2010.05/02(Sun)

【だんな様は霊能力者】ストーッパー 

「もう駄目だ・・・」と思う瞬間。
一度や二度、経験したことがあると思うのですが、
実際には、その感覚ってとても個人差があるんですね。

自分を守るという前提のこのストッパー。

車が出せるスピードと同じで、かなり手前にセットしてあるみたいです(苦笑)
まあ、車の場合の制限速度は、
これ以上ださないというのが規則ですから、
日常は、制限速度を守りましょう!

でも、実際に、道路に出て運転していると、
制限速度で走ったら、渋滞の元になるんじゃないかしら?
と思うほどの流れがあるときもあり、
逆に、ここを制限速度で走ったら、危険な気がするという道もあり。
なかなか難しいところですね。

人に備わったストッパーも、ちょっと難しい。
それには、どうやら種類があるらしく、
一つは体力的なストッパー。
つまり、もうこれ以上体が動かない!というレベルです。

「ところが、もう限界ですって空手の練習で言った人を、
海に放り込むと、海から這い上がってくるんだよね~」
と、昔の極真の特訓の一こまをだんな様が。

「で、這い上がってきたやつに、な~~んだ限界じゃなかったのか。
体、動いているじゃないか」

ええ!そんな練習していたんだ・・・。
と思いきや、時にそのレベルには程遠いけど、
練習中にもう駄目だ・・・思うことは・・・結構あります(涙)

「はい、ここからが本番」
と師範に励まされ、もう駄目だ状態が、しばらく続くってことも。
ってことは、最初の「もう駄目だ」は本当の限界じゃなかった~~
って話になりますよね(あれ~)

つまりは「本当の体力のストッパー」に達する前に
精神的なストッパーが働いてるってことなんでしょう。

逆に見ていて、「大丈夫なのかしら?」と心配するほど、
精神的なストッパーのぶっ壊れた人もいます(爆笑)

え??一日中、それをやってたの?と驚くような内容です。

こんな人達を、私は、「魂先行型」と呼んでいます。
まるで何かに突き動かされる様に、
後先を考えずに「やりたい」と思ったことを
「やりたいように」やってしまう。

これを繰り返している人たちは、当然ですが、
体のあちこちが悲鳴をあげていたりします。

それでも、そんな故障の一つや二つ。
やらない理由にはならないらしいです(驚)
そして、魂の趣くままに、やった後は、
ほとんどの場合、「もう駄目」という気力さえないまま・・・
倒れます(あれ~)
本当の、「今のところの体力の限界」というストッパーでしょうか。

霊能力者やスピリチュアルな人の場合、
これに関しては、二分される気がします。

一つは、魂のエネルギーが強すぎて、抵抗できない実践派の人は、
体が動かなくなるまでやるのが普通。

もう一種類は、頭の中で、まるでそれを体験した気持ちなって、
実際体験する前に、終わってしまう場合もあり、

この二つが都合よく、ミックスして起こる人もいます(苦笑)

いづれにしても、このストッパーとやらのはずし方は、
とても簡単と言えば、簡単。
そのストッパーに「実際に触れば」いいらしいです。
ただ、そのストッパーは目に見えませんし、
自分で触った感覚だけが、それをはずすための鍵みたいですね。

ちなみに、ストッパーに触っても、
それぐらいじゃ大したことはない!と
最近、思えるようになりました。
どうやら・・・
あまりにも、「魂先行型」の人を観察しすぎた副作用のようです(苦笑)

バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |