FC2ブログ

2005.12/31(Sat)

先祖供養 

「え?一度成仏した人も戻ってくるの?」

先日の先祖供養の後、旦那様の言葉を聞いて思わず尋ねた。

「そうだよ。死んでも人は修行してるんだ。
子孫が供養をすれば、それだけ高い所に行けるんだ。」

「どうして、戻ってくるの?」

「供養してくれ・・・ってさ」

人との会話も同じだけれど、先祖やその他亡くなった人の場合、
一番大切なのは「相手の話を聞く事」

生きてる人間の付き合いと全く同じだ。
相手の思いを受け取り、それに応える。

先祖に御願い事をするのは、それからにした方がいい。
だって、先祖も修行で(死んでるんだけど・・・笑)死ぬような思いをしているかも知れない。

普段、見向きもしない、お墓参りもしない人が一寸来て、
「守ってください!」とか言っても、どこからか笑い声が聞こえそうだ(笑)

自分の勝手な思いで亡くなった人を忘れられないのも良くない。
亡くなった人は、成仏するのが一番幸せになる。
それが「自然の摂理」・・・留まらないこと・・・
そうすれば又生まれ変わって、思い残したことをできる「生」に近づく。


思いが強いと、その人をこの世に引き止めてしまうのだ。

嘗て、そういう人が旦那様のところに相談に来た。
昔の亡くなった恋人が忘れられないというのだ。

「早く、いい意味で忘れてあげなさい。引き止めてはだめですよ。」
旦那様のアドバイスはこうだった。

人が亡くなった時、その人が残してくれた教訓を忘れない、
その人の思い出を忘れないのは大事なこと。

だけど、知らないうちに自分勝手に「思い」を募らせてしまうのは、
やっぱり良くない。

「自分勝手」は「自分」も「相手」も傷つけることになる。
生きていても、死んでも同じ事なのだ。


季節の中の色んな行事は先祖等とアクセスし易いときでもある。
向こうも「現世」を意識しているから・・・

だから、年末年始、区切りにはお互いのコミュニケーションをとりやすい。

一方的な御願い事ではなく、本当の意味での「お参り」を「思い遣り」を持ってしたいものだ。

って、これは先祖に対するお参りのお話。

で、初詣は?って今から旦那様に聞いて、明日は初詣についてって事で・・・
スポンサーサイト

テーマ : 家族・身内 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  02:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |