2010.09/08(Wed)

【だんな様は霊能力者】 レベル 

レベルが違う・・・
この言葉に過剰反応するのは、私だけではな
と思いたいのですが(苦笑)
何しろ、偏差値教育の真っ只中で育った人なら、
多分、この、「レベル」って言葉には敏感。

言われて過剰反応する言葉って、いくつかありますが、
「レベルが違う」って、じゃあどうすればいいのよ!と
気の短い私のこと、思ってしまうわけで・・・。


数日前、ストレス一杯の知人からメールが来ました。
これが、ああで、あれが、ああで、
この人が、こう言って、でも私はこういい返して・・・。

真剣に解決する方法を・・・そのメールを読んでいて
ふと、
あれ?そうか・・・出すべき結論は、
どっちが正しいじゃない・・・
これがレベルが違うってことなんだ・・・と。

私が過剰反応する(笑)レベルが違うというのと、
あれ?これこそレベルが違うわ!と。

大体、こんなメールの場合、
「ねぇ、私の方が正しいと思わない?」
なんてことだったりします。
だけど、「うん、その人ひどいね」と私が言い、
例え、彼女が、他の人も私が正しいと言っているわ!
なんて言ってみたところで、
相手にしてみれば、「それで?」「だから?」って話だわと。

相手にしてみれば、自分の意見が正しいと思っているわけで。
それを第三者がどう思うかなんて、あんまり足しになりませんものね。
まあ、多数決で何かを決めるとか、会社の上下関係がある中とか
選挙だったら話は違いますが、
友達同士、夫婦、身内のぶつかり合い。
そんなものは、誰が正しかろうが、どうであろうが、
みんなが気が済む「着地点」を見つける、
そんな「レベル」の解決策が必要だったりします。

相談される側も、レフリーではないのですから、
「どっちが、正しい・・・」なんて考えるより、
どうやれば、事が少しでも違う展開になって、
前に進むか、そんな視点で見ないと、
「レベル」の違う解決策は思い浮かびませんもの。

人って、「正しい、間違い」じゃなくて、
結構、「私の意見や存在が認められているかどうか」
そんなところで、ものを考えているんだな~と。

それこそレベルの違う人間は、

「あの人はレベルが低いから」とか、諦めたりしないでしょう。

自分の価値観を相手に押し付けて、
「あなたが正しゅうございました」と言わせる解決策では、
ある意味レベルが同じ。
繰り返しますが、この解決策しかないときも
場合によってはあると思いますけど。

とはいえ、その真っ只中にいるとそんな思考しか
出来なくなったりするのも人間。

「まずはパニック状態になっている頭、
どうにかして止めないとね・・・」とだんな様。

文明の進み方をエネルギーをどうやって手に入れているかで
レベルわけして、表すというのを読んだことがあります。

ある文明では、目の前にある限りある資源を争って手に入れようとする。

ある文明では、地球にある資源をどうリサイクルしようかと考える。

ある文明では、地球に届いているエネルギーをどう効率的に
使えるエネルギーにするかを考える。

そして、ある文明では、地球の外に出て、太陽からできるだけ効率よく
エネルギーを地球に供給する。

そして、それを宇宙のどこからでも地球に供給できるようにと考える。

なるほど、一つのレベルと、もう一つのレベルには、
考え方はわずかでも、
そのレベルにとらわれていると、
次のレベルは見えないな・・・

なんて思って読みました。
レベルが違うという言葉に過剰反応しているぐらいでは、
まだ、まだのようです・・・


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |