2010.08/31(Tue)

【だんな様は霊能力者】 疑ってかかれ 

「これまで真実とされてきたものを、疑ってかかれ」
そうデカルトは言った・・・。
みたいな表現、翻訳していた内容です。

まあ~、考えてみれば、「これが真実です」と
教えるのを職業にしていたのは、元教師だった、
私だったりするのですが・・・(苦笑)

時々、「疑ってかかれ」という表現を、
「間違ったことをインプットされてる」とか
「世の中で言われているもの全部が間違い」とかと、
同じだと解釈してしまう場合もあるのでしょうが、
それとは、ちょっと違うかな~と思います。


情報が沢山、沢山、身の回りに溢れるようになって、
調べものをするにはとても、とても便利になりました。
何かについてちょっと詳しく知りたいと思えば、
すぐに調べることができます。
何かについて学びたいと思えば、いくつもいくつも
そんな場所や先生が、それを提供してくれます。


この前も、恥ずかしながら、「ガテン系」という言葉を
知らなかった私は、慌ててネットのお世話になり、
その言葉の出来た経緯まですぐに知ることが出来ました。

「だからこそ、気を付けないと・・・」とだんな様が言います。

何か分からないことがあると「本」や「ネット」で調べる。
で、それがあたかも「真実」で、唯一の答みたいに思って、
それ以上、疑問にも思わない・・・。
そんなことが、いつの間にか習慣になっていると、

「誰かが言ったことが、正しいとインプットされてしまうよ」

いや、仮に、その言葉がある意味正しかったとしましょう。
それでも、実際の世の中にあるもの、実際、自分が体験するものとの間には、
必ず、必ず、違いがあるものです。

例えば、地球が丸い・・・。
そんなことを読むのと、宇宙飛行士が実際に宇宙船から見たのでは、
同じことでも、それに含まれる「感覚」みたいなものに
天と地ほどの違いがあると思いませんか?

目の前にある「りんご」を
食べたことのある人が「おいしかった」と聞いたのと、
自分で食べて「おいしかった」と思うのと、
違うのと同じ。

だからこそ、テレビで「こうです」と言われると、
何でもかんでも、実際に自分でやってみたくなる私。
また始まった・・・と、だんな様はいつも横目で見ながら、
苦笑していますが、色々と発見があります!

つまりは、「疑ってかかれ」は「自分の体験にするまでは、
一応、真実ってことで」ぐらいかなと(あはは)

でも・・・
そうやって、ぜ~~んぶを自分で体験するには、
身体が一つでは、なかなか間に合いません(涙)

それに・・・
人がどう言っても、見えるものは見える、
感じるものは、感じると、自分の感覚を信じ続けている
・・・霊能力者は、そんな人たちとも言えますよね。

だからこそ、多くの人が「ない」と感じるものが、
「ある」とセンサーが働く・・・みたいなことが
起こってたりするんですね。

まあ、こういう感覚で今の時代に生きると、
そりゃあ、混乱もするでしょう。
一方で、自分の感覚を信じ、
一方で、聞いたもの、読んだものを信じて
それを体験する時間が無いときたら、
あらま!混乱するに決まってますよね。

だからこそ、一つひとつ確認するチャンスが来た時に、
その「ずれ」を、自分の心と身体で確認、確認。

面白いほど、必ずずれています!(爆笑)

それを発見しては、自分で爆笑する毎日。
これこそ、真実!と私的には思います(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |