2010.07/06(Tue)

【だんな様は霊能力者】 大人の塗り絵 曼荼羅 

やっと、大人の塗り絵、曼荼羅を仕上げました。
塗り絵をして、種子を入れ、
でもって、周りに和紙を貼って・・・と、
完全な素人仕事ですが、
あ~面白かった!!!!

さて、曼荼羅の塗り絵で、何かがわかるのか・・・
と言われると、「・・・・」です。
がっかりさせて、申し訳ないようですが、
とても「そうか!」なんてことは、思う余裕もなく(苦笑)

実は、曼荼羅を種子で書くのは初めてではないのです。
一度目は、部分、部分で書きましたので、
あ~こんなに仏様って沢山いるんだ~というのが発見!

今回は、「うぅ、集中力が・・・」でした。
何しろ、一枚に色を塗ってから書くわけで、
あ!間違えた・・・となると、それまで全てが台無し(涙)
実際には、数箇所、あ!という部分がありましたが、
これが最終形ではない!と自分に思いこませて、
とりあえずの完成・・・ってことに無理やりしました。

今回、書いている間に頭に浮かんだのは、
翻訳の仕事の中ででてきた「アダムの書」の話。
「原書を写す作業は、とても、とても、丁寧に慎重になされた。」
という一文。
「一文でも、一字でも違ってしまえば、全てが変わる」と。

基本を間違わないって、なんて大事なんだろ~と思いつつ、
もし、間違えたものが世に出回って、それが本当だとされれば・・・
あらら、大変なことになるわ!

簡単に人に見せてはならないとか、
簡単に人に教えてはならないとか、

そんな規則を聞くたびに、そこまで厳しくなくても・・・と
心のどこかで思っていましたが、
やっぱり、基本は、基本なのですね。

奇しくも、最近のトピックは、「基本に返ろう」

曼荼羅の種子のようにいろんな要素を入れ、
どんどん世界を広げて行けば、どこかでちょっとした間違いがあっても
なんの不思議もありません。
(勿論、間違えないのが一番ですけど)

だからこそ、「基本に返って」、
知らない間にずれてしまった自分の方向を修正する。
大事なことかも知れないな~と思います。

・・・って、気がつけたのも、塗り絵の効果の一つかな?
なんて、今、気がつきました。

「効果」なんて、何かが終わったら、はい!ってわかるものもあり、
じ~~~~っくり、気がつくものもあり、
なのかも知れませんね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |