2010.07/03(Sat)

【だんな様は霊能力者】 大人の喧嘩 その2 

気がつけば七月。
今年も後半戦に突入です。

今年の大祓いは、誰に言わせても「強烈!」だったらしく、

「多分、世の中が変化する時期にきてるからだろうね~」と、
だんな様は申します。

変化する、その中で当然「例年通り」が激減。
全てをゼロから、決めなくてはならないことが沢山出てきます。

仕事をしている中では、この「例年通り」。
どうにかならないの~って、不満の元だったりしますが、
これまた、全部を一から決めなおすとなると、
別のストレスが溜まります(あはは)

特に、上下関係の中で決まることには、
どうしてもストレスがかかるもの。
心の中で納得してなくても、従わざるを得ない・・・
そんな事を再認識させられたりする場面も
少なくないのでしょうね。

「おもしろくない・・・」
よほど鈍感でなけければ(苦笑)
誰だってそう思うものです。
いや、鈍感な人でも、どこかできっと感じているかも。

子供同士の喧嘩だと、この上下関係は、
年の差だったり、ダイレクトに力の差だったり。
それでも、その場で見えやすいのですが、
大人はそうは行かない・・・。

面白くないという気持ちで突っ走ると、
必ずと言っていい程、まあ、いろんな意味で
「負けてしまいます(苦笑)

その場で勝つことにこだわってしまった結果に
ついては、この前のブログに書きましたが、

もっと大事なことは・・・

「面白くない」という気持ちに自分が縛られてしまうこと。

それが自分の行動の基準なら、
自分のやることに、ぜ~~~んぶ、
知ってか、知らずか、
その気持ちが乗っかってしまいます(涙)

これって、受け取ってみたらよく分かりますが、
そんな気持ちを乗せた言葉や仕事が・・・
結果的にうまく行くはずがありませんものね。

「喧嘩をする前に、喧嘩をするだけの価値がある相手か、
喧嘩をするだけの価値のある内容か、判断しないとね」
と、だんな様。

総当たり戦も悪くはないですが、決勝まで行く間に、
ヘロヘロになりそうです(爆笑)

それに総当たり戦で闘うトーナメントのメンバーは、
きっと、闘うだけの「不満を持った人たち」だったりして(笑)

気がつくと、一番、気になっていた人は・・・
あれ?
もう、そこには居ないかも・・・(苦笑)

闘う相手を見極める。

これも、大人の喧嘩の秘訣、その2かも・・・。
こうなると、とらわれている自分の心との勝負になってくるかも
知れませんね・・・

はたまた、続く・・・

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |