FC2ブログ

2019.09/13(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日は伝授の日。
先週の瀧行に参加した人たち全員が揃って、
ふりかえり、をやりました。

昨年より、水量が多く激しかった瀧には、
きちんと心構えを持ってそれぞれが真剣に挑み、
行としては、きちんと成り立った。
それぞれが、自分の限界に挑んだ立派な行でした。

目的地まで行く、途中の濃霧、
目的地での、瀧の激しさ
目的地から滞在先までの霧やあれこれ
目的地から家まで戻ってくる道のり
そして、全体のふりかえり

いずれも、真剣に行に臨んだことがわかった、振り返り、でした。
瀧に入ると、何が変わるんですか?
みたいな質問に、そのままお答えする気はありませんが、
乗り越えなくてはならないものは、人それぞれ。
瀧の激しさ、冷たさ、というより、自分の中にある恐怖感を
克服していこうとする姿勢に、何かが変わります。
入ってみて、実感
そのあと、日常を送っている中で、その実感を活かしていく
そんなプロセスを全部含めて行。

ということも含めて、ご神託をいただきました。

***********************
先日の瀧行、見事に挑んだ。

神仏は、乗り越えられない試練は与えない。
眼の前にふってきた試練、しかと受け止め、乗り越えよ。
必ず乗り越えられると認めたものに、
ふさわしい試練が下りる。

9月お彼岸もさながら、時は次の月まで落ち着かぬ日々が続く。
神の国を治める長が変わる影響が広がっている。

世の中が落ち着かぬ、このような時は、
しっかりと足元を固め、ひとつひとつに心から向き合え。

*************************

今日もおいでになった方とだんな様が話していましたが、
行を修めたから、供養をしたから、
いわゆるトラブルが起こらない、ということではなく、
トラブルが近づかないオーラ
トラブルが起こっても、それを最低限のことに収め、
次になすべきことを感じ取る。
ということだと思っています。

供養を含めて祈りという行をなそうとする人の
心の中に、運が向いてくるというのは、付加的に
起こる、というか、当然の流れです。
ただ、たとえば氏神様詣りや、先祖供養を始めた時に、
本気かどうかを試されるようなことは起こります。
また、同じように祈っているように見えても、
運がよくなりますよう、という気持ちが第一だと、
それなりにしか伝わらないものです。

自分の浄化が進んでいく中で、祈りそのものも
浄化されていくと理想ですね。

そのプロセスや方法は人によってそれぞれ。
だから
人と比較しても、参考になることはあっても、
そのまま自分に当てはまるわけではなく、
自分の心の中にあるものと、きちんといつかは向き合わなくてはならない。
それも、浄化のひとつ。
浄化された自分からは、かつてトラブルに見えてきたことが、
ただの転機だったり、チャンスが下りてくるまえの準備段階だったり、
そんな風に、次が、見えてくるようになるかもしれません。


だんな様は霊能力者:http://kumisensei.blog21.fc2.com/
  
だんな様はメンター:http://ameblo.jp/kumishimazu/
kumiのブログ-バーナー

お問い合わせはこちらへ
http://www001.upp.so-net.ne.jp/adeptmentor/
Adept・Mentor 島津相談室
スポンサーサイト



EDIT  |  04:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |