2010.05/25(Tue)

迷って相談するとき 

誰でも、どうしたらいいだろう・・・なんてこと、
自分の頭で考えても、考えても、出口が見えないように感じることってありますよね。

そんな時、身近に相談できる人がいるってステキな事だと思います。

さて、その時、相手が言ってくれるアドバイス。
時には、「そうよね~。わかってくれてる」と思い、
時には、「え?こんな事言うなんて!」と思い、
時には、「ちょっと違うんじゃないのかな?」と思い・・・。

考えれば、当然の事なのですけどね(苦笑)
だって、幾ら親友だって、「あなた」ではないので・・・。

お互い、一時的にぶれることがあったとしても、
支え会っている間は良いのです。

「心理的な距離が近すぎるとね~。
相手が、よしと思って言ってくれればくれるほど厄介だ(苦笑)」
と、だんな様。

これって、家族の間でも同じことって結構おこります。

相手のことを思えばこそのアドバイス。
それがわかっているからこそ、受け入れられないとき。
まるで迷路に入ったみたいに、ぐるぐる、自分のこころと
葛藤したり。

自分のこころに正直な人ほど、この迷路から抜け出せない・・・。

最近、よく登場する、ニュージーランドに留学している彼女もそうでした。
迷うと、いろんな人が、いろんなアドバイスをしてくれる。
英語が通じないから、学校に行くべきか、それとも、行かないでおくか。

沢山の人から、声をかけてもらいやすい彼女は、
いろんな意見を聞けば、聞くほど、悩んでしまっていました。

「どっちが正しいアドバイスかってことじゃないんじゃないの?」
と、だんな様。

一番大事なのは、自分が本当はどうしたくて、だから、どう決めて、
行動するかっていう、「気持ち」。
それがあれば、どっちに行っても、多少のことは乗り越えられるし、
どっちに行っても、「よかった」と思えるときがくる。

アドバイスをする、される。
そんな中には、大事な、心理的な距離感ってありますし、
その問題の先にあるものが見えるって、堂々巡りしないための
大事なポイントだと思うのです。

問題に答えようとすると、・・・つい、やりがちですけど
違うことが起こったりしますよね・・・。

バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  13:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |