2010.04/11(Sun)

【だんな様は霊能力者】 お守り(2) 

お守りについての続きです。

お守りなんか持っても無駄・・・
「自分のことは、自分でやるしかない」という意見について。

基本的には、私も賛成です。
これは、いつも自分の体力や筋力を付けるのに似ていると思っています。
本や人に習うことも出来ますが、確かに最終的には、自分でやらなければ、
全ては身に付かないので。
やらないで、読んだだけだけとか、意見をいうだけとか、
どんどん頭の中のイメージだけが膨らんで行く
バランスの悪さを感じます。

かつて私も、誰かにお願いする暇があったら、自分で頑張る!と
結構、意地っ張りな部分もあって、思っていた人間なので(苦笑)
今でも、正直、そう思いますが、
あれ?っと振り返ると・・・
そんな気力さえ持てない時ってやっぱりあったなと。

そして、その時、いろんな人に助けてもらったと思います。
一人で頑張れないって時もあるのですね。
(こんな時の事は、都合よく忘れてたりします・涙)

だから、せめても、きちんと頼って、きちんと解決して、
いつかその恩が返せるようになるしかない!
って、考え方はどうでしょう?

実際は、やっと恩が返せるようになる頃には、
助けてくれた人とは直接、縁がなくなっていることも多いのですが。

そうやって手助けを受けて成長するには、
同じ場所に居続けるわけにも行かない場合も
起こる事も少なくありませんものね。


何しろ、生まれたての赤ちゃんに、
「自分で自分のお尻ぐらい拭きなさい!」
といっても、無理なときは、無理だわ~なんて思います。
拭いてもらうときは、拭いてもらえばよい、
ならば、次は、自分が誰かから「頼られる」存在に、
なりたいものだと思ったりもします。
あくまでも目標です。

そして、どんな風に、頼られたいかを考えた時、
その目標こそが、仏様であり神様かなと。
頼られて、相手を甘やかすだけでなく、どんな風に助けたら、
成長するのだろうと、真剣に考えてしまったりします。


お守りについて、お金をとる、とらないということは、
いろんな意見がある部分ですが、何だかこれって、
法律の無料相談に似ていると思ったりすることがあります。

確かに、無料で相談にのってくれる場所ってありますが、
それさえ、どこかで自分もそのシステムを維持するために
資金を税金として払っているかも知れず、
それこそ、そこに頼ることで救われる人もいるのでしょう。
だから、ちゃんとした意義はあると思います。

そして、さらに深い相談とかになって行くと、
やっぱり無理な部分は出て来るでしょうし、
本気で何かを解決したければ、
本気で一緒に戦ってくれる弁護士を見つける必要があると思うのです。
お金を出す、出さないという視点というより、どう解決したいかという、
相談する側の気持ちだと個人的には思っています。

それにしても、お守り一つにいろんなストーリーが
あるのですね~。

ただ、単純に「良い」「悪い」というシンプルな道筋では
どうやらなさそう・・・ですよね・・・。

時々、「お守りは今、必要ありませんって返事した」と、
のたまうだんな様。

頼る方と、頼られる方、両方の視点から判断しないと、
いけないとなると、確かにお守り一つに色々考える必要がありそうですね。

Adept Mentor 島津相談室

バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:03 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |