2010.07/18(Sun)

【だんな様は霊能力者】 占いと霊能力(1) 

ちょっと、難しいと言うか、敏感な話題でもあるのですが、
占いと霊能力ってどう違うんだろ???
みたいな、疑問、持ったことありませんか?

とはいえ、この2つ、わざわざこうやって考え直さなくては
ならないぐらい、一見似ているものでもあり、
きちんと定義したところで、意味があるかどうか・・・

と、思いつつも、疑問を持つと、聞かずにはいられない
私の性格・・・もう、皆さんもご存知でしょう。

「占いは、もともと、世の中の理を分析、解明する科学だったんだ・・・」

そう、そう、私が翻訳している本の中にもそんなことが
沢山、かかれています。

その当時の言葉で書かれているだけで、内容は、現代の科学と
寸分違わないと。

時代が変わって、使う言葉が変わると、
日本人が英語が分からないように、
はたまたその反対もあるように、
「同じ人間が使っている言葉」なのに、
わかるような、わからないような・・・。
拒否感なんて持ってしまえば、一発!
「はあ?」と、全くちんぷんかんぷんでしょう。

・・・同じような事が、むか~~~しの科学と、
今の科学の間で起こっているのかも知れませんね。

ちなみにこのあたりを、一生懸命、扱っているのが
グレッグ・ブレーデンで、まあ、彼の知識と言えば、
最先端の科学から、古代の智恵まで・・・。
それを結びつけようとしているのですから、
大変な作業だわ~といつも感心しながら翻訳しています。

さて、さて、話を戻すと、この「占い」にも
色々な手法があって、世の中には、
星を使ったものや
月を使ったものや
時間を使ったものや
数字を使ったものや
いや、いや、数限りなくありますが、
これもきっと、工夫に工夫を重ねて、言葉が多様化したように、
自分の分かりやすい手法を真剣に作り出した、誰かの努力の結果
なのかしら?と、思ったりもします。

世の中の理・・・
未来の事でもある程度決まっていることってありますよね。
明日になれば、きっと、バスや飛行機、列車は、
決まった時間に、決まったように走る。

そんなスケジュールみたいなものかしら?
と、思ったりします。

ですから、占いでは基本的に、何かが大きな変更が起こらない限り、
目の前にバスが来て、時間になれば出発する。
私が、何時にバスが来て、目の前を出発するのか、
知っていようと、知らないだろうと、関係はなく・・・です。

「勿論、一体何が起こっているのかを分析するときに、その流れは見るけどね・・・」
と、だんな様は言います。

逆に言えば、先日ブログで書いた、「教科書」みたいな部分が、
占いにはあるのかも知れませんね・・・(続く)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |