2010.04/16(Fri)

【だんな様は霊能力者】固定観念 

ここ数日、ここでの話題・・・。
そう、お掃除行からシフトしましたよ~(笑)
と、言っても、水面下で実行中と思いますが・・・(と、プレッシャー)

さて、ある段階までくると、役に立つようで、
一番邪魔なのが、ずばり!「固定観念」。

という訳で、これもすっきり、捨てましょう!
・・・と、言いたいところですが、着なくなった洋服を捨てるのとは
訳が違うらしく・・・。
だって、自分が着ている「見えない洋服」みたいなもの。

見えないだけに、着ていることにも気がつきにくく、
当然、「脱ぎなさい!」と言われても、脱げない!!!!(苦笑)

いや~、私も含めて皆さん、見事に「厚着」状態なんですよね~。
ある場所での決まりみたいなものなんでしょうけど、
これがあまりにならいせになると、
どこに行っても、そうでなくては気がすまなくなってしまうもの・・・。

固定観念を捨てなさい!と言われても、
それが固定観念であることさえ、意識できなくなるんですね。
いわゆる、「当たり前」
そして、そうでなければ「当たり前がなぜできない」
そして、さらには「~でなければならない」と、
どんどんエスカレートして行きます(苦笑)

「で、最後は、自分が苦しくなる・・・」

それなのに、妙に脱ぐのも不安。
その洋服を脱いだら、きっとハダカになったかのような
不安感があるのでしょうね。
・・・たしかにね・・・。

「捨てて、それから、どうするの?」って、
固定観念を捨てる意味を、抵抗しながら思わず誰かに聞きたくなります。

答えは簡単。
「あなたが苦しいから」

苦しくなければ、究極、脱ぐ必要もなしだと私的には思いますし、
一度、固定観念だらけ・・・ってのも、「着てる!」って感覚のためには、
悪くない・・・と逆説的に思ったりして。

どちらにしても、着込みすぎて苦しいのは自分なのに、
なかなか脱げない固定観念をどうやれば脱げるか・・・。

それは、「固定観念がなくても、生きている人」が事実いる!んだ・・・
と、私は、呪文のように繰り返します(あはは)

「な~んだ、なくても大丈夫じゃない」

自分でそう思えるようになるには、もうひと頑張り。
ちゃんと自分で脱がないと、捨てないと、実感は湧きません。

「やってみないとわからないよ。
幾らりんごを眺めてどんな味か想像しても、
食べてみないとわからないのと同じ」
と、だんな様は言いますが・・・

これまた、見えない洋服ならではのことなのでしょう。

さて、一枚ぐらい、脱いでみる気になりました?(笑)



Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |