2010.05/13(Thu)

【だんな様は霊能力者】 八方塞がり 

ここのところ、ちょっとばたばたしていました。
一つのことに集中すると、他が見えなくなってしまう性格は、
まだ、まだ、健在のようで(苦笑)

まあ、これも私ってことで、自分でも許しています(あはは)
というより・・・・。

「無理して書くことはないよ」と、必死でPCに向かおうとする
だんな様の言葉には従うことにしています。

そう、そう、自分の立てた計画に、自分を縛ってしまっては!
ですものね、と自分に言い聞かせてみます。
人には簡単に言えるけど、魂先行型の人間って、
逆に、「いや!やらなきゃ!」と、頑張りすぎて
全体が見えなくなることもありますし、
こんなタイミングに、これまたコメントを色々頂くのは、
大変ありがたいです。

つまりは、「止まっている」けど、「止まってない」
一回、振り返る時間とか、見直す時間とか、
力が入りすぎないように調整の時間とか。
必要な時は、やっぱり必要。

経験から言うと、これで「止まりっぱなし」になるって多いのですが(苦笑)
一度、止まった車が再発進するのに、ちょっと重いのと一緒ですね。

ところで、コメントにもいただきました「八方塞」の状況。
きっと、沢山の人が経験したことがあると思うのです。

「待つ時期だよ」と、だんな様がアドバイス。
そして、ただ単に「待っていてはチャンスは来ない」という
映画監督の話。

両方、正しいと思うのです。
待つ時期に何をするのか。

八方塞がりに感じる心。
あせるのは誰でも一緒だと思うのですが、
その先に待っているものは、想像を超えていたりすることも少なくないのですよね。

無理して進んで、そのプレッシャーに耐えられない・・・。
なんてことだって起こらないとも限りませんし。
前に進んで耐えられるだけの体力をつける、気力をつける、
それも大事な待ち方だと個人的には思っています。

どんな状況でも、たとえ、八方塞がりに感じても、
いつかは、どこかのドアが開くのです。

その時に、ちゃんと飛び出していけるように、
目の前にあることを、どんな状況でも、どんな心理状態でも
ある程度こなせる。

「基本なんだけどね・・・。
結構、これって地味だから(苦笑)、みんなすっ飛ばしたがる(笑)」

でもね、空手で言うと、今の私が、あせって黒帯に挑戦したら、
二度と空手ができないぐらいになるのは、自明の理。
今、無理なものは無理なのですから。

今は、その先に行くための「力」をつける時期。
そう思えば、待つのも楽しかったりして。

八方塞がりを楽しめる人がいたとしたら・・・。
いや~、正真正銘、怖いものなし!だと思うのです!

バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  11:36 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

・・・そうですよね。
結局、「自分にしかできないこと」って「自分の目の前にあること」
そこが出来ないで、次に進んでも・・・なのでしょう。

こっそり、ソノ前に誰かに試されているのかも知れない・・・。
なんて思ったりしますが、これも、それに合格して通り過ぎてからわかる
ことだったりしますよね。
くみ | 2010.05.16(日) 01:54 | URL | コメント編集

自分のやりたい仕事に応募してもすべてみごとに落ちて、本当に八方塞だったときがありました。 ほかにできることがなかったので、自分がそのような状態にいることを理解しつつ、そのとき与えられて場所で、与えられた仕事を一生懸命やっていました。 自分の思惑と違ってもいちいち判断せずに、事実をそのまま受け入れて、「もし一生このままだったらどうしよう。」という不安と戦いつつ、自分のひとつ、ひとつの仕事に100パーセント以上かけるようにしていました。 そうするうちに、仕事場でも認められ、最終的には天からチャンスが降ってきた、というかんじに。今から思えば、あの時気づいたいろいろなことが今につながっていると確信できます。
lena | 2010.05.15(土) 03:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |