2010.05/29(Sat)

【だんな様は霊能力者】 始まりと終わり 

明日は、だんな様の弟子が瀧行に出かける日。

修行時代にほぼ毎日、瀧に入り、最近は弟子に任せて、
私も一緒に「見守る」ことにしています(笑)

雨も降りそうですし、気温も上がらないとのこと。
でも、修行となると、そんな小さなことは、
すべて理由にならないそうで(厳しい)

「行なんだから」というだんな様の言葉。
辛くて当たり前、辛くないと修行じゃない!とも。

大体、この時期の瀧は、気温もそんなに低くない予定なのですが、
これまた、頭で想像するのと、やってみるのでは大きな違いが・・・。

「う、辛い」と思うことは、気温だったりって場合じゃないことが
多かったりします。

こういう行は、思わぬところから邪魔が入ったりします。
弟子の一人は、この前、一緒に瀧に行った時、
なかなか集合場所に来れない・・・。

後で聞くと、朝ちゃんとおきれるようにとセットした
目覚まし、なんと!三個が、すべて動かなかったと(驚)

突然、車のバッテリーがあがってしまったり、
突然、行く頃になって、おなかが痛くなったりと、
まあ、ありと、あらゆるところに「障害物」が用意されている感じです。

・・・じゃあ、どうすればいいの?
こんな障害物の話を聞くと、とてもたどり着かない感じがしますが、
「なにがあっても、絶対に行く」と、
本当に何があっても行こうとすれば、
す~~っと、ことが前に進み出すから、これまた不思議。

「行くと決めてから、帰ってくるまで、全部が行だよ」

今日の朝早く出発するので、もう、今頃は、夢の中かも知れませんが、
この言葉をみんなに送って置きましょう(笑)

ふと、考えると、こんな気合の入れ方って、
瀧に行かずとも、日常の局面、局面で、大事だし、
やる人は、いつ、どこででも、何に対しても、
こんな風に、物事をこなしているのかもしれませんね。

まあ、この意味では瀧行は、それがとってもわかりやすい。
体で感じる、「ものごとの始まりと終わり」かも。

はい、スタート!と、実際にことが動き始めるのが見える。
それより前に、全ては始まっているのかも知れませんね。

そして、瀧に入って帰ってくるまでが大事なように、
はい、おわり!から後も、まだ、続いている。

いづれにしても、無事にみなさん、行が終わりますように!

バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |