、
家が鳴ろうが、気にしないで、明るく過ごしましょう。

先日は、お祓いをしたのに音がする・・・との相談に、
結界も張ったし、原因は特にないので、ご自身と考えられますと
お返事した途端に、音がしなくなった・・・ということでした。

というわけで、私もやるべきこと(=校正)に戻ります!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  01:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/07(Mon)

【だんな様は霊能力者】 結婚式と神前の誓詞奏上 

結婚式といえば、神前、仏前、人前、そして教会での結婚式。
スタイルはそれぞれです。
12月にお呼ばれした結婚式は教会で。
先月の結婚式はホテル内の神前で。
そして、今日もまた神前での結婚式。

いずれも、夫婦になるにおいての宣言をします。
神前の場合は「誓詞奏上」と呼ばれるそうですが、
その宣言の内容とやら、なかなか難しい。
いやいや、宣言を読み上げるより、実行するのは、もっと難しい。

若いころは内容もあまり深く考えずに聞いていましたが、
まさに、相手がいる修行(笑)
「結婚」の意味や重さが伝わってきます。
結婚式など、しても、しなくても変わらないみたいな時代がありましたが、
こうしてきちんと区切りを付けて行く意味。
今日の結婚式では、しっかり伝わってきました。

その中で繰り返して出てきた「家のこと」という言葉。
つまりは、家庭を意味しているんでしょうけど、
それをどうやって、うまく、どうやって、幸せな場所にしていくか。
まずは、その気持ちをしっかり神前で宣言していくのです。

夫婦は社会の最小単位。
これもいつかの結婚式で耳にした言葉ですが、
ここから始まる家の創造。
良く良く、中身を吟味すると、云うは易し・・・なことばかり。

それでも、結婚式、披露宴という区切りの時間が、
しっかりお嫁さんをもらい
しっかりご主人になる
決心を少しずつ、はっきり明確なものにしていく時間。

今回の結婚式も、結婚されるお二人らしい、
心のこもった結婚式でした。
そして、これから、社会の最小単位を作り上げていく
プロセスが始まります。

色んなことがあるでしょうけど、自分が宣言した中身を
人生をともに生きていく中で、具体的に乗り越えて行く。

お二人に幸あれ!




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  02:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/06(Sun)

【だんな様は霊能力者】 この時期のお出かけ 

お盆近く、この時期のお出かけは、急に体調が変化することがあります。
何しろ、ほとんどの方、皆さん「家族連れ」
見えない「家族」も含めてです。

ずっと前、感覚が急に鋭くなったころ、
空手の試合会場に出かける度に、かなり気分が悪くなったことがありました。
いやいや、迷惑かけたな~。

今は、ちょっと頭が痛くなったり、お腹が・・・なんてことも
ないわけではないですが、耐えられる程度です。
ただ時々、気を失うように眠ってしまうことがある(苦笑)
座っている場所が場所だけに、頑張るのですが、
あの気絶するような眠気には、勝てないことが・・・。

暑さに加えて、空気の重さ、時々ガツンとくる被り。
ま~、気を抜かないのが一番です。

とはいえ、ご先祖様あっての自分。
盂蘭盆会の供養はしっかりやりたいですね。
ここでも例年どおり15日に盂蘭盆会を行う予定です。
この時期、供養の日が来るまで、早く来て~と思うのが
ある意味恒例になっていますが、
楽になりたいのは、先祖も自分も同じ。
どちらかを優先するのではなく、どちらも同時に癒される必要がありますよね。

毎年話をしている気がしますが、海外ではこの8月が「お盆」という概念がないので、
日本ほど空気は重くないです。
つまりは、亡くなってもお盆になったら、みんなが帰るという意識があるわけで。
時期になったら、帰らなきゃ!と思うのは、
なななんと!生きている間についた意識。
自分が死んでも、今生きている時に、何を考え、何を意識しているかは、
そのまま「残る」ってことでもあります。
だからこそ、それこそ生きていても、亡くなった先祖でも、
終ったことを終わったことと思えるとか
あれでよかったと思えるとか、
癒しにも色んな方向性があると思いますが、
生きている今も、その後も、要らない考えは捨てない限り、
ちゃんと自分の中に残ってしまうということは意識しておきたいもの。

こだわるところと、そうでないところ。
それをフラットに整理する時期でもあるかもしれません。
早く楽になることばかりではなく、自分の血をタイムラインで追ってみましょう。
大事にすべきもの、捨てていいもの、が見えてくるかもしれません。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  04:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/05(Sat)

【だんな様は霊能力者】 勝手に山場、迎えてま~~す! 

昨日はなぜか自分のこのページに入れないという(涙)
何度かパスワードを間違えてしまったらしく、そうなると、ロックがかかってしまいました。
まあ、誰かに勝手に乗っ取られるよりまし、ですが、
自分のパスワード、忘れないようにしておかねば!(←基本中の基本)

さて、4月末から超特急でスタートした翻訳本。
スケジュールの都合で、9月に出版すべくただいま勝手に山場を迎えています。

どんなこともそうですが、自分の目の前に現れるまでには、
色んな工程を経ているものですが、翻訳の場合、
単行本一冊半年以内というのは、非常に厳しい。
その上、その間にイタリア旅行も、高野山への御参りもすでに
計画済みで動かせない!
時間を見つけては、PCの前に座り続けた日々でしたが、
今は、ゲラを目の前に座り続けています。

なので、ちょっと前のことになりますが、スティーブジョブスの自伝が
出版された時、そのスピードに翻訳者さんと編集者さんの健康が
心配になった私(あはは)
どこかに「死なない程度に仕事しました」と書かれていました。

まあ、不思議なもので、締め切りが近いと仕事が雑になるわけでもなく、
締め切りが先だからと丁寧に仕事ができるようでもなく。
ただ、今回はとてもスムーズに作業が進んで良かったです。
何より、内容が面白い!
「引き寄せの法則」や「創造のプロセス」の基本中の基本が、
明快な言葉で、わかりやすく、何度も何度も語り掛けてくれるような内容。
ですから、翻訳し終わった時には「引き寄せマスター」になれそうな気分でした(笑)

実は、どんなスピリチュアルな師もこれまで同じようなことを
違った言葉で、何度も何度も繰り返しているのです。

この本の主題もそしてだんな様が繰り返す言葉も同じ。
幸せも
不幸せも
恐怖も
愛も
全部、自分が創り上げている
ということ。

だから、自分が「何」を見て日々過ごしてきたかが、今を作っているのです。
・・・という基本を、仕事の中で、嫌と言うほど思い出させてもらいました。

いや~、お得な仕事だ・・・
と言いつつ、次の翻訳の仕事には、まったく異なることで悩んでいます。
本の中に出てくるホテルの名前とか場所とか、
人の名前とか職業とか、
コンピューターを使っての実験にカタカナが多くて、ムムムとなったりとか。

まあ、対比を楽しむことにしましょう。
9月出版予定の本、また詳細が決まったらお知らせします。
まだまだ、今のところは赤字がいっぱい入ったゲラの状態です(笑)


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


EDIT  |  02:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/02(Wed)

【だんな様は霊能力者】 今日から8月 神様のご縁日 

今日から8月。
1日は神様のご縁日ということで、忙しい中、
沢山の方に集まっていただきました。

皆さん、それぞれの氏神様には朝のうちにご挨拶済み。
1日15日の神様のご縁日以外にも、毎日、あるいは機会あるごとに
氏神様にお参りして親しくなる努力をしている人たち。

神様との付き合いも人との付き合いも、ある意味同じ。
足しげく通うものとの間には、通じ合うものが生まれるはずです。
神前で、心を開き、神様の波動を浴びることで、
自分も浄化され、少しずつ近づいていける。
そんな中で生まれる神様との対話は、
きっと、通い始める前の祈りや願いとは異なるものとなるでしょう。

氏神様に通い始め、先祖供養も重ねながら、
私生活の問題も一つひとつ乗り越えてこられた方も、
がらっと、護身法が変わりました。
やると決めたらやり抜く人なので、これからの目標も
必ず成し遂げられることでしょう。

人にはそれぞれの幸せの形があります。
誰かと比較して、あれがあるから、これがあるから、
だから幸せという感覚は、長続きしません。
たとえ無理して手に入れたとしても一瞬の満足で
すぐに当たり前になってしまうものです。

自分がどうすれば本当に幸せを感じられるのか、
すでに今、自分は幸せではないか、
自分の日々を振り返ってみましょう。

神様や仏様に手を合わせる時間があるだけで、
実はもう十分に幸せななのだと思います。
そんな心の余裕や時間の余裕がないとか、
祈る方法や、方向を知らない人もいるかもしれないからです。

自分がどうすれば幸せを感じられるかを知らないままでは、
きっとずっと幸せは手に入らないことになるでしょう。

迷ったって、困ったことがあったって
ちょっと足りないことがあたって、不幸ではないのですから。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  05:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08/01(Tue)

【だんな様は霊能力者】 7月も終わり! 

気が付くと7月が終わってました(涙)
7月はなんだか、暑い、暑いと言っている間に終わったような。
まだまだ8月、暑い日々が続くのでしょうけど、
どうにか負けないで、乗り越えたいものです。

それにしても暑いだけじゃなくて、この時期は、特にちょっと気を許すと、
ドン被りします。
今日も出かけておいしいものを食べたのですが、
帰ってきて気が付いたら、どこかで被ったらしく、
しばらく(今も)あくびを連発中。
被ったものを体外に出そうという反応なので、
しっかり出してしまいたい。
これが、時々、空手の準備運動の時に始まると、
・・・く・苦しい・・・何しろ、大あくびはできないので、
どうにかごまかしながら(苦笑)ということに。

そう言えば、先日の瀧行に行った内弟子さんの一人が、
瀧に入る前から被っているのには気が付いていたけど、
被りが抜けきるまでに、思ったより時間がかかった・・・と。
織のようにたまった被りは、強制的に排除しないと抜けないもの。
日常の中ではっきり被ったと分かることもありますが、
いちいち気にしていられないこともあり、
ある程度は、祓うことができても、なかなか完全にとはいきません。

また、聖地に行ってしばらく時間を過ごし、
精進料理などを食べていると、すっかり抜けますが、
今度は、里に戻ってきたときに、ちょっとした刺激が、
とても強く感じられたりして、なかなかうまく行かないものです。

それでも、「フラットな自分」をきちんと意識しておけるかどうかは、
何より大事なこと。
誰かから、何かから受けた影響のせいで乱れた状態で、
トラブルを抱えたり、窮地に陥ったりなんて、まったく割に合いません!

今日はおいしいものを食べたら、みんな元気になりました。
体が元気になると、気合である程度の被りは落とすことができます。
しっかり食べ、しっかり眠り、しっかり被りを落とす時間を作ること。
自分らしい時間を過ごすための基本ですが、
生活習慣ってなかなか変えられないものですから、
意識して、自分の状態をきちんと保ちましょう。

特に、この8月9月までは、心身ともに乱れやすい時期ですから、
楽しいことを、無理にでも見つけて、暑さを乗り越えましょう!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

EDIT  |  04:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |