FC2ブログ

2017.10/04(Wed)

【だんな様は霊能力者】 伝わってくるものと自分 

感覚のある人は、自分以外のものから伝わってくるものが
入ってくる扉が開いています。
完全に閉めようとしても、基本的に閉めることはできない。
でも、だからこそ、誰かの気持ちがよくよくわかったりと、
感覚が鋭い人ならではの「仕事」ができます。

同時に、伝わってきたもので、相手を決めつけてしまうこともあります。
特に、強い思いはネガティブなことが多いので、
その思いを基準に相手を見てしまうと、間違った判断をしかねない。
誰かから伝わってきた思い。
え!と思うことがあるかもしれませんが、その人がそこ至る経緯まで
全部知っているわけではないのですから、
決めつけると、間違えます。

きちんと話をしたり、接したりする中で、
自分にとって受け入れられないのなら、それでよし。
まあ、一部とはいえ、その人の中の何かを象徴しているのですから、
そんな部分も持っている・・・ぐらいの距離感がよろしいかと。

人は得てして、「あの人自分のことをどう思っているんだろう?」
と気になるものですが、どう思っていようと究極、自分とは関係ない、
と割り切ることは、とても大事です。

また、これまたある、あるですが、必要以上にイイ人になりたくて、
相手に認めてほしいという行動をとりたいのも分かる、分かる。
誰でも嫌われるより、好かれた方が気分がいいですものね。
でも、好かれようとしてする行動は、相手からすると
ひょっとしたら迷惑かもしれず。
その上、感謝してくれなかったと、相手を今度は恨んだり。

独り相撲に近いですが、やりがちなこと。
伝わってくるものも含めて、他人の宿題をやってあげようとしないようにしましょう。

人の思いがなるべく入ってこないように、
胸のところにネックレスなどつけるのは効果的です。
自分の手で押さえてみるとわかりますが、
ふっと楽になる部分があるはずです。
ただし、あまりシャットアウトしてしまい過ぎても、
これまたコミュニケーションがとりにくい事態になりかねませんから、
究極は、いつもの「自分」を知っていて、
いつもの「自分」をバージョンアップさせながら、
過去の要らないものや、他人からの影響を
すっぱり捨てることできる、体力と気力を付けること。

これに限ります!




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト



EDIT  |  04:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |