2010.05/30(Sun)

【だんな様は霊能力者】 同調 シンクロする 

場所もそうですが、誰かと会って話をしたり、
ちょっと体調の悪い誰かのことを思い出したり。

その後から、急に・・・あれ?と。

なんだか、いつもと違う。
でも、ちょっと疲れているだけかな?
う~、やっぱり気分が悪い。

先日も、途中で友達と会って、悩みを聞いていたら、
途中から、めちゃくちゃ気分が悪くなって、
自分で家に帰れるかと思うほどだったという妹。

いや、いや、ココだって、これからココに誰かが
いらっしゃる前から、う~~ん、ちょっと辛そうだわね・・・と、
だんな様と話したりすることは、いつものことです。

スピリチュアルな人の感覚は、自分と外の間の「壁」というか「膜」というか、
それが極端に「薄い」と感じます。

だから、普通は、「それって、自分のことじゃない」と
きちんと区分けできる「感情」さえ、まるで
自分に起こったことのように伝わり、
まるで自分が経験したかのような体の状態になります。

「どうしてるかな?」
そう、思っただけで、相手の状態に「同調」「シンクロ」してしまうのです。

この感覚も、やっぱり、使い様で(苦笑)
相手のことを理解するのに、役に立つこともあるし、
何とな~~く、わかってしまうことで事前にいろんな準備が出来たりするのでしょう。
それに、「わからない」って、結構、不安になったりするものですから、
そんな不安も、「こんな感じだろうな・・・」と思うこともできたりします。

いいな~と思うかも知れませんが、
その一方で、どんどん相手の感情が、自分に伝わりすぎると、
まるで雑音の中にいる感じになります。
得に、悩む、体調が悪い、そんな思いは、感情的に強く伝わってくるのでしょうか・・・。

自分の元の状態に戻るのが、とにかく一苦労だったり(涙)

その代わり、一度、すっかり抜けると、
まるで、さっきまでのあなたは?言いたくなるほど、
すっかり元気になったりするのです。

分かっていても、元に戻れない・・・
分かっていても、元気になれない・・・

いや、その前に、「何だかおかしい」とわかるのが、
一番大事で、一番難しい。

「いつもの自分をちゃんと覚えておくことだね」

自分の中の基準。
こんな時、こんな場所で、こんな感情をもったり、
こんな体調になったりするはずがない。

そんな自己分析が、知らないうちに「同調」してしまって、
体調を実際に崩してしまう前に、大事なことのようです。

と、言うは易し、わかるは難し、そして、その同調から逃れるのは、
もっと難し・・・だったりします。

自分の中に入った「異物」ですものね。
さて、どうやって自分の外に出しましょう?って、
考えられる間に、気がつけば良いのですが・・・。

バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |