2010.04/20(Tue)

【だんな様は霊能力者】 シンクロニシティー 

シンクロニシティーって言葉。
よく耳にはするけど、実際どんなことだろう?
なんて思ってました。

「シンクロニシティーはどこにでも起こっている」
なんて内容、本にも書いた気がします。

今回、所見といって、翻訳をするかどうかを決める前の
段階で原書をあら読みするのですが、
編集者さんは、「エピソードの羅列では・・・」と
ちょっと心配そう・・・。

いや~、しっかり楽しんでしまいました。
へぇ~、こんなこともあるのね、あんなこともあるのねなんて。

確かに、起こった後で、そのストーリーを読むと、
「そんなの当たり前じゃない」と思うこともありますが、
実際に、それが起こった人にとっては、
ジェットコースターに乗ったみたいに、
一つの出来事が、突然のように、別の出来事と
つながり始めたりするんですね・・・。

「だいたい、物事なんて原因がひとつぐらいで起こることなんて
結構、しれてる気がするわ~」という私に、
「確かにね、でも、どこからひも解いて行くかは順番がある」
とだんな様。
・・・それが、だんな様がやっている仕事かなとも思うのです。

それにしても、何気ない日常の中で、
自分の目指す方向へ進むためのヒントとなること。
気がつくか、見逃すか、って大きいな~と思います。

でも、ちゃんと気がつくためには、
「自分の進む方向がはっきりしている」のが第一条件!だ~
というのが、本に書かれていた沢山のエピソードを読んで思った感想。

もし、その方向自体を迷っているのなら、
「自分の進むべき方向を、諦めないで探し続ける姿勢」が
やっぱり、シンクロニシティーのヒントを光らせてくれるエネルギーの
元だったりするのね~というのが、次の感想。

成功するとか、有名になりたいとか・・・。
シンクロニシティーに興味のある人が読むきっかけだったりしますが、
そんな動機もあってよし!と思いますが、
しっかり、シンクロニシティーのタイミングを掴む人たちに共通するのは、
「どうにかして・・・」という諦めない気持ち。

「他人は成功した人が、まるで突然、そうなったかのように見えるけど、
よくよく、観察すると、ちゃんとやるべきことはやった人だけが
成功しているのです」

いや~、シンクロニシティーについて書かれてる本に、この言葉。
重い・・・ですね~。

Adept Mentor 島津相談室
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |