FC2ブログ

2017.10/10(Tue)

【だんな様は霊能力者】 いざという時に出せる力 

だんな様とプロとアマチュアの違い、みたいな話になりました。
昨日も書きましたが、プロとアマチュアの違いって、
見ている視点も違えば、あることを経験しての
吸収力が全く違う気がしています。

先日、こちらにいらしたボルタリングをなさっている方は、
ある放送局で、ボルタリングの番組で指導をされている方。
お会いしましたが、しっかり筋肉!
特に指の筋肉がすごかったです。
それを除けば、とてもかわいらしい、それでいて、
意欲が満々な方。
こんなこと、あんなこと、体の使い方について、
だんな様と話をして、あ!そうですね。
と言われて、帰られたのですが、
さっき番組を見ていたら、ヒントを得たことを早速実践。
それも自分なりにアレンジして。
さすがです。

自分が教えてもらったことだけじゃなく、
その場で目にしたもの、聞いたこと、
体験したことを、自分のプロとしての仕事の中で
アレンジして活かしていく姿勢は、
プロとしてお仕事をしている方々に共通すること。

これは教えてもらった、教えてもらってない。
などなどと、口にすることはま~~ないですね。
それより、新たな視点に気が付いたら、
自分の中で消化して、自分スタイルにアレンジして実践。

これは、どんな仕事にも当てはまることでしょう。
昨日はたまたま、生霊を外すとか結界の張り方とか、
そんな話の中で、プロアマの違いみたいなことになりましたが、
プロは「できませんでした」という言葉が許されない。

また、いわゆる「難しい仕事」「命がけの仕事」と
縁があるかどうかも、その人の進歩具合にかかわります。
もちろん、難しい仕事の中で力をつけることはもちろん、
一見簡単に見える仕事の中にも、いろいろな工夫が。

つまりは、仕事の中で、どんどん進歩していく人たちを
プロと呼ぶのかな?と思ったりしています。

この前からだんな様は「必殺シリーズ」に凝っていて、
何が面白いの?って聞いたら、
普段はあまり入れ込まずに、観察していて、
ピッとスイッチが入るところ、だそうです。

どんな仕事もピッとスイッチを入れて、自分なりの工夫をしながら、
成長していけたらいいですね。
繰り返しは必要ですが、バージョンアップは大事ですものね。
気まぐれなあちこち気が散った状態だと、なかなかまとめるのも大変。
そこはスイッチを入れて、目指すところを忘れずにというのも大事です。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト



EDIT  |  03:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |