FC2ブログ

2005.12/04(Sun)

「行」 

本能といっても色々種類はあるけれど、
どれもコントロールするのは難しい。

本能はある意味、生きるためのストッパーとして働く。
これ以上は無理って言う信号が発せられる。

だけど、実際はこの信号かなり用心深い(笑)

それに、スイッチを勝手に限界になるかなり前に入るように
変えちゃうってことはできる。
スイッチを入らないようにするのは難しいのにね・・・

このスイッチには肉体的限界のスイッチと精神的限界のスイッチの
両方がある。
そして普通は、精神的スイッチが肉体的スイッチよりかなり前に
パチっと入る。



「人はそんなに簡単には死なないものだよ。」と旦那様。

一人一人の魂が持っているエネルギーは自覚していないけど、
かなり大きいものらしい・・・

そういえば、昔、ある人が海で遭難して、一人だけ助かった話。
「何故、自分だけ助かったと思いますか?」と云う質問に、
「絶対死なないと思ったからです。」

他の人が死んでいくのを見ながら、
先に精神が参っていくのを感じたらしい。
だから、心さえ負けなければ、絶対に死なないって思ったそうだ。

そういう究極の場面になった時、自分の精神がどのくらい強いか
ってことを自覚することは、経験してみないと分からない。

でも、日常生活の中でも、そういう訓練をすることは出来る。
限界を超えるには自分ではない「他の人」や「他の力」を借りる必要がある。

その一つが「行」だろう。
全ての人に「行」が必要だとは思わないけど、
自分の限界を知る、自分の弱さを知るためには有効だ。

毎日、「行」を続けることで、同じように見える毎日が
違うことに気がつく・・・体調・天候・精神状態

そして、時々入る「魔」
殆どは、用事が入ったりして外から来ているように感じるけど、
実際は自分の心が作り出している事が多い。

「今日は~だから」ってささやく誰かが貴方の中にもいるはず(笑)

旦那様曰く、
「どんな言い訳も、言い訳でしかない!」

これも自分の精神状態を知るバロメーター。
負けていては、何も始まらない。

それから、一番大切なこと・・・
「行」は終わってからが命だ。
やってる最中が大切と思ってる人がいるけど、それは違うと思う。

「そういう人は行の時、ちゃんと仏様と会話していないんだ。」

「ただ、座っているだけに等しいよ。」と旦那様。

厳しい言葉だけれど、本当だと思う。

いつも何のためにやっているのかを意識していないと、
本能のスイッチは変えられない・・・

永遠にね・・・
スポンサーサイト

テーマ : 生きること - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |