FC2ブログ

2005.12/21(Wed)

問題解決!? 

教師時代、数人のALTと一緒に授業をした。

いわゆる、ティームティーチングっていうもの。
日本では余りなじみの無かった、ディベートやプロジェクトを
協力して授業の中に取り入れる。

その中の一人にベジタリアンのイギリス人の女性がいた。

ある授業で「ベジタリアン」についてのディベートを取り扱った。
「肉を食べることは良い事か悪い事か」みたいな内容だったと思う。

ディベートでは、意識的に賛成派と反対派に分かれて、自分達の
意見とその根拠を皆の前で発表する。

どうもその授業の進め方が私は気に入らなかった。

彼女自身が気がついているかどうかは別にしても、
「肉を食べる事は悪い事」と云う方向に話が進む。

「人間が全員ベジタリアンになったら、今出てきた問題は解決
するのかしら?」と言ってみた(笑)


日本人は白黒はっきりした答えを出さないと言われるが、
こんな問題、白黒はっきりさせようとするほうが問題だ(笑)


旦那様のブログで「タバコ」の話を読んで思い出した。

昔のテレビでやっていた筒井康隆の小説のドラマだ。

ドラマの中で、「社会」は「タバコ」を吸うことを全面的に禁止する法律を作った。
まるで、嘗ての禁酒法のように、「タバコ」を吸う人は影に隠れて吸うようになる。
警察はそれを厳しく取り締まり、タバコを吸う人達を逮捕する。


主人公の男性はそれでも隠れてタバコを吸える場所へ逃げる。
人里離れた場所に住み・・・然し、やがて、警察の手はその彼の住む場所へも伸びてくる。

彼は追い詰められ、もう駄目だ!捕まる!と思った瞬間に、
追跡用のヘリコプターからアナウンスが聞こえる・・・

「その人は人類最後の喫煙者です。大切に保護して下さい。」(笑)


人は何か問題が起こった時、問題をよく見ないで、表面的に
原因となっているものを取り除けば、問題が解決するような
錯覚に陥りやすい。

霊障で病気になった人が、旦那様の所に来て、霊障を取り除いても、
残念ながらその症状まで一緒に完全になくなるものではない。



問題を解決するアドバイスは、だから難しい。

そこには「白」と「黒」で色分けできない沢山の人間の事情がある。

問題を解決するのにも、強引にやっては無理があっては他に歪が出てきて、
又、そこから別の問題が出て来るものだ。

だからこそ、旦那様はその人が少しづつ前に進めるアドバイスをする。
それを一つ一つやって事が大切だなといつも思う。

問題解決!の形は、こんな風に解決するだろうと、トラブルとなっているものが取り除かれるというのとは、結構違ったりする(笑)

「ない頭で考えるな!」という旦那様の言葉・・・

確かに!・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |